« septiembre 2010 | トップページ | noviembre 2010 »

2010.10.10

バンイチ

びわ湖一周を「ビワイチ」と呼ぶのであれば、万博外周一周は「バンイチ」である。「バンイチ」を「パンイチ」で歩いたり走ったりすると、きっとちょっとヤバい。

3連休のなかび(漢字で書きたくない気分なのは察しましょう。わが社的にはなかなかよいのだが)
金曜夜からの雨もようやくあがり、名残の夏日ということもあって、ノルディック・ウォーキングに出る機運が急速に高まったワケであった。
今日は万博外周一周以上を目指す。

3389417_651790357_94large自宅から徒歩10分もしないところに小学校があり、そこでは運動会が催されていた。
運動会なんだけど、みんな縄跳びしてたなぁ。
そう言えばワタシが小学生のときも、ここではなかったが、やはり縄跳びが盛んだったものである。その伝統は今も健在なのかも知れない。

少年球技場と変電所の間の道を抜けて万博外周へ。
ここから今日は外周を反時計回りにウォーキング。
このあたりはモノレール彩都線の下を通るルートである。
3389417_651791453_217largeみのり橋南でモノレールは右折(北に向かう)
その手前に可憐な花が咲き誇っておったとな。

3389417_651791813_61largeモノレールと別れてさらに外周を歩いていくと、大阪大学吹田キャンパスの正門前。

休憩もとらずにさらに歩を進める。
いつもは千里住宅公園のあたりで挫けて、元エキスポランド方面に転進して、外周をショートカットすることが多いのだが、今日は調子よく前進し、ホテル阪急エキスポパーク前を過ぎ、再度中国自動車道と交差して、公園東口へ。

3389417_651792704_26large公園東口の近くには聖地アンフィールド、ではなく、サン・マメス・・・でもなく、万博記念競技場がある。しかし往生際が悪いぞ、ヒックス&ジレット(-_-#)

ここで久々に「ノルディック・フィットネス・レトロスペクティヴ・ウォーキング」に取り組む。ノルディックのストックを突きながら、後ろ向きに歩く、というやつである。これは太股の表裏になかなかいい感じで負荷がかかるし、何より膝への負担が小さいのがよい。

3389417_651793110_106largeゲータレードを買ってようやく休憩。
ちなみに、本日のいでたちはJ SPORTSショップで購入したツール・ド・フランス2009のグランデパール(モナコ)Tシャツに、第2世代iPod shuffle(PRODUCT)REDという感じ。描かれているライダーさんの鼻をシャッフルのクリップ部が挟む、という状況である(笑)

IS01の自分撮りカメラは固定焦点なので、タイムラグなく撮影できてしまう。粗いけど、こういうシチュエーションでは十分の画質である。
iPod shuffleには再生回数5~10回で、演奏時間が5~10分のものを、ジャンル選ばずランダムに1.7GB選んで入れたので、様々なものが流れた。
休憩中はダイアナ・クラールとか・・・

ここまで一周して、サイクルロードを行くローディを11台カウントした。
最初はノーヘル君(-_-;)
次は2台のペア、続いてソロ、次はペア。
その次のトリオはバイクをピンクにカラーリングしたグループ。
その後、黒っぽいキャノンデール、白のトレックと続く。
ランドナーも1台見かけた。
クロスバイクはその1.5倍ぐらい見かけた。

3389417_651793440_49largeゲータレードを飲み干して、再び歩きだすと、モノレールが大きく左にカーブするあたり、弓道場の前にささやかなハーブガーデンがあった。
手前がペパーミント、奥がレモンバーム

3389417_651794558_19largeハナトラノオ

3389417_651795180_88largeタツタナデシコ

3389417_651795686_97largeここから少年球技場、変電所をやりすごし、再びみのり橋南へ。
今回はモノレール同様右折し、阪大病院前駅のところからユイの壁を下り、少しすると、名残のヒガンバナがこっそりと群生していた。

3389417_651796326_111large帰宅すると、庭猫がのんびり。
ワタシがストレッチしていても、特に関心はなさそうである(^_^;)
これはシロ

3389417_651796968_68largeこれはたま

ということで、まぁまぁ歩いたかな。
でもまだまだ行けたかも知れない。
徐々に距離と時間を延ばしていこうかとは思う。

2010 10 10 10:49 PM [music with iPod, Nordic Walking, Photograph] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック