« febrero 2010 | トップページ | abril 2010 »

2010.03.25

リリ

と言っても、「私は泣いています」ではないし、フルーツの缶詰とも関係ない。
音楽の話を書こうとしているが、リリー・クラウスの出番ではない。

ゆうべ、ふと思い立ってナディア・ブーランジェのことを少し調べていたら、彼女の、24歳で夭逝した妹の話が出てきて、ふ~ん・・・と思いながら読んでいるうちに、突如として興味が湧いてしまったワケなのである。
ナディアはこの6歳年下の妹の才能を信じ、その才能が開花するよう、全面的にサポートするのである。
その妹の名前が「リリ」

ナディアが何度挑んでも、ついに第一等には手が届かなかったローマ賞(1908年には次席)に、妹リリは女性として初の第一等を勝ち得ている。

姉妹の父親、エルネストも、実は1835年にローマ賞で第一等を勝ち得ている。父方の祖父母も音楽家、母親は父の門下生であった訳で、この姉妹に音楽家の血は濃厚に受け継がれていた、と言えば言えるかも知れない。

1893年生まれのリリ・ブーランジェは、生まれつき内臓系の欠陥を抱えていたようで、短命が予告されていたそうである。
しかし、2歳にして早くも音楽の才能を表し、姉が10歳でパリ音楽院に入学したときから(つまり、リリが4歳のときから)姉にくっついて音楽院にもぐり込み、音楽の素養を深めていったという。

実際にリリが音楽院に入学したのはかなり後のことだが、家族がそのまんま音楽院みたいな環境であるのに加えて、そこにふらっとやってくるのがフォーレであったりする訳だから、音楽院に入学した頃には、既に彼女の音楽的な能力はすっかり成熟していたと考えてよいのだろう。
その証拠に、入学してわずか1年ほどで、カンタータ「ファウストとエレーヌ」によりローマ賞を勝ち得ている。姉が次席まで辿り着くのに、音楽院入学から10年の歳月を要したのとは対照的である。

そんな訳で、ふと思い立ったナディアへの興味が、あっと言う間にリリに取って代わり、昨夜は寝る前にiTSでLili Boulangerを検索して、出てきたアルバムから1枚(Marco Poloから出ているもの)を選んでダウンロード、寝る前に聴いて、さらに今日の仕事の行き帰りにも聴いて、瞬く間に虜になった、という、そんな話である(^_^;)

幼い頃に年老いた父親を失い、父親代わりではないけれど、それに近い立場にあったフォーレの影響は疑うべくもないが、それでありながらドビュッシィやラヴェルにも通じる、というより、彼らをも突き抜けたところにあるような、透徹した響きを持った音楽は、何ともユニークである。

中でも、絶筆となった「Pie Jesu」の素晴らしさは筆舌に尽くしがたい。
「Pie Jesu」というと、フォーレやデュリュフレ、あるいはロイド=ウェッバーなどに名作があるけれど、リリ・ブーランジェの「Pie Jesu」は、信じがたいほど図抜けた存在であるように感じる。
死の床で、口述筆記で残された作品である。

その後に収録されている「Lux Aeterna」も秀逸。

リリが24歳で(生後すぐに予告されたように)早世した後、姉ナディアは作曲の筆を折り、指揮や音楽教育の道に進む。

しかし何なんでしょうねぇ・・・
ジュリアン・スクリアビン(11歳で船の転覆事故のため死亡)だとかスタンチンスキー(26歳で謎の溺死)だとかカルウォーヴィチ(32歳でスキー中に雪崩のため遭難死)だとか・・・19世紀末から20世紀初頭にかけて、短い生涯を駆け抜けた作曲家の作品ばかり、最近聴いているような気がする(^_^;)
立原道造の詩につけた作品を歌った後遺症であろうか(^_^;)

斉諧生氏による紹介文

今夜も別のアルバムをダウンロードしてみようかと思っている。
う~ん、タイユフェールのリッピングがまだなのだが・・・(^_^;)

2010 03 25 11:29 PM [music with iPod, 日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2010.03.23

ノクターン

仕事の行き帰りだけに連続して聴いているので、なかなか終わらないサンソン・フランソワのショパンも、いよいよノクターン。
これが終わればプレリュードでおしまいである。最後に前奏曲(=_=;)

日本人はショパン好きと言われるが、ショパンで真っ先に思い浮かべる作品として、作品9の2、変ホ長調のノクターンを挙げる人は結構いるだろうと思う。
あまりに人口に膾炙しすぎて、なんというか陳腐化してしまった印象のある作品だが、これ一曲でノクターン全部に背を向けるのは実に惜しい。

ワタシもショパンの代表作、あるいは傑作と考えているのはソナタの3番とか幻想ポロネーズとかバラードの4番とかであるけれど、その一方で、ショパン以外の誰のものでもない、ショパンの「つぶやき」のような作品としては、マズルカやノクターンがそれにあたるのではないかな、と思っている。

ショパンのマズルカは、それこそ若いころから死の直前まで、濃淡はあれど、満遍なく書かれたもので、「彼にとっての日記のようなものだ」と表現している人もいる。
作品59の3つのマズルカや、死の床で書いたと言われる作品68の4の幽玄な世界などは、マズルカの領域を大幅に拡張したものと言ってよいだろうけど。

それに対してノクターンは、舞曲という形式からも自由になって、彼の心象風景を描いた絵画のようでもある。
ただ、「ノクターン」の名から想像されるようなゆるやかで、ひそやかなものだけでなく、作品48のc-mollのノクターンのように、バラードか幻想曲と言いたくなるような激しく、また雄大な作品もあるのが興味深い。

普段ダン・タイ・ソンのよく整えられた演奏でこの作品と接しているが、フランソワの演奏も実に味わい深い。
ここでもやはり作品番号でいうと50番台、60番台というところの作品の、自由気まま(に見えて、実に計算され尽くした)転調の妙が、背筋に心地よい電気を流してくれる感じである。
シューベルトもだが、ショパンの転調には、軽く電気にしびれるような、独特の味わいがある。

2010 03 23 11:58 PM [music with iPod, 日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2010.03.17

4.5パイント

Pap_0541
今年のSt.Patrick's Dayも波瀾万丈のうちに終了。
今、現在、ただいま帰宅中の真っ只中の最中な鵜m(_ _)m
酔っとるな。

Pap_0544本日のトピックス。
キンドル、ヤバすぎ。
iPad、いらねm(_ _)m

2010 03 17 11:40 PM [Photograph, グッズ, 意味不明・たわごと, 日記・コラム・つぶやき, , 集い, AV・デジタル家電] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2010.03.11

テンvsトキ、ラッコvsウニ

「うる星やつら」と「北斗の拳」がクロスしているワケではないが、一瞬そういう絵が浮かんでしまうのはダメですか、そうですか。

クーちゃんでおなじみのラッコであるが、ウニ、カニが好物で、1日に6~10kgも食べるんだそうである。おかげでエゾバフンウニ約3トンが食い荒らされ、判明しているだけでも500万円ほどの被害になっているとか。

エゾバフンウニ:ラッコに3トン食べられて壊滅状態 根室
記事はこちらかも

ラッコは、千島列島を経てコマンドルスキー諸島、アリューシャン列島、アラスカ、カリフォルニア州中部沿岸あたりまでに生息している。
オホーツク文化の担い手たちも、彼らの姿を親しく見ていたのであろう。
髙田屋嘉兵衛もきっと見ていたに違いない。

このラッコ、トキを襲撃したリュウガ・・・ではなくてテンと同じくイタチの仲間である。
イタチ科カワウソ亜科ラッコ属
イタチ科イタチ亜科テン属

イタチ科の上位分類はイタチ上科で、レッサーパンダなんかも含まれる。
その上はクマ下目で、含まれる上科としてはクマ、鰭脚類(アシカ上科、アザラシ上科)なんてとこがある。
その上はイヌ亜目で、その上はネコ目(食肉目)である。

ネコ目イヌ亜目クマ下目イタチ上科イタチ科カワウソ亜科ラッコ属
ネコ目イヌ亜目クマ下目イタチ上科イタチ科イタチ亜科テン属

ネコ目の上は省略(^_^;)

クジラ県カツヲ市サンマ区メダカ町・・・に通じるものがある(<ない)
そうそう、4月の頭に行きますから>カツヲ市

つまるところ、イタチの仲間のチンピラが世間を騒がせているが、クマ若頭補佐、イヌ若頭、ネコ組長あたりの責任はいかに、という話である(<違う)

残業、残業、宴会、ついでにパリ~ニース、と続いていて寝不足なので頭が寝ていて、オチをつけることもできない。寝た方がよいですか、そうですね(_ _)

2010 03 11 11:36 PM [etc., ニュース, 意味不明・たわごと, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2010.03.09

先発~抑え

昨日と同じ並びだったので、何となくそんな気が・・・

先発・ソラブジ(Kaikhosru Shapurji Sorabji)
抑え・スタンチンスキー(Alexei Vladimirovich Stanchinsky)

ソラブジは「超絶技巧百番練習曲」であるが、全部聴くと7時間以上かかるらしい。
そもそも録音してる人が皆無に近く、完結もしていない(^_^;)
取り敢えず発売されているフレデリク・ウッレーンの演奏による1番から25番と26番から43番までの2枚を聴いているけれど、これだけでも当分は楽しめそうだ(^_^)
完結すると6枚組になるらしい。

ならば、5枚で完結している「オプス・クラヴィチェンバリスティクム」の方が短いってことか。こっちもiTSでダウンロードできてしまうところが恵まれた時代ではある。
今晩あたり、かなりヤバい気がする(^_^;)

スタンチンスキーは去年からぽちぽちと聴いてはいるのだが、まとめてしっかり聴くようになったのは最近のことである。
26歳で謎の溺死を遂げた早世の作曲家であるが、せめてその倍ぐらいの時間が彼に与えられていたら・・・と思わせる才能の持ち主である。

しかし、そのスタンチンスキーの26年の生涯の、その半分にも満たない11年の生の中で、驚嘆すべき音楽を作り始めていたのが、ジュリアン・スクリアビンである。
ナクソスから出ている父の前奏曲集の2枚目の最後に、彼の作品が4曲収められてるが、何も知らされていなかったら、父・アレクサンドルの晩年の遺稿である、と思ってしまうかも知れない。

スタンチンスキーは溺死であったが、ジュリアンは船の転覆事故に遭い、ドニエプル川にその命を散らした。

ちなみに、ソラブジは、スタンチンスキーとジュリアンの寿命を足して、倍にしてもはるかに届かないぐらい長命であった(^_^;)

2010 03 09 11:35 PM [music with iPod] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2010.03.08

パリ~ニース2010開幕

番組中に読むかも知れないので、質問はTwitterで、ハッシュタグ#jspocycleをつけて、とのことだが、意外と思い浮かばないものである(^_^;)
解説の砂田さん、実況のSaschaが実況ブースでノートPCを広げている様子も写真で紹介されていたが、だれが千原ジュニアの役をやるのだろう?(^_^;)

・・・なんか間違ったこと書いてる?(^_^;)

きっとそのうち「DM御礼Twitter大喜利」に変わるんじゃないかなぁ・・・と、関係ないことを思い出した次第である(_ _;)

実はゆうべかなり夜更かしして、しかも今日は昼寝もしなかったので、既にいっぱいいっぱいである。録画してるからもう寝てしまおう(^_^;)

うっかりネコ裁判のブログを最初から読み始めたのが失敗だった(^_^;)

を、我らがエウスカルテルの期待の若手・シカール君がスタートした!
一発かましたれ!(^o^)

2010 03 08 12:05 AM [Cycle, twitter, 意味不明・たわごと, 日記・コラム・つぶやき, ] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2010.03.07

決勝進出

NHK杯準決勝第一局は渡辺竜王vs糸谷五段。
ここまで永世名人を二人倒してきている糸谷五段、今日の相手は来期A級昇級を決めている永世竜王、だったのだが・・・

後手一手損角換わりから、いつものようにテンポよく(それでも多少は慎重に)指し進めて、はっ・・・と気づくと竜王が何もできないまま追い詰められてしまった(@_@;)

「渡辺竜王も苦しい局面から逆転とか、修羅場をいくつもくぐってますし・・・」という司会の矢内女王の言葉も空しく、そのままなすすべなく寄せきられてしまった。

手数こそ100手だが、終局時刻は11:18。
そうか、それで今日の放映時間は11:40までだったのか・・・

これで永世名人2人と永世竜王を倒しての決勝進出である。
某’君、ホメてやってね(^_^)

2010 03 07 11:40 AM [将棋] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック