« abril 2007 | トップページ | junio 2007 »

2007.05.31

反撃するのは

星の広告が目立つので、てっきりサッポロビールだと思っていた。
だから、反撃する相手はスティールパートナーズなのかなと。
しかも「2.0」って・・・何故今頃?というタイミングで、つまり手垢がつきまくって陳腐化した段階で、それを使うなんて、多分健全な判断力を持っているIT企業ではあり得ない広告であろう。

ところが、ドーチカを歩いていると、ドコモショップのあたりに集中的にこの星のマークがついているワケである。
<uso width="800">最近ようやくそれがドコモの広告だと気づいたワケだ。</uso>

こういうことを書いておられる方もおられる。
〔大前研一「ニュースの視点」〕KON162 トヨタの“謙虚さ”とDoCoMoの“傲慢さ”から見える経営の本質

別に大前さんでなくても、ナニ考えてんだ、とは思うけど。

ドーチカにはSBMのショップがあって、その隣に、倍ぐらいの面積のドコモのショップがあって、さらに一番南の端にauのショップがある。

仕事が終わって、その一番南の端からドーチカにもぐると、3社の置かれている状況というか、姿勢がよくみてとれる。

20時半ぐらいにドーチカにもぐると、auショップは最後ぐらいのお客さん相手に接客していたり、ぼちぼち店じまいの準備をしていたり、日によっては既に閉めていたりする。

次にドコモショップだが、これぐらいの時間帯だと、まず確実にシャッターは下りている。

その隣のSBMはと言えば、まだまだやりまっせ、という感じで店はウェルカム状態である(しかし客は殆どいない)

反撃は・・・当分ないと思います。

2007 05 31 11:58 PM [携帯・デジカメ] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.05.30

ミッシングリンク

お気に入りのアーティストのCDは、できることなら全部揃えたい、という気持ちはあるのだが、ここ数年はCDリリース情報にはかなり疎くて、知らないうちに何枚も出ていて、何がどんな順番で出ているのかすら分からなくなっている、などということが結構起きている。
さらにはよそのレーベルに移籍してしまって、前のレーベルで出ていたものが廃盤になってしまってたりすると、追いかけるのがとても難しい。

遊佐さんの「檸檬」はそういうものの一つだったのだが、amazonだとマーケットプレイスで最安値3800円ぐらいで、それでも入手する価値はあるか・・・と思っていたのだが、ふと思い立って楽天で探してみたら、普通に新譜価格で入手できる店があったので、速攻でご購入。

今日届いたのだが、なんと大分は日田市のショップであった。
仙台の人の作品を大分の店で買い、大阪で聴く、というワケで、なかなかのものである(何が?)

お昼にはサクっとインデアンカレーで大玉ルー大盛りを食べ、余った時間でワルティに行き、これもミッシングリンクの一つであるタブラトゥーラVと「放浪」を探す。
「放浪」は見つかったのだが、Vはなかった。I~IVと「蟹」は持っているので、これであとはVだけである。これはまぁ廃盤になってないので、何とかなりそうかな。
ワルティにはPardon系もたんまり置いてあるので、ぼちぼち揃えていこうかな、とも思っている。単価が高いけど、ワルティで買えば1割引きなのがウレシイところ。
Pardon

来月は橋本一子さんの旧盤がまとめて再発になるので、"High Excentrique Piano Music"と"MOOD MUSIC"を予約してある。
メシアン、ドビュッシィなどを弾いた前者は特に楽しみ。
その前に"Ub-X"にかなりハマっていたりもするので、"Vega"も買わねばなるまい。こういう音楽、20歳前後ぐらいにかけて、愛好していた感じの音楽なんだよなぁ。極めてストイックなジャズのようでもあり、どことなくジョージ・クラムのような匂いもするというか・・・

一足早くamazonで入手した鈴木祥子ちゃんと上野洋子さんも聴き込まねばならないのだが・・・

2007 05 30 11:33 PM [music with iPod, 音楽] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.05.28

ランチ難民、東へ。

今日は地下に潜らず、新地を探索しましょう、ということになった。

しかし、新地を徘徊する難民もまた多い。どこから湧いてきたのか、というぐらいゾロゾロと新地をそぞろ歩く我ら難民一同の行方は・・・
というか、これだけ難民がうろついているのに、ランチをやっている店の比率が非常に低い、というのはどうしたことか。
まぁ夜が主体の街なのは分かりきっているけれども。

一緒にさまよっていた年配の担当部長さんが、「ここのうどんがうまいんです」と薦められたので、少し行列はできているが、「つるとんたん」に並ぶ。
「つるとんたん」

うむ・・・さまよっただけのことは、そして並んだだけのことはあったかなぁ。
なかなか敷居の高そうな店に見えながら、昼の定食(日替わり膳)は780円でボリュームたっぷり。しかもうどんがなかなかよい。これはなかなかお値打ちである。
夜のメニューもなかなか工夫があって面白そうだ。

ということで、明日の夜も行くかも(笑)

2007 05 28 11:41 PM [飲食] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.05.27

グラハム・カー

イマイチ、ピンとくる番組をやってないなぁ・・・というとき、たまにFoodies-TVなどを眺めていると、懐かしの「新・世界の料理ショー」なんてのをやってたりする。
元祖の「世界の料理ショー」と同じく、グラハム・カーによる料理バラエティ番組である。
世界の料理ショー
★Foodies-TVのサイトは→こちら

元祖の番組は昔、結構好んで観ていた気がするが、それで料理に目覚めるということもなく、そのままいつしか番組のことも忘れ去ってしまっていた。
どうもカー氏はその後事故に遭ったり、奥様も病気になられたりして、番組自体が打ち切りになっていたらしい。

それからカー氏は、奥様の病気をきっかけに、ヘルシー志向の料理に転向し、1990年代に復活したのが「新・世界の料理ショー」である。

相変わらず軽妙な語りと大げさなアクション、料理を手際よく、楽しく、美しく、しかもうまそうに見せるワザはさすがである。
料理を仕上げた後に、カロリーや脂肪、コレステロールについて触れているあたりが、元祖にはなかった特色。

2007 05 27 07:59 PM [映画・テレビ, 飲食] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.05.26

No.232 絶賛発売中

Hatsubaichuリーグ6連覇に導きました。
自分で指揮したのは2年だけですが、細かいことは気にしないで結構です。
チャンピオンズリーグではちょっと後退してますが、特に気になるほどではないでしょう。
昔、レッズでUEFAカップを獲ったこともあります。

お安くしときますよ。

いつまでもあると思うな元の記事

2007 05 26 08:52 PM [ahorism, Football] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

終わらない話

サイクル・ロードレースというのは、世界中のスポーツの中でも、最もドーピング・コントロールが厳しいものの一つであろう、と思っているのだが、こうしてあれこれ出てくるのは、厳しいがゆえのことなのか、それとも「これでもまだ甘い」からなのか・・・

という感じで、エリック・ツァベルの涙の告白に続いて、CSCのビャルヌ・リース監督の現役時代のEPO使用告白があった。
自ら告白した選手・元選手の勇気を称える声がある反面、そのせいで浮かばれなかったクリーンな選手たちの気持ちも考えろ、という声も出ている。まぁ当然のことだろう。
育自日記-ドーピングについて思うこと
mas ciclismo小ネタ通信「身内としては そういう人は終わりにして欲しい」という記事を読んで

一昨年のブエルタ覇者にしてブエルタ総合V4を達成したロベルト・エラスはEPO陽性のため、この年の優勝を剥奪された(それまでの3回の優勝は記録として残っている)

昨年のジロ覇者のイヴァン・バッソはオペラシオン・プエルト関与のためディスカヴァリー・チャンネルとの契約を自ら解除し、今季のジロには出場できず、さらに21ヵ月の資格剥奪という話も出ている。

昨年のツール覇者(だった)フロイド・ランディスは、直後に陽性反応が確認されたため、優勝を取り消され、義父が自殺。

3大ツールで一昨年から昨年にかけて3連続で優勝者にドーピング・スキャンダルが発生したのはまさに前代未聞のことだったが、まだまだ掘り下げればいっぱいこういう話は出てきそうな気はする。

その一方で、観る人をわくわくさせるような激坂の連続や、激しいゴールスプリント、休みの少ないスケジュール、そしてプロツアーの制度そのものが、選手やチーム関係者、医師たちに、ドーピングに走る動機を与えている、という批判もある。

体重と体調をコントロールするためだけの制約だらけの食事(というか栄養摂取と言うべきか)を強いられ、それですごい山岳を上り、スプリントを戦い、タイムトライアルでもがいて、結果を残すというのは、至難の技。

しかしファンはそういうことをやり遂げる「超人」の姿を求めているし、チームに投資するスポンサーは自分たちのチームからそういう「超人」が出て、企業名や商品名が書かれたユニフォームが長時間、それも晴れがましい形でTV画面に映し出されることを望んでいる。

選手自身の名誉欲もあるだろうが、ある意味、状況が彼らをドーピングに走らせている、という側面も無視できない。

やってしまった選手たちを一方的に非難して、素直に告白した選手たちに同情して、「みそぎ」を済ませて復帰した選手の活躍に拍手を贈るだけでは、多分この問題はいつまで経っても終わらない。

2007 05 26 02:20 PM [Cycle] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.05.25

今日はひつまぶし

Houraiken01熱田神宮の近くにある「蓬莱軒」にて。

朝からキャリーバッグを引きずって、雨の中を名古屋へ。
地下鉄「市役所」から拘置所・・・の隣の厚生局に行き、DC関係の申請。2週間前(この時は「事前相談」だったが)はそうやって行ったが、今日は雨なので最初から徒歩はあきらめ、名古屋駅からタクシー。

その後はボスの車に乗って神宮前駅でコンサルさんを拾って、5人で「蓬莱軒本店(蓬莱陣屋)」へ。大阪から直行の2名が先乗りして、席と駐車場を押さえてくれていたので、行列を作っている人たちを傍目に2階へ。

席につくとちょうどひつまぶしが出てきたところで、待たずに食べれたのはラッキーだった。
Houraiken02お櫃に盛られた鰻ご飯を、まず杓子で十字に切る感じで4等分し、最初の4分の1はそのままで食べ、次の4分の1は薬味をかけて食べ、次の4分の1はそれにさらに出汁をかけてお茶漬けのようにして食べる。

Houraiken03最後の4分の1は、この3つの食べ方のうち、一番気に入った食べ方をアンコール。でも、出汁がもったいないから、大半の人は4杯目も3杯目と同じようにして食べるのだろう。私もそうした。

それから某所で会議があり、名古屋駅に戻っておみやげを物色して帰阪。
今日のおみやげは「きしめんパイ」と「田舎みそまん」。ちょうど2週間前に買ってきた「なごやん」もなくなって、法事のお供えのお下がりも底をつきかけてきたところなので、母には喜ばれた。

しかし蒸し暑い一日だった。
車での移動も、雨の日は妙に疲れる。

2007 05 25 12:36 PM [Photograph, 飲食] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.05.22

大門バンはやはり違う

仕事帰りに部下の高山クンとおでんをつつき、「家に帰ったらまたおでん、なんてことあるよね」「そうそう、あとカレーとかも・・・」で、実際に帰宅したら本当におでんで、そこで森下裕美渾身の一節。

「大門バンは違う」

そこには「一日に二度もおでんを食べられて幸せだ」と嬉々としておでんを頬張る大門バン氏の姿が描かれる。
「ウチの場合は」の中でも、何故かワタシの結構好きな話である。

明日は取締役会で、資料の印刷やら何やらで遅くなるため、ドーチカの「さぼてん」のとんかつ弁当が夜食として出された。

うっかりそのことを母に伝えるのを忘れて、帰宅して食卓を覗くと、そこには野菜てんぷら、鮭フライ、牛カツが並んでいた。

「ちいしゃも違う」

と心の中でつぶやき、「一日に二度もカツが食べれて幸せだ」と言い聞かせて揚げ物軍団に立ち向かったが、さすがに大門バンさんのようにはいかなかった。ダスティン・ホフマンにもなれないが、大門バンにもなれなかったよ・・・と心の中で黄昏れる。

ああ、でも「さぼてん」の油が悪い油でなくてよかった。胸焼けを起こすとこまではいってないのが救い。

******

ちなみに冒頭に掲げたのは「ウチの場合は」4巻P.98「大好き」です。気になる方は書店もしくは漫画喫茶か漫画食堂か漫画図書館か・・・ちいしゃさんまで(^_^;)

2007 05 22 11:58 PM [アニメ・コミック, 飲食] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.05.21

耕すな!

嫌な予感はしていた。

ラストオーダーが間近に迫る大阪駅構内「るぅ~」で、隣の席に座った、いかにもがさつそうな男は、カツカレーを注文。
「カツ揚げますんで、ちょっと待ってね」とカウンターのおねぃさん。

その間、大根チャンジャをつまみながら残波の水割りを飲り、まだ半分しか読めていない「アラビアンナイト」を読んでいると、隣の客のカツカレーがやってくる。
それからである。

「カンカンカン・・・」

出たよ、もう(>_<)
スプーンでお皿を耕す輩。
そんなことせんでもカレーは食えるっちゅうの。

ちなみにこの男、カレーはルーを左側、ご飯を右側に配置して食べていた。
これがまたワタシの感覚とまるで逆。
mixiのカレーコミュでもアンケートがとられていた極めてポヒュラーな問題であるが、ワタシは断固「ルーが右・ご飯が左」派である。

しかし、そんなことより、耕すなっちゅうの(-_-#)

2007 05 21 11:37 PM [(-_-;)] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.05.20

HDD整理の一日

・・・といきたいところだったが、なかなか簡単にははかどらず。
DVD-Rが8倍速ではなく2年ほど前に買ったっきり放置されていた4倍速対応のものを使ったためであるが、それ以外にもいろいろと悩ましい話があって、もう一つスカっとHDDの空き容量を増やすことができずじまい。

ダビングの最中に、仙台-徳島だとかサブウェイシリーズだとか磐田-神戸だとか早稲田-明治だとか阪神-大洋だとかの試合を渡り歩きながら観戦。一応PSI-TOKENではなくてサイトークンの投げるところも観てみた(笑)

夕方はベネデッティ=ミケランジェリとコチシュを聴いて過ごし、コスタクルタの引退試合(?)も眺め、なんというか、つまみ食いだけで一日が過ぎてしまったような気分。

話は変わるが、10日ほど前に第11回手塚治虫文化賞の発表があったそうで、ワタシの一押しの「大阪ハムレット」が短編賞に輝いていたことを、今頃知る(^_^;)
手塚治虫文化賞

選ばれたことはうれしいけれど、やっぱりこの賞は文化庁メディア芸術祭マンガ部門の後追いなのだなぁと痛感。ホントに独自性がないですよね。
それはそうとして、取り敢えず現在出ている2巻で「第一部完」ということのようだ。続編も大変期待しているのだが・・・

2年前の短編賞の受賞作である(そしてやはりその前年の文化庁メディア芸術祭マンガ部門受賞作である)「毎日かあさん」だが、鴨ちゃんの四十九日も済んだので、あとはアジア各国に骨を撒きにいって、それから戻った6月中ごろから再開なのだそうである。こちらもゆるゆると期待しておこう(^_^)

ジロは第8ステージ。
ムジェッロ・サーキットからフェラーリ本社のテストコースなんかを通っていくという、どっちかというとモータースポーツ好きにはこたえられないコース、という感じかな。

******

ゴール前スプリント、ベッティーニを発射台に使ったアルヴェセンがステージ優勝をさらう。
ベッティーニもすっかり回復した感じ。

2007 05 20 11:15 PM [Cycle, Football, アニメ・コミック] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

TOJ開幕

今日からツアー・オブ・ジャパンが始まる。
公式サイト

第1ステージは「自転車の町」堺。
以後、奈良、美濃、南信州、富士山、伊豆と周り、一週間後に東京でゴール(木曜日が休養日)

奈良は東大寺大仏殿前をスタートして、パレード走行で山添村まで行き、布目ダムを周回するコース。美濃は歴史的景観が保存された心なごむ風景が見所だが、選手にそれを楽しむ余裕はないだろう(^_^;)。南信州は飯田駅から下久堅周回コース。山本正之の名曲「飯田線のバラード」を口ずさみながら走ることが義務づけられていない。

休養日明けの富士山は須走ICから須走口五合目までの山岳個人タイムトライアル。ひたすら上りというハードなコースである。伊豆はサイクルセンターの周回だが、そこまでのパレード走行区間がひたすら上りなので、これが結構きつそう。
東京は日比谷シティをスタートし、大井埠頭までパレード走行、その後周回コースに入る。
いずれのコースも交通規制があるので、近隣の方などはご注意下さいませ。

堺のコースは、泉北下水処理場前をスタート/フィニッシュ地点とする一周12.8kmの周回コースで、これを11周する140.8kmのステージ。
プロフィールマップを見る限り、ほぼ平坦と言ってよいコースなので、平均速度もかなり上がるだろう。
若竹大橋から泉ヶ丘駅に向かう途中に補給ポイントがあるので、サコッシュその他のグッズ類をゲットしたい方は、そのあたりが要チェック。

正午スタートなので、お近くの方は足を運ばれてはいかがだろうか(^_^)
JR阪和線「津久野」駅から泉北下水処理場前まで無料シャトルバスも出てるそうです。

ワタシは・・・溜まってるHDDの中身をDVDに焼かないと、だんだんヤバくなってきてますので(^_^;)

2007 05 20 11:29 AM [Cycle] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.05.18

今日はこんなとこに

Nijoh01業務外出中。
さて、どこでしょう?
答えは後ほど…

Nijoh02後ほどになりました。
答えは・・・JR「二条」駅。
京都から嵯峨野線(山陰本線)で2駅目ですが、実は特急なんかも停まる駅らしいです。
駅のプラットフォーム上に、巨大な気球を思わせるようなドーム屋根がかかっている、特徴的な駅舎ですね。感心しました。

駅の周囲には大きな商業ビルが3つほどあって、結構広いバス乗り場には観光バスが並んで停車していたり。もちろんすぐ近くの二条城観光目当て、というところでしょう。

某所に11時に伺う予定にしていたのに、到着したのが10時前(^_^;)
途中、ずっとDFD(ジェラルド・ムーア伴奏のシューベルト初期歌曲)を聴いていたせいで、mixiミュージックでも、一気にこのコンビが12位までジャンプアップ(最近iPodで聴いたものもmixiミュージックに反映させるようにしています)

BiViにある「コロラド」でカフェラッテをすすりながら時間を潰し、少し早めに先方に伺い、1時間半ほどあれこれと話をして辞し、駅まで戻ってこの写真を撮って京都まで戻り、新快速で大阪に戻って、いつもは夜行く「るぅ~」でカツカレージャンボを食し、オフィスに戻ると、皆さんてんやわんや状態(^_^;)
そんな中、報告書をまとめてボスに出したら、来週の取締役会で発表してもらうので、資料もまとめておいてね、ということに・・・(^_^;)

なんだかんだで結局21時半近くまで手をとられてしまい、今日こそは・・・とひそかに画策していたセンチュリーの練習への復帰も、あえなく消滅(+_+;)

Tachigui01社を出て地上を歩いて駅前第一ビルへ。
1Fにある立ち食い寿司が気になっていたので、外から覗いてみます。
しかし満員で、外で待ってる客もいるようなので断念。
歩きながら撮っているので、ブレまくりです(^_^;)

Tachigui02隣に「立ち食い 本格炭火焼鳥」の店もあります。何でも立ち食いか・・・(^_^;)
しかしこちらは外から見る限りガラン・・・としてます。でも「営業中」とあるしなぁ・・・


結局フロートコートに寄って、久しぶりにくるくる。
久しく来ないうちに、150円の皿は160円に、250円の皿は260円に、390円の皿は400円に、490円の皿は500円に値上げしておりました(+_+;)。100円と200円と300円の皿は据え置き。
とても久しぶりにねぎとろ軍艦が復活してましたが、以前は100円皿だったのが、一気に200円皿になっていたのも驚き。ねぎとろ手巻きが250円(今回260円に値上げ)なので、バランスをとったのかも知れないけど、やはりマグロ不足の影響もあるのかな、と思います(びんとろやまぐろ酒盗がここのメニューから消えて久しいし・・・まぁまぐろ酒盗は人気がなかったのかも知れないけど(^_^;))

2007 05 18 12:25 PM [music with iPod, Photograph, 日記・コラム・つぶやき, 飲食] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.05.17

頼むよ、右京さん

自転車事故:道路整備で安全対策、歩車分離徹底へ--警察庁など、あす懇談会

まだ疋田智さんのメルマガは新しいのが出ていないが、この記事にはどういう反応があるだろうか。

それはともかくとして、自転車を愛し、しかし昨今の粗暴チャリダーたちには眉をひそめる多くの人々にとって、この懇談会の行方は実に気になるところである。
自らエタップ・ド・ツールを走り、ツール・ド・フランスでも1シーズンに一度は解説席に座る自転車愛好家の片山右京氏(・・・という紹介で、多分何も間違ってないはず)がメンバーに加わっているという点は心強いところ。

さて、昨日のジロ第4ステージは、山岳ステージというにはまだ序の口という感じだったが、それでも一応上りゴールということもあって、最後はなかなか楽しめた。若手期待の星と言われるリッコ(結構周囲から孤立しやすいキャラらしい)や、かつての若手期待の星(今でもまだ十分若いけど)のクーネゴを抑えて、ディルーカがトップでゴールしたあたり、まだまだ若いもんには譲れへんわい、という意地を感じさせたが、ここでがんばり過ぎてもなぁ・・・。何となく後が怖い気がする。
むしろ、ここではおとなしーくしていたシモーニやサヴォルデッリの方が不気味かな。

怖いと言えば、なかなか華々しいクラッシュもあった。
雨が降り始めて、路面が濡れ始めたばかりで、一番滑りやすい状態だったんだそうである。まぁ雨ということで、それほどスピードが出ていなかったから、致命的なダメージを負った選手はあまりいなかったようだが、ベッティーニが少々つらそう。
今日の第5ステージを観ていると、どうも腰の具合がよくないようだ。まぁ栗村監督によると、「ほんとかどうか、まだわからない。何しろベッティーニだから」とのこと。何となくとても同意(笑)

2007 05 17 11:34 PM [Cycle, ニュース, 経済・政治・国際] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.05.16

難民

昼時の都心オフィス街に難民があふれる、という話は聞いていたが、実際に自分がなってみると、なかなかこれは深刻な問題である。

12時5分とかにオフィスを出るともうダメで、ドーチカのめぼしい店には行列ができているし、そのまま「ああ、ここもダメ、こんなとこまで・・・」と歩き続けると駅前第1ビルにたどり着く。

逆にここまで行列ばかりだと、妙に空いている店には入りづらい。そんなにダメなのか・・・みたいな感じで敬遠され、ますます客が入らなくなり、そのうち改装されて別の店になってしまう。大阪で食べ物屋をやるのはなかなか厳しい。

今日は珍しく12時25分ぐらいに出たので、第一波は終了して、そろそろ空き始めているのでは・・・と期待したが、やはり全然ダメであった(+_+;)

何が困ると言って、今のところに転勤してきてから、「大阪人」で「以前堂島に勤務していたことがある」という点を買われて、ランチ隊長に任じられているため、並ばずに入れて、それなりの値段で、そこそこの味の店を選ばねばならない、というプレッシャーが常につきまとっている点であろう。

駅前第1ビルも地下ではなく、地上1階の「大豊」とかならいけるかも・・・と思ったが、ランチはやってないらしく、その隣の店(1階に入口があるが、そのまま階段を上って2階まで行くと店になっている)に入りますか、ということになった。
ご飯がなってないなぁ、とは思ったが、ボリュームはまぁまぁだった。一度で落第にするにはしのびないので、再試験の機会を与えてもいいかな・・・でもランチ難民は常に成り行き任せなので、次にここに来るのはいつになるか・・・

2007 05 16 10:55 PM [(-_-;), 日記・コラム・つぶやき, 飲食] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.05.15

4人まとめて

Rantana今日は法事。
父、祖父母、さらに曽祖父の4人分をまとめて行う。
父の弟妹と母の兄妹が集まって、総勢10名+お寺さん。
ちなみに、左の写真は庭の温室脇のランタナ。

お経が終わって、お寺さんをお見送りした後は、ホテル日航茨木大阪1Fの「弁慶」に場を移して会食。
最年長は母の兄の86歳、最年少はワタシである(^_^;)
普段からしょっちゅう顔を合わせている人もいるが、久しぶりという人もいる。だいたい話は昔のことになったり、誰それの病気がどうのこうの・・・という話になったり。

Isakigomashioyaki左は「弁慶」のメニューで、イサキの胡麻塩焼き。天ぷらがメインだったので、サブメインというところ。

Suikadesert右がデザートで、スイカ。スイカは健康にええぞ、というような話でひとしきり盛り上がる。しかし切ったのを買うのはどうも・・・というような話も出る。

しかしスプーンの光り方からすると、携帯のカメラ部のレンズ表面に傷がついているのではなかろうか・・・(-_-;)

昼間っから少しビールを飲んだので、帰宅後、ちょろっとDVDを焼いているうちに眠気が襲ってきて、ランダムに流れる室内楽曲をBGMにして遅めの昼寝。

2007 05 15 08:44 PM [Photograph, 日記・コラム・つぶやき, 飲食] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

ジロ第3ステージ

昨日あんなことを書いたが、今日はペタッキが見せた!
トレインも崩壊し、かなり長い距離を先頭でスプリントしたが、ギリギリ走りきって、復活のステージ優勝!
コバンザメ・スプリントを策したマキュアンは、想定していたミルラム・トレインが崩壊したために、却って目標を見失ってしまったのか、多分4位に沈む。
ペタッキ、泣いてます。Grazie tutti!
う~ん、すごい。

2007 05 15 12:27 AM [Cycle] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.05.14

急いで家に帰る

ロードレース、それもジロやツールが始まると、結構ワタシは寄り道せずにまっすぐ、そしてとっとと家に帰る。
そんなの、録画予約しとけばええやないか、という人もいるかも知れない。いや、録画予約はするのである。

それでも急いで家に帰る。
今でこそJ SPORTSもロードレース中継を大事にしてくれているので、比較的予定通り始まるのだが、ほんの3~4年前までは、プロ野球中継が長引くと、開始時刻がどんどん遅れる、という憂き目をみていたものであった。
特にロードレース中継の多いJ SPORTS Plus(当時はJ SPORTS 3)はライオンズのホームゲームが多かったので、その頃のワタシは、予定時刻以内に試合が終わらなかったらライオンズのコールド負けにせよ、と強く主張していたものである。→こんな感じ

・・・と3年前を振り返ると、その頃はジロって生放送じゃなかったんだよなぁ・・・
本当に今は恵まれてます(^_^)
ありがとう、J SPORTSさん(_ _)

というワケで、以前はいつ始まるのかわかんないので、放送開始「予定」時刻にはTVの前に座っていないとダメだ、という意識が強かったのである。
最近はそうでもないのだが、それでも長丁場の中継なので、録画しても後から観るのはなかなか大変だ・・・ということもあって、できるだけ録画に頼らず観たい、ということなんですね。それでも録画はするけど。

2007 05 14 10:53 PM [Cycle] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

ジロ第2ステージ

いやぁ、ペタッキ、勝てませんなぁ。
少し前のツァベルを思い起こさせるなぁ・・・
ジロでは無敵だったのに、しかも今日はきっちりトレインもできていたのに・・・
マキュアンはしっかりペタッキをマークしていたので、結果的にはペタッキがマキュアンの発射台になってしまった形・・・
ペタッキ的にはオンガラートにもう少し引いてほしかった、というところだろうか。
最後はベッティーニにまで差されてしまった。
まだケガの影響が残っているというか、体力(筋力)が戻っていないのだろうな。

というような結果であるが、やっぱりグランツールだなぁ(^_^)
こういうのが3週間続くのはもう本当にこたえられませんなぁ(^o^)

2007 05 14 12:29 AM [Cycle] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.05.13

法事の準備

明後日、我が家で父方の系統の法事がある。
野田にあった私の生家が残っていればそこでやるところだが、もうそこは存在しないので、兄弟の中では長男であった亡父の家である我が家で、という訳である。

取り敢えずお寺さんにお経をあげていただいたら、集まった面々でお供えを分配して、近くのホテルの料理屋に行って昼飯を食って解散、という予定。

そんな訳で茶の間を夏仕様に変える。ホットカーペットを取り外し、新しい上敷きを敷いて、お供えをやって来る家の分だけ仕分けし、狭い茶の間に椅子やらスツールやら座布団やらを集約して、片付けたのか散らかしたのか分からないような状態である(^_^;)

それと並行して昨年のツール・ド・フランスの映像をDVDに焼いている。
1日分が3時間前後の間はLPモードで1枚に収まるからよいが、山岳ステージになってくると1日2枚でも追いつかないかも知れないので、メディアを少し買い足しておかないといけない。
取り敢えずプロローグ+4ステージ分だけDVDに焼いて、その分のHDDの容量を空けたので、40時間分ぐらいの空き容量になった。

それと並行してJ2の試合なんぞを眺めていたが、京都は荒い試合しとるねぇ。2点取られてから4点返すか。馬のクソみたいな試合展開、と言っておこう。
セレッソは・・・あれだけ決定機を決められなかったら、ああいう結果もあり得る、ということ。クウピが来て立て直せるのかな・・・名監督であることは間違いないが・・・不安。

少し昼寝してからルール・ダービーの再放送(しかも75分から)を鑑賞。いやぁ、命懸けの撃ち合いという様相の、激烈な試合。
自分たちが勝ってシュトゥットガルトとブレーメンが負けてくれたら初優勝が決まるシャルケに対して、隣町のライバルとしてそれだけは阻止したいドルトムントの意地のぶつかり合い。
こんな戦いができるクラブが、少し前までは残留を確定させるのに青息吐息だったとはとても信じられない。

