« diciembre 2009 | トップページ | febrero 2010 »

2010.01.28

特別待合室

昨日帰りがけに大ボスから「明日朝、病院行って来いや」と、なごやんなイントネーションで命ぜられたので、今朝は病院へ。

「ノドの具合が悪くて。風邪っぽいです」
「ではこちらへ・・・」

誘導されたのは「特別待合室」

「お飲み物をお持ちしましょう。何がよろしゅうございますか?」
「お客様、好みの看護士のタイプなどございますでしょうか?」
「若い子もいますよ。それともベテランの接客上手がお好みですか?」
「コスチュームはこちらのカタログからお選びいただけます」
「お時間の方(のほう!)、いかがいたしましょう?」

などと尋ねられるワケではなくて、一応新型インフルの簡易検査を受けて、結果が出るまで隔離させてもらいまっせ、ということらしい。
先客が二人いて、いずれも女性。

しばらく待っていると、年配の看護士さんが来て(タイプではなかったが、チェンジは要求できない)、長い綿棒を鼻腔に突っ込まれ、さらに少し待つと、「3人様ともマイナスです。よかったです」とのこと。

採尿し、検温し、いつもの主治医さんに診てもらう。
「体温は平熱ですね。おしっこもキレイですよ」
ワタシのおしっこはキレイ。

ノドを診てもらう。「う~ん、赤いね」
その後、聴診器。

「んー、風邪でいいでしょう」

なんじゃそら(^_^;)

空気は湿っていたが、それでもノドの具合はあまりよくなってないし、気圧が低いせいか、膝の状態も思わしくない。
昼前に職場に着き、昼食後は何とも慌ただしかった。倒れそう(^o^)

帰路、プロコフィエフの第2交響曲を聴いていたが、茨木までのほんの17~8分、悪夢にうなされた。聴いたタイミングが悪かったとしか言いようがない(^_^;)

2010 01 28 10:00 PM [(-_-;), 意味不明・たわごと, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2010.01.19

抜いて来たった

22ccほど。

年明けすぐぐらいに母が家の中で軽くコケて(^_^;)、それから右脚の付け根が痛い、ということで先週病院に行って、でも骨折は見られなくて、それでもやっぱり痛いので、家の中でずっと杖を突いてます。
次の通院が本日。

今日は休みだったので、ワタシも付いていくことにし、ついでに11月頃からずっと痛かった膝を診てもらうことにしました。

母は再度のレントゲンで前回より少し上の部分を写してもらいましたが、やはり骨には異常はなく、多分打ち身ですね、という結論。
いわゆる「日にち薬」というやつだそうです。

続いてワタシ。
ワタシもレントゲンを撮ってもらって、それを見て先生曰く「変形しとりますなぁ」
う~む、メタボでロコモなちいしゃさん・・・って、シャレでつけた自虐的キャッチフレーズだが、そんまんまホンマモンになりつつあるやないですか(@_@;)

さらに触診で「これ、水か血が溜まってるねぇ。抜いときましょ」
ということで、右膝にプスっと針が入り、ちゅちゅっと水を抜いてもらいました。
それほど痛いものではありません。
「22ccも抜けたで」

つまり、関節が炎症を起こしていた、ということですね(+_+;)
抜いてもらったので回復しました・・・というワケではないけれど、ちょっとは楽になったかな、という程度。難儀やな。

明日からまたしばらくノルディック・出勤グするとしよう(^_^;)
あと、重いカバンを手持ちにしたり肩にかけるのは避けて、荷物を軽くして、メッセンジャーバッグにでも入れて(入れる前に買わねば)担ぐようにしようかと思う。

2010 01 19 06:09 PM [(-_-;), 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2010.01.10

競技かるた

土曜の昼は囲碁・将棋ジャーナルを観て過ごす。
昨日はこれが終わったら、競技かるたの名人戦・クイーン戦の中継だった。
滋賀県の近江神宮にて。

競技かるたの様子はニュースなどでさらっと見かけることはあったが、実際に行われているのを生中継で観たのは初めて。

これがまぁすごい迫力&緊張感。
対戦者が各自25枚ずつ札を置き、合計50枚が並べられる。
自陣の札が取れれば自陣の札は減る。敵陣の札が取れれば自陣の札を相手に一枚送る。こうして自陣の札を先に0にした方が勝ちとなる。

詠まれるのは百人一首だから100首あるワケで、当然詠まれるものの半分は並んでいない。これを「空札」と言う。だけど、決まり字を鍵に札を取りにいくので、ついついお手つき、というのも生まれてしまう。
名人、クイーンを争うような達人になると、最初の子音レベルで手が動くので、一字決まりでも「さ」「す」「せ」などは際どい勝負になる。
局面が進むにつれ、決まり字も絞り込まれて減っていくため、100首のうち何が詠まれて何がまだ詠まれていないのかを記憶し、それによって決まり字を再構成していかねばならない。これは超人的な技量だ。

クイーン戦の第二戦を鑑賞し、ここで楠木早紀永世クイーンの六連覇を確認。
この人、今年成人式なんだよねぇ。若い。大分出身だっけ。
二十歳で永世クイーンですから。渡辺明永世竜王も負けてます(^o^)
挑戦者の吉峰翼六段もすごい粘りを見せてあと2枚まで迫ったのだけど残念。
第二戦では二度ほどジャッジでもめる場面があった。結構緊迫しますね。

同時進行の名人戦(こちらは五番勝負)は第二戦まで挑戦者の三好輝明七段が連勝、西郷直樹永世名人の十二連覇に黄信号が灯ったが、その後三連勝で逆転防衛に成功した由。
Phenomちゃんのセッティングにかかっていたので後半観れなかったが・・・
西郷名人って、今世紀に入ってから一度も名人を譲っていないワケである。これもすごい。

競技としてはややルールやジャッジの面で問題もあるようだが、その迫力と長時間にわたる消耗戦、何より頭脳と瞬発力を求められるところには大変感銘を受けた。

ゲストが元バレーボール選手の益子直美さんって、それはどうやねん・・・と思っていたが、観ているうちに最適のゲストだったかも、と思えてしまった(^_^;)
ブロックみたいな技もあるし、突き指とかもするし・・・(^_^;)

2010 01 10 01:13 AM [日記・コラム・つぶやき, 映画・テレビ] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2010.01.04

VIP受入れ準備

木曜にはおニューPCが届くので、それまでに設置場所などを整備しておかねばならない。
エントロピー全開(そんな表現はないか)なワタシの部屋であるが、ちょうどよい機会なので、PCラック周辺だけでも何とかするかと考えているうちに正月休み(と言っても2日間だが)は終了(+_+;)

取り敢えず、旧ViPタワー(K6-2マシン)を物置部屋に移動してみた。
意外とデカいんだよなぁ、タワー筐体って。
ここしばらくスリムタワーを使ってきていて、会社でもスリムタワーだから、ミドル~フルのタワー筐体のデカさを、お古PCで実感する。

床に直置きはしたくないが、小振りなPCラックなので、キャスター付CPUスタンドなんかを入れてしまうと、足元がめちゃめちゃ狭くなる。
この辺は今度のタワー筐体に合わせて自作した方がよさそう。
それまでは臨時で何かを台にしておくしかあるまい。

次は液晶ディスプレイの横に置いてある[a disk read error occurred]ちゃん(あんまりな名前のような)を撤去しなければならない。
これは内蔵HDDの摘出手術をして、テュートによる応急処置の後、エコノス・クィルで修復作業にあたる・・・ワケはない。
まぁ何か考えてみよう。実行するかどうかは別にして・・・(^_^;)

ホントはPCラックから買い換えたいところだけど、そこまで予算が回らない(^_^;)

2010 01 04 11:54 PM [パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2010.01.01

あけましておめでとうございます。
ことしもよろしくおねがいします。

これを略して「あけおめ、ことよろ」というのが一昔前に流行ったが、こういうのを今使うと、さすがにTwitterで「○○なう」と書くぐらい恥ずかしいような気がする。

では、どう略すか。

「あお、こよ」うん、あるかも。

しかしまだ短くできるぞ。

「あこ」そうだ、短い。

だが、究極の短縮形が残っているではないか。

「あ」

もはや何をどう略したのか、さっぱりわからない。
マイミくさんのハンドルでないことだけは断言しておく。
   ↑この辺、芸細かい

すみません、今年もこんなんですが、あきれずご愛顧賜りますよう、伏してお願い奉り候う所存なりけり、でございます(_ _)

年越し7分前に急に思いついて「火の鳥」の子守唄~フィナーレで、今回もインスタントに年越しプログラムを完遂。昔は10時間ぐらいの年越しプログラムを組んでいたものだが・・・
ちなみにヱビス飲み飲み、ツール最終ステージ再放送を眺めながら、でございました(^_^)

2010 01 01 12:38 AM [ahorism, twitter, ことば, 意味不明・たわごと] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック