« junio 2007 | トップページ | agosto 2007 »

2007.07.31

明日からまた・・・

水~金と東京出張である。
こんなのボクぢゃない・・・というぐらい、今の職場に来てから出張が頻繁に入る。もちろん、年に200日が出張、というような人には比べるべくもないし、行き先もあまりバラエティに富んでいるとは言えない。

昨日は母が「頭痛い・・・」ということで、こりゃ状況によっては出張キャンセルもありか・・・と思ったが、今日午前中に病院に行ったら、寝違えだったことが判明し、痛み止めをもらって、湿布したら、ウソのように痛みが消えたとのこと。

ほんの少し、脊髄液圧減少症候群とかを疑っていたので、ホッとする。会社の人で、交通事故(完全なもらい事故)のためにこれになって、なかなか復帰できない人がいるのだ。ブラッドパッチ(自己血を注入して圧を補う)や生食パッチ(血の代わりに生理食塩水を注入。結構こっちの方が効果が高かったりするそうな)などの処置をやっても、脊椎の損傷箇所から髄液がすぐに漏れてしまい、強い頭痛に悩まされるそうである。損傷箇所がふさがらない限り完治は難しい、というだけでなく、当初は保険会社も当該疾病に対する理解がほとんどなかった、という点でも難儀な疾病である。

昼休みに食事後、母の状況を確認して一安心したワタシは、そのまま第一ビル地下のワルティに行き、ワゴンに乗っているニールセンの交響曲全集3枚組1350円也をつかんでレジへ。ヤナーチェク・フィルハーモニー、テオドレ・クチャル指揮。
クチャルというと、確かゆらさんのおすすめで、シチェドリンを購入した記憶がある。ビゼーの「カルメン」を弦楽器と打楽器だけのために編曲したもの。これはなかなか面白いアレンジである。

ということで、ニールセンはこれからリッピングして、明日からの出張中に全部聴いてしまおう、という算段である。

帰りにいつものように大阪駅構内の「るぅ~」に寄ると、今まで気づかなかっただけかも知れないが、妙な貼り紙発見。
なんと、当店のカレーを通信販売しまっせ、とのこと。
おまけに何やらurlが書かれている。

これが問題のサイト

よもやと思ったが、なんと「るぅ~」のウェブサイトだった(^_^;)
ということで、これまでワタシの日記の中でしばしば登場し、あまつさえ時折ミニオフまで開催してしまうことがある同店のことが、これで店をご存知ない方にも知っていただけてしまう、ということになってしまったのは、うれしいような面映いような・・・身内ぢゃないけど(^_^;)

2007 07 31 11:23 PM [日記・コラム・つぶやき, 音楽, 飲食] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.07.30

昨夜はもちろん

ツール・ド・フランスの最終ステージだったので、スカパー三昧の一日。その直前のスカイAの甲子園から続けて、多分7時間ぐらいは観ていたことになる。

もちろん、テレビの前のバイオちゃんも開いているから、そちらで開票速報をちらちら見ながら、ではあるのだが、今回は特段波乱もなく、殆ど事前の予想通りに進んだのだろうと思う。
というか、最近国政選挙で、事前の分析や予想が大きく外れるってことは、あんまりないような気もする。

もう少し苦戦するかと思っていた高校の同級生は、あっけなく逆風の一人区を勝ってしまい、ちょっと拍子抜け。今の内閣が発足した頃はそれなりに脚光を浴びたが、このところまるで表に出てこなくなった。出る幕がなくなった、というのもあるが、大臣になるのはアベ後でよし、と判断してるに違いない。アベ擁立の立役者の一人のはずだったのだが、スッパリと見切りをつけたものと思われる(アベちゃんが使えないコマだと判断したのだろう・・・と分析していた人がいたが、確かにそういうところのある男だった)

ツールは上位3選手がわずか31秒差のまま最終ステージを迎えたが、結局こちらも波乱は起きず、イケメン・ベンナーティがシャンゼリゼのゴールを制し、総合ではコンタドールが初優勝。
ヴィノクロフの血液ドーピング、ラスムッセンのチームからの排除という「追い風」に助けられた面はあるが、チーム全体が覇気に満ちていたことも大きかったように思う。チームの大先輩であるライプハイマーが3位に入り、ベスト10にはポポヴィッチも入っている。ヒンカピーの活躍も目覚しかった。トリキが去り、チェチュにも往年の輝きが見れなくなったとは言え、わずか二年で(チームとして)マイヨ・ジョーヌを奪還したことはすごいの一言に尽きる。

ただ、コンタドール自身も若干ではあるがグレーな噂がないでもないので、今はもうこれ以上のスキャンダルが起きないことを祈りたい。

あとはやっぱりボーネンの強さかなぁ。
地元ベルギーではセクシー・トムという感じの扱いを受けてるようだが(^_^;)、やはり元世界チャンピオンの称号は伊達ではない。ペタッキが出場できず、マキュアンが途中でタイムオーバーで脱落、ツァベルにも往年のキレがなく、ヒュースホーウトも安定した成績を残せなかった中で、さすがとしか言いようがない。

他では、我らがバスクの誇り、エウスカルテルから総合ベスト10に2人も送り込む、という快挙もあった(^o^)
スベルディアが上位に食い込む実力者であることは周知のことだったが、5位は上出来。アスタルロサも見事に9位に食い込む。その他ではチュルーカが23位と大健闘。ランダルーセも43位はなかなか立派なものだ。ペルドゥーゴ48位、ルーベン・ペレス50位と50位以内に6人! チーム総合でも5位ですよ、5位!
マヨがいなくなってこの成績だし、これはブエルタは期待できそうだ(^_^)

2007 07 30 11:57 PM [Cycle, 意味不明・たわごと, 経済・政治・国際] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.07.29

昨日のことと今日の道のり

昨日は本当に定時(18:30)に引き揚げて、ドーチカの理髪店へ。いつも行く駅前第二ビル地下の店と同じチェーン。
ベテランそうな方がやってくれたのだが、時折首を傾げながら髪を切ってくれる。何だ何だ・・・と思ったら、「すいてあるのはわかるけど、すいたところの長さがバラバラで・・・」とのこと。髪が多いのでいつもすいてもらっているが、前回はここのチェーンではなく、阪神百貨店の地下理容室だったなぁ・・・と思い出し、それを伝えると、「ああ、やっぱりそうですか。うちならこんなことにはならないはずですわ」とのこと。それはどうかはわかんないけど(^_^;)、この人は腕がよさそうな感じなので、この人に関してはそう言ってもよいのだろう。

その後、駅前第三ビルの「好日山荘」に行ってハイドレーション対応のリュックを探す。でも、これぞというのが見つからず、結局BLUE DESERTのSmarTubeというものと、Mt.DAXの12Lのデイパックを購入。

SmarTube

で、今日はそれを活用して、「なんちゃってハイドレーションシステム」の試験運用と相成った。
ついでなので、ウォーキングのルートを投票所を通過するものに設定し、ついでに投票も済ませる。「非国民」手帖の読者としては、国政選挙に投票するのは内心忸怩たるものがあるが、ついでなので許してもらおう。

取り敢えずいつも使っている「富士山のバナジウム天然水」500mlのボトルに八分目ほど水を満たし、そこにSmarTubeの先端部を入れ、キャップを閉める。ワンディレクションバルブをきっちりはめておくのを忘れないように。
それをデイパックに入れ、背負ったときにチューブの反対側(吸い口)が、ちょうど口の所にくるように調節。
吸い口はバイト・バルブ(Bite-Valve)になっていて、少し噛みながら吸うと水分補給ができる、というもの。やってみると全然簡単。

ただ、炎天下を歩いていると、チューブの露出している部分にたまっていた水はお湯になっており、少し吸ってボトルの中の冷たいのが出てくるまでがんばると、ちょっと水分の摂り過ぎになってしまう、という点が難しい。チューブ部分を保温するカバーなどもあるようだが、そこまでするのはタイソウだし、まぁお湯でも水分には違いないし・・・ということで、これで当分いくことにする。

今日は投票後はそのまま美穂ヶ丘近くまで出て、そこからモノレールの豊川駅まで行き、折り返して美穂ヶ丘を通って帰ってくるルート。
投票所までは5分余りで着くが、既に大汗。早々となんちゃってハイドレーションシステムがフル稼働する。
投票所におられた皆様も、変な風体で、変な装備をしたオッサンがやってきたので、何事かと思われたことでしょう(^_^;)

Asagao少し行くとスポーツ公園があって、中では野球をしている人たちアリ。一部、脱水症状で一歩も動けない内野手のパフォーマンスをしている人や、不定形生物バチルスになってる人もいる。写真はその公園の柵のところに咲いていた(自生かね?)朝顔の花。

そこからしばらく行くとモノレールの走っている通り。
阪大の北門近く(核物理研究センター界隈)をかすめて、JICAの前を通り、F火災海上保険とS急便の前を過ぎ、少し行くとモノレールの「豊川」駅である。彩都線が延びてから、ここに来たのは初めてだったが、奈良健康ランドで有名な某H商事のパチンコ屋ができていたのには驚いた。こんなこまい店をこんなとこにわざわざ作る意味があるのかな・・・

某ホームセンター前で折り返し、再び南下。
そのまま美穂ヶ丘まで行く途中で持ってきたボトルの中身がなくなる(+_+;)
この程度の距離を歩くにも、この時期だと1リットルぐらいは必要だな・・・と実感。サンクスでもう一本買おう・・・と思い、なんかよさげなのがあったので買ったら、サンガリアの「氷晶レモンウォーター」というものであった。

サンガリア「氷晶レモンウォーター」

さぁSmarTubeを入れよう・・・としたら、中身が完全に凍結していて、チューブが入らない(笑)
いくら冷えててうまそうだ・・・と言っても、これはいかん。
少し屋外で休憩していたらシャーベット状になるかな・・・と思ったが、全く融ける気配なし(いや、そりゃ多少は融けますが、チューブが刺さる程度には融けない)
仕方がないので、ポカリスウェットを1本買って、そっちでハイドレーションすることにした。アホや・・・(^_^;)
ちなみにこの「氷晶レモンウォーター」、帰宅後もまだ融けておらず、それから少し昼寝しても、まだまだ・・・ギンギンに凍っていたようです。今、自室に放置してますが、寝る頃には融けてる・・・だろうな。

というような感じで、大雑把に2時間ほどのウォーキングだったが、ハイドレーションの重要さを痛感した一日であった。

******

さすがに融けていたが、少し融ける都度飲んでいたため、そこで甘味も酸味も殆ど吸い取っていて、残っていたのはスカスカな味のマズイ液体と化していた(>_<)
「大阪ハムレット」の「オードリーの家」に出てくる太一くんなら好きかも知れないが、ワタシは速攻で廃棄処分にしました(^_^;)

2007 07 29 11:30 PM [Nordic Walking, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.07.28

テルミドール

予想通り慌しい熱月(テルミドール)なのであるが、今日は出勤こそしているが、とてものんびりしている。8月1日に新人が入ってくることになり、私の席が一つズレるため、ひきだしの中にたまりまくった不要書類を溶解処分行きにし、メールの返事を書き、来週の出張に備えていくつかの書類を整備し・・・
今日は定時で上がれるだろう。やっと散髪にいけそう(^_^;)

Pa0_0554テルミドール7日(7/25)は夕方から東京出張で、東京駅構内「ディラ」内の「カフェグラン」で食事。エスニック系の料理を出す店で、ナシゴレンとベトナム風揚げ春巻を頼んでみた(同行の女性はカレー)
ナシゴレンは長粒種の米を使っており、なかなかよかったが、ワタシの食えない「イ」で始まり、「カ」で終わる2文字の食物がふんだんに使われていた点がとても残念。
一緒に頼んだ東京限定黒ビール(名前忘れた・写真左)は残念な味。
ということで、今回の東京は残念なスタート(^_^;)

新宿から東府中へ。何故か橋本行きの急行に乗ってしまったので調布で乗り換え。東府中に着くと、まぁ見事に何もない。マクドと本屋があり、コンビニが2つ(スリーエフとローソン)、そして自動車教習所の前に立ちはだかるように「マロウドイン東京」が威容を誇る(^_^;)。ファサードの雰囲気がやっぱりマロウド。赤坂とよく似た雰囲気である。既に中の中華レストラン「摩亞魯王洞」も閉まっている。

Pa0_0555部屋はツインのシングルユースなので広いのだが、ユニットバスが異様に狭い。設備もかなり古い。20年前に→あ←氏が投宿した頃と変わってない可能性大(^_^;)

Pa0_0556

Pa0_0557

ツールが観れないから、仕方なくアジアカップを観る。途中でシャワー浴びたりしてる間に点数がポコポコ入って、サウジの勝ち。無類のサッカー好きのワタシであるが、この季節はサイクルロードレースモードなので、特段感慨もなし。というか、ナショナルチームにそれほど思い入れはないし。

翌テルミドール8日は分倍河原へ。途中で府中の駅前を眺めて、東府中とのあまりの落差に驚く(笑)
分倍河原もまた特徴的な駅前の風景。京王線と南武線が立体的に交差していて、そのためにアップダウンを伴う狭苦しい駅前商店街を形成している。90度に交差しているのではないので、広い方に商店街ができればよいのだが、商店街は狭い方にできており、広い方に目的地の某社の建物が、文字通り威容を誇っている。新田義貞も睨みをきかせてるし。

昼はもらった「お食事MAP」を見て狭い商店街をうろうろし、「ライオンカレー」でカツとチーズと野菜と茄子のカレー(ダブルキングカレーとか言ってたかな)を食す。まぁまぁ。

17時に開放され、同行の女性と府中駅で別れて、まずスタバへ。ここで少し時間を潰してから駅前をうろうろ。少ししてからS.PARK.Leなる店でキセカチ。まごきみも北斗2もあったが、空きそうになかったので、やむなく。
惰性で銭を投じ続けて23.5k目、495回転(通算1009回転目)でシンクロから6で当たり、確変に昇格。よく考えると店のレートもわかってない(^_^;)。回り方からすると等価じゃなさそう。アタッカー周りもかなり殺されていて、TYがかなりきつい。
確変中はまぁまぁ回り、玉は若干増え気味。スルー周りがやや甘いか。長い確変の最中、暴走モードに突入し、通常図柄で当たって、ラウンド中に昇格。
3連目は割とすぐに訪れて、通常図柄で昇格せず。
1箱呑まれて終了。出玉3414個(す、少ない・・・)
レシートと特殊景品もらってようやく3.0円と判明。吉宗缶コーヒー1対他と11k回収。収支マイナス12.5k

敗戦の余韻を引きずってサイゼリアで食事。
イタリアンサラダ、チョリソー、ペペロンチーノ、赤ワインデカンタ小。サラダが予想外に多かった(というか、頼んだものの中で一番高かった(^_^;))

翌テルミドール9日、チェックアウトして再び分倍河原へ。
昼は「ライオンカレー」の隣のラーメン「特一番」でみそバターラーメン。「毎日かあさん4」でガンジ君がやってる「最上級オレ天国」モードで食べようかと思ったが、普通に食べてしまった(^_^;)。猫舌じゃないし。店は狭く、大したことのない店だが、一応壁には木久蔵さんの色紙なんかも貼られている。昨日、府中駅前にも店があるのを見つけている。だからどうということはないが。

講習が終わり、17時過ぎに解放され、一路新宿へ。
とにかく新宿は人が多い。中央線快速で東京に出て、同行の女性とはここで一旦別れ、一人黒塀横丁の「barBAR東京」に行き、ギネス1.5パイントとチリコンカン。今回の出張で、一番満足いく飲食だったかも(^_^;)

早めに東京駅に着いたのでエクスプレス予約で予約していた便より早いのに変えようとしたものの、全く席がないらしく、おとなしく当初予約した便で帰ることになる。N700系はおろか、700系でもなく、500系ですらない旧式ののぞみ。静岡~浜松間の停電の影響で15分ばかり遅れている。土用の丑の日だが、何故か穴子弁当。
前の席の阿呆が断りもなく席を倒してきたので、さかんに(必要もなく(笑))テーブルを開閉して応答する。阿呆は京都で降りた。降りるときも席は倒したまま。マナーという言葉が似つかわしくない国であることは承知しているが、普段乗り慣れてないと、あんなもんなんだろうか。

新大阪駅でもど阿呆なおっさんと遭遇してしまって一悶着あったが(何しろ短気で45年間生きてきてるので・・・荒又くんか、わしゃ(笑))、あとは特に問題もなく帰宅。
AmazonからCDが9枚(マーケットプレイスからの1枚含む)届いていた。
その後、主役たちの去ったツール・ド・フランスをほけっ・・・と眺めて、改めて「毎日かあさん4」を読んで涙して寝る。

テルミドール10日、ロベスピエール、断頭台の露と消える。

・・・てなこと書いてないで、ぼちぼち片付けて帰る用意をしよう(^_^;)

2007 07 28 06:40 PM [Football, Photograph, , 日記・コラム・つぶやき, , 飲食] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.07.27

府中より帰還中

Pa0_0560なんか新幹線遅れとる。
これならギネスの二杯目をハーフパイントにせんでもよかったかも。んで、チリコンカンにフィッシュ&チップスを追加してもよかったかも。

2007 07 27 07:42 PM [Photograph, 日記・コラム・つぶやき, , 飲食] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.07.26

分倍河原一日目

Pa0_0559駅前某社にて講習受講中。
東府中よりかなり賑やかだが、ごみごみした感じの駅周辺。

写真は某社前に立つ新田義貞像。古戦場が近いそうな。

2007 07 26 01:05 PM [Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.07.25

府中到着

Pa0_0558東京は少し涼しく、新宿は大阪並に暑く、東府中は割と涼しい。

マロウドイン東京のツインのシングルユース。
夜のアテはチー鱈で、沖縄泡盛コーラチューハイを飲る。

2007 07 25 10:38 PM [Photograph, 日記・コラム・つぶやき, ] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.07.24

いざマロウドインへ

3~4日ほど時計が遅れているのでは?と思われるマイミクさんも多いとは思うが、明日の宿はマロウドインである。

OAGでの夏オフで、ワタシはマロウドインに泊まった記憶がない。
実は10年ほど前にある研修に参加するために、当時私がいた会社の社長、常務(社長の弟)、社長室長、営業部長などというお歴々たちと赤坂に2泊ばかりすることになり、その時に社長室長が、まだ当時は珍しかったネット予約で割引サービスというのにつられて、マロウドイン赤坂を予約してしまったのであった。

普通に泊まるには別にどうということのないビジネスホテルではあるが、かりそめにも一企業の社長がビジネスのために投宿するにはちょっと・・・という感じで、着いた途端に社長室長氏、社長と常務に謝りまくりだったのを覚えている。ご両人ともそこは大人の対応で、まぁいいよ、キミ・・・ととりなしておられたようである。

それとその後、件の常務にまだ当時は大阪には出店していなかったスターバックスに、初めて連れて行ってもらった印象が強く残っている。それからほどなく大阪にもスタバができて、後はご存知の通り。
あとは当時ガンから復帰されたばかりの某チェーンストア理論の権化たるA氏の謦咳に接したことも懐かしい。何事につけ仕事のよくできる社長室長氏で、氏がその会社にA氏率いる某Pクラブを紹介したという経緯があるのだが、何故かA氏の講義のどアタマに、居並ぶえぐぜくてぃぶぅな受講者のまん前で、A氏にどやされていたのは件の社長室長氏であった(^_^;)

そんなこんなのトラウマがあって、マロウドイン赤坂には泊まらないワタシであるが、明日は泊まる。
但し、東府中の(^_^;)

休みが明けて、さぁ明日からの宿を予約しなきゃ・・・と思ったら、同行する隣席の女性が「府中駅前のホテルは全部ふさがってますよ。急いだ方がいいです」と言われ、慌てて楽天トラブル・・・ではなくて楽天とラベル・・・でもなく楽天トラベルにアクセスすると、なるほど。
つべこべぬかす暇もなく、マロウドイン東京しか残っていないでゎなぃか(何故かそう表記したい気分)

そんな訳で、明日は多分21時前後に東府中に出没予定です。
金曜の夜に戻ったら、もうツール・ド・フランスの山岳ステージは終わってるよなぁ。そうだ、府中界隈にHUBってないかな・・・と思ったが、どうも新宿歌舞伎町店まで行くしかなさそうだ。
しかもオービスク峠の上りゴールとなるピレネー最後のクライマックスというのに、アジアカップ準決勝とバッティングしているようで、店内同時放映で大変な混雑が予想されるという(@_@;)
そもそも歌舞伎町でオービスクの上りをタンノウしていては宿に戻れないような気がするし(T_T)
録画予約は既に完了しているので、帰宅してからそれ観るしかないか。

2007 07 24 11:43 PM [Cycle, , 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.07.23

帰宅してます

無事18時半過ぎに帰宅しとります。
食事して、ツール・ド・フランス第15ステージ鑑賞中。
なんか昨日のステージでヴィノクロフが完全に総合争いから脱落してしまったみたいな感じ。一昨日頑張りすぎたかな。というか、そういう戦術に変えてきたのか>アスタナ

夏オフ、初日は一度ホテルにチェックインし、荷物を置いて、Tシャツを着替えて、それから日本橋から青山一丁目へ。
会場に入ったら、「キエフの大きな門」をやってるとこだった。外の居酒屋コーナーにいたが、ぐすの声が一番よく響いていた(笑)

初日はそんなこんなで、最後まで殆ど会場内には入らず、居酒屋コーナーで過ごす。会場近くにコンビニができたのはとても便利だ。いつもコンビニまで往復3光年ほどかけていたことを思うと夢のようである。

それはそうと、打ち上げは食べ物が少し足らず(^_^;)
ホテル近くまで戻って、ampmでトルコライスを購入して補う。

2日目は宿を出てから楽しく迷子になっていたら、いきなり日銀本店のところに出てしまった(笑)。どこをどう歩いていたのだろう。多分、「名橋日本橋を洗おう」の人たちを見ているうちに、あらぬ方向に向かってしまったのだろう(^_^;)

そこから地下鉄の三越前あたりまで出たら、見知らぬおばさまに「日比谷はどちらでしょう」と道を尋ねられた。「すみません、ワタシも今まさに迷子になっているところで・・・」(_ _)

仕方がないのでEZナビウォークを起動して東京駅まで戻り(実はとても近かった(^_^;))、スタバで休憩後、八重洲ブックセンターに行く。但し楽譜の取り扱いはないそうで、徒労に終わる。そのまま京橋まで歩いて地下鉄に乗り、青山一丁目へ。

溜池山王から赤坂見附までの途中のトンネル内で例のサブメディア式の広告を見かける。
こんなんです
ネットのニュースでそういうものができたそうな、という話を見てからかなり経つので、意識の中からすっかり抜け落ちていたが、実物を初めて目にしたら、やはり結構びっくりする。

青山一丁目の駅のとこのビルの地下の中華料理屋さんでジャージャー麺と生中。ここはEdyで払えるのでラッキー。
地上に出たら永井◇がどこで昼飯食おう・・・というような顔をしていたので、今食ってきた店を教える。

会場に直接向かわず、一度ampmに行き、ヱビス・ザ・ホップを5本購入。昼イチにこれぐらいはないと・・・
駅のところの交差点に戻ると、くらっちともっちゃんに遭遇。一緒に会場に向かう。

2日目も居酒屋で過ごす時間が長かったが、この日は隣のレストランで別の集まりがあって、そちらは上等そうなワインがたくさん出されていたような・・・発泡酒と交換してほしかった(^_^;)

出番は4回あって、リコーダー枠ではVicさまのテナリコを借りてアイネク1楽章に参戦。楽器をアルコール消毒しただけに終わったような気もしなくもない(^_^;)
失礼しました(_ _;)>Vicさま

次はボレロのハープ。何回かやってるが、いつも連弾だった。今回は一人でテキトーに音を抜きながらやる。さすがに落ちなくなったが、音符はかなり落とした(+_+;)

次は第九のバリトンソロ。前日とらおじに言われてやることになったけど、譜面すら持ってきていない(^_^;)。八重洲BCでは実はそれを探していたのだが、見つからなかったので、→あ←どんにベーレンライターを借りる。
Celloさん、出だしのとこ、殆ど棒無視で歌っちゃってすんません(^_^;)。修行が足らんです。

最後、威風堂々のハープ。単純にコード弾くだけでよいのに、音域が変わるとあたふたして、結構落ちて、大失敗の巻(^o^;)
やはりこの曲は歌って尺取虫してるに限る。

というような感じで、「すっとこどっこい」に突入し、蛇口ビールはジョッキ4杯ほどで勘弁してやり、おとなしくホテルに戻ったら、結構元気だったのに我ながら驚いた。体力温存に努めた・・・とは言え、温存しすぎたかも(^_^;)
この辺の加減は難しい。失敗すると去年のアンサンブルオフみたいになるし(笑)

2007 07 23 09:05 PM [Cycle, , 日記・コラム・つぶやき, , 集い, 音楽, 飲食] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

帰阪中

Pa0_0551東京駅まで戻って、2年半ぶりか3年半ぶりにbarBAR東京へ。
ここで少し遅めの昼食。

Pa0_0552南魚沼の地ビールとタコライス。ペールエールが爽やか。

Pa0_0553タコライスは温玉がいい味を演出してる。

前に来たのは、M女史の追悼オフの時だったかな。なかなかよい店だと思う。

2007 07 23 03:56 PM [Photograph, , ] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

夏オフ明け

Pa0_0550浅草駅前のスタバでほっこり中。
をを、昨日と場所が違うだけで、やってることが変わらない(^_^;)
※前日は東京駅日本橋口のスタバで同じようなことをしていた(^_^;)

Pa0_0548

Pa0_0549雷門なんぞを写そうとしてたら、有田芳生さんのクルマを見かける。本人の姿は見当たらず。

これからさらに3時間余り界隈をうろつき、それから帰途につく予定。

2007 07 23 10:45 AM [Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.07.22

夏オフは終わり…

Pa0_0547また来年に向けて、いろいろな仕込が始まる。

いつもの「すっとこどっこい」のビールの蛇口。
今年はそれほどビールが出なかった。某マイミクが二人ばかりいなかった影響は大きい。

2007 07 22 11:41 PM [Photograph, 集い] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.07.21

ゆけ、メタボちゃん

Pa0_0543これが基本だ…ということで、新大阪駅のKYKで一口ヒレカツ弁当とサッポロ黒ラベルを購入し、のぞみ自由席2号車最後列3人席通路側でタンノウ。
N700系ではないが、オフィスシート仕様の新しい方の700系。
家族連れが多く、車内をジタバタと動き回る人がたくさんいて落ち着かないが、iPodで完全武装してやり過ごす。

もうじき浜松あたりかな。

2007 07 21 02:17 PM [Photograph, , 飲食] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

江戸下向予定

これから寝て、しっかり寝て、起きて準備して、昼までには家を出て、夕方までには赤坂のOAGに入る。
宿は日本橋のEdyの使えるとこ(^_^;)を予約した。
青山一丁目まで銀座線で一本ということと、打ち上げ会場からは溜池山王からやはり銀座線で一本ということ、そして東京駅に近いということ、Edyで支払えて、AMCポイントも貯まる、ということで、耐震設計云々は目をつぶって投宿予定。

日曜も赤坂の同会場での夏オフ。なるべく早めに着くように努力する・・・が、オペラないから、別に昼からでもいいのかな。プログラムをよく把握していない(^_^;)
終了後は赤坂駅近くの蛇口ビール。これのために江戸に行くと言っても過言ではあるが、20%ぐらいはそうかも。
それから再び溜池山王から日本橋→ホテル。

月曜はホテルをチェックアウト後、東京駅のコインロッカーに荷物を預けて、市場調査など(笑)。でも池袋まで行くつもりはないです。今年はなるべく早めに帰阪するつもり。

2007 07 21 02:12 AM [, 集い] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.07.18

コロペット日和

これもまた久しぶりに、今日のお昼は「ネスパ」でコロペット。
西梅田の本店ではなく、第三ビル地下の支店だったが。

男3人で店に入ると、我々以外の客は全て女性(+_+;)
本店が今の場所に移転する前の店なんか、女性客の姿を探す方が難しいぐらいだったと思うが、こういうのも口コミで広がるんだろうなぁ。
例えば有名な「サラトガ牧場」なんかで情報をチェックして、よさげな店に行っては自分たちの中で評価をつける・・・という感じかな。
しかし「ネスパ」は「サラトガ牧場」には、今のところまだ記載がないけどね。

ところで「ネスパ」というと、フォーレ好きならピンとくる曲がある。「La bonne chanson」の8曲目、「N'est-ce pas?」がそれだ。スゼーとボールドウィンのCDについている日本語版のリーフレットには「ねぇ、どうだい?」という邦題がつけられているが、「ネスパ」のウェブサイトにも「店名のN'est-Cepas(ネスパ)は「ね、そうでしょう?」という意味のフランス語で」と書いてある。
ネスパWebサイト
ちなみに、かつて「おふらんすおふ@すいぎょく」でこの曲を歌ったのは、他ならぬワタシである(^_^;)

ウェブサイトを見れば何となくわかるとは思うが、「コロペット」というのは、ああいうものである。メニューを見るとちょっと高そうな感じがするが、コロペットのランチは840円なので、まぁ梅田のお昼としては標準クラスである。
東京にも人形町に支店があるので、興味のある方は是非(^_^)
そうそう、駅前第三ビル店ではトルコライスも出ます(^o^)

2007 07 18 11:29 PM [飲食] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.07.17

さらば、チビ

Monban東京出張から帰って来たら、母から「チビが交通事故で死んだ」との報。
最近よくなつくようになってきていたので、大変残念だ(T_T)

9日前に撮影したこの写真が遺影になってしまった・・・

2007 07 17 11:40 PM [Photograph, ] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.07.16

メリハリ

元々は邦楽の用語だそうで、「メリカリ」から転じたとのこと。
「メリカリ」の「メリ」は「減り」で、低い音。「カリ」は「上り・甲」あるいは「浮り」で、高い音。

それにしてもたまに地上波民放でサッカーの試合を観ると、実況にメリハリがなくて、とても疲れる。実況だけでなく、横でわめく担当の人もメリハリがない。

少し前からBSが映らなくなったので、多分コードがどこかで外れているか、アンテナにカラスがワルサをしたか、その辺だろう。修復するのも面倒なので(^_^;)、仕方なく6chで観てたワケですよ。

アジアカップ、開催国相手の完全アウエイだから、ヴェトナムが攻め込めばスタジアムは自然と盛り上がる。でも、実況までそれに合わせることはないと思う。特にどうということのない場面で、この世の終わりのような絶叫はやめてほしい。
しかも、それに便乗する松木某!
ありゃ解説者じゃなくてただのにぎやかしだ。

肝心の試合は、入り方が悪かった日本だけど、さすがに実力差がありすぎたと思う。しかも相手は五輪代表クラス中心のチームである。

それより驚いたのはカタールがUAEに敗れたことだろう。両国は多分そんなに仲が良くない、ということなのかな。

同じ中東勢で、UAEは連敗のためノックアウトラウンドへの進出の望みは断たれていたので、勝てばヴェトナムと日本の結果に関わらず上に進めるカタールに勝たせるのかと思っていた。
こんなところで米長哲学(相手にとって大一番で、自分には影響のない勝負に全力を尽くして相手を倒しにいくのが勝負師としての礼儀である、という考え方。米長会長、最近は商魂の方がたくましい気もしないでもないが・・・)を発揮する中東の国があるとは(笑)

2007 07 16 11:12 PM [Football] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

第一休息日の責務

さぁ散髪だ・・・と思っていたのだが、行きつけの店が今日営業してるのかどうかの確信が持てないので、ちょいと延期。
台風は去ったが雨模様だし、大きな地震はあるし(被災地の皆様にお見舞い申し上げます)、Amazonのマーケットプレイス分の商品が届く可能性も高いので、結局終日家にいることに決定。まぁ家から出ないための言い訳は様々ある、ということで。

7日に開幕したツール・ド・フランスも今日は最初の休息日。
そんな訳で、今日はHDDの中身をDVD-Rに焼いていく作業に従事しようかと思う。あと、やっとアジアカップが観れるかな。
既に去年のツールの分は全て焼き終わり、今日はブエルタ2006。これはツールに比べると全般的に放映時間が短いので、2ステージで1枚のペースでいける。

ツールのここまでの成績を総括。

General classification after stage 8

1 Michael Rasmussen (Den) Rabobank 39.37.42
2 Linus Gerdemann (Ger) T-Mobile Team 0.43
3 Iban Mayo Diez (Spa) Saunier Duval - Prodir 2.39
4 Alejandro Valverde Belmonte (Spa) Caisse d'Epargne 2.51
5 Andrey Kashechkin (Kaz) Astana 2.52
6 Cadel Evans (Aus) Predictor - Lotto 2.53
7 Christophe Moreau (Fra) AG2r Prévoyance 3.06
8 Alberto Contador Velasco (Spa) Discovery Channel 3.10
9 Frank Schleck (Lux) Team CSC 3.14
10 Denis Menchov (Rus) Rabobank 3.19

第7ステージで大逃げを成功させたTモバイルの若手・ゲルデマンが2位に入っている以外は、上位にいても納得のメンバーばかり。
まぁ11位のサストレ、12位のクレーデン、13位のライフェマー、14位のペレイロ、15位のスベルディアあたりも妥当な線。
但し、「本来なら入っているべき人」が数名いない。

やはりヴィノクロフが22位(5分23秒差)というのが目立つ。
落車によるケガでヒザを縫うなどしたダメージは大きい。
第8ステージでもクレーデンに引っ張ってもらい、タイムロスを何とか許容範囲内に収めたとは言え、ライバルたちが順当に上位につけているだけに、戦況は厳しい。

そして第8ステージの落車で右肩を負傷し、DNFとなってしまったマイケル・ロジャース。その直前まで「ヴァーチャル・マイヨ・ジョーヌ」だっただけに、一気の暗転は悪夢としか言いようがないだろう。

Points classification

1 Tom Boonen (Bel) Quickstep - Innergetic 147 pts
2 Erik Zabel (Ger) Team Milram 134
3 Robert Hunter (RSA) Barloworld 103
4 Thor Hushovd (Nor) Crédit Agricole 101
5 Robbie McEwen (Aus) Predictor - Lotto 97

マイヨ・ヴェール争いはボーネンがリード。ツァベルが続く。
マキュアンがこのところ元気がない。まぁ山岳ステージでやる気がないのはわかるが、その前からパッとしないのが謎。
(よく見たら、なんとこのステージでタイムオーバーとなっていた(@_@;)。ナポリターノとエルヴェも同様。オグレイディ、カヴェンディッシュ、パッラなどはDNF)

Mountains classification

1 Michael Rasmussen (Den) Rabobank 82 pts
2 Sylvain Chavanel (Fra) Cofidis 42
3 Linus Gerdemann (Ger) T-Mobile Team 30
4 David De La Fuente Rasilla (Spa) Saunier Duval 30
5 Laurent Lefevre (Fra) Bouygues Telecom 27

マイヨ・グランペールはこの時点で早くもラスムッセンが大差をつけた。ただ、大量ポイントを稼げる超級山岳はこれからなので、まだ他の選手にもチャンスはある。それに、今回のラスムッセンはマイヨ・アポアではなく、マイヨ・ジョーヌをまとうことになるので、彼自身が山岳賞狙いに徹するなら別だが、総合を狙うのなら、戦い方も変わってくる可能性がある。

Young rider classification

1 Linus Gerdemann (Ger) T-Mobile Team 39.38.25
2 Alberto Contador Velasco (Spa) Discovery Channel 2.27
3 Kanstantin Siutsou (Blr) Barloworld 5.35
4 Mauricio Soler (Col) Barloworld 6.48
5 Vladimir Gusev (Rus) Discovery Channel 8.40

新人賞は本命コンタドールがここにきて2位浮上。
ゲルデマンはこの2ステージでかなり消耗しているが、そこに休息日はありがたいだろう。しかしピレネーまではもたないような気がする。

Teams classification

1 Rabobank 119.02.30
2 Caisse d'Epargne 1.18
3 Astana 2.37
4 Discovery Channel Pro Cycling Team 4.21
5 Euskaltel-Euskadi 5.08
6 Team CSC 5.09
7 T-Mobile Team 13.54
8 Saunier Duval-Prodir 15.08
9 AG2r Prévoyance 20.47
10 Predictor-Lotto 22.35

ラスムッセンの活躍もあり、ラボバンクが首位。
まずは妥当な上位陣だが、我らがエウスカルテルが5位に入っているのは嬉しい誤算。放送中、「マヨはエウスカルテルを出てよかった」などとさんざんなことを言われているが、エウスカルテルもマヨを放出してよかったんではないかな。彼がいる頃でも、ツールではアイマール(スベルディア)の方が成績がよかったし。

2007 07 16 03:21 PM [Cycle, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.07.15

日曜出勤

久しぶりに日曜日に出勤。
尼崎にいた頃はごく普通に、月2回ぐらいは出ていたような気がするが。

さすがに出勤してるメンバーはかなり少ないし、かかってくる電話も殆どないので、のんびりミクってようか・・・とも思ったが、午前も午後も上司とサシで打合せ、その他の時間は火曜日の東京出張のための準備・・・ということで、ちょろっとコメントつけたりするのが精一杯。

通勤の行き帰りはアーノンクールの続きで、プロメテウスの創造物なんぞを聴く。実際にバレエが演じられていたらどんな感じか・・・とは思うが、なかなか聴く機会がないのも仕方ないかな。序曲とフィナーレだけはよく耳にしますがね。

金曜の夜中というか、土曜の未明というか、その頃にAmazonに頼んでおいたCDが届いたり、マーケットプレイスから発注したのが届きかけたり・・・という感じ。明日は注文したものが全部揃うかな。
吉田美奈子サマ3枚、上野洋子サマ1枚、ゆらさんオススメ1枚、その他1枚の合計6枚のお買い上げ。

2007 07 15 10:26 PM [music with iPod, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.07.14

ダンボールやめました

いくら規制しても、人の意識というのはそうそう縛れるものではない。

去年のヒュースホーウトのゴール前での「事件」(去年彼は何回かゴール前で「事件」を起こしているが(^_^;))があってから、PMUの販促グッズである「緑の手」はゴール付近では配布しないことになったようだが、もっと前の方でそれをもらった人がそれを持ってゴール前に来て声援を送ることまでは止められない。
たかがダンボール・・・なのであるが、高速でスプリント中の選手に「軽く」触れただけで、人間の皮膚は簡単に裂けるワケで、選手からするとダンボールでも「凶器」である。

それで、PMUは今年からダンボールはやめて、ゴム製のビッグハンドを配ることにしたそうである。
「緑の手が変わった」
写真で見ても材質まではよくわからないが、nacoさんのダンナがLivestrongのリストバンドをしていることはよくわかる(^_^;)

PMUビッグハンド、ヤフオクでも出品されていたそうで、もう終わってるけど、こんなものです。

ということで、洋の東西でダンボールが話題になった週でした。

2007 07 14 10:45 PM [Cycle] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.07.13

名古屋2往復の供

急遽行くことになった名古屋出張、日帰りで十分かと思ったら、「明日も来た方がいいですよ」ということになって、なんと日帰り連荘ということになってしまった(+_+;)
新大阪~名古屋は1時間もかからないから、まぁそれも不可能ではないけれど、やはり疲れる。

で、先日iTSでダウンロードしたアーノンクール+ECOのベートーヴェンが(1番を除いて)未聴だったので、昨日、今日でまとめて聴く。
昨日は3番、6番、8番、2番、5番の1楽章、今日は5番の2楽章以降、4番、7番、9番と聴き通して、序曲集に突入している。
ここに「プロメテウスの創造物」とかばよりんコンチェルトとかミサソレとかもお付けして、てんこ盛り9枚セットで、お値段たったの1500円!(どよめく背景音)

マイミクkyoさんが紹介されていたのでワタシもダウンロードしたのだけど、演奏の方もかなり面白い。

実はベートーヴェンの交響曲のCDはあまり持ってなくて、全集はジンマン+チューリッヒ・トーンハレ管のしか持ってない。
これもそうだが、アーノンクールもあっさり・さっぱりのピリオド系なので、梅雨どきの鬱陶しい時期の出張の供には結構好適。全般的にはジンマンよりはおとなしめかな。
第九の終楽章はジンマン21分42秒(オリジナル版)、21分49秒(通常版)なのに対して、アーノンクールは24分24秒(ちなみにワタシがステージに立った金聖響+大阪センチュリー交響楽団の演奏は23分42秒)

台風の影響はさほど受けず。
木曜の朝、米原付近で徐行して5分延着というのはあったが、これぐらい。しかし名古屋駅であおなみ線を待っているときに、米原~岐阜羽島間でストップしているとのアナウンスが耳に入る。実は危なかったらしい。

金曜の朝、やはり名古屋駅であおなみ線の改札に向かう途中、一緒にいた上司が、「今、アントニオ猪木とすれ違いましたよ」とのたまう。まさか、と思ったが、あおなみ線の車中で向かいの席の年配の男性客も猪木がどうの、という話をしていたので、どうも本当だった模様。闘魂チャンス、痛恨の見逃し(笑)

夕方、また名古屋駅で、その上司、今度は「今、加山雄三がいました」(^_^;)
「次は大阪駅で桂三枝あたりとすれ違いそうな勢いですね(^_^;)」
もちろん、すれ違いませんでしたが・・・

名古屋土産はこれまでの集大成ということで、なごやん、みそまん、二色ういろ(これは自宅用)
夕方、堂島に戻ってから、少し書類を整理して、尼崎の事業会社(ワタシの出向元)に行って少し打合せ。
くたびれたけど、帰りはきちんと「るぅ~」に寄って「林スパ子さん(ちいしゃ命名)」をいただく。

明日は散髪に行かねば・・・

2007 07 13 11:49 PM [music with iPod, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.07.09

全てはタコライスのために

Tacoriceまだまだこだわり続けるワタシです。

昨日は朝昼兼用の食事の後、ノルディック・ウォーキングをやって、戻ってきてからも間食はガマン。
夕食にタコライスをリクエストしていたのであった(^_^)

以前、沖ハムのレトルトでやってみたことがあるが、今回はレトルトには頼らず、雨水解凍牛挽肉(ウソです・・・と思う)、チェダーチーズ、そしてカゴメのサルサソースなんぞを使用して、バターライスから作るそこそこ本格的なもの。

挽肉を炒める際、ちゃんとしたシーズニングを使った訳ではないから、その辺がちょっとアバウトだが、それはそれとして、結構イケるものができた(^_^)
カゴメのサルサソースは別にどってことない代物だったが、何となくそれっぽい雰囲気は出してくれる。どうせワタシはタバスコを大量にかけるから、これはこれでよし。しかも割と安いし。

昨日のツール、プレゼントクイズは全滅(^_^;)
プロローグで当ててしまったから、何となく全部大穴狙い、一発狙いの粗い予想に走ってしまっている。まぁその方が楽しいけど。
しかし、昨日のマキュアンの勝ち方は強かったなぁ・・・
またまた斜行で降格処分かも・・・とヒヤヒヤしたけど(^_^;)

で、今年も共同通信は「マクユーイン」でいくらしい(^_^;)
カンセララってのも「誰やねん、それ」である(-_-;)
ヒュースホーウトが勝ったらどう表記されるのかな(^_^;)
まぁJ SPORTSも去年ぐらいまでは「ハスホフト」だったけど。

Robbie McEwen(Aus)
Fabian Cancellara(Sui)
Thor Hushovd(Nor)

2007 07 09 11:03 PM [Cycle, Photograph, 飲食] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.07.08

福祉村ウルトラセブン冷酒30km

あれ? なぜ・・・指が勝手に・・・

久しぶりに(これ、ノルディック・ウォーキングにつく枕詞)ノルディック・ウォーキング。
家を出た瞬間に自然文化園の回数券を忘れたことに気づいたので、今日は万博記念競技場前からエキスポランド前まで行き、そこから変電所前を通って阪大病院前から西青少年運動公園脇から戻ってくるルートに決定。

学校がまだ夏休み前ということもあるのか、万博記念競技場界隈は人出が殆どない。ただ、競技場の中では学生の記録会らしきイベントが行われていた。隙間から少し写真でも・・・と思ったが、なかなかいい写真が撮れず。

そのままエキスポランドの脇まで行くが、前を歩いていた若い女性2人連れが妙にテンションが高くてデカい声でわめきながら歩いているので、抜くのはやめて、少し給水してから元の道に引き返す。

ここからモノレール「公園東口」駅の下まで行って再び給水。
iPodを取り出して、ここからはギター曲などを聴きながらのウォーキング。

少年球技場から変電所前を右手に、みのり橋南までは長く、ほぼまっすぐの、緩い緩い上り坂。自転車だと実は結構きつい。はっきりと分かる上り坂というのではなく、1%あるかどうかの微妙な上り坂なのだが、だらだらと続くので割りと負荷がかかる。
でもノルディック・ウォーキングだとあまり気にならない。というよりも、このあたりが一番集中して歩ける。ナニかが脳内に分泌している感じである(笑)

みのり橋南で右折し、左手に阪大病院を見ながら少し行くと小さな公園があり、隣にローソンがあって、その脇の自販機でポッカのアイスレモンを買ってしばし休憩。
さっき外周を歩いていたときにすれ違った、どこかのJのユニ(但し背番号なし)を着て走っていたお兄さんがクールダウン中だった。あれ、どこのユニだっけ・・・少なくとも今シーズンのユニではないので、すぐにはわからない。やっぱり歴代ユニフォームカタログぐらいは買っておくかな・・・

その後、ゆたか橋のあたりで右折。
ここはよい歩道が整備されているけれども、どうも歩いていて落ち着かない。楽しくない。左側から殺人者の悪意ある物体が飛来する可能性があるから。彼らはそれで人に被害が出たら金で解決すればよい、と明言するような連中だから、潜在的殺人者だと思っている。もちろん地球環境破壊者であることは言うまでもない。

西青少年運動広場あたりで合流する道を上ってきたお兄さんがいて、ワタシの少し先を歩いていたのだが、このお兄さん、歩くのメチャ速い!(*_*;)

ワタシもご存知の方はご存知のような体型であって、歩幅はあるし、何しろ大阪人であるから歩くのは速い。東京であれ名古屋であれ、よその地に行くと周囲の歩く速度の遅さに辟易するというタイプである。しかもノルディック・ウォーキングのポールを操って歩いているのだから、ますます歩幅が広くなっていて速いはず・・・なのである。

それが、一向に前のお兄さんに追いつかないどころか、どんどん引き離される。お兄さんはごく普通の体型だし、パッと見はそんなにセカセカ歩いているように見えないのだが、やはり結構ピッチは速いのだろう。本当に速い人って、見た目はそんなに速く見えなかったりするんだなぁ・・・と実感。
でも、おかげで最後に結構高い負荷のウォーキングができて、トレーニングとしてはなかなかよかったと思います(^_^)

Monban帰宅したら、庭猫どもがあちこちで昼寝中。
一匹門番をしてるのがいたので撮影。こいつはワタシをあまり怖がらなくなった。写真撮ってるときも平然としとる。

2007 07 08 06:07 PM [Nordic Walking, Photograph] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.07.07

ツール開幕直前!

今夜から、いよいよツール・ド・フランスが開幕する。
ロンドンで行われるプロローグを含めて全21ステージ、7月29日のシャンゼリゼでのフィナーレまで、熱い日々が続く。
グラン・デパールがフランス国外になるのは今回が7回目だそうである。ドーバー海峡を越えるのは4回目とか。

我が家のHDD/DVDレコーダーにとっても熱くなる日々が続く・・・のであるが、まだ去年のツールのデータをDVDに焼ききれていない(^_^;)。残り7~8ステージだと思うが・・・
その後のブエルタ、そして今年のジロも全部入ったままである。残りはLPモードで55時間分ぐらい。1日の平均放映時間が3.5時間ぐらいとすると15ステージ分ぐらいしかもたないので、少なくとも去年の分は全部焼いてしまわないと・・・

もう一つの問題はスカパーの受信状態。
上空に厚い雲がかかっていると受信できなくなってしまう、という弱点があるが、こればかりはもう祈るしかない(^_^;)
今日もなんか不安定だったりするのだが・・・

気になるマイヨ・ジョーヌ争いであるが、やはりアスタナのヴィノクロフが中心になるのかな。去年、オペラシオン・プエルトのとばっちりを受けてツール出場を逃し、その鬱憤をブエルタ総合優勝という形で晴らしたヴィノだが、やはりツールの恨みはツールで晴らしたいところだろう。

本人の実力もさることながら、チームのサポート体制も万全。
ブエルタで3位に入ったカシェチュキンという頼りになる同郷の相棒に加えて、シャンゼリゼで2度も表彰台に立ったことのあるクレーデンを獲得したのは大きい。おまけにジロを2度制しているサボルデッリまでいるのだ。グランツールの表彰台を知る選手が、ヴィノを含めて4人というのは凄い陣容。さらに、クライマータイプのアシストとしてはマッツォレーニも控えている(と思ったら、スタートリストに名前がなかった(^_^;))

対抗馬と目されるバルベルデはオペラシオン・プエルトとの関与が疑われていたりして、開会前の記者会見もサエないものだったそうである(詳しくはmas ciclismoでその様子がうかがえます)


チーム力という点ではアスタナに匹敵するのがCSCである。昨年ツール4位のサストレをエースに、フランク・シュレックやジューリック、カンチェッラーラ、オグレイディ、フォイクト、ザブリスキー、クローン・・・よそに行けば十分エース格と思われる選手がズラリと並ぶ陣容は圧倒的。プロツアーランキング1位も納得である。
ただ、監督のリースが現役時代のドーピング発覚によって、今回のツールでは采配を振れない。これがどう影響するか・・・

ということで、プロローグの放映は22:00から。なんと終了予定は27:00。初日から気合入ってますねぇ、J SPORTSさん(^_^)
何しろ今年からは廃ビジョンでの中継もある、ということだし・・・ワタシには無用の長物だが(^_^;)

******

ああ、やっぱり受信状態が時折不安定になる・・・(x_x;)
長時間映像が切れることはまだないが・・・不安だなぁ。

2007 07 07 09:48 PM [Cycle, AV・デジタル家電] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.07.04

島とうがらし

今日の昼食は「あっさり目がいいですか、それともこってり目?」に、上司が迷わず「あっさりじゃな」・・・ということで「OKINAWA」のタコライスに決定。

一緒に行った他の2名は「沖縄そば定食」「日替わり定食」を頼み、あとの2名がタコライス。しかもワタシはうかつにも「大盛りで」と言ってしまった。

出てきた大盛りタコライスは、まさにご飯とキャベツの超級山岳(^_^;)

ここに勢いよく島とうがらし(コーレーグース。正確に言うと島とうがらしを泡盛に漬け込んだもの)を振りかけて、ワシワシ・・・と食べるのだが、かなり勢いこんで食べているにも関わらず、なかなか普通盛り相当の量にすらならない。これは「軽く罰ゲームの域」どころではなく、「罰ゲームそのもの」の趣(+_+;)

島とうがらしはかなりかけたつもりなのだが、多分漬け込まれた島とうがらしそのものがもう辛味成分をかなり放出した後だったのだろう、それほど辛味は感じなかった(島とうがらしそのものが赤いうちは、泡盛を注ぎ足して使い続けることができる)
その代わり、泡盛特有の華やかな香りが鼻腔をくすぐる。

食べても食べても超級山岳は威容を誇り続け、次第に脂汗が浮かんでくるが、わざわざ大盛りを頼んでいながら残す、などということは倫理的にできるものではない。マータイさんの顔が脳裏をよぎる(ウソです)
同席の3名が見守る中、何とか完食したワタシは、すっかり汗だくになっていた。

これだけ普通盛りとの差が激しいので、普通盛り700円に対して、1200円ぐらいはするのかな、少なくとも1000円はしそうかな・・・と思っていたら、レジのおにぃさん、こともなげに「大盛りですね。800円です」(+_+;)
100円差であの分量・・・
とってもリーズナブル・・・だけど、多分次は普通盛りにします(^_^;)

で、問題は午後の仕事。
ご飯の量もさることながら、ふんだんに振りかけた島とうがらしの・・・というか、泡盛のせいで、夕方ぐらいに猛然と眠くなってしまう。あれでは、「大量のタコライスをアテに泡盛を一杯」というのと同じだ(^_^;)

2007 07 04 10:50 PM [日記・コラム・つぶやき, 飲食] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.07.03

本日の帰阪の供

Pa0_0532ギネスvs崎陽軒

ギネスは東京駅の新幹線改札の中にあるカフェで注文。
時間があるときは、ここでゆっくり飲むのだが、今日は車内に持ち込む。

Pa0_0533新大阪までひたすら寝続け、眠気覚ましにBeer Cafeに入る。
以前とは少し位置が変わり、店もキレイになり、メニューも充実し、接客も格段によくなった。
前に来たときにはナシゴレンを頼んで、意外にイケたので、今日はそばめし。これもまぁまぁかな。ただ、こちらが疲れていたせいもあって、ちょっと味が濃く感じた。まぁ味の薄いそばめしもないだろうけど(^_^;)

2007 07 03 07:08 PM [Photograph, , 飲食] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.07.02

ってことでトルコライス

Pa0_0531堂島浜のパウゼにて。
もうちょいゆっくりパウゼ…といきたかったが、結構混んでいるので、食べてすぐ出る。

ここのトルコライスの特徴は、ケチャップライスではなくてドライカレーである、というのと、上からかかっているのがデミグラスソースではなくてカレールーである、という点。つまり、上下ともにカレー。
カツはやや薄めだがそこそこ歯ごたえのあるもの、そして卵が半熟で大変よろしい。
量はこんなもんだろう。若手サラリーマンたちは「大」にしているケースが結構多い。メタボちゃんとしては、次はメンチカツトルコの大で勝負したいところ。
なお、トランス脂肪酸含有量は不明。

あと、オプション二品を自由に組み合わせられる「お好み定食」もなかなか人気である。こちらは量もかなり多い。ガテン系の若者が好んで注文していた。

2007 07 02 12:47 PM [Photograph, 飲食] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.07.01

乗ってみたいが

前にも書いたかも知れないが、火曜日はまた東京出張である。今度は日帰り。

となると、N700系・・・というささやき声がどこからともなく聞こえてくるのだが、何しろまだ本数がとても少ない。
新大阪6:00発というのが、今回の出張で利用できる唯一の便であるが、虎ノ門に13:30なので、こんな早い便を使う意味はまるでない。どうせN700系狙いの客で混みそうな気もするし。

帰りで使えるとしたら品川21:27発だが、虎ノ門を解放されるのが15:30の予定で、そこから秋葉原のオフィスに寄ったとしても、そこまで時間を潰すのはなかなか大変である。
おまけに新大阪に着くのが23:45である。今後は利用する可能性が結構高いような気がするが、今回はないかな。

それより、新大阪21:20発が東京23:45着なので、もし夏オフに行くのなら、金曜夜のこれに乗る、というパターンはあり得るだろう。
コーポレートカードでは社内規則違反になるので(^_^;)、自前でエクスプレスカードを作っておかねば・・・

・・・とは言うものの、夏オフに行けるかどうかは、本当に直前になるまで分からないので、戦力にはなれそうにない(-_-;)

関係ないけど、今チアリーディング全米選手権を観ているのだが、これって体操の団体競技じゃないよね(^_^;)
すごすぎる・・・20人ぐらいのメンバーが、体操の床運動の競技並にクルクルピョンピョン飛び回っている(@_@;)

2007 07 01 12:24 AM [etc.] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック