« GIFT | トップページ | 3つの夜を越えて »

2007.08.11

ばっかり食い

「三角食べ」という言葉を知ったのは大学も卒業を控えた頃で、当時のサークルの機関誌に後輩の女の子が書いていたのを見て「そんな言葉があるのか」と感銘を受けたものであった。

今日の大阪版夕刊の「憂楽帳」は、時折ここでも一コママンガを紹介するよこたしぎ君の担当で(ということは、彼もいっちょまえのデスクになってるということだが)、タイトルは「ばっかり食い」

(該当コラムは → コチラ

そう言えば「毎日かあさん」の中でサイバラが、「育てて楽しくない」とコボした最近の小学生の生態は、ガリガリ君とコロコロコミックとDSでほぼ完結しているそうで、これも上記コラムに一脈通じるものがあるような気がする。
(「毎日かあさん4 出戻り編」P.53「ガリガリころころ」参照)

もっとも、「ばっかり食い」は最近出現した概念、という訳ではなくて、そもそも「三角食べ」という言葉が出てきた背景に、「ばっかり食い」をする子が多く見られたからこそのことだと思う。

冒頭の大学のサークルの別の後輩に、まさにこの「ばっかり食い」野郎がいて、パンが好き(ごはんが嫌い)でハンバーグが好きなのに、ハンバーガーは嫌い、という極端な嗜好を有していたことが懐かしく思い出される。
彼にすれば、定食なんてものは無駄が多いし、プレートに全部盛られてしまうのはガマンがならない、というところなのだろう。好きなものだけ集中して食べたい人なのだ。まぁ健康的ではないけれど。

それはともかくとして、学校給食でビビンパかぁ。うらやましいなぁ(^_^;)

2007 08 11 10:56 PM [(-_-;), 日記・コラム・つぶやき, 飲食] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/16160220

この記事へのトラックバック一覧です: ばっかり食い:

コメント

コメントを書く