« ツール開幕直前! | トップページ | 全てはタコライスのために »

2007.07.08

福祉村ウルトラセブン冷酒30km

あれ? なぜ・・・指が勝手に・・・

久しぶりに(これ、ノルディック・ウォーキングにつく枕詞)ノルディック・ウォーキング。
家を出た瞬間に自然文化園の回数券を忘れたことに気づいたので、今日は万博記念競技場前からエキスポランド前まで行き、そこから変電所前を通って阪大病院前から西青少年運動公園脇から戻ってくるルートに決定。

学校がまだ夏休み前ということもあるのか、万博記念競技場界隈は人出が殆どない。ただ、競技場の中では学生の記録会らしきイベントが行われていた。隙間から少し写真でも・・・と思ったが、なかなかいい写真が撮れず。

そのままエキスポランドの脇まで行くが、前を歩いていた若い女性2人連れが妙にテンションが高くてデカい声でわめきながら歩いているので、抜くのはやめて、少し給水してから元の道に引き返す。

ここからモノレール「公園東口」駅の下まで行って再び給水。
iPodを取り出して、ここからはギター曲などを聴きながらのウォーキング。

少年球技場から変電所前を右手に、みのり橋南までは長く、ほぼまっすぐの、緩い緩い上り坂。自転車だと実は結構きつい。はっきりと分かる上り坂というのではなく、1%あるかどうかの微妙な上り坂なのだが、だらだらと続くので割りと負荷がかかる。
でもノルディック・ウォーキングだとあまり気にならない。というよりも、このあたりが一番集中して歩ける。ナニかが脳内に分泌している感じである(笑)

みのり橋南で右折し、左手に阪大病院を見ながら少し行くと小さな公園があり、隣にローソンがあって、その脇の自販機でポッカのアイスレモンを買ってしばし休憩。
さっき外周を歩いていたときにすれ違った、どこかのJのユニ(但し背番号なし)を着て走っていたお兄さんがクールダウン中だった。あれ、どこのユニだっけ・・・少なくとも今シーズンのユニではないので、すぐにはわからない。やっぱり歴代ユニフォームカタログぐらいは買っておくかな・・・

その後、ゆたか橋のあたりで右折。
ここはよい歩道が整備されているけれども、どうも歩いていて落ち着かない。楽しくない。左側から殺人者の悪意ある物体が飛来する可能性があるから。彼らはそれで人に被害が出たら金で解決すればよい、と明言するような連中だから、潜在的殺人者だと思っている。もちろん地球環境破壊者であることは言うまでもない。

西青少年運動広場あたりで合流する道を上ってきたお兄さんがいて、ワタシの少し先を歩いていたのだが、このお兄さん、歩くのメチャ速い!(*_*;)

ワタシもご存知の方はご存知のような体型であって、歩幅はあるし、何しろ大阪人であるから歩くのは速い。東京であれ名古屋であれ、よその地に行くと周囲の歩く速度の遅さに辟易するというタイプである。しかもノルディック・ウォーキングのポールを操って歩いているのだから、ますます歩幅が広くなっていて速いはず・・・なのである。

それが、一向に前のお兄さんに追いつかないどころか、どんどん引き離される。お兄さんはごく普通の体型だし、パッと見はそんなにセカセカ歩いているように見えないのだが、やはり結構ピッチは速いのだろう。本当に速い人って、見た目はそんなに速く見えなかったりするんだなぁ・・・と実感。
でも、おかげで最後に結構高い負荷のウォーキングができて、トレーニングとしてはなかなかよかったと思います(^_^)

Monban帰宅したら、庭猫どもがあちこちで昼寝中。
一匹門番をしてるのがいたので撮影。こいつはワタシをあまり怖がらなくなった。写真撮ってるときも平然としとる。

2007 07 08 06:07 PM [Nordic Walking, Photograph] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/15780260

この記事へのトラックバック一覧です: 福祉村ウルトラセブン冷酒30km:

コメント

コメントを書く