« 本日の帰阪の供 | トップページ | ツール開幕直前! »

2007.07.04

島とうがらし

今日の昼食は「あっさり目がいいですか、それともこってり目?」に、上司が迷わず「あっさりじゃな」・・・ということで「OKINAWA」のタコライスに決定。

一緒に行った他の2名は「沖縄そば定食」「日替わり定食」を頼み、あとの2名がタコライス。しかもワタシはうかつにも「大盛りで」と言ってしまった。

出てきた大盛りタコライスは、まさにご飯とキャベツの超級山岳(^_^;)

ここに勢いよく島とうがらし(コーレーグース。正確に言うと島とうがらしを泡盛に漬け込んだもの)を振りかけて、ワシワシ・・・と食べるのだが、かなり勢いこんで食べているにも関わらず、なかなか普通盛り相当の量にすらならない。これは「軽く罰ゲームの域」どころではなく、「罰ゲームそのもの」の趣(+_+;)

島とうがらしはかなりかけたつもりなのだが、多分漬け込まれた島とうがらしそのものがもう辛味成分をかなり放出した後だったのだろう、それほど辛味は感じなかった(島とうがらしそのものが赤いうちは、泡盛を注ぎ足して使い続けることができる)
その代わり、泡盛特有の華やかな香りが鼻腔をくすぐる。

食べても食べても超級山岳は威容を誇り続け、次第に脂汗が浮かんでくるが、わざわざ大盛りを頼んでいながら残す、などということは倫理的にできるものではない。マータイさんの顔が脳裏をよぎる(ウソです)
同席の3名が見守る中、何とか完食したワタシは、すっかり汗だくになっていた。

これだけ普通盛りとの差が激しいので、普通盛り700円に対して、1200円ぐらいはするのかな、少なくとも1000円はしそうかな・・・と思っていたら、レジのおにぃさん、こともなげに「大盛りですね。800円です」(+_+;)
100円差であの分量・・・
とってもリーズナブル・・・だけど、多分次は普通盛りにします(^_^;)

で、問題は午後の仕事。
ご飯の量もさることながら、ふんだんに振りかけた島とうがらしの・・・というか、泡盛のせいで、夕方ぐらいに猛然と眠くなってしまう。あれでは、「大量のタコライスをアテに泡盛を一杯」というのと同じだ(^_^;)

2007 07 04 10:50 PM [日記・コラム・つぶやき, 飲食] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/15779431

この記事へのトラックバック一覧です: 島とうがらし:

コメント

コメントを書く