« enero 2008 | トップページ | marzo 2008 »

2008.02.28

メンターム

Celloさん来阪時は雨だったので、花粉症ということはないはずであるが、昼食後に急にくしゃみ連発、鼻水マーライオン状態に陥り、ゴミ箱がティッシュで埋め尽くされてしまった。
齢を重ねる、というのは、こういうときの振舞い方にも手慣れる、ということで、時折トイレに立って、洗面台で鼻近辺を濡らしたりして、小鼻のヒリヒリ感を緩和したり、というようなこともするし、普段鼻づまりのときに使う点鼻薬を時折使用して、鼻水を逆に抑制する、というワザも駆使したりする。

夕方には鼻水も止まり、オフの間も無事に(オフ自体は無事とは言いかねるが(笑))過ごすことができた。

こういうときは、後からメンソレの出番となる。
使いやすいのはリップスティックタイプで、これを小鼻から鼻の頭、鼻の下などに満遍なく塗りたくり、皮膚がボロボロになるのを未然に防ぐ。

手持ちのものには、ロート製薬の「メンソレータム」もあるし、近江兄弟社の「メンターム」もある。元々日本では近江兄弟社がメンソレータム社から販売権を得て、製造・販売していたが、経営破綻によって販売権を返上し、代わりにロート製薬が専用・使用権を得た・・・という話は有名な話だが、実はパッケージに書かれている絵柄が、メンソレータムはナースちゃん(シャーリー・テンプルがモデルとか・・・って、頭がすぐカクテルになるのは何故?<でもノンアルコールのカクテルなのだが)なのに対して、再建なった近江兄弟社がメンタームで使っているのは「メンタームキッド」である、というのは、いまさらながら、初めて知った。1センテンスが長いぞ。
ついでながら、メンソレータム社自体も1988年にロート製薬に買収されている。

なお、「ナースちゃん」が描かれた近江兄弟社の「メンソレータム」がもしあったとしたら、それは倒産前のものだから、1974年以前のものである。貴重品だが、薬としての効能については・・・(^_^;)

ちなみに、近江兄弟社について調べてみたら、一時はハモンドオルガンの輸入代理業務も行っていたのだとか。創業者(ウィリアム・メレル・ヴォーリズ~建築家としての声望の方が高いが)がオルガン奏者だったのだそうだ。

2008 02 28 11:53 PM [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2008.02.22

白子猫のワルツは死なず

何の日だ、今日は(^_^;)

1810/2/22 ショパン誕生
1943/2/22 ハンス・ショル、ゾフィー・ショル処刑される
1980/2/22 オスカー・ココシュカ没
1983/2/22 エイドリアン・ボールト没
1985/2/22 エフレム・ジンバリスト没
1987/2/22 アンディ・ウォーホル没
1987/2/22 猫の日制定

Wikipediaを眺めれば、もっともっと出てきますが。
取り敢えず、ワタシの琴線に触れたのはこの辺。
では、今夜のBGMはジンバリスト独奏、ボールト指揮でショパンのヴァイオリン協奏曲でも・・・って、それ、ないから。

しかしココシュカって長生きしたのね。
寿命、少しシーレに譲ってやればよかったのに。

2008 02 22 11:29 PM [意味不明・たわごと] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2008.02.19

プチ・ノル

出勤時にノルディック・ウォーキングのストックを持参するようになって一週間が経った。日曜日のオフも持参したから、今日で8日連続である。
トレーニングのため、というよりも、ひざが痛いから、とか、足の付け根が痛いから、という理由であるが、平坦路をこれで歩いていると、本当に楽チンである(^_^)

人の多い所で使用するから、通常のノルディック・ウォーキングのように、派手にストックを後ろに「投げる」ワケにはいかず、ストラップがつながっていても、殆どストックを握り締めたまま、歩幅も狭く、セカセカと歩くぐらいであるが、それでも足腰への負担は軽い。

ただ、階段は鬼門である。
下るときは右足のひざに痛みが来る。
上るときは左足の付け根が痛んで、ひょこひょこと伸び上がらないといけない。「奇病連盟」の主人公になった気分である。30年以上前に読んだ小説だから、細かい筋は忘れたが。

朝、オフィスに入るときは、ストック2本を片手に握り、もう片方の手では「ダブルトールノンファットラテ」の入ったタンブラーを持っているので、入館証をカバンから出すのが難しかったりする(^_^;)
だから、スタバでラテが出来上がるのを待ってる間に入館証を取り出して、首にかけておくぐらいでないといけない。

ショルダーバックも難関だ。たすき掛けというのは無理のある体勢である。
ビジネスに適したデイパック・・・というのは、ないものねだりのような気がするが、それでも地味だが機能性の高いものを探そうかな、と思う。こういうのは登山用品店なんかより家電量販店が得意な分野だ。尼崎に寄ったら買おう(^_^;)

2008 02 19 11:46 PM [Town Walking] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2008.02.17

第一回大人のほへほへオフ終了(補筆完了)

10時間耐久日本酒オフ終了。
詳細後刻

******

11時頃に阪神西宮駅西改札(EBISTAのある方)に集合し、駅のコンビニで「もだんるーぷバス」のチケットを購入し、大人の社会見学オフはスタート。
この時点ではリーダーのせを’、ご自宅から結構近かったcomet師匠、そしてワタシの3名。もだんるーぷバスを少しだけ乗って、「交通公園前」で下車。

Infobar2_046折角なのでその交通公園を見学。
それが写真左(^_^;)
0系のひかりらしきものがありました。
随所に交通事故も起きていました。
ヤシマ作戦実施中なのか、信号機に電気が供給されていませんでした。
平和でした。以上。

Infobar2_048
そのすぐ近くに「白鷹」あり。

Infobar2_054あとで聞いたら「白鹿」の分家なんだそうな。

様々な運命のよき旅の果て、江戸前ひつまぶしへと導かれる。
いや、うまかったし、個人的には満足してます(^_^)

そこから徒歩で「白鹿」へ。
ここはかなり見所いっぱいで、できたらここだけで半日費やしてもよいぐらいだった。というか、民博か歴博に来た感じで、せを’的には落ち着いたのではなかろうか。

もう一度もだんるーぷバスに乗り、次は「日本盛」
ここではとにかくにごり酒を満喫。
そうこうするうちにあさポンさん登場。
でぶけん氏とお知り合いだったのを初めて知る。

再び「白鷹」に戻り(つまり「大関」には寄らず)、ここのバーでしぼりたてとあらばしりと純米吟醸の飲み比べセットをタンノウ。本当は昼間、これをやる予定だったが、まぁ結果オーライ。

行程は殆どが好天に恵まれ、日が照っているとかなり暖かく、冬眠状態の琉球の姫が来られなかったのが悔やまれる一日。ただ、「白鹿」にいたときに少しだけ雪が舞った。

「白鷹」から今度は徒歩で阪神西宮駅前に戻り、駅前の焼鳥屋で熱燗ばかりをしこたま飲む。もう今日は奈良漬になる覚悟。結局、4人・・・と言ってもせを’が殆ど飲まないので3人で一升ぐらいは飲んだか。
珍しくcomet師匠と音楽の話に興じる。明日の天候は荒れるであろう。

17時前から飲み始めて、この店を出たのは20時を回っていたか。
4人でJR西ノ宮まで歩き、さらにcomet師匠とワタシは駅の北にある「魚民」で仕上げ。ここでも熱燗だったが、最後だけワタシが泡盛(「琉球美人」)のお湯割り。泡盛をお湯割りで飲んだのは初めてか、あるいはものすごく久しぶりだが、これはそれなりによかった。先ほどまで、ずっとテンションの高かった師匠が、ここで急にペースダウンして落ちかける。

ということで、日本酒尽くしの一日は終了。
オフを企画してくれたせを’リーダー、お疲れ様でした。
ありがとうございました(^_^)
また次もよろしくです(^o^)

2008 02 17 10:12 PM [日記・コラム・つぶやき, , 集い] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2008.02.16

三代目

中村屋っ!

・・・ではなくて、ものすごく久しぶりにスタバのタンブラーを購入した。
ものすごく久しぶりにスターバックスカードのチャージをしようとしたら手元になくて、また新しいのを買ってしまった。もっとも、元々持っていたのはキレイに残高0にしてあったから、実害はないけれど。

新しいタンブラーを買うと、コミュータ・マグ・クーポンがついているので、ここぞとばかりカスタマイズバリバリのたっかいドリンクをオーダーするのがしきたりであるが、今回はおとなしくダブルトールノンファットキャラマ。
後でトリプルにしとけばよかった、と思ったが、まぁいいか。
ホイップクリームはデフォルトでついているものでも外してもらう方だから、あと高くなりそうなカスタマイズは、ノンファットミルクの代わりに豆乳にしてもらうぐらいなんだが、昔からの習性で、「ダブルトール」と言うと、その後は「ノンファット○○」になってしまうのである。
それに「ソイキャラメルマキアート」というのは言葉のリズムとして言いづらい。

最初に買ったのは初代の大阪オリジナルタンブラー。
形状がシンプルな円錐台で、リッド(ふた)が妙に分厚いデザインのやつである。

二代目は期間限定のグリーンタンブラーで、これは既になまめかしい形状になっていたが、まだ飲み口にふたはついていなかった。これはかなり長く使用したと思う。

その後、何故かクリエイトユアタンブラーの8ozを2つ買って、何もクリエイトしないまま、使いもせずに部屋のどこかに転がしてあり、江坂の会社にいたときの同僚が、里帰りしたときに買ってきてくれた広島オリジナルタンブラーをプレゼントとしてもらった。これらはいずれも未使用である。

だから実は六代目、実質的には三代目となるのが、今日買ったエスプレッソショットタンブラー。なまめかしい形状で、飲み口にふたのついているタイプである。

それにしてもスタバのタンブラー、高くなりましたなぁ(@_@;)
以前は半月も通えば元が取れる(タンブラー持参ならドリンク20円引き)、という感じでしたが、今はとてもじゃないがそれは無理。最初にクーポンでかなり高いものを頼んでも、5週間はかかるんじゃないだろうか。それも毎日通って・・・

2008 02 16 11:26 PM [Starbucks, グッズ] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2008.02.12

最近の天気予報は当たる

と語ったのは二代目桜道会会長・三上信也であるが、今日は本当にひさぴょんの予報通りの展開。ちなみに三上の口癖は「天候は西から東へ」であった。
それにしても、あの血を吐いての最期は食道動脈瘤破裂であろうか。
そりゃ、飲みすぎだ、親分。

それはさておき、かなり冷え込んできた。
家に帰り、自室で着替えていると、窓の外で映画の効果音のような風の音がした。湖西線も強風で一時ストップしていたようである。そう言えば、バスを降りた瞬間、白いものが舞っていたような気がする。

昨日も書いたように右ひざが痛いので、朝、ドーチカの某薬局で遠赤外線サポーターを購入。法務室の担当部長(部内では親分と呼ばれている)によると、サポーターは血行が悪くなるからあんまりよくない、という話であったが、良い悪いを論評する前に、ひざからどんどんずり下がってくるので、それをズボンの上から引きずり上げるのが大変であった(^_^;)

ただ、サポーター装着前の出勤時、階段を下りるのがかなりつらかったのだが、サポーター装着後は多少マシになっていた。多分気のせいだと思う。明日はまたきっと痛いだろう。

それで明日の天気だが、今のところ気温は低いが、降水確率はそれほど高くない。ということで、ノルディック・ウォーキングのストックを持参して出勤しようかと考えている。
持参はするが、別に駅までこれで歩くとか、一駅分歩いてみるとかいう話ではなく、普通にバスに乗って駅に行き、大阪まで電車で行く予定である。
要はひざ痛の緩和と若干のエクササイズ効果を期待してのことであって、ありていに言えば松葉杖代わりみたいなもんである(^_^;)

降水確率がそれほど高くないのはよいが、風が強そうだな・・・

2008 02 12 11:38 PM [Town Walking, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2008.02.11

中田は語る

放送自体は先月のものだが、なかなかタイミングが合わなくてまだ全部観れていない(録画するほどでもないし)が、中田が語る今後の日本選手に必要なものは、

・またぎフェイント
・足裏トラップ

であるという。
世界で戦う上で、これらの技術が今ではベースにないとダメだと言う。いずれも日本ではあまり教わることがない。足裏トラップに至っては「やってはいけないこと」にされてたりもする。
精神論でもなければフィジカルコンディショニングの話でもないあたりが彼らしいと言える。イタリア、イングランドで戦ってきた彼ならではの認識が垣間見れて興味深かった。
あ、「nakata.net TV」の話です。

さて、昨日歩いた影響で、どこに痛みが出るかと思ったら、右ひざにきた。現在かなりのオーバーウエイト気味で、元々ひざが痛かったのだが、右に集中して負担がきたような感じ。
ノルディック・ウォーキングは2本のポールを使って歩くため、ひざや足首にかかる負担は軽くなる。だから歩いているときには全くひざの痛みなどは感じることがないのだが、後半の寒さで痛みが出たのかも知れない。
温めると痛みがやわらぐので、多分そんなとこだろう。
冬のウォーキングにはひざの寒さ対策も必要だな・・・

あと、左のかかとと足裏の境目に少し靴ズレが・・・
ずっと履いてきた靴だから油断していたが、靴そのものがヘタってきているためかも知れない。皮がむけるところまではいってないので軽症。

昨日、今日とマイミクさんの所属オケではブラームスの3番が続けざまに演奏される。この曲、ワタシにとってはとりわけ思い入れの深い作品なのである。いずれも聴きに行けないのが残念極まりない。

Kempebra3実演に接することができない代わりに、iTunesでかけて満足しておく(^_^;)
演奏はルドルフ・ケンペ指揮のミュンヒェンPO

2008 02 11 02:56 PM [Football, music with iPod, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2008.02.10

暑くて寒い万博一周

Infobar2_060休みの日に外出する際に着用することが多い黒のダウンは、堺筋本町勤務時代に船場センタービルのどこかで「ワケあり」として吊るされていたもので、多分3000円もしない値段で買ったものである。

ダウンとは言うものの、フェザーの割合の方が高くて、縫製もいい加減で、しかも買ってから10年を超えたこともあって、縫い目の隙間からフェザーがかなり抜けていて、買ったときに比べるとかなりボリュームが落ちたように思う。

それでも、今日のような天気の日にこれを着用し、日なたをノルディック・ウォーキングすると、黒い色が熱を吸収するのだろうけど、暑いのなんの・・・
リストバンドはしていたが、ヘッドバンドまでは必要ない、と置いてきたことを後悔する。帽子は被っていたが、汗がとめどーなくあーふれるラブレター。あ、土岐ちゃんの「ロマンチック」を聴きながら歩いていたので、つい(_ _)

ところが、万博外周を半周して、日かげ側を歩くようになると、一気に体感温度が10度は下がった気分で、日なたのときには全然気にならなかった風も体を刺すように吹いてくる。
寒さで体温と共に体力も奪われていくのが実感できる。

とは言え、何とか予定の90分で万博外周を回りきって帰宅。90分のプレイリストが終わったのが、自宅近くのバス停の所を曲がって、我が家が見えたあたり、というのが実に計算通りで素晴らしい(^_^)

2008 02 10 07:21 PM [music with iPod, Nordic Walking] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック