« 君、自分でナニ言ってるかわかっとんのか | トップページ | 休日と買い物 »

2008.03.04

空気

千日手指し直し局の63手目(ぐらいと思われる)、佐藤-木村戦の決着がつき、そこからの久保の指し手には、次第に力が失われていく。

指し直し局開始より前に、羽生が勝ちを収めたため、三浦のプレーオフ進出の目はなくなっていたが、それでも冷静に指し継いでいって、リーグ陥落の崖っぷちにいる久保を追い詰めていた。

彼らに、他の対局の結果が伝えられることはない。
ただ、同じ場にいて(もちろん部屋が違っているから、覗き見ることはできない)、何かそういう空気は読めてしまうのだろう。
久保が王将戦七番勝負を前に、しきりに「鈍感力」について言及していたのが、今となっては少し悲哀を感じる。なぜなら、求めてやまないものは、彼に最も似つかわしくなくて、手に入りづらいものに思えるから・・・

A級順位戦最終局結果(左側が先手)
谷川浩司九段(3勝6敗)●-○羽生善治二冠(8勝1敗)
行方尚史八段(1勝8敗)●-○郷田真隆九段(6勝3敗)
藤井 猛九段(4勝5敗)●-○丸山忠久九段(6勝3敗)
佐藤康光二冠(3勝6敗)○-●木村一基八段(5勝4敗)
久保利明八段(2勝7敗)●-○三浦弘行八段(7勝2敗)

最終成績
8勝1敗 羽生善治二冠…名人挑戦
7勝2敗 三浦弘行八段…来期2位
6勝3敗 郷田真隆九段…来期3位
     丸山忠久九段…来期4位
5勝4敗 木村一基八段…来期5位
4勝5敗 藤井 猛九段…来期6位
3勝6敗 谷川浩司九段…来期7位
     佐藤康光二冠…来期8位
2勝7敗 久保利明八段…降級、来期B級1組1位
1勝8敗 行方尚史八段…降級、来期B級1組2位

森内名人への挑戦権は羽生二冠が獲得。
第66期名人戦七番勝負の日程は以下の通り。

第1局 4/8-9  東京都文京区「椿山荘」
第2局 4/22-23 大阪府堺市「堺市茶室『伸庵』」
第3局 5/8-9  福岡市中央区「JALシーホークホテル福岡」
第4局 5/20-21 名古屋市西区「ウェスティンナゴヤキャッスル」
第5局 6/5-6  山梨県甲府市「常磐ホテル」
第6局 6/16-17 山形県天童市「天童ホテル」
第7局 6/26-27 神奈川県足柄下郡「龍宮殿」

毎日・朝日の共催となって初めての名人戦七番勝負である。
一足早く永世名人の権利を得た森内が、長年のライバルである羽生を迎え撃つ、おそらく現在の将棋界では最高の顔合わせである。
契約問題も「共催」という形でひとまず収まり、ここ数年のようなわさわさとした感じも多少は感じずに済むだろう。熱戦を期待したい(^_^)

で、恒例ではあるが、「谷川先生! 来期は頼みますよ!(^_^;)」

2008 03 04 11:41 PM [将棋] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/40870707

この記事へのトラックバック一覧です: 空気:

コメント

コメントを書く