« パリ~ニース2010開幕 | トップページ | テンvsトキ、ラッコvsウニ »

2010.03.09

先発~抑え

昨日と同じ並びだったので、何となくそんな気が・・・

先発・ソラブジ(Kaikhosru Shapurji Sorabji)
抑え・スタンチンスキー(Alexei Vladimirovich Stanchinsky)

ソラブジは「超絶技巧百番練習曲」であるが、全部聴くと7時間以上かかるらしい。
そもそも録音してる人が皆無に近く、完結もしていない(^_^;)
取り敢えず発売されているフレデリク・ウッレーンの演奏による1番から25番と26番から43番までの2枚を聴いているけれど、これだけでも当分は楽しめそうだ(^_^)
完結すると6枚組になるらしい。

ならば、5枚で完結している「オプス・クラヴィチェンバリスティクム」の方が短いってことか。こっちもiTSでダウンロードできてしまうところが恵まれた時代ではある。
今晩あたり、かなりヤバい気がする(^_^;)

スタンチンスキーは去年からぽちぽちと聴いてはいるのだが、まとめてしっかり聴くようになったのは最近のことである。
26歳で謎の溺死を遂げた早世の作曲家であるが、せめてその倍ぐらいの時間が彼に与えられていたら・・・と思わせる才能の持ち主である。

しかし、そのスタンチンスキーの26年の生涯の、その半分にも満たない11年の生の中で、驚嘆すべき音楽を作り始めていたのが、ジュリアン・スクリアビンである。
ナクソスから出ている父の前奏曲集の2枚目の最後に、彼の作品が4曲収められてるが、何も知らされていなかったら、父・アレクサンドルの晩年の遺稿である、と思ってしまうかも知れない。

スタンチンスキーは溺死であったが、ジュリアンは船の転覆事故に遭い、ドニエプル川にその命を散らした。

ちなみに、ソラブジは、スタンチンスキーとジュリアンの寿命を足して、倍にしてもはるかに届かないぐらい長命であった(^_^;)

2010 03 09 11:35 PM [music with iPod] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/49504855

この記事へのトラックバック一覧です: 先発~抑え:

コメント

コメントを書く