« さすらう | トップページ | 020503110419 »

2011.12.30

てくてくもぐもぐ

みなさーん、当ててますかぁ、ラッキーお菓子!

・・・って、久しぶりの日記の書き出しがこれかぃ\(^o^)/
その間、アンサンブルオフとかもあったので、書かねばならないことも他にたくさんあるのだが(=_=;)
何しろ、早くアップしないと年が変わってしまうのだから、どうにもこうにも・・・

それにしても所謂ggk、当たらんもんなんですなぁ…という話はともかくとして(何とか当てたらしいし)、「テクテク」と「モグモグ」は、ある意味ちいしゃさんには宿命とも言えるタームであると言えよう(UK退散!)
最近すっかりサボっているが、mixiフォトにも継続して「これ食べました(飲みました)写真」をアップしてきたように、いつ、どこで、何を食べたか(飲んだか)を記録に残すことに、近年とみに執着するようになってきたように感じている。
現在はtwitter(twitpic)とfoursquareでそのあたりが見れるようにしてあるが、全部ひっくるめて、一番まとまってるのは、例によってtwilogだろう。
ちいしゃさんのtwilog

食べ歩き、というとビミョーに違う気もしているのだが、その日、そのときの体調や気分、懐具合、同行者の有無などを総合的に分析し、手近なところではなるべく済まさず、目当ての店までてくてく出向く(ときには電車に乗ってでも訪れる)、というのは、特に今年に入ってからは顕著になってきた気がしている。
家に帰れば食事がある、という生活では、どこかで道草を食っても、それはやはり道草以上のものではないので、手近で簡便なものに偏りがちである。
母が入院して、そういう生活が望めなくなってから以降、特に母が鬼籍に入ってからはこの傾向が顕著になってきている。
そして、てくてくして、もぐもぐするにあたって、それらを写真に収めるのが、食事の前の儀式のようになってしまった。

なんなんだろうか、この感覚は・・・と思うと、結局のところ、「生きてるうちに、これを再び口にすることができるかどうかわからない」という思いに行き着く。
仕事の日の昼飯どきに写真を撮っている時の、同行している同僚への言い訳としては「レコーディングダイエット…みたいなもんです」ではあるのだが(^_^;)

この世に生を受けてほぼ半世紀、自分の人生の残り時間、というものを意識せざるを得ない年齢になってきている、ということもあるし、店であったり、作ってくれている人たちの存在が永遠のものではない、ということを強く意識せざるを得なくなってきているということもあるし、仮に店もシェフも自分も健在でも、何らかの事情でその店に行けなくなる、ということもあるだろうし、今食べている食材そのものが今後も安定して供給されるとは限らないワケだし・・・

まぁ、これって今年になってから母の死と「るぅ~」の閉店・芦屋移転、なんてことが重なった、なんていう事情もあるが、実に刹那的で、感傷的なものではありますよなあ、と我ながら思う。
そんな切ない状況の中で、「今食べているこの食事を、ひとまず写真として残したい」というところであろうか。「ああ、あのとき自分は、あんなところで、こんなモノを食っておったであるか」と…

食べ物なんて人それぞれ、好みも千差万別で、グルメ雑誌・番組・サイトみたいに他人に紹介、オススメして云々、という気持ちはさらさらなくて(そもそもグルメだとか食通だとかいう言葉には昔から…以下略)、もっぱら自己満足、自分にとっての記録でしかない、つもりである。
ただ、そういうものでも公開されていると、様々な反応があったりする。
ある意味「ネタ的要素」には事欠かない、という側面もあることは否定できない。
「その店のそれが好きなら、あそこにもこんなのがあるよ」「あそこの××も是非一度!」などという大変親切なアドバイスもよくいただく。ありがとうございます。多分9割方、行きませんけど\(^o^)/

ということで、年末年始にまとまった時間が取れれば、mixiフォトにも溜まっている分をアップしておこう・・・と思ったら、全然まとまった休みがなかったのであった\(^o^)/
でもねでもね、この正月は元日に休むんですよ、ワタシ(笑) 何年ぶりかな。

2011 12 30 03:15 PM [ロケみつ, 日記・コラム・つぶやき, 飲食] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/53606514

この記事へのトラックバック一覧です: てくてくもぐもぐ:

コメント

コメントを書く