2010.05.12

BD-HDW55配備完了

しかし、これでBD/HDDレコーダーが2台になったので、カンタロウ君の置き場がなくなってしまった。テレビ台を新調したら、横幅は少し広くなったものの、高さが足りないようである。
カンタロウ君はDVD/HDD/VHSレコーダーなので、昔のVHSの資産をDVD化するのには重宝するのだが、これはそのうち古いアナログテレビにつないで、そういう作業のためだけに使うとしよう。

BD-HDW55はスカパーHDの録画専用機にしようかな、と思っていたのだが、やはり地デジ、BSデジタルのアンテナとつながないとちょっと不便、ということもあって、アンテナの分配器が必要になってしまった。
今日は練習に出る前に尼崎に寄って、JR尼崎駅店でLANコードと分配器(ケーブル付)を2組購入してきた。

本当はHDMIの分配器も欲しいところだが(テレビチューナーのHDMI入力が2系統しかない。レコーダー2台とスカパーHDチューナーの3系統欲しい)、そうなると入力4・出力2の分配器なんかを買わねばならない。
ところが、こいつはちょいと高い(@_@;)
古くなってしまったBD-HDW22とテレビチューナーはD端子で接続する、ということでお茶を濁すことにした。でもそのうち買うかも。

本日はマエストロ沼尻を迎えての前日リハ。
第一部(いわゆる交響曲の第1~3楽章に相当)から通していくので、合唱の出番までが長い。
いい曲なんだけど、若干薬の影響もあって、ウトウトしそうになる(^_^;)
本番では要注意である(=_=;)

それより咳をガマンするのが大変。
ガマンできないので、オケがにぎやかなときを見計らってゴホゴホやるのだが、これも第一部をしっかり聴いて、どの辺が咳ポイントか見極める必要がある。しかし後半部分は結構静かなんだよなぁ(^_^;)
こっそりトローチを持ち込もうとは思っているが・・・

歌う方は特に問題なし。
唯一、第七部の冒頭で痰が絡んで、ちょっと声が出にくかったが、ページをめくる頃には解消していた。第六部が丸々休みなので、その影響だろう。
クララ(マイミクにあらず(^_^;))でも持っていくか(^_^;)

びわ湖ホール声楽アンサンブルの方々も加わるので、ベースは結構心強い(何しろローベースは現在2名なので・・・(+_+;))
沼尻さんの指揮は拍がわかりやすい反面、拍の頭だけ強調されたような硬い歌い方になってしまっているので、その点は注意が必要、と本山先生。
シンフォニーのステージで歌うと、また感じが変わるかも知れないが。

ということで、今日も早めに寝るとしましょう(^_^)

2010 05 12 11:33 PM [(-_-;), Chorus, 日記・コラム・つぶやき, AV・デジタル家電] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.04.24

10枚組1417円

水曜日に購入したハイフェッツの演奏を集めたCD-BOXの価格。
今夜にでもリッピングする予定。

昨年、モーツァルト全集170枚組+1CD-ROMを9990円で購入して以来、この程度の価格にはもはや驚きも何もなくなってしまって、「ナクソスって高いよねぇ」と言うようになっているのが実情であるが、ついつい職場柄、「生CD-Rより安いかも」などと同僚に話してしまって、「はて、イマドキのメディアの価格はいくらぐらいなのか?」と気になって、週末の折込チラシを眺めてみる今日のワタクシ(<文章が長いゾ!)

すると、イマドキ、10枚で1400円以上するようなメディアはDVD-RでもDL(8.5GB)とか、BDぐらいになっていて、並DVD-RやCD-Rなんかはますます価格低下が著しい。
国内メーカー製CD-Rでも50枚980円なんてザラである。
最近自分で買うのはBD-R DLが大半なので、こんなに値崩れしてるとは知らなかった。

そんなことを考えると、ソニーがFDの国内販売から撤退する、と発表したのも、まぁ時代の流れなんだろうなぁ。

ソニー:FDの国内販売、来春終了
記事はこちら

仕事ではまだFDを使う場面が若干あるので、完全になくなっちゃうのはちょと困るなぁ。まぁ何か代替品でもやりとりできればよいけれど。

FDはこうして衰滅の道を歩んでいるかのようだが、意外としぶといのがカセットテープ(コンパクトカセット)であろう。

扱うデータ量がかつてに比べてどんどん巨大化していったり、原材料の高騰によってその役目を終えつつあるFDと異なり、こちらは扱うデータ量は昔と比べてあんまり変わりはないし、取扱いの手軽さゆえに、高齢者を中心に、今も根強い需要がある、ということのようだ。

AMの深夜放送やFMの音楽番組のエアチェックを盛んにやっていた学生時代からMD普及期、要するに1970年代後半から1990年頃まで、いかに安く、しかも適正なレベルかつ長さのカセットテープを入手するかに血道をあげていたのが懐かしく思い出される(^_^;)

カセットテープに録音したものをデジタル化する方法やツールについての話題もなかなか盛んである。やはり、過去の遺産を何とかしたい、と考えている人は多いのだろう。

確かに何とかしたい・・・というものもあるけど、今でもまともな音が出るのか、それを確かめるのが不安というか、怖いというか・・・(^_^;)

2010 04 24 11:39 PM [music with iPod, グッズ, パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき, AV・デジタル家電] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.03.17

4.5パイント

Pap_0541
今年のSt.Patrick's Dayも波瀾万丈のうちに終了。
今、現在、ただいま帰宅中の真っ只中の最中な鵜m(_ _)m
酔っとるな。

Pap_0544本日のトピックス。
キンドル、ヤバすぎ。
iPad、いらねm(_ _)m

2010 03 17 11:40 PM [Photograph, グッズ, 意味不明・たわごと, 日記・コラム・つぶやき, , 集い, AV・デジタル家電] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.07.04

ツール開幕/モーツァルト開始

いよいよツール・ド・フランス開幕である(^_^)

新城、別府両選手の活躍にも期待したいが、やはり本命視されるコンタドールとアンディ・シュレックの対決、サストレの連覇への挑戦、「万年2位」から脱却を図るエヴァンス、ジロとのダブルツールを狙うメンショフ、なにげに上位をうかがうヴァンデヴェルデ、スプリント争いに懸ける「野獣」カヴェンディッシュと「イケメン」ベンナーティ、復活したランスがどんな走りをするか、アラン・デイヴィスを押し退けて(^_^;)出場を決めたボーネンはどうか、などなど、みどころ満載。

今まで、スカパーチューナーとDVD/VHS/HDDレコーダー「カンタロウ」君を直結していたのだが、今日は少しだけ配線をいじって、スカパーチューナーからBD/HDDレコーダーに直結、BD/HDDレコーダーからカンタロウ君をつなぐ、という経路に変更した。
これでスカパーの番組をBD-Rに保存する、ということが可能になった。

それというのも、どうも最近カンタロウ君のHDDに録りためたものをDVD-Rにダビングしようとすると、ディスクエラーを頻発するようになったためである。
うまくいくときもあるのだが、歩留りがちょっと悪化している。
安くなってきたとは言え、DVD-Rだってもったいないので、ここは今のところ無事故で動いているBD/HDDレコーダーにお役目を引き継いでもらおう、ということである。
ツールはHV放送もあるし(^_^)

それに伴い、BD/HDDレコーダーの中身も整理。
元日のガンバvsレイソル戦だとか名人戦をBD-Rに移してすっきり。
これでツールもガンガン録画するのである(^o^)

Pap_0340
続いて、ちょっと買っただけで安心していた(笑)モーツァルトの170枚組のリッピングを開始することにした。これはなかなか時間がかかりそう。

Pap_0341今のところ、交響曲は完了して、協奏曲に取り掛かっているところ。
CDを入れている紙ジャケはジャンル別に色分けされていて、ずらっと170枚並んでいる様は結構キレイで、なおかつ壮観である。
一週間ぐらいで何とかなるかなぁ・・・

2009 07 04 09:22 PM [Cycle, music with iPod, Photograph, 日記・コラム・つぶやき, AV・デジタル家電] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.01.03

一応走り初め

午前中、という予定だった某UNICOLO(意味一部有名)の荷物が、「えらい立て込んでまして」というS川のドライバーさんの遅延予告にも関わらず、辛うじて11時55分頃に到着。
キルティングのジャケットとカーゴパンツとなんちゃらシャツ。
ネット店だとXXLサイズが結構あるので助かるのである。

天気もよいので、届いたばかりのキルティングとカーゴパンツを着用して、アローヨ号の走り初め。というか、年賀状追加分の投函。
JR茨木駅に着く直前にある茨木郵便局まで行って無事投函を済ませ、それから万博外周でも走るか、と思っていたのだが、年末からの風邪やら日頃の不摂生のお蔭様もあって、まるで体力がないことが発覚。
ひとまず家まで戻って、一度トイレに行ってから出直そうと思ったのだが、結局今日はそれでおしまいにすることにした(^_^;)
ダメぢゃん(^_^;)

2階の自室にアローヨ号を置いているのがそもそもの問題で、外に出すのにいちいち階段(しかも途中で一度直角に曲がらねばならない)を通らねばならないのはあまりにも面倒である。
将来的なことはさておき、取り敢えず玄関を入ったところに放置してみることにした。これなら割と乗って出るのが気楽になる。

UNICOLOのキルティングはとても軽くて、暖かくて、実用上大変よいと感じた。カーゴパンツも結構暖かい。裾が絞れるようになってるのもよいが、やはり右だけでなく左にもパンツプロテクターを巻いた方がよさそうだ(ボトルケージに引っかかるときがたまにある)

帰宅後、BS朝日でサイトウキネンのマラ1鑑賞中(^_^)
こういうのが観れるようになったのはありがたいな。

2009 01 03 04:03 PM [Cycle, 日記・コラム・つぶやき, 音楽, AV・デジタル家電] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.12.30

42V

予定通り、11時過ぎに薄型テレビとブルーレイレコーダーが到着。
アンテナ設置や古いブラウン管テレビの引き取りもあり、何だかんだで3時間近くかかってようやく作業終了。

UHFの受信状況はやはり壊滅的であったが、新しいアンテナを立ててもらったおかげで地デジはほぼ問題なく映る。但しサンテレビは断念。あの数々の名作CMが観れないのは少々残念だが、まぁ致し方ない。

今は12/14に放映されたセンチュリーのデュリュフレを鑑賞中(^_^)
いろいろと多謝であります(^_^)(_ _)>→あ←どん
それにしても、あんなに合唱団員をアップにしなくても(^_^;)

しかし42Vってやはりデカいですな(^_^)
薄型テレビを買う人は、大体買ってすぐはデカいと思うものの、すぐにもう1サイズ上を買うんだった、と後悔するらしいのだが、さすがにブラウン管の25(24?)から液晶の42Vというのは格段に違うし、46Vになると明らかに部屋の大きさにマッチしないから、これは必要十分な大きさだったのだと思う。

ってことで、この年末年始はいろいろと楽しみである(^_^)

2008 12 30 10:17 PM [AV・デジタル家電] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.11.26

デジタル

デジタルはデジタルでも、BSデジタルの話。

9月に出演した大阪センチュリー交響楽団のデュリュフレ「レクイエム」であるが、いつ放映なのか、実はよくわかっていない(^_^;)
まじめに練習に出ていれば案内があったのかも知れないが。

書店でTVガイド誌をパラパラめくってみると、どうもBSフジで12月14日の午後1時からっぽいのだが、これで間違いないのかな?
それにしても、BSデジタルを観れる環境にないのだが(^_^;)(仕事柄、あまりよろしくないとは思ってますが・・・(-_-;))
折角だから、この機会に買うか・・・とも思うのだが、これだけのために今買うのもいかがなものか、という気もしないでもない。

もちろん自分とこの店で買えば、機種によってはかなりお安く買えるし、分割無金利という手も使えたりする(これは別に社員でなくても、ですが)ので、確かに考えないでもないのだが。

実際のところ、家にあるメインのTVは、時折音声が不安定になる。
急に音量が下がったかと思うと、チャンネルを変えると急に大きくなったり。
映りは良好なので、音声だけの問題なのだが、一応買い替える理由にはなる(^_^;)
この金・土あたり、店に立ち寄ったら危険かも知れない(^_^;)

2008 11 26 11:22 PM [日記・コラム・つぶやき, AV・デジタル家電] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.07.21

今日は休養日

ツール・ド・フランスは今日が2回目の休養日。
昨日からアルプスに入り、明日と明後日、厳しいステージが続くので、選手たちにすると、今日の夕方あたりはサザエさん症候群になるのではないかと危惧される。

カンタロウ君のHDD残り容量がまた心もとなくなってきた。
応急措置で駅前のコンビニに行って5枚パックのDVD-Rを買ってきて、HDDの中身をダビングし始めたのだが、1枚目でいきなりディスクエラー発生(>_<)
ふと、前に買って使い切ったと思っていたPBのDVD-Rの箱を見ると、1枚未使用のが残っていたので、それを使ってディスクエラー分を補う。

2枚目はうまくいったが、3枚目でまたもディスクエラー発生。
どうもこのパックは歩留りが悪い。
やっぱりこの手の商品は農産物に近いのかなぁ・・・
4枚目のディスクでリカバー。

こうなると5枚目を使うワケにいかない。ここでまたディスクエラーが出ても、もう新品のDVD-Rがないので、リカバーができない。困ったもんだ。
それでも空き時間が22時間程度できたので、当座のしのぎにはなる。

今日は「鉄腕バーディーDECODE」の第二話とツールのウィークリー・ハイライトがモロバッティング。どちらもリピート放送があるが、ツールは明日に回して、今夜は「バーディー」優先。

明日はツールが約6時間、明後日は約7時間と長時間放送。
これで折角空けたHDDの容量もたちまち逼迫する予定。
なので、明日あたりは尼崎に寄ってPBの20枚パックを買って来ねば・・・

庭で落花生を育てている(育ててるのは母だが)のが花が咲いたので写真を撮ろうとしたが、昼間は暑過ぎて花もヘタっている。朝方がよいようだ。

甲子園では二岡へのブーイングがすごいが、放送では「声援」という表現を使っていた。
日本語って不思議。

2008 07 21 07:46 PM [Cycle, アニメ・コミック, AV・デジタル家電] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.06.22

HDDの整理にとりかかる

考えてみると、昨年のグランツールが全ステージ入ったまま、というのもすごい話である。
ようやく昨年のジロからDVDに焼く作業をスタートさせた。

こういう作業をしてるときは、確かにBDだと楽かもなぁと思う。
DVD-Rだとうまく1ステージ1枚とか、2ステージ1枚に収めるのが難しい。
ステージの途中でチャプターを切って、糊代も作っておいて、なるべく無駄のできないようにDVDにコピーしていくのだが、チャプターを切る箇所を決めるのがなかなか難しい。
実況の途切れた瞬間、話題が変わった瞬間を狙うのだが、意外と途切れてなかったりして、何度かやり直しをせざるを得ない。

最大の問題は、そうやってDVDに保存したものを、アナタは一体いつ観るのか、というところである(^_^;)
これはこの手の機器を使いまくっている方に共通する問題であるが、いつ、どういうシチュエーションで必要になるのかわかんないのだから、と言い聞かせて(思い込んで)残しているのが実情である。
本当はそうやって「残しておく/揃えておく」ということが心の平安をもたらす(それを「自己満足」とも言う)ので、それが最大の目的なのであろう。

こうしてレコーダーやメディアが売れれば、結果的にワタシの給料にも反映されるのだから、皆さんもせっせと録画して、ディスクに残すように努めましょう(^_^)<こら。

2008 06 22 04:36 PM [Cycle, AV・デジタル家電] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.06.19

ダビング10

2000年秋、以前加入していたディレクTVが日本から撤退したとき、無償で配布されたソニーのスカパーチューナー(あのi.LINK搭載のDST-MS9)を今も使い続けているのだが、このような古い製品にも大変便利な機能があって・・・いや、それ以上に大変不便な機能が搭載されていなくて、今でも新しいものに換える気にならないワタシである。
確かに古いので、いろいろと不便な面もあるが。

そうは言っても、地デジを含め、これから先々のことを考えると、あるいは業界的にも、ダビング10の論議がどうまとまるのかは要注目である。

「ダビング10:7月5日軸に開始で合意 総務省の検討委」

2008 06 19 11:38 PM [AV・デジタル家電] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.01.01

いずくからかMP610と呼ばはる声あり

まぁそういうことで、どう考えても発色が赤い。
年賀状なんだし、めでたいからよいかも知れないが、セピアというにもほど遠いぐらい、全体が赤レンガ色っぽい。何より黒が茶色くなるのはカッコ悪い。

BJ S600君のこれまでの貢献には大いに感謝し、その労をねぎらうこととして、明日仕事帰りに尼崎まで出向いてMP610を購入してくることに決定。

これもまたボロくなったPCラックの上に載せていたBJ S600だが、MP610はそこではなく、PCラックの隣に鎮座しているテレビボード(と言いながらTVは載っていない)の上半分を占拠しているラジカセをPCラックの上に移動させ、ラジカセ跡にMP610を設置する案を検討中。こうするとラジカセでCDをかけるのがかなり難しくなる(てっぺんの蓋を開けてCDを置くタイプ)が、今やCDもiTunesに取り込んでPCから聴くというズボラなスタイルになってきたので、この程度の不便は特に問題ないだろう。

これを機に、部屋の模様替えを行うための大整理に取り掛かるか・・・という気に一瞬なるが、常にどこから取り掛かるかで途方に暮れるため、今回も即効でその気が萎える(笑)
でもまずCD山積みタワーだけは何とかせねば・・・

2008 01 01 10:37 PM [AV・デジタル家電] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.07.07

ツール開幕直前!

今夜から、いよいよツール・ド・フランスが開幕する。
ロンドンで行われるプロローグを含めて全21ステージ、7月29日のシャンゼリゼでのフィナーレまで、熱い日々が続く。
グラン・デパールがフランス国外になるのは今回が7回目だそうである。ドーバー海峡を越えるのは4回目とか。

我が家のHDD/DVDレコーダーにとっても熱くなる日々が続く・・・のであるが、まだ去年のツールのデータをDVDに焼ききれていない(^_^;)。残り7~8ステージだと思うが・・・
その後のブエルタ、そして今年のジロも全部入ったままである。残りはLPモードで55時間分ぐらい。1日の平均放映時間が3.5時間ぐらいとすると15ステージ分ぐらいしかもたないので、少なくとも去年の分は全部焼いてしまわないと・・・

もう一つの問題はスカパーの受信状態。
上空に厚い雲がかかっていると受信できなくなってしまう、という弱点があるが、こればかりはもう祈るしかない(^_^;)
今日もなんか不安定だったりするのだが・・・

気になるマイヨ・ジョーヌ争いであるが、やはりアスタナのヴィノクロフが中心になるのかな。去年、オペラシオン・プエルトのとばっちりを受けてツール出場を逃し、その鬱憤をブエルタ総合優勝という形で晴らしたヴィノだが、やはりツールの恨みはツールで晴らしたいところだろう。

本人の実力もさることながら、チームのサポート体制も万全。
ブエルタで3位に入ったカシェチュキンという頼りになる同郷の相棒に加えて、シャンゼリゼで2度も表彰台に立ったことのあるクレーデンを獲得したのは大きい。おまけにジロを2度制しているサボルデッリまでいるのだ。グランツールの表彰台を知る選手が、ヴィノを含めて4人というのは凄い陣容。さらに、クライマータイプのアシストとしてはマッツォレーニも控えている(と思ったら、スタートリストに名前がなかった(^_^;))

対抗馬と目されるバルベルデはオペラシオン・プエルトとの関与が疑われていたりして、開会前の記者会見もサエないものだったそうである(詳しくはmas ciclismoでその様子がうかがえます)


チーム力という点ではアスタナに匹敵するのがCSCである。昨年ツール4位のサストレをエースに、フランク・シュレックやジューリック、カンチェッラーラ、オグレイディ、フォイクト、ザブリスキー、クローン・・・よそに行けば十分エース格と思われる選手がズラリと並ぶ陣容は圧倒的。プロツアーランキング1位も納得である。
ただ、監督のリースが現役時代のドーピング発覚によって、今回のツールでは采配を振れない。これがどう影響するか・・・

ということで、プロローグの放映は22:00から。なんと終了予定は27:00。初日から気合入ってますねぇ、J SPORTSさん(^_^)
何しろ今年からは廃ビジョンでの中継もある、ということだし・・・ワタシには無用の長物だが(^_^;)

******

ああ、やっぱり受信状態が時折不安定になる・・・(x_x;)
長時間映像が切れることはまだないが・・・不安だなぁ。

2007 07 07 09:48 PM [Cycle, AV・デジタル家電] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.01.14

あれから20年

湖畔に佇み、瞑目してヘッドフォンから流れる音楽を愉しむ(愉しんでいるかのように振舞う)ニホンザルとして、一躍有名になったチョロ松が、29歳8ヵ月(人間の年齢に換算すると100歳)で大往生を遂げたそうな。

実際には音楽を聴いていた訳ではなかったそうだが、あの表情は忘れがたく、印象に残っている。
キャッチコピーもよかった。
「音が進化した。人はどうですか?」
さっぱりです。

チョロ松の画像は以下で見ることができる。
周防猿まわしの会

2007 01 14 11:32 PM [etc., , 映画・テレビ, AV・デジタル家電] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.06.14

カンタロウ様、ご降臨

ということで、やってきました、AK-V200、カンタロウ様。
取り敢えず最近全く使用していないVHSデッキを完全に退役させ、RD-XS35につながっていたアンテナコードなどをAK-V200につなぎ、テレビとはD端子で接続。
さらにRD-XS35の出力をAK-V200の前面入力端子につなぐ。これでRD-XS35のHDDに録りためていたものを、AK-V200側でDVD-Rに焼くことができる(実時間分かかるのはやむを得ないが・・・)

さすがにどちらも東芝の製品だから、ということなのか、リモコンで「DVD」ボタンを押すと、AK-V200だけでなく、RD-XS35もDVDモードになってしまう。RD-XS35のHDDからAK-V200のDVD-Rに録画、という場合は、RD-XS35側はリモコンでなく本体ボタンで操作してやらねばならない。まぁ大した手間ではないが。

地上波の番組もADAMSが利用できるので、録画するのはかなり簡単なようである。
もっとも、地上波の番組を殆ど観ないので、あまりその便利さを享受することはできないかも知れない。

まだ殆どマニュアルも見てないし、HDDに番組を予約録画する、などという一番ありがちなこともやっていない。これからぼちぼち・・・と言いたいところだが、既にW杯は始まっているし、もう半月ほどすればツール・ド・フランスも始まる。いきなり手探りで本格稼動させなければならない(^_^;)
そう言えば、RD-XS35を買ったときも、すぐに「スタートレックまるごと(何時間だっけ。70時間だったかな?)」があったので、慣れる間もなく本番投入という感じだった。

****追記****
AK-V200のリモコン操作でRD-XS35まで作動してしまう件だが、これはちゃんとマニュアルに回避方法が書かれてあった。AK-V200のリモコンモードをDR-2に設定することで、簡単に回避できた。

2006 06 14 12:51 AM [AV・デジタル家電] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.06.11

W杯は始まったが

DonDokoDonの平畠言うところの「民族紛争inドイツ」が開幕している。
「フットボールはスカパーで」派のワタシとしては、生中継は諦めて、スカパーの再放送を観て、あるいは録画して・・・というスタイルで臨むことになる。

録画して、であるが、RD-XS35のDVDドライブはどうやら完全にイカレてしまったようで、今や完全に「HDDレコーダー」としてしか機能していない。
それで、同じ東芝のAK-V200を購入することを決意。
オフィス階下の店長に頼んでおいたのだが、その店長が転勤になってしまったりして、結局自宅に届くのはこの火曜日、ということになった。

AK-V200、通称「カンタロウ」であるが、HDD容量は250GB。VHSも利用できるので、昔録り溜めたVHSテープの内容をHDDやDVD-Rなどにダビングすることもできたりする。
それより何より、RD-XS35のHDDに溜まっている(そしてこれからも少し溜まる)ものを、AK-V200にダビングして、こちらからDVD-Rに焼いてしまおう、という魂胆である。

これから先々のことを考えれば、同じ東芝なら、倉敷教授オススメのVARDIAあたりがよいのだろうが、まだ地上波デジタルに走るのは時期尚早と判断しているので、このクラスの商品は次か、次の次ぐらいまでお預けである。
ともあれ、今はRD-XS35の後を引き継げる「中継ぎ」が必要なのである。

とは言え、RD-XS35もHDDは無事なので、これをうまく生かせば、合計410GBのHDD容量で番組録画に臨むことができる、ということになる。

そして、シーズン的には、ワールドカップもさることながら、ツール・ド・フランスの開幕も近づいてきているワケである。
今回のツールは、ワールドカップ終盤戦にカブるように開幕するが、これを両立させながらうまく録画スケジュールを立てていかなくてはならない。
スカパーではワールドカップは録画中継のみだが、ツールは生中継である。昼間はワールドカップ、夜はツール、と、うまく棲み分けられるのは、却ってありがたいとも言える。

それに先立って、今夜からはツール・ド・スイスの放映も始まる。
ジロに続いてウルリッヒが出場するそうで、ツールではかなり絞れたウルリッヒが観れそうな感じである。ダブルツールを狙うバッソとの対決が楽しみですな(^_^)

2006 06 11 04:32 PM [Cycle, Football, AV・デジタル家電] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.05.09

雨中の苦闘

落車したペタッキはもちろんであるが、今日のステージで苦労していたのはカメラマンのような気がするワタクシである(^_^;)
天候が悪くなくても中継映像は乱れがちであるが、雨の影響でそれがさらに強まっている。
イタリアの機材はベルギーではうまく機能しないのか?

ということで、少し出遅れているが、ジロの話である。
今年はJ SPORTSも頑張ってくれていて、ジロは連日生中継である。
春先からのクラシックレースも生中継してくれているので、サイクルロードレースファンとしては夢のような状況なのであるが、相変わらず仕事は多忙だし、我が家のRD-XS35は依然として不調なのであって、ロクにそれらを観れていないのが実情である。250GB・VHS付のカンタロウでも買うかな・・・と思案している昨今。溜まっているVHSテープも何とかしたいところだし・・・

そうは言ってもジロはジロ。
イタリア中がピンク色に染まるこの季節、やはり毎晩、最後の方だけでも観る、というパターンになるのだろう。
さて、勝つのはバッソか、ディルーカか、それともサヴォルデッリの連覇か、はたまたクーネゴか、シモーニの逆襲か?

おっと、ゴール間近のコーナーで落車?
あらあら、エウスカルテルの選手だわ(+_+;)。こういう路面状態には弱いからなぁ、彼らは(^_^;)
Tモバイルのケスラーもトラブっている・・・

ナミュールの城壁を登っていくラストシーンは、バイクカメラの映像が乱れまくりで状況が把握しづらい。
・・・と思ったら、飛び出していたのはチェチュだった。
追走するのはゲロルシュタイナーのシューマッハー。
そしてその後からベッティーニがくるが届かない感じ・・・どころか、ズルズルと遅れて集団に埋没(+_+;)

シューマッハーがチェチュをかわし、食い下がるチェチュを振り切ってゴール!
ステージ優勝に加えて、マリアローザも獲得!
第1ステージの健闘がフロックではなさそう・・・ということを証明してみせた。
3位はダヴィデ・レベッリン。

Stage 3 - Monday, May 8: Perwez - Namur, 202km

Results
Provisional
1 Stefan Schumacher (Ger) Gerolsteiner 5.14.43
2 José Luis Rubiera Vigil (Spa) Discovery Channel Pro Cycling Team 0.02
3 Davide Rebellin (Ita) Gerolsteiner 0.06
4 Paolo Bettini (Ita) Quick Step-Innergetic
5 Philippe Gilbert (Bel) Française des Jeux
6 Jens Voigt (Ger) Team CSC
7 Andrea Moletta (Ita) Gerolsteiner
8 José Ivan Gutierrez Palacios (Spa) Caisse d'Epargne-Illes Balears
9 Paolo Savoldelli (Ita) Discovery Channel Pro Cycling Team
10 Franco Pellizotti (Ita) Liquigas 0.09

General classification after stage 3

1 Stefan Schumacher (Ger) Gerolsteiner 10.14.04
2 Paolo Savoldelli (Ita) Discovery Channel Pro Cycling Team 0.13
3 Davide Rebellin (Ita) Gerolsteiner 0.23
4 José Ivan Gutierrez Palacios (Spa) Caisse d'Epargne-Illes Balears 0.29
5 José Luis Rubiera Vigil (Spa) Discovery Channel Pro Cycling Team 0.31
6 Serguei Gonchar (Ukr) T-Mobile Team
7 Bradley McGee (Aus) Française des Jeux
8 Francisco Perez Sanchez (Spa) Caisse d'Epargne-Illes Balears 0.32
9 José E. Gutierrez Cataluna (Spa) Phonak Hearing Systems 0.33
10 Michael Rogers (Aus) T-Mobile Team 0.37

シューマッハーの初々しいシャンパンファイト、そしてマリアローザ姿(着用するのもたどたどしい(^o^))、さらにはチクラミーノまで獲得してしまって、このステージはシューマッハーづくし。

ベルギーを走る序盤戦は明日でおしまい。
明後日は移動を兼ねた休息日で、選手たちもUEFAカップ決勝を楽しむのだろう(笑)
木曜日からはイタリアでの戦いが始まる。最初はピアチェンツァからクレモナへのTTT。ピアチェンツァと聞くと、ついヴィエルコゥッドの名前が出てきてしまう、というのは・・・古いか(^_^;)

2006 05 09 12:36 AM [Cycle, AV・デジタル家電] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック