« 電池切れ | トップページ | ポチっとな症候群・2008年春 »

2008.05.12

生活習慣

子供の頃、食事のときに手が動いていないと、母から「ナニ思案してんのん」と言われるのがイヤで、思慮のない食べ方に徹するようになり、今に至っている。
昨年秋の定期健康診断のときに、はっきりと医師に指摘されてしまったが、ワタシが早食いの人に育ってしまったのは、ひとえに幼少時の家庭教育による部分が大きい。

最近になって、「口にまだ食べ物が入っているときに、新たに何かを口に入れない」ということを、少しだけ意識するようになったが、これを意識せずにできるようになるには、どれぐらいの時間が必要だろうか。

幸いにして(と言うべきか)、半分欠けてしまった歯を守りながら食事をしなければならない状態が続いていて、そのために「ゆっくり食べる」ということに、一応の理屈がついていたのだが、それも先ほど食事をしているときにあっさり抜けてしまった。これで完全に抜けちゃったなぁ・・・(^_^;)

よく「心が変われば行動が変わる、行動が変われば習慣が変わる、習慣が変われば人格が変わる、人格が変われば運命が変わる」などという言葉が、特にこの時期、社会人になりたての若者に向けて発せられることがある。
運命などという言葉が出てくるあたりに胡散臭さを感じている自分を客観的にみて、それが精神の健全さの顕れだと納得しているひねくれ者だが(^_^;)、まぁ習慣を変え得るほどの大きなきっかけというものには、確かに興味はそそられる。

しかし、早いところ抜けた痕を埋めてもらわないと・・・
いろいろバランス悪くなりそう(+_+;)

2008 05 12 11:13 PM [意味不明・たわごと, 飲食] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/41398481

この記事へのトラックバック一覧です: 生活習慣:

コメント

コメントを書く