« 小整理:沈黙の音楽は繰り返す | トップページ | オドナの事情 »

2008.05.28

帰宅してます/Japanist導入

二泊三日の旅を終えて帰宅したら、「Japanist2003」が届いていました。
早速インストール。
これは「Japanist」にしてから最初の入力です。
随分入力作業の負荷が軽くなった印象あり。

元々新聞社時代はOASYSユーザーであって、パソコンもFM-TOWNSだったので、OAKのクセに慣れていて、単語、あるいは単文節変換中心でバシバシタイピングするというスタイルでした。

その後に入った会社ではマックを使うことになったのですが、当時のマックユーザーなら皆さんそうだったと思うけど、ことえりにはほとほと手を焼いていたワケです。途中でATOKか何か入れたんだったかな。
最近のことえりは面白そうですが、intelに魂を売ったマックを使うなんてあり得ないので(別にintelでなくてもマックを使うつもりはないけど)、きっと縁はないでしょう。

その会社も業務の生産性を考えてマックを捨ててWindowsにシフトしましたが(大半はネットオークションで処分した)、MS-IMEとの付き合いはそれからなので、約10年というところかな。

私の場合、MS-IMEに加えて、キーオペレーションのアシストとして「秀caps」を常駐させる、というスタイルなのですが、最近のMS-IMEと秀capsはあまり相性がよくなくて、以前はできていたはずのオペレーションができなくなっていたり、違う結果が出たりしており、結構ストレスが溜まっていたワケです。

さらにVostro1000君にマシンが変わって、MS-IMEの動作の重さがずっしりと・・・
バイオちゃんのmobile Athlon4からTurion64×2に変わっているのだから、これはもうマシンスペックとは別の部分で足を引っ張られているとしか考えられない。
いよいよこれは何か手を打たねば・・・と思い、Japanist導入に至ったワケですね。
ATOKにしなかったのは、最近言葉狩りがかなりひどいらしい、というウワサを目にしたからで、インプットメソッドの分際で何をエラソウに・・・と思ってしまったから(^_^;)
まぁ自分で辞書を鍛えればよいのですが・・・

Japanistと秀capsの組合せは、今のところなかなかよいようです。
こちらの意図と合う挙動をしてくれているので、キー入力に関するストレスがかなり解消されそうな感じ。何より単文節変換中心の入力スタイルに合っている。そして軽快!(^o^) さすがはOAKの後継IME。

問題は2003から新しい版が出ていない、という点かなぁ・・・
数ある、名だたるFEP、IMEも次々に消えてしまった状況下で、いかに根強いOASYS人気に支えられていると言っても、5年も新バージョンが出ていないというのは、かなり心配と言わざるを得ません。
まぁ逆に言うと、だから今買っておけ、と思ったのでもありますが(^_^;)

2008 05 28 11:44 PM [パソコン・インターネット, 意味不明・たわごと] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/42476816

この記事へのトラックバック一覧です: 帰宅してます/Japanist導入:

コメント

コメントを書く