試合終了後のシャルケのサポーターたちの、誰はばかることもなく涙に濡れたり、放心、茫然自失の様子がまた印象的。最終節で何が起きるかわからないが、ここにきてダークホースのシュトゥットガルトが首位に浮上。ブレーメンの優勝は消えた。

Jの選手たちも懸命にやってるんだろうけど、こういうのを観てしまうとなぁ・・・
やっぱり専用スタジアムでないとダメだな、とも思う。サッカーに陸上のトラックは不要だ(陸上競技場にもサッカーのピッチは不要だし)

ジロは今日が第2ステージ。TEMPIO PAUSANIA~BOSA 203km。
サルデニア島の西北部の海岸沿いを走るコース。早くも2級山岳が後半に登場する。まぁまだスプリンター諸氏も楽にこなせるところだろう。ゴール前は長い下り坂らしいので、ゴールスプリントも楽しそう(恐そう?)だ(^_^)

2007 05 13 09:08 PM [Cycle, Football, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

当勝手口について

2003年12月16日にスタートした当「勝手口」ですが、2006年よりネットでの拠点というか、重心をmixiに移したため(要するに引きこもったため(笑))、こちらの更新頻度が落ちております(^_^;)
こちらには、mixi日記で掲載したもののうち、無難なもの(笑)を、多少手を加えて、掲載した日時で転載する、というパターンが多くなりますが、その点ご容赦下さい。
転載が滞って2~3ヵ月遅れになることもしばしばありますが、ゆっくり過去のものでもご覧いただければ・・・と思います。

コメント、トラックバックは歓迎ですが、昨今コメントスパム、トラバスパムばかりですね。一応こまめに削除して、禁止IPに入れてありますが、キリがありません。アヤシゲなコメントやトラバがあっても、リンクを踏まないようにお願いいたします。

2007 05 13 02:10 PM [Information] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.05.12

昨夜のネタ

昨夜は部の歓迎会。
まぁいろいろ面白かったが、守秘義務というのもあるので(笑)、取り敢えず割愛(たちまち割愛?(^o^))
ここではその後の話を・・・

2時間経って宴会もお開きとなり、そのまま解散となったが、ワタシは2週間ぶりに北新地某店へ。
前回で「銀滴」がなくなったので、今回は新しいボトルを入れなければならない。
今回入れたのは「タイガー アンド ドラゴン」。鹿児島、というか、種子島の芋焼酎である。

「タイガー アンド ドラゴン」

Pa0_0472今度の職場は名古屋だけでなく、広島出身の人々が集まっているので、勝手にラベルに書き加えて「タイガー アンド ドラゴン アンド カープ」にしてしまった(笑)
下手くそな鯉の絵も付け加えた(^_^;)

裏ラベルに書かれてある文句はこう;

虎の如く、うまい酒をかぎわけ
    龍神の如く、がぶ飲みする。
         この者を馬鹿者と呼ぶ。

ここにも「がぶ飲みする。」の後に
「しかもなお 鯉のように滝のぼりする。」
と付け加えておく。確かに馬鹿者だ(^_^)

昨夜のネタは多分以下の通り(一部記憶不鮮明)
「Missing」久保田利伸
「月」桑田佳祐
「恋の山手線」モダンチョキチョキズ
「ニューグランドホテル」矢沢永吉
「TIME STOP」米米クラブ

店のおねぃさんたちを相手に、前夜「るぅ~」で見かけた「カレー3杯のオッサン」の話を2回して、3回目はめんどくさくなったので、mixiに書いたのを携帯でそのまま読ませた(^_^;)
やっぱりウケたけど、商売する立場からすると、常にそういう客が出ないかどうか、気がかりなんだろうと思う。カウンターのスツールって、高いしね。転げ落ちて、打ち所が悪ければ、多分そのまま「ちべとうかとうなる(c)桂枝雀」可能性が高い。
「ちべとうかとうなる」方は、もしかしたらいい気持ちのまま昇天するので幸せかも知れないが、店にとってはえらい迷惑、ということになる。皆さんも気をつけましょう。

2007 05 12 09:37 PM [日記・コラム・つぶやき, , 音楽] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

ジロ開幕

今日からグランツール第1弾、Giro d'Italiaが始まる。
今年はプロローグなしで、第1ステージでいきなりTTT(チームタイムトライアル)という変則的なスタート。
まぁ観衆の皆さんに顔見世、という意味ではよいかも知れないが、レース全体のバランスを考えるとどうなのかなぁ・・・と思わなくもない。

昨年の覇者、イヴァン・バッソは欠場。
直前にディスカヴァリー・チャンネルとの契約を自ら解除し、オペラシオン・プエルト関与を認める証言をした、ということだそうである。様々な意味で残念な話・・・

優勝候補の最右翼が出場しないということになったので、「では誰が?」ということになるが、下馬評では、過去に優勝経験のあるクーネゴ、サヴォルデッリ、シモーニ、あるいは毎年期待されているディ・ルーカ、バッソを失ったことでチームのエースを任されることになったポポヴィッチ・・・といったところだろうか。

今回は日本人選手は出場していない。ディスカヴァリーの別府選手はツール・ド・ロマンディでステージ2位に食い込む活躍を見せたが、まだグランツールを走るには経験不足というところだろうか。何しろジロは3週間の長丁場である。

ということで、今夜から22時以降はジロ漬けである(^_^)
カンタロウ様のHDDの中身をキレイにして(DVDに焼いて)、録画していくかどうかは未定(^_^;)
去年のツールとか、去年のワールドカップとか、そういうものがHDDに残っているので、ジロを録画するとなると、少々気の重い作業だ(+_+;)

一応、スタートリストなんかにリンクを張っておくです。 →こちら

2007 05 12 07:39 PM [Cycle] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.05.11

味噌煮込み

Pa0_0474今日はここに行ってました。
矯正されてたワケではありません(^_^;)
今は名古屋駅に向かってるところ。

Pa0_0473名古屋駅に戻って、エスカの山本総本店へ。
ボスのおごりということで、有無を言う間もなく、本ズワイガニ入り味噌煮込みうどん。

味噌煮込みだから、こういうのもアリ、なんでしょうね(^_^)
まぁなかなかのものではありました。値段もなかなか、でしたが(^_^;)
ということで、滞在時間2時間半で、只今帰阪中(^_^;)

2007 05 11 12:40 PM [日記・コラム・つぶやき, 飲食] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.05.10

わが道

いつもの大阪駅構内「るぅ~」にたどり着き、いつものようにハーフ中ジョッキをあおりながら納豆オムレツをつついていると、カウンターにいたおねぃさんが叫ぶ。

「お客さん、それ、お勘定書きやから。ほかしたらあきませんよ。大事なもんやねんから、ね」

フロアのおねぃさんのうち一人が「あらあらー」という感じでやってくる。
どうやらカウンターの2人左隣に、かなりできあがっているオッサンがいるようだ。

少ししてそのオッサンの口から「おねーさん、カレーもらえるかな」の声。

ここは基本的にカレーショップだから、それ自体は別に珍しいことではない。飲んでる人が、仕上げにカレーライスを求めることはよくあるし、ワタシもごくまれにこれをやる。

しかし、このオッサンは少し違った。
カウンターのおねぃさん(多分某あ氏と同じ名字=出雲の名家=なのだが、確かめるタイミングがなくてなかなか確認できない)がオッサンに向かって曰く、

「おとーさん、カレー、今食べたやないの。まだ食べるん?」

2杯目なのか(^_^;)

「ああ? カレーくれ、カレー。今食べた? もひとつくれ」

このやりとりで店内はこのオッサンを中心に動き始める。
イヤホンでタイガースの実況を聞いていたワタシの左隣のおっちゃん(つまり件のオッサンの右隣)も、否応なく自分の左側に注意がいくし、フロア担当の二人のおねぃさんも同様である。

オッサンは続ける。
「カレーな。そんでおあいそ」

フロアのおねぃさんはすかさず計算し、オッサンも素直に千円札を3枚渡し、お釣を受け取っている。
そしてカレー。
モクモク・・・というよりは、ワシワシ・・と食べるオッサン。やるなぁ。

食べ終わるとオッサンは出入り口に向かう。フロアのおねぃさんにトイレの場所を尋ねている。ちゃんとたどり着くのだろうか。そして、戻ってこれるのだろうか。

しばらく店は平穏な時間帯に入り、マイミク左衛門さんのお知り合いの著書を読み進める。オッサンがいる間は気が散ってなかなか先に進められない(^_^;)

ハーフ中ジョッキと納豆オムレツが終わり、残波25度水割りと大根チャンジャに移った頃、オッサンが舞い戻ってくる。無事トイレで用を足すことができたようだ。
オッサンが座っていた席の前には勘定済みということでレシートが置いてある。オッサンはそれを見て「いくらやぁ、おあいそ」(^_^;)

「あのね、もうお勘定してもろたから。お金はもういただいたからええのよ」
「ああ? ほんまか。もう払ろたんか。そうか」

安心したのか、席に腰を落ち着けたオッサンは眠り始める(^_^;)
寝るために戻ってきたんかぁ・・・(>_<)

少し間をおいて、カウンターのおねぃさんが「あっ!」と叫ぶや否や、オッサンが椅子から転げ落ちるところが見えた。
テーブル席にいたおにぃさんがとっさに手を出さなければ、頭を床に強打しているところである(@_@;)

「大丈夫ですかぁ・・・」
「ああ? ああ、だいじょうぶや」

ゆっくりと起き上がり、再び椅子に座るオッサン。
ここから、オッサンがいつ席を立つのか、また眠り始めるのか、そのあたりが気になって、アラビアンナイトどころではなくなるワタシ(^_^;)
店内の客の大半がこのオッサンの挙動に注目を払っている。

オッサンはそれを知ってか知らずか、時折ウトウト・・・とするかと思うと、背筋を伸ばして「起きてるで」と言わんばかりに胸を反らしたり・・・

それからどれぐらいの時間が過ぎたのかわからないが、ようやくオッサンの口から
「おねーさん、すまんな、帰るわ」

店内の空気が途端に緩むのを感じる。

「おあいそして」

こらこら、オッサン、それはさっき済ましとる(^_^;)

ということで、オッサンは無事店を出たのであった。
ホッとして顔を見合わせるおねぃさんたち。
ワタシは隣のお客さんと「たまりまへんな」というような感じで苦笑状態。

それから快調に読書を進めていると、カウンターのおねぃさんがワタシの前に来て、「い゛い゛い゛」と奇声を発しながら顔をしかめる。

「は?」と店内を見回すと、先ほど出て行ったはずのオッサンが再び舞い戻ってきて、先ほど座っていた席に再び腰を下ろしているではないか(^_^;)

「おねーさん、あのな、カレーくれる?」

さ、3杯目ぇ~?(+_+;)

「おとーさん、さっき2杯食べはったけど、入るん? 大丈夫なん?」

「ああ? ああ、それと生中ひとつな」

感嘆。

ホンマにこのオッサンは3杯目のカレーを食べられるのだろうか・・・と注視してみるが、時折ぐったりと意識を失うものの、ガシュガシュ・・・とスプーンを口に運び続け、ついに3杯目を完食。
食べ終えて、また席で眠り始めたりして気が気でない。
既にワタシの左隣の客は帰っているので、オッサンの様子はよくわかる。
やがてオッサンは携帯を取り出すと、(多分)家に電話をかけ始めた。

「あ、あのな、尼崎のサウナに泊まるから。すまんな」

そう言ってしばらくして、オッサンは席を立つ。
尼崎のサウナ? 尼湯かな。極楽湯は駅から遠いしな。しかし入れてくれるんやろか・・・

やがてオッサンはヨロヨロと店を出る。ここでも「おあいそは?」の連発。もちろんカレーを頼んだ時点で既に精算済みなのであるが(^_^;)

さすがに生中は飲み切れなかったらしく、半分ほど残っていた。
しかしカウンターのおねぃさんは、「また戻ってくるかも知れんしな」と、しばらくそのジョッキをそのままにしておくことに決めたようである。
キッチンにいる店長からは、「次戻ってきたら、もう閉店や、て言うとき」の声も出る。まぁ確かにもうじき閉店ではあるが。

オッサンの様子を見届けるため、普段よりも1杯余計に残波を飲んだワタシも、ここらが潮時、と腰を上げる。
結局ラストオーダーの時間までいてしまった(^_^;)

2007 05 10 11:48 PM [日記・コラム・つぶやき, , , 飲食] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.05.09

No.231 蜘蛛女・・・かも

Pa0_0475何度見ても「スパイダーマンヨ」に見えるのだが。
本当はスパイダーウーマンなのか?

