« 名古屋めし三昧 | トップページ | HD化完了 »

2010.04.05

たきしめないで

私の憧れ

・・・ではないのだが(そもそも元ネタを全く知らん)

喫煙を厭う傾向というものが大変広範に拡がりを見せていて、それはそれで大変よいことだと思うのだけど(やにーずであるところのマイミクの方々、悪いっすね)、そのために狭い喫煙室に押し込められた喫煙者が、見事に焚き染められて席に戻ってくるものだから、そこそこ離れていても「むむっ!(@_@;)」と感じるほど、まぁ何ともいわく言い難い異臭で全身を覆っておられていて、まことに困る(^_^;)

昔、ここまで禁煙・分煙が進んでいなかった頃は、たとえ紫煙たゆたうパチンコホールに終日いても(いや、いたんですよ、仕事ですから)、こんな異臭に包囲されるというほどのことはなかったように思う。
むしろ、目が痛い、とか、ノドがイガイガする、とか、そういう方面の被害の方が勝っていたように思うのだが・・・
まぁでも髪の毛に異臭がこもる、というのはあったな(=_=;)

昔と今のタバコの成分の違いのせいなのか、と思ったりもしたが(それもあるのかも知れない)、これはやはり狭いところで高濃度の副流煙を浴び続け、また自らも吸引していることで、異臭が、体の外に染みつき、身の内にため込まれているからなのだろうな、と感じる(確信はないが)

・・・というようなことを、実はここ5年余り、ぼんやり考えてはいたのであった。

2010 04 05 11:46 PM [(-_-;), 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/49505249

この記事へのトラックバック一覧です: たきしめないで:

コメント

コメントを書く