« agosto 2009 | トップページ | octubre 2009 »

2009.09.26

ほねとかわとがはなれるおと

阿辻哲次先生の「漢字の相談室」を読み進めているが、結構気になってしまったのが「砉」という字に関するあれこれである。
※なおこの字はUNICODEでしか表示されないので、ご覧になる環境によっては見れない場合もあるかも知れません。悪しからずご了承ください。
音読みで「けき」、というのも珍しいが、諸橋博士の大漢和辞典の字訓索引では「ほねとかわとがはなれるおと」として紹介されている。
これをもって、「最も長い訓読みを持つ漢字」と呼ばれることもある。

だが、と阿辻先生は書く。
それは訓読みではなく、あくまで字義である。
そもそも大漢和の字訓索引の凡例にも、あてはまる訓読みがないので字義を記したケースが他にもあるらしいことがほのめかされているらしい。
クイズの問題として採用したいのだが、と問い合わせてきたテレビ局の人(お抱えのリサーチャー)には、「問題として成立せえへんからやめとき」とお答えになられたそうである。
良心的だ(^_^;)

学生時代、まだ前の版で、今より一回り小振りだった大漢和辞典にさんざんお世話になったワタシではあるが(サークルの仲間では台湾版などの紙質の悪い海賊版を購入された方も結構多かった。ワタシは古本屋でこれの圧縮版である「広漢和辞典」を購入したが)、この辞典の場合、あんまり字訓索引を使用する機会はなかったような気がする。
もしそういう機会がそこそこあれば、そういうネタには割と鋭敏(^_^;)なワタシなので、20代の頃からそういうつまらん(しかも誤った)トリビアに取り憑かれて、あちこちで吹聴しまくっていたことだろう(^_^;)

Keki試みに、Japanist2003ではどうなっているか、調べてみる(上図参照)
なんと「ホネトカワトガハナレルオト」が訓読みとして採用されている。
Japanist2003、アホである(^_^;)

ところが、これまた試みに、「ほねとかわとがはなれるおと」でググってみると、「これが一番長い訓読み!」と嬉々として(あるいは素直な驚きと共に)紹介してあるサイトが山ほどある。

こんなものは字義なのであるから、もっと長くしようと思えば「ほねとかわとをちからをいれてひきはがすときのおと」にすればよいだけの話だ。
そんなもの、訓読みとは呼ばない。

その伝でいけば、「欺」の訓読みを「そふてっくとうかいによりうんえいされらくてんにしゅってんしているかでんおうこくがおこなったのではないかとされているこうい」としてもよいだろうし、「鶩」と書いて「そのかたちをもしてらばーでつくられてかわもにうかびそれをみるためにがれおんがあししげくかようぐらいらぶりーなみずとりでまがもからじんいてきにつくりだされたかきん」と訓ませてもよいのだ。

そんな中、非常に的確なコメントをつけておられるサイトもあった。 →こちら

阿辻先生以前に、ここで5年も前に結論が出ていたようである(^_^;)

しかし、このネタを扱うとき、みんな決まって「骨と皮が離れるときの音って、どんなんやろ」とか「ゾっとしますね」とか書いているが(きっと、凌遅刑のようなシチュエーションを想像されているのだろう。うー、やだやだ(>_<))、間にある肉の存在を絶対忘れていると思う(^_^;)
骨と皮だけになって、それがくっついていたら、もうそれが離れる音が気味悪いとかいうレベルではなく、その状態が既にアウトなような気がするワタシである(^_^;)

2009 09 26 10:55 PM [ことば, ウェブログ・ココログ関連] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2009.09.24

Yaw rue know a hill

船首揺れ悔悟は丘を知っています←Excite翻訳による和訳

Rubberduck001ということで、仕事帰りに寄ってみました。

Rubberduck002
夜はいろいろ趣向があってよろしい(^_^)
ミストシャワーも涼しげで大変よい(^o^)

Waterscreen噴水、水のスクリーンに映写される幻想的な映像(しかもスクリーンが水なので、映像の向こうが透けて見える)なんかもなかなか楽しい。

ゆっくり楽しんでしまったので、メンドリシオでの世界選手権エリート男子タイムトライアルに開始に間に合わなかった(^_^;)
まぁ録画してるからいいけど。

2009 09 24 11:04 PM [Photograph, Town Walking] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2009.09.17

嗚呼堂々の延長決定

夏はどこへ行った、と言われても、基本的に暑いもんは暑い。
そう感じていたのはワタシだけではなかったようで、本来9月末までで終了予定だったクールビズ期間だが、10月末までに延長となった(^o^)
うれし~い(^o^)

但し、来客時はネクタイ着用でヨロシク、ということのようである。
まぁ今でもネクタイはちゃんと持っていってるけど。

明日は休み(その代わり土日は出勤)なので、ふと思い立って、久しぶりにテンプルバーに立ち寄る。ヒマそうだった(^_^;)
ギネス2パイント+オードブル盛り合わせ。

ヒゲオヤジ^H^H^H^H^Hマスターからラグースのライヴのチラシをもらう。
12月2、3両日が大阪(4日は京都)

ラグース

「サンケイホールやから、終わってから来えへんかなて思てんねんけど、20人ぐらいで来られたらちょっときついわなぁ」とのこと。
但し、今回はプランクトンが関わっていないので、店に来る可能性はちょっと低いかも知れない。ダンサーのおねぃさんたちも疲れてるだろうし。

2009 09 17 11:22 PM [日記・コラム・つぶやき, , 音楽] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2009.09.05

断絶

というより、単に「緩んどった」ぐらいが事態を正確に表現している。
無線LANルータにつながっているLANのコネクタが緩んでいて、おかげでNAS経由で聴いていたカプースチンが突然切れて、以降2日ほどつながらなくなって難儀していたが、原因はとても簡単なことであった(^_^;)

さて、昨日は名古屋出張後にセンチュリーの練習へ。
普段、堂島から緑地公園に行くよりも、名古屋からだと新大阪乗り換えで、却って楽ちんな気がしたりなんかして(^_^;)
とにかく発声練習の最後の方から参加できたのはラッキーだった。

昨日はひたすらラングレ。
チラシができていて、そちらには「ラングレイ」と表記してあった。
"Langlais"・・・どっちが近いのかなぁ(^_^;)

で、松尾先生の指導でラングレの荘厳ミサからキリエをやり、続いてグローリアも、というところで本山先生にバトンタッチ。
個人的にも久しぶりだったが、団としても先週の練習が休みで、その前に一回あって、その前が盆休みだったり、ということで、久しぶりに歌います、という人が多かったようである。
おかげさまでズタボロ(^_^;)

休憩後はグローリアをかなりしっかり目に練習。但し歌詞つけず。
じっくりさらっていくと、特に困難と思われる箇所もそれほどないのだが、テキトーに初見に近い状態で歌うとえらい目に遭う。
無線LANの断絶もえらいことだが、こういう作品でカラダに入りかけていた音楽が初期化されてしまうのも困ったものだ。

最後にサンクトゥスとベネディクトゥスを軽く通して終了。

練習後、江坂でまのちゃんと別れて、単騎"OLD BAR"に突入。
レッドアイ、Dハイシークヮサー、サイドカー、マティーニ、タラモアデューシングルロック、ボウモアシングルロック+生ハムとチェダーチーズのサラダ+新しょうがの天ぷら
軽く・・・のつもりだったのだが(^_^;)

2009 09 05 10:14 PM [Chorus, 日記・コラム・つぶやき, ] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2009.09.01

お片づけ-2009年夏

本日も休んでおりました。

しかしねぇ、金・日・火と1日おきで休むのは、もう一つ休めた気にならんなぁ。やっぱり連休があった方がうれしい気がする。
この辺は年齢とか、若いころからどんな働き方をしてきたかにもよるところがあるので、人それぞれだとは思うが。
小売りの世界は、大雑把に言って休みが少なくて、しかも土日祝日が仕事で、平日を飛び石で休む、みたいな傾向が強いので、連休とか取ると却って疲れる、という人もいる。

さて、自室のベッド脇に読み終えた本や読みかけの本やこれから読むはずの本や、何度も読み返したコミックスや雑誌類、買ったまま袋から出してもいない雑誌、大枚はたいたのにやらなかった通信教育の教材(-_-;)などが堆積し、時に地滑り的崩壊(とは言わない)を繰り返し、逆断層や褶曲を起こし、「ウチの場合は」の内藤さんや、酒井某(本名高相某)のマンションの部屋もかくや、という状況になってきたので、少し片づけようと、緩く決意。

こうなると当然の成り行きで、「おお、こんなところにあったか、○○の第XX巻!」みたいな感じで、発掘された文書の講読に時間を費やすことになり、作業はまことに速やかに停滞する。今さらながらヤンサン休刊は残念なことだった。
取り敢えずラックをもう1本入れた方がよさそうな気がする、という結論を得て、片づいていないけれど、軽く満足する。あかんがな。

2009 09 01 11:12 PM [(-_-;), etc., アニメ・コミック, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック