2011.07.07

悪路を進もう

Ice Cream Sandwichが待ち遠しい猛暑ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
ニッポンの夏、物欲の夏。
ワタシの手元にはIS01、IS03に続く3台目のAndroid端末、XPERIA acro IS11S(ルビー)が鎮座しておる今日この頃でござる。

XPERIA acroの開発コードネームはAkaneである。
この端末が事前情報リーク系のサイトに紹介されるようになってから多分4ヶ月ほど、自分の中では既に「買ったも同然」ぐらいな感じで、Akaneちゃんの輿入れは決まっていたのであった。
確たる理由はないのだが。

ところが、夏モデルの発表の時期がきて、やれG'z Oneが出るとか、INFOBAR A01が出るとか…というような話の中で、僅かながら迷いが生じたのも事実である。
そう、「どれを買わないか」という迷いが(笑)
実質秋モデルのIS11T以外については、実はどれも魅力を感じていて、場合によっては3機種ぐらい買ってやろうか、などというフロレンティーノ・ペレス的な(あるいはマッシモ・モラッティ的な)感覚に囚われることもあったワケだが、それを支える財力もなく、最終的にはAkaneちゃんのみに落ち着いた次第である。

Akaneちゃんだから、近い色合いのルビー、というワケでもないのだが、モックを眺めているうちに、この色合いならルビーでもよいなぁ、と感じたのは確かで、ray-out社のラバーコーティングシェルジャケットのマット・レッドを着せると、これがまた深みと落ち着きが出て、実によい。
もっとも、もしワタシがドコモユーザーで、SO-02Cを買っていたのであれば、色はブルーを選んでいたであろう。
とは言え、もしワタシがドコモユーザーなら、acroではなくarcを買っていたはずなので、その場合はミッドナイトブルーを選んでいる可能性が高い(^_^;)

秋~冬モデルでは何を狙おうかな~
ISW12HTがEVO 3Dなら買いだが、Kingdomならパスかしら。

2011 07 07 11:05 PM [Android, 意味不明・たわごと, 携帯・デジカメ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.09.14

ハガレそう

ケータイの液晶保護フィルムが。

W64SHの液晶保護フィルムは、最初っからついていて、ここまで1年9ヶ月の長きにわたって、よく貼りついてくれていたのであるが、ここにきて、ついにハガレそうである。

ハガレたら、新しいのを買うか、というと、それは微妙なところである。
何しろ、12月にはめでたく2年間のご奉公を終えて、年季が明ける。
予定ではここで機種変に踏み切って、IS04とかIS05とかにすることになっている。
まだ出てなかったらIS03でもよい。というか、とてもよい。

というか、IS03の発表がまだである(=_=;)
先に中国でのフルタッチスマートフォンの発売を発表してしまったシャープさん。あれは一体どんな代物なのだろうか。Androidとは書かれてなかったように思うが、まさか独自OSってワケもなかろうし。
既にBluetooth認証はとっくに通ってるのだし、早いとこ頼みますよ(^_^;)

で、液晶保護フィルムがハガレかけのW64SH。
ハガレたらハガレたで、多分年季が明けるまでそのまま無防備な状態で使うことになるだろう。今さら新しいのを貼っても利用期間は短いし。

2010 09 14 11:11 PM [Android, グッズ, 携帯・デジカメ, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.08.23

IS01を音楽プレーヤーに育てる

Androidに関する記事は極力チェックするようにしている。
今日、目についたのは"Awesome Drop"というアプリのレビュー。

この辺の記事

へぇ~・・・と思って、帰宅してWiFi接続にしてからAndroid Marketでダウンロードしてきた。
PC側のブラウザもIEは非対応なので、Chromeをダウンロード。
早速Dashwireにアクセスしてみると、4ケタのパスコードが表示される。
IS01側でもAwesome Dropを立ち上げて、その4ケタのパスコードを入力すると、PC側はファイルのドラッグ&ドロップ待ちの画面になる。
IS01を見ると、こちらも「早くドロップしてくれ」という感じの待機画面。

そして、Chromeに表示されているDrag & Dropの枠にファイルをドラッグ&ドロップしていくと、IS01のAwesome Drop側に即座にそのファイルが出現し、ダウンロードが開始される。
なんだぁ、この簡単さは(@_@;)

もちろんXperiaでも利用できるようだし、DesireもOKでしょう。
あ、Galaxy S、すごそうだなぁ。でもIS03もなかなかのものとのウワサ。

こうしてIS01でもPCから転送した音楽データや写真データ、動画データなんかをほいほい再生できるようになって、あなうれしや(^_^)
・・・いや、まぁUSBで接続すりゃそれでもいいんだけど(^_^;)

この調子でIS01を着実に音楽&動画プレーヤー、写真ビューワーに育ててみようかなとか考えたり。iPodの引退も遠くない・・・?(^_^;)

さて、昼休みに久しぶりにワルティに立ち寄ってみると、何だか久しぶりな分だけ魅力的なものが増えていて、これはいかん・・・とすぐに店を出て、職場に戻ってしまったワタシです(^_^;)
危険だ・・・

3389417_554853940_148largeしかし、会社帰り、まだワルティの閉店まで30分近くあるので、ついついフラフラ~っと立ち寄ってしまったのが運の尽き。
いつものように大半は安売りのBrilliantワゴンからだったけど、1枚だけユーロ安の恩恵が全然感じられないhyperionが混ざってしまって、単価が急上昇(>_<)

イヴリー・ギトリスとかバイロン・ジャニスはまぁいいとしましょう(して)
ボロディンの室内楽曲集もまぁいいんじゃないでしょうか。
ツェムリンスキーの弦楽四重奏曲集。ラサールSQですし(^_^;)
ハープのニカノール・サバレタさん。ニカノール・・・そんな名前のサッカーの監督がいたのを思い出しました。バッハとかやるかと思ったらアルベニスとかもやっちゃう。

アムランのは"In a state of Jazz"という2年半ほど前に出たCDで、グルダ、カプースチン、ワイセンベルク、アンタイルという面々のジャズ作品をアムランがバリバリ弾きまくる、というもの。

最近、ヴォロドスとかアムランとか、そんなのばっかり聴いてるというのは、精神的にいかがなものか、という気はするのだが(^_^;)
ま、これもリッピングして、Awesome DropでIS01に送り込もう(^o^)

2010 08 23 11:44 PM [Android, music with iPod, 携帯・デジカメ, 日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.07.08

FxCameraと口内炎

その間には特に何の関連性も認められない。

スマートフォンを手に入れると、いろいろ遊びたくなるのが人情というもので、たいていの人がこの手のアプリを入れているのではないか、という気がする。

3389417_76662114_123large魚眼レンズでアシェット堂島。

3389417_76664387_252largeトイカメラ風でアシェット堂島。

3389417_76667316_113large
シンメトリーなアシェット堂島。

この他にもポラロイド風とかアンディ・ウォーホル風とかもあるが、ウォーホル風はmixiフォトでは受け付けてくれなかった。画像形式が対応してないらしい。

それはともかく、こういうものをゆっくり撮影してられるぐらい、ホテル・エルセラーン大阪地下「アシェット堂島」は人通りが少ない(^_^;)
大丈夫かな、このホテル・・・

ところで、久しぶりに結構きつい口内炎である(>_<)
舌の裏の奥の方にできているようである。なんでこんなとこに・・・
パッチを貼れるような位置ではないから、「エバレッシュB26」でしのいでいるが、もうちょい効くやつの方がよいなぁ・・・
デンタルリンスも使って対応しているが。

症状が改善しないと、明日は練習に出れてもまともに歌えないかも(^_^;)
なんか声出すのも億劫になりますねぇ・・・(=_=;)

2010 07 08 11:58 PM [(-_-;), Android, Photograph, 携帯・デジカメ, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.07.04

アンドロイダーになる

Pap_0681_2
そんな用語はないように思うが(=_=;)

何はともあれIS01を入手(^_^)
3月30日の発表から3ヶ月。待ったなぁ・・・

Androidが1.6(Donut)というのは不満の残るところではあるが、そこは日本の得意なガラパゴス化(これ、ホメてんですよ)も施され、なかなか興味深い仕上がりになっている、と感じる。

Pap_0682スマホというとスレート型でないと、と思っている人からは異形と思われるだろうが(ワタシも最初はそう感じた。でも一番売れてるスマホはBlack Berryなんじゃなかったっけ・・・)、利用するシチュエーションを勘案すると、ワタシ的にはこれはアリだなと思う。
ので購入に踏み切った。

プリセットされているtwit for SHはもう一つな感じなので、twiccaを入れてみたが、横長画面がうまく活用されていて、とても見やすく、入力もしやすくて、出先でのTwitter利用率が上がりそうな気がする。

mixi for SHも使ってみたが、横にPCがある状態では、わざわざこれでコメント入れたりするのも馬鹿らしい(^_^;)
でもほぼPCと同じように見れるのはありがたいし、これも出先では重宝しそうだ。

今のところ、au oneマーケットから、それも無料アプリしかダウンロードしていないが、今後は有料アプリ、あるいはAndroid Marketからもあれこれとダウンロードして、いじり倒していきたいと思う。
まず手始めは美人時計からだッ!(ヾ(-_-; )そこ、気合入れなくても。au oneマーケットにもあるし、無料だし・・・)

・・・では取り敢えずブブゼラから(_ _;)<それも無料だ!(-_-;)

※要するに上記2アプリは既にインストールされております(_ _)

2010 07 04 12:15 AM [Android, twitter, グッズ, 携帯・デジカメ, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.06.25

持てない、電話

IS01(DoCoMoではLYNX)は、分類としては一応スマートフォン、ということになる。
電話として使用することができる。
しかし、一見して、これで電話をかけている(受けている)光景というのはイメージしにくい。どう見ても電子辞書である。

だもんで、3月30日に発表されたとき、まず大きな失望感があった。
先行していたウワサでは、Android2.1搭載のNexusOneではないか、というのも、ちょっと有力だったのである。
それが何だかネットブックのような電子辞書のような・・・シャープ製ということもあって、NetWalkerの変種のようなもので、しかもAndroid2.1ではなく1.6搭載らしい・・・となれば、まぁ普通は失望もするというものである。

ところが、じっくり見ていくと、あるいは自分なりにどういうシーンで使うのか、ということを考えてみると、何となく悪くない選択肢だなぁ、と思えるようにもなってくるし、だんだん「悪くない」が「ちょっと欲しいかも」になり、「これは買いかも知れない」を経て、「予約しちゃった」になってしまった、というのがここまでの経緯である。

ちなみに電話として使う場合は、IS01を机にでも置いてハンズフリーで会話することになるが、これだと相手の声も大々的に聞こえることになる。
自室でしゃべる分にはそれでもよいが、それは困る、という場合はイヤホンマイクとか青歯ヘッドセットを使用すればよい。

もっとも、「2台目需要」を狙っている機種なので、電話としての機能はどうでもよい、と思っている人も多いに違いない。
iPhoneユーザーにも、携帯電話としては別の(SBM以外のキャリア含む)機種を使用し、iPhoneはメール、ネット、アプリ、と使い分けている、なんていう人は結構いるんではなかろうか。

ということで、IS01の発売日が正式に6月30日に決定(^_^)
WindowsPhoneのIS02は本日が発売日で、まぁ局地的に品不足だったようである。

それはそうと、同じく今日iPhone 4が発売になったそうであるが、我らが稲垣早希ちゃんはその2日前にiPhoneを買いに行って、あろうことか3GSを買わされてしまったそうである(+_+;)
経緯

そういう情報を知らない、というのもスゴいのであるが(さすがは「ちかえぎゅう」の早希ちゃん(^_^;))、ショップの人も「もう2日待てば新しいのが出ますよ。予約殺到ですぐにはお渡しできませんが」ぐらいのことは言ってやれよ、と思う(-_-#)
あまりに不親切なんではなかろうか。
SBMにそういうことを期待をするのが間違い、と言われればそれまでだが。

ちなみにエヴァ携帯はガイナックスさんからもらったそうである。
この辺とか、この辺参照

さて、イタリアが前半リードされて終わりましたな。
前回の優勝、準優勝国が、揃ってグループリーグで討ち死にかしら。

2010 06 25 12:00 AM [Android, Football, ロケみつ, 携帯・デジカメ, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.06.14

人の奏でしもの

近鉄を新祝園で下車し、JR祝園駅西側のバスターミナル(っちゅうほどタイソウなものでもないが)からバスに乗って、「けいはんなプラザ」バス停で下車。
実は、一つ手前の「ATR」で下車した方が近かったような気がする(^_^;)

かなり早めに着いたので、けいはんなプラザを少しうろうろ。
実は経営破綻(民事再生)しているのだけれど、意識しなければそんなことは全く露程も感じさせることはなく、普通に運営されている感じである。

どこかで昼食を・・・と思って、ランチバイキングのお店に入り、黙々と食事をしていたけれど、家族連れなどがどんどんやってきて、なかなか店も賑わっている。
外は雨模様なので、逆にアウトドアで遊べない分、こういう所に来るのかも知れないなぁ、とも思ったりする。

気づいたらけいはんなフィルの演奏会の開場時刻を過ぎていたので、アイスコーヒーの残りを飲み干して、メインホールへ。
ホールに入ると、すぐにひろゆきさんととみけんがお出迎え(^_^)
名古屋で買ってきたおみやげをお渡しする。

ホールに入って、一旦席を確保したものの、すぐにロビーコンサートがある、というので、そちらに向かう。シベリウスの「アンダンテ・フェスティーヴォ」
弦楽四重奏の緩やかかつ穏やかな響きを満喫して、再びホール内へ。

よくよく考えて、席を移動。
前に空間があって、膝を痛めている右脚を伸ばせるところ、ということで、下手側の端のブロックの右端通路側の席で、ほぼステージレベルになりそうな席を確保。
しかし座ってみると、微妙にステージレベルよりは低かった(^_^;)
ちょうど顔の位置が、チェロの弓レベルぐらいか。

少しするとJunchanが登場。彼もこのコンサートのために単騎けいはんなにかけつけたとのこと。
さらに少しするとじゅんいちさんがお子さま連れで登場。
二人とも本名が「じゅんいち」さんで、ギター弾きで、それぞれけいはんなフィルとは関わりがある人である。

前半はベルワルド「ソリアのエストレッラ」序曲とシベリウスの3番。
ベルワルドは初めて聴く曲だが、時代的にはロッシーニとほぼ同じぐらいの年代の人である。まぁまぁ親しみやすい作品かな、と思う。
多分、頻繁に演奏されることも、ブームになることもないだろうとは思うが、時折思い出して聴いてみると、そこそこ新鮮に感じることもあるかも知れない・・・そんな印象。

シベリウスの3番の前に指揮者の新田ユリさんの前説が入る。
スウェーデンの次はフィンランドです。スウェーデンの方が国としての歴史も長く、長らくフィンランドを支配下に置いていたけれど、音楽的にはフィンランドの勝ちですね・・・とのこと(^_^;)
そりゃ、今演奏したベルワルドに悪いよ、とは思うものの、まぁ致し方ないかなぁ。

もう少しすると夏至であるが、フィンランドの夏至のお祭りについての興味深いお話もあった。「Kokko」のこととか。「Kokko」と言われて、「ああヴァルティナのアルバムのタイトルになってるやんか」と、ココロのなかで膝を打つちいしゃさんである。

あれ?
ここには「Kokko」とは鷲の意味、と出てるな・・・(^_^;)

シベリウスが第3交響曲を作曲するに至る経緯(どうしてあの第2番の後にこういう曲が書かれたのか、など)も簡単に説明されて、それから演奏開始。

ワタシはシベリウスというと5番が好きなのだが、反対に3番はかなり苦手な部類である。捉えどころがないというか、なかなか入れ込みづらいというか。
ただ、じっくり聴き込んでいくと、意外に滋味豊かな作品である。
今日の演奏はそんな思いを強くさせてくれるような演奏だった。
かなり3番の好感度がアップした感じである(^_^)

休憩を挟んで後半はニルセンの1番。
ここでもプレトークあり。

デンマークはフィンランドと違って、とても行動的。コミュニケーションを大切にする。
フィンランド人はずっと無口でも苦痛ではないが、デンマーク人はそれとは対極的。島が多いから、ということもあるのかも知れない。

一方、ニルセンの作品は、さまざまな表情を見せる(フィンランドで見つけたニルセンに関する資料の中に、様々な仮面をつけたニルセンの写真があった、という話が興味深かった)
これから演奏する1番の中にもそういう様々な表情がめまぐるしく変わる様子が聞き取れますよ~。音楽を通してのコミュニケーションというのを、けいはんなフィルの皆さんがどう表現していくか、期待してね~、とのこと。

名古屋に向かうこだま車中、名古屋から京都に向かうこだま車中と2回予習したけれど、実演ではやはり予習を上回る感興というものを得ることができたと思う(^_^)

一般的には4番が演奏される機会に恵まれているけれど、1番はもっと頻繁に演奏されてもよいよなぁ・・・というのが素直な感想。
というか、ニルセンの作品全体がもう少し日の目を見てもよい、というべきかな。

アンコールはグリーグの「2つの悲しき旋律」より「過ぎにし春」
元ネタの歌曲版もよいが、人口に膾炙しているのは弦楽合奏版だろう。
スウェーデン、フィンランド、デンマークときたので、ノルウェーも・・・ということで選ばれた模様(^_^;)
アイスランドまでは手が出なかった、ということですね(^_^;)

演奏会後はロビーでかほるさんにご挨拶。
その後、トイレに行こうとしたらトラで来られていたこちゅんさんともばったり。つくねさんとはお会いできず・・・

帰りは「ATR」からバスに乗って祝園から一気に尼崎まで出る。
さすがに松井山手近辺で意識を失ったが、住道で意識回復。
尼崎ではJR尼崎駅店でIS01を予約し、炊飯器の下見。IS01は7月になりそう、とのこと。待ってる間に夏秋モデルが発表されたりしたらイヤだなぁ(^_^;)

19:30頃に帰宅。かなり疲れたが、もう一日がんばらねば・・・

2010 06 14 12:14 AM [携帯・デジカメ, , 日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.05.21

今日はやはりこの話題に

触れないワケにはいくまい。

練習、出れませんでした(仕事でした(;_;))
・・・ではなくて(^_^;)

サイコロ出目連続1問題。
しかしまぁ何の衒いもなく「スコン」と丼内で1を示して静止したサイコロ初号機の、何といさぎよいことか。
で、結局初号機では初めての1、ということなのですね。

ところで、来月に入ると「関西編」のDVD2枚が発売である。
すかさずAmazonで買物かごに入れはしたものの、まだレジに行けていないワタシ。この調子で四国編、西日本編がDVD化されたら、やっぱり買うのだろうか・・・とか考えてしまったらいけないのだろうな、こういうものは(^_^;)

さて、今日の「この話題に触れないワケには」ネタとしては、Android2.2というのも外せない。
ところで「Froyo」ってナニ?・・・と思ったら「Frozen Yogurt」のことなんだと。んー、個人的にはエクレアの方が好きだが、悪くはないなぁ。
かなり速いらしい。電池も食うらしいが。

来月に入ると、というネタもカブっているが、いよいよIS01の発売である。こちらは残念ながら1.6(Donut)搭載。まぁバージョンアップはできるんだろうけど。
今考えているのは、BD/HDDレコーダーも同じSH社製なので、BD-HDW55で録画したコンテンツをUSB経由でIS01に流し込んで、出先・移動中に観賞、なんていう使い道である。
こうなると5インチ液晶の大きさが生きる。

出先・移動中にブログ旅を観賞・・・というのはアレだが(^_^;)、時期的にはサッカーW杯たけなわなんで、夜中の試合を録画して、起きてからIS01に転送して、移動中とか昼休みに観賞、なんてことはできるだろう。
引き続いてツールも始まるし。
う~ん、なんかちょっと楽しいかも(^_^)

さて、明日は某マイミクさんご一家のお招きに応じて遊びに伺う予定。
何とか体調も回復したかな、という感じ(まだたまに咳は出るし痰も絡むけど)

2010 05 21 11:27 PM [Android, ロケみつ, 携帯・デジカメ, 日記・コラム・つぶやき, 映画・テレビ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.04.04

名古屋めし三昧

・・・というには、味噌煮込みを食ってないなぁ、そう言えば今回も「味仙」には行けずじまい、もちろん「マウンテン」は避けて通ってるし・・・などの課題を残しつつ、初日の昼に矢場とん、夜に世界の山ちゃん、そして二日目はお手軽にエスカで朝はあんかけスパ、昼はひつまぶしを制覇してきたのであった。
えーと、出張だったんだよね>ぢぶん

矢場とん後、コメダを断念してあおなみ線で荒子川公園へ。
某社に行き、15:30から40分ほど、新入社員を相手に蕪の話。千枚漬けもよいが、煮物、蒸し物、炒め物など、食材としての使い道は大変幅広い。春の七草で「すずな」と言えば蕪のことである。
時間が足りなくなったのでドルコスト平均法の話は端折る(_ _)

Pap_0561某社を出ると、そこは荒子川公園の千本桜。

そこを抜けて駅に着き、今度は荒子駅で下車。
この駅はJRの貨物コンテナ基地に隣接している。

Pap_0569西側の改札から出て、少し南に戻ると中川図書館と同居している中川文化小劇場。

この夜は、ここでマイミク・ふろりさんが所属されている名古屋ビクトリア合唱団の第6回定期演奏会が行われる。

開場には少し早いかなぁ、と思いつつ、3Fのホールに行くと、既に前倒しで開場されていたので入場し、狭いロビーの椅子にかけて福ちゃんからの連絡を待つ。

開場して少し経ってから福ちゃんがCHIFFON氏と共に登場(^_^)
3人並んで、真ん中辺の下手寄りの席に収まる。
なかなかよさげなホールである。

プログラムは前半がビクトリア、ジョスカン、モンテヴェルディ、バーバー、後半は上田真樹、鈴木憲夫、予定調和(押し売りとも言う)のアンコールが高田三郎、鈴木憲夫、ビクトリア。

前回は教会コンサートだったので、響きの点で苦しい面もあったが、今回は、ふろりさん曰く「良い音も悪い音も全部届いてしまう」という、ちょっと怖いホールだったようである。
個人的に、ジョスカンで「うわぁ・・・」となってしまった・・・と、深夜の二次会でふろりさんに告白したら、「そうなの、あれはダメなの」といわゆる「禿同」されてしまった(^_^;)

年末同様長い長い演奏会だったが、それでも2時間半で済んだので、「いつもに比べれば短くてよかった」というのが福ちゃんの感想(^_^;)
ちょっと膝と背中が痛くなった(^_^;)
そうそう、上田真樹さんが来場されてました(我々の席と同じ列の一つ隣のブロックで聴いておられました)
当間先生にいきなり舞台上に呼び出されて、何かしゃべれ、と言われて大変困惑されていたのが印象的だった(^_^;)

Pap_0575演奏会後、ロビーでふろりさんの出待ちをして、それから3人で名古屋駅に移動。福ちゃんは途中でTachanと連絡を取りつつ、JR名古屋駅コンコースをつっきって桜通口に出て、名鉄ビル群の脇を通り、ドラゴンズモードのナナちゃん(下の写真参照)の足元(脚下?)を通り、

Pap_0576モード学園のねじれたビル(下の写真参照)を横目にワタシの投宿先であるダイワロイネットホテルへ。
ここでワタシがチェックインして、飲み会には不要な品を部屋に置いて、再びフロントに戻ってくると、Tachanが到着していた(^_^)

Pap_05704人で近隣を少し迷いつつ「世界の山ちゃん笹島店」へ。
幸い並ばずに入店でき、ここで手羽先三昧(^_^)

なごやんな皆さんの間では「山ちゃん派」と「風来坊派」の派閥闘争が激しいらしいが、皆さんの解説によると
「山ちゃん」胡椒辛い。タレそのものの味に特徴あり
「風来坊」やや甘い。手羽先そのものによく味がしみている
ということだそうである。
会社の近所に風来坊があるので、今度寄ってみて確認してみよう。

何しろ演奏会が終わって、名古屋に戻ったのが21時頃で、開始が遅かったのだけど、それでもあれこれとネタが尽きることもなく、大変楽しい宴でございました(^_^)
ホントにありがとね~(^o^)>福ちゃん
諸般の事情で飮めなかったお二人もありがとうございました(_ _)>Tachan、CHIFFON

ワタシがホテルに戻ったところで解散し、部屋で少しうとうと・・・っとしていると、24:40過ぎにケータイにメールが入る。
見るとふろりさんからである。うわー、ホントにかかってくるもんなぁ(^_^;)
しかし予定より早いのでは・・・と思ったら、一次会が割と早く終わって、そこで脱出してきた、ということのようである。

25:15にナナちゃんの足元で待ち合わせ、ということになり、そこからタクシーで伏見の「坐・和民」へ。ここは27:00まで営業している。
この時間帯になると、店内も落ち着いた感じでよかったのだが、すきま風がちょっと寒かったかな。奥の席に行ければよかったのだけど。

しかし、さすがのふろりさんもちょっとお疲れのようで、26時過ぎには打ち上げて(結局1ドリンクだけで終了(^_^;))、店前で解散。
お疲れのところ、わざわざすみませんでした(_ _)>ふろりさん
またそのうちゆっくりと・・・(^_^)

翌朝は11:00チェックアウトということで、かなりのんびりと朝寝をして、阿久津・安食コンビの将棋講座が始まるのを確認して(やっぱりあじあじのしゃべりはとってもスローモーでよかった(^o^))、チェックアウトを済ませる。

モード学園のねじれビルの交差点まで来て、広小路通りを西に進路をとり、JRの高架をくぐって少し行き、太閤1丁目の交差点から北上、これで名古屋駅の人ごみを通らずにエスカに辿り着ける。
昨日から一転して結構暖かい。

エスカに潜ってうろうろしていると猛然と空腹感を覚えたので、ひとまず矢場とんの隣の「リッチ」という喫茶店であんかけスパで朝食。
「からめ亭」に比べると、量も少ないし、あんかけソースもパンチに欠ける。

矢場とんは福ちゃんも書いてるとおり、開店前からすごい行列。
コメダも同様。今回の名古屋行きではコメダとは縁がなかったな、と悟る。まぁ大阪にもあるから、近いうちに行くとしよう。

Pap_0578あんかけスパ後、あたりをうろうろし、小一時間もしたらすっかり昼食モードの腹具合になってきたので、今度はひつまぶしだ・・・ということで、「備長」という店へ。
ここも少し並んでいたが、ほどなく入店。
ひつまぶしが2550円、上ひつまぶしだと3150円である。
取り敢えず普通のひつまぶしにして、ヱビスの小ジョッキを追加。

「蓬莱軒」もよいかも知れないが、ここもまぁ値段相応かな、という感じ。
しかし、さすがに(少なめだったとは言え)あんかけスパを食べてからあまり間もなかったこともあり、かなり満腹。さらに(小ジョッキとは言え)ビールも飲んだので、これは帰りの新幹線では寝るなぁ・・・

食後はビックカメラを冷やかす。
やはりエクスペリアのプロモーションが目立つ。
ゲームソフトのところでは「北斗無双」のデモをしばらく観賞。やや動きがもっさりしている、という評価であるが、こういうゲームをやったことがないので、ただただ目を瞠るばかりである。

4FのPCコーナーではネットブックを少し眺めてみる。
基本的に「インテル入ってない」がよいので、シャープのNetWalkerが気になる。5インチ液晶というのは、6月に出るIS01と同じである。
NetWalkerはFreescale Semiconductorのi.MX515(800MHz)搭載で、OSはUbuntu 9.04である。それに対してIS01はQualcomのsnapdragon(1GHz)搭載で、OSはAndroid 1.6。タッチパネル液晶でもある。
両者が並んでいたら比較するのも一興だが、なるほどauがIS01を「スマートブック」と呼ぶのもわかる気がする。何となくだんだん欲しくなってきている自分がちょっと怖い(^_^;)

ビックカメラを出て名古屋駅に戻り、母向けのお土産にういろうを買い、少し早いが新幹線ホームに上がる。ここで既に落ちそうになる(^_^;)

13:11発のひかりに乗り込むと、ワタシが予約した席に毛唐系外人さんが座っている。
「アナタ、マチガテルアルヨ」と指さすと、外人さんは「Oh! バレテーラ」と立ち上がり、すごすごと自分の席に戻って行かれた。3人席で、他の2人と同行なのだが、座席がバラバラだったらしい。

ひかり車中ではソラブジの「オプス・クラヴィチェンバリスティクム」を聴いていたが、この曲は東京から博多まで乗っても聴き終わらないので、最初のごく一部だけで新大阪に着いてしまった(^_^;)
ちなみに外人さんたちは京都で大挙して下車した模様。

帰宅後はコタツでヘタりながら、縦縞チームと脚チームの不甲斐ない試合を半睡半醒で眺める。困ったものだ・・・(-_-;)

ということで、名古屋で遊んでいただいた皆様、ありがとうございました(^_^)
大変楽しかったです(^_^)
また遊びましょう!(^o^)

2010 04 04 10:13 PM [music with iPod, Photograph, 携帯・デジカメ, , 日記・コラム・つぶやき, 集い, 音楽, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.04.25

フェーズ3.5

春日井~名古屋出張のとき、一緒に行った若い衆から「そう言えばiPhone配布の件って、どうなったんですかね」と質問された。

昨年11月か12月頃、鳥インフルエンザが結構話題になっていた頃、もしもパンデミックが到来した場合、自宅待機時にも最低限の業務が可能なように、携帯可能な端末を配布する、というアイディアが出ていて、事前調査用にiPhoneが一部幹部と情報システム部門社員に配布されていたことがあった。

結局、他にもスマートフォンやウルトラモバイルPCはいくらでもあるし、何より春になってインフルエンザへの脅威も引き潮のように消えていったことで、自然とその件は立ち消えになった・・・のだろうなぁ・・・なんて回答をしたばっかりというのに(^_^;)

ここにきて急に豚インフルエンザ。
WHOが新型インフルエンザのパンデミックに備えて設定している警戒水準は、現在フェーズ3の段階にあり、これを4に引き上げる可能性も検討されているという。

フェーズは6段階。
フェーズ1は「パンデミック間期」と呼ばれ、ヒト感染のリスクは低い。
フェーズ2は動物間に新しい亜型ウイルスが存在するが、ヒト感染はない。フェーズ1よりはヒト感染のリスクは高い。

現在のフェーズ3は「パンデミックアラート期:新しい亜型ウイルスによるヒト感染発生」の最初の段階(フェーズ3~5がパンデミックアラート期)
ヒト-ヒト感染は無いか、または極めて限定されている、とのこと。
しかし、シウダ・デ・メヒコを中心とした地域での感染状況は、極めて限定されている、とも言い難い。そもそも、感染者と豚との接触が認められないケースも多いらしい。

フェーズ4はヒト-ヒト感染が増加していることの証拠がある、という状態。

豚インフルエンザウイルスはH1N1型で、多くの人が免疫をもっている上に、弱毒性ということだが、メヒコでの致死率を考えると、別のウイルスとの同時感染や、ウイルス自体の変異も考えられる、ということだ。

最初にニュースで「豚インフル」と聞いたとき、「鳥と違ごて豚は飛ばれへんねんから(ここで思わずピンクフロイドのアニマルズのジャケットが脳裏に浮かぶ)、そんなに騒ぐことないんちゃうん?」と思ったが、今やヒト-ヒト感染が云々される段階のようなので、これは鳥以上に質が悪いかも知れない。

それより、これから暑くなってくると、夜の公園に泥酔した裸族が大量発生するのではないか、と懸念する声もあるようである。ま、平和な流行だ。

2009 04 25 08:36 PM [ニュース, 携帯・デジカメ, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.03.19

デジカメ

近年は携帯にカメラ機能がついているから、あまり欲しいという気にならなかったが、やはり携帯のカメラはオマケなのであって、いざという時に物足りない気がするのも確かである。

元・光画部員、もとい元・カメラ小僧、もとい元・写真部員(高校時代。ブラバンの部員にして、写真部副部長にして、文芸部長とはワタシのことだ。典型的な弱小クラブ連合系だな(^_^;))としては、デジタル一眼に魅せられる部分があるのは否めないが、フットワークの軽さがデジカメの身上と考えると、コンパクトで起動が速く、それなりの機能が備わったものがよい、ということになる。

ついでに言うとカメラはれっきとしたニコン党なので、COOLPIX縛りときたもんだ。

そこに微妙な臨時収入と、従業員販売(決算近いし・・・)というファクターが加わり、本日尼崎まで出向いて、めでたくCOOLPIX S600SSを手にしたワタシであった(^_^)
専用ケース、ストラップ、1GBのSDカード込みで、この5日前に発売された機種が何と!
・・・あ、値段はひみちゅでちゅ。
しかしこれ、SDHC対応してるみたいなので、後で8GBのを買おう。

ついでにVostro君用にレーザーマウスも入手。コードレスは電池のもちが心配なのと、電池のせいで重くなりがちなのでパスし、モバイル用のマウスは自分の手のサイズを考えると却って疲れそうなので除外、利用する環境を考えてオプティカルよりレーザー・・・と選んでいったらMSのLASER MOUSE 6000に落ち着いた。
ロジクールのすごいエルゴノミックスぅなコードレスにも心は揺れた(これは充電式)のだが、さすがに高いので断念(^_^;)

帰宅したら両面収納ミラー付CDラックが玄関に鎮座していた(^_^;)
明日はこれを2階に引きずり上げて、ある程度CDを中に放り込んで・・・という予定。結構背が高い・・・

2008 03 19 11:25 PM [携帯・デジカメ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.12.08

続報・INFOBAR2

長々と書いて、アップロードしようとして、リンクも張ろうと思い直して、リンク先を別ウィンドウで表示して・・・とやってるうちにブルースクリーンになってバイオちゃんが再起動してしまったので、長々と書いたものが全てパ~になってしまった(^_^;)

まぁこういうものは、「書き直せ」という天の啓示であると考えて、簡単に書き直してアップするとしよう(^_^;)

金曜日、尼崎に出向く用事があったので、そのついでに機種変(マイミクCさん流に書くなら買い増し)を敢行。
機種はこれまでに少しずつ書いてきたように、INFOBAR2に決定。
色はウォーム・グレイ。

いつまであるか分らない製品情報

先代のINFOBARから始まるau design project(adp)の製品の7機種目である。
adpの製品のうち、INFOBAR、talby、neon、Media SkinはMoMA(ニューヨーク近代美術館)のコレクションとして収蔵されている。

関連記事

いずれも欲しかった機種であるが、タイミングなどの点で縁がなかった。
今回は念願叶って、という感じ。

料金プランはフルサポートコースを選択。機種変や買い足しなどを2年以内に行うとペナルティがかかるが、月々の通話料などによって貯まるポイントの付与率が高くなっており、そうして貯まったポイントをペナルティ料金に充てることができるので、実質今とそれほど変わらずに機種変はできるようである。

貯まっていたポイントを使ったり、年末商戦真っ只中ということやら、あれやこれや(^_^;)を合わせていろいろと割引がついて、8800円で済んだ(^o^)
ただ、microSDカードを買わねばならないので(W32Hを買ったときにminiSDカードは買っていたのだが、時代は既にminiからmicroに進んでいた・・・)、チラシ商品のSanDiskの2GBのを買うことにすると、「ケータイと1GB以上のメモリーカード同時購入なら1000円引き」というのも適用されて、さらにレジに行くと店長がいたので(^_^;)、さらに端数が少し精算されて、結局合計12800円ということになった。

C409CA以来のストレートタイプだが、薄くて、全体的に丸みを帯びた形状は非常に手になじむ。どこにも角がないので、凶器には使いづらい。
フレームレスキーではないが、タイル状に無駄なく配置されているキーは全体が曲面になっているため、まずまず使いやすい。
画面は2.6インチとイマドキとしては小ぶりだが、有機ELなので見やすい。一応ワンセグ機でもあるが、アンテナは内蔵。
Edyの残高は機種変直前に預けておいたので、それを受け取っておサイフケータイとしても利用できるようになった。
今日、明日でカスタマイズできるところはカスタマイズして、週明けからはフル稼働してもらおう(^_^)

今日は昼前に家を出て、近所の病院でインフルエンザの予防接種を受けてきた。料金はマイミクCelloさんとこと同じで3000円(+_+;)
帰りに、病院の近くに半年ほど前にできた「すき家」でタコライス。
チリソースが仕事をしていない(+_+;)。これはコチジャン追加が必須。

午後は予防接種の影響か、ずっと眠くて昼寝三昧。
寝ているうちに広島がJ2に落ちていた(^_^;)
来季は岐阜ともども、水戸をボコボコにやっつけてもらい、一年でJ1に戻ってきてもらいたいものだと思う。

2007 12 08 10:09 PM [携帯・デジカメ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.12.04

機種変の季節

・・・という訳ではないが、世間的には冬のボーナス商戦ということで、秋冬モデルがかなり売れる、というのも一方では事実。

今年はこれまでとは売り方が変わってきていることもあって、それがどのように売り上げや売れ筋に影響を与えているのかは、業界人のはしくれとしては気になるところ。

ここで、ブログのかなり初期に書いたものに、その後の経緯も加えて、簡単にちいしゃさんの携帯遍歴を振り返っておこう。

最初に買ったのは関西セルラー時代のデジタル機。
機種名は忘れました(^_^;)
メーカーは京セラでした。
1996年頃に購入して、約4年使いました。
最後の頃はcdmaOneが当たり前になってきていたため、使えるエリアが限られてきて、非常に不便な思いをしたものです。
でかくて重かったし。

次は機種変せずに新規購入で、関西セルラーのcdmaOne機。
C302H(日立製)でした。2000年5月購入。
当時まだ少なかった4和音のチップが入っていたのが自慢。
前の機種より2周りぐらい小さかったのが驚異的でした。
ストレートボディがなかなかなまめしいラインを描いていて、持っていて負担にならないのがいい感じです。

次は約1年後の2001年6月に機種変。既にauに社名変更されていました。
C409CA(カシオ製)のグレー。Gショックの携帯版ですね。16和音のカラー液晶。
建設業界御用達とも言われるほど頑強なボディでしたが、液晶がやや暗くて見づらかったのが欠点。
頑丈ゆえに、キータッチも重かったです。
重いと言えば前の機種よりかなり重め。色も渋いグレーで重厚そのものでした。

次も約1年後の2002年8月に機種変。
A3014S(ソニエリ)のコスモブラック。40和音になりました。
初めてのジョグ機でしたが、これはもうやみつきになります。
時代はカメラ付携帯に大きくシフトしていましたが、なかなか買い換える気にならなかったほど、結構気に入ってました。
初めてと言えば、折りたたみ式もこれが初めて。
これ以前は結構敬遠していたのですが、一度使ってみると別に毛嫌いするほどでもない、ということになりました(^_^;)
一度ブラックライトの中で見てみたかったです。

で、今回機種変したのは同じソニエリのA5404S(シルバー&ブラック)
世の趨勢には逆らえず、1.3メガピクセルのデジカメ付の機種となりました。
メモリースティックDUOが搭載可能で、こいつにTV番組を録画して、それをこの携帯で鑑賞することもできるそうです。
音源は64和音になり、着うたにも対応しました。
ワタシ的にはクラシック関係の着オケなどが楽しめるのがウレシイところです。

==========

・・・と書いているのが2003年12月22日。
そこから後を、これと同じような調子で補っていくと・・・

==========

そのA5404Sがダメになってしまったのが2006年1月20日。
突然メールボックスが満杯になって、特定メールやフォルダを見ようとするとフリーズしてしまう、という症状を呈してしまい、どうにも手の打ちようがなくなったため、速攻で機種変。
新機種はW32H。
ついにWIN機になりました。
C302H以来の日立機。
デザインもよく、おサイフケータイも便利でした。

ところが、このW32Hは長くもたなかった・・・
何と、トイレに水没(>_<)
2006年9月14日のこと。
和式で、用を足す前だったのが救いですが、それにしてもアプリキーが利かなくなってしまったため、様々な機能の最後の「実行」ができない、という致命的なダメージを受けた訳です(実は一週間後ぐらいに勝手に直っていた=要するに乾いた(笑)のですが・・・(^_^;))

翌日購入したのがW43S。
何とこの日が発売日でした。
色はモカブラウン。これがなかなかいい色だったのですが、指紋目立ちまくり、という欠点もありました(^_^;)
それを補って余りある「あかり」機能の面白さ、というのはありました。
今回ももちろんおサイフケータイ。LISMOも対応しましたが、全く使ってません(^_^;)

==========

ということで、今の携帯=W43Sに変えてから1年余り。
マイクミのMOCHAではありませんが、そろそろ機種変適齢期。
狙っている機種は5つほど・・・(多い(^_^;))

夏頃には「きっとこれにするだろう」と思っていたW53S。
ソニエリ久々のジョグ機(+JOG、でしたっけ)ということで、結構期待していた訳だが、それ以上に着せ替えパネルが100種類、ということが前面に出てる感じ。
ただ、モックを触ってみた感じでは、わざわざ使えるW43Sに換えてこれにする理由が思いつかない。今ひとつ決め手に欠ける感じ。

一番最初に買ったとき以来の京セラ機となるかも知れないW53K。
W44Kからデザインを継承していて、スリムさやハーフミラー処理のイルミネーション、有機ELのサブディスプレイ、フレームレスキーもW32Hを思い起こさせてよい。

ついにデザインケータイ購入の機、熟す・・・か?
ということでINFOBAR2。
パッと見はかなりデカそうな気がするが、実は普通にワイシャツの胸ポケットに収まるようではある。意外に機能面も十分で、あとはこれまで縁のなかった三洋端末(正確には鳥取三洋)という点を自分なりにどう消化するか(んな大げさな)というところ。

薄くて小さい、カードサイズW55T。
東芝端末は母用の簡単ケータイで購入済み。
何しろそのサイズ、薄さは大きな魅力である。

薄さと機能もさることながら、その紫色にホレたW53H(笑)
W43Sのモカブラウンから買い換えるなら、これぐらいの色でもよいのかも。マジョーラカラーという塗料が使われているそうだ。
有機ELディスプレイの薄さもなかなかのもの。

・・・と並べてみて、W53KとW55Tはおサイフケータイではないから、まず一回戦で敗退。残念でした。W53Sもやや印象度が弱い。
現実問題としてはINFOBAR2とW53Hの一騎打ちという感じかな。
どちらも有機ELで内蔵ワンセグアンテナという点は共通しているが、INFOBAR2はストレート、W53Hは回転2軸の折りたたみ、と形状はまるで異なる。
そう言えば、スライドタイプが候補に挙がってないなぁ・・・
W54SAはどんなもんかねぇ。

2007 12 04 11:57 PM [携帯・デジカメ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.09.22

適当に一週間を振り返ったつもりになる

「iPod classicはいかがですか」
ワイシャツの胸ポケットに入れると、クリックホイールがよく透けて見えるのが、何だか見せびらかしているようで、ちょっと困ってます。

「それはウソが70%として、他には」
5Gから実装されたギャップレス再生はやはりよいです。リストのソナタも、ビゼーの「真珠採り」も、全く問題なしでした。それと、ウソは80%です。

「シリコンジャケットをまだ購入されてませんね」
いつ胸ポケットから落っことすか、気が気でないです。5G-80GB用のが合うようだけど、0.5mmほど余るのが気になるところ。

「話は変わりますが、盲リーニョ退任の件は?」
今季ライカールトがダメだったら、バルサに戻るんじゃないですか。見ないで済めばせいせいする顔だけど、いいクラブに雇われたら見てみたいかも知れない。

「バルサで思い出しましたが、リヴァウド、がんばってますね」
コンスタントに力を出すのは無理だろうけど、時折、バルサの頃のようなスーパープレーが出るようですね。かつて彼のことをO脚の高見恭子と呼んだ人がいましたね。

「いません」
いや、確かempate0-0で見たような記憶が・・・

「ベテランというとTMN再結成だそうで」
それ、何でしたっけ? 吉本をクビになった人でしたっけ。生活に困って、昔の仲間に頼ってるって話ですかね。
そんなことより羽野晶紀の女優復帰の方が待たれます。

「携帯メーカー満足度調査について」
トップ3のカシオも日立もソニエリも使ったことあります。というか、今の番号にしてからはこの3社しか使ってない。日立→カシオ→ソニエリ→ソニエリ→日立→ソニエリです。妥当な結果でしょう、と言いたいけど、よそを知らないから。まぁ今のところ知る必要性を微塵も感じないですが。

「今の番号になる前は?」
京セラ・・・

「W53Sの発売日がなかなか公表されませんが」
困ってます。

「最近ハマっていることは?」
昔登録したけど全然読んでないメルマガを切り捨てること。この一週間で20以上のメルマガを切りました。ポイント系、懸賞系もズバズバと・・・

「今気になっていることは?」
社会保険事務所から届いた機関誌に載っていた「大仏鉄道」。10/6に廃線跡ウォーキングがあるそうなので、ちょっと参加してみたいかも。でも、うちの会社は組合健保なので、参加資格あるのかな・・・

「だいぶつてつどう?」
明治時代に9年間だけ運営されていた路線だそうです。詳しくは「大仏鉄道研究会」公式サイトで・・・

「今願うことは?」
もちろんサムエル・サンチェスの表彰台! 昨夜のあの強さを見たら、何となく現実味を帯びてきたような気が・・・

「でもタイムトライアル、どうでしたっけ?」
一応オールラウンダーですから。カデル・エヴァンスとの差はわずか9秒。今の勢いなら十分ひっくり返せると思うなぁ・・・

「そう言えば、世界選手権絡みのTシャツが出ました」
出たら買う!・・・とショップ担当さんの日記にコメントしちゃいましたが、MとLしかサイズがないんですね。LLなら速攻で買うのだけど・・・(T_T)

「最後に安倍さんに一言」
朝青龍帰国時に語っていたことが、今思えば印象深いです。語っている内容より、彼についてあの時点で語っていた、ということが。

「ホントに?」
最後やろ。終われよ。

2007 09 22 10:49 PM [Cycle, Football, music with iPod, 意味不明・たわごと, 携帯・デジカメ, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.08.26

本日回転中

今日は回転させてもiPod!に120分のプレイリストを仕込み、ノルディック・ウォーキング120分に挑戦。
要は先週の90分バージョンから何曲か削り、何曲が追加して、よりウォーキングに適したプレイリストにした、というもので、21曲が29曲に拡大した。

コースは、近隣住民御用達の抜け道から万博外周に出て、一旦万博記念競技場に立ち寄ってからエキスポランドの北側の道を西進し、モノレール「万博記念公園」駅からさらに西に進んで再び外周に出、そこから時計回りに北口、みのり橋南と進み、もう一度万博記念競技場に出て、そこからJR茨木方面に向かって、名神高速をくぐってから自宅方面に転進する、というもの。
平均時速4km/hで歩けば約8kmぐらいの距離になるが、途中で休憩も挟むし、一方で4km/h以上のペースで歩く区間もあると思うので、まぁやはり8kmぐらいになるのかな。

天候は・・・大変よく晴れている(^_^;)
今日もハイドレーションと熱対策が重要になる。
発汗に対しては、デュポンのヘッドバンドとリストバンドを投入したので、「流れる汗をぬぐいながら」という鬱陶しさからはかなり解放された。

万博記念競技場まで行くと、何かものものしい雰囲気。
近づくと、大勢の警備の人がいて、立入禁止のテープなどがあちこちに張り巡らされている。

Aminoshiki_2なんじゃいな・・・と思いつつ、営業していない売店脇の自販機で燃焼系アミノ式を購入。デザインバーコードは「引っ張り系」のお兄さん(写真左)。ご苦労様です(_ _)

ものものしい警備は、どうやら世界陸上絡みのもの。ここも練習会場として使われているのだ。ご苦労様です(_ _)

Expo070826ということで、万博記念を左に、続いてエキスポランドへ。
営業再開後も客の入りは思わしくない、ということだが、実際問題、夏休み最後の日曜日というのに、この人出では惨憺たるものだろう。

外周の反対側に出て、予定通りのコースを辿り、再び万博記念競技場へ。何しろ、さっき購入した燃焼系アミノ式がもうなくなったのである(^_^;)
これの他に、リュックには「富士山のバナジウム天然水」が入っていて、ハイドレーションチューブで飲めるようになっているが、こちらの残りもそろそろ心もとない。やはりかなり体が水分を要求している、ということだ。
もう一本燃焼系アミノ式を購入。またも引っ張り系お兄さんバーコード。別の自販機で買えばよかったかな(^_^;)

そんなこんなで、最後はクールダウンでゆっくり目に歩いたものの、多分これまででも最も長い距離を歩いたのだろうと思う。体力的にはまだまだ余裕がある。これもノルディック・ウォーキング7ヵ月の成果か。

Shugoshin写真右は最後の休憩をとったバス停の東屋(何年か前に台風で背後の池に崩落した後、建て直されたもの)に貼ってあったポスター。アナタの自転車の守護神は、こんなところにいた(^o^)

ちなみに今日は、去年の秋に水没させて引退を余儀なくされたW32Hをデジカメとして復活させて持参。
カメラとしてはW43Sよりかなりマシだと思う。
というか、折角のminiSDがたっぷり余っているので、活用しないと・・・ということもあったりして。

2007 08 26 08:30 AM [music with iPod, Nordic Walking, Photograph, 携帯・デジカメ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.05.31

反撃するのは

星の広告が目立つので、てっきりサッポロビールだと思っていた。
だから、反撃する相手はスティールパートナーズなのかなと。
しかも「2.0」って・・・何故今頃?というタイミングで、つまり手垢がつきまくって陳腐化した段階で、それを使うなんて、多分健全な判断力を持っているIT企業ではあり得ない広告であろう。

ところが、ドーチカを歩いていると、ドコモショップのあたりに集中的にこの星のマークがついているワケである。
<uso width="800">最近ようやくそれがドコモの広告だと気づいたワケだ。</uso>

こういうことを書いておられる方もおられる。
〔大前研一「ニュースの視点」〕KON162 トヨタの“謙虚さ”とDoCoMoの“傲慢さ”から見える経営の本質

別に大前さんでなくても、ナニ考えてんだ、とは思うけど。

ドーチカにはSBMのショップがあって、その隣に、倍ぐらいの面積のドコモのショップがあって、さらに一番南の端にauのショップがある。

仕事が終わって、その一番南の端からドーチカにもぐると、3社の置かれている状況というか、姿勢がよくみてとれる。

20時半ぐらいにドーチカにもぐると、auショップは最後ぐらいのお客さん相手に接客していたり、ぼちぼち店じまいの準備をしていたり、日によっては既に閉めていたりする。

次にドコモショップだが、これぐらいの時間帯だと、まず確実にシャッターは下りている。

その隣のSBMはと言えば、まだまだやりまっせ、という感じで店はウェルカム状態である(しかし客は殆どいない)

反撃は・・・当分ないと思います。

2007 05 31 11:58 PM [携帯・デジカメ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.04.27

昨日の話

多分明日になってから書くので、正確には一昨日の話になる予定。

******

これもこれだけで終わってしまうのは気が引けるので、少し水増し。

このエントリーはこんな時間に携帯から書き込んでいますが(水増し部分は帰宅後PCから書いていますけど)、ひところ危機的状況に陥っていた携帯の電池が、突然復活してしまいました(^_^;)

実は火曜日に長い会議の最中、ひっそりと活動限界に達していて、休憩中に携帯を取り出してみると、完全に電池が切れていました。
仕方ないので、自分のデスクのところに置いて充電しておいたのですが、これで電池が覚醒したのでしょう。どこから見つけてきたのか、N2機関を捕食したらしく、今はとても快調です。

それはよいのですが、リチウム・イオン電池の特性が、ますますわからなくなってきた今日この頃なのでした(^_^;)

2007 04 27 10:41 PM [携帯・デジカメ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.04.22

苦手

携帯の液晶保護シートを貼るの、どうも苦手である。
去年9月に購入したW43Sだが、ここにきてようやく出荷時からついている保護シートがはがれかけてきたので、かねてより購入してあったラスタバナナの保護シートを貼ったのだが、やっぱり少し斜めになってしまったし、少し空気が入ってしまった。

「貼り直しができる」と書いてあるのでチャレンジ・・・を、今度はまっすぐ貼れた(^o^)

苦手なことを一つ克服した、というのは気分がよい。

・・・てなことをしているうちに札幌が東京Vをボコにしているようである。どっちが「超攻撃的」でどっちが「9バックの超守備的」なのか、これではわからんな(笑)
というか、東京Vの守備がザルか。ここ3試合で8失点というのもダテではない。
地元で大勢のサポーターがかけつけてくれると勝てない、という札幌も、これで苦手を克服できたようである・・・なんて書いていたら1点返されてしまった。

******

後半に入ってPKで1点、さらにすぐにもう1点入って同点。
やはり勝てないのね、と思っていたら、札幌も1点追加して、今4-3。派手でよろしいな(^_^)

J2は取り敢えず東京Vと水戸が沈んでくれればそれでよくて、関西勢が上がってくれればさらによし。しかしセレッソはいけませんなぁ。京都も今ひとつやし。

2007 04 22 01:30 PM [Football, グッズ, 携帯・デジカメ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.04.20

今日は広島へ

Pa0_0464今日はかなり余裕のあるスケジュールで、広島は廿日市までの日帰り出張。

ひかりレールスターのオフィスシートで昼過ぎ広島着。その後お好み焼きでも食べて、廿日市のD社へ。
予定では17時に打ち合わせ終了のはず。まぁ遅くなっても明日は休みだし、気は楽(^_^)

広島では「おむすび・むさし」で「元気うどん定食」
あんかけの細うどんに、肉やらにら(?)やらきくらげやらが入っていてボリュームたっぷり。鍋焼きとか味噌煮込み並みに熱いので、別のお椀によそって食べるのがスタンダード。
おにぎりが大変評判な店だそうだが、その評判に違わず美味でした(^_^)。おにぎりだけど、米がもちもちしている感じ。粳米だけでこんな感じになるのかな?あるいは糯米を混ぜているのかな?

その後、在来線で宮内串戸まで行き、タクシーで10分ほど海に向かって走ると、倉庫街の中にD社の本社が出現。
元々物流倉庫だったところを改造して本社機能もこちらに移されたのだそうだ。

会議は16時半までには終わり、17:19ののぞみで帰阪。
来月も同じ趣旨の会議があるが、今度は名古屋・荒子川公園近くのE社にて。

新大阪到着後、梅田に出る用事があったのだが、それは全て空振りに終了(+_+;)
結局大阪駅に戻ったら20:30頃。緑地公園に向かっても時すでに遅し・・・ということで、いつもの「るぅ~」に行くと、最近この店に復活した常連のO氏がいたので、あれこれ話し込む。最後はやっぱりパチンコ話になるのが氏らしい(^_^;)

茨木に戻って「みどりの窓口」でICOCA定期券の区間変更処理をしてもらう。と言っても、茨木~尼崎の定期を清算して、茨木~大阪を新規に購入する、ということだけである。
2ヵ月使った6ヵ月定期を清算すると36000円余りが戻ってきて、改めて6ヵ月定期を買うと30000円ちょっとで買えてしまう。大阪までは安いのだが、そこを越えると急に高くなる。
そう言えば、柏原から石山に通う上述のO氏は、磁気定期券を3枚持っておられた。柏原~大阪、大阪~京都、京都~石山の3区間に分割して定期券を購入した方がかなり安くなるらしい。駅員さんが教えてくれたそうな。親切な話・・・ではあるが、複雑な料金体系、とも言えるわな。

2007 04 20 10:35 AM [etc., 携帯・デジカメ, 日記・コラム・つぶやき, ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.04.16

堂島から五反田へ

いよいよ日付も変わって、パリ~ルーベもオグレイディの優勝で終わって、今日からは堂島に勤務となる。
勤務初日からいきなり東京出張で、昼には出て五反田に向かい、一泊して火曜日も会議三昧・・・だろうと思う。確か、その日は年齢が一つ上がる日のはずなんだが(^_^;)

それにしても、出張の手続きとか切符とか宿とかどうするのか、何も聞いてないんだけどな(^_^;)
まぁ何とかなるんだろうし、何とかしなければならないのなら何とでもするけど。

気になっているのは、最近携帯の電池のもちが悪くなったことである。リチウム・イオン電池についていろいろ調べていくと、充電の仕方にいろいろと注意事項があって、もしかしたら初期段階であまり芳しくないことをしていた可能性がある。
新たにバッテリーパックを買うと3000円ぐらいするようだし、使用期間がそこそこあれば機種変も考えるのだが、まだ半年を過ぎたばかりなのでまだ早すぎるし。せめて一年は持たせないと、機種変の費用も高くつく。

休みの日は放置してる時間も長いから、それなりに電池も長持ちしているが、腰のホルダーに入れて常時身に着けていると、やはり体温のせいもあって電池の消耗が速い気がする。
今日はカバンにでも放り込んで、しばらく構わないようにする、という作戦に出るかな。もちろん乾電池の充電器とAC充電器は必携。

それより人間の方の電池切れが心配、かも(^_^;)

2007 04 16 12:04 AM [携帯・デジカメ, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.04.05

電池切れ

風邪気味・・・というより、殆ど風邪ひきのまま、先月末から休みなくバタバタしていたので、ついに・・・

という訳ではなく、今日は何故か携帯の電池が夕方頃に危険水域に達してしまった。
毎日充電してる・・・というのは、本当は二次電池を長持ちさせるためにはあまり良策ではないのかも知れないが、無意識のうちに就寝時にクレードルに差し込んでいる(W43Sの場合はホントに垂直に差し込むタイプのクレードルなのである)ので、早くもヘタってきたのか・・・と思ったが、これが日によって消耗度に差があったりするのだ。

もちろん音声通話やネットの使用、メール作成、アプリの利用など、電池の消耗を促す行為がどの程度あるかによっても変わってくるのだが、日によってそんなに甚だしく差が生じるような気もしないので、時折首を傾げるワケである。

ゆうべに関しては、珍しく日付が変わる前に寝てしまったので、充電を開始したのも23時台前半、つまり充電完了したのも結構早い時間帯で、それが電池が長持ちしなかった原因なのかも知れない・・・などと思ったりして。
もしかしたらクレードルから外れていたのかも知れない(^_^;)

万一のことを考えて、階下の店舗でAC充電コードを購入しておく。

ただ、最近の端末は、電池マークが1つ消えたぐらいではまだまだだし、2つ消えて1つだけになっても、結構粘る。

それはそうと、Cメール宛に架空請求のメールが届いた(^o^)
相手のCメールアドレス(=電話番号)をネットで検索すると、やはり架空請求で報告があがっている。
一応警察庁のサイトに情報提供をしておく。

久しぶりにサラ・スパにさらしておこうかな。スパムじゃないんだけど・・・でもスパムみたいなもんか。

2007 04 05 11:52 PM [携帯・デジカメ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.03.09

週末のご予定は

と言っても土曜日は仕事。

日曜は休みであるが、店舗の社員対象の定期試験があって、試験問題を早朝に配信しなければならない。
メーラーで送信予約しておけばそれでよいのだが、ちょっとした操作ミスやネットワークトラブルがあったらワヤなので、無事配信されたかどうかの確認のために出社予定。

配信確認ができたら戻り、天気がよければそのまま万博公園に向かってノルディック・ウォーキング予定。雨だと梅田でちょっとぶらぶらしてから戻る。買い物するほど手持ち資金がないので、ぶらぶらするだけで戻る公算が高い(^_^;)

実は休眠状態だったCOOLPIX 880を復活させることにして、先日電池の充電も完了している。CFが32MBというのが実にこころもとないので、別の用途で使っていた64MBのをCOOLPIX用に転用予定。でも日曜日にオフィスの下で衝動的にもっと容量の大きいのを買ってしまっている可能性もなきにしもあらず。
しかし、久しぶりに引っ張り出してみると、5年(違った・・・7年だ(@_@;))も前のデジカメだけに、液晶も小さいし、その割りにボディも大きいし、昨今の製品とは比べるべくもない。でもこれからはもうひと働きしてもらわねば(^_^)

2007 03 09 11:57 PM [携帯・デジカメ, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.01.11

敗北感

いつものように昼食の弁当を買うべく駅の反対側にあるサンクスに赴く。
今日はオフィスを出るときに、以前の上司から「頼むわ」と200円を預かっている。おにぎりを1つ買ってきてくれ、ということである。この人の昼食はいつもコンビニおにぎり1つである。よくもつなぁ・・・と思うが、ずっとこれで通しているので、慣れの問題なのかも知れない。でも最初は意志の力の問題だったはずである。欲望の突き押しに圧倒され、世間体と言う徳俵で持ちこたえながら、寄り倒される寸前の状態で生きているワタシには、到底無理である。

最近のサンクスは「ムーミンキャンペーン」を展開中である。
おにぎりや弁当、サンドイッチ、パン、麺類(カップ麺は除く)などにポイントがつけられていて、それを30点集めるとムーミンの図柄のスープマグがもれなくもらえる。10点だけで陶製フィギュアセットの抽選に応募する、という手もあるが、それほどムーミンにこだわりはないので、手堅く30点を狙っているワタシである。

このポイント、100~199円の商品は1点、200~299円の商品は2点・・・という感じで設定されており、500円以上は一律5点。

何となく昔の、在りし日の「ワルツ堂」の割引を思い出させるポイント設定である。当時のワルツ堂は購入金額が1000~1999円なら100円引き、2000~2999円なら200円引き・・・という割引をしていた(会員特典だったかどうだったかとか、細かいレギュレーションはよく覚えていないが)

サンクスのポイントは商品ごとにシールが貼られているので、単品レベルでうまく立ち回らないといけない。たとえおいしそうに見えても395円の商品は、このキャンペーン期間中は避けるのが得策だ。しかし、ぴったり200円とか400円とかの商品は殆どなくて、結構ポイント負けしそうな価格設定になっているあたりが巧妙である。

前の上司用に120円のおにぎりを一つ、そして自分は500円きっかりのメンチカツ弁当、その他お菓子なども含めて883円分。ここにチロルチョコレートを1つ加えて、最後に肉まんで1009円になる。支払いはおサイフケータイで、200円で1マイル(今はキャンペーン期間中だから2マイルだったかな)のANAマイレージクラブのマイルも5マイル(もしくは10マイル)溜まる・・・はずなのであった。

品物をレジに持って行き、精算してもらい、904円と表示されたところで「肉まんもお願いしまーす」「シャリーン」ほぼ同時。

「あ、肉まん・・・です・・・よ・・・ね」
「あ・・・そう・・・なん・・・ですが・・・」

レジのおねぃさん(そう、かつて「月島もんじゃまん」を注文したワタシに、うっかり「肉まん」を出してくれて、翌日それを覚えていて返金してくれたあのおねぃさん、まさにその人である。これはもう愛なのか?<違う)と二人で、妙に病に冒されたかのような対話。

わかってはいるが、声にしてみる。
「あの・・・これ、取消しはできないんですよね」
「はい・・・」
「ああ・・・」
「あの・・・肉まんは・・・」
「いや、取消しできないのなら、結構です・・・」

まぁその、たかが1マイルか2マイル損しただけの話なんだが、妙に「敗北感にまみれる」という言葉がグルグルと頭の中を回る、そんなオフィスへの帰り道なのであった。

午後、デスクワークにいそしむワタシの脳内BGMは、何故かマーラーの9番の終楽章。何故だ。あれは敗北の歌か? ではこの曲、この楽章を溺愛してきたワタシの人生も敗北に彩られたものだったのか・・・などと人生を観照しているヒマがない程度に慌しい一日ではあったのだが、今はこんなものを書いているからヒマなのかも知れない(^_^;)

2007 01 11 10:18 PM [(-_-;), etc., 携帯・デジカメ, 日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.11.06

頭が悪いというよりは

こういうのは、頭でっかち・・・ということなのかな。

ソフトバンク:携帯手続きまた制限「万全を期すため」

これだけ顧客を混乱させておいて、またまたシステム停止して、それでまた新契約プランをスタートさせる・・・
机上のプラン、というか、トップマネジメントのレベルではこれで上位2社に迫ろうという魂胆だったのだろうが、その考えや計画が、組織の末端どころか、結構幹に近いところにすら行き渡っていない・・・という印象を受ける。

2006 11 06 11:51 PM [(-_-;), ニュース, 携帯・デジカメ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.10.31

第1R au一人勝ち

10月30日(29日現在)までの数字は、まぁ事前の意向調査通りの結果。

元記事はこちら

ドコモは約6万件減少
(対au -63,200、対ソフトバンク +3,000)
auは約8万600件増加
(対ドコモ +63,200、対ソフトバンク +17,400)
ソフトバンクは2万400件減少
(対ドコモ -3,000、対au -17,400)

ドコモは対auでは完敗だが、対ソフトバンクでは辛勝。
ということは、ソフトバンクの一人負け。
あのシステム障害は、あまりに多いMNP転出(ポートアウト)を処理しきれなかったのか、ポートアウト阻止のためにわざと障害を偽装したのか・・・などのウワサも(笑)
だとしたら、障害が解消したら、さらにこの傾向に拍車がかかるのかも知れない。

ドコモのポートアウトは、それこそ「想定の範囲内」だろうし、この程度ではビクともしないだけのシェアを持っているが、ソフトバンクはここでもちこたえないとしんどいだろうな、と思う。
なりふり構わず「予想外割」を打ち出してはみたものの、今度は公取委にかみつかれる始末。そりゃ、あの内容とあの広告の打ち方では、かみつかれない方がおかしい。どうも、やることなすこと話題にはなるけれど、すべからくお粗末ですなぁ(-_-;)

2006 10 31 12:00 AM [携帯・デジカメ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.05.23

mixi stationやら何やらかんやら

SNSだからこそ、こういうこともOKなのかなぁ、という感じ。
iTMSでiMixを公開するのとはまた違って、その人の「ホンネ」の部分が見えてきて、面白いかも知れない。

mixi、音楽でつながる新サービス「mixiミュージック」。iTMSとの連動も

プレスリリースは→ミクシィ、音楽で熱くつながる「mixiミュージック」サービスを開始

SNS内での話題作りにもなるし、知り合いが今、何にハマっているのかを知って、そこから自分の世界を広げていくことにもつなげることができるだろう。

で、もう一つ気になるニュース。

KDDIとソニー、6月にウォークマン携帯発売、その狙いは?

W42Sの形状は、W31Sの流れを引くもののようであるが、よりミュージックケータイとして開き直った(笑)スタイルを示している。1GBの音楽専用メモリ内蔵というのも、まぁ悪くない感じだ(W44Tも1GB&青歯レシーバー付属)
音楽再生だけなら、1回の充電で連続30時間までいける、というのは、なかなかのものである。
かなり面白い機種だが、さすがにその特殊な志向性ゆえか、W32S、W41Sでは対応していたEZ Felicaには対応していない模様。ソニエリなのに(^_^;)

さて、どうでもいい話だが、ワタシのiTunesのプレイリストも、随分凄まじい分量になってきている。
登録データ自体も30GBを超えているので、だんだん「入れたのに全然聴いてない」というものも目立つようになってきている。
そこで、「孤閨をかこつ曲」などというスマートプレイリストを作ってみたりもしてみた。「2006年3月31日以前に追加した曲」で「再生回数が0」で「podcastではない」ものを「上限2時間」で「ランダム」に取り込む、というコンセプトのプレイリストである。
ランダムだから、ワケの分からない並びになることもある訳で、記念すべき1発目のプレイリストは、小川美潮サマの「On th Road」から始まり、コープランドの「庶民のファンファーレ」、フランセの木管五重奏曲第2番第3楽章・・・なんて感じで続いていく。

「はて、これを聴いていない訳はないのだが・・・」というものも含まれているが、iTunesのバージョンアップ時に楽曲データが飛んでしまったりしたことがあり、その影響がまだ残っている。全般的にはCopyPodで修復はしたものの、再生回数に関しては完全には修復しきれなかった(不完全には修復した(笑))ために、同じ曲、アルバムなのに、トラックによって再生回数10回のものがあったり、0回のものがあったり・・・という現象が生じているのである。

このプレイリストはスマートプレイリストだから、1回聴くと、次にiPodを接続したときには、当然再生回数が0ではなくなっているので、リストから削除され、それ以外で条件を満たしているものからランダムに2時間分が選ばれる、という仕掛けになっている。

上記のような事情はあるにせよ、再生回数が0であるということは、あまり積極的に聴こうとはしてこなかったものが多いので、こういう形で自動的(受動的)にリストが作られ、そういうものを寝るときなどにかけておく、というのも、結構面白い。次に何が出てくるのか知らずに聴けば、面白さもひとしおである。意外な掘り出し物があったり、ということもあり得る。
自分なりのヘビーローテーション系とは別に、こういう楽しみ方も、iTunes(に限らないとは思うが)にはあるということである。

2006 05 23 01:09 AM [music with iPod, パソコン・インターネット, 携帯・デジカメ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.05.21

盤寿の初携帯

母携帯01どうでもよい話だが、うちの母は今、盤寿である。
今でも日々の買い物やら彼岸の墓参りなどで外出することは日常的にあるが、さすがに持っておいてもらった方が何かと便利であろう、ということで、携帯を一台購入し、使ってもらうことにした。

母携帯02ご覧の通り、A5517Tのピンク。
高齢者向け(ばかりではないだろうが)に人気の「簡単ケータイ」である。
ITmedia +D モバイルのランキング(5/8-14)ではauの第2位にランクインしている。
母の日需要もかなりあったのだろう。
ドコモの首位も「らくらくホン2」F881iESである。キャリアを問わず、この手の「操作シンプル、見やすい・使いやすい系」の携帯が売れている、ということのようである。

そんな中、ケータイ業界的には、滂沱不穏の「AQUOSケータイ」905SHがなかなかの話題である。この週末には店頭に並ぶ予定だが、どの程度売れるか注目される。
参考記事:後出しジャンケンの最強ワンセグ携帯

去年の9月に「ワンセグで地デジ」というエントリーを書いたとき、

現在の携帯の標準的な液晶は240×320ピクセルであるから、横にしたらちょうど収まる大きさということが意識されている訳だが、もしかしたら横長の機種(長辺側で折りたたむ)なんかも登場するかも知れない。

なんてことを書いたが、905SHは「サイクロイド型ヒンジ」というものを採用して、画面部分のみを横長にすることができるようになっている。こういうタイプもこれから増えてくるかも知れない。W41Hのような回転2軸タイプも、例えば液晶画面上で様々な操作ができたり、側面・背面をうまく利用するなどすれば、まだまだ挽回の余地がある。P901iTVのような・・・これはないな(笑)

滂沱がソフトバンクの軍門に降り、KDDIはソフトバンクと対抗すべく、Googleとタッグを組む、ということである。
かたやYahoo!であり、かたやGoogle。インターネットの世界での旧勢力と新勢力の代表選手をバックにつけた、という点で、この対決は興味深い。
参考記事:EZwebにGoogleの検索エンジン---KDDIの真の狙いは

さて、話は戻って母のA5517Tである。
今のところ、まだ電話を受けるのとかけるのと、ワタシからのCメールを見る、ぐらいしかできていないが、「もっとかんたんマニュアル」ぐらいは読めそうだ、ということなので、そのうちCメールが飛んでくる可能性はあり得るかな、と、そんな感じである。

2006 05 21 07:49 PM [Photograph, 携帯・デジカメ, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.05.13

iPod携帯

滂沱不穏、あ、いや、ボーダフォンを引き取ることになったソフトバンクが、アップルとタッグを組むそうである。

参考記事:ソフトバンク:「iPod携帯」投入 アップルと最終調整-今日の話題:MSN毎日インタラクティブ

PCを介さずに、携帯でiTMSに接続できる、というのは便利かも知れない。
個人的にはPCを仲介することが特に不便と思うことはないし、容量の問題もあるので、携帯電話をミュージックプレイヤーとして活用することにあまり魅力は感じないが、世間的には結構需要はありそうな気はする。

問題は、ソフトバンクがそれをやる、という点だろうなぁ。
滂沱、あ、だから、ボーダフォンの、あの「他のキャリアのユーザーを拒み続けるかのようなユーザーインターフェイス(本当にミステリーなのである。基本的な操作ですら、殆ど理解できなかった記憶がある)」、そしてあのデザイン・・・どう考えても自分にとっては対象外のキャリアなのであるが、ソフトバンクが引き取って、そのあたりを一新することができるだろうか?
おそらく、そのユーザーインターフェイスにしても、既存の滂沱不穏ユーザーにとっては使い慣れたものであって、これをいきなり大きくいじってくることはないように思える。そうなると、他キャリアからの乗り換えはあまり起こりそうに思えない。逆に、ここを大きくいじると、既存ユーザーの反発→他キャリアへの乗り換え加速化を招きかねない。

アップルにしたところで、日本でソフトバンクとだけ組むとも思えないが、そのあたりはどうだろうか。
LISMOを立ち上げてしまったKDDIはともかく、最大ユーザー数を保有するドコモに一瞥もくれない、ということは考えがたい。さて、どうなることか。

2006 05 13 08:23 PM [music with iPod, 携帯・デジカメ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.05.04

携帯スロット比較検討

「北斗の拳DX」がW32Hにも対応したので、ダウンロードして遊んでみる。
以前、BBver.をやってみて、あまりにも面白くなかったので、あまり期待はしなかったけれど、やはりイマイチの感は拭えない。

まず絵がまだまだ雑。
A5404Sでやっていた頃に比べるとはるかに精細になったとは言え、まだまだ満足いくレベルとは言い難い。
白小オーラなんて、ケンシロウが激しく失禁しているのかと見紛うばかりである(笑)
動画の動きもちゃちぃ。全然なってない。

他にもいろいろ不満な点は山盛りあるが、中でもゲーム数が表示されないのは重大な欠陥である。チェリー、スイカ、チャンス目を引いてから、あるいはボーナス終了後からのゲーム数は常にチェックすべきものであるのだが、それが表示されないということは、ナンバーランプのない店で打つのと同じ不便さを強いられることになる。

ダウンロードしたけれど、殆ど触っていないのは山佐の「カンフーレディ」である。同僚がかなりハマっていたので、試しにやってみようと思ったのだが、今一つ操作性が悪い。不必要な機能もいろいろついていて、それもあって動作が重いように感じる。

とにかくひたすらハマっていたのはSBJであるが、これは確かに携帯用のアプリとしてはよくできている。絵もかなり精細だし、演出もかなり実機に忠実。何より動作が軽い。実機ではないのだから、4.1秒ルールは必要ない訳で、それをきっぱり無視してくれているために、どんどんゲーム数を稼ぐことができる。ともあれ、ネットの開発陣(あるいはテクモ?)のやる気を感じさせる逸品である。

さすがにSBJもやり過ぎて飽きてきたので、次もネットの別の機種(リオデカか賞金首か十字架か、それとも真モグか・・・)でもダウンロードしてみようかと思ったりする昨今である。

2006 05 04 11:40 PM [Pachinko, 携帯・デジカメ] | 固定リンク | コメント (3) | トラックバック

2006.04.23

「状態」は終わらない

スロットを打ちに行く時間も金もないから、携帯でやってます・・・というのは前にも書いたが、今もSBJをやっている。
カンフーレディもダウンロードしてきたが、なかなかやる気にならない(^_^;)

アプリの操作ミスで、不本意ながら途中で終わってしまったり・・・ということが4度あって、今は3~4日前よりスタートさせた5度目のチャレンジ中なのだが、何とスタートの50枚でBBを引いてから(そのこと自体、大変ラッキーであるが)、スランプグラフを描くなら右肩上がり一辺倒の展開で、現在30000枚を突破している。
問題はゲーム数なのだが、これがまた何とようやく7000Gを少し上回ったところ。つまり、普通に開店から閉店まで打ったとしても、あり得るゲーム数である。
もちろん、ボーナス中のゲーム数がカウントされていないので、そう考えるとちょっと1日でこの数字というのは難しいかも知れないが、それでもともかくゲーム数の4倍前後のコインを獲得しながら、ここまで到達し、なおも「状態」は継続中である。

SBJの醍醐味は、ストックタイム(ST)でボーナスをストックし、またBB中のミニゲームを通じてST突入の期待が高まる・・・という流れにある。STが50→100→150→・・・と長くなればなるほど、ボーナスストックの可能性が高まり、BB中のミニゲーム(ルーレット3択)が当たれば当たるほど、ST突入率が上がる。
これがうまい具合に絡み合うと、BB→ST→BB→ST→BB→・・・のループに入る。
今回はまさにそれが極端な形で継続している感じである。

ST中は絵札が出るとボーナスストックの可能性が高まる。絵札の種類(ジャック→クイーン→キング→ジョーカー)、絵札後のRioのアクション(出現せず→Vサイン→ウインク→投げキッス)によって、期待感、ボーナスストック数などが変化し、数札の場合は、スペードが出るとST継続の期待が高まる。
また50×nゲーム目終了時にRioのアクションがあれば継続決定だが、それもVサイン→ウインク→投げキッスの順にボーナスストックの期待感が高くなる。

ジョーカーも出た。
投げキッスも何度となく見た。
7000ゲーム回していると言っても、そのうち5000ゲーム前後はST中だったような気がする(^_^;)
さらに500ゲームぐらいはRioチャンスであろう。通常時は1500ゲームほどしかないような・・・(@_@;)

BR比も凄い。
SBJのBR比は5:2ということだが、現時点で71:19である。かなりBBに偏っている。
BBの平均獲得枚数を380枚、RBが112枚と考えると、これだけで29,108枚。
あれれ? 現在の獲得枚数は30,103枚だから、1,000枚ほど多い勘定である。
ということは、ST中にそれだけ増えた、ということかな。
確かST中のコインの増加は1ゲームにつき1.4枚程度だから、もしSTが5000ゲームほどであれば、ST中だけで7000枚増えていることになる。

そして、これが実戦なら、等価で600K円程度、6枚交換で500K円程度の収益、ということになるのだが(^_^;)

設定は・・・10ぐらいだな(笑)

2006 04 23 10:05 PM [Pachinko, 携帯・デジカメ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.03.25

一撃一万枚

STとBB、RBの妙なる調和。
そしてST中のジョーカー+Rio投げキッス。
それまで2600枚程度だったコインは、わずか1500Gほどで12800枚にまで増殖した。

恐るべし、スーパーブラックジャック。

それまでにも、5800枚程度まで到達してはいたのだが、じりじりとコインを減らし、ハマってはRB→ST発展せず、を繰り返し、1000枚程度の放出は時折あるが、2500~3500枚の間をうろちょろする、という展開であった。

それが、突如として大爆発を起こしたのであった。
この機種が大爆発を起こすとすれば、ロングST(ボーナス後ならST500、通常時からならST777)を引いた時ぐらいなのかな、と思っていたが、150で終わったSTで、ジョーカーを引き当て、Rioちゃんの投げキッスがそれを祝福してくれる。ジョーカーを引いたときは、RC7連の期待大ということだが、まさにそれが目の前で起きた。

ST中にBB、RBの抽選に当たることもしばしばであり、それらも合わせて一体何回ボーナスを引いたのだろう・・・というぐらいで、最後は朦朧となる。

最大の問題は、これが携帯の中で起きていることである、という点であろう。
何しろ、ゲーム数は現在16584である(笑)
専業の方がフルで打っても2日はかかる(^_^;)
いや・・・まだ続けますよ。
・・・あ、またBB引いちゃった(笑)
こいつ、STとボーナスがループするとえらいことになるねぇ。

2006 03 25 02:53 PM [Pachinko, 携帯・デジカメ] | 固定リンク | コメント (3) | トラックバック

2006.03.19

ようやく登録

ANAマイレージクラブEdyの登録を完了。
カードはちょっと前に届いていたのだが、なかなか落ち着いて何かをやる時間がとれず、今日ようやく登録できたという次第。
これで、毎日サンクスで昼食を買うたびにマイルが貯まる、というワケである(^_^)

あとは、例えばうちの職場の真下に「TAPA」や「甘太郎」があるが、ここでもEdyが使えるので、利用するとやはりマイルが貯まる。ただ、職場の近くでは最近殆ど飲む機会がないのだが(^_^;)

そう思うと、先月の名古屋出張でAPAホテルに泊まる前に、会員登録しておけばよかったのだが、まぁW32Hに機種変して、すぐに登録しても、出張時までにカードが届いていたかどうかは微妙なところなので、これはやむを得まい。
取り敢えず今後泊まるホテルはAPAかANAか東急インか・・・という感じだな(^_^;)

ANAマイレージクラブEdyではEdyでの支払い200円で1マイル貯まるのだが、毎日のサンクスでの支払い額の平均が600円ぐらい(弁当類とお菓子など)とすると、1日3マイルぐらい貯まる。月に15回ぐらい利用したとして、月45マイル。年間トータルで540マイル貯まる計算である。
その他、大阪マルビルのスタバなどでも使えたりするし、マツキヨでも使える。コロワイド系の店はかなりの確率で使えるし、「てもみん」でもかなり使える。コンビニではサンクスの他、サークルK、am/pm、ポプラ(生活彩家を含む)で利用できる。これらを平均して月6000円ぐらい使ったとして、20マイル。年間240マイル。
合計すると年間780マイルぐらい貯まるかな、と予測する。

飛行機そのものに乗る機会が殆どないのだが(^_^;)、貯まったマイルはまた10000マイルを10000Edyに換えて買い物に利用できるので、長い目で見ると0.5%の割引みたいなものでもある。ただ、上のようなペースで貯めても、マイルの有効期間である3年の間に10000マイルは貯まらないのだが(笑)

2006 03 19 10:32 PM [携帯・デジカメ] | 固定リンク | コメント (6) | トラックバック

2006.02.21

W32Hでの1ヵ月

正直、今でもneonに未練はあるけれど、一方でW32Hに非常に満足している、というのも事実である。
auユーザーでよかった、とも思う。

まずは手に馴染む、そのデザインである。
個人的には"Photon Torpedo"と呼んでいるが(笑)、どっちかと言うと、光子魚雷の発射管から射出される宇宙艦隊仕様の棺、という趣のあるデザインである(^_^;)
角張ったところ、出っ張りなどを極力排した角丸長方形のシンプルな形状は、なかなか飽きのこないデザインで、大変よい。
また、色使いと素材感も実に渋めでよい。

機能面はまずまずである。
おサイフケータイとして、毎日の昼食を調達しに行くコンビニ(サンクス)で大いに活躍しているし、出張中もサンクスやサークルKでその威力を発揮してくれている。APAホテルでは宿泊代金の決済で利用しようと思ったけれど、チャージする時間がなかったので、これは果たせず。またモバイルSuicaの登録をする余裕もなかったので試さなかったが、いずれICOCAも対応してくれることと思うので、これはまぁ焦らない(ICOCAはICOCA定期があるので、定期券としてはそちらを利用するけれど、構内のキオスクやコンビニなどでICOCAを利用できるので、「モバイルICOCA」が実現したときには、そちらで使うことになるだろう。「るぅ~」の支払いがこれでできたら嬉しいのだが・・・というか、チャージが大変だな(^_^;))

待受ショートカットはなかなか面白い機能である。
普段からよく使う機能をPCのデスクトップ上にショートカット(エイリアス)を置くような感じで登録しておける。
オート電源ON/OFFの機能がないので、アラームを正常に利用するために、「電波OFFモード」を頻用している(電源OFFにしてアラームを設定すると、確かに電源は入るが、設定したメロディではなく、デフォルトの固定アラーム音しか使えないのである。これは改善の余地があると思う)が、これがショートカットの中でも一番プライオリティが高い。要するに、この携帯は基本的に電源をOFFにする、ということが殆どないのである。その代わりに電波をOFFにする訳である。

ミュージックプレイヤーとしては活用していない。iPodがあるしね。「ミドリちゃんの歌」だけは全曲登録しているが(笑)
まだ試していないが、FMラジオとしては活躍の可能性がある。
一方、えせ着うたはファイルサイズ150KBの制約があり、これはA5404S(上限240KB)よりも厳しい。
サンプリングレートを落とすなどで長めのえせ着うたを登録することはできるが、もちろん音質は落ちる。A5404S用に作ったえせ着うたは殆どが240KBの上限を意識しているので、そのままでは使えないのも痛い。
着うたフルはなかなかのものだが、今のところそんなにこれを活用したいと思う場面がない。
待ちうたは・・・多分使わないだろうなぁ(^_^;)
この端末は対応していないが、LISMOの先行きには注目している。

カメラに関してはA5404Sとほぼ同等の性能。
ただ、レンズの位置の関係で、自分の指が写りこみやすいのがネック。慣れるのに少し時間が必要かも知れない。マクロ用のスイッチは本体を開いた状態ではいじりにくい、というのも欠点か。
しかしQRコードの認識は極めて早い。「さぁフレームに合わせて・・・」と思う間もなく認識しちゃってるというのはすごい。まぁこれはそういうものなのかも知れないけれど。

メールに関しては可もなく不可もなく。
入力時のFEPはソニエリの機種に比べると学習能力が高いと思う(ソニエリのが低いのか?)
慣れの問題もあるが、1ヵ月でかなり習熟した。顔文字などのカスタマイズも自在で、なかなか使い勝手がよい。
メールの振り分けなどは非常に簡単で、Thuderbirdも見習ってくれ、と思ったりする(笑)

ダブル定額は実によい。
メール、EZwebの利用頻度が高いので、かなり助かっていると思う。
1月は途中からだったので、A5404S時代のと合算して、いつもよりかなり高めだったが、それでもW32Hにしてからの部分は相当割引が効いている感じである。

お遊び的要素では、オープンエミーロで随分楽しんでいる(笑)
日立のサイトでダウンロードしてきた動画を一つのユーザーフォルダに入れて、そこからランダムに表示させるようにしている。普段の待ち受け画面は月齢表示にしている。満月の時には月の中でウサギが餅をついている絵が浮かび上がって、なかなかなごませてくれる(^o^)。今はちょうど下弦の月ぐらいだろうか。

miniSDカードは今では入れっぱなしである。
PCからデータを読み込んだりするときには、マスストレージクラスが威力を発揮する。USBで接続すれば、そのままPCの外部ドライブとして認識されるので、いちいちカードを取り出して、アダプターに取り付けて、PCカードスロットから挿入する、というような手間がかからないのは楽ちんである。

電池の持ちはまぁまぁかな。
ネットにつないでメールしたりする時間が長いと1日持たないこともあるが、普通に使っている分には1日半ぐらいは平気で持つ感じがする。過充電は電池の寿命を縮めるので、充電完了を音で知らせてくれるのは実にありがたい。

ということで、まだまだ使っていない機能もたくさんあるのだが、今でもかなり満足度の高い端末である。

2006 02 21 12:58 AM [携帯・デジカメ] | 固定リンク | コメント (6) | トラックバック

2006.01.20

朝、目ぇ覚ましたら

天気がよかった訳でも、甲虫に変身していた訳でもなく、携帯がえらいことになっていたのである。
前日、さんざんneonはええなぁ・・・と公式サイトをためつすがめつしていたことに、A5404Sなりの僻みの反応を示したのであろうか。

まず、余裕をたっぷりとっていたはずのメールボックスが、いきなり満杯(500件)になっている。
もしや、トラックバックスパムかも・・・と思って、中身を見てみるのだが、10個のフォルダに振り分けしていたメールの件数自体が、前夜最後に見たときとまるで違った数字になっている。トラックバックスパムなら、ニフティのメールにその旨通知がくるから、それはメインフォルダに入るはずである。しかし、それ以外の所も増えたり、あるいは減ったりしている。

試みにメインフォルダを眺めてみたのだが、驚いたことに、件名も差出人も表示されていないものが100件以上も「表示」されている。
「なんじゃこりゃ」と思って開こうとすると、携帯の液晶画面は真っ白になり、フリーズしてしまった(+_+;)
瞬時に「ウイルス?」という言葉が口をついて出る。

昔の携帯と異なり、電池パックが簡単には外れない形状なので、電池を外して再起動、とはいかず、これはえらいこっちゃと思っていると、新着メールを受信して、あっけなく自力で再起動してしまった。
しかし、その後も特定のフォルダを見に行ったり、特定のメールを開こうとするとフリーズしたり、勝手に再起動したり・・・と動作は不安定さを増していく。

会社に行き、昼休みに階下で電池を外してもらったけれど、それでどうなるものでもなく、不安定な状況は解消されない。
折角、前夜「neonを買うぞ」と心に誓ったにも関わらず、心ならずも1ヵ月早く機種変を強いられることになってしまった・・・(;_;)

とは言え、今の時点で機種変するのなら、多分これしかないだろう、という機種は、ある。
W32Hである。

今の携帯番号にしたときの最初の機種がC302Hで、以降C409CA、A3014S、A5404Sと遍歴を重ねてきたので、4機種ぶりの日立端末ということになる。
ソニエリのW32Sと同時に発売された、au初のおサイフケータイでもある。

実のところ、うちの職場でもW32Hユーザーが2人もいる。そのうちの一人に使用感などを聞いてみると、これが実によいらしいのである。ミュージックケータイであり、なおかつおサイフケータイでもある、という点、さらにPCサイトビューワー、PCドキュメントビューワー標準装備、データフォルダ容量41.5MB・・・など、今使用しているA5404Sに比べると、さすがに2年間の技術の進歩は凄いものだな、と思わせられる。
そういうこともあって、「もし今機種変しなければならないのであれば」という条件下ではあったが、最有力候補に挙げていたのが、このW32Hだったのである。

だから、若干neonに心惹かれるものはあったけれど、まぁ次善の策ということで、その日の晩にW32Hへの機種変を終えてしまった。
しかし、やはりA5404Sの不具合は深刻だったようで、アドレスデータなどの移行はできなかったようである(+_+;)
これを一からシコシコと入力するのは面倒なので、何とかよい方法を考えねばならない。

2006 01 20 11:56 PM [携帯・デジカメ] | 固定リンク | コメント (4) | トラックバック

2006.01.19

これは欲しいかも・・・

auの新機種が一斉に発表になった(関連記事、新機種オフィシャルサイトはこちら
注目されるのは、携帯初のHDD搭載機種W41Tであるが、同じ東芝が手がけたau design projectの「neon」がなかなか面白い存在だ。

「neon」は「INFOBAR」を手がけたことでも知られる深澤直人氏とのコラボレーションなのだそうである。
INFOBARが出たときも衝撃的だったし、タイミングさえ合えば欲しいなぁ・・・と思ったものである。残念ながらそういう巡り合わせにはなかったのだが、その後もau design projectの動向には注目している訳である。

そして、いよいよ今回はタイミングが合いそうな気がしないでもない。
neonの面白いところは、その質感であり、形状であり、コンセプトを現実化するにあたっての徹底ぶりであろう。
機能的には多少物足りない点もないではないし、おサイフケータイでないのは不満な点であるが、それを補って余りある魅力がneonには満載されている。

個人的には、neonを買うならshiroかな、と考えている。
白いボディの表面に唐突に浮かび上がる赤色LEDのディスプレイは、実に新鮮である。
ある意味、iPod以上に、所持していることに喜びを感じさせてくれるような、そういう逸品だと思う。

発売は2月下旬とのことで、それまで今のA5404S君には頑張ってもらわねばならない。
しかし・・・どうもこのところ電池の持ちが非常に悪い。
2月までもつのかどうか・・・

・・・なんてことを書いていたらですね(^_^;)(次の日に続く(笑))

2006 01 19 11:53 PM [携帯・デジカメ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.11.20

帯に短し・・・

MOCHAに倣って、携帯新機種についてあれこれ思いをめぐらせてみる。
もっとも、こちらはMOCHAとは異なりauなので、中身はだいぶちゃいますが。

現在使っているのがCDMA 1XのA5404Sで、2003年12月22日に機種変している(そのときのブログはこちら
その前もA3014Sで、2台続けてソニエリのジョグ機だったので、当然次もその路線で・・・と考えるのがフツウである。

現在auのラインナップの中で、ソニエリの製品はCDMA 1XではA1402SとA1402SII、CDMA 1X WINではW31SとW32S。ジョグ機はA1402SとA1402SII、W31Sはスライド式で非ジョグ機、W32Sは折りたたみに戻したが非ジョグ機。
アプリのゲームへの対応を考えると、これからジョグ機が出るかどうかはかなり難しいところで、ジョグユーザーとしては非常に悲しいと言わざるを得ない。
ただ、なければ携帯なんていらない、というほどの入れ込み度ではないから、使いやすければどんなんでもええ、とも思う。

で、今後のことを考えればWIN端末ということになるが、W31SとW32Sを比べると、全く違うコンセプト、系列の機種である、ということがわかる。W31Sは明確に「ミュージックケータイ」をうたっており、加えてカメラも201万画素クラスを搭載している。一方のW32Sは「おサイフケータイ」であり、音楽機能もW31Sほどではなく、カメラも125万画素にスペックダウンしている。iPodユーザーである立場で考えると、携帯の音楽機能はほどほどであれば問題なく、着うたフルが使えるんならそれで十分という感じである。だから、個人的にはW32Sでよいのかなぁ・・・と言う気もしているのだが、どうも完全に納得しきれない、あるいは割り切れない気持ちがある。

デザイン面を考えると、同時期に出たW32Hも悪くないなぁ、と思う。こちらは「おサイフケータイ」にして「ミュージックケータイ」でもある。PCサイトビューワー、PCドキュメントビューワー内蔵なのもよい。機能的にはW32Sよりもよさげに映る。

ただ、A5404Sユーザーであるということは、メモリースティックDUOユーザーでもあるということであり、W32Hに乗り換えると、MS DUOからminiSDに乗り換えねばならない、ということもネックとなる。
それと、W32SにしてもW32Hにしても、メインディスプレーのサイズが2.2インチであり、現在主流の2.4インチに比べるとやや小ぶりであることは否めない。その辺が使っていて不満に感じそうな点でもある。

12月に入ると、ワンセグ対応のW33SAが出るが、これは「おサイフケータイ」ではない。またワンセグは来春対応だから、慌てて買う必要もない、とも言える。ゴツいデザインも今ひとつだが、機能的にはなかなか充実していることも確かである。

会社の同僚がツーカーからの乗換えで買ったW31CAも面白い存在である。2.6インチのメインディスプレイは一目で「広い」と感じるし、320万画素のカメラはゼイタクである。PCサイトビューワー、PCドキュメントビューワーも搭載している。今店頭に出回っている機種では、一番高いのもうなずける。

薄さが自慢のW31Tも機能的にはまずまず。W32Tがもうすぐ出るんだったかな。

そんなようなことを考えていくと、「やっぱりW41Sですかねぇ・・・」となってしまうのですよね(^_^;)
希望としては、「おサイフケータイ」で、PCサイトビューワー、PCドキュメントビューワー搭載、マスストレージクラス対応、データフォルダ容量40MB以上(この際だから128MBぐらい(笑))、2.4~2.6インチメインディスプレー、200万~300万画素クラスのカメラ、メモリースティックDUO対応(^_^;)、ワンセグ対応はどっちでもええか(笑)、結構電池が長持ち、でも薄くて軽くて、デザインがシンプルで、カラーバリエーションが渋め・・・

お願い、ソニーエリクソンさん(^o^)

2005 11 20 08:32 PM [携帯・デジカメ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.04.18

W31Sなのだが

ジョグのないソニエリなんて・・・とは思っているものの、それでも夏頃には手にしているような予感がしないでもない昨今である。
だからこそW21Sを見送ったのだし、今使っているA5404Sもこの夏には1年半になるし、徐々にガタがきていることも確かだし・・・

スライド式にしたことには批判的な声も多いようだが、ミュージック携帯を目指す上では一つの選択肢だったのだろうな、とは思う。
まだ店頭のモックを触っていないので何とも言えないが、持ってみた感覚や、使い心地のようなものを確かめてみないと・・・とは思っている。ただ、耐久性という点では不安があるのだが、どんなものだろうか。

・・・と言いつつ、W32Sでネット検索をかけているワタシ(^_^;)
気が早い・・・とは思ったが、やっぱりそれなりに「待望論」が出ているようでもある。
しかし、これでまた折り畳み&ジョグに戻すんなら、W31Sの立場もないだろうし、そういう観点でソニエリに期待してもなぁ・・・
スライド&非ジョグで、使い勝手を高めていけるのなら、それも一つの道ではあろう。

何にせよ、この6月後半以降が、ワタシ(の携帯)にとっては岐路である。
情報収集に努めるとしよう。

2005 04 18 11:26 PM [携帯・デジカメ] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2005.01.17

これからの携帯市場

この記事を読む限り、「ドコモは迷走」「auは躍進」「ボーダフォンは巻き返し」「ツーカーは触れられてもいない」(^_^;)ということのようだが、果たして現実はそんなに簡単なものなのかどうか?

元記事:MNP、導入してもしなくてもauの一人勝ち~野村総研

auの戦略が明確なのは今に始まったことではないが、昔からそうだった訳でもない。
うまく運んでいる現状で、社員たちにも高いモラールがあるから、この経営姿勢が維持できている、という部分は大いにあるだろう。

現実問題として、3Gで出遅れたとは言え、ドコモの底力は大したものである。
ここにきて、ようやくFOMAメインでも何とかなりそうなムードが漂ってきただけに、auとしても脅威を感じざるを得ないのではないかと思う。

ボーダフォンに関しては、正直なところ、個人的には全くよい印象を持っていない。これならJ-PHONE時代の方がよほど魅力があったと思う。駅などに巨大な広告があるのを見かけるが、あれを見てボーダフォンが魅力的だとはとても思えないのである。まぁこれは個人的な感想なので、一般的にどうなのかはわからないが。おそらく、ヨーロッパではあれでもよいのかも知れない。しかし、日本的な感性とは相容れない部分もあるのではないだろうか。

ボーダフォンは、グローバルと日本間の軋轢がサービスや端末に影響している。

と書かれているが、確かにそういう側面は否定できないと思う。

ツーカーに関しては、シンプル携帯が高い評価を得たことでもわかるように、生き残りのためには、ニッチ市場を埋めていくような動きが必要だろう。シェア4.2%ではいかんともし難いのは否めない。
KDDIはDDIポケットを手放したように、ツーカーに関してもソフトバンクへの売却、という話が出ているようだが、仮にツーカーがソフトバンク傘下に入るようなことになれば、携帯のマーケットにも地殻変動が起きる可能性がある。

ナンバーポータビリティが実施される頃に、上位3社の力関係、勢いがどのようになっているか、またソフトバンクを含めた新興勢力の動きがどうなるか、これからの2年ほどは各キャリアにとっては正念場を迎えると言ってもよさそうである。

2005 01 17 05:56 PM [携帯・デジカメ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.10.06

携帯にOpera

ついに実現しちゃいますか、携帯へのフルブラウザ搭載。

元記事はこちら

auの年内発売機種に、Operaが搭載される、とのことである。
それに伴って料金体系にも若干の変更が加えられる模様。

これが実現してしまうと、携帯でブログに投稿する際、モブログを使わなくても、そのまま直接書き込みができてしまったりする、ということになるのだろう。
まぁ入力デバイスの問題があるから、これはまだあんまり現実的とは言えないかも知れないけど。
それに、当然ながら液晶のサイズという制約もあるから、今の携帯以上にスムーズなスクロール(縦も横も)が求められるだろう。
ソニエリの機種なら、ジョグダイヤルをもっと細く、もっと突出させて、左右の傾きで横スクロールにも対応できるようにするとか(要するにマイクロソフトの最近のマウスみたいな感じ)すると面白いかも。

私の場合、A5404Sが年末で1年を迎えるが、もうしばらく使って、来年夏頃にWIN機に乗り換え、というのが現実的かな、と思っている。

2004 10 06 04:41 PM [パソコン・インターネット, 携帯・デジカメ] | 固定リンク | コメント (1) | トラックバック

2004.09.14

乗り換え意向調査

番号ポータビリティ調査の結果が出て、こんな感じの結果になった模様。
ここでもau圧勝、というところか。
むしろ、そこまで乗換えを待とうと思っている人が多いことが不思議。
番号にこだわりがある、ということなんだろうな。
それまでは指をくわえて見てるしかないワケね。そりゃつらかろう。

2004 09 14 11:41 PM [携帯・デジカメ] | 固定リンク | コメント (12) | トラックバック

2004.02.13

当たって嬉しいが微妙なところ

取引には至っていないが、たまに出入りする業者から毎週メルマガが届く。
その中で、アンケートの依頼があったので、アンケートページに飛んで、まぁ一応マジメに答えてみたところ、最新のメルマガでプレゼント当選者の発表があった。
どうも1等のところにある名前(ハンドルネーム)に見覚えがある・・・(ちいしゃ、ではないんだけどね)

「こ、これはもしかして当たったのでわ?」
と思っていたら、
「宅急便が届いてますよぉ」

当たったのはポラロイドのデジカメ。
200万画素クラスなので、実用性は十分。
記録媒体はSDメモリーカード(添付はしていない)
小型だが、自分撮り可能なように、液晶ディスプレイがちゃんと回転できるようになっている。

う~ん、う、嬉しい・・・と手放しで喜ぶべきかしら(^_^;)
速攻で会社の(と言うか、部の)備品行きになってしまったし(まぁ我が家には既にCOOLPIX880君がいるし、最近はA5404Sで撮影することが多いんで、とりわけ欲しいということはないんだけど)、SDメモリーカードも買わねばならないし・・・
こんなところで運を使い果たしたくないよなぁ・・・という気もするし(^_^;)

でもまぁ当たったことは素直に喜ぼう(^_^)

2004 02 13 12:21 PM [携帯・デジカメ, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.01.31

ニコンの新型デジタル一眼レフカメラ「D70」正式発表

ニコンの新型デジタル一眼レフカメラ「D70」正式発表
という記事が、アストロアーツに載ってる、というのが注目点。
「実際の天体撮影への適性に関しては、未知数だが、大いに期待したいところである」とも書かれていて、なかなか楽しみな機種のようですね。

2004 01 31 02:29 PM [Photograph, 携帯・デジカメ] | 固定リンク | トラックバック

2004.01.26

KDDIの着うたが「第9回 AMD Award」の大賞を受賞

KDDIの着うたが「第9回 AMD Award」の大賞を受賞
AMDって、あのAMDのことかと思ってしまった(^_^;)
それはそうと、着うたはどんなもんでしょうねぇ。
今使ってるA5404Sも着うた対応機種なので、最初はクラシック系の「着オケ」とか「着オペラ」とか物色してみましたが、料金もパケ代もかかって大変でした(+_+;)
私みたいに趣味の偏ってる人間は、自分の好みの曲やらアーティストのものに巡り逢える確率も低いしね(^_^;)
今ではあれこれと裏技を駆使して、自分で「えせ着うた」作って自己満足に浸っておりますが(^_^;)
大体、誰がケパ・フンケラとかヴァルティナの着うたなんて作るかぃ(笑)

2004 01 26 12:49 AM [携帯・デジカメ] | 固定リンク | トラックバック

2003.12.25

携帯からのアップロードでは

カテゴリが選択できませんね。
必要であれば、記事の編集でカテゴリを指定してやればよいようです。

ま、これで出先からでも手軽にアップロードができて、大変よろしい(^_^)

2003 12 25 11:59 PM [携帯・デジカメ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

携帯からのテスト

ということで、携帯からブログへのアップロードテストです。

2003 12 25 11:54 PM [携帯・デジカメ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

SPAM率

先週の土曜日に携帯を機種変して5日余り。
私は@niftyのアドレス宛に届くメールも携帯にモバイルメールとして転送しているのですが、かなりたくさん届くので、携帯ではフォルダを通常と合唱団関係とSPAMに分けて管理することにしました。

で、本日の昼時点で届いたメールの総数が500通を超えたのですが、そのうち海外から届いたSPAMが222通。
通常メールが275通で合唱団関係が3通。
通常メールも大半がメールマガジンとネットDMではあります。
しかしSPAMが4割も届いているとはね。

@niftyの場合はインターウェイを利用したウェブメール機能もあるので、届いたSPAMはここでまとめてザクザク削除しているのですが、まぁとにかくよく届いてます。
そのうちのいくつかはウィルスメールでもあるでしょう。
ウィルスに感染したと思しき人のアドレスブックを経由した転送メールなども多い。

いわゆるSPAMとして多いのは「Vicodin、Xanax、Valium、Viagraはいらんかぇ」系、「あなたのいちもつをでかくかたくしまっせ」系、「エロい画像がようけあんねやけど」系、「株はどないでっか」系、などですが、最近は「おたくに届くSPAMメールを何とかしたろうか」系も増えてきました。お前の出してるそれがSPAMやっちゅうねん(笑)

だいたいこの手のメールは、メールソフトなどの機能により、タイトルだけでハネられるケースも多いため、タイトルにも涙ぐましい工夫の跡が見て取れることが多いですね。
大文字と小文字を混ぜたり、"a"は"@"で代用したり、"i"は"1"で代用したり、単語の途中でカンマを挟んでみたり・・・まぁ読みづらいこと読みづらいこと。
特にアットマークを挟まれると、携帯のメール機能では、それがあたかもメールアドレスであるかのように解釈されてしまって、その前後の文字列に色がついてしまったりしてわやくちゃです。

まぁでも、かの国の人々が、今ナニに関心を寄せているかの一端がわかるので、面白いっちゃあ面白いです。

2003 12 25 05:21 PM [携帯・デジカメ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2003.12.22

携帯の機種変をしました

今回入手したのは、auのA5404S(シルバー&ブラック)
今の番号になってから4台目、それ以前のから通算すると5台目となります。

最初に買ったのは関西セルラー時代のデジタル機。
機種名は忘れました(^_^;)
メーカーは京セラでした。
1996年頃に購入して、約4年使いました。
最後の頃はcdmaOneが当たり前になってきていたため、使えるエリアが限られてきて、非常に不便な思いをしたものです。
でかくて重かったし。

次は機種変せずに新規購入で、関西セルラーのcdmaOne機。
C302H(日立製)でした。2000年5月購入。
当時まだ少なかった4和音のチップが入っていたのが自慢。
前の機種より2周りぐらい小さかったのが驚異的でした。
ストレートボディがなかなかなまめしいラインを描いていて、持っていて負担にならないのがいい感じです。

次は約1年後の2001年6月に機種変。既にauに社名変更されていました。
C409CA(カシオ製)のグレー。Gショックの携帯版ですね。16和音のカラー液晶。
建設業界御用達とも言われるほど頑強なボディでしたが、液晶がやや暗くて見づらかったのが欠点。
頑丈ゆえに、キータッチも重かったです。
重いと言えば前の機種よりかなり重め。色も渋いグレーで重厚そのものでした。

次も約1年後の2002年8月に機種変。
A3014S(ソニエリ)のコスモブラック。40和音になりました。
初めてのジョグ機でしたが、これはもうやみつきになります。
時代はカメラ付携帯に大きくシフトしていましたが、なかなか買い換える気にならなかったほど、結構気に入ってました。
初めてと言えば、折りたたみ式もこれが初めて。
これ以前は結構敬遠していたのですが、一度使ってみると別に毛嫌いするほどでもない、ということになりました(^_^;)
一度ブラックライトの中で見てみたかったです。

で、今回機種変したのは同じソニエリのA5404S(シルバー&ブラック)
世の趨勢には逆らえず、1.3メガピクセルのデジカメ付の機種となりました。
メモリースティックDUOが搭載可能で、こいつにTV番組を録画して、それをこの携帯で鑑賞することもできるそうです。
音源は64和音になり、着うたにも対応しました。
ワタシ的にはクラシック関係の着オケなどが楽しめるのがウレシイところです。

ってことで、C302H以降は全て実機が手元にあるので、一度全員集合写真でも撮って、こちらに掲載しようかと思います。

2003 12 22 06:13 PM [携帯・デジカメ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック