« marzo 2008 | トップページ | mayo 2008 »

2008.04.29

ようやく撮影

Chickenramengo日曜日にノルディック・ウォーキングしていたときに、ようやく大阪モノレールの「チキンラーメン号」の撮影に成功。
いつも気がついたらすぐ真上で、携帯のカメラではなかなか間に合わなくて・・・というようなことが続いていたのだが、今回は起動の速いCOOLPIX S600が手元にあったので、何とかなった(^_^)

実際にはモロ逆光だったのだが、自動的にそれを判別したのか、単に中央部重点測光になっていたのかよくわからないが、とにかく「何とか」写った(^_^;)
Pixiaで少しだけ補正して、トリミングして、画像サイズを小さくして(元の画像に手を加えると、ファイルサイズが大きくなりすぎて、mixi日記ではアップできないらしい)、さて無事アップできるかどうか。

2008 04 29 02:45 PM [Nordic Walking, Photograph] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2008.04.27

卵の腐った

そういう表現をあちこちで見る昨今だが、皆さん腐った卵の臭いって、本当に知ってるのかな。食材をついつい買い過ぎる向きにはお馴染みかも知れないけど。

前にも書いた記憶があるが、大学一年の夏、明日は大阪に帰省するぞ、という晩に思い切り深酒をして、高円寺だか阿佐ヶ谷だかから北上して、都立家政の下宿まで歩いて帰ったことがある。
酔っ払って千鳥足だった上、途中で誰かにぶつかってどつかれて、それでも何となく機嫌がよかったので、さらにふらふらと下宿に戻り、ひと眠りして、「そうだ、冷蔵庫のコンセントを抜いて行かねば・・・」と思い立ち、かなり強烈な二日酔いの状態で新宿に向かい、小田急車中の人となったワタシなのであった(小田原で国鉄に乗り換え、あとは鈍行を乗り継いで帰省)

で、そのコンセントを抜いた冷蔵庫の中には卵が入ったままで、長い夏休みを終えて下宿に戻ったワタシは、その「異臭」に驚くことになる。
卵自体は腐って、さらに中身が完全に蒸発して殻だけになっていて、これもまた驚いたものだった。

さて、珍しく前夜は22時前に寝て、睡眠十分ということもあり、また絶好のノルディック日和ということもあって、万博外周を一周余り歩いてきた。なかなか快適(^_^)
シューベルト、ショパン、シューマン、ブラームスのピアノ曲(ソナタ以外)をiPod Shuffleに入れて、聴きながら歩いたが、思った以上にシューマン率が高かった(^_^;)

帰宅後は午前中にリッピングしたタモリの1と2、ブラッフォードのライヴを聴いて遅めの昼寝。昼寝のBGMではないな(^_^;)

2008 04 27 08:49 PM [etc., music with iPod, Nordic Walking, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2008.04.26

抜ける

浮いていた右下奥から2番目の歯の前側の断片が抜けた。
昼食のカレーを食べている最中であった(^_^;)
まぁ時間の問題だったんだが、固いものでなく、カレーを食べてるとき、というのは何ともはや、な感じである。

それから散髪に行き、茨木まで戻ってイズミヤで普段穿きのズボンを一本買い、帰宅。休みとは言え1時まで仕事というのは結構疲れる。

昨日、仕事の最中に部下の女性から「こんな市、あるんですか」と質問あり。
住民税の納付地コードの登録で、これまで登録されていなかった市が出てきたために給与システムでハネられたのだが、こうも頻繁に市町村合併をやられると、企業の人事担当者にとっては迷惑千万な話である。

で、その市は「みどり市」という市で、群馬県にある。
2006年3月27日に群馬県新田郡笠懸町、山田郡大間々町、勢多郡東村が合併し、群馬県12番目の市として誕生した・・・とWikipediaに書いてある。

市町村合併のこじれ、ねじれ、綱引きなどなどが見事に具現化したような市で、こちらも合併で市域が拡大した桐生市を見事に一刀両断にしている。
みどり市HP
従って桐生市には巨大な飛び地が発生することになった訳である。これもまた住民の皆さんにとっては迷惑な話・・・かも知れない。

岩宿遺跡があること、星野富弘の出身地である(富弘美術館がある)ことなどで知られるほか、わたらせ渓谷鐵道わたらせ渓谷線(旧JR足尾線)が走っているのも大きなウリの一つだろう。

ということで、迷惑ではあるが、お勉強にはなりますね(^_^)

2008 04 26 06:27 PM [(-_-;), etc., 意味不明・たわごと, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2008.04.24

学習効果

一週間前も雨が降っていて、桜橋のスタバを出たときに、非常に微妙なスロープで見事に滑ってコケて、ひざを打って、タンブラーを一つダメにしたのであった。

今日も同じような天気で、同じ靴を履いていた。半ば以上は靴の責任でもあるのだが、ローテーションの関係で先週と同じ靴になってしまったのである。

先週の轍を踏まないためには、涙をのんでスタバに立ち寄るのを諦めるしかない。いや、単にドーチカの薬局に寄りたかっただけの話だが(^_^;)

コケて打つ前からひざは痛いのだが、気温の上昇と共に回復傾向にあったところ、先週打ってまた悪化した感じがするので、何か塗り薬でも塗っておこう、と思い立ち、「アンメルシン よこよこ ひろびろ」というのを購入。

「轍を踏まない」と書いて、ふと「ワダチ」という松本零士の作品を思い出す。「男おいどん」の世界が突然宇宙スケールに化けていくような話だったと記憶しているが、最後の方はあんまりよく覚えていない。

2008 04 24 11:32 PM [Starbucks, アニメ・コミック, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2008.04.23

画策

CDタワーが一通り片付いてから、次なる野望として、部屋の抜本的な模様替えを画策するようになっている。「画策」を「夢想」と置き換えても意味は変わらない。

一つ懸案となっているのは、PCラック周辺である。
PCラックそのものが震災前から使っている代物で、一部ネジがなくなったりしていて、安定もあまりよくない上、14インチCRTディスプレーが大きいな(いや、ある意味大きいが)と感じていた頃のものなので、やや手狭。全般的に古ぼけていて、クリエイティヴでインタラクティヴなワタクシのワークには適さなくなってきた、ということも見逃せない。

そこで、CDラックを買ったサイトでPCラックも見ているのだが、かなり魅力的な商品も多い。そして、それらを導入するとなると、部屋のレイアウトそのものを大きくいじる必要があるなぁ、というところに思い至る。

何故片付かないのか、掃除が行き届かない(それどころか掃除をする気が失せる)のか、という根本のところにメスを入れ、片付けざるを得ない、とか、簡単に片付いてしまう、とか、掃除が容易、とか、すぐに掃除したくなる・・・という部屋に変えてしまう、というのが野望なのであるが、こういうのは考えているときが一番楽しいので、結局は殆ど片付かない方に100アグボンラホール。意味不明。

というか、片付かないのは熱力学第ニ法則によるところが大きいので、自然の原理には逆らえない、とする意見も、個人的に根強い。

2008 04 23 11:42 PM [グッズ, 意味不明・たわごと] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2008.04.22

塩酢イーツ

をを、ごむたいな変換(@_@;)

・・・ウソです。ワザとです。<今さら言うな。

お昼にコンビニを巡って、目についた菓子を買う、というミッションを、個人的に、かつ突発的に発動することがあるが、今日みつけたのはM永の「塩キャラメル」

新製品紹介

ニュースリリース

ネットをあたってみると、この手の塩スイーツと呼ばれるジャンルは結構早くから確立していたことがわかる。世の動きに疎い・・・
あ、でもチロルチョコの「塩バニラ」は結構好きで食べていたが・・・

この「塩キャラメル」もなかなかうまかったし、職場の面々には珍しがられたので気をよくしていたのに、巷ではとっくに市民権を得ていたことを知って、大いに気勢を削がれる(笑)

塩スイーツというような言葉がなかった頃、一度「あら塩飴」というものを買ったことがある。出してたのはカンロだったか。まぁカンロと言えば、飴に特製の醤油を入れることであの独特の風味の「カンロ飴」を生み出した会社だから、あら塩の飴を作っても不思議ではない。たぶんそうだったのだと思う。

しかし、この「あら塩飴」は1つ食べただけで放棄された(^_^;)
今だったらどうかわからないが、当時は口に合わなかったとしか言いようがない。あるいは微妙な風味づけがうまくいかなかった製品なのかも。

今なら「熱中飴」に代表されるように、塩分補給を目的とした飴もあったりするぐらいだが、ちょっと時代を先取りしすぎたのかも知れない。

2008 04 22 11:58 PM [飲食] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2008.04.14

呆然

いや、ボーネン!

パリ~ルーベはやっぱり迫力がある。
山岳はないけれど、パヴェの連続。
ガタガタ揺れるフレーム、ボトルがケージから外れて道路に飛んでいく。

ボーネン、カンチェッラーラ、バッランという春のクラシックでそれぞれ勲章を得ているチャンピオン同士のせめぎ合いとなった終盤は息が詰まった。
最後はヴェロドロームのバンクの最後尾からスパートをかけたボーネンが2人を振り切っての勝利。やはりスプリント力では二人よりも格上だった。強いなぁ・・・

しかし、あんな悪路を、細い細いタイヤのロードバイクで高速走行する人たちって、やっぱりとんでもないと思う。
20%勾配の山岳コースもすごいけど、これもロードレースの醍醐味ですね(^_^)

2008 04 14 12:06 AM [Cycle] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2008.04.13

出ますかね?

出してもいい、と思っている方は3000万ユーロほしい。
もらいたい、と思っている方は2000万ユーロで何とか。
まぁこの辺は交渉で何とか埋まるレベルなのだろう。

出す側のバルサには、今ではもう彼を引き留めたいという積極的な理由はないのだろう。2年前のビッグイヤー獲得で、大きな達成感を得てしまった後の彼には、気持ちの面で完全な停滞が訪れ、それがプレーにも如実に表れてしまっている。
仮にライカールトが辞めて(辞めさせられて?)モウリーニョが来たとしても、必要な選手かどうかは微妙なところだろう。気持ちを奮い立たせることができれば、まだ世界の超一流でいられるが・・・

問題はもらいたい、と思っている方が来季のチャンピオンズリーグに出れないかも知れない、という点である。

ロナウジーニョほどの選手がチャンピオンズリーグで観ることができない、というのは、ファンからすると残念な話・・・で済むが、本人がそれでよいのか、ということと、これだけ高額な選手を獲って、CLに出れなかったら、獲得資金を回収できないではないか、というミラン側の問題もある。

カカ、パトと並んでロニーが躍動するチームというのも魅力があるが、それがヨーロッパの大舞台で実現するためには、大きな壁が立ちはだかっている。

2008 04 13 01:25 PM [Football] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2008.04.08

長崎流

先週、とぶ・あず姉妹が来阪したとき、「近くにいるからお昼でも・・・」ということで、お二人に会いに行ったのが、サントリー本社ビル1Fの「ローズ&クラウン堂島店」

Nagasakiturkrise_2結局、込んできたし、別のところに移りましょう・・・ということになって、そこで食事とはならなかったが(お二人はそこで食事を済まされていたけど)、店の前まで行ってメニューを見たときに、「お、これは・・・」と目をつけておいたのが、写真のトルコライス。どこをどう見ても長崎流トルコライスってやつである。

この店のすぐ近くには有名な「パウゼ」があって、「これぞ大阪流トルコライス」というのを出してくれることで有名だが、こんなところに長崎流トルコライスを出す店があるとは、ついぞ知らなんだ。灯台もと暗し、だなぁ。

長崎流の特徴は、
・必ずナポリタンスパゲッティがついている
・それ以外は若干ヴァリエーションがあるらしい
・これらを一つの皿に盛り付けている

というところらしいのだが、まさに基本を押さえた逸品。
スパゲッティがナポリタンというよりはやや上品な感じなのがヴィクトリアンってとこだが(意味不明・・・というか、この店は「ヴィクトリアンパブ」らしいのだな)、カツの具合も悪くないし、ドライカレーの辛さも適度である。ややドライカレーが団体さんになりたがる傾向があるのが気になったが。

量も十分あり、値段もこの界隈としてはまぁ標準的。
店の雰囲気に反して、意外と若い男性客が多いのもうなづける(^_^;)

2008 04 08 11:44 PM [Photograph, 飲食] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2008.04.06

踏まないように、余らぬように

ギアの加減は、慎重に・・・

ということで、時代遅れというか、3年ぶりぐらいに愛車「無印号」を走らせて、万博外周を1周余り走ってきた。

Cycling08040610予想通り、ドロドロのサビサビになっていたが、さっと雑巾で拭き、油を差して、空気を入れれば何とか走れる状態。

ただ、ブレーキの効きに少々不安があるので、あまりスピードを出さないようにする、ということと、久し振りで張り切りすぎて、必要以上に「踏んで」しまわないように、あるいは軽すぎて「余って」しまわないように、ギアの調整は慎重にいこうと決定。

Cycling08040608この「無印号」は7年ぐらい前にマイカル茨木の「無印良品」で購入したもので、一応アルミフレームのクロスバイクっぽく仕上げられている。
シマノのコンポが積んである、と言っても、ショボい6段変速がついているだけである。ロードのようにブレーキレバーのところでシフトコントロールするのではなく、ハンドルグリップの中央寄りのところを回してギアを変えるようになっている。

Cycling08040609問題は6段のはずなのに、一番軽いギアに全く入らない、というところで、上り坂ではかなり苦戦する仕様となっている(笑)

加えて、乗っているワタシ自身が上り坂に最不適化されたシェイプとなっており、以前なら大して苦労せずに越えられた坂も、押して上がらざるを得ないという事態を、当局は深刻に受け止めている。

で、ちょいとした坂を押して上がり、それを越えたらぢもてぃ御用達の抜け道で、万博外周に一気に下っていく。ここでブレーキの効きを確認してみたが、もう一つスキッと効いてくれていない感じ。効かない訳ではないので危険はないが、若干の調整は必要だろう。

走り始めると、さすがに好天&桜満開(もしくは散りかけ)ということで人出が多い。外周の自転車専用道を我がもの顔で練り歩く家族連れなんかもいて、あまり走りやすいとは言えない。
ランニングしてる人、ロードレーサーを駆っていく人、ウォーキングにいそしむ人も多い。
上から下までレーサー仕様のライダーを見ると、ついどこのに乗っているのか見てしまいますね(^_^)。すぐには判別がつかないのがアレですが・・・
そうそう、上下全てSPECIALIZEDで揃えたニィちゃんもいました(^o^)

Cycling08040601阪大正門付近に来ると桜がなかなかキレイ。

Cycling08040602別アングルから・・・

Cycling08040604花見をしている人(学生?)もいた。

Cycling08040605さらに走って中環沿いまで行くと、万博公園外縁の桜もなかなかの風情。

外周一周では走り足りない気もしたが、初回からあまり無理をしても、というのもあるし、みのり橋南まできた所で猛然とやる気がなくなってきたので(笑)、そこから美穂ヶ丘経由で帰宅。
あ、ハンガーノックではありません。

坂を上るときに少し踏んでしまったけれど、用心深く踏まないように気をつけていたので、乳酸はあまりたまってないだろう。しかし、横をロードレーサーがシャーッ・・・と走り抜けていくのを見ると、つい「ちょっと追いかけてみようかな」という気持ちが湧いてくるのが困ったものだ(追わなかったけど)。無印号で勝てる訳がない。というか、今の自分に追う力はない。

もうちょいリハビリが必要だな。

2008 04 06 03:27 PM [Cycle, Photograph] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2008.04.03

ヘルメット顛末

前日、サイクリング用のヘルメットが届いていた。
Giro_transfer届いたヘルメットは写真の通り。
GiroのTransfer、色はミント・グリーン。ユニバーチャル(笑)サイズ。

実はこれ、注文したのは3/6で、携帯から発注している。
発注してすぐに楽○からの自動配信メールは届いたのだが、ショップからのメールが3日待っても一週間待っても届かない。
おかしいな・・・と思って「預かり」状態になっているメールはないか、と思って探索したものの、これもなし。

そうこうするうちに2週間経ち、3週間が過ぎて、さすがにどげんかせんといかん、ということで、PCメールでショップにキャンセル連絡を入れたのがつい先だっての土曜の朝。
すぐに返事がきて、先方曰くは、「商品遅延の連絡があり、その旨メールさせていただいたのだが、全く応答がなかったので、了承いただいたものと判断し、入荷待ちとなっている」

なんじゃそりゃ(@_@;)

事情が事情なのでキャンセルされてもいいが、4/1か2には入荷しまっせ・・・ということなので、矛を収めてキャンセルを取り消し。
そして無事4/2に届いた、という次第である。

どうも問題はショップのメールアドレスにあるような気がしている。
そこのメアドは「mail@~」で始まる形式なのだが、この手のアドレスでアダルト系スパムメールが頻繁にきていたことがあったので、もしかしたらどこかでフィルタにひっかかってしまったんではないだろうか。
通常はそれでも商品がすぐ届くから大過なく済んでいるが、今回のように入荷が遅れると問題が表面化してしまうのであろう。
他にもきっと「あれおかしいな」と感じていた人がいたかも知れない。

何はともあれ商品が届いたので、しばらくぶりにサイクリングも再開してみようかと思っている。
問題は我が「無印号」がちゃんと動くかどうか(^_^;)
空気が抜けているのは仕方ないとして、サビが・・・とか、油が・・・というのはありそうだなぁ。無印良品の品とは言え、結構悪くない品で、ひところはよく乗り回していたので、しばらくはこれでシノぎたいと思っているのだが。

2008 04 03 12:16 AM [(-_-;), Cycle, グッズ] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2008.04.01

そうですか、30年ですか

今年の出し物は何かな~と思ってY!に行ってみると・・・そうきたか。
タイアップものだから、まぁ「らしく」はないのだけど、それなりに楽しめます(^_^)

あれでパチンコ業界は壊滅的な打撃を受けたのですが、逆に言うとそこがパパママストアから脱却して、大規模装置産業になっていく基点である、とも言える。

さて、次は「社」でも覗くか。

で、覗いてきました。
今年も小粒ですが、そうか、目押しが必要か・・・
早寝ミフ、案外いいかも(笑)

しかし「つるとんたんのどんぶり」とは・・・只者ではないな。

2008 04 01 12:53 AM [おすすめサイト, 意味不明・たわごと, ] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック