« mayo 2007 | トップページ | julio 2007 »

2007.06.29

次はトルコライス

タコライスときたら、次は必然的にトルコライスとなる。
職場から程近いところに、トルコライスを出す店があるのを確認してあるので、週明けに攻めてみたいと思っとります(^_^)

夏向きという点ではタコライスが断然勝るが、攻略予定の店のは結構夏場も勝負できそうな仕様なので、かなり期待している。

出張中に茶の間のバイオちゃんが撤収されていたので、ひとまずモバイルから。
後ほど補筆予定。

ダイエー発祥の地として知られる千林。
その近くにある「イスタンブール」が大阪流トルコライスの元祖と言われている。

イスタンブールの紹介ページ
あるいはこちら

他に有名どころとしては、ワタシが攻略する予定の「パウゼ」や「北斗星」、さらにコロペットで有名な「ネスパ」にもトルコライスがあったりする。谷四の「ステレオ」という店もよく名前が出てくる店の一つ。

「ネスパ」は以前の堂島勤務時代に上司に連れられて何度か行ったが、あのコロペットの独特の食感は忘れがたいものがある。
その後、少し場所を移転して、小ぎれいに生まれ変わったが、大阪駅前第三ビルの地下2階にも支店ができている。
先日タコライスを食べた「OKINAWA」の1つ下のフロアである。コロペットも食べたいが、ここのトルコライスも一度食べてみなければなるまい。

2007 06 29 11:03 PM [飲食] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.06.28

任務完了

Shinagawaprince05写真はホテルの部屋からの眺望。

肝心の本番は特に波乱もなく終了。
帰阪して打ち上げ兼新人君の歓迎会。今日のビールはうまかろう君(^o^)

2007 06 28 12:10 PM [Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.06.27

今夏初の

Pa0_0524シェークンレモンパッションティー。
出張の供としてその他朝食類と一緒に新大阪構内で購入。
おねぃさんがコレを作ってくれるところを見るのが好き(*^_^*)

2007 06 27 07:25 AM [Photograph, Starbucks] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.06.25

ということでタコライス

Pa0_0523昨日の宣言どおり、今日は大阪駅前第3ビル地下のOKINAWAでタコライス。
少し島とうがらしをかけて食べる。もう少し大胆にかけてもよかったかも。でも美味(^_^)
他にもいろいろ定食があるので、かなり昼も楽しめそう(^_^)

******

追記:ちなみにタコライスの右横のお椀に入っているのは沖縄そばです。普通の出汁味ですが、そばはしっかり沖縄そばって感じ。

2007 06 25 01:10 PM [Photograph, 飲食] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.06.24

タコライスに寄せて

マイミクのyuki☆彡の日記にあったので、タコライスの憶ひ出を・・・

ワタシのタコライスとの接点は、船場センタービル地下にあった「マサーラー」というカレーショップであった。
実はそのあたりのことを、今は長期休止中のWebサイト(こちら()に書いてある。

大好きだったこの店がなくなってしまい、タコライスとの縁も切れてしまったのだけど、江坂に勤めていた頃、東急ハンズで変わったものを見つけた。
レトルトのタコライス。
多分、これだ。

これを買って帰り、自宅でタコライスを楽しんでみたのだが、やっぱりバターライスからしっかり作らないと、「マサーラー」のタコライスのようにはならない。

とは言え、普通の白ご飯でも十分おいしいのがタコライス(どっちやねん)

今は堂島勤務だから、comet師匠行きつけの第三ビル地下の「OKINAWA」でタコライス、という手があるのを思い出した。

コチラ
とか、
コチラ
あたりが参考になる。これはやはり行かねば・・・

******

今日は睡眠不足を取り返すかの如く、昼前まで寝て、起きてTVを観たら、NHK杯の豊川vs中川戦はギリギリまで続いていて、しかも解説が羽生という豪華版だったので、もっと早く起きて最初から観るのだった、と少しだけ後悔。

昼食をとりつつ、ガンバvs瓦斯戦を後半から(^_^;)観戦。
結果がわかってるので、前半から観ても余裕だったのだが、チャンネルを合わせたときには後半開始だったもので・・・

観終わったら長い昼寝(^_^;)
ちゃんとBGMを時々切り替えたり給水したりしているので、熟睡していた訳ではないのだが。

昼寝から覚めて夕食はヱビス・ザ・ホップをやりつつお好み焼き。来週もオフに出ればお好み焼きらしい(^_^;)
草津vsセレッソは最後の方で桜組にいいゴールが二つ生まれた。
徳島vs湘南を流し観て、千葉vs新潟を眺めていたら、スタジアムのチャントが妙に哀調を帯びて聞こえる。両チームのチャントが微妙に合わさって、なんとなーく寂しげな響きに聞こえてしまうのだ(^_^;)。片方ずつ聞けばきっとそんなことはないのだろうが。まぁでも千葉の現状を考えると、これもふさわしいのかも。ストヤノフ、どこ行くのかな。

ツール・ド・スイスは最終日。ベルンの周回コースでの個人タイムトライアル。約2週間の休みを経て(その間、各国の選手権が行われるが)、いよいよツール・ド・フランスの季節到来である(^_^)

2007 06 24 11:09 PM [Cycle, Football, 飲食] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.06.23

支援

パープル・ヘイズ。
それは紫煙。というか、紫の靄。であってジミヘン。

株主総会支援システムも、もうちょい先進的な技術がぎっしり詰まっていてもよさそうな気がするが、そこはもう何というか、どこまでいっても所詮は人力検索はてなな世界であって、実のところ今でもインターネットブーメランなんかが活躍できる余地があるという恐ろしい世界なのだそうだ。そもそもXPに対応していたのかどうか・・・

スペースシャトルなども、ものすごく先進的なもの、最先端のテクノロジーが詰め込まれているようでいて、実は結構陳腐化してしまったもので、それでも信頼性が高いもの、ナニがどないなったらどないすりゃええねん、ということがはっきりしている技術がふんだんに使われている、というようなことを聞いたことがある。足のニオイをとる靴下とか、低反発マクラとか・・・

ということで、来週はNASA公認の靴下が役に立つかどうか、大変緊迫の展開が予想される。

2007 06 23 11:43 PM [意味不明・たわごと] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.06.21

新地

今日の昼は、様々な因果の巡り合わせと偶然とシュレーディンガーの猫のおかげで、一人で食べに出ることになった。
ひとつ、レパートリーの開拓に務めなければならない。

そう思って裏口から出て、アクアの横を通って堂島川のほとりまで出てみるが、どうも人々はこちらに向かって押し寄せてくる。つまり、これから向かおうとしている先にはめぼしい店はないらしい。

仕方がないので川べりを歩いてふらふら行くと、大江橋まで出てしまった。
これまた仕方がないので御堂筋を北上すると、泥酔でもしていない限り、とても入ろうとは思えない「薩○っ子ラーメン」がある。何度通ったことだろう。
さらに少し行くと天下一品の堂島店があり、明け方まで新地で過ごす人々の友である珈琲の青山が現れる。昼間は全く用のない店である。そう言えばビストロYGの姿が見えないな・・・

結局その先のココイチに入ってしまったワタシだが、妙にご高齢の方の比率が高い(店のスタッフもだが、客もである)。店のスタッフにご高齢の方を活用するのは一つの見識であり、また戦略でもあるが、それがご高齢の客をも引き寄せるのだろうか。
それにしても、トマトとグリーンアスパラのカレー4辛コーントッピングがあまり辛くない。4辛で留めたからか。それともご高齢の方仕様なのか?

その後、スタバに寄ってなんちゃらドーナツとアイスダブルショートノンファットラテをテイクで頼み、新地上通りを西に進んでアバンザへ。
新地って、こんなに狭かったっけ?
昔は広大無辺で、あちこちが歪みまくった空間だなぁと思っていたのに。
新地歴も20年となれば、あらかたどこに何があるのかが把握できて、広さを実感できなくなってしまった、ということなのかも知れない。

しかし、新地の本当の「広さ」は、平面的な空間では語れない、ということも、ワタシはよく知っている。「ということ」を知っているだけだが(^o^)

テイクアウトしたドーナツはアバンザ前アトリウム地下の階段に腰掛けて胃に収めた。日陰に入るとまだ過ごしやすい気がする。

2007 06 21 11:27 PM [日記・コラム・つぶやき, 飲食] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.06.20

私市

・・・と書いて「きさいち」と読む。
大阪人なら75%ぐらいの人が読めるのではないかと思われる。

・・・という話ではなくて、最近ハヤリの「都市メーカー」

「ちいしゃ市」

【総人口】187,227人 【世帯数】123,569
【男性】80,602人 【女性】106,625人 
各種データ
面積447平方km / 人口密度418人/平方km
市民の平均所得239万円 / 昨年出生数457人 死亡数2,396人
平均寿命97.3歳 / 失業率3.3% / 名産品飲みかけまんじゅう
市の花サルスベリ 市の鳥ツル
1日の救急車出動数75回 / 下水道普及率82%
発生事件ベスト3盗撮 置き引き 騒音
住民の声
ネコが多すぎて喜びが溢れそうです(50歳 理容師)
アスファルトが好きよ(57歳 不動産屋)
動物園誘致賛成!(35歳 マッサージ師)

音頭 ちいしゃ音頭
子猫と女がにじり寄る ソイヤ
すっとんきょうが多い街
大した事もなく51年 ソレ
スズメが何より大事な街
さっぱりヘイ!きっぱりヘイ!
家はええよ~近所だよ~
さっぱりヘイ!きっぱりヘイ!
ノールックシステム大好評
ボソッとつつきゃちいしゃ音頭
ボソッと滑らしゃちいしゃ音頭

「ちいしゃ高校」

校訓 新規・脱線・還暦
生徒数 男子172名 女子302名 計474名
データ 偏差値51
<出身者職業ベスト3> 理容師・エステティシャン・車掌
<主な留学先> ミクロネシア・モンゴル・マラウイ
進路 <昨年度>
大学進学率35.4% 就職率20.7%
大学168名(四年制139名 短期29名)
専修・各種学校149名
民間就職66名 公務員32名 家事・その他59名
校歌
9日連続カレーライス 窓から見える大学病院 
セピアの匂いのこの校庭 条例ぎりぎりハイレグ水着 
行けばわかるさ帰り道 無茶苦茶しようそうしよう 
ケンカはやめて ちいしゃ高校
君に会うため ちいしゃ高校

9日連続カレーライス! 素敵(*^o^*)

「ぐんぐん戦隊ちいしゃジャー」も素晴らしいが、省略(^_^;)
こちらのリンクでどぞ

Nounaiimage_1「ちいしゃの脳内イメージ」・・・なんて的確なんだ(笑)

ということで、以下のリンクからお試しを。
都市メーカー

アクセス集中時はうまくいかん時もあるようです。
挫けずチャレンジ、飽きたら寝るのだ、ちいしゃジャー

2007 06 20 12:54 AM [おすすめサイト, ] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.06.19

侮り難し、地雷原

またバイオちゃんがお熱でヘソを曲げたので、熱が引くまで、モバイルでお茶を濁してみたりする。

前にも書いたが、堂島から大阪駅までの空間は、実に危険な香りに満ちている。
途中で陥穽に捕まらずに駅のホームに辿り着くには、厚揚げ程度の固さの意志が必要である。豆腐未満のワタシには誠に恐るべき地雷原と言えよう。

でだ。
…というところで、そろそろバイオちゃんを再起動させる時が訪れたようなので、続きは後ほど_(._.)_

昨日は鬱陶しい地下街を歩くのはやめて、地上を通って行こうと決意したものの、ポツポツと雨が降っているので、マルビルのところまで来て(あとわずかで大阪駅なのに)「潜ろう」と思ってしまった。
ここで潜れば、地下2階までたどり着かずに、地下1階の磁力にやられることは自明である。

小一時間後、5組7枚のCDを抱えてレジに立つちいしゃさんの姿あり。
マイミクで以前同じ団で歌っていた過腹くんのとこでも書いたが、最近は円安の影響もあって、輸入盤を買うには決してよい状況ではないのだが、それでも安いものはあるし、店もあの手この手で迫ってくる。我らがミドリちゃんカードは持ちこたえられるのか。危うしミドリちゃん(^_^;)

その中で、「ああ」と思って値段度外視で買ってしまったのが、The Schola Musicaの"The Liverpool Manuscripts"ってやつである(正式なアルバムタイトルは違いますよ)
これは数寄者の多い我が愛しのマイミク様なら、結構な数の方がご存知のものではないかと推察するが、Stingのダウランドと並んで、「なかなかのもの」というやつである。
山尾センセイのブログでも絶賛されているので、詳しくはそちらをご覧いただくとしよう。
「山尾好奇堂」

あとはちょっと思惑というか、最近の個人的なハマり度合いから、シフとベロフのバルトーク、J.P.コラールのフォーレ、何故か2巻しか持っていなかったミケランジェリのドビュッシィ「前奏曲」第1巻(多分大昔にエアチェックしてそれで満足してたのだと思う)を購入して、めでたくWポイント確保で、100点満点到達である。

CDをジャンジャカ買っていた頃なら、タワーのポイントなんて2~3ヵ月で(それでも一応普通の一般庶民なので2~3ヵ月はかかる(^_^;))満点になっていたものだが、今回は10ヵ月かかっている。これでしばらくはワルティに通うことになりそうだ(^_^;)

今日は満点になったカードを持って、再び梅塔へ(^_^;)
なんてダメなタワシ、いやワタシ・・・というかタワシ並のワタシ。

クラシック&ジャズの小部屋に行くと出られなくなるので、ロックの棚を逍遥していたら、先日カセットテープから起こしたばかりのロバート・フリップ御大の"Exposure"がオマケたっぷり(というか半分以上オマケ)の紙ジャケで出ていたので、「どうせ3000円引きなんだから・・・」とフラフラとレジへ(^_^;)

クリムゾンもやたらと紙ジャケものが出ていて、とても困るのだが、mixiのクリムゾン・コミュでも、皆がフリップ御大の商魂たくましさにアキれ、罵詈雑言を吐きながら、それでも「やはり揃えなければならない」という使命感に駆られてダブり買いを厭わない姿を見ているので、ここでは自制心を保つことができた。
でもうかつにお茄子が出たりすると、豆腐よりやわい自制心なので、どうなっていることかと気が気でない。

来週ぐらいには予約注文しておいた橋本一子さんのメシアンとかも届く予定だし、来月のカード請求額が実に楽しみである。ミドリちゃんコインもたくさん貯まりそうだ(^_^;)

2007 06 19 11:19 PM [音楽] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.06.18

レアル無情

スペインに「王の」という意味の「レアル」を冠したサッカークラブはいくつかある。例えばレアル・サラゴサやレアル・ベティスなどがそうしたクラブである。かつて城選手がいたバジャドリや、西澤選手が籍を置いたエスパニョールも、クラブの頭には「レアル」がつく。ロシアの赤鬼・オノプコ選手が奮闘していたレアル・オビエドなんていうクラブも懐かしい。

しかし、その中でも「ラ・レアル」と言えば、言うまでもなくレアル・ソシエダのことを指す。我がアトレティックとは、バスクの永遠のライバルである。

今季は、CLで我がレッズがあと一歩だったとか、地元のガンバが決して好調というワケではないけど首位キープとか、いろいろあったり、現在進行形だったりするのだが、本当のところ、ずーっと気がかりだったのがこのビスカヤとギプスコアを代表する、バスクの両雄の成績であった。

今季の我がアトレティックは常に降格スレスレのラインを、まさしく薄氷を踏む思いで戦い、最後もレバンテ相手に勝っていなければ降格、という、ギリギリの所で踏みとどまったけれど、ラ・レアルは、ほぼ常に「水面下」の戦いを強いられ続けてきた。
最後の最後、勝っても他力という状況でバレンシアと壮絶な撃ち合いを演じ、3-3のempateで轟沈。40年守り続けたプリメーラ・ディビジオンからアディオス・・・となってしまった。

同じバスクのクラブながら、「バスク純血」にこだわり続けるアトレティックに対し、バスク以外の選手はおろか、外国籍選手ともこだわりなく契約するラ・レアルは、いろいろな意味で対照的であり、好敵手である。
自分とこが落ちなくてよかった、と思う反面、来季のラ・レアルの奮起を期待したい。

・・・と書きながら、実はセルタの降格も結構コタエているワタシ(T_T)
セルタが落ち、ラ・レアルが落ち、アトレティックが残った。
今季のリーガはése es todos

2007 06 18 11:22 PM [Football] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.06.17

ツール・ド・スイスも開幕

実は昨日開幕していたのだが、焼肉オフから帰宅してから観戦するだけの力は残っておらず、第1ステージはパスしてしまった。

今回はディスカバリーチャンネルから別府史之選手が出場しているのが注目点の一つである。ツール・ド・スイスはグランツールではないが、こういうステージレースの経験を積んでいくことで、将来グランツールにもノミネートしてもらえるようになるだろう。彼はまだ若いし。

ツール・ド・スイスと言えばツール・ド・フランスの前哨戦、主力選手が調整のために参戦することも多いレースの一つである(もう一つが並行して行われるドーフィネ・リベレ。こちらは今日が最終日)
注目選手たちの仕上がり具合を見るにも格好のレースである。

また、何しろスイスが舞台なので、美しい景色と裏腹に、過酷な山岳ステージが展開される、というところもみもの。

スイスというと、フォナックという強いチームがあったのだが、昨年のツール・ド・フランスで優勝しながら、ドーピング陽性となって優勝を剥奪されたフロイド・ランディスの一件もあり、昨シーズンでチームは解散となってしまった。
補聴器メーカーらしく耳を象ったマークが印象的だったが、緑と黄色のフォナックのジャージが見れなくなってしまったのは残念な限りだ。

それはそれとして、9日間のステージをしばらくはのんびり観戦、ということにしよう(今回は録画しない予定)

2007 06 17 11:46 PM [Cycle] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

鶴橋より帰還中

Pa0_0510裏地ともみ迎撃あうふ出獄記念オフより帰還中。
詳しくは帰宅後、書くかも知れないし、書かないに全部…という意見にも頷けるものを感じる6月の晴れた宵。

続きを読む・・・と、写真が出てくるだけよ(^_^)

Pa0_0509これは普通に焼いてるとこね。

Pa0_0508白く濁った空間でハイになる集団。

Pa0_0507ハイになりすぎたひとがソソウをすることがあるらしい。

2007 06 17 12:24 AM [Photograph, 集い] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.06.16

アナログ音源

昨日買ってきたオーディオケーブルでカセットデッキとPCを接続し、ダウンロードしてきたフリーソフトの「ぽけっとれこーだー」を使って、カセットテープの音源をWAVEファイルとして取り込む。

難しいのは音量の調節である。
カセットデッキ側のOutputレベル、PC側のInputレベル、ソフト側の録音レベル、それぞれが可変なので、中途半端な目盛に設定すると、後で再現するのがめんどい・・・ということもあり、PC側とソフト側は一定にして、デッキ側で調整することにした。

カセットデッキはVictorのKD-V6
動かしたのは何年ぶりか、という感じだが、何事もなかったかのようにしっかり動作。ピークホールドのレベルメーターの表示が妙に懐かしい(^_^;)

何度か試行錯誤をして適度なレベルを確定させ、録音実施。
最近、VHSテープのコンテンツをDVD化したり、ということもしているが、ぼちぼち古いものをこうしてデジタル化しておかないと、置き場所も大変だし、メディアの劣化もかなり気になる。

WAVEファイルが取り出せたら、今度はそれを楽曲単位で切り分ける。「ポケットレコーダー」ではそこまではやってくれない。
この作業のためには、「えせ着うた」作成用に持っていた「SoundEngine」が役に立った。これでテープの表裏で2つできたWAVEファイルを楽曲単位で切り分けて、10個のWAVEファイルを生成。

次はこれをiTunesにインポートし、インポート後にAACに変換し、iPodをSYNCさせてiPodにも取り込む。
結構時間はかかるが、まぁそれほど難しい作業も必要ないし、金もかからないので、これからヒマを見つけてはポチポチとやっていこうかと思う。

さて・・・それではぼちぼち出かける準備して、鶴橋に向かいます(^_^)

2007 06 16 04:12 PM [music with iPod] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.06.14

矢場とん

Pa0_0511そんな訳で、てんぱくくでの仕事も無事終わり、名古屋駅まで戻って、指令に従い、エスカの矢場とんでわらじとんかつを食す。
肉が柔らかく、食べやすい反面、「肉を食ってる」という感触はやや希薄かも。
それと、正直高い。
この定食に1680円、というのは、大阪ではあり得ないと思う。
ええとこ1380円ではなかろうか。KYKでも豚晴でも、多分それぐらいで出す気がする…

2007 06 14 01:53 PM [Photograph, 飲食] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.06.13

明日また名古屋へ

今度は一人で「はじめてのおつかい」状態の出張。
パンダのテンテンちゃん、ちゃんと帰ってこれるかな?

行き先は・・・てんぱくく・・・ってどこですか(^_^;)
鶴舞線の「原」もしくは「平針」から、徒歩多分40年、いや40分ぐらいのとこだけど、きっとクジけてタクシーに乗るのだろう。駅前からタクシーで行くのはよいが、帰りどうするのがよいのか思案中である。

名古屋駅に戻ったら、エスカの「矢場とん」でわらじトンカツを食べて帰ってくるように指示が出ているので、それまで間食は厳禁である。間違っても新大阪駅でKYKのとんかつ弁当を買って行ってはいけない(普段なら全然OKなのだが)
というか、名古屋に10時過ぎに着くのに、弁当買う必要はない。

「矢場とん エスカ店」

名古屋や広島への出張には、こういう昼飯の楽しみがあるのでよいが、東京にはまるでないのが残念である。いや、単にそういうとこを出歩く機会がないだけだが。路上の「ふらんす亭」の弁当とか、TOCの地下とかだし・・・
はてさて、月末の出張はどうなることか・・・

2007 06 13 11:40 PM [日記・コラム・つぶやき, 飲食] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.06.11

宇宙の晴れ上がり

そんなものは実際に見ることはできないのだが、ビッグバンのあとの混沌状態から、陽子が電子を捕捉して原子ができ、光子が自由に長距離を飛び回れるようになるのに、約30~38万年かかる、ということである。この状態を「宇宙の晴れ上がり」と呼ぶ。

宇宙の年表

名古屋と尼崎から大挙して経理の面々がうちのオフィスに押し寄せてきて、土日のうちに机が並べられて、その上に堆く段ボール箱が積まれていたせいで、隣のアバンザが見えなかったのだが、昼ぐらいになると段ボール箱もかなり解体されて、ようやく窓からアバンザを見通せるようになった。
これを「堂島一丁目の晴れ上がり」と呼ぶ。

さて、今日の昼はあまり時間もないので、ホントに近場で済ませましょう、ということになり、ビルの裏手から出る。
株式会社オリックス野球クラブのワゴン車が停まっている。祝・最下位脱出・・・というところである。うちのフロアに同居しているので、少しだけ気にかけている。まぁ今年もペナントレースはやってなくて、6月なのにオープン戦なんかやってるからどうでもよい話だが。

それで、食事は裏口から出て、すぐ目の前に見えたビル1階の店へ。
入ってみたら、アイリッシュパブだった(^_^;)

ランチはカレーだけ。
「アイリッシュ・ポークカレー」というものである。
100gのポークを、ギネスに漬け込んで圧力鍋で煮込んだものがカレーに乗っかっている。
レギュラー900円、レディースサイズ800円、50円プラスで生卵が載る。アイリッシュパブらしく、キャッシュオンというのがオフィス街のランチとしては珍しいかも知れない。

ここの説明と写真がわかりやすい↓
カレー部ログ

何も考えずにレギュラーを頼んだが、上記「部ログ」にあるように、「軽く罰ゲームの域」
そもそも男性客しかいなかったが、常連さんなどは迷うことなく「レディース」と注文している。

カレーそのものは辛さが足りないが、それなりに膨らみのある味で悪くはない。アイリッシュポークがとにかくすごいボリュームである。夕方5時半頃まで胃もたれしていた。

しかし会社のすぐ隣にアイリッシュパブとは毒だなぁ。
まぁ裏は新地だから毒に囲まれてるようなものではあるけど。

2007 06 11 11:42 PM [日記・コラム・つぶやき, 飲食] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.06.09

ヱビス・ザ・ホップ

昨夜、新地を出てから茶屋町まで歩いていく途中で、コンビニでトイレを借りたついでに、標記の商品を1本購入。
こういうものは普通すぐに買って飲んでみるものだが、何故か今日まで機会がなかった。茨木駅前のコンビニには普通のヱビスはあるが、これが置いてなかったのである。サッポロビールの大阪工場お膝元なのに・・・

その大阪工場、先々週だったか、2008年3月に閉鎖することが発表されてしまった(T_T)
この工場が地元にあるから、というのも、ワタシがサッポロビールを愛飲する大きな理由の一つだったのだが・・・
まぁでもこれからも愛飲するけどね。

ということで、今夜はおとなしく家でヱビス・ザ・ホップ。
アテはおやつカルパスとチーズおやつ(^_^;)

2007 06 09 11:52 PM [] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.06.08

芋とケーキ

Pa0_0496仕事は片付かないまま週明けに持ち越し。
週末に移転してくる部門があるので、工事が入ってオフィスはザワザワしている。

遠路、徒歩4分33秒で某店へ。
店の女の子が誕生日ということで、はぴばすで。
そのまま写すとケーキが炎上しているみたい(^_^;)

Pa0_0498以下は帰宅後補筆。

はぴばすで用に1杯だけビールが振舞われ、その後はひたすら芋麹の芋焼酎「芋」を水割りで。

Pa0_0499_1金曜日ということもあって店はよく賑わっている。
隣の席に座られた方が、同じ「芋」を入れられたこともあって、少し話をしたが、関東出身の方で、横浜で似たような感じの店によく通っておられて、こちらに転勤してきてから「あんな感じの店はないか」と知り合いに語ったところ、「それならPoPoがある」と紹介されて、そのまま常連になられたそうな。

この店も今年でオープン15年。
バブルが弾けた後とは言え、まだ巷にはバブルの残り香が漂っていた頃で、それからどん底の時期を過ぎて、今また少しずつ景気が上向いてきているのかも知れない。客層などを見ていると、そういうのも少し感じる。

本日のネタ。
You(SAS)
五つの橋(ZABADAK)
I・CAN・BE(米米クラブ)
蒼夜曲(尾崎亜美)
・・・リハビリ中だな(^_^;)

Pa0_0495写真にあるバースデーケーキだが、実はその後誰も食べる人がなくて、ほぼ丸ごと廃棄の道をたどった模様(^_^;)
飲みに来ていて、ケーキ出されても・・・というのはあるわな。

3時に店を出て、約45分ほど雨の中をとぼとぼ歩いて、茶屋町近くまで出て三菱タクシーで帰宅。
どうやら飲んでいる間に豪雨・雷雨があったそうな。
ワタシが深夜の街を歩いている時間帯は少し雨も弱まってきた頃だったらしい。日ごろの行いがよいためであると、天の声が告げる(天の声にも変な声はある)

2007 06 08 10:47 PM [Photograph, 日記・コラム・つぶやき, ] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.06.07

青冥

午前中の打ち合わせが1時半までかかったので、普段は長蛇の列でとても並ぶ気にならない堂島の「青冥(ちんみん)」へ。
ボスも一緒なのでサイフにもやさしい昼食が期待できる(笑)

さすがにこの時間だとガラガラで、4名でもすんなり入れる。
それにしてもここで昼食を摂るのは何年ぶりだろう。
前の堂島勤務時代、誰かの東京転勤前、時間がないのでお昼にここで送別会をやった記憶がある。それ以来だとすると15年ぶりぐらい・・・だろうなぁ。時は容赦なく流れるのね。

サイフにはやさしかったが、胃袋にはなかなかタフなメニューで、一緒に行った女性は、「今日はもう晩御飯もいりません」というボリュームはさすが。
堂島界隈の店としては、昼食メニューは決してバカ高くはないが、そう安いワケでもない。ただ、ボリュームを考えると、12時過ぎの長蛇の列も頷ける、というもの。

1時過ぎに食事に出るときには、職場から徒歩3分ということもあって、有力候補の一つと言えよう。

青冥 堂島店

2007 06 07 11:37 PM [飲食] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.06.06

できるかな

Pa0_0501所持金は心許ないし、いつもの店はもう終わっている。でも一杯だけ飲みたい。

Pa0_0500マクドの向かいのコンビニでEdyを使ってヱビスを一本購入し、マクドでチーズバーガーとポテトのコンビを買って、マクドのテーブルで飲み食い。
おこらえることなく、さぁできるかな?

2007 06 06 10:05 PM [Photograph, 日記・コラム・つぶやき, , 飲食] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.06.03

散髪、その他の一日

4月の前半に行ったきりだったので、午後から散髪のため梅田へ。社会人になってからというもの、地元ではなく、梅田の散髪屋に行くのが定例になっている。

いつも行く大阪駅前第二ビル地下2階の店が休みだったので、ドーチカにある同じ系列の店に行くが、ここも休み。
あらま、日曜定休に変えたんだっけ・・・と諦め、阪神百貨店地下理容室へ。ここも2年に1回ぐらいは行く。昔、新聞社にいた頃、割引サービスが受けられた名残である。

散髪後、梅田をうろうろするが、特にこれ、ということもなく、少し空腹を感じたので、第二ビルの地下に戻って、最近オープンした立ち食い寿司(第一ビル1階と同じチェーン店)に寄り、生ビールのアテに寿司を少しつまむ。

茨木に戻って、駅前のスーパー(ここは食品から撤退したので、衣料・雑貨関係のみ)に寄って、通勤用のウォーキングシューズを一足購入。
前に靴を買ってから3年やそこらは優に過ぎているのだが、いつもよく靴を買っていた大阪駅前第三ビル1階のトミヤマが倒産して店じまい(一応「トミヤマ」のエリアはあるのだが、私が行くときにはいつもシャッターが閉まっている)してからというもの、なかなか買う機会がなくて、今に至る、という感じ。
二足ある靴を交互に履きながら、何とかもたせていたが、さすがにもう限界かな、と思わなくもないので、新品を買うことにしたのであった。

マクドに寄って休憩し、それから両替のつもりで駅前の某店に入って北斗SEなんぞを打ってみたが、もうDDT(KKKとも言う)の手順すら忘れている。それでもチェリーもスイカも1度もこぼさずにきっちり揃うのは素晴らしい。でもそれだけ(^_^;)
4K棒でいかれて終わり。

帰宅後、iPodの再生内容をmixiミュージックに飛ばして、少し給水してから、近所をノルディック・ウォーキング。近くの小学校まで行き、小学校と公民館の周囲を二周して帰宅。これで小一時間というところ(「東京日和」の12曲中9曲までで帰宅)
起伏も適度にあって、ほどよい運動かも。時間帯も18時前後で日差しもきつくなく(まぁ今日は終日曇ってはいたが)、車も殆ど通らないし、万博公園のように人出も多くない。なかなかよいコースではある。

なでしこジャパンは前半で4点をリード。
彼女たちがあの風貌で街を闊歩したら、ちょっとコワイかも・・・と思わなくもないが、大竹奈美ちゃん(「Jリーグナイト!」でノノさんのお相手を務めている。ちなみに双子の妹は三浦アツの奥方)みたいに化けることもあるから、女性はよくわからん(^_^;)

2007 06 03 08:13 PM [Football, music with iPod, Nordic Walking, Pachinko, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.06.02

あれから4週間

Expo01ここしばらく歩けていなかったが、午後から軽くノルディック・ウォーキング。
今日は自然文化園には入らず、万博記念競技場周辺をうろうろして、エキスポランドの脇まで行く。

Expo02土曜日、絶好の行楽日和、ではあるのだが、もちろん今もエキスポランドは営業していない。
人のいない遊園地は、それはそれで不思議な空間だ。

Expo03歩いていて、帽子ぐらいかぶってくるのだった、と後悔したが、公園東口駅の下に行くと、日陰があって、そこの柵にもたれていると心地よい風が吹いてくる。しばしiPodで音楽を聴きつつ読書&給水タイム。

競技場では大学陸上部の記録会か何かが行われていたのだろう。学生アスリートたちが大勢集まっていて、中からも時折大きな喚声があがっていた。
競技場入口近くでコーチと思しき人物にこまごまとした指示を受けている選手がいたが、横を通るときに何を指示されているか聞いたら、帰りの段取りについての話だった(^_^;)。技術論とか精神論とかそういうのだと思ってたのに、拍子抜けやがな。

帰宅したら完全にへたばってしまって、昨日買ったSavall & HesperionXXの"Music for the Spanish Kings"の1枚目、橋本一子Ub-Xの"Vega"を聴いてまどろむ。Ub-Xの後で吉松さんの天馬効果を聴いたら、あまりに雰囲気が似ていたのでちょっと笑ってしまった。と言っても、寝ぼけていたのでそう聞こえただけかも知れない。

2007 06 02 10:56 PM [music with iPod, Nordic Walking, Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.06.01

寄り道

尼崎時代と違って、会社から大阪駅までの道筋には、危険なスポットが多数、ひしめいている。毎晩地雷を踏まぬかとヒヤヒヤものである。

会社のあるビルの裏手はもちろん新地である。
今のところ、まだあまりこちらに道を逸れることはないが、隔週に一度ぐらいは地雷を踏んでいる感じ。

アバンザにはジュンク堂があるので、ここは時折立ち寄って、知らぬ間に散財する、ということはあるが、今のところ、まだ傷は浅い。

桜橋の交差点を渡ると大阪駅前第一ビル。
地下にはワルティがあり、地上には「バー・ウエダ」こと「ウエダ酒店」がある。どちらも今のところうまく避けて通っている。
しかし、先日、以前某所で話題になった「立ち食い寿司」に足を踏み入れてしまった。コストパフォーマンスが悪いと思うが、短時間勝負であれば、こういうのもありかも知れない。

その隣には大阪駅前第二ビルがある。
ご存知「ササヤ書店」はここの2Fだが、ワタシがこのあたりを通る頃には閉店していることが多いので、現段階ではまだ無傷である。

大阪マルビルまで歩を進めると、あと少しで大阪駅である。
しかしここには最後の難関、「梅塔」ことタワーレコード梅田店がある。
今日は残念ながらここで粉砕してしまった。

どうせ閉店まであとわずか・・・と思ったことで気が緩んだのがよろしくない。
気がつくと、3組4枚のCDをご購入。まぁ昔のことを思えばとても深手とは言えないが、ドル高、ユーロ高の昨今、それなりにシビレるものはある(^_^;)

本日の獲物:
カルロス・ヌニェス1枚(Cinema do Mar)
橋本一子1枚(Vega)
サバール&エスペリオンXX1組2枚(Music for the Spanish Kings)

2007 06 01 11:58 PM [日記・コラム・つぶやき, , 音楽, 飲食] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック