2010.10.10

バンイチ

びわ湖一周を「ビワイチ」と呼ぶのであれば、万博外周一周は「バンイチ」である。「バンイチ」を「パンイチ」で歩いたり走ったりすると、きっとちょっとヤバい。

3連休のなかび(漢字で書きたくない気分なのは察しましょう。わが社的にはなかなかよいのだが)
金曜夜からの雨もようやくあがり、名残の夏日ということもあって、ノルディック・ウォーキングに出る機運が急速に高まったワケであった。
今日は万博外周一周以上を目指す。

3389417_651790357_94large自宅から徒歩10分もしないところに小学校があり、そこでは運動会が催されていた。
運動会なんだけど、みんな縄跳びしてたなぁ。
そう言えばワタシが小学生のときも、ここではなかったが、やはり縄跳びが盛んだったものである。その伝統は今も健在なのかも知れない。

少年球技場と変電所の間の道を抜けて万博外周へ。
ここから今日は外周を反時計回りにウォーキング。
このあたりはモノレール彩都線の下を通るルートである。
3389417_651791453_217largeみのり橋南でモノレールは右折(北に向かう)
その手前に可憐な花が咲き誇っておったとな。

3389417_651791813_61largeモノレールと別れてさらに外周を歩いていくと、大阪大学吹田キャンパスの正門前。

休憩もとらずにさらに歩を進める。
いつもは千里住宅公園のあたりで挫けて、元エキスポランド方面に転進して、外周をショートカットすることが多いのだが、今日は調子よく前進し、ホテル阪急エキスポパーク前を過ぎ、再度中国自動車道と交差して、公園東口へ。

3389417_651792704_26large公園東口の近くには聖地アンフィールド、ではなく、サン・マメス・・・でもなく、万博記念競技場がある。しかし往生際が悪いぞ、ヒックス&ジレット(-_-#)

ここで久々に「ノルディック・フィットネス・レトロスペクティヴ・ウォーキング」に取り組む。ノルディックのストックを突きながら、後ろ向きに歩く、というやつである。これは太股の表裏になかなかいい感じで負荷がかかるし、何より膝への負担が小さいのがよい。

3389417_651793110_106largeゲータレードを買ってようやく休憩。
ちなみに、本日のいでたちはJ SPORTSショップで購入したツール・ド・フランス2009のグランデパール(モナコ)Tシャツに、第2世代iPod shuffle(PRODUCT)REDという感じ。描かれているライダーさんの鼻をシャッフルのクリップ部が挟む、という状況である(笑)

IS01の自分撮りカメラは固定焦点なので、タイムラグなく撮影できてしまう。粗いけど、こういうシチュエーションでは十分の画質である。
iPod shuffleには再生回数5~10回で、演奏時間が5~10分のものを、ジャンル選ばずランダムに1.7GB選んで入れたので、様々なものが流れた。
休憩中はダイアナ・クラールとか・・・

ここまで一周して、サイクルロードを行くローディを11台カウントした。
最初はノーヘル君(-_-;)
次は2台のペア、続いてソロ、次はペア。
その次のトリオはバイクをピンクにカラーリングしたグループ。
その後、黒っぽいキャノンデール、白のトレックと続く。
ランドナーも1台見かけた。
クロスバイクはその1.5倍ぐらい見かけた。

3389417_651793440_49largeゲータレードを飲み干して、再び歩きだすと、モノレールが大きく左にカーブするあたり、弓道場の前にささやかなハーブガーデンがあった。
手前がペパーミント、奥がレモンバーム

3389417_651794558_19largeハナトラノオ

3389417_651795180_88largeタツタナデシコ

3389417_651795686_97largeここから少年球技場、変電所をやりすごし、再びみのり橋南へ。
今回はモノレール同様右折し、阪大病院前駅のところからユイの壁を下り、少しすると、名残のヒガンバナがこっそりと群生していた。

3389417_651796326_111large帰宅すると、庭猫がのんびり。
ワタシがストレッチしていても、特に関心はなさそうである(^_^;)
これはシロ

3389417_651796968_68largeこれはたま

ということで、まぁまぁ歩いたかな。
でもまだまだ行けたかも知れない。
徐々に距離と時間を延ばしていこうかとは思う。

2010 10 10 10:49 PM [music with iPod, Nordic Walking, Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.09.26

枕詞としての「久々に」

これがつくと、その後には「ノルディック・ウォーキング」と続く。
何しろ5月2日以来なので、4ヶ月以上やってなかった(^_^;)
まぁそれを言うとアローヨ号なんて既に11ヶ月跨がってないが(-_-;)

今日は美穂ヶ丘から豊川、そして万博外周に戻ってみのり橋南から時計回りに5分の1周ぐらい歩いて、脇道に逸れて帰宅する予定であった。
久しぶりだし、脚、特に膝の具合は依然としてよくない(変形してるんだから簡単によくなるはずもない)ので、軽めに、というところである。

美穂ヶ丘の所ではマンションの林立する区域は避けて、サンクスのあるところから府道茨木摂津線に上がるアプローチがあるので、そちらを採る。

茨木摂津線、万博外周からはみのり橋南で分岐し、清水の交差点までは吹田市と茨木市の市境を通っている。緩やかな上り下りにより構成されるちょっとした峠道・・・というほどきつくはないが。

3389417_627248842_219large途中で阪大の北門前通過

さらに少し行くと峠の頂点となり、少し下るとJICAである。
3389417_627249250_235large今回は写真も撮らずに素通りし、ひたすらモノレールの豊川駅を目指す。
ここでUターンし、また上って下って阪大病院前へ。

ウォーキング中はiPod shuffleで音楽を聴いているのだが(Tシャツ一枚だとポケットがないので、重たいiPod classicは無理。Bluetoothは充電してなかったし(^_^;))、ちょうどこのあたりでソラブジのオプスクラヴィチェンバリスティクムの終曲(マッジの演奏)となったのには苦笑(^_^;)
そこそこつらい上りで、ピアニストには拷問のような超絶技巧の連続を聴かされるのもまた一興である。
しかし、あれではちゃんと弾けてるのかデタラメ弾いてるのかわからんだろう、という意見もあるかも知れない。ただ、デタラメだとしても、あれだけ多くの音をものすごいテンポで打鍵していく、というのは、フツーの人には絶対無理です。

3389417_627249642_73large阪大病院前のローソンで補給。実際は隣の公園で、だが。

以前はリュックを背負い、その中に水を入れたペットボトルを入れ、ハイドレーションチューブをつけて口元にバイトバルブを持ってきて、すぐに給水できるようにしていたが、これは夏場限定だろう。
もっとも、真夏にこれをやると、すぐに水がお湯になる(^_^;)
チューブの途中にある水が熱せられるので、たとえボトルが断熱構造になっていてもあまり意味はないのである(@_@;)

ここで時間を確認すると、小一時間のつもりだったのが、既に正味一時間を超えている。ちょっと読みを誤ったかなぁ・・・
ということで、万博外周まで出るのはやめて、阪大病院前駅の真下を下っていく道をとり、自宅までの最短コースで戻ることにした。

3389417_627250388_185largeそれがこんな道である。近隣では「ユイの壁」と呼ばれ、サイクリストを絶望させる激坂として広く知られている・・・ワケはない(^_^;)

※本物の「ユイの壁(Mur de Huy)」は、フレッシュ・ワロンヌというレースで使われる名物の坂で、最大勾配20%を超えるので、ここを走る選手たちには「壁」として立ちはだかるのである。
※ユイの壁をテーマにしたTシャツがある。
ユイの壁Tシャツ

なお、これでわかるように、大阪モノレールは跨座式である。
大阪人にとってモノレールというのはこういうものだ、と思っているので、懸垂式のモノレールを初めて見ると、大阪人は驚くのが通例である。

帰宅したら結局小二時間(^_^;)
ストレッチしてたら、庭猫のシロが物珍しそうに眺めていた。
こいつ、いっつもそうなんだよな。

ということで、今日はしっかりマッサージして、膝にはモーラステープも貼っておこう。いくら負担が軽くなる、とは言っても、水泳に比べると膝への負担もあるのだし。

2010 09 26 10:29 PM [music with iPod, Nordic Walking, Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.09.06

シューベルティアーデ

毎年気になりつつ、一度も足を運べていないのが「シューベルティアーデたんば(丹波の森国際音楽祭)」である。
今年は9月25日(土)に開幕、11月13日(土)まで、丹波の各地で様々なコンサートやイベントが開催される模様。

公式サイト・・・かな

1995年に始まって、今年で16回目。
篠山出身の畑儀文さんが総合プロデューサーとして屋台骨を支えている。

昼休みにドーチカの和カフェ「茶茶」に行ったら、パンフレットが置いてあったのでもらってきた。う~ん、なかなか楽しそうだ(^_^)

丹波と言えば亡くなったゆらさんのことも思い起こされる。
宇都宮も行きたいけど、丹波の方が現実的かな、と思う今日この頃である(^_^;)

3389417_586381457_133largeちなみに、その「茶茶」で頼んだ「抹茶豆乳ラテ」は優しい、柔らかい味わいで、大変美味だった・・・が、大変な量でもあった(^_^;)
目玉おやじなら溺れるぐらいの量である。

2010 09 06 10:50 PM [Photograph, 日記・コラム・つぶやき, 音楽, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.08.26

北伊丹から塚口へ

本日は休み。
某comet師匠のお買物のため、北伊丹にある当社店舗へ。
本日のお買物は外付けHDD。
もはや500GBクラスのHDDは売られてすらいない(ポータブルは別)
取り敢えず1TBを1台お買い上げ。
2TBなんかも値段がこなれてきているが、こういうのを買うと、きっとムービーカメラを買いたくなるのである。ワタシが今それに近い状態(笑)

その後、北伊丹から塚口に戻り、ワタシが尼崎に勤めていた頃、しばしば通った「ふる里」にて二人飲みを敢行。
ワタシのプロフィールにも出てくる店なのだが、尼崎から堂島に転勤になって3年半、その間来てなかったので、ホントに久しぶりである。

生中3杯、黒伊佐錦ロック2杯。
師匠は生中1杯、黒馬ロック1杯、黒伊佐錦ロック2杯。
なみなみと注がれたロックが素晴らしい。

3389417_561845605_138largeそして、出てくる料理が全て素晴らしすぎる。
残念ながら、名物のメンチカツはなかったが、代わりに出してくれたグラタンコロッケがまた美味。シュウマイもうまい。なんでもうまい(^_^)
塚口「ふる里」、健在である(^_^)

またこよっと(^o^)

2010 08 26 11:26 PM [Photograph, パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき, , 集い, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.08.13

おさるのおもちゃ

あれ、叩くのは手じゃなくてシンバルだったよねぇ。
あれと笑い袋を合体させたような手合いって、いつ頃から増殖してきたのだろう。

確か、少し前の日経ビジネスonlineにもそんなことを書いた記事が出てたと思うが、要は仲間うちのボス格の人物への追従の意味がこめられているのだろう、というような話でまとめられていた気がする。
なるほど、そうなんだろうなぁ。

何の話かというと、今日の昼休み、食後にリベンジのために訪れた「和カフェ茶茶」で、巨大かき氷に挑んでいたときのことである。
そのときのことをツイッターで追い掛けると・・・

3389417_501227410_203large「昼休憩中。アバンザのインデアンで目玉ルー大ピクルス大。卵2個入りが目玉」

これはまぁよい(^_^;)

3389417_501239467_40large「食後のデザート、この夏の課題であるドーチカ和カフェ茶茶のかき氷。今日は雪あずき。団体がやかましい。笑うときにバンバン手ぇ叩くアホが増えてきたのはいつ頃からだろう…」

そうそう、これこれ。狭い店でアホみたいに大声で笑うのみならず、さるのおもちゃよろしくバンバン手を叩く・・・アホみたいではなくてアホそのもの。

「あまりにやかましいので、音楽に逃げることにした。よくiPod持参してたこと(^_^;) コチシュのピアノでバルトークのバガテルなど」 #imakiiteiru

普段は職場に置いてくるiPodだが、今日はなぜか持っていて助かった。
ノイズキャンセル機能はついてなかったが・・・(-_-;)

3389417_505430909_36large「今日は時間内に完食!(^_^;) 食べごたえあるなぁ…」

食いましたよ、今日は(^_^;)
あ、横にあるのはBluetoothトランスミッターを装着したiPod classic

「というところで、やかましい団体はいなくなったものの、かき氷もなくなったし、コンビニ経由で職場に戻ります(/--)/」

とまぁ、こんな感じである。
菅直人かちいしゃか、というぐらいキレやすいことで知られるワタシだが、何とか踏みとどまったのは、ちょっとは大人になった、ということかすぃら(^o^)

仕事帰り、北伊丹にある伊丹店に行ってきた。
某師匠からの依頼物の調査のためである。
店に入ると最初にエンタメコーナーがある。
昔のおもちゃ屋は、大概目につくところでサルがシンバルを叩いていたものだが、イマドキはそうでもないようだ。

2010 08 13 11:50 PM [(-_-;), music with iPod, Photograph, twitter, 日記・コラム・つぶやき, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.07.28

タイムオーバー

昼休みにデザート頼んで時間内に食べきれないなんて…(^_^;)

3389417_347185696_84large

少し前にも取り上げたが、ドーチカにある和菓子屋さん「千鳥屋」の横に併設されている和カフェ「茶茶」、割りと盲点に入りやすいからか、いつもそんなに混んでいない。

何か和風な飲み物でも…と思って席につくと、近くの席の先客のところに運ばれてきたのが「雪」と名付けられたかき氷。練乳がかかっているだけでなく、アイスクリームも添えられている。
しかも山盛り!(^o^)

そうか、かき氷の季節か…と感じ入り、ワタシもかき氷をチョイス。
ただ、同じものは癪に障るので、抹茶金時にしてみる。
それが上掲写真の代物。
やぁ、うまかったすよ(^_^)

しかし食べても食べてもなかなかなくならない…
冷たいので口の中がだんだん麻痺してくる感じ。
お腹も冷えてくる…
昼休憩の時間もなくなってくる…(^_^;)

最後は涙を飲みたくてもこれ以上入りません…という状況で完食を断念(>_<)
次は「雪」でリベンジじゃ(^_^;)

2010 07 28 11:22 PM [Photograph, 日記・コラム・つぶやき, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.07.23

お昼ご飯日記化進行中

・・・だよなぁ(^_^;)
IS01を持って昼休憩に行くと、ついつい出てきたものをパッと撮って、食後のコーヒータイムにmixiフォトにアップ・・・という一連の流れができつつある。
なんせお手軽なもので・・・

今日のお昼は前々から目をつけていた、大阪駅前第一ビル地下1階にできたロシア家庭料理「モスクワ・プリュス・シェミ」へ。
2~3週間ぐらい前にオープンしたんだったかな。
3年前から目をつけてたんだよ。

3389417_284517176_208large店の入口横にはこういうニィちゃんの絵が描かれている。
これが「哭きの竜 外伝」に出てくる関西共武会会長・堤薫によく似ている(^_^;)
堤の髪はもっと短く刈り込まれてはいるが・・・
目つきとか顔の輪郭とか・・・似てるなぁ(^_^;)

料理はまぁまぁ。
料理の写真がちょっとひどいので、それでも観たい方は「お食事処」でご確認ください。まだIS01のカメラに慣れていない・・・
頼んだのはプレートランチのフィッシュ。
今度はボルシチランチを頼むことが北新地昼食振興会料飲審議会理事会で決議されている。

3389417_284520164_239largeそのコーヒータイムは同じビルの同じフロアのHolly's Cafeで、ソフトクリームの載ったピンクグレープフルーツジュース。ソフトでピンクな逸品。

3389417_289882495_49large今日は19時頃に会社を出て、淀屋橋経由で緑地公園へ。
途中、中之島ガーデンブリッジの上で見た白い月。

練習場には中休憩前に到着できた。
「遠くへ行きたい」の前半を練習中。
この曲集では最も平易・・・なのだとは思うが、アカペラできちんと歌うのは結構大変だとは思う。
休憩後は後半をやって、最後に通してみたけれど、途中からワカメ化したカセットテープを聴いているかのような不安定さで、あまりのことに笑けてきてしまった(^_^;)

3389417_289883411_166large練習後は江坂には寄らず、新大阪まで行って「愉々家」でヱビス生、角ハイボール+串5本(牛肉、エビ、つくね、ししとう、ウィンナー)、白菜キムチ、仕上げにしめのつけ麺うどん(醤油味)
悪くないんだけど、空調が全くかかってないので、滝のように汗が流れでて、タオルハンカチが絞れるぐらいになった(^_^;)

そう言えば、今朝は乗った快速電車のその車両が空調故障でサウナ状態だったのを思い出した。ここでタオルハンカチ1枚目が汗びたしになり、職場に着いたら着いたで掃除当番だったのでまた汗だくになって、2枚目のタオルハンカチが水没(笑)、「愉々家」で3枚目、こんなこともあろうかと昼休みに買っておいた4枚目で汗を拭きながら帰宅したのであった(^_^;)

ツール・ド・フランスにトム・クルーズとキャメロン・ディアスが登場。その瞬間のTwitterの#jspocycleのタイムラインがえらいことになっていた(^_^;)

2010 07 23 11:58 PM [Android, Chorus, Cycle, Photograph, twitter, 日記・コラム・つぶやき, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.07.20

豊天の拳

・・・というコラボ企画はないものか(<ない)
究極秘奥義・蒼龍豚羅・・・とか(<ないない)

3389417_183810249_210large先日見かけた場所貸しならぬ「箱貸し」の店「レンタルボックスCABIN」、豊天商店グッズのバーゲンもやっている、ということで、今日の昼休みに立ち寄ってみた。
目印は約1.8mの鉄人28号。

欲しいなぁ、夏オフ向きだよなぁ・・・と思っていたTシャツが、ネットでは見事に売り切れていて、あきらめかけていたのだが、何とこの店で発見!
しかもサイズはXLである(このデザインでは多分XLが最大)
2枚で2500円、というのも結構お手頃で、別のデザイン(特にすごそうではない)のと合わせてご購入と相成った。

しかし今日はずっとtwiccaがつながらなくて往生した。
TwitterのAPIトラブルだとか何だとか、という話で、特定のクライアントにトラブルが集中したらしい。
今は完全に復旧しているようである。

2010 07 20 10:25 PM [Photograph, twitter, グッズ, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.07.08

FxCameraと口内炎

その間には特に何の関連性も認められない。

スマートフォンを手に入れると、いろいろ遊びたくなるのが人情というもので、たいていの人がこの手のアプリを入れているのではないか、という気がする。

3389417_76662114_123large魚眼レンズでアシェット堂島。

3389417_76664387_252largeトイカメラ風でアシェット堂島。

3389417_76667316_113large
シンメトリーなアシェット堂島。

この他にもポラロイド風とかアンディ・ウォーホル風とかもあるが、ウォーホル風はmixiフォトでは受け付けてくれなかった。画像形式が対応してないらしい。

それはともかく、こういうものをゆっくり撮影してられるぐらい、ホテル・エルセラーン大阪地下「アシェット堂島」は人通りが少ない(^_^;)
大丈夫かな、このホテル・・・

ところで、久しぶりに結構きつい口内炎である(>_<)
舌の裏の奥の方にできているようである。なんでこんなとこに・・・
パッチを貼れるような位置ではないから、「エバレッシュB26」でしのいでいるが、もうちょい効くやつの方がよいなぁ・・・
デンタルリンスも使って対応しているが。

症状が改善しないと、明日は練習に出れてもまともに歌えないかも(^_^;)
なんか声出すのも億劫になりますねぇ・・・(=_=;)

2010 07 08 11:58 PM [(-_-;), Android, Photograph, 携帯・デジカメ, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.06.19

千里の中央でアチィと叫んだオッサン

Pap_0673
誰の、いつの行いがよかったのか、何とか雨にも遭わず、若干蒸し暑かったとは言え、無事ロケみつDVD発売記念イベントは挙行された。

Pap_0674開会40分前ぐらいでこの状態。
この後、ステージ上手よりに移動して立見していたが、後からどんどん、途切れることなく人が押し寄せてきて、結局4000人を超えたらしい。

Pap_0675
定刻かどうかは不明だが、やがて開会(^_^)
八光、まきちゃん、ローラ・チャン…というより、トラ、パンダ、ウサギが登場し、いろいろ自虐的な話をして(^_^;)、いよいよ早希ちゃん登場(^o^)

さて、早希ちゃん登場後であるが、既にスポーツ各紙にも取り上げられていたし、ストリームでご覧になられた方も多いので、多くは書かないけれど、「関西縦断ブログ旅」DVDトラの巻、パンダの巻、それぞれが売上1万枚を突破し、「3000枚突破で暴走モード突入」とパッケージの片隅に目立たないように印刷されていた通り、暴走モード発動となったワケである。

どんな恐ろしいことが彼女の身に降りかかってくるのか、獣化第2形態になるのか、疑似シン化第1覚醒形態は覚醒モードだから違うよな、と期待、いや懸念していたところ、カエルと何かの着ぐるみのスタッフが横断幕を持ってステージに登場し、「暴走モード突入につき、四国一周ブログ旅のDVD化決定」が告知されたのであった(^o^)

これで「ぎょーせーん」も「よんまんじゅうのさと」も「超卵かけごはん(な釜バターうどん)」も満喫できる、というものである(^o^)
有馬温泉一泊20万・・・(^_^;)

話数にして18対32なので、関西縦断がDVD2枚なら、四国一周は切り詰めてもDVD3枚、余裕を持たすなら4枚であろう。1枚目はウサギの巻で決まりだろうが、残りはイヌ、ネコ、ウシぐらい? あるいはサルか、鬼か、カエルか、カニか、ブタか、ヒツジか、ネズミか、ゾウか、レリエルか、マトリエルか、サハクィエルか、サンダルフォンか、意表をついてジェットアローンか・・・(候補多すぎ(-_-;))
まさか序・破・Q・? ではないと思うが(^_^;)

ということで、トラ、パンダ、ウサギの出番はここまで。メディアの写真撮影の後、3人は引き上げ、早希ちゃんも握手会準備のために一旦控室に戻る。

握手会はステージ真ん前の長椅子席(全部で30人分ぐらい用意されていた。早希ちゃんコミュのメンバーも数名混ざっていたようである。早朝6時台から来て席をゲットした人もいたような・・・その頃はまだ小雨模様だったのに)の人たちから開始し、舞台上手側、中央、下手側、後方の階段席、そしてそれ以外、という順番で進められることが発表された。
上手側に位置していたワタシは、お蔭様で結構早めに握手の順番が回ってくることになった。ありがたや、ありがたや・・・(ちなみに一人一人と両手握手をしてましたねぇ。この方が手が楽なのかも)

握手終了後、いつ終わるかわからないので出待ちなどはせずに、あっさりと会場を後にし、茨木方面に向かうバスがないか時刻表を見てみるが、多分1時間半待ちぐらいになってしまうので、かずら橋せんべいを買って、あめごと鮎の塩焼きを食べて待つことに・・・するワケもなく、北急の千里中央駅に向かう。
ちょうど、握手会終了後に見た携帯に母からのCメールが入っていて、駅前での買物指令が下されていた、ということもあり、新大阪経由(ちゃんと変換できる)で茨木に出ることにしたのである。

ところで、新大阪駅改札近くにあった「BEER CAFE KITCHEN」がなくなっている。いつなくなったのかわからないが、そう言えば「ティオ・グルトン」ができた頃になくなっていたのだろう。
ちょっと残念に思いながら、キリンケラー「Yamato」に赴き、生ビール、ハーフ&ハーフ、黒ビール+ジャーマンポテト、ピリ辛ソーセージで遅めの昼食。

茨木駅前での買物は、頼まれたブツがなく、代替品でごまかすことにし、夜のビールに備えてアテも購入。
帰宅後は、ビール3杯の影響で1時間半ほど意識不明に。

そんな土曜日のちいさしゃんでちた。

2010 06 19 03:21 PM [Photograph, ロケみつ, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.06.12

滋賀、侵入

Pap_0655ということで、名古屋に向かうこだまのグリーン車からこんにちわ。
昨日は全国的にたまごかけごはん日和でしたが、皆様、息災でございましょうか。

名古屋到着後は、一旦ホテルにチェックインして、それから愛知芸劇に向かいます。

明朝は9:47名古屋発のこだまで京都、近鉄に乗り換えて新祝園、そこからバスでけいはんなプラザ、というスケジュールです。

月曜は広島出張が入ったので、広島から直接いずみホールを目指します。
その代わり、火曜日は休みにしたので、演奏会後のミニオフも万全です(^_^)

2010 06 12 02:23 PM [Photograph, ロケみつ, , 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.05.13

讃歌終了

Pap_0641

Pap_0642涙ぐましい努力のあと(^_^;)
結局この二つのお世話にはならず、何とか乗り切る。
第一部の第三楽章でハンカチに隠しておいたトローチを一つ、ハンカチで口を押さえるふりをして口にしたが。

ということで無事終了のご報告でした。
心配いただいた皆様、そして聴きに来ていただいた皆様、ありがとうございましたm(_ _)m

ひとまず御礼まで。

2010 05 13 11:04 PM [Chorus, Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.05.07

哺乳瓶

Pap_0631お前らビールやらウィスキー飲んでる場合ちゃうやろ。

・・・というプロモーションなんだそうで。
フランス人ならフランス人らしく、アルマニャックでスクスク育たねばならぬ。

本日も練習。
予定では9日にも特別練習が、という話だったが、そちらは中止になった。
次はもう11、12の両日、オケ合わせである。
つまり合唱団単独での練習はこの日が最終。
そう考えると、あれこれと不安な部分も残る・・・(+_+;)

練習後、いつものように江坂「OLDBAR」へ。
店に着いたときにはかなり空いていたが、後からどんどん団体客がやってきて、30分ほどでほぼ満席になった。いつものような週末の喧騒。

レッドアイ、フォルタン・シャルドネのハーフボトル、ドライ・マンハッタン、哺乳瓶アルマニャックのロック+生ハムとハーブのサラダ、アンチョビポテト、新しょうがの天ぷら。

哺乳瓶アルマニャックは、フランス国内でフランスのお酒をもっと消費しよう、ということで、話題作りのために生み出されたものらしい・・・とマスターが言ってたそうだが、どうやら当時(1954年ころ)、ときのフランス首相の「フランス国民はアルコールでなくミルクを飲むべし」との発言に対して、「これがわてらのミルクでんねん」とシャレて作り出した、ということのようである。

目盛りのところに書かれているフランス語、何て書いてあるんでしょう?
ワタシの撮った写真ではイマイチだが、ここのページの写真だと割とくっきりと写っていて、ちゃんと読めると思います。
ここのページ

Pap_0632それにしても、かかってるおっちゃんの絵がここのマスターそっくり(^_^;)
最初はこの店で作ったものなのかと思ったが、そうではないようだ。
店の学生バイト君に話したら、「ホント、似てますねぇ」と同意を得た。

Pap_0633隣のカミュ・ミニュイの超スマートなボトルとの対比が面白い。

2010 05 07 11:51 PM [Chorus, Photograph, 日記・コラム・つぶやき, , 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.05.02

今こそ、○と言える日本へ。

将棋のNHK杯を観賞後、一度駅前まで買物に行き、帰宅してからTシャツに着替えてノルディック・ウォーキング開始。
本日は万博外周へ。何となく久しぶりな感じ。

買物に出たときに、「これはTシャツだけで十分」と判断したが、十分というよりは、ウォーキングするには適度、という感じ。休憩してるときなどは汗が冷えて多少肌寒い。

変電所脇から外周に出て、左回り。
今日はバッチリ決めたローディが大勢いた。ローディではないが、メットもウェアも決めているクロス、ファニーバイク乗りなども多数見かける。

アローヨ号も半年乗ってない。
膝の具合が思わしくなくなってから乗ってないのだが、オーバーウェート過ぎて、乗ってて楽しくない、というのもある(^_^;)
まぁノルディック・ウォーキングは半ばリハビリのつもりで、これで多少なりとも筋力を回復させて、ウェートも少し絞れれば、またサイクリングも再開する予定である。
とは言え、しばらくはウォーキングに専念である。

Pap_0606途中でモノレールの車両基地の端っこをまたぐ。
例の5分岐だか6分岐だかのポイントより先の終端部。

Pap_0609そこから少し行って万博記念公園駅へと方向転換し、元エキスポランドの入口あたりに行くと、そこでは「FARM EXPO」なるイベントが開催されていた。
「今こそ、農と言える日本へ。」だそうです(_ _)
ご苦労さまです(_ _)

ここで15分ほど休憩。

休憩後、くるくるプラザ(吹田市資源リサイクルセンター)方面に向かい、さらに聖地サン・マメス、でなく、アンフィールド・ロード、でもなく、もちろんカンプ・ノウでもなく(ここまで枕詞)万博記念競技場前へ。
高校生あたりの陸上の大会か記録会があったのだろう。
学生さんや引率の先生の姿を見かける。

Pap_0613万博外周を外れて自宅方面へ。
近所にある池は江戸時代に作られた溜め池である。

ワタシが子供の頃は、毎年のように「この湖水で人が死んだのだ」状態で、釣りとかトンボ採りに夢中になって池に落ちて亡くなるお子たちがいたものである。
また、池の周囲には「のつぼ」「こえだめ」の類が散在していて、異臭を放ちながら、中にはまる子供たちを待ち受けている、ある種デンジャラスゾーンでもあったものだ。

Pap_0624今はアヒルがガーガー啼きつつ春の陽差しを満喫するのどかな池となっている。

Pap_0617池の畔にある細い道に沿って数軒の家が並んでいるが、今日のような日には、庭で軽くパーティー、なんていうお宅もあったようである。
そんな家の庭から細道に顔を出している花たち。
これはマーガレットかな。

Pap_0620これはクレマチスの一種「ケン・ドンソン」ではないか、と思うのだが、詳しい方がおられたら、お見立ていただければ幸い(_ _)

自宅の近くまで来たところで、ノルディック・ウォーキングのポールの先端のチップがグレーチングにはまって、チップだけ取れて溝の中に落ちてしまった(>_<)
このグレーチング、がっちりとねじ止めされているもので、簡単には外せない。
まぁかなりすり減っていたチップなので、これを機に新しいのに更新するか(-_-;)

2010 05 02 06:46 PM [Nordic Walking, Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.04.28

祭の跡

昼飯を兼ねて、仕事絡みで某銀行の某支店へ。

あらかじめネットの地図で場所は確認してあったのだが、それがあるであろうビルの麓(とは言わんか)に行っても、ATMコーナーがあるだけで、大手都銀の都心部の支店らしい趣がない。

ビルの周囲をグルッとひと歩きしてみたが、やはりそれらしくないなぁ…と思ったときに、都心部の支店って、ビルの上層階だったりするかも…と思い立ち、テナントの一覧が記されているプレートを見ると、やはり14階なんかに入居している(^_^;)

まぁ、地図で確認したときにフロアまでみてなかったワタシに責はあるが(-_-;)

Pap_0599で、14階まで上がって、先に手水でも…と思ったら、ここが絶景ポイント。
「をを…」と思って撮影したのが、フェスティバルホール解体後の、今の有様。
こっからツインタワーが生えてくるらしい。

2010 04 28 11:39 PM [etc., Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.04.20

あと二日で開通

Pap_0593多分毎日会館南館が取り壊される前あたりに塞がれただろうから、かれこれ・・・う~ん、15年かそこらぶりになるのだろうか。

Pap_0594その南館跡地に建設されていた「ホテル・エルセラーン大阪」が、いよいよあと二日でオープンする、とのことである。
南館が取り壊されてから、しばらくは駐車場として使われていたが、ここの地下も塞がってしまったため、堂島地下センターから堂島アバンザ地下を通って、ワタシの勤務する堂島グランドビルへの地下通路が途絶してしまっていたのである。

昔はドーチカから毎日会館北館地下(ここには喫茶「オリオンズ」や「インデアンカレー」が入居していた。「インデアンカレー」はアバンザ地下でも健在)に入り、そこから南館地下(現在アバンザ地下に入っている「鶴のす」や、近隣に移転した紅茶専門店「ムジカ」が入居していた)を経て、堂島グランドビル地下に通じており、現在も健在のちゃんこ屋「志可゛(しが)」まで行って、地上に出る、というルートが存在していたのである。

ワタシが15年ぶりで堂島に通うことになってから、ここがつながってないのがとても不便で、いろいろとぶーたれていたものであるが、それが明後日にようやく「再接続」する(^_^)
つながった先はホテル・エルセラーン大阪の地下で、ここもレストラン街になるらしいので、いろいろと探索してみたいところである。まぁホテルの地下なんで、それほどお安くはないような気もするが。

ホテル地下を通ってアバンザ地下に行ける、というのも便利である。
ただ、以前からの難点であった「ドーチカと近隣ビルの地下の高低差」は解消されていない。ドーチカが若干深いのである。

ドーチカからアバンザやホテルの地下に行くためには、少し階段を上らねばならない。足腰の弱ってる方や車椅子の方、荷物の多い方なんかは、アバンザとホテルの接点近くにあるエレベーターを利用するしかないが、エスカレーターは現時点では設置されていない。
四つ橋筋の反対側の近鉄堂島ビル側にはエスカレーターが設置されているのと比べると、ちょっと不親切な気はする。
特にホテルなんかはキャリーカートを転がしてくる客も多いだろうから、何とかならなかったのかな・・・なんて思うが、エレベーターがあるから十分、ということなのだろうか。

2010 04 20 11:49 PM [etc., Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.04.04

名古屋めし三昧

・・・というには、味噌煮込みを食ってないなぁ、そう言えば今回も「味仙」には行けずじまい、もちろん「マウンテン」は避けて通ってるし・・・などの課題を残しつつ、初日の昼に矢場とん、夜に世界の山ちゃん、そして二日目はお手軽にエスカで朝はあんかけスパ、昼はひつまぶしを制覇してきたのであった。
えーと、出張だったんだよね>ぢぶん

矢場とん後、コメダを断念してあおなみ線で荒子川公園へ。
某社に行き、15:30から40分ほど、新入社員を相手に蕪の話。千枚漬けもよいが、煮物、蒸し物、炒め物など、食材としての使い道は大変幅広い。春の七草で「すずな」と言えば蕪のことである。
時間が足りなくなったのでドルコスト平均法の話は端折る(_ _)

Pap_0561某社を出ると、そこは荒子川公園の千本桜。

そこを抜けて駅に着き、今度は荒子駅で下車。
この駅はJRの貨物コンテナ基地に隣接している。

Pap_0569西側の改札から出て、少し南に戻ると中川図書館と同居している中川文化小劇場。

この夜は、ここでマイミク・ふろりさんが所属されている名古屋ビクトリア合唱団の第6回定期演奏会が行われる。

開場には少し早いかなぁ、と思いつつ、3Fのホールに行くと、既に前倒しで開場されていたので入場し、狭いロビーの椅子にかけて福ちゃんからの連絡を待つ。

開場して少し経ってから福ちゃんがCHIFFON氏と共に登場(^_^)
3人並んで、真ん中辺の下手寄りの席に収まる。
なかなかよさげなホールである。

プログラムは前半がビクトリア、ジョスカン、モンテヴェルディ、バーバー、後半は上田真樹、鈴木憲夫、予定調和(押し売りとも言う)のアンコールが高田三郎、鈴木憲夫、ビクトリア。

前回は教会コンサートだったので、響きの点で苦しい面もあったが、今回は、ふろりさん曰く「良い音も悪い音も全部届いてしまう」という、ちょっと怖いホールだったようである。
個人的に、ジョスカンで「うわぁ・・・」となってしまった・・・と、深夜の二次会でふろりさんに告白したら、「そうなの、あれはダメなの」といわゆる「禿同」されてしまった(^_^;)

年末同様長い長い演奏会だったが、それでも2時間半で済んだので、「いつもに比べれば短くてよかった」というのが福ちゃんの感想(^_^;)
ちょっと膝と背中が痛くなった(^_^;)
そうそう、上田真樹さんが来場されてました(我々の席と同じ列の一つ隣のブロックで聴いておられました)
当間先生にいきなり舞台上に呼び出されて、何かしゃべれ、と言われて大変困惑されていたのが印象的だった(^_^;)

Pap_0575演奏会後、ロビーでふろりさんの出待ちをして、それから3人で名古屋駅に移動。福ちゃんは途中でTachanと連絡を取りつつ、JR名古屋駅コンコースをつっきって桜通口に出て、名鉄ビル群の脇を通り、ドラゴンズモードのナナちゃん(下の写真参照)の足元(脚下?)を通り、

Pap_0576モード学園のねじれたビル(下の写真参照)を横目にワタシの投宿先であるダイワロイネットホテルへ。
ここでワタシがチェックインして、飲み会には不要な品を部屋に置いて、再びフロントに戻ってくると、Tachanが到着していた(^_^)

Pap_05704人で近隣を少し迷いつつ「世界の山ちゃん笹島店」へ。
幸い並ばずに入店でき、ここで手羽先三昧(^_^)

なごやんな皆さんの間では「山ちゃん派」と「風来坊派」の派閥闘争が激しいらしいが、皆さんの解説によると
「山ちゃん」胡椒辛い。タレそのものの味に特徴あり
「風来坊」やや甘い。手羽先そのものによく味がしみている
ということだそうである。
会社の近所に風来坊があるので、今度寄ってみて確認してみよう。

何しろ演奏会が終わって、名古屋に戻ったのが21時頃で、開始が遅かったのだけど、それでもあれこれとネタが尽きることもなく、大変楽しい宴でございました(^_^)
ホントにありがとね~(^o^)>福ちゃん
諸般の事情で飮めなかったお二人もありがとうございました(_ _)>Tachan、CHIFFON

ワタシがホテルに戻ったところで解散し、部屋で少しうとうと・・・っとしていると、24:40過ぎにケータイにメールが入る。
見るとふろりさんからである。うわー、ホントにかかってくるもんなぁ(^_^;)
しかし予定より早いのでは・・・と思ったら、一次会が割と早く終わって、そこで脱出してきた、ということのようである。

25:15にナナちゃんの足元で待ち合わせ、ということになり、そこからタクシーで伏見の「坐・和民」へ。ここは27:00まで営業している。
この時間帯になると、店内も落ち着いた感じでよかったのだが、すきま風がちょっと寒かったかな。奥の席に行ければよかったのだけど。

しかし、さすがのふろりさんもちょっとお疲れのようで、26時過ぎには打ち上げて(結局1ドリンクだけで終了(^_^;))、店前で解散。
お疲れのところ、わざわざすみませんでした(_ _)>ふろりさん
またそのうちゆっくりと・・・(^_^)

翌朝は11:00チェックアウトということで、かなりのんびりと朝寝をして、阿久津・安食コンビの将棋講座が始まるのを確認して(やっぱりあじあじのしゃべりはとってもスローモーでよかった(^o^))、チェックアウトを済ませる。

モード学園のねじれビルの交差点まで来て、広小路通りを西に進路をとり、JRの高架をくぐって少し行き、太閤1丁目の交差点から北上、これで名古屋駅の人ごみを通らずにエスカに辿り着ける。
昨日から一転して結構暖かい。

エスカに潜ってうろうろしていると猛然と空腹感を覚えたので、ひとまず矢場とんの隣の「リッチ」という喫茶店であんかけスパで朝食。
「からめ亭」に比べると、量も少ないし、あんかけソースもパンチに欠ける。

矢場とんは福ちゃんも書いてるとおり、開店前からすごい行列。
コメダも同様。今回の名古屋行きではコメダとは縁がなかったな、と悟る。まぁ大阪にもあるから、近いうちに行くとしよう。

Pap_0578あんかけスパ後、あたりをうろうろし、小一時間もしたらすっかり昼食モードの腹具合になってきたので、今度はひつまぶしだ・・・ということで、「備長」という店へ。
ここも少し並んでいたが、ほどなく入店。
ひつまぶしが2550円、上ひつまぶしだと3150円である。
取り敢えず普通のひつまぶしにして、ヱビスの小ジョッキを追加。

「蓬莱軒」もよいかも知れないが、ここもまぁ値段相応かな、という感じ。
しかし、さすがに(少なめだったとは言え)あんかけスパを食べてからあまり間もなかったこともあり、かなり満腹。さらに(小ジョッキとは言え)ビールも飲んだので、これは帰りの新幹線では寝るなぁ・・・

食後はビックカメラを冷やかす。
やはりエクスペリアのプロモーションが目立つ。
ゲームソフトのところでは「北斗無双」のデモをしばらく観賞。やや動きがもっさりしている、という評価であるが、こういうゲームをやったことがないので、ただただ目を瞠るばかりである。

4FのPCコーナーではネットブックを少し眺めてみる。
基本的に「インテル入ってない」がよいので、シャープのNetWalkerが気になる。5インチ液晶というのは、6月に出るIS01と同じである。
NetWalkerはFreescale Semiconductorのi.MX515(800MHz)搭載で、OSはUbuntu 9.04である。それに対してIS01はQualcomのsnapdragon(1GHz)搭載で、OSはAndroid 1.6。タッチパネル液晶でもある。
両者が並んでいたら比較するのも一興だが、なるほどauがIS01を「スマートブック」と呼ぶのもわかる気がする。何となくだんだん欲しくなってきている自分がちょっと怖い(^_^;)

ビックカメラを出て名古屋駅に戻り、母向けのお土産にういろうを買い、少し早いが新幹線ホームに上がる。ここで既に落ちそうになる(^_^;)

13:11発のひかりに乗り込むと、ワタシが予約した席に毛唐系外人さんが座っている。
「アナタ、マチガテルアルヨ」と指さすと、外人さんは「Oh! バレテーラ」と立ち上がり、すごすごと自分の席に戻って行かれた。3人席で、他の2人と同行なのだが、座席がバラバラだったらしい。

ひかり車中ではソラブジの「オプス・クラヴィチェンバリスティクム」を聴いていたが、この曲は東京から博多まで乗っても聴き終わらないので、最初のごく一部だけで新大阪に着いてしまった(^_^;)
ちなみに外人さんたちは京都で大挙して下車した模様。

帰宅後はコタツでヘタりながら、縦縞チームと脚チームの不甲斐ない試合を半睡半醒で眺める。困ったものだ・・・(-_-;)

ということで、名古屋で遊んでいただいた皆様、ありがとうございました(^_^)
大変楽しかったです(^_^)
また遊びましょう!(^o^)

2010 04 04 10:13 PM [music with iPod, Photograph, 携帯・デジカメ, , 日記・コラム・つぶやき, 集い, 音楽, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.03.17

4.5パイント

Pap_0541
今年のSt.Patrick's Dayも波瀾万丈のうちに終了。
今、現在、ただいま帰宅中の真っ只中の最中な鵜m(_ _)m
酔っとるな。

Pap_0544本日のトピックス。
キンドル、ヤバすぎ。
iPad、いらねm(_ _)m

2010 03 17 11:40 PM [Photograph, グッズ, 意味不明・たわごと, 日記・コラム・つぶやき, , 集い, AV・デジタル家電] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.12.10

終わりと始まり

「終わりの始まり」・・・ではない(^_^;)
これだとマルクス・アウレリウスの話をしなくてはならない。う~む。
それにしても、今年文庫化されたのは第13巻「最後の努力」だけで、来年は第14巻「キリストの勝利」、再来年は第15巻「ローマ世界の終焉」でおしまい、ということのようである。
もう読んじゃったので来年までつまんない(^_^;)

・・・だから、その話ではなくて、そう、mixiミュージックがとうとう終わってしまったようである。15時なんて半端な時間帯に終わってしまうなんて、なんか締まらんなぁ・・・
垂れ流し続けたデータなどは申し込めばダウンロードできるURLを通知してくれる、というので、さっさと申し込んでおいた。

まぁ終わってしまったらどうということもないような気もするが。

さて、先日から大阪駅構内「るぅ~」には新メニューがいくつか登場している。
じっくり見るとホントに新メニューなのかどうかよくわからんけど、店のおねぃさんがそう言ってるので新メニューなのであろう(^_^;)

Pap_0509中でも、これは間違いなく新メニュー、というのが「チーズフライ」
写真の代物。
カマンベールチーズをフライにしている。
横の小皿に入っているのは苺ジャムである。
飲み屋のアテとしてはアリウス派、ではなくて異端、というか(だからそこから離れろよ(^_^;)>ぢぶん)ちょっと思い切った感じだが、常連メンバーの間では結構評判がよい。

例えば、ジャムでなくて、塩だとか、ウスターソースだとか、というのも考えられるが、いずれもダメだったようである(つまり試した人がいる)
微妙な取り合わせだが、結構しっくりくるのが不思議である。

調べてみると、デンマークには実際にカマンベールチーズをフライにして、苺ジャムやブルーベリージャムを乗せて食べる料理があったりするそうだ。
こちら

上記サイト以外にも、ググってみると、結構この組合せはあちこちで言及されているようで、特に「るぅ~」のオリジナルというワケではないようである。
というか、こういうものが「るぅ~」のメニューに入ってしまった、ということが意外性アリアリというかなんというか・・・(^_^;)

2009 12 10 11:42 PM [Book List, music with iPod, Photograph, 意味不明・たわごと, 日記・コラム・つぶやき, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.12.05

名古屋ビクトリア合唱団第4回教会コンサート

マイミク・ふろりさんが所属されている名古屋ビクトリア合唱団の教会コンサートを拝聴する。名古屋市中村区にあるカトリック五反城教会にて。

大阪・本町での買物を終えた後、そのまま地下鉄で新大阪へ。
乗る予定のこだまにはまだかなり余裕があったので、新幹線改札を入ってからカフェで一休みし、ここで前の日記を仕上げる。

こだまでも名古屋は1時間余りで到着。時間だけとれば奈良あたりに行くよりもはるかに近いワケである。運賃は梅田からタクシーで自宅に帰るのとどっこいどっこい(^_^;)

名古屋駅で東山線に乗り換え、高畑方面行きに乗って岩塚へ。
ここから徒歩7~8分で目的地の五反城教会。
教会の前庭には既に入場待ちの列ができていた。

一旦チケット当日預かりの所に行って預かりチケットを受け取り(ふろりさん、ありがとうございます(_ _))、列に並んでいると、とても若い方々(^_^;)が団体でやってきたりする。
あまり天気はよくなかったが、入りは上々だったのではないかな。

Gotanjo_kyokai教会の中はかなり広く、写真にあるような立派なパイプオルガンが備えつけられている。ここでは、定期的にパイプオルガンの講習会も開催されているそうだ。
今日の演奏会でオルガンを弾かれた霞真実子さんはその講習会の講師でもあり、当教会の専属オルガニストでもある。

Gotanjo_orgue演奏会はその霞さんのオルガン独奏で始まり、続いて当間先生のご挨拶。
この日の演奏会は、各ステージの前に当間先生のしゃべりが入る。
「今日は長いです。3時間かかります。終わるのは7時頃」とのこと。
「なるべく早めに演奏しようと思います」に聴衆軽くどよめく(^_^;)
でも、当間先生のしゃべりが実はかなり長かったような・・・(^_^;)

最初はこの団の名前のもとにもなり、最も力を注いでいるビクトリアのモテットとミサ。ミサはフルレンジで、"Agnus Dei"が3バージョン歌われた後、"Ite Missa Est"までしっかりついている。
いただいた歌詞ノートでは"Credo"のところにもしっかり「ニケア・コンスタンティノポリス」の文字が入っている。ちょうど今塩野七生オバサマの「ローマ人の物語」でコンスタンティヌスの箇所を読んでいるので、ああ、あれ、と合点がいく。

合唱団の立ち位置が客席のすぐ前。
何故なら、そこがこの教会の主室のドームの中央で、要するにてっぺんが一番高いから・・・なのだと思う。
なるべくふろりさんを近くで見たいなぁ、と思っていたら、なんと目の前わずか3mの位置で歌っておられた(^o^)
うれしいけど、ちょっと照れる(^_^;)

10分の休憩後、次はシュッツとプーランク。
シュッツは「ドイツ・マニフィカト」
まぁ当間先生にとっては自家薬籠中のネタと言えよう。
2群8声で、SATBBTASと並んでいたかな。
ここではふろりさんの位置が目の前わずか2mに迫る(^_^;)

プーランクは「クリスマスのための4つのモテット」
こちらは通常のSATBの並びに戻る。
全国冗談カルテットで歌った"O Magnum Mysterium"が懐かしい・・・

また10分の休憩があって、次はいよいよ木下牧子「光はここに」である。
その前に再び霞さんのオルガンソロ曲が挟まる。ブクステフーデの作品。
うちの演奏会でも4ステの前に何かオルガンソロを挟めばよかったかも、なんてことをちょっとばかし思ってしまった(^_^;)
理由はナイショ。

「光はここに」は、もちろん3週間前に本番で歌ったばかりである。
プログラムを拝見すると「名古屋初演」とのこと。
パイプオルガンとの共演になるので、なかなか演奏の機会はつかみにくいが、一度歌ってみたら、もう何度でも歌いたくなる曲である。
ふろりさんには白状したが、こっそりエア・ヴォーカルで一緒に歌ってる気分に浸りながら拝聴してしまった(^_^;)
覚えてるもんですね、やっぱり・・・第九の暗譜が先決なのだが(^_^;)

実は歌ってる最中にふろりさんが泣いたらどうしよう、と心配していたのだが(^_^;)、エア・ヴォーカルしていたワタシが泣きそうになった(^_^;)
それも2曲目で(^_^;)
あの中間部もアブナイ箇所だったりする(涙腺的に)

それにしても「あーる日」でスパッと切る解釈は本山先生と全然違うので新鮮だった。軽く流して歌うと子供の歌になってしまうから、大人らしいフレージングを心がけるよう言われていたが、当間先生のアプローチはこれとはまた違ったもので興味深かった。

「何処へ?」も案外淡々と進んでいくので面白いなぁと思って聴いていた。音程の難しさではこの曲集随一だが、さすがに難なくこなしていかれる。若いメンバーが多いようだけど、よく練習されてるなぁ、と感じ入った。

「この闇の中で」はセンチュリーと同じ感じの呼吸感。
ええなぁ、この曲はホンマに。
そして終曲「アダジオ」へ。
センチュリーではほぼ切れ目なく、自然なブレスをはさむ感じのアタッカでつなげたが(譜面にもアタッカと書かれてある)、当間先生はもう1呼吸入れられた。これはこれでアリだろう。

すっかり書き忘れていたが、ここでさらに10分間の休憩が入って、千原英喜の「おらしょ」が最後のステージとなる。
全く初めて拝聴したのだけど、いやぁ、面白い。これやりたい(^o^)
グレゴリオ聖歌風であったり、日本らしい旋法であったりしつつ、響きの随所にバルトークやコダーイのような彩りが添えられていたりして、最後まで聞き飽きることがなかった。

えーと、演奏会後に当間先生から紹介されて拍手を浴びていたのが千原先生、かな。ちょっと聞き取りづらかったのだけど、きっとそうなのだろう(^_^;)

アンコールはビクトリアの8声の"Ave Maria"
またもふろりさんが目の前2mに・・・(^o^)

若い団員さんたちの中には、思い切り体をシェイクしながら歌っておられる方もいて、反面直立不動に近い方もいたりして、その対比が面白かった。
多分、普通の団でも若干そういうのはあるのだろうけど、これだけすぐ目の前で歌われたので、余計に目についたのかも知れない。

演奏会後、教会の外で少しだけふろりさんとお話することができた(^_^)
15年ぶりぐらいかなぁ、なんて話をする。
最後にお会いしたのは夏オフだったかも、という話。
来てるかと思った福ちゃんは、明日が本番だそうで、さすがに今回は無理だった、とのこと。残念~
その後、ふろりさんのお友達にツーショット記念撮影をしていただき、教会を後にした。

Pap_0508名古屋からののぞみは19:45発だったので、ちょうどよい時間。
新大阪止めだったので車内はガラガラで、通路の向こうでは3人掛けの席の肘掛けを上に上げて、カバンを枕に寝るおっさんの姿もあり(^_^;)

なんか大変実り豊かな名古屋遠征であった。
これでまた9日の第九に向けて、気合が入ったな(^_^)
ありがとうございました&お疲れさまでした!>ふろりさん(^_^)

2009 12 05 11:28 PM [Chorus, Photograph, , 日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

せんば自由軒

午前中、ワールドカップのグループリーグ組み合わせ抽選を録画しといたものを観て、それから名古屋の会場界隈の地図を印刷して家を出る。
G組、楽しいな。

本町の馴染みのテーラーさんとこで液晶テレビ談義に興じ、冬物スーツを一着作ってもらうことにして、店、というかマンションの一室を出たらちょうど正午。
せっかく久しぶりに本町まで来たのだから…ということで、船場センタービル9号館地下のせんば自由軒へ。

店の前は買物客が行列を作っていた(>_<)
だから土日は困るんだよなぁ…と毒づきたいところだが、自分もその買物客の一人であることを思い出し、嘆息ひとつ。

カウンターに陣取り、名物インディアンカレー大を注文。

Pap_0503_2これは出てきたまんまの状態

Pap_0504こちらはウスターソースをこれでもかとかけた状態

Pap_0505最後に、それを撹拌していよいよ口に運ぼうとしている状態

うまかった(^_^)

今は新大阪駅新幹線改札内の店でアイスコーヒーをすすりつつ、予約したこだまを待ってるとこ。
大阪の雨は止んだようだが、名古屋はどうかな。

2009 12 05 01:24 PM [Photograph, 日記・コラム・つぶやき, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.11.29

サイクルモード2009

朝起きた時点では「う~ん、今日はパスしょうかなぁ・・・」とも思ったのだが、朝食後、少しずつ行く気が盛り上がってきて、NHK杯の藤井vs近藤戦を観終わってから出発。
多分、去年より1時間ぐらい早めに会場入りできた(^_^)

実はこのところずっと右膝が痛いので、あまり試乗にはこだわらなかったが、一応2台だけ乗ってみた。折角だし(^_^)

1台目はSCOTTのCR1 COMP。
去年は確かCR1 SLに乗ったのだけど、あの軽さに感動したので、今年も・・・というワケである。
で、確かに軽かったのだが、ちょっとギアの調整がうまくいってなかったようで、トルクを加えるとガチャガチャして快適ではない(^_^;)
自分のバイクでもたまになるが、フロントディレイラーのチェーンガイドの位置調整がズレていたのではないか、という気がする。

もう1台はKOGAのバイク。
KOGAと言えば、今季はスキルシマノの選手が乗っていたのがKOGAである。
これ、なかなかよかったなぁ・・・(^o^)

あとはとにかく会場中を歩き回って、あちこちのブースを冷やかし、写真を撮りまくり、何かイベントがあったらちょっと立ち止まり・・・という感じ。

疲れたぁ~、ノド乾いたぁ~・・・というときは、MUSASHIのブースに行くと、REPLENISHを1杯もらう、という手が使えたのがありがたかった(^_^)
MUSASHI REPLENISH

これ、結構サッパリ系でうまいんだよねぇ。
おみやげで1袋もらったし、今後愛飲し・・・たいけど、高いな(^_^;)

あさけのさんと出くわすかなぁ・・・と思っていたが、ワタシからは見つけられず。彼女からはワタシの姿は見つけられただろうか?

Cyclemode2009017左はダイナソアのブース、というか、マナーアップブースで展示販売されていたTシャツの中から、ワタシが購入した新城幸也デザインのと、疋田智デザインのもの。

"TEAM KEEP LEFT"の面々によるデザインで、全10種類ある。
「左に寄れ」と言いながら、自民党の谷垣総裁のデザインのものもある。
谷垣氏の愛車はデローザのKING3らしいが、最近転倒して顔を数針縫ったらしい。
選挙で勝てて、その後に総理総裁にでも選ばれていたら、今年の自転車名人は勝間和代ではなく、この人になっていたかも知れない。

他には片山右京さんとか安田団長とかなぎら健壱とかドロンジョーヌ恩田とかのデザインのものが売られていた。

サイクリング用のTシャツなので、後ろ身頃が少し長めになっている(前傾姿勢になっても背中が出ないように。サイクリング用のジャージは皆そうなっていて、ポケットも腰の上ぐらいの部分にある)

TEAM KEEP LEFTのサイト

Cyclemode2009028こちらは「ツール・ド・フランス3人衆」こと、今中大介、別府史之、新城幸也の3人によるトークショーの様子。右から今中、別府、新城の順。

今日見た有名人(^_^;)は、他にはJ SPORTSさんのブースで栗村「シュークリーム」修、三船雅彦両元選手、そして何故かひょいと顔を出した安田団長、シマノのブースでトークショーをやっていた野寺秀徳、土井雪広両選手、というところ。
安田団長って、ちっちゃいねぇ・・・(^_^;)
なるほど坂登るの得意そうだわ。
栗村さんと三船さんには、J SPORTSのカレンダーにサインをいただく。
三船さんにはツールの時期である7~8月、栗村さんには「春のクラシック」の時期である3~4月部分にでかでかと(^_^)

Cyclemode2009057こちらは屋内で最後に撮影したウィリエールの"Cento 1(Uno)"

今回の関西アンサンブルオフでの左衛門さんとのデュオは、このバイクにちなんで命名されているのであるが、展示されていたチェントウーノのスーパーレジェラ(コンポはスーパーレコード、ホイールはレーシングゼロ仕様)は、完成車価格149万1000円である。
1000円の意味がよくわからない(^_^;)

↑と書いたのですが、展示されていたのはカンパニョーロのスーパーレコードではなく、シマノの電動デュラエースDi2搭載バージョンなので、123万9000円でした(_ _)

後からデジカメのデータをPCに取り込んで気づいたが、多分120枚ぐらい撮影していた模様。

17時の閉会を待たず、16:40頃に会場を後にして、中ふ頭からコスモスクエア、そして森之宮経由で京橋に出て、尼崎のうちの店に寄って、こたつを1台購入(もちろん配達)し、帰宅。
結構疲れた(^_^;)

2009 11 29 08:59 PM [Cycle, Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.11.04

命名:玉五郎

本日のお昼は、先日断念した3ビルB1の「玉五郎」のつけめん。
あさけのさんが1.5玉と書かれていたので、ワタシなら単純に考えて4.5玉なのか? という疑問を抱きつつ、取り敢えず1.5玉を注文。

なるほど!
これはうまい!(^o^)

んで、ワタシも1.5玉でちょうどよかったかも(^_^;)
まぁ2玉はいけるとは思うが、3玉はかなり厳しい気が・・・
あと、隣の客が頼んでいた辛口のつけめんにも興味をそそられただす。

Pap_0475ということで、帰宅したら届いとりました(^_^)
早速とぬ君と一緒に記念撮影なんぞ。

音を出すのは電池を入れてから・・・なので、後ほど。
しかし「明和電機ボイス計画」が大変気になる(^_^;)

で、お昼に「玉五郎」に行ったので、当オタマトーンは「玉五郎」と命名。
単純(_ _)

2009 11 04 11:06 PM [Photograph, グッズ, 音楽] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.11.03

中間点通過

墨田トリフォニーは初めて行くホールだが、いやぁ、いいホールですね!
出待ちの場所が通行量の多い歩道に面してるのは残念でしたが(すっげー些細な残念だ(^_^;))、ホールの雰囲気もよく、たっぷりとマーラーとブラームスを堪能いたしました(^_^)

ただ、指揮のホルスト・フローンとバリトンソロの小松さんの間に、かなりはっきりとわかる主導権争いがあったなぁ、というのは、隣で聴いておられたRELHAMさん、出演されていたえみりんさん共に同意見。
その辺も含めて、ユニークな名演であったかと(^_^)

どうもドイツレクイエムは冷静な気持ちでは聴けない(つい歌う側に感情移入しすぎる)ので、この程度で(^_^;)

いや、それによって気合いを入れたかったのですよね、わざわざ江戸くんだりまで足を運んだのは・・・(^_^)
その点では所期の目的は果たせたかと思ってます。

ありがとう&お疲れ様!>えみりん(^_^)

Pap_0461これは東京駅に着いたときにお昼ご飯を食べに寄った店の「健康とろとろ丼」
納豆、おくら、なめこ、とろろ、マグロの丼(^_^)

Pap_0462こちらは錦糸町から東京に戻る逗子行き車内からのもの。
ここのNEWDAYSでは銚電のぬれ煎餅が売られていることで名高い。

Pap_0469これは帰りの新幹線の供となった富士宮の「マスコットキューブ」というミニ鱒寿司。

2009 11 03 07:37 PM [Chorus, Photograph, , 日記・コラム・つぶやき, 音楽, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.11.01

2週間前特練

今日はセンチュリーの特別練習。
日曜だが夕方6時半からの練習。
ついついアンサンブルオフ向けの作品の仕上げにかまけてしまい、5分ほど遅刻(^_^;)

練習は松尾先生の担当で、キンターナを中心に。
キリエ全部、グローリアとクレドはポイントのみ、サンクトゥスは少ししっかり、ベネディクトゥスも要点のみ(と言いつつほぼ全部)、オザンナ全部、アニュス・デイもほぼ全部。

その後、アンコール曲をざっと通し、牧ちゃんとラングレのアヤシイ部分を取り出し。本当にアヤシイので困ったものだ(-_-;)

練習後は例によって江坂で下りてOLD BARへ。
日曜も営業しているが、この時間帯になると店内ガラガラで、先客は一人のみ。
レッドアイ、Dハイ・シークヮサー、ウォッカマティーニ+山芋のお好み焼き。

Pap_0460写真は山芋のお好み焼きとDハイ。
モノクロモードが似合う本日のOLD BARであった(^_^;)
客がいないと、緩やかなジャズ・ヴォーカル曲が渋く流れて、大変趣のある店であることがわかる。金曜夜は完全居酒屋モードだが(^_^;)

しかし、昨日ちょこっと走っただけなのに、僧帽筋とか左肩とかが痛いというのは情けない限りである。脚は、まぁ普通に筋肉痛だが(^_^;)

2009 11 01 11:49 PM [Chorus, Photograph, 日記・コラム・つぶやき, , 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.10.31

びわジュウブンノイチ

定期点検の予定を変更して、GHISALLO 2way輪行袋のデビュー戦ということで、湖西を走るルートを選択。
輪行袋を買う前後から、輪行するならまずどの辺がよさそうか、と地図研究を重ねてきて、取り敢えず坂を登れる体力がない(体重はあり過ぎる)ので、平坦なところ、ということで目を付けていたのが、琵琶湖西岸のルートであった。

JR茨木駅までアローヨ号で自走し、駅前で輪行袋を取り出して収納。
前輪を外すだけで収納できるので、工具も必要ない。お手軽(^_^)
但し、前輪を外してハンドルを曲げただけで収納しているので、コンパクトには収納できないのが難点。持ち歩くとあちこちにぶつけそう、というか、若干ぶつけた(^_^;)

茨木駅で野洲行きの快速に乗り、高槻で下りて敦賀行きの新快速に乗り換える。
最後尾の車両の最後尾に乗車し、車掌さんのエリアの前に陣取る。

Pap_0446京都までは客も多く、ワタシはアローヨ号の横に立って、時折車掌さんと視線を交わす、というシチュエーション(^_^;)

京都で座ることができ、そのまま堅田へ。
その昔、塚響の演奏会後に、この駅までくまたろを送って、その足で和邇浜で開催中の合唱団の合宿にかけつけたことを思い出す。いや、合宿ではなくて、当時小野近くにあった会社の保養所に行ったんだっけ?

堅田駅前で自転車を組み立て・・・と言っても、前輪を装着するだけ。
前輪は輪行袋内のポケットに入れるようになっているが、ポケット内で固定できないので、持ち運んでいるうちに袋内で少し暴れ、ペダルと若干干渉して、引き離すのにちょっとだけ苦労した。これを固定する工夫が必要だな。ベルクロを付けるとか。

組み立てて走り出すと、すぐに後輪がロックする感じ。
どうやら持ち運んでいるうちに後輪のクイックが緩んで、ブレーキと接触していた模様。これはクイックを一旦解除して、調整するだけで解消。

あとはひたすら国道161号を進むだけ。
途中、パンツプロテクター(ズボンの裾がチェーンリングなどに絡まないようにカバーするもの)がズリ落ちる、ということが何度かあり、その都度小休止。
まぁズリ落ちてもくるぶしのところで止まっていて、一応プロテクターとしての機能を果たしているうちはよいが。

Pap_0449途中の風景から、その1
これは蓬莱界隈。

Pap_0451途中の風景から、その2
これは「樹下神社」というところで休息中に、アローヨ号を写したもの。

Pap_0454途中の風景から、その3
志賀界隈は企業などの保養所がたくさんあるが、そちら方面への誘導用看板。なんかドッグカフェもあるのかな。関係ないか(^_^;)

途中、集団で琵琶湖周回中のグループとすれ違う。
最後尾の方(多分リーダー格か)が手を振ってくれたので、「こんちわー」と挨拶を返す。今日は天気がよいし、明日は悪くなりそうなので、今日走ろう、という人は多かったようだ。

比良駅近くで、比良駅に出るか、近江舞子まで行くか、ちょっと迷う。
ただ、帰りの電車のことを考えると、もう少し走って近江舞子まで行った方が便利だろうと判断して、もう一走りすることに決定。

Pap_0455これは近江舞子駅到着後すぐの様子。
すでに輪行袋に収納されたアローヨ号を観光地図の前に置き、ほんの少々制服感に浸る(^_^;)

近江舞子駅は島式2面4線。
エスカレーターもエレベーターもないので(それでも一応有人駅だけど)、自転車を持って階段を昇るのは結構つらかった(^_^;)
しかも、京都行きの普通が2番線から出る、というので一旦2番線に行ったものの、その10分後に網干行きの新快速が来ることがわかって、しかもそれは4番線から出るらしく、アナウンスが流れなければ、新快速が来るまで、ずっと2番線でぼーっとしていたことであろう(^_^;)

新快速に乗って、堅田までは10分。
これをひいこら言いつつ走っていたのか、と思うと、若干空しくなりかけるが、そう思う間もなく堅田に到着して、そこから乗ってきた客の中に輪行袋(ワタシのよりずっとコンパクトなもの)を持った人がいた。
ずーっと気になりつつも、うとうとしながら、時折輪行袋の様子も確認して、高槻に到着したので、さぁ乗り換えよう、としたところ、その方も高槻で下車。

先方から声をかけてこられたので、「琵琶湖一周ですか」と尋ねると、「はい、あなたは?」と返され、「いやぁ、体力ないんで、ちょこっとだけ(^_^;)」と答えるワタシ(^_^;)
ちょうど普通が停まっていたので、「ワタシはこれで」と手を振って別れる。高槻の方かなぁ・・・などと想像しつつ、茨木へ。

茨木駅で下車し、さて家まで自走するか、バスで帰るか・・・と迷いつつ、駅のエレベーターを下りて地上に出ると、先程の方が自転車を組み立てているところに遭遇(^_^;)
「あ、どもども」
どうやら先方は高槻で快速に乗り換えられた模様。なので一足早く茨木に着いた訳だ。組み立てる、というか、BikeFridayの折りたたみ自転車だったが。しかし、それでびわイチか。あさけのさん並に立派だ(^o^)

ワタシもこうなると自走で帰らざるを得ない雰囲気(^_^;)
組み立て始めると、やはり先方は興味津々。
「お、フロントトリプルなんですね」
「パナソニックなんですか」
「わぁ、フォークはカーボンじゃないですか」
などなど(^_^;)

どうやら先方は吹田ご在住の模様。
またどっかでお会いしましょう、と挨拶して別れる。

ところが!
・・・いや、もうこれでこの方とは今日は会いませんでしたが(^_^;)

ヘロヘロで帰宅。
自宅と茨木駅の往復を4kmとすると、本日の走行距離は約20kmという感じだが、それにしてもちょっと体力なさすぎな感じ(^_^;)
とは言え、次は近江高島、その次は近江今津、さらにはマキノぐらいまでを目標に走りたいと思います。びわイチは当分無理です(^_^;)

2009 10 31 08:57 PM [Cycle, Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.10.18

久々にノルディック中

いつまで経っても終わりそうにないニューヨークの試合に見切りをつけ、久々にノルディックウォーキングに出る。

一旦万博外周まで出て、少年球技場の前を歩いていたら、自転車道路をこちらに向けて歩いてくるノルディックウォーカーあり。
この界隈でmalteさん以外のノルディックウォーカーを見たのは初めて。
まぁワタシもブランクが長いから、その間に増えていたのかも。

みのり橋南からJICA方面に転じると、JICAに向かう団体さんに遭遇。
大荷物を引きずっているから、研修でしばらく滞在されるのかな。
モノレールを珍しそうに写真に収めている人もいた。

ワタシはさらに進んで、佐川急便の所で左折、小野原方面へ。
今日の目的地は小野原西のスタバ。
小一時間程でたどり着く。
ドライブスルー店舗だが、店内外で寛ぐ客多数。
近隣の人口より多いものと思われる。

Pap_0439アイスダブルショート鳥谷^H^Hラテで休憩ちう。
これアップしたら戻るとしよう。

ちなみにRUN&WALKの5min.キャンペーンはバングラデシュを過ぎた途端に欧州入り(^_^;)
帰りもやるぞ(^o^)

2009 10 18 03:45 PM [Nordic Walking, Photograph, Starbucks] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.09.24

Yaw rue know a hill

船首揺れ悔悟は丘を知っています←Excite翻訳による和訳

Rubberduck001ということで、仕事帰りに寄ってみました。

Rubberduck002
夜はいろいろ趣向があってよろしい(^_^)
ミストシャワーも涼しげで大変よい(^o^)

Waterscreen噴水、水のスクリーンに映写される幻想的な映像(しかもスクリーンが水なので、映像の向こうが透けて見える)なんかもなかなか楽しい。

ゆっくり楽しんでしまったので、メンドリシオでの世界選手権エリート男子タイムトライアルに開始に間に合わなかった(^_^;)
まぁ録画してるからいいけど。

2009 09 24 11:04 PM [Photograph, Town Walking] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.08.09

二日目の朝

起きてテレビをつけたら若杉さん。
しばらくするとマーラーの9番が始まり、半ばまどろみながら鑑賞。

Pap_0377シャワー(ウワサのレインシャワーをタンノウ)を浴び、部屋の標準装備であるチェアマッサージャーでカラダをほぐし、1階にあるスタバで軽く朝食中。

アキバで少し買物後、幡ヶ谷に向かう予定。

2009 08 09 09:33 AM [Photograph, Starbucks, 日記・コラム・つぶやき, 集い] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.07.04

ツール開幕/モーツァルト開始

いよいよツール・ド・フランス開幕である(^_^)

