« 燃焼系、腹肉熱で | トップページ | ASUKALA »

2007.08.20

世界征服に向けて

世界中の人に配給する制服が必要ぢゃないか。
・・・とは、R・田中一郎が言いそうなことであるが、何はともあれ読む本がないと「るぅ~」で一杯飲むことができない体質のワタシである。
フェスティナ・ウォッチの話の続きを聞きたそうな新人君をうっちゃって、職場隣のジュンク堂へ。
これがまた「Walty堂島」と同様、危険なエリアである。

しばらくしてからワタシが手にして出てきたのは以下の4冊。

甲骨文字の読み方 (落合淳思著。講談社現代新書)
「世界征服」は可能か? (岡田斗司夫著。ちくまプリマー新書 61)
バーコード革命(デザイン・バーコード社。アーティストハウスパブリッシャーズ)
ピクトさんの本(内海慶一著。ビー・エヌ・エヌ新社)

「バーコード革命」だけはちょっと古いが、あとは今年の本・・・かな。
基本的に新書読みのワタシだが、ふと思い立ってデザイン関係のコーナーへ。昨日のウォーキングの最中に飲んだ「燃焼系アミノ式」の作用が残存していたとみえる。

「るぅ~」に入って、袋からえいやっで引っ張り出したのは、オタキングの本だった。読んでいて、どうも微妙な気分になる本だ。取り敢えずワタシは「バカ殿」に若干の「黒幕」要素が混ざった系のように思う。しかし深層心理には「魔王」の要素がないとは言い切れない。「独裁者」はしんどいのでパス。

オタキングと言えば、これも近著に「いつまでもデブと思うなよ」がある。こっちはあまり読む気にならないが、117kgの体重を一気に50kgも落とした(らしい。ウィキペディアにそう書いてある)人が書いているだけに、そういう方面に関心の高い方にはよいかも知れない。

それよりも、これから寝る前に「バーコード革命」をチビチビと眺めるのが楽しみである(^_^)
ピクトさんもね。

デザインバーコード株式会社

2007 08 20 11:36 PM [Book List] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/16549905

この記事へのトラックバック一覧です: 世界征服に向けて:

コメント

コメントを書く