2007 05 09 09:41 PM [ahorism] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.05.08

やや腸炎もどき

そこそこ本格的な急性腸炎は何度かなったことがあるから大体わかるのだが、今日はタイトルの通りの感じ。
土日と家から出ず、食っちゃ寝状態で週明けを迎えて、その間結構辛目のものを摂りつづけていて、それらが堆積して圧縮されると腸に負担がくる。今回は多分、今日の昼食のインデアンカレーの「大玉(だいたま)」でスイッチが入った模様。

何度もトイレに行くのに、お腹の膨満感が引かない。ああ、多分炎症を起こしているな・・・という訳である。
少しきついと出血してそうだな、とか思うことがあるが、今回はそこまではいってないような感じ。出血してたりすると、何を食べても飲んでも沁みるような痛みを感じるが、それはあんまりない。
しかもちゃんと食欲があったりする。明日の取締役会用の資料作りに追われていると、上司が「弁当買ってきたから」と応接室で食事。和風ハンバーグ弁当を光速流で平らげたぐらいなので、まぁ大丈夫なんだろう。でも一応帰宅後、気休めに正露丸なんぞを飲んでみたり。

庭猫のうち、不妊治療が済んでなかった一匹が、帰宅したらおとなしく(動物病院から借りてきた)ケージに収まっていた。明日処置される予定。子猫はかわいいが、鼠算式に増えられても困るし。

2007 05 08 11:39 PM [(-_-;), 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.05.07

さぬきうどん

うどんの分量、種類、トッピングやオプション類を選び、自分で席に持って行って食べる、というスタイルの店は、江坂勤務時代にはちょくちょく通っていた(最盛期は週に3回ぐらい行ったかも)が、尼崎勤務時代は外で食事できないので縁がなくて、堂島に来てから久しぶりに体験することになった。

トッピング類は天ぷら系が多いのだが、うどんそのものがあっさりしたもので、それだけだと値段もリーズナブルだけに、ついつい天ぷら類を余計に乗せてしまう。これはよくない。
今日行った店は、あまり油がよくなかったようだ。

さて、仕事が一段落ついて、ようやくオフィスを出たのが21時過ぎで、ジュンク堂は開いてないだろうと思ってドーチカへ。
すると、なんとなく見覚えのある人がどこぞの店の、既に閉まったシャッターにもたれながらよたよたとしている。
あれは、大阪駅構内の「るぅ~」によく来る某T氏である。直接会話することは殆どないが、店の主みたいになってる人なので、ワタシもよく顔を知っている。何してるかなぁ、こんなとこで。

氏がもたれかかっているのと反対側に旭屋書店があって、この時間でもまだ開いていたので中に入り、新書本のコーナーを見ていたら、某マイミクさんと関わりがありそうな本を見つけたのでパラパラ・・・とめくると、やはり「あとがき」の中にマイミク氏のお名前発見。ということで、即お買い上げ。

「アラビアンナイト―文明のはざまに生まれた物語」

もうあれから2年半経ったのか・・・

2007 05 07 11:56 PM [日記・コラム・つぶやき, 飲食] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.05.06

5ヵ月ぶりぐらいに

iPodのSync.を実施。
新規登録したものやデータをアップデートしたものは意外と少なく、3068トラックだけだった。まぁそれでもSync.終了するのには結構かかったが。

雨だったので外には出ず、iTunesで音楽を流しながら、ぼけーっと「バーのある人生」を読みふける。

「バーのある人生」

思えば、ちょっと似たような店(キングスアームズとかテンプルバーとか)にはよく行くが、ここに書かれてあるような「本格派・正統派」のバーにはあまり縁がない。
堂島に移ってきたことだし、少し開拓してみようかな。

2007 05 06 04:43 PM [music with iPod, ] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.05.03

ベトナム

Pa0_0477アバンザのベトナムフロッグにて。
大根もち、美味なり。

Pa0_0476ベトナムビール、ベトナム焼酎も堪能。

世間的には連休らしいので、北新地もガランとしている。
朝から夕方まで会議でこもりっきりだったが、かなりよいお天気だったらしい。

夜はcomet師匠と飲む約束をしていたので、アバンザの新星堂で待ち合わせて、CDを少し眺めて、ジュンク堂で少し買い物をして(師匠は「できるかなクワトロ」、ワタシは「ウチの場合は・6」など)、そのまま地下に降りてベトナムフロッグ。

ここはかなり昔、合唱団の面々で曽根崎警察地下イベントホールに出演した折の打ち上げで利用したことがある。
ベトナム料理やベトナムのビール、焼酎などが楽しめる。まぁかなり日本人の口に合わせているのだと思うが。

その後、ガランとしている新地を抜けて梅新から梅新東、兎我野町から東通りとデンジャラスゾーンを経由してキングスアームズに落ち着き、アーノンクールのブル5、レヴァイン(ミュンヒェンPO)・シェルヘン・バーンスタイン(BPO)のマラ9比較検討、バーンスタイン(VPO)のブル9、June Taborさんのラウンドミッドナイトなどをとりとめもなく聴いて過ごす(アホですね)

2007 05 03 11:39 PM [music with iPod, , 音楽, 飲食] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.05.02

名古屋行かず

Pa0_0478本当は前々日に続いてこの日も名古屋出張の予定があったのだが、結局今日の名古屋出張は「行くに及ばず」ということで、エクスプレス予約は25日に変更。何しろ取り消すとキャンセル料は自腹だそうで(^_^;)

という訳で広島から遠征組を迎えて、無事第1ビル地下の「ふくじゅ」へ。
御影の造り酒屋のアンテナショップとして長年やっとられる店で、凍結酒が名物。
ズリやらだし巻きも、かな。冬場なら湯豆腐もよい。

福壽については→こちら

2007 05 02 09:46 PM [日記・コラム・つぶやき, , 飲食] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック