« ちれ | トップページ | 決勝進出 »

2010.02.28

初ジュリアンの記

ジュリアンと言っても、鯖乃海は関係ない…はず。

合唱団のピアノの市川先生が、高校の同級生のばよりんの方とライブをされるというので、職場を限りなく定時に近いタイミングで飛び出し、北新地~尼崎~三ノ宮と移動し、開演前に何とかピアジュリアン到着。
ryu-ryuさんに手招きされて隣の席に。

聴きに行ったライヴは内藤ルミ子さんと市川奈巳先生のデュオ。
内藤さんは宝塚歌劇団オーケストラに在籍されていたことがあるそうである。
お二人は神戸高校の同級生で、その関係もあって、神戸高校方面のお客さんが大半を占めていたような印象を受けた。

席についてから、「そうだ、キルティングのジャケットをかけておこう」と、入口近くにジャケットをかけに行ったら、ちょんちょん・・・と肩をつつかれた。
振り返ると、おそでやぁ・・・

・・・ではなく、市川先生であった(^_^;)
「あ、楽しみにしてます。わーい」

で、床柱を背にドーン・・・

・・・ではなく、席に戻って南アフリカの赤ワインをちびちびやりつつ開演を待つ。
Pap_0538

第一部のプログラムはこんな感じ(結構うろ覚え。間違いがあればご指摘を・・・)

ドルドラ 思い出
エルガー 愛のあいさつ
ヘンデル ソナタ
レスピーギ ヴァイオリンソナタ ロ短調より第一楽章
モンティ チャールダッシュ

市川先生のピアノは安定してるなぁ(^_^)
でも内藤さん、さすがにうまい。
それぞれに彩りの全くことなる曲目を、見事に演じ分けておられる。
中でもレスピーギは逸品。
ryu-ryuさんに、「今日帰ったらかなりマズイですわ。絶対iTSでレスピーギを探してダウンロードしてると思う・・・」と語ったが、事実その通りになった(^_^;)

中休憩でピッツァ・マルゲリータとワインのおかわりを注文。
ワイン、なかなかおいしかったのでボトルで頼めばよかったかも(^_^;)
途中で市川先生が席まで来られる。
ryu-ryuさんのお隣で和服をお召しになっていたのは市川先生のお母様であった。

第二部はこんな感じ。

ドビュシィ 月の光(市川さんソロ)
マスネ タイスの瞑想曲
ラヴェル ハバネラ形式の小品
シューマン ヴァイオリンソナタ第1番
佐藤允彦 ショーロ・インディゴ(ちょっとうろ覚え。別の曲だったかも)

まず市川先生が独りで現れ、おもむろに月の光で開演。
ワタシはトンプソン編の簡略版でしかこの曲を弾いたことはないが(^_^;)、改めて聴くと、様々な創意と工夫に満ちた曲だなぁ、と思う。

第二部のメインはシューマン。
今年生誕200周年ということで、あちこちで演奏の機会に恵まれそうだが、晩年に近い頃に作られたヴァイオリンソナタにももっと光が当たってほしいものである。
個人的には第2番の方が好きなんだが、第1番も実にシューマンらしい、そしてこの頃のシューマンの精神状態を映した、何ともユニークな作品であると思う。

こういう曲を選ばれたところに大変な意欲を感じたし、その思いが伝わってくる演奏だった。聴く方もすごく力が入った。

アンコール

ピアソラ リベルタンゴ
ドルドラ 思い出

アンゴールは内藤さんのピッツィカートで始まり、その音とリズムですぐにリベルタンゴだとわかってしまった(^_^;)
これは内藤さんの趣味なのか、二人の好みなのか、モンティとか古澤巌とかピアソラとか、結構「濃ゆい」曲がいい塩梅で、楽しく聴けた(^_^)
最後は「遅れて来られた方もおられるので」と第一部の最初にやったドルドラを再演。まぁそういう曲でもあるし、うれしい心遣いであろう。

終わってからまた回ってこられた市川先生に「シューマン好きなんです。よかったです」とお伝えして、「また金曜日に」「次はメンデルスゾーンで」と挨拶を交わして店を後にする。

帰りの電車の車内で、余韻を楽しむかのように、クレーメル&アルゲリッチによるシューマンを聴いていたのは内緒である。

初ピアジュリアンの印象としては

・窓からの借景がOPAで、すごいけどちょっと残念(^_^;)
・意外と広い
・グランドピアノがちっちゃいけど、却ってよいバランス
・響きはまぁまぁ
・お酒の種類が結構いろいろあって楽しい
・料理はワタシにはちょっと少なめ(^_^;)

しかし、ロケーションと言い、雰囲気と言い、こんな店が近くにあったら、金がかかってしゃあないな、と思う(^_^;)
これでもっと気軽に立ち寄れるところにあったら、通いつめますよ。
まぁこの日は土曜日で、定時ピッタリに出れたので間に合ったけど。
神戸方面の方々がうらやましい・・・(^_^)

2010 02 28 10:11 PM [日記・コラム・つぶやき, 音楽, 飲食] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/49504762

この記事へのトラックバック一覧です: 初ジュリアンの記:

コメント

コメントを書く