« フェーズ3.5 | トップページ | 目から鼻へ抜けるような »

2009.04.29

仕上げ・・・にはほど遠い(^_^;)

今日は特別練習4回目。
前回に続いて松尾先生の担当で、キンターナのミサ。

午前中、「だんだん」総集編を眺めながら朝食&身支度。
朝の連ドラは長らくまともに見ていないが、期待ほど面白くはなかったものの、総集編にしてみると、レギュラー放送していた頃の冗長さとか、無理やりな展開とかがあまり感じられず、そこそこ面白く観れた。
面白くは観れたが、ドラマ全体の出来は悪かったと思う。いろいろと設定に無理があったと思うし・・・。まぁ前作に比べればはるかにマシ、とは思うが。

今日は少し余裕をもって家を出て、徒歩(ノルディック・ウォーキング)でモノレール「公園東口」駅まで行き、モノレール、北急を乗り継いでセンチュリーオーケストラハウス入り。隣の野外音楽堂では何かコンサートかイベントがあるらしく、すごい行列ができていた。

毎週金曜の練習以外の特別練習、残すは本番前日だけで、松尾先生の練習は、あとは当日午前中だけである。つまり今日でキンターナは仕上がらなければならない。

まずKyrie、続いてSanctus、Hosanna、Agnus Deiの練習。
何度やってもKyrieは緊張を強いられる。短いし、音は難しくないのだが。
Sanctusは、個人的には特に問題のない曲・・・のつもりだったが、合わせてみると、決して簡単な曲ではない。でもまぁ楽な方だろう。
Hosanna。個人的に課題の残る曲の一つだが、こちらは逆に合わせてみると何とかなりそうな感じがしてきた。ここで油断してはいけないが。
Agnus Deiもいろいろとワナの多い曲なんだが、自分も他人も一応信じて(^_^;)歌えば、それなりに格好はつくようである。スタミナ切れが一番心配かも(^_^;)

その後、数回の休憩を挟んでGloria、Credo、Benedictusという、ソロの入る曲の練習。課題が残るとすれば、やはりこの辺だろう。

Gloriaではやはりフーガ部分。
Credoでは冒頭の女声の絡み、主旋律部分のテンポ感などなどなど・・・
Benedictusはやはり中間部の入りで、いかに正確にBを拾えるか(^_^;)

今日は13時に始まって、きっちり17時までの練習となった。
キンターナに関しては、あとは本番当日のみとは、かなり不安が残る(^_^;)

練習場を出るとまだ陽は高い(^_^)
まのちゃんが練習にくる時に野音前でもらった、というチラシを見せてもらう。GW中の野音でのイベントの出演者がズラっと記載されていたが、我々が演奏会を行う6日の出演者が、なんと小川美潮様&ウズマキマズウなんだと(ToT)
練習も本番もサボって拝聴したいところだが、さすがにそういうワケにはいかないので、逆に、勝手に共演したつもりになって満足するとしよう(ToT)

まのちゃんと別れて、一人で服部緑地をノルディック・ウォーキング。
今日は一旦乗馬センターに行き、それから「いなり山」周回コースを歩く。
このコースは、人通りが少なく、時折ランナーが横をかすめていったり、反対から歩いてきた人とすれ違ったり、というぐらいで、とても歩きやすく、快適であった(^_^)

緑地公園の駅に戻り、千里中央に出てスタバで一服。
モノレールに乗り換えて、阪大病院前まで。途中、万博車両基地を横手に眺める。有名な6方向の分岐器もしっかり拝んだ。迫力あるなぁ。

阪大病院から自宅まで、約2kmを歩いて、1日余して3月のカロリーカウンターの記録(歩数、消費カロリー、距離)を全て上回る。だがまだまだだ。

2009 04 29 10:03 PM [Chorus, Nordic Walking, 映画・テレビ] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/49428105

この記事へのトラックバック一覧です: 仕上げ・・・にはほど遠い(^_^;):

コメント

コメントを書く