« HDDの整理にとりかかる | トップページ | ウォーキング昼ごはん »

2008.06.23

西伊

・・・今、観ながら書いてます(^_^;)
何しろ帰宅したのがつい先程。
食事を終えて、今ようやく前半5分経過ぐらい。
実況K沢かぁ・・・これで120分+αはつらいなぁ(+_+;)
この声、めっちゃ苦手。

前半終了。
ペッロッタとシルバに大きなチャンスがあったが、どちらも決まらず。
しかし、ピルロとガッちゃんがいないイタリアは、今ひとつ怖さがない。

これから後半観ます(^_^;)

******

後半の途中。スペインにピンチ。
どうもこのGKはピンチを自作自演するきらいがある。
苦手を克服しようという意識があるのか、ハイボールに突っ込んでいくのはよいが、大概空振りに終わってピンチを広げる。
うちのペペ・レイナも実はハイボールが苦手である。
スペインのGKを攻めるときは、これが一番効く(^_^;)

また観戦に戻ります(_ _)

******

後半終了。
次第にハーフピッチマッチ(コートじゃないんで「ハーフコートマッチ」はおかしい、のですよね。でもこれもちょっと言いづらい)の様相を呈してきた。
とは言え、スペインがポゼッションを握り、イタリアがガッチリ受け止めてカウンターを狙う、というのは、まぁありがちなこと。
しかし、シルバはいいなぁ。君はレッズに来るべきだ(^_^)

延長開始。

******

延長前半は中盤でのしのぎ合いと、時折訪れるボックス近辺でのプレー。全体的に緊迫感は漂っているが、カタストロフは訪れない。

延長後半、ドナドーニは最後のカードにアレを選ぶ。アレもこれが花道かな。
イタリアの中盤が緩くなり、スペインのパスが回るが、線が面になっていかない。みんながみんな「足元にください、走れません」状態。
そんな中、アレがボックス近辺で舞う。見せてくれるなぁ(^_^)

延長終了。いよいよPK戦。
2人目のサンティ・カソルラが鍵だったか。
この経験の浅い、若い選手が外していたら、結果は逆になっていたかも知れないが、この上ない緊張感の中、それもブッフォン相手に決めたことで、流れは大きくスペインに傾いたように思う(まぁグイサは止められたけど(^_^;))

なんか、終了後のイタリアが、クロアチアみたいに精根尽き果てた、という感じではなく、思いの外淡々としていたのが印象的。余力があったようにも思う。
ある意味、今の彼我の力量差を最も強く感じていたのがイタリアの選手たちだったのかも知れない。むしろ、このスペイン相手に健闘できたかな、という満足感に浸っていたようにも見受けられた。

スペインは、自らが覚醒させてしまったかも知れないロシアと再びまみえることになった。グループリーグの時のようにはいかないだろう。

2008 06 23 11:49 PM [Football] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/43635661

この記事へのトラックバック一覧です: 西伊:

コメント

コメントを書く