2010.11.13

ほっつきあるく

昨日は久しぶりの出張。
単独で、名古屋は伏見にある某證券を訪れ、セミナーを受講する、というものである。
セミナーは午後3時からなので、大阪で食事をしてから行くか、名古屋に着いてから食べるか、が今回のミッションの大きな焦点となる。

実は同じ某證券でセミナーを受けるのは昨年9月以来2度目で、その時は丸の内にある「からめ亭」に立ち寄ってあんかけスパゲティーを食していたこともあり、今回もその線で・・・ということに決定。

「からめ亭」は昨年4月に一社にある本店に連れて行ってもらったのが初めてで、その次に上記の9月の丸の内店訪問、今回が3度目である。
3389417_852073802_70large_2前回2回はいずれもミラカン(ミラネーゼとカントリーの合体版。あんかけスパゲティー界の最強タッグ、スーパーバンドと呼ばれている)だったが、今回は何か別のものにしようと考え、最もベーシックな「からめ亭スパ」を選択。

ランチタイムだと、これのMとLは割引適用なので、それもあって思い切ってLを注文してみる。

結論から言うと、ちょっと失敗(^_^;)
Lはデカかった・・・
それと、「からめ亭スパ」に満遍なく散在している卵。これがちょっと微妙。やはりミラカンMにしておくんだったか・・・

食後に有機栽培珈琲をいただき、長島町通りを南下して伏見の某證券へ。
なかなかためになるセミナーでございました(^_^)

セミナーは17:30過ぎに終了、伏見駅に急ぎ、1駅乗って名古屋へ。
名古屋から新大阪に戻って、御堂筋線で緑地公園へ。金曜日なのでセンチュリーの練習なのである。いつもより早く練習場に着けた(^_^;)

練習は本山先生の担当で、メンデルスゾーン「最初のワルプルギスの夜」
妖しい歌詞、それもかなりの早口(現地ドイツ人でも四苦八苦するらしい)が最大の難関で、音程面で苦しむ、ということは殆どない。
かなり楽しい作品なので、2月12日の本番には多くの方にお越しいただきたいと思っております(また後日正式にご案内をアップします)

練習後は江坂に戻り、OLDBARに立ち寄る。
この日はcomet師匠と、その教え子のファルコン6女史、そしてまのちゃんの4名で飲むことになっており、府議会の某大変な党の議員絡みのとばっちりを受けたまのちゃんは店直行予定で遅刻、師匠と女史が先乗りしてくれていた。

途中でまのちゃんも合流し、ファルコン女史にマイミク申請してもらって、その後おとなしく白ワインやら清酒ぎん吟を空けた後、「日本酒を飲もう」ということになる。ファルコン6女史は新潟産である。体液中の日本酒構成率がかなり高いと評判である。

comet師匠から江坂によい店がある、だが、マスターがオレよりようしゃべるんで、ちょっと・・・と半ば推薦、半ば躊躇気味に紹介された店「酒友」に移動。
名前は聞いたことがあったのだが、実際に店に入ったのは初めて。
3389417_852074594_47large_2取り敢えずオリオンビールで乾杯した後、出てきたのが「獺祭(だっさい)」のあらばしりと発泡にごり酒である(@_@;)

これだけだとよくわからんかも知れないが(^_^;)
アテもうまく、職人さんが握るお寿司も絶品。
「獺祭」を飲んでいる、とツイートすると、たちまち多数のメンションが・・・(^_^;)

その後も「すず音」「月うさぎ」と発泡にごり酒を続けて、ここで女史が電話で呼び出されたので、それを合図に店を辞す。
3389417_852076112_165large_2ちなみにマスターはこんな人

残ったおっさん3人は江坂を少しうろうろした後、タクシーで関大前の「うずら」に向かうことにする。最近師匠がしょっちゅう寄っている店で、ワタシは2度目、まのちゃんは初めてである。

店に着くと、さっき別れたファルコン6女史がいて大笑い。
ご友人とその彼氏と一緒だった。忙しいね(^_^;)

ここで銀滴とか竈猫をやり、まのちゃんがいよいよ離脱。
関大前からタクシーで三田だと、いくらかかったのだろうか・・・(^_^;)

師匠とワタシはタクシーで茨木へ。
JR茨木駅前まで行き、師匠の夜明かし先としてネカフェとかカラオケ店を探す。50前のおっさんのやることか・・・(^_^;)

JR茨木駅界隈には店がみつからず(実はあったのだが見落としていた(^_^;))、足は阪急茨木市駅前に向く。
ここでもめぼしい店が見つからず、再びJR方面に戻りかけたところで、師匠が「a2がある」と指さす先に、ダーツバーっぽい店を発見。
少し前まで関大前にも支店があったので御存知だった由。

中に入ってボックス席に収まり、師匠は烏龍茶、ワタシはギネスを注文。
珍しく落ちない師匠相手に、これも珍しく音楽談義で盛り上がる深夜3時台(^_^;)
しぶとい50前のおっさん2人・・・

店には4時半までいて、それからJR茨木駅に戻ると、駅の反対側にネカフェがあることを今さらながら発見(^_^;)
ただ、a2で支払った料金の方が実は安かったので、まぁええか、ということで決着。

駅はちょうどシャッターが開いたところで、入ってすぐにホームにおりる。
途中のローソンで買ったウコンの力とかドロリッチとかお茶を飲んで始発が来るのを待つ。思いの外寒くもなく、うっかりするとそのままそこで寝入りそうなぐらいである(^_^;)

やがて始発が来て、乗り込んだ師匠を見送り、タクシーで帰宅したワタクシ。
年甲斐もなくよくあちこちほっつきあるいた一日であった。
いつまでも、こういうことができる無駄な体力を持ち続けていたものである(笑)

2010 11 13 11:32 PM [Chorus, Town Walking, 日記・コラム・つぶやき, , 集い, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.09.20

ついに追い付く

ここのところ精力的に挙行していた「mixi日記をココログにコピって、追い付かせよう」キャンペーン、なんとミッション完遂である(^o^)
すっごい後ろ向きな作業だったが、これを終えないと先に進めない気がするので、まぁ終わったということはめでたいことである。

そんなワケで、今日は茶の間に「でん」と居座って、Twitterも殆どせずに作業にいそしんでいたワケで、足腰がガチガチに固まっている(^_^;)
これからホカってほぐしてこなければ・・・

それはそうと、今度の水曜日に某師匠は三宮方面で暴れてくる模様である(^_^;)
ワタシと共通のフォロワーさん主催のオフらしいのだが、なんで師匠とその人がつながりがあるのかよくわからない(^_^;)。ワタシとその人だってそうなのだが・・・まぁTwitterのつながりなんてそんなもんだ。
しかも店の選定まで師匠が推薦した店に決まっている。
ツッコミ担当としては、師匠の様子を見届けておきたいが、三宮はちと遠い。加えて木曜日も仕事だったりするので・・・(=_=;)

2010 09 20 11:31 PM [twitter, ウェブログ・ココログ関連, 意味不明・たわごと, 日記・コラム・つぶやき, 集い] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.09.11

マイミクではなくて

twitterつながりの知人というのは、何と表現するのだろう?
ツイ友?

twitterを始めて、そんなに時間が経ってなかった時期にフォローしてもらって、先方がどこで商売されてるのかも知悉していたが、今まで直接コンタクトすることはなかった、そのツイ友と初めて話をする。

JR茨木駅前のイズミヤが入っているビルの2Fで昆布屋さんをやっている店主さんである。

今日の苦楽園フェスティバルに備えて、おやつ昆布系のものを少し仕入れようと思って立ち寄り、梅昆布飴とかぼちゃ昆布飴を選び、勘定してもらうときに、

「いつもtwitter読ませてもらってますよ。フォローもしていただいて・・・」

とカミングアウトすると、

「ああ、そうですか。twitterの・・・ちょ、ちょっと待ってくださいね」

と店の奥に下がる店主。
ごそごそって何か引っ張りだして持ってくる。

「これ、オマケしときます。それと、こちらがtwitter用の名刺で・・・あとポイントカードもお渡ししときますね」

南茨木探検オフ、というのを企画しているので、またよければ・・・とお誘いを受ける。なんか精力的な人だ(^_^)

で、その昆布飴を持って大阪駅まで出て、夏オフで好評の「面白い恋人」、そして虎柄の缶チューハイを購入。
その後、新快速に乗車するが、尼崎で下車して各停に乗り換え、さくら夙川で下車して阪急夙川まで徒歩。暑い・・・(+_+;)

阪急夙川駅前のグルメシティでチレの赤を1本。自転車のラベルがキュートな「コノスル」である。

駅前でバスの時刻を見ると、かなり間が開きそうなので、タクシーに乗車してなべりん家に向かう。2メーターぐらいかな。

あとは飮めや食えや弾けや吹けや歌えやのお祭りである(^_^)
途中、グラナダに向かうなべりんさんを見送り、残ったメンツはしばらくしてから夙川駅前のカラオケボックスに移動(まっちゃん2のみ離脱)

魂のルフラン、ジェラシー、KomeKomeWar、PACHINKO☆MANを歌いました。
何年ぶりだろうか。多分3年と4ヶ月ぶりぐらいだな。高橋洋子の歌はキーを変えないと難しい。音程が全くハマらなくて困った。

ということで、参加された皆様、お疲れさまでした(_ _)
なべりんさん、まき2、お子たち、ありがとうございました(^_^)
まよ2とゆーきちゃん、歌手に育てたい気がした。すごい声出てるし、うまい(@_@)

2010 09 11 11:58 PM [twitter, 日記・コラム・つぶやき, , 集い, 音楽, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.08.26

北伊丹から塚口へ

本日は休み。
某comet師匠のお買物のため、北伊丹にある当社店舗へ。
本日のお買物は外付けHDD。
もはや500GBクラスのHDDは売られてすらいない(ポータブルは別)
取り敢えず1TBを1台お買い上げ。
2TBなんかも値段がこなれてきているが、こういうのを買うと、きっとムービーカメラを買いたくなるのである。ワタシが今それに近い状態(笑)

その後、北伊丹から塚口に戻り、ワタシが尼崎に勤めていた頃、しばしば通った「ふる里」にて二人飲みを敢行。
ワタシのプロフィールにも出てくる店なのだが、尼崎から堂島に転勤になって3年半、その間来てなかったので、ホントに久しぶりである。

生中3杯、黒伊佐錦ロック2杯。
師匠は生中1杯、黒馬ロック1杯、黒伊佐錦ロック2杯。
なみなみと注がれたロックが素晴らしい。

3389417_561845605_138largeそして、出てくる料理が全て素晴らしすぎる。
残念ながら、名物のメンチカツはなかったが、代わりに出してくれたグラタンコロッケがまた美味。シュウマイもうまい。なんでもうまい(^_^)
塚口「ふる里」、健在である(^_^)

またこよっと(^o^)

2010 08 26 11:26 PM [Photograph, パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき, , 集い, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.08.10

毎年のことだが

夏オフが終わって、火曜日に出勤して、江戸みやげを配ると、職場の皆さんが個々に「ありがとうございます。東京行ってきはったんですね。東京のどこへ?」

過去から思い起こせば、日暮里だとか王子だとか赤坂だとか幡ヶ谷だとか・・・調布なんて年もあったなぁ。

「何してきはったんですか?」

・・・に対して、上手に答えられた試しがない。
仮に要領よく答えられたとしても、夏オフのあの感覚が伝わるワケもないが。

ということで、今日は飛火野おねたまとR君、そしてcomet師匠と飲む。
茶屋町の焼肉屋「黒べこ」にて。
遅れて合流したら、既にR君はご飯物に移行した後であった(^_^;)
夏オフも楽しかったが、こういう小ぢんまりとした(しかし濃ゆい。長い付き合いの面々による)飲み会も得難いものがある。
comet師匠がオーバーヒート気味に飛ばすので、おとなしく、適宜ノリツッコミを入れるに留める。おねたまが少々壊れる。R君はナイスな素質の持ち主だ。

おねたまとR君を御堂筋線の梅田駅で見送った後、師匠と大阪駅構内「るぅ~」で仕上げ。疲れた(^_^;)

2010 08 10 11:43 PM [日記・コラム・つぶやき, , 集い, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.06.15

マジデバテター

いよいよ旅ロケも最終日・・・ちゃうがな。
広島から予定通り戻ってきて、新大阪から大阪、環状線に乗り換えたら京橋止めだったので、京橋からいずみホールまで歩く。

玉造筋を行けば近いのだが、何故かOBP方面に向けて歩き始めてしまったため、随分遠回りしてしまった(^_^;)
何か勘違いしていたらしい。

ホールに着いて中に入り、席に行くと、響阿彌大僧正どのは既に着席されていた。まのちゃんはその後に登場したが、malteさんはまだみたいである。

スウェーデン放送合唱団のリサイタル。
メンデルスゾーン、ブラームス、プーランク、サンドストレム、バッハ。

名古屋のときと違って、1階席の3列目、ステージを見上げなければならない状況であったが、意外と疲れることもなく、最後まで楽しむことはできた。

コンサート開始前にレセプショニストのおねぃさんが「写真撮影/録画・録音ダメよ」「アラーム/ケータイの電源は切ってね」のプラカードを掲げながらホールを練り歩く。名古屋もこれぐらいやらなきゃ。

名古屋と違うのは、曲が終わっても、ダイクストラが手を下ろすまで拍手がなく、余韻を聴くことができた、という点(さすがに一部の曲ではそうもいかなかったが)

それにしても、ダイクストラって、この合唱団をちゃんと統率しきれているのかな。ちょっと団員に任せすぎな感じがする。
もう少しバシバシっ・・・と決めるべき部分は決めてくれてもよい気がするが、あんまり細かい部分をきっちり仕上げず、意外と「粗い」という印象。

ところが、曲によってはあんまり気にならないときもあるし、それで十分演奏効果があがっているときもあるし、個々の能力が高いから、アバウトにやっているようでも、ちゃんとまとまるところはまとまるし、「やっぱりすごいねぇ~」ということになってしまうのだが(^_^;)
こういうのって、「反則やなぁ」と思ってしまったり・・・(^_^;)

プーランクの「人間の顔」は、東京での全曲演奏がうらやましい・・・
どうしても苦手意識の抜けないマルタンも、彼らの演奏なら聴いてみたいかも、という気にもなる。しかし江戸は遠い(^_^;)

中休憩でドリンクコーナーに行って並んでいるとMUGIさんを発見。
あとセンチュリーのテナーのS水さんともお会いした。
ryu-ryuさんも来られていて、一緒にアイスコーヒーなんぞを飲む。
そうそう、結局malteさんはお仕事の都合とご本人の体調の関係で来られなかったそうである。残念~(+_+;)
きっと探せば他にもたくさん知ってる人を見つけられたと思うが。

後半はサンドストレムとバッハ。
サンドストレムは面白い曲を書きますね(^_^)
あの複雑なリズム、合っているのかズレているのか、さっぱりわからんです。というか、ズレているのが合っている、のだろうけど。
やってみたい・・・というより、譜面を見てみたい。
演奏も大変よかったです(^_^)

バッハはヴィヴラートのかけすぎで、響きが濁ってちょっと・・・(+_+;)
バッハのときだけ気になったのだが、やたらと皆さん歌いながら動いていた。さすがにヘッドバンギング、まではいかないが(^_^;)、それまでそんなことはなかったので、ちょっと不思議な感じ。

なんか全般的にドイツ系の曲より、それ以外の方がいい感じがした。

アンコールが1曲あって終演。ダイクストラも中に入って歌っていた。
歳も若いし、まだ団員に遠慮があるのかもなぁ・・・自分が歌う方に回りたいという気持ちもあるのかもなぁ・・・などと考えてみたり。

終演後は響阿彌大僧正どの、まのちゃん、ryu-ryuさん、ワタシの4人でIMPの3Fの「皿っぴん」という店でミニオフ。
結構いろいろ飲み食い。

その後は大阪城北詰まで行って、響阿彌大僧正どのとお別れ。
残り3人は北新地から大阪駅まで歩き、そこで解散。

金曜夜のわたるさん迎撃オフから始まって、土曜日の名古屋行き、日曜日は名古屋から京都経由けいはんな行き、月曜日は広島出張からとんぼ返りでいずみホール、土・日・月と演奏会三昧、北欧三昧という、実に充実した3日+αであった(^o^)
しかしバテた(^_^;)

2010 06 15 11:34 PM [Chorus, , 日記・コラム・つぶやき, 集い, 音楽, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

B席の価値は

名古屋での話がまだでした(_ _)

「滋賀、侵入」の後、岐阜・愛知にも侵入して、その後、予定通り名古屋に到着した後、4月に泊まったのと同じダイワロイネットホテルにチェックイン。モード学園のねじれビルの少し南。
すっかり汗だくになっていたので、Tシャツを着替えると共に、こんなこともあろうかと買ってきたアイスタイプのボディシートで腕やら首やら脇の下やらを拭う。30分ぐらいはかなりひんやりして気持ちよい。

もうちょい時間があって、なおかつ涼しければ芸劇まで歩いて・・・とか考えたところですが、この日は無条件で地下鉄。
地下鉄東山線の改札に行くまでに、閉店セールをやっている服屋さんがあったので、ちょっと寄ってみたものの、これぞというのは見当たらず。

栄に到着して芸劇に入り、トイレに入って再びボディシートで上半身を拭い、Tシャツとその上に着ていたシャツにリセッシュ集中投与。
これでまたしばらくは爽快(^_^)

ホールに入って席につくと、眼下にオルガンのコンソール。
思わず写真を撮りたくなる衝動にかられたが、思いとどまる。
ストップの数を数えてみたが、100以上あったかな。目の解像度が低くて、きちんとカウントできなかった(^_^;)
鍵盤は5段+足鍵盤。
開演前に福ちゃんがやってきてちょっとお話することができた(^_^)

スウェーデン放送合唱団と名古屋フィルによるモツレク、フォーレク。
指揮はペーター・ダイクストラ。弱冠32歳・・・か31歳。

モツレクではソリスト4人が指揮者の両脇にいて、ダイクストラがちょっと窮屈そう。
序盤ではホールのコンディションに適応できていなかったのか、やや不満の残る出来。初めてのホール、それも梅雨入りした気候の中なので、思うような響きが出せなかったのかなぁ、と好意的に解釈しておきます(^_^;)

ただ、曲が進むにつれて本来の実力を発揮し始め、セクエンツィアの中程からはすっかり本調子を取り戻した感じ。
席の関係もあるのかも知れないが、バスのソリストさんの声がもにゃもにゃ・・・だったのは残念だが、他のソリストさんも実に達者。ソプラノのソリストさんは体格も立派だったが、それ相応の立派な声(^_^;)
名フィルも無難なサポート。

いやぁ、来てよかったねぇ・・・と思いつつ終曲を聴き終えたのだが、ダイクストラの手がまだ宙にあって、響きが残っているにも関わらず、オルガン席中央あたりから突然の拍手とBravo(>_<)
それに呼応して1F席中程からも拍手(>_<)
余韻も何もぶち壊し(-_-;)

休憩。福ちゃんと二人でうろうろしていたら響阿彌大僧正どのを発見。
3人でホワイエに行って、飲み物を注文しているところで予ベル(^_^;)
冷たいものを頼んだ響阿彌大僧正どのとワタシは一気に飲み干したけど、ホットコーヒーを頼んだ福ちゃんは全部飮めたのかな(^_^;)
あわてて席に戻ったら、また汗が噴き出してきた(^_^;)

後半はフォーレク。
オケは縮小して室内オケ仕様。
モツレクでは下手側に位置していたティンパニが上手側、オルガンコンソールの斜め前に移動し、オルガンコンソール隣の客席側にハープ。
下手側にソロ・ヴァイオリンとソプラノソリスト。
指揮者脇にバリトンソリスト。
今度は広々しているので、ダイクストラの動きもダイナミックになった。

この曲を実演で聴くのはかなり久しぶり。好きな曲なのでうれしい(^_^)
とーこーろーがー(>_<)
オッフェルトリウムの途中、かなーり静かーな部分で、どこからともなくケータイの着信音が「リーン・・・リーン・・・」
あーりーえーなーい(-_-;)
結構長く続いたなぁ・・・しかし信じがたい。
その瞬間、フェーザーでもあったら、目盛りを「消滅」にセットして、そのケータイと、ケータイの持ち主の存在を瞬時に消したい衝動にかられたものである(いろいろな衝動にかられる日である)

この日のコンサートの模様は、スウェーデン本国で放送するために録音されますので・・・という事前アナウンスもあったし、そうでなくても演奏前にケータイの電源を切る(電波オフにする)なんていうのは、もはやマナー以前の問題かと思うが、ちょっとどうかしとるぞ(-_-;)
放送ではどのように編集されるのか、そのまんま放送されて、本国でも顰蹙を買うのか、その辺はわからないが、う~む・・・
まぁホール内では電波を遮断するようにしとく、ぐらいの対策は必要なんだろうなぁ、こういう阿呆が存在する、という厳然たる事実の前には。

バリトンソロにも若干ミスがあったようだが、その辺は些細な瑕。
それ以外の演奏自体はかなりよいものだったと思うだけに、まことに悔やまれるアクシデントというか、なんというか・・・

で、モツレクのとき同様、ここでも"In Paradisum"が終わった途端に、今度は1F席中程から盛大な拍手(@_@;)。何なんでしょうねぇ、あれは・・・

終演後はふろりさんも合流。
4人で名古屋駅に移動し、少しうろうろして、4月に行った「世界の山ちゃん」を探すが見つからず(^_^;)、ワタシの目撃情報に基づいて、JRのガードをくぐった所にある名駅太閤店へ。

少し待って3Fに通されると、座敷(+_+;)
まぁでもゼイタクは言ってられない、ということで、そこに収まって、あれこれと飲み食い。
4月に続いて二度目なので、前回ほどの感慨はなかったが、やっぱり山ちゃんの手羽先は美味。黒ホッピーも大変よろしゅうございました(^_^)

それにしても、ここで何しゃべってたんだっけ?(^_^;)。なんか、あんまり当日の演奏会の話が出なかった、ということぐらいしか覚えてなくて・・・(^_^;)
あとはエヴァネタか・・・往時、かの潤哉氏が随分熱くエヴァを語っていたよなぁ・・・的なことなどをとりとめもなくしゃべっていたように思う。
その際に話したけれど、ワタシはエヴァンゲリオンも北斗の拳も、当時いた業界の絡みで(要するにそれらを題材にした機種が出たので)「勉強した」という経緯があって、半自律的にハマった、というのが実情である。「ロケみつ」に関しては本当にこの4月から観ているので、にわかファンもよいところである。

やがて、帰阪する響阿彌大僧正どのが退席され、しばらくすると入れ代わるように合唱祭帰りのKIMIOさんが登場。それから少ししてふろりさんが退席され、福ちゃん、KIMIOさんとでしばらく粘った後、店を出て解散。

迎撃していただきましたふろりさん、福ちゃん、そして合唱祭後にかけつけていただいたKIMIOさん、ありがとうございました(^_^)
とんぼ返りの響阿彌大僧正どのもお疲れさまでした(_ _)

ホテルの部屋に戻って、ケータイ大喜利を眺めて、終了後W杯にチャンネルを変えて、そのまま意識を失う。
なんかグリーンがジェイムズみたいなことをしていたのは覚えているが。

翌朝は9:47に名古屋を出るこだまに乗車。
朝食を摂り損ねたので(寝過ごした(^_^;))、駅の弁当屋さんで「ひつまぶし巻」というのを買って車内で補給。

時期的なこともあって、こだまの前にやってきたのは団体専用車。
行き先表示のところに「修学旅行」と出ていて、中にはお子たちがぎっしり。これから京都・奈良、なんだろうなぁ・・・(^_^;)

京都に着いて、近鉄の改札に行くと、ここも修学旅行ご一行様がごった返している。これはいかん・・・とビル内に退避するとウニコロではなくてユニクロがあったので、コラボTシャツを3枚購入。暑くて着替えが不足していたので、そのうちの一着(琉球泡盛「瑞泉」)に着替えて、改めて近鉄の改札へ

2010 06 15 10:32 PM [Chorus, , 日記・コラム・つぶやき, 集い, 音楽, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.05.22

アンサンブルオフを120%楽しむための

事前打合せ、という名目のダベり、飲み食いし、まったりするオフから帰還しました。
会場をご提供いただいたなべりんさん、まき2、そして参加された皆様、お疲れさまでした&ありがとうございました(_ _)(^_^)
なんか、準備も後片付けも何もお手伝いせず、ひたすら飲んで食って、皆さんの演奏を聴いていただけで、申し訳ございません(_ _;)
とってもゼイタクな時間を過ごさせていただいたように思います(^_^)

昼過ぎに家を出て、一旦大阪で下りて堂島に向かい、モンシュシュ・・・の手前にある堂島ホテルのパティスリーで堂島ロール・・・と同じレシピの堂島ホテルロール(但しこちらの方が200円高い)を1本購入し、北新地駅から尼崎に出て、そこで神戸線に乗り換えて芦屋で下車、阪急バスの乗り場に行ったら、ちょうど苦楽園方面に向かうバスが到着したとこでした。
芦屋駅前で酒やらおやつやらを仕入れようかと思っていたのですが、全く余裕なし・・・

芦屋から約10分、まき2に聞いていたバス停で下車して横を向いたらなべりん・まき2家でした。をを、これは便利だ。

到着するとワタシが一番乗りだったらしく、その後せんせいさん、まっちゃん2さんが相次いで到着。まき2の手料理をアテに昼ビール(^o^)

チェロ、1/2チェロ、サイレントチェロ、ばよりん、ギターが繰り出され、あれこれと「事前打合せ」が進みます(^_^)

そして、せんせいさんが厨房にこもってパスタ作りに精を出し、完成したところにせを’登場。実に計ったような来訪でした(^_^;)

トムヤムクンも登場し、ビール、ワインをかなり消費していきます。
まよちゃん、ゆーきちゃんがチーズ鱈を分解して消費していくのが何とも(^_^;)。チーズ好きですねぇ、二人とも。
大人が飲み食い演奏している傍らで、泰然自若の態でオセロやトランプに興じる様は、さすが生まれながらにしてオフの渦中にいた人々は違うな、と深く感銘した次第です(^_^;)
ホント、首も座ってない頃からオフに連れてきてたもんね(^_^;)
しかし実に仲の良い姉妹ですね(^_^)

結局なべりん家を辞したのは20:50頃。
のんびりしていたら6時間半ぐらい経っていたワケです(^_^;)
20:58に阪急夙川行きのバスが来て、一同はそれでそれぞれ帰途に着きました。
ワタシは夙川からJRのさくら夙川まで歩き、尼崎で快速に乗り換えて帰宅。

行って飲んで食って聴いてただけですが、なかなか充実した一日でした(^_^;)
またやりましょう(^o^)

2010 05 22 11:14 PM [日記・コラム・つぶやき, 集い, 音楽, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.04.04

名古屋めし三昧

・・・というには、味噌煮込みを食ってないなぁ、そう言えば今回も「味仙」には行けずじまい、もちろん「マウンテン」は避けて通ってるし・・・などの課題を残しつつ、初日の昼に矢場とん、夜に世界の山ちゃん、そして二日目はお手軽にエスカで朝はあんかけスパ、昼はひつまぶしを制覇してきたのであった。
えーと、出張だったんだよね>ぢぶん

矢場とん後、コメダを断念してあおなみ線で荒子川公園へ。
某社に行き、15:30から40分ほど、新入社員を相手に蕪の話。千枚漬けもよいが、煮物、蒸し物、炒め物など、食材としての使い道は大変幅広い。春の七草で「すずな」と言えば蕪のことである。
時間が足りなくなったのでドルコスト平均法の話は端折る(_ _)

Pap_0561某社を出ると、そこは荒子川公園の千本桜。

そこを抜けて駅に着き、今度は荒子駅で下車。
この駅はJRの貨物コンテナ基地に隣接している。

Pap_0569西側の改札から出て、少し南に戻ると中川図書館と同居している中川文化小劇場。

この夜は、ここでマイミク・ふろりさんが所属されている名古屋ビクトリア合唱団の第6回定期演奏会が行われる。

開場には少し早いかなぁ、と思いつつ、3Fのホールに行くと、既に前倒しで開場されていたので入場し、狭いロビーの椅子にかけて福ちゃんからの連絡を待つ。

開場して少し経ってから福ちゃんがCHIFFON氏と共に登場(^_^)
3人並んで、真ん中辺の下手寄りの席に収まる。
なかなかよさげなホールである。

プログラムは前半がビクトリア、ジョスカン、モンテヴェルディ、バーバー、後半は上田真樹、鈴木憲夫、予定調和(押し売りとも言う)のアンコールが高田三郎、鈴木憲夫、ビクトリア。

前回は教会コンサートだったので、響きの点で苦しい面もあったが、今回は、ふろりさん曰く「良い音も悪い音も全部届いてしまう」という、ちょっと怖いホールだったようである。
個人的に、ジョスカンで「うわぁ・・・」となってしまった・・・と、深夜の二次会でふろりさんに告白したら、「そうなの、あれはダメなの」といわゆる「禿同」されてしまった(^_^;)

年末同様長い長い演奏会だったが、それでも2時間半で済んだので、「いつもに比べれば短くてよかった」というのが福ちゃんの感想(^_^;)
ちょっと膝と背中が痛くなった(^_^;)
そうそう、上田真樹さんが来場されてました(我々の席と同じ列の一つ隣のブロックで聴いておられました)
当間先生にいきなり舞台上に呼び出されて、何かしゃべれ、と言われて大変困惑されていたのが印象的だった(^_^;)

Pap_0575演奏会後、ロビーでふろりさんの出待ちをして、それから3人で名古屋駅に移動。福ちゃんは途中でTachanと連絡を取りつつ、JR名古屋駅コンコースをつっきって桜通口に出て、名鉄ビル群の脇を通り、ドラゴンズモードのナナちゃん(下の写真参照)の足元(脚下?)を通り、

Pap_0576モード学園のねじれたビル(下の写真参照)を横目にワタシの投宿先であるダイワロイネットホテルへ。
ここでワタシがチェックインして、飲み会には不要な品を部屋に置いて、再びフロントに戻ってくると、Tachanが到着していた(^_^)

Pap_05704人で近隣を少し迷いつつ「世界の山ちゃん笹島店」へ。
幸い並ばずに入店でき、ここで手羽先三昧(^_^)

なごやんな皆さんの間では「山ちゃん派」と「風来坊派」の派閥闘争が激しいらしいが、皆さんの解説によると
「山ちゃん」胡椒辛い。タレそのものの味に特徴あり
「風来坊」やや甘い。手羽先そのものによく味がしみている
ということだそうである。
会社の近所に風来坊があるので、今度寄ってみて確認してみよう。

何しろ演奏会が終わって、名古屋に戻ったのが21時頃で、開始が遅かったのだけど、それでもあれこれとネタが尽きることもなく、大変楽しい宴でございました(^_^)
ホントにありがとね~(^o^)>福ちゃん
諸般の事情で飮めなかったお二人もありがとうございました(_ _)>Tachan、CHIFFON

ワタシがホテルに戻ったところで解散し、部屋で少しうとうと・・・っとしていると、24:40過ぎにケータイにメールが入る。
見るとふろりさんからである。うわー、ホントにかかってくるもんなぁ(^_^;)
しかし予定より早いのでは・・・と思ったら、一次会が割と早く終わって、そこで脱出してきた、ということのようである。

25:15にナナちゃんの足元で待ち合わせ、ということになり、そこからタクシーで伏見の「坐・和民」へ。ここは27:00まで営業している。
この時間帯になると、店内も落ち着いた感じでよかったのだが、すきま風がちょっと寒かったかな。奥の席に行ければよかったのだけど。

しかし、さすがのふろりさんもちょっとお疲れのようで、26時過ぎには打ち上げて(結局1ドリンクだけで終了(^_^;))、店前で解散。
お疲れのところ、わざわざすみませんでした(_ _)>ふろりさん
またそのうちゆっくりと・・・(^_^)

翌朝は11:00チェックアウトということで、かなりのんびりと朝寝をして、阿久津・安食コンビの将棋講座が始まるのを確認して(やっぱりあじあじのしゃべりはとってもスローモーでよかった(^o^))、チェックアウトを済ませる。

モード学園のねじれビルの交差点まで来て、広小路通りを西に進路をとり、JRの高架をくぐって少し行き、太閤1丁目の交差点から北上、これで名古屋駅の人ごみを通らずにエスカに辿り着ける。
昨日から一転して結構暖かい。

エスカに潜ってうろうろしていると猛然と空腹感を覚えたので、ひとまず矢場とんの隣の「リッチ」という喫茶店であんかけスパで朝食。
「からめ亭」に比べると、量も少ないし、あんかけソースもパンチに欠ける。

矢場とんは福ちゃんも書いてるとおり、開店前からすごい行列。
コメダも同様。今回の名古屋行きではコメダとは縁がなかったな、と悟る。まぁ大阪にもあるから、近いうちに行くとしよう。

Pap_0578あんかけスパ後、あたりをうろうろし、小一時間もしたらすっかり昼食モードの腹具合になってきたので、今度はひつまぶしだ・・・ということで、「備長」という店へ。
ここも少し並んでいたが、ほどなく入店。
ひつまぶしが2550円、上ひつまぶしだと3150円である。
取り敢えず普通のひつまぶしにして、ヱビスの小ジョッキを追加。

「蓬莱軒」もよいかも知れないが、ここもまぁ値段相応かな、という感じ。
しかし、さすがに(少なめだったとは言え)あんかけスパを食べてからあまり間もなかったこともあり、かなり満腹。さらに(小ジョッキとは言え)ビールも飲んだので、これは帰りの新幹線では寝るなぁ・・・

食後はビックカメラを冷やかす。
やはりエクスペリアのプロモーションが目立つ。
ゲームソフトのところでは「北斗無双」のデモをしばらく観賞。やや動きがもっさりしている、という評価であるが、こういうゲームをやったことがないので、ただただ目を瞠るばかりである。

4FのPCコーナーではネットブックを少し眺めてみる。
基本的に「インテル入ってない」がよいので、シャープのNetWalkerが気になる。5インチ液晶というのは、6月に出るIS01と同じである。
NetWalkerはFreescale Semiconductorのi.MX515(800MHz)搭載で、OSはUbuntu 9.04である。それに対してIS01はQualcomのsnapdragon(1GHz)搭載で、OSはAndroid 1.6。タッチパネル液晶でもある。
両者が並んでいたら比較するのも一興だが、なるほどauがIS01を「スマートブック」と呼ぶのもわかる気がする。何となくだんだん欲しくなってきている自分がちょっと怖い(^_^;)

ビックカメラを出て名古屋駅に戻り、母向けのお土産にういろうを買い、少し早いが新幹線ホームに上がる。ここで既に落ちそうになる(^_^;)

13:11発のひかりに乗り込むと、ワタシが予約した席に毛唐系外人さんが座っている。
「アナタ、マチガテルアルヨ」と指さすと、外人さんは「Oh! バレテーラ」と立ち上がり、すごすごと自分の席に戻って行かれた。3人席で、他の2人と同行なのだが、座席がバラバラだったらしい。

ひかり車中ではソラブジの「オプス・クラヴィチェンバリスティクム」を聴いていたが、この曲は東京から博多まで乗っても聴き終わらないので、最初のごく一部だけで新大阪に着いてしまった(^_^;)
ちなみに外人さんたちは京都で大挙して下車した模様。

帰宅後はコタツでヘタりながら、縦縞チームと脚チームの不甲斐ない試合を半睡半醒で眺める。困ったものだ・・・(-_-;)

ということで、名古屋で遊んでいただいた皆様、ありがとうございました(^_^)
大変楽しかったです(^_^)
また遊びましょう!(^o^)

2010 04 04 10:13 PM [music with iPod, Photograph, 携帯・デジカメ, , 日記・コラム・つぶやき, 集い, 音楽, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.03.17

4.5パイント

Pap_0541
今年のSt.Patrick's Dayも波瀾万丈のうちに終了。
今、現在、ただいま帰宅中の真っ只中の最中な鵜m(_ _)m
酔っとるな。

Pap_0544本日のトピックス。
キンドル、ヤバすぎ。
iPad、いらねm(_ _)m

2010 03 17 11:40 PM [Photograph, グッズ, 意味不明・たわごと, 日記・コラム・つぶやき, , 集い, AV・デジタル家電] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.11.22

暴飲暴食暴演

そんな一日。

前夜は結局殆ど寝れてないので、夕方近くになってくると時折意識を失う。
今夜は2日分寝るしかない(^_^;)

リコーダー系のネタが2本。

突発に回したネタはCONCERT NOVA(コンセール・ノヴァ)の「ガルガンチュアの胃袋」に収録されている「アイドルは飛んで行く」を元ネタに、さらにあれこれとネタを詰め込んだもの。
グループ名は「サエモンとガンガンクル」(^_^;)

正規エントリーに回った方はVITA NOVAの「Ancient Flowers」に収録されている「Scarborough Fair」を簡略化したもの。
誰か上野洋子サンになりすまして歌ってくれる人はいないものかと思ったが、残念ながらおらず(^_^;)

Finale NotePadだけではなかなか表現力にも限界があるが、ひとまずこうして2本のネタを世に出せたのは何より。
しかし、自分に吹けないものを書くのはやめよう(^_^;)

2009 11 22 11:24 PM [日記・コラム・つぶやき, , 集い, 音楽, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.08.10

夏オフ終了

と言っても、5時間ほど前に帰宅しておりますが(^_^;)
帰宅後、たまったコメントだけつけて、果てておりました(^_^;)

世の中は台風と大雨でえらいことになっておりますが、どうも雨の方がワタシを避けたのか、傘を出す機会もなく、無事に帰宅できました。
唯一降っているのを見たのが、今朝ホテルの窓から。
でも雨の中を通らなくても秋葉原駅に行けるので、傘は不要でした。
途中の経由地でも「さっきまで降ってたんですけど」みたいな感じで、うまいこと雨を避けてきたようです。
大阪に戻ったら、こちらでも雨に遭わず。

今年の夏オフは初日に第九、二日目にドイツレクイエムと、ソロが二つ入っていて、それなりにプレッシャーがありましたが、まぁ結構楽しませてもらいました(^_^)

シンバル、タンブリン、トライアングルも臨時雇いで体験。
打席も楽しいっすね(^_^)

さて、水分補給だけして、今度は本格的に寝よう(^_^;)
お疲れさまでした(_ _)

2009 08 10 09:30 PM [, 日記・コラム・つぶやき, 集い, 音楽] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.08.09

二日目の朝

起きてテレビをつけたら若杉さん。
しばらくするとマーラーの9番が始まり、半ばまどろみながら鑑賞。

Pap_0377シャワー(ウワサのレインシャワーをタンノウ)を浴び、部屋の標準装備であるチェアマッサージャーでカラダをほぐし、1階にあるスタバで軽く朝食中。

アキバで少し買物後、幡ヶ谷に向かう予定。

2009 08 09 09:33 AM [Photograph, Starbucks, 日記・コラム・つぶやき, 集い] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.12.21

果てる

あ、いや、全身が。

昨日は2年ぶりの関西望年会で、風邪が完治していないにも関わらず、朝からあちこち出歩いたり、ビンゴではやっぱり張り切ったり、アルコール消毒にも精を出したりして、さすがに最後は疲れました(^_^;)
もうちょい元気があれば、最後のラーメンまでお付き合いできたのだけど・・・>ラーメン組

ビンゴは相変わらず。
今年は直前になべりんさんのライヴを聴きに行ったりしたこともあって、ラウロとかブローウェルとかを入れてみた。ラウロはワタシの来年の守護霊らしい。
どちらもつのだたかしさんの「南へ帰る」に収録されている。6曲入りのミニアルバムで、つのだたかしさんの弾き語りもあり。弟(つのだ☆ひろ)とはまるで違う歌が楽しめます(カラオケでは弟のモノマネをなさることもあるらしいのですが・・・(^_^;))

あとはオルガン系をいくつか。
ヴィドールはこれしかないでしょう、というオルガン交響曲第5番のトッカータ。あとはデュリュフレ。そして飛び道具のフランク(^_^;)
こないだの日曜日にワルティで見つけたもののうち、このオルガン伴奏版のヴァイオリンソナタと、御喜美江さんのグリークはかなり飛び道具系だったと思う。

今年多めに配したのはピアノ連弾版もしくはピアノ編曲版の有名曲。
あとは音楽三昧、波多野さん&つのだたかしさんなどが目立つ。
追悼の意味を込めて廣瀬量平さんの作品を一つ。

懲りずに、今朝もこれらのラインナップを流して朝寝を楽しんだ(^_^)
それにしても、アルコール消毒の甲斐なく、風邪はまだ抜けてくれない(^_^;)

2008 12 21 09:51 PM [意味不明・たわごと, 日記・コラム・つぶやき, , 集い, 音楽] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.08.11

さすがにしんどいわ

まぁ半分以上は大荷物のせいなんだが。
やっぱり軽いセカンドノートPCを買おうかな。

往復ともグリーン車にしたおかげで、狭苦しい思いをすることがなかったのは非常によかったので、ぢぢぃとしてはこれからもこの線で行こうかと密かに思っている。密かなので、このことはワタシ以外は知らない。

ホテルのロケーションもよく、かなり楽をしたのは確かなのだが、結局荷物が重いと、要所要所で体力を消費するので、次の課題はいかに荷物を減らすか、である。

職場へのお土産は、朝のアフターオフの面々のうち、HAL君が買っていて、ああよさそうだな、と思った「まめぐい」を選択。一人一包みずつにしたので、かなりの投資になってしまった(^_^;)。喜んでもらえればよいのだが。

自宅用のお土産は水ようかんと和風ゼリーの詰め合わせ。お中元みたいやな(^_^;)
さすがに「東京ばな奈」も飽きたしね。また新しいサブブランドができていた。パチモンで「大阪バナナ」というのもあったりするし(^_^;)

2008 08 11 09:00 PM [, 日記・コラム・つぶやき, 集い] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.08.06

ECHO OFF

C:\>KYORAN

・・・とかやっていた日々が懐かしく思い出される昨今ですが、新機能(一応期限付き)のエコーを使って遊んでいるうちに、一つオフが実現してしまいました(^_^;)

おとといの晩、これでついついcomet師匠を捕まえてしまい、水曜日に飲むことが確定。まぁ名目は「ちいしゃリハビリオフ」とでもいうところでしょうか。

で、本日夕方、携帯でミクっていたら、大阪出張中のOrionくんが、予定キャンセルで所在なげにしているようなので、強引に引っ張ってきて、3名でJR大阪駅構内「るぅ~」で、ほぼ突発オフを開催したワケです(^_^)

ワタシはOrionくんとは5月の目黒餃子祭で久々の再会を果たしたばかりでしたが、お二人はかなり久しぶりだった模様。
そう言えば十三で「そーにゃ歓迎オマケでOrionオフ」なんてのをやったのでしたねぇ。うちにはそのときの写真がちゃんと保管されております。もちろん銀塩。そんな時代の話。

近年は走る熱血漢・男タカハシとしてつとに名高いOrionくんですが、このメンツが揃うとなぜかロブロ・フォン・マタチッチな方向に話が驀進するのでありました。
師匠の口ジャミも全壊、もとい全開。
ブルックナーの神髄はスケルツォである、という結論を得て、その後はベートーヴェンの話題へ。4番はカルロスとムラヴィンでしょう、とあっけなくカタがついて、きっと続きはまだキンアムで延長戦をやっていることと思われます(^_^;)

ディープ・オブ・大阪の強いインパクトにカルチャーショックを受けたらしいOrionくんですが、次回は鶴橋で燻製になることを所望されておられますので、心あるメンバーは、その際にはぜひお集いくださいませ(^o^)

2008 08 06 10:58 PM [集い] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.07.27

夏オフ出撃準備

あと2週間、ということで、どこまで体調が回復しているか、若干不安はあるものの、夏オフの参加表明を出し、宿の予約をし、新幹線の予約も完了した。

今年の夏オフは8/9、10の2日間。
会場は幡ヶ谷のマイスペース・アスピア。
オペラはない。

何しろ3週間の自宅療養で体力がガクンと落ちたので、無理をしない、というのが今回の夏オフの最大のテーマになりそうである。不本意だなぁ(^_^;)

ということで、初日はパスすることも考えたが、夕方に企画枠の岡野貞一枠があったりすることもあり、遅れて参加することにした。
何やかやと言っても荷物はそれなりにあるので、できれば身軽な格好で会場には行きたい。となると、先にホテルにチェックインしてから会場入りするのがベストである。

宿も会場からあまり離れていない方がよいだろうし、ホテルの選択肢の多さもあって、新宿で検索。5月の出張時に利用した「ホテルサンルートプラザ新宿」に決定。
これまでの夏オフで利用した宿から比べるとかなり高いのだが、体調のことを考え、駅からの利便性とか、アメニティなどを考えると、この程度はやむを得ないところ。

ここのチェックインは14:00からなので、14:00に宿に入れるように新幹線の予約も行う。これはエクスプレス予約が使えるので楽であるし、席番リクエストで好みの座席を予約できるのがありがたい。
こっちもゼイタクしてグリーン車にしたいところだが、一応普通車で(^_^;)

ついでに、今回はEX-ICカードも利用可能となっている。
これを利用すると東海道新幹線乗車区間以外は別途運賃が必要となるが、新大阪~新宿間で比較すると、多分こんな感じになるはず。

●エクスプレスカードを利用しない場合
 通常特急券(繁忙期)+乗車券:14,250円
○エクスプレスカード利用(EX-IC利用せず)
 e特急券+乗車券      :13,200円
◎エクスプレスカード+EX-ICカード利用時
 EX-ICチケットレス料金 :13,000円+190円=13,190円

実に微妙なところだが、今回はEX-ICカード利用がお得なようだ。
取り敢えず、片道だけでJ-WESTカードの年会費(1,050円)分の元は取れる(^_^)

エクスプレス早得のひかりを使うとさらに安くあがるが、EX-ICとの併用はできないので、この辺は所要時間との兼ね合いも含めて、思案のしどころかな。早得+グリーン車という選択肢もあるなぁ。
既に往復ともにN700系を予約したが、変更は何度やっても無料なので、早得が効く3日前までに検討しておこう。なにしろN700系は混むので・・・

初日は遅刻して行くが、2日目は早い時間帯にリコーダー枠もあるので最初から参加の予定。但し午前中はどこかでヘタっている可能性が高い(^_^;)
5月の出張時は前だけ通って行列に恐れをなした「クリスピークリームドーナツ」でも寄ってみるか。それともマッサージでもしてもらうかな。

リコーダーというと、夏オフまでに竹山さんのところに行く時間がとれるかなぁ・・・
とれるかなぁ、というより、8/3の日曜しか行ける日はないが(^_^;)

月曜日も休みをとったので、例年通り、テキトーに過ごして、テキトーに帰ってくる予定。

2008 07 27 03:27 PM [集い] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.05.04

GWの諸般の事情オフ

勝手に命名。

ということで、昨夜の予告通り、comet師匠とのオフを挙行。
19時に職場を出たワタシは、師匠の待つ泉の広場へ。途中のBGMは朝から聴いているタモリの「Magical Hystery Tour」。随所にディープなネタが盛り込まれているが、全体としての印象は弱い。
泉の広場に着くと、師匠の姿は見えず。携帯を見ると、「近くのコミックランドにいる」旨のメールあり。

店に向かうと、師匠と遭遇。
これからどこに向かおうか、キンアムでもいいが、その場合はまず腹に何か入れてからにしよう・・・ということになり、泉の広場から地上に出て、うめだ花月の手前あたりでタクシーに乗り、先日某部長に連れてってもらった、野田阪神の「桜百番」へと向かうことに決定。

店はほどよい入りで4人テーブルを占拠し、あれこれと食らい、飲む。

Margheritaこれは店の名物であるピッツァ・マルゲリータ。
居酒屋のくせをして、本格的な石窯がしつらえてあり、絶品のピッツァを供してくれるのもこの店の特徴の一つである。
写真で他に写っているのは、皿うどん、鯛のカルパッチョ、タコ酢。

15percentoffここであれこれと近況並びに安斎さんとタモリについて語り、芋焼酎を一本入れ、途中で師匠が携帯のくじ引き(ハズレなし)をやったところ、なんと1等大当たりで、勘定が15%割引になった(^o^)。素晴らしい。

次はどこに行こうか・・・ということになり、キンアムも考えたが、ここは一つ、前から気になっている、桜橋の「キッチンばぁ~Colours」に行こうということに決定。野田阪神から再びタクシー車中の人となり、桜橋へ。

Kitchenbarcoloursそして、店の前まできて記念撮影(^_^;)
ここの風景は以前にも撮影して掲載したことがあるし、昼食を食べに来たこともあるが、夜来るのは初めてである。

Tsukemenpastaここでは二人とも泡盛。「残波(度数不明だが、多分25)」を飲りつつ、様々なネタをタンノウする。写真は「盗作料理」の一つ、「ビストロSMAP」で出ていたらしい「つけめんパスタ」。これがまたうまい!(^o^)

その後もさらに一軒・・・という話もあったが、ひとまずここらで勘弁しといたる、ということになり、23時半頃に解散。

2008 05 04 12:28 AM [music with iPod, Photograph, 日記・コラム・つぶやき, , 集い, 音楽, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.05.03

今夜はJ-POP祭り

・・・の最中であるcomet師匠と飲む予定である。
しかしGWの只中で、めぼしい店がやっているかどうか、不安だ(^_^;)

師匠はJ-POP祭りだが、ワタシは何祭りなのだろう・・・
一部ケルテス祭り、一部ケイト・ブッシュ祭り、一部ビル・ブラッフォード祭り・・・という感じかな。なんか普段とそう変わらん気もする。

飲む予定、とは言っても、昼間は普通に仕事である。
来週の出張に備えて、あれこれと準備して、打ち合わせをしておかねばならないし、ルーチンもある。どこでどんな昼食をとるのかも熟考せねばならない。

というところで、昨日は甘存さんから田部京子さんのプレアデス舞曲集の第1集などが届いたので、今夜は早速そいつをリッピングして聴いて寝ようかと思う。
実はABWH(つまりS抜き)の「イエス・ミュージックの夜」というのもひそかに届いているようである。それもCDとDVDが両方とも(^_^;)
ライヴで、ブラッフォードが叩くタイコで「Close to the Edge」が聴ける(観れる)というのは、まさに至福と言えよう。

2008 05 03 12:18 AM [music with iPod, 日記・コラム・つぶやき, 集い, 音楽, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.03.20

おおさか東線初乗り

Cdrack写真は昨日届いた「両面収納ミラー付CDラック」にCDを収納途中の図。

この作業を16時半頃までやって、それから準備をして、ぶたの穴に向かう。ぶたの穴に行くのはいつ以来かなぁ・・・。夏オフ対策の特訓か何かで行って以来かも。

今回の訪問の目的はぶたこはんの日記にも書いてある通りで、ぶたこぶ夫妻が京都を訪問したときに、偶然出会って、(ぶたこはんにはありがちなのだが)瞬く間に仲良しになった造形芸術家の先生(でいいのかな?)に頼まれて、iPod Touchのセッティングをすることになったのだが、夫妻ともにiPodユーザではないので、誰か助けてちょ・・・ということで、一応4台のiPodを所持してる、というだけの理由で、ワタシが押し掛けることになったワケである。でもTouchは触ったこともないんだな、実は(^_^;)

Kawachieiwa02うちからぶたの穴に行くには、従来は「茨木から大阪に出る」「大阪から環状線で鶴橋に出る」「鶴橋から近鉄奈良線で河内永和に出る」というルートぐらいしかなかったのだが、つい最近(3/15)にJRおおさか東線というのが開業し、これが何と河内永和に停まるので、一度使ってみようということになったのである。

取り敢えず茨木で快速に乗って、大阪で降りずに尼崎まで行く。環状線への乗り換えや、北新地への歩きを避けて、尼崎で階段の上り下りだけで済まそうという魂胆である(^_^;)

Kawachieiwa04尼崎で東西線に乗り換え、北新地、京橋を通り越して放出へ。ここでクルマは売らずに(関西ローカルなネタですまん)、同じホームに停車している緑色の電車に乗って街を駆け抜ける(ここんとこ、遊佐さんの「東京の空の下」を思い浮かべると、かなりイメージが近・・・くない(^_^;))
(写真は帰りに撮影したものだが)

Kawachieiwa01高井田中央を過ぎ、少しするとJR河内永和である。あっと言う間。

下車すると近鉄の河内永和駅の一番西端とつながって・・・ない(^_^;)
もうちょい何とかならんかったのか、と思うが、元々この線は城東貨物線なのであって、近鉄の駅と接続することは想定してなかっただろうから、まぁこれで精一杯・・・というところかな。でも便利になったもんだ。

作業そのものは、YBBのモデムの不調があったりして出足でつまづくが、後は比較的順調に進む。
初めて触るiPod Touchも割と操作が簡単で、唯一「どうやって電源を落とすのか」がちょっと難関だったぐらいかな。オンラインマニュアルを見ながら進めたら、特に大したこともなかったが、一度触ってしまうと、やっぱり欲しくなるなぁ・・・

家を出る前に最初に買った20GBの4Gen.iPodを触ってみたら、HDDに不具合が出ていたようで、どうやらご臨終になっておられたかも知れない(バッテリーの問題かも)ので、この子の生まれ変わりとして16GBのを買ってみてもいいかも知れない。無線LAN対応は結構面白そうだし。

Kawachieiwa03ということで、無事任務を果して、再びおおさか東線で放出に出て、今度は北新地経由で帰宅。

そうそう、今日の写真は全ておニューのCOOLPIX S600で撮影したもの。
起動が速いのは素晴らしい。しかもコンパクト。しばらくこれは手放せないな・・・

2008 03 20 11:46 PM [music with iPod, Photograph, 日記・コラム・つぶやき, 集い] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.02.17

第一回大人のほへほへオフ終了(補筆完了)

10時間耐久日本酒オフ終了。
詳細後刻

******

11時頃に阪神西宮駅西改札(EBISTAのある方)に集合し、駅のコンビニで「もだんるーぷバス」のチケットを購入し、大人の社会見学オフはスタート。
この時点ではリーダーのせを’、ご自宅から結構近かったcomet師匠、そしてワタシの3名。もだんるーぷバスを少しだけ乗って、「交通公園前」で下車。

Infobar2_046折角なのでその交通公園を見学。
それが写真左(^_^;)
0系のひかりらしきものがありました。
随所に交通事故も起きていました。
ヤシマ作戦実施中なのか、信号機に電気が供給されていませんでした。
平和でした。以上。

Infobar2_048
そのすぐ近くに「白鷹」あり。

Infobar2_054あとで聞いたら「白鹿」の分家なんだそうな。

様々な運命のよき旅の果て、江戸前ひつまぶしへと導かれる。
いや、うまかったし、個人的には満足してます(^_^)

そこから徒歩で「白鹿」へ。
ここはかなり見所いっぱいで、できたらここだけで半日費やしてもよいぐらいだった。というか、民博か歴博に来た感じで、せを’的には落ち着いたのではなかろうか。

もう一度もだんるーぷバスに乗り、次は「日本盛」
ここではとにかくにごり酒を満喫。
そうこうするうちにあさポンさん登場。
でぶけん氏とお知り合いだったのを初めて知る。

再び「白鷹」に戻り(つまり「大関」には寄らず)、ここのバーでしぼりたてとあらばしりと純米吟醸の飲み比べセットをタンノウ。本当は昼間、これをやる予定だったが、まぁ結果オーライ。

行程は殆どが好天に恵まれ、日が照っているとかなり暖かく、冬眠状態の琉球の姫が来られなかったのが悔やまれる一日。ただ、「白鹿」にいたときに少しだけ雪が舞った。

「白鷹」から今度は徒歩で阪神西宮駅前に戻り、駅前の焼鳥屋で熱燗ばかりをしこたま飲む。もう今日は奈良漬になる覚悟。結局、4人・・・と言ってもせを’が殆ど飲まないので3人で一升ぐらいは飲んだか。
珍しくcomet師匠と音楽の話に興じる。明日の天候は荒れるであろう。

17時前から飲み始めて、この店を出たのは20時を回っていたか。
4人でJR西ノ宮まで歩き、さらにcomet師匠とワタシは駅の北にある「魚民」で仕上げ。ここでも熱燗だったが、最後だけワタシが泡盛(「琉球美人」)のお湯割り。泡盛をお湯割りで飲んだのは初めてか、あるいはものすごく久しぶりだが、これはそれなりによかった。先ほどまで、ずっとテンションの高かった師匠が、ここで急にペースダウンして落ちかける。

ということで、日本酒尽くしの一日は終了。
オフを企画してくれたせを’リーダー、お疲れ様でした。
ありがとうございました(^_^)
また次もよろしくです(^o^)

2008 02 17 10:12 PM [日記・コラム・つぶやき, , 集い] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.08.17

Vulcan Blood Wine

Pa0_0580今日は呑むにはいい日だ。
長寿と繁栄を…

そう言って盃を重ねたワケではないが、またまた楽しい酒席であった(^_^)

火曜日のアイルランド編に続き、金曜日は沖縄編。
じゅんとぶ夫妻とワタシが連続出場。ここに声変わり進行中(笑)のあ~る君と、Joちゃん、まのちゃんが加わり総勢6名。

店に行くと予約がないので少し待たされる。
「30分ぐらい?」
「あ、いや、少しお待ちいただくということで。どれぐらいかは・・・」
「みんなぁ、30分ぐらい待つよぉ」
「あの、ですから・・・」
「前の店のマシン使ったら100円割引やて」
「・・・」

ということで、誰もブルブルマシンを使う人はおらず、おとなしく店の前で待ち、ぴったり30分後(^_^;)に入店。

あとは続々出てくるOKINAWAN SOUL FOOD & DRINKのめくるめく世界。
そしてコンベンション帰りのJoちゃんの貴重なおみやげの数々(カード、ありがとうございました(^_^))
スターウォーズの切手シートに"United States Postal Service"の文字列を発見して喜ぶじゅんとぶ家。すっかりハマってますね(^o^)
飲料水はゲロルシュタイナーで、ヨロシク(^_^)
エスプレッソマシンはサエコで、これまたヨロシク(笑)

そしてフェスティナ・ウォッチのご開陳。ゴツいよね、さすがに。もちろんレディース・ラバーバンドが用意されているので、欲しくなちゃたわよ・・・という方はJ SPORTS online shopでお買い求め下さいませ(^o^)

写真は最後に注文したゴーヤの泡盛割(なのか泡盛のゴーヤ割なのかようわからん)。口にふくむとわずかに酸味を感じ、しばらくするとゴーヤ特有の苦味が広がる・・・そしてそのまま飲み進めると破砕されたゴーヤがドロドロになって襲い掛かる・・・という仕掛け。
まのちゃんはルートビアを頼みましたが、ありゃ薬だね(^_^;)

そんなこんなのじゅんとぶオフ第二弾でした(^_^)
参加された皆様、お疲れ様でした!

2007 08 17 11:03 PM [Cycle, グッズ, , 集い, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.08.14

沖縄で失敗したのでアイルランドで(最終決定稿)

あ…

タイトル長すぎ

******

昼休みに開いてるかどうかの確認もこめて、駅前第3ビルの「OKINAWA」に立ち寄ってみるが、16日の夕方まで(笑)休みということで、本日のオフでは使えないことが判明。ついでに昼ごはんのタコライスがフイになった(T_T)

19時にアバンザ堂島の新星堂の前の「毎日かあさん3」のポスター前に行くと誰もおらず(^_^;)、新星堂の店内にJunchan、飛火野おねたま、せを’の姿を発見。
しかし「毎日かあさん4」が出て既に4週間近く、先日の新聞広告に「17万部突破」と書かれていたというのに、いまだに「毎日かあさん3」のポスターが貼り続けられている、というのもどうも・・・出版局の怠慢だな。

そのまま地下に降りて、「ベトナム・フロッグ」という手もあったのだが、気分が「離島」なのでパス。
ドーチカから第1ビル地下に入り、「ワルティ」に立ち寄って少しCDを見、それから第2、第3ビルを通り、行くはずだった「OKINAWA」の前を恨みがましく通過して、地上に出る。
あとは御堂筋を渡って、一路「The Temple Bar」へ。

実はここもやってるのかどうか自信がなかったが、しっかり営業中で、こんな早い時間帯なのに先客がいた。
あとはギネスやら天下無敵のカツサンドやらフィッシュ&チップスやらJamesonのソーダ割りやら阪神-中日戦やらあずずやら織田くんやらウルリッヒくんやらおねたまとせを’の間の秘められた関係やら。
乾杯後すぐにcomet師匠も合流し、恒例の笑い袋もパワー全開でシリーズ最高潮の盛り上がり(意味不明)

ワタシはギネス3.5パイント+Jamesonソーダ割り。
そんなこんなの一夜でありました(_ _)
参加された皆様、お疲れ様でした(_ _)

2007 08 14 10:01 PM [, 集い, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.08.03

これで一段落・・・

と思いたい(^_^;)

週明けに名古屋日帰り、という話も出ていたのだが、それは何とか回避することができたので、順当にいけば、当分出張はない・・・はず。

それはともかく、昨夜は17年振りに東京で迎撃をしていただきました。迎撃していただいた皆様、ありがとうございました(_ _)(^o^)

迎撃していただいたのは左衛門さん、じゅんいちさん、Celloさん、MOCHAの面々。全員定刻までに集合場所に集まるという模範的なオフで、ろぷ☆モードは発動しませんでした(笑)

Taybeh01Taybeh02左衛門さんが連れて行って下さった店は、席数の割には狭いという感じがせず、とても居心地がよかったです。
CHIMAYを頼もうとしたら、青と赤と白があるんでしたっけ。全部1本ずつだったので、ワタシは別のに振り替えました。それが写真左と中央の「TAYBEH BEER」。パレスチナのダークビール。
香りが独特でとても芳しく、味わいも濃厚で美味でした。

Scheherazadeあと、ザクロのワイン「Scheherazade」も飲んでみましたが、爽やかな酸味と軽い甘味がよいバランスで、後を引かないおいしさでびっくり。どっちもまた飲んでみたい・・・

途中、店内で様々な「奇遇」があったりして、店全体がえらい盛り上がったりもし、予定より遅れてやってきたマスターがスパークリングワインを振る舞ってくれたりもして、いやぁ出張中なのにこんなに楽しんでよいのかな、と思うぐらい楽しい一夜でありました(^_^)

結局、MOCHAが途中で抜けたものの、残りの皆さんは日付が変わる頃までおられて、それで散会。ホテルまでは徒歩7~8分ほどで楽チンでした(^o^)

本日の研修は、まぁ何とか切り抜けて、18:47東京発ののぞみ147(この数字に反応するのは麻雀好きか、はたまたバッハ好きか・・・)号で帰阪。シウマイとビールのロング缶で京都まで心地よく寝ました。フォーレの予習したけど、殆ど意識不明だった(^_^;)

2007 08 03 11:29 PM [Photograph, , 集い] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.08.02

これから呑む

Pa0_0565その前に、桂花の太肉麺。
メタボ道を、我は行かん。

2007 08 02 06:45 PM [日記・コラム・つぶやき, 集い, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.07.23

帰宅してます

無事18時半過ぎに帰宅しとります。
食事して、ツール・ド・フランス第15ステージ鑑賞中。
なんか昨日のステージでヴィノクロフが完全に総合争いから脱落してしまったみたいな感じ。一昨日頑張りすぎたかな。というか、そういう戦術に変えてきたのか>アスタナ

夏オフ、初日は一度ホテルにチェックインし、荷物を置いて、Tシャツを着替えて、それから日本橋から青山一丁目へ。
会場に入ったら、「キエフの大きな門」をやってるとこだった。外の居酒屋コーナーにいたが、ぐすの声が一番よく響いていた(笑)

初日はそんなこんなで、最後まで殆ど会場内には入らず、居酒屋コーナーで過ごす。会場近くにコンビニができたのはとても便利だ。いつもコンビニまで往復3光年ほどかけていたことを思うと夢のようである。

それはそうと、打ち上げは食べ物が少し足らず(^_^;)
ホテル近くまで戻って、ampmでトルコライスを購入して補う。

2日目は宿を出てから楽しく迷子になっていたら、いきなり日銀本店のところに出てしまった(笑)。どこをどう歩いていたのだろう。多分、「名橋日本橋を洗おう」の人たちを見ているうちに、あらぬ方向に向かってしまったのだろう(^_^;)

そこから地下鉄の三越前あたりまで出たら、見知らぬおばさまに「日比谷はどちらでしょう」と道を尋ねられた。「すみません、ワタシも今まさに迷子になっているところで・・・」(_ _)

仕方がないのでEZナビウォークを起動して東京駅まで戻り(実はとても近かった(^_^;))、スタバで休憩後、八重洲ブックセンターに行く。但し楽譜の取り扱いはないそうで、徒労に終わる。そのまま京橋まで歩いて地下鉄に乗り、青山一丁目へ。

溜池山王から赤坂見附までの途中のトンネル内で例のサブメディア式の広告を見かける。
こんなんです
ネットのニュースでそういうものができたそうな、という話を見てからかなり経つので、意識の中からすっかり抜け落ちていたが、実物を初めて目にしたら、やはり結構びっくりする。

青山一丁目の駅のとこのビルの地下の中華料理屋さんでジャージャー麺と生中。ここはEdyで払えるのでラッキー。
地上に出たら永井◇がどこで昼飯食おう・・・というような顔をしていたので、今食ってきた店を教える。

会場に直接向かわず、一度ampmに行き、ヱビス・ザ・ホップを5本購入。昼イチにこれぐらいはないと・・・
駅のところの交差点に戻ると、くらっちともっちゃんに遭遇。一緒に会場に向かう。

2日目も居酒屋で過ごす時間が長かったが、この日は隣のレストランで別の集まりがあって、そちらは上等そうなワインがたくさん出されていたような・・・発泡酒と交換してほしかった(^_^;)

出番は4回あって、リコーダー枠ではVicさまのテナリコを借りてアイネク1楽章に参戦。楽器をアルコール消毒しただけに終わったような気もしなくもない(^_^;)
失礼しました(_ _;)>Vicさま

次はボレロのハープ。何回かやってるが、いつも連弾だった。今回は一人でテキトーに音を抜きながらやる。さすがに落ちなくなったが、音符はかなり落とした(+_+;)

次は第九のバリトンソロ。前日とらおじに言われてやることになったけど、譜面すら持ってきていない(^_^;)。八重洲BCでは実はそれを探していたのだが、見つからなかったので、→あ←どんにベーレンライターを借りる。
Celloさん、出だしのとこ、殆ど棒無視で歌っちゃってすんません(^_^;)。修行が足らんです。

最後、威風堂々のハープ。単純にコード弾くだけでよいのに、音域が変わるとあたふたして、結構落ちて、大失敗の巻(^o^;)
やはりこの曲は歌って尺取虫してるに限る。

というような感じで、「すっとこどっこい」に突入し、蛇口ビールはジョッキ4杯ほどで勘弁してやり、おとなしくホテルに戻ったら、結構元気だったのに我ながら驚いた。体力温存に努めた・・・とは言え、温存しすぎたかも(^_^;)
この辺の加減は難しい。失敗すると去年のアンサンブルオフみたいになるし(笑)

2007 07 23 09:05 PM [Cycle, , 日記・コラム・つぶやき, , 集い, 音楽, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.07.22

夏オフは終わり…

Pa0_0547また来年に向けて、いろいろな仕込が始まる。

いつもの「すっとこどっこい」のビールの蛇口。
今年はそれほどビールが出なかった。某マイミクが二人ばかりいなかった影響は大きい。

2007 07 22 11:41 PM [Photograph, 集い] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.07.21

江戸下向予定

これから寝て、しっかり寝て、起きて準備して、昼までには家を出て、夕方までには赤坂のOAGに入る。
宿は日本橋のEdyの使えるとこ(^_^;)を予約した。
青山一丁目まで銀座線で一本ということと、打ち上げ会場からは溜池山王からやはり銀座線で一本ということ、そして東京駅に近いということ、Edyで支払えて、AMCポイントも貯まる、ということで、耐震設計云々は目をつぶって投宿予定。

日曜も赤坂の同会場での夏オフ。なるべく早めに着くように努力する・・・が、オペラないから、別に昼からでもいいのかな。プログラムをよく把握していない(^_^;)
終了後は赤坂駅近くの蛇口ビール。これのために江戸に行くと言っても過言ではあるが、20%ぐらいはそうかも。
それから再び溜池山王から日本橋→ホテル。

月曜はホテルをチェックアウト後、東京駅のコインロッカーに荷物を預けて、市場調査など(笑)。でも池袋まで行くつもりはないです。今年はなるべく早めに帰阪するつもり。

2007 07 21 02:12 AM [, 集い] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.06.17

鶴橋より帰還中

Pa0_0510裏地ともみ迎撃あうふ出獄記念オフより帰還中。
詳しくは帰宅後、書くかも知れないし、書かないに全部…という意見にも頷けるものを感じる6月の晴れた宵。

続きを読む・・・と、写真が出てくるだけよ(^_^)

Pa0_0509これは普通に焼いてるとこね。

Pa0_0508白く濁った空間でハイになる集団。

Pa0_0507ハイになりすぎたひとがソソウをすることがあるらしい。

2007 06 17 12:24 AM [Photograph, 集い] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.04.28

一昨日と昨日の話

一昨日が前の職場の歓送迎会、昨日は何となく自爆、ということで、結構疲れた。

歓送迎会、ワタシは歓送される方だが、19時スタートなのに、堂島を出たのが19時前で、20分ほど遅刻して尼崎の会場に到着。
既に歓迎される若者は様々なイニシエーションの荒波にもまれているところであった。
一次会の店はほどほどにすませて、有志で二次会へ。

これがこの会社の面々にしては珍しくカラオケ。
尼崎駅の反対側のホップインに入っているRound 1のカラオケに行き、多分3時間半ほど。終わってゲームコーナーでウダウダしているうちに終電ギリギリになる。

何を歌ったかは大変曖昧な世界の意味の中を生きるワタクシなのだが、おおよそ以下のようなものだったように思う。
・PACHINKO MAN(ブギーマン)※一応今でもテーマ曲
・SKIPPED BEAT(KUWATA BAND)※抜けてたので追加(^_^;)
・KOME KOME WAR(米米クラブ)
・有馬ポルカ(モダンチョキチョキズ)
・Indigo Waltz(久保田利伸)
・とまどうペリカン(井上陽水)
・奇跡の地球(桑田佳祐&MrChildren)※桑田パート
他にも何か歌ったかも知れないが忘却の彼方。まぁ目新しいものは何もない普通のネタばかりで、カラオケも長いこと歌ってないから、この辺でお茶を濁しておくのが極めて穏当なところなのだろう。

翌日は21時過ぎにオフィスを出てから、桜橋のビストロYGで肉入り紅生姜丼並(つゆだく+ねぎだく)+卵+ごぼうサラダ+ビール1本で下ごしらえしてから、北新地某店へ。

途中でなんだか羽振りのよさそうなおっさん二人組が横に来られて、何となく楽しく会話。ワタシの隣のにぎやかなおっさんはたかじんの曲を2曲歌って(本人曰く「金かかってまんねん」とのこと。確かに金かけて遊んでいるうちにつかんだコツみたいなのが随所にみられた)、その後「次は4軒目や」と夜の闇に消えて行かれた。

その後の店内で歌われていたネタがどうも沈滞ムードありありで(うまい人もいないし)、あんまり歌う気もなかったが、取り敢えず本(確かJOYSOUND)を眺めていたら、歌手欄に「フジ子・ヘミング」というのを発見。何か歌ってはりましたっけ、この方(^_^;)

結局この日歌ったのは多分こんな感じ。
・Make-up Shadow(井上陽水)
・Love Reborn(久保田利伸)
・彼と彼女のソネット(大貫妙子)※初めて歌った

2時過ぎ、久保田を歌っていたら二人組のお客さんが来られてワタシの隣に。聞くと某A新聞の工程管理をされてる方とか。そんな縁もあって、あれこれとA紙とM紙の話なんぞを少し。結構面白かった。
それはよいが、飲んでいた「銀滴」がなくなってしまったので、次に来たら何か入れなければ・・・

3時に閉店して追い出され、新御堂までとぼとぼ歩いて三菱タクシーをつかまえて帰宅したら4時だった。

2007 04 28 05:33 PM [, 集い, 音楽] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.04.26

今日は歓送迎会

なので、後ほど…

******

後ほどになったが、終電までカラオケという若者のようなことになってしまったので(^_^;)、続きは翌日分で書きます(^_^;)

・・・とは言え、それだけで終わってもナニなので、少しだけ。

誰かがTMNの"Get Wild"を歌っていたとき、歓迎される側の社員(去年新卒で入社した青年)が一言。

「これ、ボクが生まれる前の曲なんですよね」

そ、そ、そうなのか(*_*;)
・・・でも調べてみたが、どうやらそれは若干認識に誤りがあったらしいことが判明(^_^;)(彼は多分23か24だから、3つか4つの頃の曲ってことになるはず)
でも20年前の曲なんだよな。平成生まれとやらは確かにまだ生まれてないワケだ。

2007 04 26 10:35 PM [集い, 音楽] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.03.16

テンプルバーにて

Amihiko02本日はcomet師匠と飲み。
20:15頃に待ち合わせの予定が、当方の仕事が片付いたのが20:20頃で、30分遅刻で合流(@_@;)
第一目的地はお初天神脇のしゅうまい専門店「阿み彦」
左の写真は「阿み彦」オリジナルしゅうまい(スープ付)

その後、「The Temple Bar」に赴くが、満席だったので一度店を出て、周辺をぶらぶらすることになる。
お初天神裏の細い路地に向かう。この路地に来るのも下手したら10年以上ぶりかも知れない。「夕霧そば」の「飄亭」があったり、趣のあるバーが並んでいたり・・・
すると、comet師匠が「ここ、気になる」と指差す店あり。何か電波を受信した模様(笑)

入ったのは「inspire」というバー。
割と若そうなバーテンダーさんが一人で切り盛りしていたが、金曜日ということで、結構お客さんも入っている。
ここで師匠はサイドカー、ワタシはホワイトレディを1杯ずつ。カクテルグラスがないので、全部ロックグラスで出してくれるのだが、ショートカクテルだし、ロックグラスでグビグビというのも悪くない。お味もなかなか結構(^_^)

もう一度「The Temple Bar」に戻ると、少しだけ混雑が緩和されていたので、取り敢えず店内に留まる。カウンター端のカップルの男性が、「座ってるのに疲れた」ということで立ち飲みを敢行。おかげで師匠とワタシの席ができた次第。ありがたい(_ _)
そのお礼ということもないが、そのカップル相手に師匠がネタを飛ばす飛ばす・・・(^_^;)
ノリのよいお二人だったので、こちらも興が乗ってあれこれ化石化したようなネタも繰り出しながら楽しく飲酒。
残念ながら「天下無敵のカツサンド」は売り切れていたので、ガーリックポテト、ミックスピザ、フィッシュ&チップスをアテに。
ワタシは結局ギネスを3.5パイント。

Guinessこれは1口だけ飲んだギネス(^_^;)

Stpatricksday200701これはSt.Patrick's Dayの飾りつけ。

Stpatricksday200702左の写真はカウンターの上に置いてあったプレート。
店に来られた某筆ペンメーカーの社長さん直筆だそうである。
ヒゲオヤジマスターの似顔絵、なかなか雰囲気がよく出ていて素晴らしい(^_^)

Eiremap右の写真は既出だが、ここのトイレに貼ってある地図。以前撮影したのは画面が小さいのでイマイチよくわからないかも・・・ということで、VGAサイズで撮影してみた。
アイルランド人の認識する西ヨーロッパはこうなのだそうである(^_^)

結局、終電間際まで飲んで解散。

2007 03 16 10:05 PM [, 集い, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.12.04

無事なワタクシ

あちこちで心配されているようですが、無事です(^_^;)
あ、でも今日は仕事が無事ではなかったなぁ。
茨木で終バスに乗れず、タク帰宅になってしまった。しかも片付いてない。

一番無事ではないのは歯なのだが、先週後半に比べると少しましな感じ。とは言え、今度の水曜日はきちんと歯医者に行こう。親知らず、今度こそ抜かれるかな(+_+;)。でもこれはもう抜いてもらった方が絶対によさそうである。

で、望年会恒例のビンゴであるが、まき2のおかげでいっぱいネタの披露ができたのは大変よかった(^_^)
あとで思ったのだが、ガーシュインはもっと色物系がたくさんあったなぁ、と反省。来年への課題とします(笑)

モーツァルトは本当は生福にするつもりだったのだが、まゆつば氏のMCが先に入っていたので断念。WAVEファイルの段階で分割して、それをリッピングすればよかったのだが、そこまで手間をかけていられる時間的余裕がなかったのが残念。まぁでもあの「ハフナー」もなかなかのものでしたね(^_^)

あと、失敗したなぁというのはヴィシネグラツキーで、別の曲をOn-The-Goに取り込んだつもりだったのだが、違う曲だったみたいで、あまり面白くなかったです(-_-;)

ベートーヴェンは、あれ以外に「若者編」と「分別のある大人編」があります(「お手本編」もありますが、これは面白くはないわな)。実は「分別のある~」が一番ヨレヨレです(^o^)

他、質問は?

2006 12 04 11:56 PM [music with iPod, 日記・コラム・つぶやき, 集い, 音楽] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.12.03

関西望年会終了

ひとまず無事に終わりました。
ほぼ行き当たりばったりに終始したものの、最後の第九が終わったら撤収10分前。まぁ皆さんがこういう緩いオフに慣れておられるおかげもあって、何とか格好がついたかな、というところです。

ネタの仕込に手間取ったこともあり、前夜ほぼ完徹のため、本日はとっとと寝てしまおうと思ってますので、細かい諸々は明日以降に…(^_^;)

2006 12 03 09:41 PM [集い] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.12.02

あすのさくせん

今日の昼はコンビニのチャーハンでした。
まぁほぐせば口には入る。
入ってもあまりよく噛めないので、消化は悪いと思う。

ゼリー飲料はアミノバイタルのマルチエネルギーにしました。特段ウイダーinゼリーとの差を認識するには至りませんでした(^_^;)

明日の重要イベントにビンゴがありますが、正直言ってiTunesの再構築に手一杯のため、全く手をつけられておりません。
今夜中に何とか再構築が終わればなぁ、というぐらいのものです。今夜中、というのが、12月3日の午前中、でないことを祈りたいものです。

とは言え、ビンゴはビンゴですから、ここは非常手段で、iPodのOn the Go機能を活用するしかありません。
iTunesはボロボロ(再構築途中ですが、既にライブラリ収録数が25000曲を突破(笑)6割が重複ってことです)ながら、幸いにしてiPodには被害が及んでいないので、こっちでプレイリストを作ってしまえ、ということです。これをシャッフルONにして使えばよろしい。

そうなるとiTunesの再構築は後回しにできるので、ちょっと気分は楽です。ただ、某所へのデータ垂れ流しはしばらくお休みとなりますが。

ということで、昼休みも終わったので、仕事に戻ろう(^_^;)

2006 12 02 01:03 PM [music with iPod, 日記・コラム・つぶやき, 集い, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.11.22

煮え煮え

ゆうべはわたるさん迎撃オフで大阪駅前第三ビル地下1階の「OKINAWA」に行き、わたるさん、comet師匠、なべりんさんと飲む。
泡盛、何杯飲んだのだろう。
豆腐中心の沖縄料理も美味で、いろいろいただきました。

comet師匠が店の人に「三線ない?」と尋ねると、「ありますよ」ということだったので、出してもらって、なべりんさんに弾いてもらう。蛇皮ので、なかなかよい音がした。

その後、わたるさんをホテルまでお送りして、帰りに新地某店に立ち寄る。2年ぶりぐらいになるのかな。マスターとママは相変わらずである(^_^)
13年前の新聞社時代の同期の面々のポラロイド写真やら、12年前の「ザ・サラリーマン」のパンフレットなどを眺めて懐古に浸る。
気がつくと15年分ぐらいカラオケを歌って、時刻は3時になっていた(笑)
すっかり脳が煮え煮え(@_@;)
店を出てからは亜空間などもたゆたいながら、始発の次の電車で茨木に戻り、寒空の下で始発バスを待って、帰宅。

2006 11 22 02:48 PM [日記・コラム・つぶやき, , 集い] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.07.29

FCLAの夏オフ

・・・なんですけどね、今日と明日。
とうとう今年は出られず(T_T)
前身のオケオフ時代から数えると、これまで16年連続で参加していたのだけれど、ついにその連続記録が途絶えてしまった。悲しい。

無理をすれば、今日だけでも日帰り参加というパターンはあったが、行ったら行ったで激しく盛り上がるので、そのときはよいのだが、終わってから体力的にも精神的にも反動がきつい。一言で言えば「濃ゆい」イベントであるから、行くなら土・日フル参加、月曜休み、つまり3連休は最低でも確保しないとつらいところである。

ついでに言えば、「ニフティの」「フォーラムとして」FCLAの夏オフが開催されるのは今回が最後である。
来年3月でニフティのフォーラムというサービスは終了してしまうそうである。
まぁメンバーの結びつきは微妙に緩やかなのに結構強烈、というところもあるので、おそらく「夏オフ」そのものは来年以降も、運営母体を変えて、きっと続いていくのだと信じているが。

仕方がないので、参加者の某氏にCメールを送って盛会を祈り、今日は、有線でなくなったUSEN(正しくはSound Planet)のチューナーのセッティングをし、その後はシコシコとiTunesの相手をし続ける。

徹夜で飲み歩いて翌日の仕事に出る、というような芸当は今の自分にはもはや不可能に近いが、まだそういう元気があった頃、宿酔いと寝不足で朦朧とした状態で昼休みに出歩いていたところ、「加入・設置無料。本日限り」の文句にフラフラと引っかかってUSEN440を契約してしまったことが思い出される。あれからもう10年以上になるのかな。
ついにそのUSENも衛星から電波で送られるようになってしまったのだが、パラボラアンテナの工事はとっくに終わり、新しいチューナーももらっていたにも関わらず、何やかやがめんどくさくて、今まで放置していたのであった。それをようやく今日、新チューナーに取り替える。C-10にチャンネルを合わせると、いつものようにClassic FMがバッチリと入ってくる。まぁ当たり前だが。
Sourcenextの「iPod selectionアナログ録音」も入手してあるので、そのうちSound Planet経由で仕入れたネタをiTunesに取り込むなどのワザも使うかも知れない。

最近はiTMSに赴くこともなく、かと言って自力でリッピングすることもなく、これまでの資産をもとに、あれこれとプレイリストやスマートプレイリストを作って遊んでいただけであったが、久しぶりにリッピング三昧の一日。リッピングするとすぐに高熱を発してダウンするバイオちゃんと異なり、FMV C301選手は安定して高速でのリッピングができるので、やり始めるとついついあれもこれも・・・という感じになってしまった。

本日午後遅くから、のんびりとやり始めて、夕食時までにiTunesに加わったのは、某え゜女史に教えてもらったマリア・カラニエミ、ラカトシュのライヴ、コルトレーン、種ちゃんのリッピングし残り分、米村裕美、ジェシー・ノーマンのブラームス、R.シュトラウス、スゼーのデュパルクとショーソン、ファスベンダー、モーザー、カツァリスによるマーラー「大地の歌」といったところ。

米村裕美って、今も活動してるのかどうかよくわからないのだが(公式サイトの日記は3年前で途切れている。ディスコグラフィにいたっては1999年で打ち止め)、私が聴いていたのは1991年のデビュー盤「もういちどあの場所へ」と翌年の「How are you?」の頃である。多分このCDも10年以上、いや14~5年振りに聴くことになるのだろう。どんな音楽だったのかも忘れてしまった(^_^;)

この時期は実はいろいろ日本の女性ポップシンガーを聴いていたようである。ニフティのFBEATや、そこから派生したHP(ホームページではなく、ホームパーティーという名のミニ電子掲示板。後にパティオに発展する。今で言うSNS内のコミュニティの原型みたいなもの)なんかで教えてもらって、手を広げていた訳である。さねよしいさ子だとか、相馬裕子、熊谷幸子などのCDが、今ではまるで聴かれることのないまま、ラックに並んでいる。

それらも、iTunesに放り込んでしまえば、様々な仕掛けを施したスマートプレイリストのおかげで、再び耳にする機会が得られ、思わぬ再評価に結びつくかも知れない。

そう言えば上述の「iPod selectionアナログ録音」だが、これを活用すると、古いカセットやLPのアナログデータをPCに取り込んでデジタル化することが可能である。古いカセットは山盛りあるし、CD化されそうにないLPもそこそこあるので、もうちょい余裕が出てきたら、この作業にも取り掛かりたいと思う。

2006 07 29 10:56 PM [music with iPod, 集い] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2005.12.28

若手忘年会

前夜の話だが、何故か、そういうのに呼ばれて参加する。
10人のメンバーのうち、40代はワタシだけで、30代が2人、残りは皆20代(但しかなり限りなく30に近い)という年齢構成。

J尼の北側、初めて行く店だったが、やや若向きながら、それなりにアテも酒もバラエティに富んでいて、なかなか楽しめた。
何より、部の垣根を越えて集まった若手メンバーと一緒に飲めたのは楽しかった(^_^)
話題が、主に参加していないメンバーのことに集中したのはともかくとして(^_^;)

いつも飲みに行く同僚は、人数が少ないときは大食漢であるが、人数がこの規模になると、盛り上げ役に回って、あまり食べず、ひたすら飲んでいる。途中で記憶が飛んだらしい(最近よく飛ぶそうだ)
店を出てから、「仕上げはうどん!」と言っていたので、駅前のトイレを出てからうどん屋に向かったが、同僚の姿はなく、多分記憶を失ったまま、気がついたら自室に戻っていた・・・ということなのであろう(^_^;)

年末年始、記憶を失う人が多いようだが、とにかく気をつけましょう(_ _)

2005 12 28 11:34 PM [日記・コラム・つぶやき, 集い] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.12.21

Xmasホームパーティ

そう呼ぶのがふさわしいのだろうな、と思う。
昨夜のことだが、夏ぐらいまでうちの部にパートで働きにきていたおねぃさんのお招きで、部の若手社員(何故かワタシも含む(笑))5人とそのうちの1人の奥さんと娘さんが、おねぃさんの家に集う。

パートで働いておられた頃から、美人で物腰柔らかく、しかも天然系のボケも随所に見せつつ、家庭的な「匂い」を全く感じさせない「謎のおねぃさん」だった方なのだが、ちゃんとした2階建ての一軒家にお住まいながら、そこまで行ってもまるで家庭の匂いがしない、という・・・謎が深まるばかりの一夜なのであった(^_^;)

お住まいは新しく、シンプルで、端正で、明るく、ゴミ溜めと見紛う我が家とは対極のような清清しい空気にあふれている。家電製品も新しく、まるで新婚さんの家庭・・・なのだが、謎なのである。

パーティはいきなりドンペリご開帳から始まり、芳しいブルーチーズ(笑)を満喫し、キャビアをほうばり、上等の手料理に舌鼓を打ち、なごやかなうちにも刺激的なやりとり(笑)を交えながら進んでいく。
聞くと、前夜も別口の仲間を呼んでパーティをやっていたそうである。これだけのおうちなら、多少人が集まっても問題ないけれど、それにしても謎なのである。

誰もが謎を抱えたまま、それでもそれを口にすることもなく、次々に出てくるめくるめくような美味な料理をタンノウし、気がついたらもうじき日付が変わるかも、というような時間帯になっている(+_+;)
西宮方面に車で帰るメンバー、近くに住んでいて自転車で帰るメンバー、そしてワタシ(笑)
タクシーを呼んでもらい、J尼まで出て、そこから最終の快速で茨木まで戻って帰宅。
謎が謎を呼び、どんどん深まるけれども、なんか心温まる一夜であった。
前夜の濃厚な夜とはまた違った、師走のひとこま。

2005 12 21 11:23 PM [, 集い, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.12.19

タケノコ

新タケノコのゆでたん@ままや本日は久々にCOMET師匠と飲む日である。
師匠の仕事でのパートナーでもあるH氏も同席。私も去年一度仕事でお会いしたことがある方だ。

本当はもう一人別嬪さんが同席する予定だったのだが、急な仕事が入ったらしく、男3人で飲み食い語る。
1軒目の「ままや」さんは2年前のタイガース優勝の後、COMET師匠と二人で祝勝会をやった時に訪れて以来である。お初天神通り界隈にある店で、とにかくアテがうまい!
写真にある新タケノコは、実にやわらかくて、それでいてタケノコらしいほろ苦さも兼ね備えた逸品。
3人が3人ともカメラに収めていたのが笑えるが、私は写真に撮る前に一口食べてしまった(^_^;)
湯気が立って、いかにも「今すぐ食え」と言われているかのように感じたからだが、確かにうまかった。

ここでは結局最初から最後まで泡盛のロックで通してしまう。私が途中参加だったからだが、この泡盛がまた華やかかつ強烈な香りで印象深い。

その後、すぐ近くのテンプルバーに席を移す。H氏はここは初めてだったらしく、店の様子に大いに感じ入っておられたようである。
ギネスを飲み、ジェイムソンを飲み、最後はまたギネスを1パイント。

この時点で、かなり酔っぱなのだが、3人とも勢いはある。多分もう1軒ぐらい行っているのだが、おそらく3人とも記憶の彼方であろう。気がついたときには新御堂で手を振って別れていたように思う(笑)
そしてそこから私は急に「ラーメン食べたい」状態に陥り、一人で堂山方面に戻り、あたりにいる客引きに「この辺でうまいラーメン屋は?」と尋ねまくって、「藤平」という店に入って、野菜ラーメンをタンノウしたのであった。熱くてうまいラーメンだった。

再び新御堂に戻り、三菱タクシーを見つけて帰宅。
部屋に戻って気がついたのだが、マフラーがない(+_+;)
タクシーに置き忘れたか、ラーメン屋か・・・多分ラーメン屋だな(^_^;)
また行く機会があれば奪回してこようと思うが、年内にあの辺に立ち寄ることができるかどうか・・・

何にせよ、濃くておもろい一夜であった(^o^)

2005 12 19 08:25 PM [Photograph, , 集い, 飲食] | 固定リンク | コメント (1) | トラックバック

2005.11.26

茶屋町まで

取引先からのデータを待って、それを店舗に伝える。職場のPCを全て消し、消灯して退出する。
そうして気がついたら21:20である。
をを、昨日と似たような書き出しだ(笑)

まき2にメールを送り、尼崎の駅へ。
大阪に一番早く着きそうなのは21:22の普通。先頭車両に乗り、大阪駅に着くや、御堂筋口までダッシュ、さらに御堂筋口北口から地下に潜り、阪急梅田駅で地上に戻り、百又ビルのKYO-ICHIを脇に見る。さらに少し先の路地を右に曲がって少しいくと、目的地の「りゅうぼん」である。

店に入り、隔離された一角に通されると、一瞬、間があって「ををを」というどよめきが(^_^;)。何だ、その間は(笑)
ということで、久々のメンバー、お初のメンバーも含めて、さかもちとまき2の漫才をタンノウする(^o^)
程よく崩壊三歩手前ぐらいのまき2がよい味を出している。

明日があるから(日曜日は関西アンサンブルオフ)ということもあり、私が合流して1時間ほどで解散。
短い時間だったが、なかなか充実した宴であった(^_^)

皆さんと別れてから、昨夜の続きで少し繁華街を徘徊する。昨夜と異なり、インナーイヤーレシーバーをせずに歩いていると、さすがに客引きの攻撃が増えてくる。ここは一つ、「秘技・轟健三目」で押し通すとしよう、と決めたら、「おニィさん、何怒ってるの」と声を掛けられた(^_^;)。通り過ぎてからこっそり笑う。

締めで太融寺近くのココイチに行き、納豆チーズミックス4辛。さほど体調がよい訳ではないが、辛さはそれほどこない。ただ量が多かった(^_^;)

2005 11 26 11:53 PM [日記・コラム・つぶやき, 集い] | 固定リンク | コメント (9) | トラックバック

2005.08.07

夏オフ完全燃焼

この土、日は東京はドイツ文化会館(OAG-Haus)での@nifty FCLAの夏オフに参加。
今年で私自身では16年連続の参加となる。
大阪に負けず劣らず暑い東京であったが、会場内でも熱い演奏が繰り広げられたのであった。

何しろWebフォーラム化されてから最初の夏オフなので、参加者数がやや低迷気味。ただ、「アクセスの仕方がわからない」「何度やっても入れない」というような話もたくさんあって、間際になってから、「代理参加表明」が増えてきたのがなかなかもどかしいところ。

そんなこともあって、たいていのメンバーはあまり休む暇もなく、演奏に参加する感じで、ホール外に設けられた飲食コーナーは少々閑散とした感じ。
特に土曜日は参加者がかなり少なく、最後の「第九」では聴衆が殆どいない状況で、ソリスト(わしもや(^_^;))はオケの方を向いて歌う、というような状況。
日曜日はさすがに演奏者と聴衆がほぼ同じぐらい、という感じで、夏オフらしい雰囲気になってきた。
雰囲気に気圧されたか、あるいは猛暑にやられたか、途中で体調を崩す方もおられたりして、舞台裏はちょっと大変だった模様。

何はともあれ、2日間、ベートーヴェンやマーラー、ブラームス、ハンデル、ドヴォジャーク、ボロディン、モーツァルト、チャイコフスキーなどの大曲、難曲をしゃぶり尽くし、飲み込まれ、溺れ、酔う・・・という至福の時間は過ぎていったのであった。
私もいろいろやらかしたが(笑)、まぁ2日目打ち上げの「蛇口ビール」のうまかったこと(^o^)
これのためにやってるのかもなぁ・・・と思わなくもないけれど(^_^;)

また来年も参加できれば・・・とは思うが、さてどうなるか。

2005 08 07 11:55 PM [Chorus, パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき, 集い, 音楽] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2005.08.02

ぶたの穴特訓&お買い物編

一旦USB2.0カードを外し、無線LANカードを挿し直して出直しである。
要するに、この週末、何を買って、何をやって、何がうまくいって、何をしくじっていたのか、という話である(^_^;)

日曜日。ぶたの穴へ。
言うまでもなく、夏オフの直前特訓である。
まぁある程度曲の雰囲気と、音が取れればいいかな、という感じではあったが、思いのほか成果は上がった気がする。
わざわざ名古屋から参加されたKIMIOさんとも少しだけだがご一緒できたし、ぶたこぶ夫妻を交えた4人で「フィガロ」2幕フィナーレをさらってみて、何とかなりそうな気になれたのは大きかった。

所用で先にKIMIOさんは名古屋に戻られ、残った3人で「第九」や「メサイア」をやってみる。
「メサイア」はぶたこはんがオルガンパートを弾いてFDに保存したものが活躍。これに合わせてたこぶ師匠と二人でベースパートをさらう。英語の歌詞が難関かも知れない。しかし、さすがにNY帰りのお二人、英語の発音がよいなぁ・・・

その後、ぶたこはんがNYで入手してきたリコーダーアンサンブルの譜面を、3人で「ピアノで連弾」する(^_^;)
いや、しかしこれが楽しかった(^o^)
ぶたこはんが2パート受け持っての「3人4手」連弾であったが、久しぶりの連弾は実に面白い。昔、「ピアノで遊ぶオフ」をシリーズでやっていた頃を思い出す。
とは言え、リコーダーでも一度合わせてみたいものである。まだまだやってない譜面がたくさんあったし。

ということで、ぶたの穴を辞してからは、一度上本町に出て、谷町九丁目から天満橋へ。
天満橋ではシティモ5、6Fの当社店舗(^_^;)へ。
目的は・・・そう、60GBのiPod入手である。

やはりメモリーオーディオ、HDDオーディオ系の人気は高く、売場は結構なにぎわい。その中で、「iPodの60GB、ください」
待つことしばし、今度はサイコロ型ではないパッケージを抱えたマイスターさん(家電の販売員さんのことを当社ではこのように呼ぶ)がやってきて、「ポイントがこれこれつきますが、何か付属品など買われますか?」ということなので、シリコンのカバーを買うことにする。

その後、USB2.0のHUBを一つ、さらにUSB無線LANアダプタを購入。これで、うまくいけば、バイオちゃんに250GBのHDD、iPodをつないで、なおかつ無線LANが使える、というワケだ。

その足で6Fに上がり、壊れていたのでそのうち買う・・・ということになっていたミキサーを購入。主婦ならオマケよりも価格をとるのかも知れないが、私などはオマケでミルがついている、ということで、ついつい高めのものを購入してしまった(^_^;)

ということで、まずは日曜日の「練習&お買い物編」はここまで。

2005 08 02 10:46 PM [Chorus, music with iPod, パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき, 集い] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.07.30

よき夕べにて候

木曜日に某師匠から飲み会の打診があり、本日決行した。
飲み会と言っても、某師匠とサシで、何の変哲もない「甘太郎」で、である。
何しろ、うちの職場の真下である。
仕事をとっとと切り上げて、階下の店舗で雑誌とデジカメを眺めている師匠と合流する。

私もUSBせんぷうきを購入せねばならず、それだけ済ませて「甘太郎」へ。
最近尿酸クラブの会員資格を剥奪されそうになっているらしい師匠と共に生大をあおる。師匠のペースが早い。
4人用のテーブルいっぱいに頼んだ食べ物も、知らない間にもりもりなくなっていく。夏バテと無縁の二人である。

ということで、某師匠は夏オフには参加できませんが、参加される皆さんに何卒よろしく、とのことであります。
今年だけはどうにも無理のようですね。残念だけど・・・

前回二人でここに来たときに入れていた「八重丸(多分「はちじゅうまる」ではなく「やえまる」)」を出してもらい、ロックでグイグイと飲る。あまりクセのない焼酎だが、飽きのこない味である。
次は、現在師匠とコンビを組んでいる某女史を交えて一席・・・というところで、ボトルの底、1.5cmぐらい残して、20:30前に店を出る。よき酒である(^_^)
そうそう、次の師匠のポッドキャストはゲストとの対談が予定されているそうな。楽しみに待ってましょう!

そうしてJR尼崎の構内で別れて、私は鈍行に乗ってのんびりと茨木へ。
途中アノヤキコさんを聴きながら熟睡。

駅で下りて、いつもと反対側に出て、先日も行った新しい店へ。
今回は最初から「CRナナシーゲット」で勝負。
途中、アツいリーチが一度だけきたが、残念ながらかからず。土曜日ということもあってか、先日よりは回らない。23/kというところか。結局5英世投じて撃沈。

足は自然と奥のスロットコーナー、ケンシロウ君のもとへ。
店内ガラガラであったが、その中で54回BBを引いている台に着席。3英世を投じ、途中で4チェを引いたときにナンバーランプを見る(ここのナンバーランプはバトルカウンターなので、レア小役を引くと32Gにわたって、カウントダウンしてくれる、というタイプである)
すると、誰も座っていない隣の台のナンバーランプも、「4チェリー」の表示が出て、紫色に点滅しているではないか。まぁ4チェだから転落抽選の可能性もあるとみて捨てていったのか・・・

取り敢えず自分の台を何とかしないといけないので、4チェ後32G回して、一掴み程度のコインを持って隣に移動。
その台のカウントダウンは残り17G。それだけつつがなく回したら、また放浪しようか・・・と考えながら打つ。何しろ、この台は今日6回しかBBを引いていない。高設定はあまり望めそうにない。

すると、掴んでいったコインがまだ残っている間に17Gは消化してしまい、あら残念・・・と思ったら、その次のゲームでまた4チェ。さらにスイカやらチャンス目やらが出て、結局さらに1英世を投じることになるが、無事拳王ちゃんと出会うことができてBBぎぇっと。赤7白オーラ、単発終了。

BB後はもちろんラオウステージからであるが、明らかに高確っぽい演出が出て、瞬間的にシンステージを経て、すぐにジャギステージ、そしてあっさりジャギやんに勝って2度目のBB。赤7白オーラ。
これが久々に2ケタ連なりまして、歌は聞こえなかったものの、14連まで。
BB後、またまた高確っぽかったが、結局103G回してチャンス目(チャンス目のときはナンバーランプのカウントダウン表示は出ない)が消えたので終了。

流して1888枚。投資9k、回収31.4k、収支22.4k
これで終われば、7月はプラス収支での終了となるだろう(多分14kぐらいの浮き)
そして、これで一気に物欲が湧き上がるワタクシなのであった(笑)

しかしよい夜であった(^_^)

2005 07 30 11:51 PM [Pachinko, , 集い] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.07.27

いつもの日常が戻ってきて

帰宅しても、さてTVは何を観ようか・・・と途方に暮れるワタシです(^_^;)
ツールが終わって、まさに虚脱状態。
何故かTVではチャンピオンズリーグ・クォーターファイナルのミラノ・ダービーをやってます。
倉敷さんの実況だし、このまま観てよか。録画は生中継のときにしているし、とっくにDVD-Rに焼いているものだけど。

いつものような日常が帰ってきたとは言え、季節は確実に前に進んでいて、夏オフまであと10日となってしまった。
今年は参加表明の出足がかなり悪いらしく、本当に成立するのか危ぶまれるネタもないでもない。でもまぁきっと何とかなる。これまでも何とかなってきたが、その「何とかするノウハウと心意気」は年を追うごとに磨きがかかってきている。

おとなしく飲食コーナーでへたばっていたいところであったが、そんな訳でそれは許されないらしい(^_^;)

「メサイア」は殆ど初体験に近い。以前MCでクリスマス向け抜粋版(説教付)というのを練習しかけていた時期があったのだが、珍しく途中で頓挫して、そのままになっている。
あの何とも楽しげな"For unto us a child is born"や威勢のよい"Glory to God in the highest"だけは、そのバージョンで少しだけ練習した記憶があるので、これはまぁ何とかなるだろう。
"Hallelujah!"は定番だから、これはほっといても何とかなる。思えば中2のときに初めて歌ったのだから、今年が個人的には「ハレルヤ歴30年目」である(笑)
あとは参考音源とNovelloのみやすい譜面で何とか形にしなければならない。

「第九」は、昨年の年末に初めてきちんと稽古して、プロのオーケストラをバックに、シンフォニーホールで、それも暗譜で歌う、という経験をしたばかりである。ぼちぼち合唱が体に染み付きつつあるなぁ・・・とかなり楽観モードを謳歌していたら、ソロのご指名をいただいた(^_^;)。えらいこっちゃ、である。
昨年の本番の前にも、本山先生の練習のときに、「少し皆さんもソロの部分を歌ってみませんか」と、みんなでソロパートを歌ってみる、ということをやったものである。大半の人が「第九」は食傷気味というぐらいに何度も歌っているので、ちょっとでも目新しいことをして、練習にメリハリをつけよう、という意図(はっきりそのように先生はおっしゃっていたが)ゆえのことだが、そのときの経験が、今になって少し生きてきそうな感じである。ただ、歌詞だけは何とかしなければなるまい。

「フィガロの結婚」は穴埋めも含めると、妙に歌う部分が多い。何しろ、いきなり「巻尺の歌」から出番である。ここでフィガロを歌い、4幕フィナーレでは伯爵を歌う、というあたりが、夏オフらしくてよい。2幕のフィナーレもフィガロであるが、これはかなりの難物である。大人数の重唱になるのだが、大きくみると2つのグループに分かれての掛け合いみたいな部分が多い。その中でもフィガロと伯爵は独自の動きをするところが多く、しかもテンポが相当速いので、落ちると復帰はかなり困難である。4幕フィナーレを歌うのは多分4回目ぐらいで、うち2回は伯爵を歌っているので(あと1回はバルトロだったかな)、今回3回目の伯爵ということになる。改めてピアノを叩いて音を確認してみたが、結構自己流で間違えて覚えている部分もあったりしたので、譜読みのやり直しが必要である(^_^;)

そんなこんなで、随分いろいろ歌えて楽しみなのだが、さすがに事前に何もせずに臨む訳にもいかないだろうから、次の日曜日にはぶたの穴にご厄介になるしかないだろう。

夏オフ期間中の宿は勝手知ったる新宿、それも歌舞伎町のど真ん中のホテルに連泊予定。週末連泊だと安くなるプランがあって、シングルなら2日で9000円。ワタシのガタイなのでセミダブルにして2日で10000円。これでも結構お値打ちかも。

江戸下向は、残念ながら「ぷらっとこだま」が売り切れで、やむなくチケット屋で12,930円の「のぞみ指定席」を購入。指定券、買うかな? でも並ぶのも嫌だし、まだ席に余裕があるなら、指定券買ってもよいかも知れない。
帰りは「ぷらっとこだま」を取れたので、8日の20時頃に新大阪に戻ってくる予定。つまり、江戸では15時頃まで遊んでいられる勘定だが、遊ぶゼニがあるのかどうか、改めて各方面から検証を重ねなければなるまい。

2005 07 27 11:52 PM [Chorus, 日記・コラム・つぶやき, 集い, 音楽] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.07.16

夏オフ参加表明完了!

@nifty FCLAの夏オフ、今年は転職をして間もなく、結構休みが確保できるかどうか微妙なところであったが、まぁ何とかスケジュール調整がついて、先ほどようやく参加表明をしてきたところである。
どうやら今回で16年連続参加、ということになるらしい。
自分にとって、他にこれだけ長続きしているイベント参加というのは皆無なのだから、いかにこのイベントが私にとって魅力あるものであり、また人生において欠かすことができないものなのかがわかろうというものである。

初めて参加したのは1990年の日暮里サニーホール。この頃は日曜日だけの開催で、名称も「オーケストラオフ(オケオフ)」であった。総勢90名ほどのメンバーが集まって、パソコン通信というものの持つ潜在力に感嘆したのを覚えている。

以来、1993年に2日制の夏オフに衣替えしてからも、1日は参加できないとしても、必ず1日は参加する、という具合で、何とか皆勤を続けているのだが、そうそう東京出張などない私にとっては、数少ない江戸下向の機会であり、関東のメンバーや、それ以外の地域から集まるメンバーと顔を合わせる、実に貴重な機会ともなっている。

もちろんFCLAのオフであるから、音楽をやるのだが、正直、どんな曲が取り上げられて、誰が指揮して、誰が歌って、誰がソロをとって・・・というようなことは二の次である。ひたすら、その場に加わり、旧交を温め、一期一会の機会をいとおしみながら、音楽と会話と酒と食べ物と様々な出来事を満喫するのである。

夏オフの時節柄、ということもあり、忘れ得ぬ人々のことも思い出したり。

初代シスオペの岳さん、正装してアイネクを指揮されていた姿が今も目に浮かぶ。
FunnyFootさんには、初期のオケオフで素晴らしいギターソロを聴かせていただいた。
みさこさんと言えば、おふらんすオフでのラヴェルが今も心に響いている。
はぎちゃんが初詣オフに振袖を着て現れたのは、つい昨日のことのようだ。

そして、MID。今年の夏オフにMIDの姿はない。
でも、多分、参加するみんなの中に、MIDはきっといるんだろう。

さて、これから移動手段と宿についての検討ならびに予約をしなければ・・・
これもまた、夏オフ参加の楽しみの一つなんよね(^_^)

ということで、ドイツ文化会館でお会いする皆さん、今年もよろしくです(^o^)

2005 07 16 10:54 PM [Chorus, 集い, 音楽] | 固定リンク | コメント (6) | トラックバック