« marzo 2010 | トップページ | mayo 2010 »

2010.04.28

祭の跡

昼飯を兼ねて、仕事絡みで某銀行の某支店へ。

あらかじめネットの地図で場所は確認してあったのだが、それがあるであろうビルの麓(とは言わんか)に行っても、ATMコーナーがあるだけで、大手都銀の都心部の支店らしい趣がない。

ビルの周囲をグルッとひと歩きしてみたが、やはりそれらしくないなぁ…と思ったときに、都心部の支店って、ビルの上層階だったりするかも…と思い立ち、テナントの一覧が記されているプレートを見ると、やはり14階なんかに入居している(^_^;)

まぁ、地図で確認したときにフロアまでみてなかったワタシに責はあるが(-_-;)

Pap_0599で、14階まで上がって、先に手水でも…と思ったら、ここが絶景ポイント。
「をを…」と思って撮影したのが、フェスティバルホール解体後の、今の有様。
こっからツインタワーが生えてくるらしい。

2010 04 28 11:39 PM [etc., Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2010.04.24

10枚組1417円

水曜日に購入したハイフェッツの演奏を集めたCD-BOXの価格。
今夜にでもリッピングする予定。

昨年、モーツァルト全集170枚組+1CD-ROMを9990円で購入して以来、この程度の価格にはもはや驚きも何もなくなってしまって、「ナクソスって高いよねぇ」と言うようになっているのが実情であるが、ついつい職場柄、「生CD-Rより安いかも」などと同僚に話してしまって、「はて、イマドキのメディアの価格はいくらぐらいなのか?」と気になって、週末の折込チラシを眺めてみる今日のワタクシ(<文章が長いゾ!)

すると、イマドキ、10枚で1400円以上するようなメディアはDVD-RでもDL(8.5GB)とか、BDぐらいになっていて、並DVD-RやCD-Rなんかはますます価格低下が著しい。
国内メーカー製CD-Rでも50枚980円なんてザラである。
最近自分で買うのはBD-R DLが大半なので、こんなに値崩れしてるとは知らなかった。

そんなことを考えると、ソニーがFDの国内販売から撤退する、と発表したのも、まぁ時代の流れなんだろうなぁ。

ソニー:FDの国内販売、来春終了
記事はこちら

仕事ではまだFDを使う場面が若干あるので、完全になくなっちゃうのはちょと困るなぁ。まぁ何か代替品でもやりとりできればよいけれど。

FDはこうして衰滅の道を歩んでいるかのようだが、意外としぶといのがカセットテープ(コンパクトカセット)であろう。

扱うデータ量がかつてに比べてどんどん巨大化していったり、原材料の高騰によってその役目を終えつつあるFDと異なり、こちらは扱うデータ量は昔と比べてあんまり変わりはないし、取扱いの手軽さゆえに、高齢者を中心に、今も根強い需要がある、ということのようだ。

AMの深夜放送やFMの音楽番組のエアチェックを盛んにやっていた学生時代からMD普及期、要するに1970年代後半から1990年頃まで、いかに安く、しかも適正なレベルかつ長さのカセットテープを入手するかに血道をあげていたのが懐かしく思い出される(^_^;)

カセットテープに録音したものをデジタル化する方法やツールについての話題もなかなか盛んである。やはり、過去の遺産を何とかしたい、と考えている人は多いのだろう。

確かに何とかしたい・・・というものもあるけど、今でもまともな音が出るのか、それを確かめるのが不安というか、怖いというか・・・(^_^;)

2010 04 24 11:39 PM [music with iPod, グッズ, パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき, AV・デジタル家電] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2010.04.20

あと二日で開通

Pap_0593多分毎日会館南館が取り壊される前あたりに塞がれただろうから、かれこれ・・・う~ん、15年かそこらぶりになるのだろうか。

Pap_0594その南館跡地に建設されていた「ホテル・エルセラーン大阪」が、いよいよあと二日でオープンする、とのことである。
南館が取り壊されてから、しばらくは駐車場として使われていたが、ここの地下も塞がってしまったため、堂島地下センターから堂島アバンザ地下を通って、ワタシの勤務する堂島グランドビルへの地下通路が途絶してしまっていたのである。

昔はドーチカから毎日会館北館地下(ここには喫茶「オリオンズ」や「インデアンカレー」が入居していた。「インデアンカレー」はアバンザ地下でも健在)に入り、そこから南館地下(現在アバンザ地下に入っている「鶴のす」や、近隣に移転した紅茶専門店「ムジカ」が入居していた)を経て、堂島グランドビル地下に通じており、現在も健在のちゃんこ屋「志可゛(しが)」まで行って、地上に出る、というルートが存在していたのである。

ワタシが15年ぶりで堂島に通うことになってから、ここがつながってないのがとても不便で、いろいろとぶーたれていたものであるが、それが明後日にようやく「再接続」する(^_^)
つながった先はホテル・エルセラーン大阪の地下で、ここもレストラン街になるらしいので、いろいろと探索してみたいところである。まぁホテルの地下なんで、それほどお安くはないような気もするが。

ホテル地下を通ってアバンザ地下に行ける、というのも便利である。
ただ、以前からの難点であった「ドーチカと近隣ビルの地下の高低差」は解消されていない。ドーチカが若干深いのである。

ドーチカからアバンザやホテルの地下に行くためには、少し階段を上らねばならない。足腰の弱ってる方や車椅子の方、荷物の多い方なんかは、アバンザとホテルの接点近くにあるエレベーターを利用するしかないが、エスカレーターは現時点では設置されていない。
四つ橋筋の反対側の近鉄堂島ビル側にはエスカレーターが設置されているのと比べると、ちょっと不親切な気はする。
特にホテルなんかはキャリーカートを転がしてくる客も多いだろうから、何とかならなかったのかな・・・なんて思うが、エレベーターがあるから十分、ということなのだろうか。

2010 04 20 11:49 PM [etc., Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2010.04.14

上海の女

あ、饅頭の話ではありません(^_^;)

今、山口淑子の「李香蘭 私の半生」を読んでいる。
本当は「マヌエラ」こと和田妙子の「上海ラプソディー」を買いたかったのだが、これって今もう絶版なのかな。
和田さんは3年前に95歳で大往生されているが、8歳年下の山口淑子さんは90歳でご健在。
共に戦前の上海で活躍されている。

ほんとは林京子の「上海・ミッシェルの口紅」も入手したかったのだが、こちらも絶版っぽい。文庫本なのに、Amazonでは3000円以上の値がついている。
仕方がないので「上海ラプソディー」はマーケットプレイスでポチ。
金曜日か土曜日に届きそうである。

なんで急にそういう人たちのことが気になったかというと、最近読んだばかりの「上海・多国籍都市の百年」(中公新書:榎本泰子著)の中で言及されていたのがきっかけである。
ともあれ、イギリスが租界を設けて以降の上海は、いろいろと面白い。
世界の縮図、というか、世界の喜怒哀楽や真善美と偽悪醜、貧富といったものを濃縮したかのような時空、それが当時の上海なのかも知れない。
う~む、若干「蒼天の拳」の読み過ぎの気もなきにしもあらず(_ _)
あ、でも結構そんなもんだったようでもある(^_^;)

上掲書でもロシア人やユダヤ人の難民たちが上海の音楽界の発展に果たした役割などが触れられているが、著者の榎本さんには、「楽人の都・上海―近代中国における西洋音楽の受容」とか「上海オーケストラ物語―西洋人音楽家たちの夢」なんていう著書もあって、これらも読んでみたいもんである。
そういえば、「耳が4つの作曲家」こと聶耳について書かれた箇所も出色だったが、「義勇軍行進曲」に関する論文も書かれているらしい。

それはそうと、榎本さんって、意外と若いなぁ・・・

・・・っていうか、万博・・・行きたいなぁ・・・(^_^;)

2010 04 14 11:19 PM [Book List, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2010.04.10

昨夜の練習と今後の課題

17時過ぎに家を出て、緑地公園へ。
日が長くなってきたので、夕方から出かけるときも、気分は悪くない。
練習場に着いてもまだ練習が始まっていない、というのも気分がよい(^_^;)
今日は合奏室での練習。ピアノは市川さん。個人的には久しぶり(^_^;)
休憩時間に先日(と言っても1ヶ月以上も前(^_^;))のピア・ジュリアンライヴ来場の御礼を受ける。また次の機会もぜひ(^_^)

今日は松尾先生が担当で、5番→8番→2番の順で練習。
後半は本山先生が担当されて、同じ順番で同じ曲を練習。

結構心配だった8番であるが、割とまとも、というか、ほぼ許容範囲内に収まるようになってきた・・・と思う(^_^;)
依然として一番神経を使う曲ではあるのだが、本番1ヶ月前の時点で、まぁ何とかなるかな、という感触を持てたのは大きい。

2番に関しては慣れてきて乱暴に歌ってしまうのを慎む、というのが大事であろう(^_^;)
アクセントや単語の重みを意識して練習を重ね、最終的には意識しなくても適切に歌えるようにならねば、と思うが、あと一息という感じ。

練習後はいつものように、単騎、江坂の「OLD BAR」へ。
カウンター席はほどほどの入りだが、奥と手前のテーブル席がやたらと盛り上がっている。特に奥のテーブルに、全力でしゃべったり、それに対して不必要に手をバンバン叩いてウケる、というはた迷惑な客・・・見るとオッサンだったが(^_^;)・・・がいたりして、やかましい(=_=;)
金曜の夜以外はBGMのジャズヴォーカルがしみ入るような、渋い店なのだが、金曜の夜は毎度こんな感じである(^_^;)

レッドアイ、リップスティック、ウォッカ・マティーニ、ドライ・マンハッタン、スキャパ12年シングルストレート+春キャベツと生サラミのオムレツサラダ、新玉オニオンリングフライ。
サントリーのサイトではスキャパは14年を取り扱ってるようだけど、確かメニューには12年とあったような気が・・・
スキャパのピート香は麦芽ではなくて醸造用の水が由来らしい。美味でした(^_^)

帰りは茨木駅から自宅まで徒歩で。BGMはリゲティ(^_^;)

さて、スカパーのHD化は完了したけれど、それをHD画質のまま録画するためには、対応している機器が必要である。
ウチのBD-HDW22では対応していない(LAN対応ではあるのだが)
新しいBD/HDDレコーダーというのも要検討だが、ちと高い。
スカパーHD対応のNASで録画して、Phenomちゃんで焼く方が安上がりだなぁ・・・(^_^;)

2010 04 10 05:32 PM [Chorus, music with iPod, 日記・コラム・つぶやき, , 音楽, 飲食] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2010.04.09

HD化完了

日曜に届いていたスカパーHDのチューナー、本日ようやく設置。

古いSDチューナー(ディレクTVからの救済移行の際に無償配布されたソニーのDST-MS9という、実はなかなか個性的なチューナー)を外し、代わりにHDチューナーを設置する。
HDMIでテレビとつなぐだけなので、かなり簡単。
現在、アトレティコvsバレンシアのUELのQF-2をHVで観戦中(^_^)

これを機に、契約していたパック、チャンネルを少し見直した。
SD時代には「よくばりパック」を契約していたのだが、今回は「えらべる15HD」に変更。
67chあっても一生観ないチャンネル(地球環境破壊チャンネルとか)もあるのだし、正直なところ15chでも「何を残すか」ではなく「何を選ぶか」で悩むぐらい、観るチャンネルは限られている。
でも、単品のチャンネルごとに契約すると高くつくので、「えらべる15HD」ぐらいがほどよい、という感じである。

これと「Jリーグ&欧州サッカーセット+HD」、「J sports1,2&Plus HD」で、サッカーも自転車ロードレースもほぼ万全である(wowowは観れないが)
単品でGaoraと囲碁将棋チャンネルも契約したので、結構充実した感じだが、月々の契約料はかなり高くなった(^_^;)
やっぱりクラシカは高いから見送り・・・(_ _)
まぁGaora+囲碁将棋チャンネルとクラシカを隔月交替で契約して・・・という手もない訳ではないんだけど、めんどくさくて、絶対どこかで契約切り換えを忘れるに決まっている(^_^;)

さて、ぼちぼち準備をして練習に行くとしよう(^_^)

2010 04 09 04:22 PM [日記・コラム・つぶやき, 映画・テレビ] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2010.04.05

たきしめないで

私の憧れ

・・・ではないのだが(そもそも元ネタを全く知らん)

喫煙を厭う傾向というものが大変広範に拡がりを見せていて、それはそれで大変よいことだと思うのだけど(やにーずであるところのマイミクの方々、悪いっすね)、そのために狭い喫煙室に押し込められた喫煙者が、見事に焚き染められて席に戻ってくるものだから、そこそこ離れていても「むむっ!(@_@;)」と感じるほど、まぁ何ともいわく言い難い異臭で全身を覆っておられていて、まことに困る(^_^;)

昔、ここまで禁煙・分煙が進んでいなかった頃は、たとえ紫煙たゆたうパチンコホールに終日いても(いや、いたんですよ、仕事ですから)、こんな異臭に包囲されるというほどのことはなかったように思う。
むしろ、目が痛い、とか、ノドがイガイガする、とか、そういう方面の被害の方が勝っていたように思うのだが・・・
まぁでも髪の毛に異臭がこもる、というのはあったな(=_=;)

昔と今のタバコの成分の違いのせいなのか、と思ったりもしたが(それもあるのかも知れない)、これはやはり狭いところで高濃度の副流煙を浴び続け、また自らも吸引していることで、異臭が、体の外に染みつき、身の内にため込まれているからなのだろうな、と感じる(確信はないが)

・・・というようなことを、実はここ5年余り、ぼんやり考えてはいたのであった。

2010 04 05 11:46 PM [(-_-;), 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2010.04.04

名古屋めし三昧

・・・というには、味噌煮込みを食ってないなぁ、そう言えば今回も「味仙」には行けずじまい、もちろん「マウンテン」は避けて通ってるし・・・などの課題を残しつつ、初日の昼に矢場とん、夜に世界の山ちゃん、そして二日目はお手軽にエスカで朝はあんかけスパ、昼はひつまぶしを制覇してきたのであった。
えーと、出張だったんだよね>ぢぶん

矢場とん後、コメダを断念してあおなみ線で荒子川公園へ。
某社に行き、15:30から40分ほど、新入社員を相手に蕪の話。千枚漬けもよいが、煮物、蒸し物、炒め物など、食材としての使い道は大変幅広い。春の七草で「すずな」と言えば蕪のことである。
時間が足りなくなったのでドルコスト平均法の話は端折る(_ _)

Pap_0561某社を出ると、そこは荒子川公園の千本桜。

そこを抜けて駅に着き、今度は荒子駅で下車。
この駅はJRの貨物コンテナ基地に隣接している。

Pap_0569西側の改札から出て、少し南に戻ると中川図書館と同居している中川文化小劇場。

この夜は、ここでマイミク・ふろりさんが所属されている名古屋ビクトリア合唱団の第6回定期演奏会が行われる。

開場には少し早いかなぁ、と思いつつ、3Fのホールに行くと、既に前倒しで開場されていたので入場し、狭いロビーの椅子にかけて福ちゃんからの連絡を待つ。

開場して少し経ってから福ちゃんがCHIFFON氏と共に登場(^_^)
3人並んで、真ん中辺の下手寄りの席に収まる。
なかなかよさげなホールである。

プログラムは前半がビクトリア、ジョスカン、モンテヴェルディ、バーバー、後半は上田真樹、鈴木憲夫、予定調和(押し売りとも言う)のアンコールが高田三郎、鈴木憲夫、ビクトリア。

前回は教会コンサートだったので、響きの点で苦しい面もあったが、今回は、ふろりさん曰く「良い音も悪い音も全部届いてしまう」という、ちょっと怖いホールだったようである。
個人的に、ジョスカンで「うわぁ・・・」となってしまった・・・と、深夜の二次会でふろりさんに告白したら、「そうなの、あれはダメなの」といわゆる「禿同」されてしまった(^_^;)

年末同様長い長い演奏会だったが、それでも2時間半で済んだので、「いつもに比べれば短くてよかった」というのが福ちゃんの感想(^_^;)
ちょっと膝と背中が痛くなった(^_^;)
そうそう、上田真樹さんが来場されてました(我々の席と同じ列の一つ隣のブロックで聴いておられました)
当間先生にいきなり舞台上に呼び出されて、何かしゃべれ、と言われて大変困惑されていたのが印象的だった(^_^;)

Pap_0575演奏会後、ロビーでふろりさんの出待ちをして、それから3人で名古屋駅に移動。福ちゃんは途中でTachanと連絡を取りつつ、JR名古屋駅コンコースをつっきって桜通口に出て、名鉄ビル群の脇を通り、ドラゴンズモードのナナちゃん(下の写真参照)の足元(脚下?)を通り、

Pap_0576モード学園のねじれたビル(下の写真参照)を横目にワタシの投宿先であるダイワロイネットホテルへ。
ここでワタシがチェックインして、飲み会には不要な品を部屋に置いて、再びフロントに戻ってくると、Tachanが到着していた(^_^)

Pap_05704人で近隣を少し迷いつつ「世界の山ちゃん笹島店」へ。
幸い並ばずに入店でき、ここで手羽先三昧(^_^)

なごやんな皆さんの間では「山ちゃん派」と「風来坊派」の派閥闘争が激しいらしいが、皆さんの解説によると
「山ちゃん」胡椒辛い。タレそのものの味に特徴あり
「風来坊」やや甘い。手羽先そのものによく味がしみている
ということだそうである。
会社の近所に風来坊があるので、今度寄ってみて確認してみよう。

何しろ演奏会が終わって、名古屋に戻ったのが21時頃で、開始が遅かったのだけど、それでもあれこれとネタが尽きることもなく、大変楽しい宴でございました(^_^)
ホントにありがとね~(^o^)>福ちゃん
諸般の事情で飮めなかったお二人もありがとうございました(_ _)>Tachan、CHIFFON

ワタシがホテルに戻ったところで解散し、部屋で少しうとうと・・・っとしていると、24:40過ぎにケータイにメールが入る。
見るとふろりさんからである。うわー、ホントにかかってくるもんなぁ(^_^;)
しかし予定より早いのでは・・・と思ったら、一次会が割と早く終わって、そこで脱出してきた、ということのようである。

25:15にナナちゃんの足元で待ち合わせ、ということになり、そこからタクシーで伏見の「坐・和民」へ。ここは27:00まで営業している。
この時間帯になると、店内も落ち着いた感じでよかったのだが、すきま風がちょっと寒かったかな。奥の席に行ければよかったのだけど。

しかし、さすがのふろりさんもちょっとお疲れのようで、26時過ぎには打ち上げて(結局1ドリンクだけで終了(^_^;))、店前で解散。
お疲れのところ、わざわざすみませんでした(_ _)>ふろりさん
またそのうちゆっくりと・・・(^_^)

翌朝は11:00チェックアウトということで、かなりのんびりと朝寝をして、阿久津・安食コンビの将棋講座が始まるのを確認して(やっぱりあじあじのしゃべりはとってもスローモーでよかった(^o^))、チェックアウトを済ませる。

モード学園のねじれビルの交差点まで来て、広小路通りを西に進路をとり、JRの高架をくぐって少し行き、太閤1丁目の交差点から北上、これで名古屋駅の人ごみを通らずにエスカに辿り着ける。
昨日から一転して結構暖かい。

エスカに潜ってうろうろしていると猛然と空腹感を覚えたので、ひとまず矢場とんの隣の「リッチ」という喫茶店であんかけスパで朝食。
「からめ亭」に比べると、量も少ないし、あんかけソースもパンチに欠ける。

矢場とんは福ちゃんも書いてるとおり、開店前からすごい行列。
コメダも同様。今回の名古屋行きではコメダとは縁がなかったな、と悟る。まぁ大阪にもあるから、近いうちに行くとしよう。

Pap_0578あんかけスパ後、あたりをうろうろし、小一時間もしたらすっかり昼食モードの腹具合になってきたので、今度はひつまぶしだ・・・ということで、「備長」という店へ。
ここも少し並んでいたが、ほどなく入店。
ひつまぶしが2550円、上ひつまぶしだと3150円である。
取り敢えず普通のひつまぶしにして、ヱビスの小ジョッキを追加。

「蓬莱軒」もよいかも知れないが、ここもまぁ値段相応かな、という感じ。
しかし、さすがに(少なめだったとは言え)あんかけスパを食べてからあまり間もなかったこともあり、かなり満腹。さらに(小ジョッキとは言え)ビールも飲んだので、これは帰りの新幹線では寝るなぁ・・・

食後はビックカメラを冷やかす。
やはりエクスペリアのプロモーションが目立つ。
ゲームソフトのところでは「北斗無双」のデモをしばらく観賞。やや動きがもっさりしている、という評価であるが、こういうゲームをやったことがないので、ただただ目を瞠るばかりである。

4FのPCコーナーではネットブックを少し眺めてみる。
基本的に「インテル入ってない」がよいので、シャープのNetWalkerが気になる。5インチ液晶というのは、6月に出るIS01と同じである。
NetWalkerはFreescale Semiconductorのi.MX515(800MHz)搭載で、OSはUbuntu 9.04である。それに対してIS01はQualcomのsnapdragon(1GHz)搭載で、OSはAndroid 1.6。タッチパネル液晶でもある。
両者が並んでいたら比較するのも一興だが、なるほどauがIS01を「スマートブック」と呼ぶのもわかる気がする。何となくだんだん欲しくなってきている自分がちょっと怖い(^_^;)

ビックカメラを出て名古屋駅に戻り、母向けのお土産にういろうを買い、少し早いが新幹線ホームに上がる。ここで既に落ちそうになる(^_^;)

13:11発のひかりに乗り込むと、ワタシが予約した席に毛唐系外人さんが座っている。
「アナタ、マチガテルアルヨ」と指さすと、外人さんは「Oh! バレテーラ」と立ち上がり、すごすごと自分の席に戻って行かれた。3人席で、他の2人と同行なのだが、座席がバラバラだったらしい。

ひかり車中ではソラブジの「オプス・クラヴィチェンバリスティクム」を聴いていたが、この曲は東京から博多まで乗っても聴き終わらないので、最初のごく一部だけで新大阪に着いてしまった(^_^;)
ちなみに外人さんたちは京都で大挙して下車した模様。

帰宅後はコタツでヘタりながら、縦縞チームと脚チームの不甲斐ない試合を半睡半醒で眺める。困ったものだ・・・(-_-;)

ということで、名古屋で遊んでいただいた皆様、ありがとうございました(^_^)
大変楽しかったです(^_^)
また遊びましょう!(^o^)

2010 04 04 10:13 PM [music with iPod, Photograph, 携帯・デジカメ, , 日記・コラム・つぶやき, 集い, 音楽, 飲食] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2010.04.03

いまこめだ

Pap_0560名古屋である。
昼は矢場とん。
これは並んでいるけれどすぐ入れた。味噌ヒレカツ丼セット。
しかし何度来ても高いと思う。
大阪ならせいぜい1000円、まぁ880円てとこだろう。

その後、コメダへ。
矢場とんほど並んでないが、空くのは喫煙席ばかりで列が伸びる一方。
何人かが断念して行った。営業機会損失ってやつである。

ワタシもリミットを決めていたが、結局ダメで、日記のタイトルがウソになってしまった。
こんなに正直者なのに…
人生初のウソだ。責任とれ、コメダ(笑)

ということでシロノワールは幻と消え、ワタシは荒子川公園へと向かうあおなみ線車中の人。

2010 04 03 02:00 PM [意味不明・たわごと, , 日記・コラム・つぶやき, 飲食] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック