« テルミドール | トップページ | 昨夜はもちろん »

2007.07.29

昨日のことと今日の道のり

昨日は本当に定時(18:30)に引き揚げて、ドーチカの理髪店へ。いつも行く駅前第二ビル地下の店と同じチェーン。
ベテランそうな方がやってくれたのだが、時折首を傾げながら髪を切ってくれる。何だ何だ・・・と思ったら、「すいてあるのはわかるけど、すいたところの長さがバラバラで・・・」とのこと。髪が多いのでいつもすいてもらっているが、前回はここのチェーンではなく、阪神百貨店の地下理容室だったなぁ・・・と思い出し、それを伝えると、「ああ、やっぱりそうですか。うちならこんなことにはならないはずですわ」とのこと。それはどうかはわかんないけど(^_^;)、この人は腕がよさそうな感じなので、この人に関してはそう言ってもよいのだろう。

その後、駅前第三ビルの「好日山荘」に行ってハイドレーション対応のリュックを探す。でも、これぞというのが見つからず、結局BLUE DESERTのSmarTubeというものと、Mt.DAXの12Lのデイパックを購入。

SmarTube

で、今日はそれを活用して、「なんちゃってハイドレーションシステム」の試験運用と相成った。
ついでなので、ウォーキングのルートを投票所を通過するものに設定し、ついでに投票も済ませる。「非国民」手帖の読者としては、国政選挙に投票するのは内心忸怩たるものがあるが、ついでなので許してもらおう。

取り敢えずいつも使っている「富士山のバナジウム天然水」500mlのボトルに八分目ほど水を満たし、そこにSmarTubeの先端部を入れ、キャップを閉める。ワンディレクションバルブをきっちりはめておくのを忘れないように。
それをデイパックに入れ、背負ったときにチューブの反対側(吸い口)が、ちょうど口の所にくるように調節。
吸い口はバイト・バルブ(Bite-Valve)になっていて、少し噛みながら吸うと水分補給ができる、というもの。やってみると全然簡単。

ただ、炎天下を歩いていると、チューブの露出している部分にたまっていた水はお湯になっており、少し吸ってボトルの中の冷たいのが出てくるまでがんばると、ちょっと水分の摂り過ぎになってしまう、という点が難しい。チューブ部分を保温するカバーなどもあるようだが、そこまでするのはタイソウだし、まぁお湯でも水分には違いないし・・・ということで、これで当分いくことにする。

今日は投票後はそのまま美穂ヶ丘近くまで出て、そこからモノレールの豊川駅まで行き、折り返して美穂ヶ丘を通って帰ってくるルート。
投票所までは5分余りで着くが、既に大汗。早々となんちゃってハイドレーションシステムがフル稼働する。
投票所におられた皆様も、変な風体で、変な装備をしたオッサンがやってきたので、何事かと思われたことでしょう(^_^;)

Asagao少し行くとスポーツ公園があって、中では野球をしている人たちアリ。一部、脱水症状で一歩も動けない内野手のパフォーマンスをしている人や、不定形生物バチルスになってる人もいる。写真はその公園の柵のところに咲いていた(自生かね?)朝顔の花。

そこからしばらく行くとモノレールの走っている通り。
阪大の北門近く(核物理研究センター界隈)をかすめて、JICAの前を通り、F火災海上保険とS急便の前を過ぎ、少し行くとモノレールの「豊川」駅である。彩都線が延びてから、ここに来たのは初めてだったが、奈良健康ランドで有名な某H商事のパチンコ屋ができていたのには驚いた。こんなこまい店をこんなとこにわざわざ作る意味があるのかな・・・

某ホームセンター前で折り返し、再び南下。
そのまま美穂ヶ丘まで行く途中で持ってきたボトルの中身がなくなる(+_+;)
この程度の距離を歩くにも、この時期だと1リットルぐらいは必要だな・・・と実感。サンクスでもう一本買おう・・・と思い、なんかよさげなのがあったので買ったら、サンガリアの「氷晶レモンウォーター」というものであった。

サンガリア「氷晶レモンウォーター」

さぁSmarTubeを入れよう・・・としたら、中身が完全に凍結していて、チューブが入らない(笑)
いくら冷えててうまそうだ・・・と言っても、これはいかん。
少し屋外で休憩していたらシャーベット状になるかな・・・と思ったが、全く融ける気配なし(いや、そりゃ多少は融けますが、チューブが刺さる程度には融けない)
仕方がないので、ポカリスウェットを1本買って、そっちでハイドレーションすることにした。アホや・・・(^_^;)
ちなみにこの「氷晶レモンウォーター」、帰宅後もまだ融けておらず、それから少し昼寝しても、まだまだ・・・ギンギンに凍っていたようです。今、自室に放置してますが、寝る頃には融けてる・・・だろうな。

というような感じで、大雑把に2時間ほどのウォーキングだったが、ハイドレーションの重要さを痛感した一日であった。

******

さすがに融けていたが、少し融ける都度飲んでいたため、そこで甘味も酸味も殆ど吸い取っていて、残っていたのはスカスカな味のマズイ液体と化していた(>_<)
「大阪ハムレット」の「オードリーの家」に出てくる太一くんなら好きかも知れないが、ワタシは速攻で廃棄処分にしました(^_^;)

2007 07 29 11:30 PM [Nordic Walking, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/16085477

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日のことと今日の道のり:

コメント

コメントを書く