« ダーヴィッシュ祭、終了 | トップページ | 果てる »

2008.12.18

歴史的大逆転劇

流れが変わったのは第4局で・・・などの話は出てくるのだろうけど、それでも最後に羽生が勝っていれば、どうでもよい話になっていたのかも知れない。

最終第7局、普通に出勤していればBS2の中継も観れなかったのだけど、風邪で寝ていたおかげで、昨日も今日も観ることができた(^_^;)
ただ、今日の夕方の中継は、対局終了まで延長する訳にはいかなかったのかなぁ・・・
両者1分将棋になっていたのだから・・・と言っても、そこから終局までに30分もかかってはいるけれど(^_^;)

ということで・・・
囲碁界では何度かある七番勝負における三連敗後四連勝、将棋界では今回の竜王戦が初めてである。渡辺明竜王が大逆転防衛で竜王戦5連覇、初の永世竜王の称号を得た。

最終局も夕方の放映開始時点では先手羽生優勢気味。
それが少しして形勢がもつれ始め、一度は渡辺逆転か、の声も聞かれたものの、放映終了(実はこの時点で15分延長されていた)頃には、羽生勝ちかも?というところまで揺れ動いていたのである。

結局、BS中継終了直後の107手目2四飛が敗着では、ということのようだが、その前の時点で羽生は必至をかけにいっていたワケだから、何が何やらさっぱりわやである(^_^;)
自玉に詰めろはないから、必至でよし、のはずだったのだが、実は詰めろがあったのか、それとも必至逃れの手があったのか、その辺は週明けの週刊将棋で確認するとしよう(^_^;)
確認してどう、というワケでもないけど。

しかし大したものだ、この24歳は。

2008 12 18 08:22 PM [将棋] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/49289123

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史的大逆転劇:

コメント

コメントを書く