« アンサンブルオフを120%楽しむための | トップページ | This actually tastes nice. »

2010.05.23

キミにゾンコラン

昨日はアッと驚くニーバリの「下り独走」で盛り上がったジロであるが、気がついたらマリア・ローザをあのダビ・アローヨが着用している!
そう、ワタシの愛車が納車されたその日のブエルタ・ア・エスパーニャでステージ優勝し、愛車の愛称となった、あのアローヨ選手である。
そう思うと感慨深いなぁ。

さて、今日は今回のジロでも最大の山場(名実ともに)と言ってよい、ゾンコラン上りゴール、というステージである。
第11ステージで一気に秩序が崩壊した今回のジロだが、第14ステージでリクイガスの2トップ(バッソ、ニーバリ)が必死に秩序回復へと動いたこともあり、まだまだ不完全ながら、総合順位は若干ながら「あるべき姿」に近づいたような気がする。

そして今日はその流れが加速されるだろう。
真に強くなければ、今日のステージを勝ち抜くことはできない。
個人総合でアローヨから15分以内につけている選手なら、今日の結果次第で上が望めるようにもなるだろうし、逆に圏外に去ってしまうこともあり得るだろう。

上り距離10.1km、平均勾配11.9%、最大斜度22%(*_*;)
前34T、後ろ29Tとか、そんなギアで臨むチームもあるとか(それでもワタシが乗ったら、決して前に進まないと思うが(^_^;))
第15ステージのプロフィール

ここを二度制しているシモーニは、引退の花道を飾れるかな。
自らも激走し、クーネゴを引き上げることができるか。注目である。

休養日を挟んで、第16、17ステージも上りゴール(特に第16ステージは山岳個人TT)、第19、20ステージも上りゴールで、最終第21ステージはヴェローナでの個人TT・・・と、過酷なステージが終盤に固まっている。
さすがに第11ステージで崩れた秩序も、これだけきついステージが連続すれば回復しちゃうんだろうなぁ。しかしとんでもないステージ構成だ(^_^;)

2010 05 23 10:22 PM [Cycle] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/49506371

この記事へのトラックバック一覧です: キミにゾンコラン:

コメント

コメントを書く