« 今日はクラシカ・サンセバスチャン | トップページ | ECHO OFF »

2008.08.05

譜面OK、フレームOK

昼休み、3ビル地下の「OKINAWA」でタコライス。
キャベツを食べにきているみたいな気分だが、まぁ完食できたのは回復の証だろう。メガネのにぃちゃんには完全に常連と認識されている模様。かなり久しぶりなのにな。

その後2ビルに移って「ササヤ書店」へ。
ロ短調ミサと第九の譜面を購入。
第九の譜面ぐらいは持っているのだが、どうも今まで使っていたのがもひとつな感じだったのと、書き込みも増えてきていたので、心機一転、新しいのを買った。
ロ短調はペータースとベーレンライターが同じ値段だったが、好みでベーレンライター購入。全音もあったがちょっと高い。

仕事が終わってから「シルベスト」さんに直行・・・しようとしたら、空模様が怪しくなってきたので、一度ドーチカに戻り、70cmの傘を買って、桜橋の交差点の下まで地下を行き、そこから西に。

何となくサラリーマンぽい客が多い。
おとといBSでやっていたツール・ド・フランスのダイジェスト番組の話とかをしていたので、それを観て触発されてきた人と、その人に連れて来られた人たち、というような構図だった。
NHKもなかなかニクイことをやる。
・・・けれど、カンセララはちょっと・・・(^_^;)

土曜日に応対していただいたHマネージャーを呼んでもらって、お話。
あの後、KHSの在庫を確認してもらったところ、Club2000の560のフレームは入手できそうなことが確認できたようである。
ただ、完成車ではなく、フレーム単体で入ってくるらしいので、その他のパーツは自由にチョイスできてしまうみたいな感じ(^_^;)
BTOマシンを組んでもらうような気分・・・というより、ベアボーンにあれこれパーツを寄せ集めて組んでもらうような気分、かな。
確かにこう考えると、自転車はPCと似た感覚があるかも知れない。

取り敢えずはフォークから。
ちょうど今はClub2000のフレームに合うフォークを物色中、ということだったが、選択肢として、大きくはスチールかカーボンか、というものがある。
フレームがクロモリなのだから、スチールの方が見た感じもすっきりしていて合うだろうとは思う。参考に見せてもらったコルナゴのクロモリバイクのフォークなんて、すごくスマートで精悍な感じ。
ただ、元々完成車のClub2000にはカーボンフォークが搭載されているので、カーボンでも変、というワケではないらしい。もちろん乗り味も違ってくるのだろうけど、シロウト以前の身ではわからないことだらけである(^_^;)

ということで、もう少しフォークの物色を続けていただくことになった。
まだハンドルもサドルもコンポもホイールも決まってない。
ある意味、なかなか楽しみの多い工程である(^_^)

ちなみに、ORBERのAQUAの探索も続けてもらったようだが、やはり在庫は払底しているようだ。今からだともう09モデルを待った方がいいですねぇ、という話。そこまで待つのはちょっとなぁ・・・

帰りがけにさらに店内を少しうろうろしてみたが、ORBEA同様バスクのメーカーであるBHのバイクも置いてあるのに気づく。サイズの問題はあるけれど、これもいいなぁ・・・(^_^;)

店内のテレビデオで今日もかかっていた「茄子-アンダルシアの夏」のエンディングテーマ、「自転車ショー歌」(忌野清志郎)をタンノウして帰途についた(^_^)
これ、カラオケにあったら歌ってみたいな。
まぁ元歌はきっと入ってるはずだから、勝手に歌詞を替えて歌うってのもありか。

2008 08 05 10:38 PM [Cycle, 音楽, 飲食] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/45735555

この記事へのトラックバック一覧です: 譜面OK、フレームOK:

コメント

コメントを書く