« ジロ終了! | トップページ | 今日は休養日 »

2008.07.20

アルプス、そしてイタリアへ

ツール・ド・フランスは第15ステージ、いよいよアルプスの山岳ステージに突入。
アンブランをスタートし、イタリアに入ってプラート・ネヴォーゾがゴール。
コース前半に超級のアニェル峠がある。前半というか、スタートからずっとこの峠に向けての上り。山岳賞狙いの選手はここで逃げを決めたいところ。
ちなみに、昨年のジロでもこの峠越えがあった。イタリア語ではアニエッロ峠。昨年ジロのチーマ・コッピで、当時ブイグ・テレコムにいたルブーランジェ(現フランセーズ・デジュ)がトップ通過しているそうな。

今日のプレゼントクイズは2段構えで、一発目のボーナスクイズはこの超級山岳をトップで通過する選手の国籍を当てよ、というもの。
昨年ジロの実績を買ってフランス人、とするのも手かも。
ただ、山岳賞狙いの上位選手が逃げる可能性が高いので、ルブーランジェが獲るというのも考えづらいところ(彼は現在山岳ポイントわずかに2P)
・・・とか言ってたら、リアルスタート後、いきなりルブーランジェがアタックかけてるし(^_^;)

アニェル峠後は長い下りがあり、少し平坦路があり、3級山岳があり、最後はゴールのプラート・ネヴォーゾへの上りゴール。こちらは1級。こちらは総合上位狙いの選手たちの争いになる予感。

本日の現地は雨模様。
ステージ4勝のカヴェンディッシュはDNSだとか。まぁマイヨ・ヴェールを狙っていたのではないだろうし、昨日時点でかなり疲れていたらしい。彼の体格でアルプスの山岳ステージをこなすのは確かにきつそうだ。

******

今年のツール中継では、例年以上にお城や教会の説明が多い。
切り立った丘の上に孤立している城砦とか、いかにも豪華なシャトーとか、コパーの幽霊(笑)がいっぱい出てきそうな怪しげな古城とか、実に面白い。

さて、ボーナスクイズは取り敢えず「スペイン」としておいた。
現在逃げている4人のうち2人がスペイン人であるし、我らがエウスカルテルのエゴイ・マルティネスもその中に含まれているのだから、これはもう他は考えられない。
ただ、当たってもきっと競争率は高いなぁ(^_^;)

******

レギュラークイズは、本日のステージ終了後の山岳賞は誰か。
現在マイヨ・アポアはセバスチャン・ラングで60P
2位が同じゲロルシュタイナーのベルンハルト・コールで59P
以下、フランク・シュレック46P、ルイス・レオン・サンチェス31Pと続いているが、今日のアニェル峠の結果によっては状況が大きく動く可能性がある。超級山岳なので、トップ通過で20Pである。
また、最後のプラート・ネヴォーゾは1級の上りゴールなので、ポイント2倍、つまりステージ優勝すると一気に30Pが転がり込んでくる計算である。

総合上位争いの選手の中で、例えばトップのカデル・エヴァンスは山岳ポイントを30P持っているので、ここをトップでゴールすると一気に60Pになる。
総合上位争いの選手が、エディ・メルクスのように最終的に山岳賞まで狙う、ということはないかも知れないが、瞬間的にトップに立つことはあり得なくはない。
それを考えると、現在総合4位につけているベルンハルト・コールがプラート・ネヴォーゾでマイヨ・アポアをまとう、という可能性も結構大きいかも知れない。

******

アニェル峠をトップ通過したのはエゴイ・マルティネス。
我らがエウスカルテルの選手である(^o^)
ということで、ボーナスクイズの正解は「スペイン」
予想通り、競争率が馬鹿高い模様(^_^;)

******

いよいよレギュラークイズの締切時間も迫ってきたので、コールで応募。
現時点でのヴァーチャル山岳賞なので、これも当たる確率は高いが、競争率も高そうな気がする(^_^;)

しかしペレイロの落車・リタイアは残念。
ロータリーの両側で大規模な落車もあったし、やはり天候が悪いとトラブルも多い。

******

プラート・ネヴォーゾの上りは、逃げの4人の中での争いと、追走集団の中での争いの、双方の戦いがすごい迫力。

逃げ側ではアリエッタがまず脱落。
エゴイ・マルティネスはオルベアのオルカ(2009年モデルか?)を駆って、ペイトとジェランを引き離しにかかるが、二人ともなかなかしぶとい。

追走側では、アタックをかけて落車して、チェーンが外れたメンショフだが、すぐに復帰して、さらに力走を見せる。サストレも爆走。カデル・エヴァンスがやや厳しい。

******

ステージ優勝は、逃げ3人の中で一番厳しそうだったジェラン!
てめぇ、三味線弾いてやがったなぁ・・・という感じのエゴイ(^_^;)
なんかこういうところで勝負弱いんだよなぁ、エウスカルテルの選手って(^_^;)
ツールでステージ優勝したのは、「哲人」ロベルト・ライセカぐらいしか観た記憶がない(^_^;)

総合争いでは、フランク・シュレックが首位に立つ。
エヴァンスよもやの転落。ただ、差はまだ小さい。

山岳賞はラングからコールへとチーム内移動。
クイズは正解(^_^)
でもきっと競争率はかなり高い(^_^;)

2008 07 20 07:56 PM [Cycle] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/43637611

この記事へのトラックバック一覧です: アルプス、そしてイタリアへ:

コメント

コメントを書く