新城、別府両選手の活躍にも期待したいが、やはり本命視されるコンタドールとアンディ・シュレックの対決、サストレの連覇への挑戦、「万年2位」から脱却を図るエヴァンス、ジロとのダブルツールを狙うメンショフ、なにげに上位をうかがうヴァンデヴェルデ、スプリント争いに懸ける「野獣」カヴェンディッシュと「イケメン」ベンナーティ、復活したランスがどんな走りをするか、アラン・デイヴィスを押し退けて(^_^;)出場を決めたボーネンはどうか、などなど、みどころ満載。

今まで、スカパーチューナーとDVD/VHS/HDDレコーダー「カンタロウ」君を直結していたのだが、今日は少しだけ配線をいじって、スカパーチューナーからBD/HDDレコーダーに直結、BD/HDDレコーダーからカンタロウ君をつなぐ、という経路に変更した。
これでスカパーの番組をBD-Rに保存する、ということが可能になった。

それというのも、どうも最近カンタロウ君のHDDに録りためたものをDVD-Rにダビングしようとすると、ディスクエラーを頻発するようになったためである。
うまくいくときもあるのだが、歩留りがちょっと悪化している。
安くなってきたとは言え、DVD-Rだってもったいないので、ここは今のところ無事故で動いているBD/HDDレコーダーにお役目を引き継いでもらおう、ということである。
ツールはHV放送もあるし(^_^)

それに伴い、BD/HDDレコーダーの中身も整理。
元日のガンバvsレイソル戦だとか名人戦をBD-Rに移してすっきり。
これでツールもガンガン録画するのである(^o^)

Pap_0340
続いて、ちょっと買っただけで安心していた(笑)モーツァルトの170枚組のリッピングを開始することにした。これはなかなか時間がかかりそう。

Pap_0341今のところ、交響曲は完了して、協奏曲に取り掛かっているところ。
CDを入れている紙ジャケはジャンル別に色分けされていて、ずらっと170枚並んでいる様は結構キレイで、なおかつ壮観である。
一週間ぐらいで何とかなるかなぁ・・・

2009 07 04 09:22 PM [Cycle, music with iPod, Photograph, 日記・コラム・つぶやき, AV・デジタル家電] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.06.06

なにわ自転車道

なんかその、ど根性もののドラマのタイトル・・・とかではありません(^_^;)
なんで「なにわ(浪花、かな、この場合)」って頭につくと、そういうイメージになるかなぁ・・・
謎だ。

マイミクのガレオンがブルベで300kmを走っているので、応援のつもりもこめつつ、会社帰りに先週の続きをやることにした。

先週は淀川大橋を渡って野里交差点からJRの塚本に出たが、今回は東西線で御幣島(みてじま)まで出て、ここから神崎大橋まで行き、なにわ自転車道をてくてくと歩く。
Pap_0316いやまぁ、これがほんとに延々とよい道(自転車ならびに歩行者にとって)が続くので、大変感心した次第である。
まぁ欠点は神崎川のヘドロ臭さがかなり濃厚に漂ってるということぐらいか(^_^;)

BGMはひたすらグァルネリ四重奏団のベートーヴェン後期のカルテット。
ゆらさんの魂を身近に感じながら歩く・・・とか書いてみる。

最初の目標はJR神戸線と東西線が並んで走る鉄橋、そして次が神崎橋。
十三筋が神崎川を渡るときの橋が神崎橋。
続いて山陽新幹線の下をくぐる。

Pap_0317この辺で猪名川と神崎川が合流する。
また、概ね北を向いて歩いてきたのが、この辺で東向きにカーブする。
ずっと歩車道で、歩いた限りでは舗装状態もそう悪くはない。

山陽新幹線の次は毛斯倫大橋。「もすりんおおはし」である。
毛斯倫株式会社というモスリン製造業の会社が架けた私橋を起源に持つらしい。
このあたりは旧猪名川との合流地点に近い。

続いて大豊橋。大阪と豊中を結ぶ橋だから大豊橋・・・なんだと思うが、芸がない。
もっと先に大吹橋というのもあるが、これも大阪と吹田を結ぶ橋である。
ええかげんにせい。

次は神洲橋と阪急神戸線を相次いでくぐる。
神洲橋(かみすばし)の南詰めあたりに阪急の神崎川駅がある。
ここから新大阪に延伸するやらしないやら(しないらしい)という話のある駅。

ここから次の新三国橋までの区間は、多分休日の昼間などは家族連れなどでにぎわいそうなエリアとみた。人がいなければとても広々して走りやすいが、大勢の人がいると、自転車にはつらい、という感じ。
ついでに、このあたりから神崎川の対岸を見ると、うちの豊中店が見え、その上空を伊丹に向けて降下していく飛行機も容易に見つけることができる。

新三国橋をくぐり、次の阪急宝塚線の鉄橋が見えたところでなにわ自転車道と別れを告げる。自転車道自体はまだまだ道半ば。

阪急の三国駅でトイレを借り、宝塚線と並行して走る府道を南下。
目指すのは新大阪駅なのだが、この辺でちょっと方向感覚というか距離感覚を失う。多分、疲労のせいもあるだろう。ここまでで既に10km以上は軽く歩いているはずである。

こういうとき、EZナビウォークがあるので助かる。
現在地を確認して、目の前を走っているのが北方貨物線で、すぐそこから宮原総合運転所が広がっていることを確認(^_^;)
それが判ればもう後はひたすら東北東に向かうのみである。

実は昨日のセンチュリーの練習後、新大阪駅のBEER CAFEで一息ついていて、うっかり傘を忘れてきたので、それを奪回する、というのが今回のミッション。
そのために御幣島から歩く、というのは意味不明というか深謀遠慮というべきか(^_^;)
BEER CAFEでは保管してなくて、駅の改札で預かってくれていた(^_^;)
対応してくれたJRのおねぃさんがとってもかわいかった(^o^)

カロリーカウンターは734kcal、19153歩、15.8kmと出た。
もうちょい歩いたような気がするが(^_^;)
帰宅後、すぐにスポーツバルムのグリーン3番を内転筋、ハムストリングス、ふくらはぎあたりに集中的に塗りたくる。あとでシャワーを浴びてからもまた塗りたくる予定。
塩分もだいぶ失われていたようで、お茶漬けと一緒に食べたキュウリの浅漬けがたいそう美味であった。これからの季節、歩くときもエンライテンも持参した方がよさそうだ。

2009 06 06 11:39 PM [Photograph, Town Walking, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.04.23

ソウルフード名古屋編

Pap_0289本日の昼食は高社の「からめ亭」本店にて、ミラカンのM

Pap_0288右は同行の若い衆注文のピカタL

Pap_0290胡椒系の辛さが実に美味。
思わず「大阪にはなんであんかけスパがないんや!」と慟哭。
大変気に入りました(^_^)

2009 04 23 03:58 PM [Photograph, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.04.02

NFRW

NERVとちゃうで。

Nordic Fitness Walkingと言えば、いわゆるノルディック・ウォーキングのことであるが、ここにちいしゃさんは独自の工夫を加え、新機軸"Nordic Fitness Retrospective Walking"というものを開発した。

要するに、ノルディック・ウォーキングのストックを持って、後ろ歩きをする、というものである。これはすごい! すごすぎる! 轟然とします(笑)
※「轟然としました」については→こちらを山椒卯(旨そう・・・)

今日は休みだったので、天気がよければ久しぶりにノルディック・ウォーキングでも、と思っていた。もちろん自転車でもよいのだが、実は上述のNFRWを試してみたかったのである。

3時過ぎ、ストックをついて万博記念競技場前へ。
中ではガンバの選手が練習している・・・と言っても、あれはトップチームのメンバーかなぁ? 公式サイトのスケジュールでは非公開練習となっていたけど、万博の場合は中で練習してたら丸見えやもんね。あれは下部組織のメンバーのような気もする。
ちなみに、明後日はここで広島戦。
今季はグループ内ダービーではない(^_^;)

Nfw09040201この競技場前は広いスペースがあるので、後ろ歩きをしても安全だ。

Nfw09040202競技場から自然文化園方面もよい感じ。
この辺でストックをつきながら後ろ歩きしてみる。
最初は手と足の動きがうまく連動できず、陸上で溺れている雰囲気だったが、次第にコツをつかんできて、それからは極めて快調(^_^)

Nfw09040203休憩を挟みながらこの辺を後ろ歩きでうろうろし、次にリサイクル施設(吹田市資源リサイクルセンター「くるくるプラザ」)側の駐車場脇の歩行者専用道へ。
ここは適度な長さの直線歩道で、しかも競技場側からだと途中から上り坂になる。ここを後ろ向きに歩くと、かなりの負荷になる。よぉし・・・と気合が入る(^_^)

Nfw09040204上りきると、さすがに脚にキてるなぁ・・・と実感。
そこから上ってきた道を見ると、こんな感じ。

普通に前向きに歩けば大したことはないが、後ろ向きに歩くだけで、ちょっとしたトレーニングになる、というのはすごい。
ちなみに、ノルディックで、しかも後ろ向きで下り坂を歩くと、膝への負担もかなり軽くなるので、膝痛持ちの方にも結構オススメである。

万博外周は殆ど歩かなかったが、歩いていると、先日の万博クリテで見事優勝を飾ったクラブ・シルベストの井上選手が走っていくのが見えた・・・らいいなぁ、と思ったが、さすがにそんなことはなし(^_^;)
スラムのコンポはとてもよいらしい。スラムのおかげで優勝できた、と断言されている。彼クラス(BR-1)だと、やはりレッドなのだろうな。

おそらく1時間45分ほど歩いて帰宅。休憩時間を引くと1時間28分。
余力を残して本日は終了(^_^)

BGMはThe Crimson Jazz Trioの1枚目とケイト・ブッシュのデビュー盤。
TCJTは2枚目が出るそうなので発注せねば・・・(4月7日発売だって)

2009 04 02 06:49 PM [Nordic Walking, Photograph, 意味不明・たわごと] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.01.12

博多

ホテルサンルート博多にチェックインし、ちょっと一休み。

本当の予定は熊本から熊本港までバスで出て、オーシャンアローで島原外港に行き、島原鉄道で諫早、諫早から佐世保、佐世保で佐世保バーガーを食べて(笑)、松浦鉄道でたびら平戸口、平戸で少し散策などして、再び松浦鉄道で有田まで行き、有田から特急ハウステンボスに乗って博多、というものだったのだが、朝起きれなかったのと、30分とは言え、前夜の球磨焼酎大量摂取の後遺症で、絶対船酔いしそうだったため、このルートは断念。
Pap_0180
天気もちょいと怪しかったので、午前中は熊本で過ごし、鈍行で博多に向かう、というシンプルなルートに変更してしまった(^_^;)

博多といえばモツ鍋か水炊き。
当初は水炊きにしようかなと思っていたのだが、地元の方のオススメ店は閉店時刻が早くて間に合わず、モツ鍋ならここが面白いです…ということで「めんちゃんこ亭」へ。

Pap_0171
モツ鍋というか、モツ鍋風ちゃんこ、かな。
ワタシは「元祖」ってのを頼み、後で唐揚げとキムチを追加。
また若干食べ過ぎのきらい(^_^;)

Pap_0155
近くまで来たのでキャナルシティに行って、ぐるっと2周ほどしたら100円バスが終了しており、地下鉄の中洲川端まで出る羽目になった(^_^;)
まぁ食後のよい運動だったかも。

2009 01 12 12:28 AM [Photograph, , 日記・コラム・つぶやき, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.01.11

熊本着

Pap_0203
14時29分、熊本着。
駅前のニューオータニにチェックイン。
フロントのおねぃさんが美人な上に、荷物を部屋まで運んでくれて、空調の使い方までレクチャーしてくれた。
部屋は並のやや上かな。
窓から眼下にホテルのチャペルが見える。

Pap_0198
熊本城に着いた時には、既に夕方4時を回っていて、じっくり見る時間はなく、天守閣の中にも入ることができなかった。残念…

それから繁華街に繰り出し、地元の方に奨められた店に行ってみるが、奨められた2店舗ともに満席で入れず。
あてもなくあちこちうろうろし、さすがに空腹の限界に達したので再度アドバイスをもらって、ラーメン屋さんへ。

Pap_0193
「天外天」という店で、たまたまワタシが店に着いた時には客が一人もおらず、大丈夫かいな…と思ったが、じきに客が入り始め、結構賑わってしまった。
辛口ラーメンの中辛と瓶ビールを注文。結構おいしかったのと、空腹の極致だったのもあり、替え玉もする(^_^)

ホテルのバーで球磨焼酎4杯とサイドカーとドライマンハッタンをアテ無しで飲んでいたら、猛然と馬刺しを食べねば…という使命感が湧き起こり、部屋に置いてあった無料情報誌でアタリをつけて、西銀座通りの「感」という店に赴く(センテンスが長いぞ)

Pap_0190
若者向けの店で、店員さんも皆若い。
ここで馬刺し、高菜あんかけチャーハンを食し、球磨焼酎を3杯(^_^;)

ホテルに戻ったら、ベッド直行。
今朝はなかなか起きれず、諸々の予定を変更して、熊本で少しのんびりすることにする。

2009 01 11 12:39 PM [Photograph, , 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.06.24

ウォーキング昼ごはん

仕事中は殆ど動かないので昼休みぐらいは歩こう運動断固実施中のワタシであるが、今日は堂島のオフィスからお初天神横にある、シューマイ専門店「阿み彦」へ。

かつてお初天神(露天神社)の境内にはたくさんの店が軒を連ねていたものだが、「阿み彦」もそうした店の一つであった。ワタシはその頃、2度ほど立ち寄った記憶がある。
境内の店が全て立ち退いたのは何年前のことだっけ?
「阿み彦」はお初天神のすぐ脇の「お初天神ビル」1Fに移って営業を続けている。
ワタシも思い出したように、年に一度ぐらい立ち寄っている。

「阿み彦」

Amihiko080623ここのシューマイは一度蒸してからラードで焼くのが特徴。
無造作に皿に転がされているあたりがまたこの店らしい(^_^)
そして、白湯のワンタンスープがまた美味(^_^)

2008 06 24 12:55 AM [Photograph, Town Walking, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.06.21

行き当たりばったりで14km歩!

本日はお仕事。

今日は夕方から雨だ、という話だったので、昼間のうちにある程度歩いておかねば、と考え、ハービスまで歩いて、先日も行った「コヒヌール」でチキンカレーを食す。土曜日だとちょっと高い(-_-;)

帰りに、またタミーノ橋まで行って、昼間の「蛸の松」を撮影。
すると、背景に国立国際美術館と市立科学館が見えたので、帰りにはこちらを撮影しようと決定。

Takonomatsu04国立国際美術館と市立科学館を背景にした「蛸の松」

Musiums昼間の国立国際美術館と市立科学館。

そこから渡辺橋北詰に戻ると、例によって「モンシュシュ」の前には長蛇の列。「堂島ロール」だったら、肥後橋の店でも扱っているらしいし、こちらなら並ばなくてもすぐに入手できるらしいのだが、やはり堂島ロールは堂島で買わねばならないらしい(^_^;)

Dojimaroll02長蛇の列は渡辺橋にまで延びる。

で、土曜日ということもあって、とっととオフィスを出て、田蓑橋を渡って国立国際美術館と市立科学館の近くへ。美術館の形だけ見ると、ちょっとだけ大阪万博のソ連館を思い出したりなんかする(^_^;)

Musiums07夜の国立国際美術館。

Tosabori_riverここから南に渡るのは筑前橋である。ちょっと地味。
地味ではあるが、ここから西の常安橋方面を眺めた景色がなかなかよい。

筑前橋を渡り、土佐堀通りを東に向かって肥後橋。
そこからさらに東に向かって淀屋橋odonaの横を抜け、御堂筋を渡って、土佐堀通りの一つ南の筋をさらに東に向かう。
一旦堺筋まで出て、少し南に進んで、ちょろっと西に入る。
間違えた。まだ道修町ではない(^_^;)
さらに少し南に進み、ここだ、と思って少し行くと、「春琴抄の碑」があった。「少彦名神社」通称「神農(じんのう)さん」である。
毎年11月には周辺で「神農祭」が開催されるけれど、今年はアンサンブルオフと重なっているので行けそうにないな。

ここからさらに堺筋本町まで出て、大阪国際ビルでトイレを借り、今度は一路西へ。

実は堺筋本町一帯は7年ほど通った地なので、非常に思い出深い。
りそな銀行の裏手にあるインド料理屋さんがまだあったので、ちょっとうれしくなった。
「アリガトゴジャイマシタ」のマスター、元気かな(^o^)

そして、もう一つ、来月来阪される某マイミクさんの迎撃のための下見でもある。お宿がこのあたりに新しくできたホテルなのだそうだ。
堺筋本町から御堂筋本町にかけては大阪でも有数のオフィス街であり、よさげな店も枚挙にいとまがない。しかし、それだけにどれもこれも決定打に欠ける。

それで、少し気が変わって、御堂筋を渡って今度は四ツ橋筋へ。
御堂筋から四ツ橋筋に行く途中に面白い店はないか、と思ったが、あれこれ探索するほど元気がなく、取り敢えず通過したのみ。ただ、なかなか面白そうな店はあった。

で、行き当たりばったりはさらに続いて、今度はそのまま四ツ橋筋を渡り、靱本町へ。靱公園の近辺には面白い店がある、とは聞かされていたが、実際に探索してみたのは初めて。
というか、そう聞かされていたのは今世紀初頭の頃の話なので、今ではすっかり流行も過ぎ去っているのではないかと推察される・・・などと思いながら靱公園の南側を歩いてみると、なるほど、いろいろある(^_^)
この界隈なら主賓の宿まで徒歩10分圏内だし、四ツ橋線の本町駅からだと歩いて5分ぐらいだし、堂島からだと歩いて20分ぐらいだし、なかなかよさそうな気がしてきた。もう少し探索の時間があるので、また来てみよう。

Workout08060221_kcal靱公園の南の道を抜けて、なにわ筋に出る。さすがに疲れてきた(^_^;)
なにわ筋を素直に北上し、今度は常安橋を渡って中之島、さらに玉江橋を渡って、朝日放送の新社屋の所で東に曲がり、さらに出入橋からJRの脇まで行って、毎日新聞社の北側から一路大阪駅へ。夜のウォーキングだけで9.8km(^_^;)。一日トータルで13.30kmとなった。携帯での表示は14kmだったんだが(^_^;)

日曜はグロッキーであろう(^o^)
ま、どうせ雨だし。

2008 06 21 11:58 PM [Photograph, Town Walking] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.06.18

Ponte Tamino, Pino di Polpo

囲碁は得意ではないので・・・

今日は会社は週に一度の早帰りデー。
「いつもより早く帰る日」とも言われていて、いつもなら21時頃まで残る人が20時半に帰っても「早帰りデー」である。「ノー残業デー」ではないところに注意が必要である。

今日に関しては字義通り、19時前に職場を出て、まだ夕暮れの街を、一路西へと歩く。
目的地は「蛸の松」と「ダイビル」である。

Takonomatsu03「蛸の松」

Daibiru02「ダイビル」

この二つを結ぶのが、その姿に感銘を受けたモーツァルトが「魔笛」を書くインスピレーションを得たともされる「タミーノ橋」である。
日本語で「田蓑橋」と書く。

Taminobashi「田蓑橋」

今日はここからさらに府立国際会議場まで歩き、そこから阿波座方面に向かったら、辻々に警官が立っていて、ちょっと怖かった(^_^;)
サミット財務大臣会議は終わったのに、まだ居残っているえらいさんでもいるのだろうか。

2008 06 18 11:56 PM [Photograph, Town Walking] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.06.01

オドナの事情

Pa0_0080昼前にオフィスに寄り、仕事を少々。
14時頃に出て、中之島を渡り、土佐堀通りの一つ南の筋を東に歩いて、一昨日オープンした「淀屋橋odona」へ。
昼食がまだだったので、ひとまずスタバに入って一休み。
「インデアンカレー」もあるので、表敬訪問予定。

Pa0_0081スタバの新店訪問って、明石駅前店以来かも(^_^;)
すっごい久しぶり。

Pa0_0082レシートを見れば分かるが、国内828店目ということのようだ。
まぁこの店番は厳密には開店順にはなっていないようだが。

2008 06 01 02:58 PM [Nordic Walking, Photograph, Starbucks, Town Walking, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.05.16

ナース居酒屋

というものがあるんでしょうかね。
ひとまずデジカメで一枚押さえておいたので、後ほどアップしますが…

そこから徒歩20秒ほどの、先週も行った店(^_^;)で、南風カラカラ小とタコライスという晩飯でした(^_^;)

Nurseizakayaということで、某ともみさんのリクエストに応えて、写真をアップします。
ボケているのはプライバシーを考慮してのもの・・・ではなく(半ばはそれもあるが)、フラッシュ発光禁止モードで急いで撮影したための手ブレである。
むしろ、それで余計にアヤシクなったかも(笑)

大阪駅前第三ビル地下1階にて。
しかし、一人で飲むと、カラカラ小でも結構多い・・・(+_+;)

2008 05 16 11:00 PM [etc., Photograph, 日記・コラム・つぶやき, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.05.08

電池切れ

Enigmaticstatueワタシが?
まさか(^o^)

3月中旬に購入したデジカメ、約50日間に110枚の写真を撮影したところで、ようやく電池切れ。切れたのは、関東鉄道小絹駅まであと100mという地点(笑)
上掲の写真を撮影したところで完全に電池切れになり、あとはうんともすんとも言わなかった。いさぎよい・・・かな(^_^;)

写真は小絹駅近くの歩道橋の根元にあった謎の幼児像3体。
何故ここに、とか、何故幼児、とか、何故このポーズ、とか、様々な謎を秘めている、実に興趣深い一枚である。

その他、今回の出張中にはかなりこのCOOLPIX S600選手が活躍しているが、取り敢えずここでは2枚ほど・・・

Gibsonこれはギブソン。パールオニオンが美しいです。
それまで酸っぱいカクテルばかりだったので、オニオンの塩味、ギブソンそのものの辛さで、一気に口の中がニュートラルになりました(^_^)

Nightscene_in_viewhotel成田ビューホテル最上階のバー「スターライト」の窓から見下ろした中庭の夜の情景。ライトアップされて、何か作り物のような趣きが不思議かも。

2008 05 08 11:29 PM [Photograph, , ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.05.04

GWの諸般の事情オフ

勝手に命名。

ということで、昨夜の予告通り、comet師匠とのオフを挙行。
19時に職場を出たワタシは、師匠の待つ泉の広場へ。途中のBGMは朝から聴いているタモリの「Magical Hystery Tour」。随所にディープなネタが盛り込まれているが、全体としての印象は弱い。
泉の広場に着くと、師匠の姿は見えず。携帯を見ると、「近くのコミックランドにいる」旨のメールあり。

店に向かうと、師匠と遭遇。
これからどこに向かおうか、キンアムでもいいが、その場合はまず腹に何か入れてからにしよう・・・ということになり、泉の広場から地上に出て、うめだ花月の手前あたりでタクシーに乗り、先日某部長に連れてってもらった、野田阪神の「桜百番」へと向かうことに決定。

店はほどよい入りで4人テーブルを占拠し、あれこれと食らい、飲む。

Margheritaこれは店の名物であるピッツァ・マルゲリータ。
居酒屋のくせをして、本格的な石窯がしつらえてあり、絶品のピッツァを供してくれるのもこの店の特徴の一つである。
写真で他に写っているのは、皿うどん、鯛のカルパッチョ、タコ酢。

15percentoffここであれこれと近況並びに安斎さんとタモリについて語り、芋焼酎を一本入れ、途中で師匠が携帯のくじ引き(ハズレなし)をやったところ、なんと1等大当たりで、勘定が15%割引になった(^o^)。素晴らしい。

次はどこに行こうか・・・ということになり、キンアムも考えたが、ここは一つ、前から気になっている、桜橋の「キッチンばぁ~Colours」に行こうということに決定。野田阪神から再びタクシー車中の人となり、桜橋へ。

Kitchenbarcoloursそして、店の前まできて記念撮影(^_^;)
ここの風景は以前にも撮影して掲載したことがあるし、昼食を食べに来たこともあるが、夜来るのは初めてである。

Tsukemenpastaここでは二人とも泡盛。「残波(度数不明だが、多分25)」を飲りつつ、様々なネタをタンノウする。写真は「盗作料理」の一つ、「ビストロSMAP」で出ていたらしい「つけめんパスタ」。これがまたうまい!(^o^)

その後もさらに一軒・・・という話もあったが、ひとまずここらで勘弁しといたる、ということになり、23時半頃に解散。

2008 05 04 12:28 AM [music with iPod, Photograph, 日記・コラム・つぶやき, , 集い, 音楽, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.04.29

ようやく撮影

Chickenramengo日曜日にノルディック・ウォーキングしていたときに、ようやく大阪モノレールの「チキンラーメン号」の撮影に成功。
いつも気がついたらすぐ真上で、携帯のカメラではなかなか間に合わなくて・・・というようなことが続いていたのだが、今回は起動の速いCOOLPIX S600が手元にあったので、何とかなった(^_^)

実際にはモロ逆光だったのだが、自動的にそれを判別したのか、単に中央部重点測光になっていたのかよくわからないが、とにかく「何とか」写った(^_^;)
Pixiaで少しだけ補正して、トリミングして、画像サイズを小さくして(元の画像に手を加えると、ファイルサイズが大きくなりすぎて、mixi日記ではアップできないらしい)、さて無事アップできるかどうか。

2008 04 29 02:45 PM [Nordic Walking, Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.04.08

長崎流

先週、とぶ・あず姉妹が来阪したとき、「近くにいるからお昼でも・・・」ということで、お二人に会いに行ったのが、サントリー本社ビル1Fの「ローズ&クラウン堂島店」

Nagasakiturkrise_2結局、込んできたし、別のところに移りましょう・・・ということになって、そこで食事とはならなかったが(お二人はそこで食事を済まされていたけど)、店の前まで行ってメニューを見たときに、「お、これは・・・」と目をつけておいたのが、写真のトルコライス。どこをどう見ても長崎流トルコライスってやつである。

この店のすぐ近くには有名な「パウゼ」があって、「これぞ大阪流トルコライス」というのを出してくれることで有名だが、こんなところに長崎流トルコライスを出す店があるとは、ついぞ知らなんだ。灯台もと暗し、だなぁ。

長崎流の特徴は、
・必ずナポリタンスパゲッティがついている
・それ以外は若干ヴァリエーションがあるらしい
・これらを一つの皿に盛り付けている

というところらしいのだが、まさに基本を押さえた逸品。
スパゲッティがナポリタンというよりはやや上品な感じなのがヴィクトリアンってとこだが(意味不明・・・というか、この店は「ヴィクトリアンパブ」らしいのだな)、カツの具合も悪くないし、ドライカレーの辛さも適度である。ややドライカレーが団体さんになりたがる傾向があるのが気になったが。

量も十分あり、値段もこの界隈としてはまぁ標準的。
店の雰囲気に反して、意外と若い男性客が多いのもうなづける(^_^;)

2008 04 08 11:44 PM [Photograph, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.04.06

踏まないように、余らぬように

ギアの加減は、慎重に・・・

ということで、時代遅れというか、3年ぶりぐらいに愛車「無印号」を走らせて、万博外周を1周余り走ってきた。

Cycling08040610予想通り、ドロドロのサビサビになっていたが、さっと雑巾で拭き、油を差して、空気を入れれば何とか走れる状態。

ただ、ブレーキの効きに少々不安があるので、あまりスピードを出さないようにする、ということと、久し振りで張り切りすぎて、必要以上に「踏んで」しまわないように、あるいは軽すぎて「余って」しまわないように、ギアの調整は慎重にいこうと決定。

Cycling08040608この「無印号」は7年ぐらい前にマイカル茨木の「無印良品」で購入したもので、一応アルミフレームのクロスバイクっぽく仕上げられている。
シマノのコンポが積んである、と言っても、ショボい6段変速がついているだけである。ロードのようにブレーキレバーのところでシフトコントロールするのではなく、ハンドルグリップの中央寄りのところを回してギアを変えるようになっている。

Cycling08040609問題は6段のはずなのに、一番軽いギアに全く入らない、というところで、上り坂ではかなり苦戦する仕様となっている(笑)

加えて、乗っているワタシ自身が上り坂に最不適化されたシェイプとなっており、以前なら大して苦労せずに越えられた坂も、押して上がらざるを得ないという事態を、当局は深刻に受け止めている。

で、ちょいとした坂を押して上がり、それを越えたらぢもてぃ御用達の抜け道で、万博外周に一気に下っていく。ここでブレーキの効きを確認してみたが、もう一つスキッと効いてくれていない感じ。効かない訳ではないので危険はないが、若干の調整は必要だろう。

走り始めると、さすがに好天&桜満開(もしくは散りかけ)ということで人出が多い。外周の自転車専用道を我がもの顔で練り歩く家族連れなんかもいて、あまり走りやすいとは言えない。
ランニングしてる人、ロードレーサーを駆っていく人、ウォーキングにいそしむ人も多い。
上から下までレーサー仕様のライダーを見ると、ついどこのに乗っているのか見てしまいますね(^_^)。すぐには判別がつかないのがアレですが・・・
そうそう、上下全てSPECIALIZEDで揃えたニィちゃんもいました(^o^)

Cycling08040601阪大正門付近に来ると桜がなかなかキレイ。

Cycling08040602別アングルから・・・

Cycling08040604花見をしている人(学生?)もいた。

Cycling08040605さらに走って中環沿いまで行くと、万博公園外縁の桜もなかなかの風情。

外周一周では走り足りない気もしたが、初回からあまり無理をしても、というのもあるし、みのり橋南まできた所で猛然とやる気がなくなってきたので(笑)、そこから美穂ヶ丘経由で帰宅。
あ、ハンガーノックではありません。

坂を上るときに少し踏んでしまったけれど、用心深く踏まないように気をつけていたので、乳酸はあまりたまってないだろう。しかし、横をロードレーサーがシャーッ・・・と走り抜けていくのを見ると、つい「ちょっと追いかけてみようかな」という気持ちが湧いてくるのが困ったものだ(追わなかったけど)。無印号で勝てる訳がない。というか、今の自分に追う力はない。

もうちょいリハビリが必要だな。

2008 04 06 03:27 PM [Cycle, Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.03.22

パン・トワイエ

近年は侮り難し。

Convenipain01これは沖縄とロシアの妙なるハーモニー。マトリョーシカ状のシーサーとか、ウォッカの古酒とか、まぁイマジネーションが貧困だわ。とうふようにキャビアをまぶして、さぁ召し上がれ。

Convenipain02これは実に微妙。蒲鉾サンドとかでもいい人には悪くない逸品。中央部にゴボウを入れて、ごぼ天パンなどのヴァリエーションも欲しい。欲しいと言っても食べたいワケではないのが心苦しい。

Convenipain03最後のはブツとしては一番まともかも知れないが、若干見なかったことにしてあげたい気になる無念さのにじみ出た渾身の空振り作。おかげでちょっとブレたが、カメラのせいというより被写体のトホホ感を見事に表現した秀作ととらえるのが王道である。

ということで、ストロボ発光禁止モードでの実験終わり。

2008 03 22 10:08 PM [Photograph, グッズ, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.03.21

ブランカフォール

Blancafort国内盤の帯には「ブランカフォート」と表記されているけれど、カタルーニャの人なら多分「ブランカフォール」と表記した方が近いんだろうな、と思う。

わかりやすく書くと、モンポウとグリークを足して2で割ったような・・・という感じだろうか。昨今の「癒し」ブームに乗せようと思えば乗らなくもない・・・という感じはある。

ミゲル・ビジャルバの演奏がまたよい。軽すぎず、柔すぎず、しかし沈潜していくような重さではなく、深みのある艶という感じの音がブランカフォールの音楽によく合っていると思う。

ワルティで見かけたときは1~3が全部揃っていたのだが、一気に揃えておけばよかった。vol.1だけ買って、次にvol.2を買いに行ったらなくて、vol.3を買う羽目になってしまった。明日また探してみよう。

Dojimayakushidoもう1枚の写真は、昼休みに堂島アバンザ周辺をうろうろしていて、ちょっと撮影には一癖ありそうな素材だなぁ、ということで、薬師堂を撮影したもの。

お水汲み祭りの時期はとっくに過ぎてしまったが。

2008 03 21 11:45 PM [music with iPod, Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.03.20

おおさか東線初乗り

Cdrack写真は昨日届いた「両面収納ミラー付CDラック」にCDを収納途中の図。

この作業を16時半頃までやって、それから準備をして、ぶたの穴に向かう。ぶたの穴に行くのはいつ以来かなぁ・・・。夏オフ対策の特訓か何かで行って以来かも。

今回の訪問の目的はぶたこはんの日記にも書いてある通りで、ぶたこぶ夫妻が京都を訪問したときに、偶然出会って、(ぶたこはんにはありがちなのだが)瞬く間に仲良しになった造形芸術家の先生(でいいのかな?)に頼まれて、iPod Touchのセッティングをすることになったのだが、夫妻ともにiPodユーザではないので、誰か助けてちょ・・・ということで、一応4台のiPodを所持してる、というだけの理由で、ワタシが押し掛けることになったワケである。でもTouchは触ったこともないんだな、実は(^_^;)

Kawachieiwa02うちからぶたの穴に行くには、従来は「茨木から大阪に出る」「大阪から環状線で鶴橋に出る」「鶴橋から近鉄奈良線で河内永和に出る」というルートぐらいしかなかったのだが、つい最近(3/15)にJRおおさか東線というのが開業し、これが何と河内永和に停まるので、一度使ってみようということになったのである。

取り敢えず茨木で快速に乗って、大阪で降りずに尼崎まで行く。環状線への乗り換えや、北新地への歩きを避けて、尼崎で階段の上り下りだけで済まそうという魂胆である(^_^;)

Kawachieiwa04尼崎で東西線に乗り換え、北新地、京橋を通り越して放出へ。ここでクルマは売らずに(関西ローカルなネタですまん)、同じホームに停車している緑色の電車に乗って街を駆け抜ける(ここんとこ、遊佐さんの「東京の空の下」を思い浮かべると、かなりイメージが近・・・くない(^_^;))
(写真は帰りに撮影したものだが)

Kawachieiwa01高井田中央を過ぎ、少しするとJR河内永和である。あっと言う間。

下車すると近鉄の河内永和駅の一番西端とつながって・・・ない(^_^;)
もうちょい何とかならんかったのか、と思うが、元々この線は城東貨物線なのであって、近鉄の駅と接続することは想定してなかっただろうから、まぁこれで精一杯・・・というところかな。でも便利になったもんだ。

作業そのものは、YBBのモデムの不調があったりして出足でつまづくが、後は比較的順調に進む。
初めて触るiPod Touchも割と操作が簡単で、唯一「どうやって電源を落とすのか」がちょっと難関だったぐらいかな。オンラインマニュアルを見ながら進めたら、特に大したこともなかったが、一度触ってしまうと、やっぱり欲しくなるなぁ・・・

家を出る前に最初に買った20GBの4Gen.iPodを触ってみたら、HDDに不具合が出ていたようで、どうやらご臨終になっておられたかも知れない(バッテリーの問題かも)ので、この子の生まれ変わりとして16GBのを買ってみてもいいかも知れない。無線LAN対応は結構面白そうだし。

Kawachieiwa03ということで、無事任務を果して、再びおおさか東線で放出に出て、今度は北新地経由で帰宅。

そうそう、今日の写真は全ておニューのCOOLPIX S600で撮影したもの。
起動が速いのは素晴らしい。しかもコンパクト。しばらくこれは手放せないな・・・

2008 03 20 11:46 PM [music with iPod, Photograph, 日記・コラム・つぶやき, 集い] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.10.21

N700系内部

Pa0_0633N700系の内部は、シートの色合いというか、彩度が高いので、少々賑やかな印象を受ける。

Pa0_0634特徴の一つである各列ごとのコンセントは、かなり床面に近いところにあり、使いやすいとは言い難いが、「ある」ということが重要なんで、まぁ今のところはこんなものか。

Pa0_0636シートが薄いという点はこの写真から判断して下さい(^_^;)
まぁ…薄いかな(^_^;)

で、のぞみらしく、よく揺れる。あまり改善されてない気がする。

ということで、内部編は以上(._.)

2007 10 21 10:26 PM [Photograph, ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

N700系外観

間際になってかなりバタバタしたが、何とか予定通り16:40新大阪始発ののぞみに搭乗。
前回に続いてN700系。
今回は外観と内部の写真を撮影しておいたので、まずは外観から。

Pa0_0631尖端部分は例によってイコちゃんスタイル。
ロゴが変わったぐらいで、シロウト目には特に何がどう変わったか、あまりよく分からない。

ということで内部編に続くけど、それは柏に着いてからかな(^_^;)

Pa0_0635これは横腹。ロゴは颯爽とした印象。

Pa0_0632側面は結構垂直な印象。もっと丸みを帯びているかと思った。

2007 10 21 04:50 PM [Photograph, ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

祭の始まり

Pa0_0630朝から賑やかなので、今日が近所の八幡宮の祭だと知る。
軽トラックの山車などが通り過ぎ、携帯のカメラを向けた頃にはお子達の列。

これから会社に向かい、資料をとりまとめ、夕方のN700系で東国へ。
こちらの『祭』はいよいよ第一楽章展開部の趣き。

2007 10 21 10:39 AM [Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.10.15

柏にてPARISを眺む

なんやかやで結局N700系には乗れず、1時間後の無印700系で東国入り。
21時半前に柏に到着。
1年8ヵ月ぶり。

Pa0_0624ホテルにチェックインする前に近くのコンビニで明日の朝食を確保。
スターバックス・ディスカバリーズの新顔、PARISを見つけたので早速お買い上げ(^_^)
砂糖不使用のラテなので、今後の主軸を担うことが期待される。

2007 10 15 09:54 PM [Photograph, Starbucks, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.10.13

アルタン切手

昨日は午前中に尼崎に行き、昼過ぎに堂島に戻り、尼崎のメンバーと打ち合わせがあり、夕方また尼崎に行き、夜また堂島に戻る・・・という2往復。東西線があるので楽なんだが、夕方は恒例の「尼崎~立花間の踏切でどこぞの阿呆がボタンを押しよった」とかで堂島に戻るのがちょっと遅くなった。

戻って残務を片付け(片付かないけど)ていると、マイミクのガ。からメールが飛んできて、22時頃から飲むことに決定。
以前彼が行きたがっていた「The Temple Bar」に行くことになる。MDC設立総会が開催された場所であるが、彼は出張だか何だかで来れなかったのである。

例によってギネスでスタート。2パイント飲んでから、ガ。はJAMESON、ワタシはタラモアデューに走る。もちろん「天下無敵のカツサンド」をタンノウし、ガ。の注文でフィッシュ&チップスも。クサうまいビネガーをたっぷりかけて食べるのがちいしゃさんの好み。その後、昨日の日記にも載せたアイリッシュチーズ(mixi日記には載せたんですよ。こっちは割愛しましたが(^_^;))

Altan01ヒゲオヤジマスターに見せてもらったのが、アイリッシュ・トラッドの超メジャーバンドであるAltanの切手シート。しかもメンバーのサイン入り!
切手の図柄を見ると、メンバーが並んで入っている。中央にはもちろんマレードさん(はあと)

Altan022枚目の写真のサインも多分マレードさんのだと思う。
聞けば、チーフタンズの切手とかもあるそうな。まぁ国宝級バンドだしね。

そんなこんなで「そろそろ終電ヤバいし」と店を出てJR大阪駅に行くと、また止まってる・・・
今度は大阪~塚本間で線路に立ち入った阿呆がいたらしい(-_-#)

思うのだが、これだけこの区間では問題が多発しているのだから、とっとと高架化して、踏切をなくして線路内立入りもできなくしてしまうべきではなかろうか。

今日は昨日片付かなかった仕事も含めて、あれこれと気になることが多いので、昼ごろに家を出て会社に向かう。途中、茨木郵便局留めになっていた楽天カードを受け取り、梅田に出てからはイングスに寄ってノルディック・ウォーキング・ポール用のラバーチップを注文する。

ワタシが使っているノルディック・ウォーキング用のポールはLEKIのシュープリームという、アルミ素材のベーシックなモデルであるが、町歩き用にポール先端を保護するラバーチップがついている。
硬質ゴムか何かでできているのだろうが、これも使用しているうちに磨耗してくるのである。正味9ヵ月も使っていたら、さすがに地面につくたびに「コツコツ」言うようになってきたので、交換用のラバーチップを買うことにしたワケである。

ネットでも買えるけど、片方で840円、左右セットで1680円の商品のために送料まで払って買うのはアホらしいので、LEKI扱い店でもあるイングス2Fに行ったワケである。しかし店頭には置いてなくて、取り寄せになってしまったあたり、まだまだノルディック・ウォーキングがメジャーには程遠い存在であることを証明している・・・気がする。

そのまま御堂筋を梅新まで南下し、新地を斜めに突っ切り(実際はジグザグなのだが、気分的にはね)職場へ。
その後は18:30までやって、「るぅ~」経由で帰宅。JR茨木駅から自宅まで歩いてみたが、大した負荷ではなかった。ただ、この時間帯に歩くのは、無灯火自転車との戦いがあるのであまり楽しくない。

2007 10 13 10:53 PM [Nordic Walking, Photograph, Town Walking, 日記・コラム・つぶやき, ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.10.11

朝の散策

…というワケではなく、目的地に向けてひたすら歩く。
速歩で15分くらいかと思って歩いていたが、全く目的地に近づいた実感が湧かないので、EZナビウォークで確認してみるが、間違いなく目的地に近づいている。
要するに距離と所要時間の見当を間違えていただけであった(^_^;)

Pa0_0618写真は途中で何ヵ所か見かけたフラッグかパラペット。晶子・鉄幹ゆかりの地ということである。

今は帰りののぞみ車中。

2007 10 11 02:51 PM [Photograph, Town Walking, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.10.10

タコライスin荻窪

Pa0_0615明日に備えて荻窪の宿に。
チェックイン後、小腹(実体は大腹…ほっとけ)を満たすべく周辺をウロウロしていると、何だか見えないシグナルを発している店あり。

入ってみると狭く、古い店で、年輩の女性客一人。
カウンターの向こうはマスターが一人で仕切っている。

Pa0_0613生ビール小とチリコンカルネのハーフを注文。素朴だが適度な辛さがよい。

Pa0_0614仕上げにタコライス小。
「辛さが足りなければこちらもどうぞ」とチリペッパーも出してくれる。
タコミートの具合も大変よく、満足(^_^)

Pa0_0616上荻1丁目の「KATSU」さんにて。

Pa0_0617夜は12時まで営業。

2007 10 10 10:54 PM [Photograph, 日記・コラム・つぶやき, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.10.07

彩都のDog Cafe

マイミクのガ。にノルディック・ウォーキングは野山を歩く印象がある、と書かれて、ワシは町を歩いとるぞぉ、とコメントしたものの、確かに本来は野山を歩くのが向いているのである。

今日はやや覚悟を決めて、モノレール彩都線の彩都西までの往復ルートをとることにした。覚悟、というのは、往復すれば約10kmということで、これまでノルディック・ウォーキングで歩いた中では最長距離になる、ということ、自転車でも行ったことのない場所であるということ(何しろ、彩都西までモノレールが延伸したのが最近~今年の3/19~のことである)で、何がどうなるのかが皆目見当がつかなかったからでもある。

道は迷いようのない一本道。
豊川までは歩きでも来たことがあるし、以前はよく自転車でこのあたりをふらふらと走ったりしたこともある。
今日はそこからさらに北へと向かう。

Nfw07100701清水の交差点を越えて少し行くと、たちまち周囲は田園風景。この風景の激変には少々驚く。もうちょいしょぼい町が続いているのかと思ったが、そうでもないようだった。

Nfw07100702天気もよく、農作業にいそしむ農家の方々の姿も見え、実にのどかな光景である。確かに「野山を歩いている」のかも知れないなぁ、と少しだけ思う。

その「山」の方を見ると、はるか彼方に大きなマンション群が見える。どうやらあれが彩都西にできた「町」なのだろう。「町」のさらに向こうに北摂の山並みが見える。

田園風景が途切れ、いかにもニュータウン然とした道路を渡ると彩都西界隈である。このあたりは箕面市に属しているが、少し歩いていくと、再び茨木市の市域に入る。「彩都あさぎ」という地名である。モノレールのレールを挟んで西側が箕面市で「彩都粟生南」。元・大阪外国語大学(現・大阪大学)のキャンパスがあるのがそのさらに西の粟生間谷東あたりである。

Nfw07100705そのままモノレールの東側を歩いていくと、途中で「Dog Cafe」というのを発見。おねぃさんの代わりにお犬さんがもてなしてくれるっぽい店である。興味のある方は是非(^_^)。猫の次は犬でどうだ?>せを’

Nfw07100704そこからすぐの所に「ガーデンモール」という商業施設があり、そこで小休止をとって、来た道を引き返す。途中で少しだけ神社と小学校の脇の道に逸れるが、ほどなく復帰。このあたりも祭があるような雰囲気。

Walking071007ということで、本日の歩行距離は約10km。消費カロリーは生中4.8杯分。

写真は左が豊川小学校付近の田園風景。中が「Dog Cafe」の看板。右が本日のルート。

2007 10 07 06:55 PM [Nordic Walking, Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.09.27

Vecchio Pino

本日は朝から取締役会なので、回り道はせずに大阪駅から真っ直ぐ堂島へ。さすがに暑いとは言わないが、全然涼しくはない(-_-;)

お楽しみは帰り。
今日は四ツ橋筋をそのまま南下して渡辺橋、肥後橋と渡り、土佐堀通りを東に向かい、淀屋橋を通過して、さらに東進。
このあたりまで来ると、以前堺筋本町勤務時代に、会社帰りによく歩いた界隈であり、お馴染みの道となる。

Tosaborigawaまず、栴檀木橋(せんだんのきばし)
この橋は土佐堀川にかかっているが、すぐ西の淀屋橋の影に隠れて、実に目立たない。しかし、よくよく見ると結構チャーミングな橋で、私は好きである。
写真左は栴檀木橋から見た土佐堀川の夜景。

橋を渡りきると目の前は中央公会堂である。
昔、マジメにここを借り切ってオフをできないものかと考えたことがある(天王寺動物園、という案もあったことは化石な人には有名である)
さらに左隣には東洋陶磁美術館。昔はもっとライトアップされていたような気がするのだが、今は地味だ。

鉾流橋(ほこながしばし)も懐かしい橋。だが、栴檀木橋に比べると特徴の乏しい橋で、ストレートに天満警察署に向かっているだけ、という印象がある。
橋を渡ると西天満。裁判所がある関係で、界隈には法務局とか弁護士事務所とかが集中している。

そこから少し行って左に曲がると老松通りである。通りで古美術祭りができてしまうぐらい、骨董屋さんや古美術商、ギャラリーが集まっている一帯。細い通りだが、実に落ち着きがあって好きな通りである。
ただ、平日の夜だから、ということもあるだろうが、長い不況を過ぎて、さらに周辺の再開発の波も及んだりして、以前毎日のように通っていた頃に比べると、幾分町の相貌が変わったような気がする。

Pocoapoco老松通りと言えばクラシック好きには有名なのが「POCO A POCO」
クラシック喫茶というか居酒屋というか・・・毎週水曜日にはピアノ伴奏で自由に演奏が楽しめるそうである。
店の常連さんたちで素人オペラをやり始めて来年で30年になるというから、FCLAの大先輩のようなものである(^_^)

途中で一度解散、その後形を変えて再出発したということだが、最近の活動とかはどんな感じなのだろうか・・・

「ヴェッキオ・ピーノ」(そのまんまなネーミングだけど(^_^;))の前を通り、少し行って右折し、料亭「芝苑」の前を通ると、ちょうど帰られる客がいて、女将以下の面々が挨拶に立ち、客が車に乗り込もうとしているところであった。
「芝苑」の女将(久島真知子さん)と言えば将棋好きには超有名人(将棋好きでなくても、結構有名人)。朝日新聞社主催の棋戦で使われることが多いので、来春の名人戦あたりで使われる可能性もあるか・・・と予想している。

そのまま西天満4丁目北の信号で兎我野町に渡り、真っ直ぐ太融寺へ。この時間帯だから、ということもあるだろうが、客引きの一人もいない兎我野町は不気味だ。この界隈の景気は冷え込んでいるのだろうか。
太融寺も、淀君の墓所であることよりも、東南アジアの女性が立つ辻という印象が強かったものだが、この時間は一人もいない。あるいは世界陸上の頃あたりに一掃されて、ほとぼりが冷めるのを待っているところなのかな。

Walking070927あとは曽根崎東から地下に入り、大阪駅まで。
ルート図は右図の通り。
総行程約3.3km。消費カロリー生中1.4杯分。なんかモザイクになってる所があるが、ひみちゅ。

今日は飲まずに真っ直ぐ帰宅。
世界選手権(男子TT)が始まっていて焦る(^_^;)
カンチェッラーラ、速すぎ(@_@;)

2007 09 27 11:42 PM [Cycle, Photograph, Town Walking, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.08.31

今日のホテル

Pa0_0585浜松町での会合が終わり、明日に備えて五反田駅前のホテルに入る。

カードキーを部屋の所定位置に差し込むと、部屋の照明がつく…だけなら当たり前だが、備え付けのPCも起動し、空調が入る。
なかなかよさげなホテルだ。
部屋にランドリーもあるし、結構便利かつ快適(^_^)

Pa0_0587部屋のPCから追記。
右の写真にあるように、PCの下にはDVDとVHSのデッキが収納されている。つまり、自前でDVDなりビデオテープを持参すれば、部屋でそれを鑑賞することも可能である。VHSは録画機能も備えているが、DVDは再生のみ。ということはHDDは内蔵されていない模様。リモコンは我が家の「カンタロウ」と殆ど同じ。
もちろんホテル側が用意したVODシステムを利用することもできる(これは専用カード購入で金がかかる)

テレビはPCのディスプレイで観ることができて、私としては十分視聴に耐えうるレベル。

ちなみにPC本体はマウスコンピュータの製品で、Sempron 2200+が入っている(^_^)
これだけですでにして大変よいが、PC本体各所の清掃が行き届いておらず、特にUSB端子が埃まみれなのは、かなり惜しい、というか痛い。

PCはホテル用に特化されたメニュー画面(HotelExplorerというアプリらしい)から入る。このメニューから普通にネットも使えるし、ワードやエクセルも利用できる。
無論、普通にスタートボタンを表示させて、勝手にアプリケーションを起動させても何ら問題はない・・・と思う。

1階には7-11が入っていて、裏手には風俗店が軒を連ねる。客引きが多いので、歩きにくい。

朝食付きのプランしか空きがなかったので、明日はホテルの朝食なのだが、実はホテルの2階にある「ジョナサン」が朝食をとるためのレストランとなっている。

2007 08 31 07:41 AM [Photograph, パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.08.26

本日回転中

今日は回転させてもiPod!に120分のプレイリストを仕込み、ノルディック・ウォーキング120分に挑戦。
要は先週の90分バージョンから何曲か削り、何曲が追加して、よりウォーキングに適したプレイリストにした、というもので、21曲が29曲に拡大した。

コースは、近隣住民御用達の抜け道から万博外周に出て、一旦万博記念競技場に立ち寄ってからエキスポランドの北側の道を西進し、モノレール「万博記念公園」駅からさらに西に進んで再び外周に出、そこから時計回りに北口、みのり橋南と進み、もう一度万博記念競技場に出て、そこからJR茨木方面に向かって、名神高速をくぐってから自宅方面に転進する、というもの。
平均時速4km/hで歩けば約8kmぐらいの距離になるが、途中で休憩も挟むし、一方で4km/h以上のペースで歩く区間もあると思うので、まぁやはり8kmぐらいになるのかな。

天候は・・・大変よく晴れている(^_^;)
今日もハイドレーションと熱対策が重要になる。
発汗に対しては、デュポンのヘッドバンドとリストバンドを投入したので、「流れる汗をぬぐいながら」という鬱陶しさからはかなり解放された。

万博記念競技場まで行くと、何かものものしい雰囲気。
近づくと、大勢の警備の人がいて、立入禁止のテープなどがあちこちに張り巡らされている。

Aminoshiki_2なんじゃいな・・・と思いつつ、営業していない売店脇の自販機で燃焼系アミノ式を購入。デザインバーコードは「引っ張り系」のお兄さん(写真左)。ご苦労様です(_ _)

ものものしい警備は、どうやら世界陸上絡みのもの。ここも練習会場として使われているのだ。ご苦労様です(_ _)

Expo070826ということで、万博記念を左に、続いてエキスポランドへ。
営業再開後も客の入りは思わしくない、ということだが、実際問題、夏休み最後の日曜日というのに、この人出では惨憺たるものだろう。

外周の反対側に出て、予定通りのコースを辿り、再び万博記念競技場へ。何しろ、さっき購入した燃焼系アミノ式がもうなくなったのである(^_^;)
これの他に、リュックには「富士山のバナジウム天然水」が入っていて、ハイドレーションチューブで飲めるようになっているが、こちらの残りもそろそろ心もとない。やはりかなり体が水分を要求している、ということだ。
もう一本燃焼系アミノ式を購入。またも引っ張り系お兄さんバーコード。別の自販機で買えばよかったかな(^_^;)

そんなこんなで、最後はクールダウンでゆっくり目に歩いたものの、多分これまででも最も長い距離を歩いたのだろうと思う。体力的にはまだまだ余裕がある。これもノルディック・ウォーキング7ヵ月の成果か。

Shugoshin写真右は最後の休憩をとったバス停の東屋(何年か前に台風で背後の池に崩落した後、建て直されたもの)に貼ってあったポスター。アナタの自転車の守護神は、こんなところにいた(^o^)

ちなみに今日は、去年の秋に水没させて引退を余儀なくされたW32Hをデジカメとして復活させて持参。
カメラとしてはW43Sよりかなりマシだと思う。
というか、折角のminiSDがたっぷり余っているので、活用しないと・・・ということもあったりして。

2007 08 26 08:30 AM [music with iPod, Nordic Walking, Photograph, 携帯・デジカメ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.08.05

酷暑ウォーキング

ノルディックの言葉のイメージとは裏腹に、この時期のウォーキングは暑さとの戦いである。
水分の補給が重要であることはもちろんだが、体温(というか脳の温度かな)の上昇を抑えることも重要・・・なのだなと実感(@_@;)
多分、「冷えピタ」みたいなのをおでこや首の後ろあたりに貼って歩くとよいのかも知れないし、最近流行の冷却スプレーを使うのも実戦的だ。次はぜひそうしよう・・・と強力に実感する(^_^;)

ということで、今日は2時頃からウォーキングをスタートし、変電所の脇から万博外周に出て、そのまま外周を時計の反対回りに歩き、エキスポランドの前を通る短絡ルートをとってほぼ一周する、というルート。要するに日陰が殆どない、という状態。これはかなりダメージが大きい。

しかし、出張の連発やら夏オフやらで結構体力を消耗しているはずだが、これぐらいの運動をしても、まぁ終わった時はバテているけど、ザッとシャワーを浴びて、少し横になっていれば、割とすぐに回復している(ように感じる。あるいは錯覚している)というのは、半年ほどではあるが、ノルディック・ウォーキングを断続的にやってきている成果なのかも知れない、と思う。

Pa0_0569ということで、営業を再開したエキスポランドだが、夏休み中の日曜日だが、あまりの暑さゆえか、客の姿はまばら。まぁ営業再開してると知らない人も多いだろうし、再開してるのを知ってても、あの事故の後だし・・・ということはあるだろう。
・・・なんて書いたが、実は営業はまだ再開していないらしい。なんか中でイベントをやってるようなアナウンスが聞こえたし、コースターも動いていたのだがなぁ・・・試験運転中なのかな。

Pa0_0570デゴイチもこう暑いと見ていてちょっと・・・という感じではあるが(^_^;)

Pa0_0572花は盛りと咲き誇り、蜂や蝶があたりを気持ちよさそうに飛んでいる。夕方には結構よい風が吹き渡っていた。

2007 08 05 07:50 PM [Nordic Walking, Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.08.03

これで一段落・・・

と思いたい(^_^;)

週明けに名古屋日帰り、という話も出ていたのだが、それは何とか回避することができたので、順当にいけば、当分出張はない・・・はず。

それはともかく、昨夜は17年振りに東京で迎撃をしていただきました。迎撃していただいた皆様、ありがとうございました(_ _)(^o^)

迎撃していただいたのは左衛門さん、じゅんいちさん、Celloさん、MOCHAの面々。全員定刻までに集合場所に集まるという模範的なオフで、ろぷ☆モードは発動しませんでした(笑)

Taybeh01Taybeh02左衛門さんが連れて行って下さった店は、席数の割には狭いという感じがせず、とても居心地がよかったです。
CHIMAYを頼もうとしたら、青と赤と白があるんでしたっけ。全部1本ずつだったので、ワタシは別のに振り替えました。それが写真左と中央の「TAYBEH BEER」。パレスチナのダークビール。
香りが独特でとても芳しく、味わいも濃厚で美味でした。

Scheherazadeあと、ザクロのワイン「Scheherazade」も飲んでみましたが、爽やかな酸味と軽い甘味がよいバランスで、後を引かないおいしさでびっくり。どっちもまた飲んでみたい・・・

途中、店内で様々な「奇遇」があったりして、店全体がえらい盛り上がったりもし、予定より遅れてやってきたマスターがスパークリングワインを振る舞ってくれたりもして、いやぁ出張中なのにこんなに楽しんでよいのかな、と思うぐらい楽しい一夜でありました(^_^)

結局、MOCHAが途中で抜けたものの、残りの皆さんは日付が変わる頃までおられて、それで散会。ホテルまでは徒歩7~8分ほどで楽チンでした(^o^)

本日の研修は、まぁ何とか切り抜けて、18:47東京発ののぞみ147(この数字に反応するのは麻雀好きか、はたまたバッハ好きか・・・)号で帰阪。シウマイとビールのロング缶で京都まで心地よく寝ました。フォーレの予習したけど、殆ど意識不明だった(^_^;)

2007 08 03 11:29 PM [Photograph, , 集い] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.07.28

テルミドール

予想通り慌しい熱月(テルミドール)なのであるが、今日は出勤こそしているが、とてものんびりしている。8月1日に新人が入ってくることになり、私の席が一つズレるため、ひきだしの中にたまりまくった不要書類を溶解処分行きにし、メールの返事を書き、来週の出張に備えていくつかの書類を整備し・・・
今日は定時で上がれるだろう。やっと散髪にいけそう(^_^;)

Pa0_0554テルミドール7日(7/25)は夕方から東京出張で、東京駅構内「ディラ」内の「カフェグラン」で食事。エスニック系の料理を出す店で、ナシゴレンとベトナム風揚げ春巻を頼んでみた(同行の女性はカレー)
ナシゴレンは長粒種の米を使っており、なかなかよかったが、ワタシの食えない「イ」で始まり、「カ」で終わる2文字の食物がふんだんに使われていた点がとても残念。
一緒に頼んだ東京限定黒ビール(名前忘れた・写真左)は残念な味。
ということで、今回の東京は残念なスタート(^_^;)

新宿から東府中へ。何故か橋本行きの急行に乗ってしまったので調布で乗り換え。東府中に着くと、まぁ見事に何もない。マクドと本屋があり、コンビニが2つ(スリーエフとローソン)、そして自動車教習所の前に立ちはだかるように「マロウドイン東京」が威容を誇る(^_^;)。ファサードの雰囲気がやっぱりマロウド。赤坂とよく似た雰囲気である。既に中の中華レストラン「摩亞魯王洞」も閉まっている。

Pa0_0555部屋はツインのシングルユースなので広いのだが、ユニットバスが異様に狭い。設備もかなり古い。20年前に→あ←氏が投宿した頃と変わってない可能性大(^_^;)

Pa0_0556

Pa0_0557

ツールが観れないから、仕方なくアジアカップを観る。途中でシャワー浴びたりしてる間に点数がポコポコ入って、サウジの勝ち。無類のサッカー好きのワタシであるが、この季節はサイクルロードレースモードなので、特段感慨もなし。というか、ナショナルチームにそれほど思い入れはないし。

翌テルミドール8日は分倍河原へ。途中で府中の駅前を眺めて、東府中とのあまりの落差に驚く(笑)
分倍河原もまた特徴的な駅前の風景。京王線と南武線が立体的に交差していて、そのためにアップダウンを伴う狭苦しい駅前商店街を形成している。90度に交差しているのではないので、広い方に商店街ができればよいのだが、商店街は狭い方にできており、広い方に目的地の某社の建物が、文字通り威容を誇っている。新田義貞も睨みをきかせてるし。

昼はもらった「お食事MAP」を見て狭い商店街をうろうろし、「ライオンカレー」でカツとチーズと野菜と茄子のカレー(ダブルキングカレーとか言ってたかな)を食す。まぁまぁ。

17時に開放され、同行の女性と府中駅で別れて、まずスタバへ。ここで少し時間を潰してから駅前をうろうろ。少ししてからS.PARK.Leなる店でキセカチ。まごきみも北斗2もあったが、空きそうになかったので、やむなく。
惰性で銭を投じ続けて23.5k目、495回転(通算1009回転目)でシンクロから6で当たり、確変に昇格。よく考えると店のレートもわかってない(^_^;)。回り方からすると等価じゃなさそう。アタッカー周りもかなり殺されていて、TYがかなりきつい。
確変中はまぁまぁ回り、玉は若干増え気味。スルー周りがやや甘いか。長い確変の最中、暴走モードに突入し、通常図柄で当たって、ラウンド中に昇格。
3連目は割とすぐに訪れて、通常図柄で昇格せず。
1箱呑まれて終了。出玉3414個(す、少ない・・・)
レシートと特殊景品もらってようやく3.0円と判明。吉宗缶コーヒー1対他と11k回収。収支マイナス12.5k

敗戦の余韻を引きずってサイゼリアで食事。
イタリアンサラダ、チョリソー、ペペロンチーノ、赤ワインデカンタ小。サラダが予想外に多かった(というか、頼んだものの中で一番高かった(^_^;))

翌テルミドール9日、チェックアウトして再び分倍河原へ。
昼は「ライオンカレー」の隣のラーメン「特一番」でみそバターラーメン。「毎日かあさん4」でガンジ君がやってる「最上級オレ天国」モードで食べようかと思ったが、普通に食べてしまった(^_^;)。猫舌じゃないし。店は狭く、大したことのない店だが、一応壁には木久蔵さんの色紙なんかも貼られている。昨日、府中駅前にも店があるのを見つけている。だからどうということはないが。

講習が終わり、17時過ぎに解放され、一路新宿へ。
とにかく新宿は人が多い。中央線快速で東京に出て、同行の女性とはここで一旦別れ、一人黒塀横丁の「barBAR東京」に行き、ギネス1.5パイントとチリコンカン。今回の出張で、一番満足いく飲食だったかも(^_^;)

早めに東京駅に着いたのでエクスプレス予約で予約していた便より早いのに変えようとしたものの、全く席がないらしく、おとなしく当初予約した便で帰ることになる。N700系はおろか、700系でもなく、500系ですらない旧式ののぞみ。静岡~浜松間の停電の影響で15分ばかり遅れている。土用の丑の日だが、何故か穴子弁当。
前の席の阿呆が断りもなく席を倒してきたので、さかんに(必要もなく(笑))テーブルを開閉して応答する。阿呆は京都で降りた。降りるときも席は倒したまま。マナーという言葉が似つかわしくない国であることは承知しているが、普段乗り慣れてないと、あんなもんなんだろうか。

新大阪駅でもど阿呆なおっさんと遭遇してしまって一悶着あったが(何しろ短気で45年間生きてきてるので・・・荒又くんか、わしゃ(笑))、あとは特に問題もなく帰宅。
AmazonからCDが9枚(マーケットプレイスからの1枚含む)届いていた。
その後、主役たちの去ったツール・ド・フランスをほけっ・・・と眺めて、改めて「毎日かあさん4」を読んで涙して寝る。

テルミドール10日、ロベスピエール、断頭台の露と消える。

・・・てなこと書いてないで、ぼちぼち片付けて帰る用意をしよう(^_^;)

2007 07 28 06:40 PM [Football, Photograph, , 日記・コラム・つぶやき, , 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.07.27

府中より帰還中

Pa0_0560なんか新幹線遅れとる。
これならギネスの二杯目をハーフパイントにせんでもよかったかも。んで、チリコンカンにフィッシュ&チップスを追加してもよかったかも。

2007 07 27 07:42 PM [Photograph, 日記・コラム・つぶやき, , 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.07.26

分倍河原一日目

Pa0_0559駅前某社にて講習受講中。
東府中よりかなり賑やかだが、ごみごみした感じの駅周辺。

写真は某社前に立つ新田義貞像。古戦場が近いそうな。

2007 07 26 01:05 PM [Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.07.25

府中到着

Pa0_0558東京は少し涼しく、新宿は大阪並に暑く、東府中は割と涼しい。

マロウドイン東京のツインのシングルユース。
夜のアテはチー鱈で、沖縄泡盛コーラチューハイを飲る。

2007 07 25 10:38 PM [Photograph, 日記・コラム・つぶやき, ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.07.23

帰阪中

Pa0_0551東京駅まで戻って、2年半ぶりか3年半ぶりにbarBAR東京へ。
ここで少し遅めの昼食。

Pa0_0552南魚沼の地ビールとタコライス。ペールエールが爽やか。

Pa0_0553タコライスは温玉がいい味を演出してる。

前に来たのは、M女史の追悼オフの時だったかな。なかなかよい店だと思う。

2007 07 23 03:56 PM [Photograph, , ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

夏オフ明け

Pa0_0550浅草駅前のスタバでほっこり中。
をを、昨日と場所が違うだけで、やってることが変わらない(^_^;)
※前日は東京駅日本橋口のスタバで同じようなことをしていた(^_^;)

Pa0_0548

Pa0_0549雷門なんぞを写そうとしてたら、有田芳生さんのクルマを見かける。本人の姿は見当たらず。

これからさらに3時間余り界隈をうろつき、それから帰途につく予定。

2007 07 23 10:45 AM [Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.07.22

夏オフは終わり…

Pa0_0547また来年に向けて、いろいろな仕込が始まる。

いつもの「すっとこどっこい」のビールの蛇口。
今年はそれほどビールが出なかった。某マイミクが二人ばかりいなかった影響は大きい。

2007 07 22 11:41 PM [Photograph, 集い] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.07.21

ゆけ、メタボちゃん

Pa0_0543これが基本だ…ということで、新大阪駅のKYKで一口ヒレカツ弁当とサッポロ黒ラベルを購入し、のぞみ自由席2号車最後列3人席通路側でタンノウ。
N700系ではないが、オフィスシート仕様の新しい方の700系。
家族連れが多く、車内をジタバタと動き回る人がたくさんいて落ち着かないが、iPodで完全武装してやり過ごす。

もうじき浜松あたりかな。

2007 07 21 02:17 PM [Photograph, , 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.07.17

さらば、チビ

Monban東京出張から帰って来たら、母から「チビが交通事故で死んだ」との報。
最近よくなつくようになってきていたので、大変残念だ(T_T)

9日前に撮影したこの写真が遺影になってしまった・・・

2007 07 17 11:40 PM [Photograph, ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.07.09

全てはタコライスのために

Tacoriceまだまだこだわり続けるワタシです。

昨日は朝昼兼用の食事の後、ノルディック・ウォーキングをやって、戻ってきてからも間食はガマン。
夕食にタコライスをリクエストしていたのであった(^_^)

以前、沖ハムのレトルトでやってみたことがあるが、今回はレトルトには頼らず、雨水解凍牛挽肉(ウソです・・・と思う)、チェダーチーズ、そしてカゴメのサルサソースなんぞを使用して、バターライスから作るそこそこ本格的なもの。

挽肉を炒める際、ちゃんとしたシーズニングを使った訳ではないから、その辺がちょっとアバウトだが、それはそれとして、結構イケるものができた(^_^)
カゴメのサルサソースは別にどってことない代物だったが、何となくそれっぽい雰囲気は出してくれる。どうせワタシはタバスコを大量にかけるから、これはこれでよし。しかも割と安いし。

昨日のツール、プレゼントクイズは全滅(^_^;)
プロローグで当ててしまったから、何となく全部大穴狙い、一発狙いの粗い予想に走ってしまっている。まぁその方が楽しいけど。
しかし、昨日のマキュアンの勝ち方は強かったなぁ・・・
またまた斜行で降格処分かも・・・とヒヤヒヤしたけど(^_^;)

で、今年も共同通信は「マクユーイン」でいくらしい(^_^;)
カンセララってのも「誰やねん、それ」である(-_-;)
ヒュースホーウトが勝ったらどう表記されるのかな(^_^;)
まぁJ SPORTSも去年ぐらいまでは「ハスホフト」だったけど。

Robbie McEwen(Aus)
Fabian Cancellara(Sui)
Thor Hushovd(Nor)

2007 07 09 11:03 PM [Cycle, Photograph, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.07.08

福祉村ウルトラセブン冷酒30km

あれ? なぜ・・・指が勝手に・・・

久しぶりに(これ、ノルディック・ウォーキングにつく枕詞)ノルディック・ウォーキング。
家を出た瞬間に自然文化園の回数券を忘れたことに気づいたので、今日は万博記念競技場前からエキスポランド前まで行き、そこから変電所前を通って阪大病院前から西青少年運動公園脇から戻ってくるルートに決定。

学校がまだ夏休み前ということもあるのか、万博記念競技場界隈は人出が殆どない。ただ、競技場の中では学生の記録会らしきイベントが行われていた。隙間から少し写真でも・・・と思ったが、なかなかいい写真が撮れず。

そのままエキスポランドの脇まで行くが、前を歩いていた若い女性2人連れが妙にテンションが高くてデカい声でわめきながら歩いているので、抜くのはやめて、少し給水してから元の道に引き返す。

ここからモノレール「公園東口」駅の下まで行って再び給水。
iPodを取り出して、ここからはギター曲などを聴きながらのウォーキング。

少年球技場から変電所前を右手に、みのり橋南までは長く、ほぼまっすぐの、緩い緩い上り坂。自転車だと実は結構きつい。はっきりと分かる上り坂というのではなく、1%あるかどうかの微妙な上り坂なのだが、だらだらと続くので割りと負荷がかかる。
でもノルディック・ウォーキングだとあまり気にならない。というよりも、このあたりが一番集中して歩ける。ナニかが脳内に分泌している感じである(笑)

みのり橋南で右折し、左手に阪大病院を見ながら少し行くと小さな公園があり、隣にローソンがあって、その脇の自販機でポッカのアイスレモンを買ってしばし休憩。
さっき外周を歩いていたときにすれ違った、どこかのJのユニ(但し背番号なし)を着て走っていたお兄さんがクールダウン中だった。あれ、どこのユニだっけ・・・少なくとも今シーズンのユニではないので、すぐにはわからない。やっぱり歴代ユニフォームカタログぐらいは買っておくかな・・・

その後、ゆたか橋のあたりで右折。
ここはよい歩道が整備されているけれども、どうも歩いていて落ち着かない。楽しくない。左側から殺人者の悪意ある物体が飛来する可能性があるから。彼らはそれで人に被害が出たら金で解決すればよい、と明言するような連中だから、潜在的殺人者だと思っている。もちろん地球環境破壊者であることは言うまでもない。

西青少年運動広場あたりで合流する道を上ってきたお兄さんがいて、ワタシの少し先を歩いていたのだが、このお兄さん、歩くのメチャ速い!(*_*;)

ワタシもご存知の方はご存知のような体型であって、歩幅はあるし、何しろ大阪人であるから歩くのは速い。東京であれ名古屋であれ、よその地に行くと周囲の歩く速度の遅さに辟易するというタイプである。しかもノルディック・ウォーキングのポールを操って歩いているのだから、ますます歩幅が広くなっていて速いはず・・・なのである。

それが、一向に前のお兄さんに追いつかないどころか、どんどん引き離される。お兄さんはごく普通の体型だし、パッと見はそんなにセカセカ歩いているように見えないのだが、やはり結構ピッチは速いのだろう。本当に速い人って、見た目はそんなに速く見えなかったりするんだなぁ・・・と実感。
でも、おかげで最後に結構高い負荷のウォーキングができて、トレーニングとしてはなかなかよかったと思います(^_^)

Monban帰宅したら、庭猫どもがあちこちで昼寝中。
一匹門番をしてるのがいたので撮影。こいつはワタシをあまり怖がらなくなった。写真撮ってるときも平然としとる。

2007 07 08 06:07 PM [Nordic Walking, Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.07.03

本日の帰阪の供

Pa0_0532ギネスvs崎陽軒

ギネスは東京駅の新幹線改札の中にあるカフェで注文。
時間があるときは、ここでゆっくり飲むのだが、今日は車内に持ち込む。

Pa0_0533新大阪までひたすら寝続け、眠気覚ましにBeer Cafeに入る。
以前とは少し位置が変わり、店もキレイになり、メニューも充実し、接客も格段によくなった。
前に来たときにはナシゴレンを頼んで、意外にイケたので、今日はそばめし。これもまぁまぁかな。ただ、こちらが疲れていたせいもあって、ちょっと味が濃く感じた。まぁ味の薄いそばめしもないだろうけど(^_^;)

2007 07 03 07:08 PM [Photograph, , 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.07.02

ってことでトルコライス

Pa0_0531堂島浜のパウゼにて。
もうちょいゆっくりパウゼ…といきたかったが、結構混んでいるので、食べてすぐ出る。

ここのトルコライスの特徴は、ケチャップライスではなくてドライカレーである、というのと、上からかかっているのがデミグラスソースではなくてカレールーである、という点。つまり、上下ともにカレー。
カツはやや薄めだがそこそこ歯ごたえのあるもの、そして卵が半熟で大変よろしい。
量はこんなもんだろう。若手サラリーマンたちは「大」にしているケースが結構多い。メタボちゃんとしては、次はメンチカツトルコの大で勝負したいところ。
なお、トランス脂肪酸含有量は不明。

あと、オプション二品を自由に組み合わせられる「お好み定食」もなかなか人気である。こちらは量もかなり多い。ガテン系の若者が好んで注文していた。

2007 07 02 12:47 PM [Photograph, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.06.28

任務完了

Shinagawaprince05写真はホテルの部屋からの眺望。

肝心の本番は特に波乱もなく終了。
帰阪して打ち上げ兼新人君の歓迎会。今日のビールはうまかろう君(^o^)

2007 06 28 12:10 PM [Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.06.27

今夏初の

Pa0_0524シェークンレモンパッションティー。
出張の供としてその他朝食類と一緒に新大阪構内で購入。
おねぃさんがコレを作ってくれるところを見るのが好き(*^_^*)

2007 06 27 07:25 AM [Photograph, Starbucks] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.06.25

ということでタコライス

Pa0_0523昨日の宣言どおり、今日は大阪駅前第3ビル地下のOKINAWAでタコライス。
少し島とうがらしをかけて食べる。もう少し大胆にかけてもよかったかも。でも美味(^_^)
他にもいろいろ定食があるので、かなり昼も楽しめそう(^_^)

******

追記:ちなみにタコライスの右横のお椀に入っているのは沖縄そばです。普通の出汁味ですが、そばはしっかり沖縄そばって感じ。

2007 06 25 01:10 PM [Photograph, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.06.17

鶴橋より帰還中

Pa0_0510裏地ともみ迎撃あうふ出獄記念オフより帰還中。
詳しくは帰宅後、書くかも知れないし、書かないに全部…という意見にも頷けるものを感じる6月の晴れた宵。

続きを読む・・・と、写真が出てくるだけよ(^_^)

Pa0_0509これは普通に焼いてるとこね。

Pa0_0508白く濁った空間でハイになる集団。

Pa0_0507ハイになりすぎたひとがソソウをすることがあるらしい。

2007 06 17 12:24 AM [Photograph, 集い] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.06.14

矢場とん

Pa0_0511そんな訳で、てんぱくくでの仕事も無事終わり、名古屋駅まで戻って、指令に従い、エスカの矢場とんでわらじとんかつを食す。
肉が柔らかく、食べやすい反面、「肉を食ってる」という感触はやや希薄かも。
それと、正直高い。
この定食に1680円、というのは、大阪ではあり得ないと思う。
ええとこ1380円ではなかろうか。KYKでも豚晴でも、多分それぐらいで出す気がする…

2007 06 14 01:53 PM [Photograph, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.06.08

芋とケーキ

Pa0_0496仕事は片付かないまま週明けに持ち越し。
週末に移転してくる部門があるので、工事が入ってオフィスはザワザワしている。

遠路、徒歩4分33秒で某店へ。
店の女の子が誕生日ということで、はぴばすで。
そのまま写すとケーキが炎上しているみたい(^_^;)

Pa0_0498以下は帰宅後補筆。

はぴばすで用に1杯だけビールが振舞われ、その後はひたすら芋麹の芋焼酎「芋」を水割りで。

Pa0_0499_1金曜日ということもあって店はよく賑わっている。
隣の席に座られた方が、同じ「芋」を入れられたこともあって、少し話をしたが、関東出身の方で、横浜で似たような感じの店によく通っておられて、こちらに転勤してきてから「あんな感じの店はないか」と知り合いに語ったところ、「それならPoPoがある」と紹介されて、そのまま常連になられたそうな。

この店も今年でオープン15年。
バブルが弾けた後とは言え、まだ巷にはバブルの残り香が漂っていた頃で、それからどん底の時期を過ぎて、今また少しずつ景気が上向いてきているのかも知れない。客層などを見ていると、そういうのも少し感じる。

本日のネタ。
You(SAS)
五つの橋(ZABADAK)
I・CAN・BE(米米クラブ)
蒼夜曲(尾崎亜美)
・・・リハビリ中だな(^_^;)

Pa0_0495写真にあるバースデーケーキだが、実はその後誰も食べる人がなくて、ほぼ丸ごと廃棄の道をたどった模様(^_^;)
飲みに来ていて、ケーキ出されても・・・というのはあるわな。

3時に店を出て、約45分ほど雨の中をとぼとぼ歩いて、茶屋町近くまで出て三菱タクシーで帰宅。
どうやら飲んでいる間に豪雨・雷雨があったそうな。
ワタシが深夜の街を歩いている時間帯は少し雨も弱まってきた頃だったらしい。日ごろの行いがよいためであると、天の声が告げる(天の声にも変な声はある)

2007 06 08 10:47 PM [Photograph, 日記・コラム・つぶやき, ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.06.06

できるかな

Pa0_0501所持金は心許ないし、いつもの店はもう終わっている。でも一杯だけ飲みたい。

Pa0_0500マクドの向かいのコンビニでEdyを使ってヱビスを一本購入し、マクドでチーズバーガーとポテトのコンビを買って、マクドのテーブルで飲み食い。
おこらえることなく、さぁできるかな?

2007 06 06 10:05 PM [Photograph, 日記・コラム・つぶやき, , 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.06.02

あれから4週間

Expo01ここしばらく歩けていなかったが、午後から軽くノルディック・ウォーキング。
今日は自然文化園には入らず、万博記念競技場周辺をうろうろして、エキスポランドの脇まで行く。

Expo02土曜日、絶好の行楽日和、ではあるのだが、もちろん今もエキスポランドは営業していない。
人のいない遊園地は、それはそれで不思議な空間だ。

Expo03歩いていて、帽子ぐらいかぶってくるのだった、と後悔したが、公園東口駅の下に行くと、日陰があって、そこの柵にもたれていると心地よい風が吹いてくる。しばしiPodで音楽を聴きつつ読書&給水タイム。

競技場では大学陸上部の記録会か何かが行われていたのだろう。学生アスリートたちが大勢集まっていて、中からも時折大きな喚声があがっていた。
競技場入口近くでコーチと思しき人物にこまごまとした指示を受けている選手がいたが、横を通るときに何を指示されているか聞いたら、帰りの段取りについての話だった(^_^;)。技術論とか精神論とかそういうのだと思ってたのに、拍子抜けやがな。

帰宅したら完全にへたばってしまって、昨日買ったSavall & HesperionXXの"Music for the Spanish Kings"の1枚目、橋本一子Ub-Xの"Vega"を聴いてまどろむ。Ub-Xの後で吉松さんの天馬効果を聴いたら、あまりに雰囲気が似ていたのでちょっと笑ってしまった。と言っても、寝ぼけていたのでそう聞こえただけかも知れない。

2007 06 02 10:56 PM [music with iPod, Nordic Walking, Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.05.25

今日はひつまぶし

Houraiken01熱田神宮の近くにある「蓬莱軒」にて。

朝からキャリーバッグを引きずって、雨の中を名古屋へ。
地下鉄「市役所」から拘置所・・・の隣の厚生局に行き、DC関係の申請。2週間前(この時は「事前相談」だったが)はそうやって行ったが、今日は雨なので最初から徒歩はあきらめ、名古屋駅からタクシー。

その後はボスの車に乗って神宮前駅でコンサルさんを拾って、5人で「蓬莱軒本店(蓬莱陣屋)」へ。大阪から直行の2名が先乗りして、席と駐車場を押さえてくれていたので、行列を作っている人たちを傍目に2階へ。

席につくとちょうどひつまぶしが出てきたところで、待たずに食べれたのはラッキーだった。
Houraiken02お櫃に盛られた鰻ご飯を、まず杓子で十字に切る感じで4等分し、最初の4分の1はそのままで食べ、次の4分の1は薬味をかけて食べ、次の4分の1はそれにさらに出汁をかけてお茶漬けのようにして食べる。

Houraiken03最後の4分の1は、この3つの食べ方のうち、一番気に入った食べ方をアンコール。でも、出汁がもったいないから、大半の人は4杯目も3杯目と同じようにして食べるのだろう。私もそうした。

それから某所で会議があり、名古屋駅に戻っておみやげを物色して帰阪。
今日のおみやげは「きしめんパイ」と「田舎みそまん」。ちょうど2週間前に買ってきた「なごやん」もなくなって、法事のお供えのお下がりも底をつきかけてきたところなので、母には喜ばれた。

しかし蒸し暑い一日だった。
車での移動も、雨の日は妙に疲れる。

2007 05 25 12:36 PM [Photograph, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.05.18

今日はこんなとこに

Nijoh01業務外出中。
さて、どこでしょう?
答えは後ほど…

Nijoh02後ほどになりました。
答えは・・・JR「二条」駅。
京都から嵯峨野線(山陰本線)で2駅目ですが、実は特急なんかも停まる駅らしいです。
駅のプラットフォーム上に、巨大な気球を思わせるようなドーム屋根がかかっている、特徴的な駅舎ですね。感心しました。

駅の周囲には大きな商業ビルが3つほどあって、結構広いバス乗り場には観光バスが並んで停車していたり。もちろんすぐ近くの二条城観光目当て、というところでしょう。

某所に11時に伺う予定にしていたのに、到着したのが10時前(^_^;)
途中、ずっとDFD(ジェラルド・ムーア伴奏のシューベルト初期歌曲)を聴いていたせいで、mixiミュージックでも、一気にこのコンビが12位までジャンプアップ(最近iPodで聴いたものもmixiミュージックに反映させるようにしています)

BiViにある「コロラド」でカフェラッテをすすりながら時間を潰し、少し早めに先方に伺い、1時間半ほどあれこれと話をして辞し、駅まで戻ってこの写真を撮って京都まで戻り、新快速で大阪に戻って、いつもは夜行く「るぅ~」でカツカレージャンボを食し、オフィスに戻ると、皆さんてんやわんや状態(^_^;)
そんな中、報告書をまとめてボスに出したら、来週の取締役会で発表してもらうので、資料もまとめておいてね、ということに・・・(^_^;)

なんだかんだで結局21時半近くまで手をとられてしまい、今日こそは・・・とひそかに画策していたセンチュリーの練習への復帰も、あえなく消滅(+_+;)

Tachigui01社を出て地上を歩いて駅前第一ビルへ。
1Fにある立ち食い寿司が気になっていたので、外から覗いてみます。
しかし満員で、外で待ってる客もいるようなので断念。
歩きながら撮っているので、ブレまくりです(^_^;)

Tachigui02隣に「立ち食い 本格炭火焼鳥」の店もあります。何でも立ち食いか・・・(^_^;)
しかしこちらは外から見る限りガラン・・・としてます。でも「営業中」とあるしなぁ・・・


結局フロートコートに寄って、久しぶりにくるくる。
久しく来ないうちに、150円の皿は160円に、250円の皿は260円に、390円の皿は400円に、490円の皿は500円に値上げしておりました(+_+;)。100円と200円と300円の皿は据え置き。
とても久しぶりにねぎとろ軍艦が復活してましたが、以前は100円皿だったのが、一気に200円皿になっていたのも驚き。ねぎとろ手巻きが250円(今回260円に値上げ)なので、バランスをとったのかも知れないけど、やはりマグロ不足の影響もあるのかな、と思います(びんとろやまぐろ酒盗がここのメニューから消えて久しいし・・・まぁまぐろ酒盗は人気がなかったのかも知れないけど(^_^;))

2007 05 18 12:25 PM [music with iPod, Photograph, 日記・コラム・つぶやき, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.05.15

4人まとめて

Rantana今日は法事。
父、祖父母、さらに曽祖父の4人分をまとめて行う。
父の弟妹と母の兄妹が集まって、総勢10名+お寺さん。
ちなみに、左の写真は庭の温室脇のランタナ。

お経が終わって、お寺さんをお見送りした後は、ホテル日航茨木大阪1Fの「弁慶」に場を移して会食。
最年長は母の兄の86歳、最年少はワタシである(^_^;)
普段からしょっちゅう顔を合わせている人もいるが、久しぶりという人もいる。だいたい話は昔のことになったり、誰それの病気がどうのこうの・・・という話になったり。

Isakigomashioyaki左は「弁慶」のメニューで、イサキの胡麻塩焼き。天ぷらがメインだったので、サブメインというところ。

Suikadesert右がデザートで、スイカ。スイカは健康にええぞ、というような話でひとしきり盛り上がる。しかし切ったのを買うのはどうも・・・というような話も出る。

しかしスプーンの光り方からすると、携帯のカメラ部のレンズ表面に傷がついているのではなかろうか・・・(-_-;)

昼間っから少しビールを飲んだので、帰宅後、ちょろっとDVDを焼いているうちに眠気が襲ってきて、ランダムに流れる室内楽曲をBGMにして遅めの昼寝。

2007 05 15 08:44 PM [Photograph, 日記・コラム・つぶやき, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.04.29

メタボ太陽の塔

Nfw07042912万博公園の太陽の塔、久々見たいな…ということで、約2ヵ月ぶりに来ています。
写真は「花の丘」で見かけたメタボリックな太陽の塔(^_^;)

これから北口に回って、帰ります。

今日はさすがに暑くて、上はTシャツ一枚で出かけました。
ノルディック・ウォーキング自体が約2ヵ月ぶり。休みのときに体調が悪かったり、天候が悪かったりで、タイミングが合わず、とうとう3月と4月は1回ずつというていたらく。
これからもう少しがんばろう。

好天というだけでなく、GWということもあって、万博公園はとにかく大変な人出。
今日はできるだけ人がいなさそうな所を縫いながら、あまりあちこちで写真を撮らずに、ウォーキングに集中しようと思いましたが、そうは簡単にいかない。

バーベキューコーナーからは芳しい香りが漂い、お祭り広場ではまたガレージセールをやってました。2月、3月に比べると出店してる人が格段に増え、セールのエリアがかなり拡張しています。

Nfw07042902それを越えて少し行くと、チューリップの花が出迎え(写真左)
ここはさすがに足を止めて、少し写真を撮影。

ただ、こないだ貼った液晶保護シートのうち、カメラのレンズ部に貼ったものがうまく貼れていなかったようで、今日撮影したものは全部変なボケ方をしている・・・(>_<)
帰宅後、速攻で剥がしました(^_^;)

途中、「けやきの丘」ではけやき並木を歩きます。大半の入園客は普通に前を見たり左右、あるいは下を向いたりしているけど、道をドームのように覆うけやきを仰ぎ見ながら歩いていたら、何というのか、うっとり、としか言いようのない気持ちになってしまいました。

Nfw07042911花の丘に行くとポピーが満開。公園内にもあちこちに「ポピーフェア」の幟が立てられていたが、これはまぁ見事なもの。
かなりご年配のご婦人方が花畑の中で写生にいそしんでおられるのを見ながら(写真右)、少し休憩して給水。やっぱりハイドレーション・リュック、買うかなぁ・・・4月末でこれだもんなぁ・・・などと思うワケです(^_^;)

Nfw07042913角度を変えてメタボ太陽の塔の横に回ってみると、どうやら中で子供が遊べるようなエアドームになっていた模様。

その後、北口に向かう途中で「水鳥の池」に立ち寄ると、ここはすっかり花は終了。前回来た3月頭頃が一番よかったようです。
そのせいで人が少なかったのですが、何故かお子様モデルの撮影会が行われていました(^_^;)。あまり近くまで寄らなかったので詳しくはわからないけど、多分10歳前後のお嬢さんを取り囲んで、カメラマンが5~6人。レフ板持った曲垣剛くんの姿もありました。子供服か何かのカタログに使うのかな。

北口から出て、万博外周を東に向かうと、ジョギングしている人とよくすれ違います(彼らはたいていサイクルロードを走っているけど)
今日はさすがにこういう天気なので、上半身裸のおにいちゃん、おっちゃんの姿が目立ちます。とても残念なことに、上半身裸のおねぃさんの姿はありませんでした。がっかり。

阪大病院方面に曲がる交差点を過ぎて、変電所の所まで、ほぼ真っ直ぐな区間がありますが、ここではラストスパートという感じで歩幅を大きくとり、かなりのスピードで歩きました。見通しもよいし、万博公園内と違って人も少ないので、どんどんスピードが出せます。ノルディック・ウォーキングでは上半身をいかにうまく使うか、というところがカギだなぁと感じます。

変電所の所でじもてぃ御用達の抜け道に入り、そこからはクールダウンを意識して、ゆっくりと歩きます。途中、公園で少し給水して、さらにペースダウンして帰宅。庭猫たちがお出迎え(^_^)

これから万博公園に行かれる方は、取り敢えず「花の丘」のポピーは一度見てみられてはいかがでしょうか。
個人的にはこれだけ山盛りに原色の花々を見せられると、ちょっとうんざりする部分もあるのですが(^_^;)、それぐらい壮観です。

2007 04 29 02:54 PM [Nordic Walking, Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.03.04

本日の自然文化園

Nfw07030409今日は暑い、ということだったので、春秋仕様でノルディック・ウォーキングに出かけたが、初夏と言ってもよいぐらいで、結構汗だくになった。

今日は美穂ヶ丘から阪大病院前を経て、自然文化園西口から入園して、北口方面に向かう。とにかく人が多い。万博外周道路も渋滞が起きるほど車も多い。

Nfw07030401北口に向かう途中、ちょっとした池があったり、「森の舞台」を右手に眺めながら「野鳥の森」へ。
ここに四阿があり、そこに掲げられていたパネルが左手のもの。「ウルガイ」ってのがなんかツボに入った(^_^;)

冒頭の写真は「野鳥の森」の隣の「水鳥の池」で撮影したもの。春なんだか夏なんだかわからない気候だが、こうして見る限り、一応春なのであろう。それも早春。

民博の脇に出て、お祭り広場まで行くと、今日もガレージセールをやっており、尋常ではない混雑ぶり。
そんな中でもボール遊びなどに興じる家族連れ、三脚をもってうろうろするカメラマン、芝生に大の字になって寝転ぶおっさん、サックスの練習をするにいちゃんなど、公園内は皆好き好きにこの好天の一日を楽しんでいるようだ。

鉄鋼館の脇を抜けていくと、テニスラケットを持って壁打ちする少女の姿あり。ワタシも15年ぐらい前にはここで壁打ちしたりしていたなぁ、と思い出す。
17年前、初めて江戸でのFCLAのオフに参加したとき、それは出張のついでだったのだが、夜はこくぼせんせいに連れられてFBMANの東京FORTに泊めてもらい、早朝の新幹線で帰阪して、その足で会社の先輩の実家がある兵庫・養父まで行って、テニス三昧の休日を送った・・・なんてのも懐かしい話だ。

鉄鋼館の斜め裏手は「月桂樹の丘」と「ラベンダーの丘」である。「丘」と言うのもはばかられるような標高差であるが、全体が広々とした平坦な公園なので、ちょっと登っただけで結構見晴らしもよい。
Nfw07030402右側の写真は「月桂樹の丘」を撮影したもの(手前がラベンダーの丘)
ここにいる間、ずっと遊佐さんの「0の丘∞の空」が脳裏をぐるぐる回っていた。

帰りに、昨夜の興奮が残っているかも知れない万博記念競技場前へ。前回、名前を忘れたと書いたオブジェの名前を確認するためである(^_^;)
これがオブジェの名前なのかどうかはよく分からないのだが、台座部分に昔の大阪府知事・岸昌氏の筆で「流れる美と力」と刻まれていた。どこが「力と光の波のように」だ(笑)

帰宅後は例によってiTunesの修復作業。暑い中を結構歩いたせいか、疲れて集中力が保てない。あまり進まず。ようやくペライア(Murray Perahia)までたどり着くが、この人のCDはやたらとたくさんリッピングしている上、曲数も多いので、まだシューマンの「交響的練習曲&蝶々」が残っている(これがまたトラック数が多い・・・)

残りの写真は以下に・・・

Nfw07030404自然文化園の案内図。
西口から入ってすぐのところにあったもの。

Nfw07030405「野鳥の森」に行く途中にあった池。
少し前なら人の姿も殆どなかったろうが、今日のような日は大勢の人が入れ代わり立ち代り・・・

Nfw07030406「野鳥の森」近くの光景。
このあたりから北口(出口専用)への道が分岐している・・・と思ったけど、どうやったかな?

Nfw07030407「野鳥の森」にある池のほとり。
カップルや家族連れが多い。
妙なストックを持ったおっさんが一人・・・多分浮いている(^_^;)

Nfw07030408これも「野鳥の森」の池。冒頭の写真、上の写真と同じ池だが、角度によって少し表情を変える。
池の水の色が深くて、なかなかよい。

Nfw07030403「ラベンダーの丘」からの遠景。
まだまだラベンダーはお子ちゃま状態。
うっかり足を踏み入れては大変なことになる。

2007 03 04 08:44 PM [music with iPod, Nordic Walking, Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.02.25

2度目の自然文化園

Nfw07022510自然文化園そのものは何度も行っているが、ノルディック・ウォーキングのルートとして訪れるのはこれが2度目である。
前回からほぼ1ヵ月振りなのだが、その間に結構春めいてきたこともあり、前回に比べるとかなり人出が多かった。

今日は沢池小学校横のぢもてぃ御用達の抜け道を通って少年球技場横からサンシーロではなく、デッレ・アルピでもなく(もういいですか?)万博記念競技場前へ。ゼロックスカップ優勝を記念して(^o^)・・・というか、万博公園東口に行くには必ずここを通るのだけど。
少年球技場では少年ラグビースクールの、万博脇の運動場(サブグラウンド)では少年サッカースクールの練習の光景を目にする。コーチ陣や付き添いの親御さんも含めるとかなりの数である。
少年球技場横の弓道場にも大勢の人がいた。
スポーツにはいいシーズンになってきたのだろうな。

スタジアム近辺を少しだけうろうろして、自然文化園へ。
今日はお祭り広場でガレージセールを開催しており、その一角はなかなかの混雑ぶり。
そのまま大地の池の脇から民博を眺め、今日はあまり遠くまで行かず、チューリップの花園界隈をうろうろして帰還。
冬枯れの公園にも、ぼちぼち花々の彩りが戻ってきたようだ。

帰宅後は例によってiTunesライブラリの修復作業。
ようやくライブラリの半分ぐらいまで終了。

以下、写真を並べときますので、どうぞ(_ _)

Nfw07022501これは万博記念競技場正面入口の前にあるオブジェ。
名前は忘れた(^_^;)
「力と光の波のように」だっけ(<それはノーノ)

Nfw07022502「夢の池」の脇に展示されている「信天翁二世号」。「あほうどりにせいごう」と読む。
1971年6月に石津港を出港して、1974年7月に世界一周して帰港。単独の自作ヨットとしては日本初の世界一周であり、世界一周した船艇としては最小であるとしてギネスブックに登録されている。確かに小さい。これで世界一周なんて、下手するとエコノミー症候群になっちゃうんじゃないか、なんて思ってしまうほど。
このヨットで世界一周した青木洋氏は、今もりんくうタウンでアリーナとヨットスクールを運営しておられるそうだ。

青木ヨットスクール

Nfw07022503お祭り広場でのガレージセール。
万博当時、お祭り広場の屋根だったものの一部がオブジェのように置かれてある。

Nfw07022504自然文化園から国立民族学博物館方面を望む。そっちはそっちで訪れたいのだが、久しく訪れていない気がする・・・

Nfw07022505国立民族学博物館の横腹(^_^;)
バラ園茶屋に行ってみようかと思ったが、関所があって、「ここから先はダメ」ということのようである(>_<)

Nfw07022506自然文化園内の風景。
自転車で走るとえらいことになりそうなパヴェ。
というか、歩きにくい(^_^;)

Nfw07022507

園内からの遠景。
W43Sの撮影モードが待ち受けのフル画面サイズになっていたので、妙に横長(^_^;)

Nfw07022508園内の花壇のパンジーもこんな感じ。
冒頭の写真も同様。

Nfw07022509

「花ぽっぽ」がやってきたので写真に収める。
低速で園内を回遊している。お子様連れにはとてもよいと思われます(^_^)

Nfw07022511園内各所で見られるスズラン型照明施設。

Nfw07022512これも園内各所にある太陽電池付風力発電装置。
てっぺんにパネルがあり、その下に風車がついている。
天気がよければ太陽光発電、強風の日には風力発電・・・ということだろうか。エコなのである。

Nfw07022513園内で見つけた「フィリピン館」跡のプレート。
1970年の万博当時は、ここにフィリピン館があった訳だ。
写真ではよくわからないが、敷地面積なんかが記されている。
多分、公園内を地見屋のようにうつむきながら探索していくと、あちこちにいろんなパヴィリオンのプレートを見つけることができるのではないだろうか。

Nfw07022514園内の「茶摘の里」内にある花畑。

Nfw07022515これも「茶摘の里」内から眺めた園内の光景。
なんてことはない風景だが、なんとなくほっこりできる(^_^)

Nfw07022516これも「茶摘の里」内の花畑の様子。
もう少し暖かくなれば、のんびりここで終日過ごすというのも悪くないと思う。

2007 02 25 09:33 PM [Nordic Walking, Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.01.28

自然文化園にて

水車茶屋にて今日は自然文化園の中をのんびりウォーキング中。
今は水車茶屋で一休み(^_^)

******

ということで、以下に自然文化園で撮影した写真を一挙公開
某所で見た、という方も、そちらにはアップしなかったものもあるので、よろしければどうぞ(_ _)

遠見の丘で1自然文化園西口近くの遠見の丘で。逆光なのでスポット測光にしたが、携帯のカメラでは限界もある。まぁでもこんな感じで・・・

遠見の丘で2同じく「遠見の丘」にて。こんな感じの散歩道。天気がよいと本当に気持ちよい(^_^)

花の丘「花の丘」にはこんな櫓があったりします。

遠見の丘で3「花の丘」の写真と同じ地点で反対側を撮影。季節柄、まだ人出が少ない。

紅葉渓界隈1「紅葉渓」界隈の林を縫う散策路。道の脇にはちょっとした湧き水もある。

紅葉渓界隈2同じく「紅葉渓」界隈の散策路から、木洩れ陽を撮影。まぁ携帯カメラではこんなもんです(^_^;)

紅葉渓界隈3「紅葉渓」から「自然学習館」方面に向かう道。少し林がまばらになり、行く先が開けてきた感じ。

もみじ川芝生公園「自然学習館」を過ぎ、「もみじ川芝生公園」で凧揚げに興じる親子の姿を遠景で。

茶摘の里「茶摘の里」の様子。まだ茶摘の季節には遠いが、のどかな光景(^_^)

茶摘の里から太陽の塔を望む「茶摘の里」から「太陽の塔」を望む。「水車茶屋」の前あたりか。

水車茶屋「水車茶屋」の様子。冒頭の写真は茶屋の中からガラス越しに撮影したものだが、こちらは直接撮影したもの。

LEKI Supremeワタシが使っているノルディック・ウォーキング用のポール(ストック)。LEKIの「シュプリーム」というアルミ製のもの。カーボン製のがよいが、ちょっと高い。「水車茶屋」の中で撮影。

梅林にて1梅林内の水路と共に太陽の塔をもう一度。水と緑の多い公園である(^_^)

梅林にて2梅林にて。既につぼみがほころびかけている。暖冬の影響か、それともそういう種か。2月に入ると「梅まつり」があるそうである。

太陽の塔・後姿太陽の塔の後姿。ここまで来ると中央口が近い。

鉄鋼館1「鉄鋼館」。今も展示室として公開されている。70年の万博当時は「立体音楽堂」として武満徹や高橋悠治、イアニス・クセナキスの作品が演奏されていた。それらの作品を集めたCDも出ている。

鉄鋼館2

これも鉄鋼館。W43Sの長辺方向に長い画面が効果的に生かされたかも(^_^;)

夢の池・夕景東口近くにある「夢の池」にて。のんびり散策していたら、すっかり日が暮れてきた。公園内にもぼちぼち閉園ですよ~のアナウンスが流れる。

ということで、19枚、一気にアップできるかな(^_^;)

2007 01 28 04:19 PM [Nordic Walking, Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.01.02

12年

干支ボトル2007恒例、サントリーローヤル12年の干支ボトル、今年はこんな感じ。
なかなか高級感もあって、よいのではないかと思いつつ、生ビールを飲んでいるこの場所は、ご存知キングスアームズである。
只今のBGMはエルガーのチェロ協奏曲。

エルガーの後はブラームスのチェロソナタ第1番が流れている。今夜は渋いチェロシリーズ?(^_^)

結局、明日も仕事だし、長居もできん、ということで、生ビール、グラスワイン赤、サイドカー、マンハッタン、ラガブーリンのシングルロックまでで留めて帰途につく。
ブラームスの後はバロック、古楽系で終始。とても落ち着く(^_^)

Kamokamoもう1枚の写真はお通し。この店はこれがうまいので油断がならない(^_^;)

2007 01 02 08:39 PM [Photograph, ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.01.01

元日雑感・雑記

≪カウントダウンで≫
江原氏はしきりに「浄化」という言葉を使う。心をきよめる、ぐらいのつもりで使っているのだろうが、この言葉を耳にするたび、「民族浄化」という言葉が連想される。

≪カウントダウンの帰り≫
実は梅田で一度おりて、東通り方面から太融寺方面にかけてぶらついてみた。
「グラナダ」の近くにある「綱敷天神社」の前に行くと、下っ端の神職の方なのか、神社正面からの写真撮影を行っているところに出くわした。
「太融寺」に行くと、午前2時頃だったがそこそこ賑わっている雰囲気。
どちらも中には入らず、外からそっと眺めておしまい。これで初詣をした気分になる(^_^;)

≪子供が見てるのに≫
・・・って、紅白の話ですが、別にええやないの、とワタシは思う。
ボディスーツでなくて、ホンモノであったしてもね。苦情の数をはるかに上回る快哉があちこちであがっていたはずである・・・と空想するのだが。

≪ガンバ=バルサ説≫
よく似てるじゃないですか、インテルナシオナル戦と。

≪それで我がレッズだけど≫
トロッターズ(ワンダラーズの愛称)の後塵を拝しているのはけしからんが、今やっている直接対決で叩きのめせば3位浮上である。前半0-0だが、イバン・カンポちゃん(彼はどこに行っても「ちゃん」付けで呼ぶのがふさわしい)が偉そうに出てるチームに負けるワケにはいきません。
・・・を、クラウチとスティーヴィが連続ゴール!!(^o^)

≪明日のスポーツ≫
やはり注目はラグビーであろう。関西勢がどこまで食い下がるか。
駅伝は現地で生で見るのが無理なら、ラジオで楽しむのが正しいと思われる。

アメフトのボウル・ゲームもいよいよである。
ローズボウルはUSCとミシガン大学の対戦。昨年3点差で涙を飲んだUSCと、2004、2005年と連続で敗れたミシガンの顔合わせ。2004年はUSCが28-14でミシガンを下している。両者はこれまでローズ・ボウルで7回顔を合わせて、USCが5勝、ミシガンが2勝という戦績。ちなみにUSCは過去92回のローズボウルで、30回出場し、21回も勝っている。ミシガン大学は19回出場して、8回勝利。ちなみに記念すべき第1回を勝っているのがミシガン大学である。

シュガーボウルはノートルダムとルイジアナ州立大学の対戦。ハリケーン・カトリーナの影響で昨年はアトランタで開催されたが、今年は再びニューオーリンズに戻っての開催。

16年前に世を去った父がこれらボウル・ゲームがいたく好きで、ワタシも幼い頃からよくわからぬままに、早朝に放映されていた試合中継を一緒に観たりしたものだった。ラグビーとアメフトへの関心は、明らかに父譲りであろう(自分の息子に習わせていたくせに、サッカーにはあまり関心がなかったようだったが)

≪仕事≫
早速元日から会社のメールが4通ほど転送されてきた。いずれも派遣依頼のもので、うち2件は決裁済みのものなので、そのまま関係者に転送しておしまい。残り2件は明日出勤して上司の承認を得てから転送する予定。

≪風林火山≫
今年の大河ドラマは山本勘助だそうで、17年ほど前に「信長の野望 戦国群雄伝」にハマっていた者からすると、上杉謙信のところにいた宇佐美定満と共に、抱えておきたい軍師の筆頭としてその名前が出てくる。

Kansuke01Kansuke02ちなみに写真は、橿原の新ノ口駅近くにある山本勘助像である。何故ここに彼の像があるのかはよくわからない(^_^;)
由来をご存知の方はご教示下さいませ。

・・・だからって、今年の大河ドラマを観るのか、というと、多分・・・観ないまま終わるんだろうなぁ・・・(^_^;)

2007 01 01 11:26 PM [etc., Football, Photograph, Sports, 日記・コラム・つぶやき, 映画・テレビ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.12.30

残りわずか

Tirolchoco
何も、チロルチョコレートが残りわずかなので大人買いした、とか、大人買いしたチロルチョコレートが残りわずかになった・・・という訳ではなく、今年も残りわずかである、という話。

・・・だったのだが、何か書こうとしているうちに猛烈な睡魔に襲われてしまい、気がついたら朝だった(^_^;)

チロルチョコレートの写真をアップしたのは、先日のさりちゃん帰省前忘年会(ココログでは割愛したが、そういうのがあったのです(^_^;))のとき、デザートで出てきた黒ごまタルトが美味だったので、「そうそう、チロルチョコレートにもあったよねー」と話したら、「そんなんあるん!?」という反応があったので、その証明のために行きつけのサンクスのレジ前で撮影したからである。

左上が新顔の「ふんわりいちご」、右上が「黒ごまたると」、左下が「かき氷」、右下が「きなこもち」
ちなみに、チロルチョコレートの歴代ラインナップなどは以下のサイトでご確認を・・・

チロルチョコ年表

ちなみに、いろいろ試してみたいムキには、「バラエティパック」なんかも売っているゾ。但し、単品で売ってるのより、ほんの少し小さいように感じるのは気のせい?

ということで、タイトルと関係のない話になってしまった(^_^;)

2006 12 30 11:37 PM [etc., Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.12.21

さまざまな形

ポリンまんとあるオンラインゲーム系のナニガシかとのタイアップだとか。
今、口を大きく開けることができないから、中華まんを試すことができないのが残念である。

ってか、これって顔玉?(^_^;)

2006 12 21 10:19 PM [etc., Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.12.16

気になっていたこと

謎の脳呼吸/他JR神戸線・某Nノ宮駅前の気になる看板。
いつもは両手に大荷物を抱えているので撮影には至らなかったが、今日は身軽なので撮ってみた。

いろいろ突っ込みどころはあるが…

2006 12 16 05:29 PM [Photograph, ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.11.17

本町から緑地公園へ

トマトクリームパイ本日は久しぶりに金曜日ながら休みを入れる。
午後少し遅くから本町に出て冬物のスーツを一着作る。

久しぶりに本町に来たので、東芝ビルのスタバで休憩。
ダブルトールソイラテとトマトクリームパイ。

もう少ししたら緑地公園に向かい、センチュリーの練習に参加予定。

2006 11 17 05:21 PM [Photograph, Starbucks, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.09.04

ということでオリジンお惣菜

先週水曜から夏風邪を患っていて、お腹の具合が思わしくない。
そういうこともあって、消化によさそうなもの、揚げ物でないもの、それでいて単調でなくて気晴らしになり得るもの・・・かどうかはともかく、地元にオープンした「オリジン弁当」に行って、お惣菜を少し買ってきたのであった。

オリジン弁当のお惣菜揚げ物類には目もくれず、あっさり目のお惣菜を物色。
取り敢えず夕方ぐらいから脳裏を過ぎっていた(笑)カボチャをつかみ、さらに肉団子を少し多めに。
こうなると残りはサラダ類。ごく普通にポテトサラダとトマトサラダをつかんで、レジに。
器の分を差し引いて、しめて483円也。

お味の方はまぁまぁよいんではないかな。一応、関西進出に合わせて、関西風の味付けも研究した、ということである。
正直言って、今の体調で味のことを語れる自信はまるでないが(というか、常にないが)、自分としては、これならある程度コンスタントに食べても大丈夫、という感触はつかめた。
体調がよくなったら、揚げ物系にも挑戦してみなければなるまい。

2006 09 04 11:00 PM [Photograph, 日記・コラム・つぶやき, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.08.05

チュニジア風餃子

チュニジア風餃子昨夜、珍しく地元・茨木で食事できる所を探していて、何となく勘が働いて入った店で頼んでみた逸品。
店は「鼓」という名前。
なかなかよい。頭は冴えてないが、勘は冴えていたようである。

皮は普通の餃子の皮っぽく、軽く揚げてある。
具はホウレンソウと鶏肉、そして真ん中に半熟の卵の黄身を抱いている。
どこがどう「チュニジア風」なのかはよくわからないが、美味だった。

この他、ガーリックトーストと、ネギ味噌ガーリックピザを頼む。特にピザがうまい。ネギ、味噌、そしてたっぷりかかったチーズが実によいバランスで、ボリュームもたっぷり。

飲む方は生ビール1杯の後、グラスワインの赤、最後にタラモアのシングルストレート。
地元で飲める店が見つかったのは幸甚なり。

2006 08 05 01:03 PM [Photograph, , 飲食] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2006.06.21

コンプリートしてしまった(^_^;)

ステンドグラス風お茶犬ストラップ・コンプリート!いやぁ、揃いました。
こんな時期に(^_^;)
なんてことでしょう(笑)

「宇治新茶」には既にかかっておらず、「お~いお茶」にはミニボールペン。
こうなると、昨日同様、棚の下の方にある「一」緑茶である。

・・・まだあるある(^o^)

昼休みに1本、頭巾ハナをゲットし、帰りに再び立ち寄って、残るノーマルハナと頭巾ロンを探り当て、あっけなくコンプリート。やはり中身が見えると楽だし、達成感も低い(^_^;)。とは言え、こうして並べてみると、さすがによろしいですなぁ(^_^)

写真の上の方は去年のリラックマ。

明日(もう今日だが)は休みなので立ち寄る予定はないから、木曜日になってもまだ残っているかどうか。
あればさらに少し集めておこうかと思う。

2006 06 21 01:22 AM [Photograph, グッズ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.06.18

お茶犬、突然大量発生(笑)

例のステンドグラス風お茶犬ストラップ、今度はちゃんと「宇治新茶」にかかっているのだが、それにしても、この時期になって急に大量発生し始めた、というのは、どういう裏があるのだろうか(^_^;)

どこで、ですか?
それはですね。

そうそう、その前に、中身が見えているにも関わらず、早くもダブりが出てしまったので、またそのうち「補完計画」を発動しましょう>心あたりのある方

この時期になって急に出てきた、というのは、

・店に入ってくるのが大幅に遅れた
・増産した
・店にはずっと前に入っていたが、首かけするのを忘れていた
・よそでなくなった頃を見計らってかけ始めた
・店の方針でこの時期に伊藤園のプロモーションをやっている
・店の誰かがガメていたが、怖くなって返した(笑)

まぁ3~5番目あたりがありがちなところかな、と思ったりする。

今、手元には7つあって、ラインナップは以下の通り

ノーマル系:ロン、アール
頭巾系:リョク、チャイ、アール(×2)
ペットボトル系:リョク

明日もあるのか、まだまだあるのか、よその製品にまたかけるのか(笑)、ミネラル麦茶のリラックマ・ミニ風鈴は忘れているのか(^_^;)、その辺はわからないが、なかなか楽しませてくれる(^_^;)

ではでは(何か書き忘れたような気もするが、気にしないでおこう(^◇^))

2006 06 18 09:52 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.06.12

実はまだあったステンドグラス風お茶犬

謎の組み合わせもうなくなったと思ったステンドグラス風お茶犬ストラップ。
いつも行くサンクスで再び発見。
しかも、何故かアサヒ飲料の「豆力 十六茶」についている。
謎だ(^_^;)

この手のグッズは、店に納品される段階では商品とは別になっているのだろう。
極論すれば、それをちゃんとしかるべき商品につけるかどうかは、店の判断にかかっている、ってとこなのだろう。

で、この場合は、本来つけるべき商品が売り切れてしまい、かと言ってノーマルの「お~いお茶」や「濃い味」にはミニボールペンがぶら下がっているので、仕方ないので、(もしかしたらあまり売れていない)よそのメーカーの商品につけてみた、という・・・深読み?(^_^;)

あ、でも「豆力 十六茶」、悪くなかったです。これからの季節、麦茶代わりに飲めるかも。

2006 06 12 11:31 PM [Photograph, グッズ] | 固定リンク | コメント (7) | トラックバック

2006.06.11

何故か今頃一つ発見

ステンドグラス烏龍茶犬ロンとっくになくなっているものと思っていたステンドグラス風お茶犬であるが、探せばあるものだ・・・というか、いつも行ってるサンクスに、何故かひょっこりと、瞬間的に復活していた。

残念ながらその翌日、翌々日と探しているが、もう見当たらない。
何故その時だけ、突然復活していたのか、それともずっと置いてあったのに気がつかなかったのか、そのあたりがよくわからないのだが(^_^;)、確かにこれならペンよりいいな。バカラも当たりそうにないし(^_^;)

2006 06 11 04:56 PM [Photograph, グッズ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.06.04

実用性はともかく

5月半ばからスタートしている「お~いお茶」の首かけお茶犬は「お茶犬ミニミニボールペン」である。
お茶犬ミニミニボールペンボールペンとして使う人がどれぐらいいるのか疑問であるが、ともあれ、また集め始めているワケである。

インク色(軸色と一致)は4色、お茶犬はリョク、アール、ロン、ハナ、チャイの5種類、ポーズが2種類、純粋に組み合わせを考えると40種類になるのだが、何故か用意されているのは30種類とのことである。ないのはどのパターンなのか、気になりますねぇ(笑)

今のところ、まだ7種類しか集まっていない。
今回は外から中身が見えるので、まだ持ってないものを探して、コンビニのリーチインにある商品を、ゴソゴソと出しては入れ、入れては出し・・・と繰り返している人も、たまに見かける。
ワタシの場合、まだ集まっている種類が少ないので、前面に陳列されているものの中から取捨選択するだけで、持っていないものに出くわすが、そうやりたくなる気持ちもよくわかる。

それよりも、「今何を持っているのか」を正確に把握しておかないといけないのはなかなかホネだ(^_^;)
こうして写真を撮っておけば、携帯で確認するだけでそれがわかるので便利、とも言える。

それから、今回のキャンペーンではバカラグラスのプレゼントも行われている。
これはペットボトルに貼られているシールに掲載されている番号を登録することで抽選に参加することができる。
シールにはQRコードが記載されているから、バーコードリーダー対応の携帯を持っていれば、それで読み取って、そのまま伊藤園のサイトに飛んで登録することができる。
こちらも今のところ7件登録しているが、限定10,000個というのは、ちょっと厳しいような気がする。

2006 06 04 03:20 PM [Photograph, グッズ] | 固定リンク | コメント (4) | トラックバック

2006.05.21

盤寿の初携帯

母携帯01どうでもよい話だが、うちの母は今、盤寿である。
今でも日々の買い物やら彼岸の墓参りなどで外出することは日常的にあるが、さすがに持っておいてもらった方が何かと便利であろう、ということで、携帯を一台購入し、使ってもらうことにした。

母携帯02ご覧の通り、A5517Tのピンク。
高齢者向け(ばかりではないだろうが)に人気の「簡単ケータイ」である。
ITmedia +D モバイルのランキング(5/8-14)ではauの第2位にランクインしている。
母の日需要もかなりあったのだろう。
ドコモの首位も「らくらくホン2」F881iESである。キャリアを問わず、この手の「操作シンプル、見やすい・使いやすい系」の携帯が売れている、ということのようである。

そんな中、ケータイ業界的には、滂沱不穏の「AQUOSケータイ」905SHがなかなかの話題である。この週末には店頭に並ぶ予定だが、どの程度売れるか注目される。
参考記事:後出しジャンケンの最強ワンセグ携帯

去年の9月に「ワンセグで地デジ」というエントリーを書いたとき、

現在の携帯の標準的な液晶は240×320ピクセルであるから、横にしたらちょうど収まる大きさということが意識されている訳だが、もしかしたら横長の機種(長辺側で折りたたむ)なんかも登場するかも知れない。

なんてことを書いたが、905SHは「サイクロイド型ヒンジ」というものを採用して、画面部分のみを横長にすることができるようになっている。こういうタイプもこれから増えてくるかも知れない。W41Hのような回転2軸タイプも、例えば液晶画面上で様々な操作ができたり、側面・背面をうまく利用するなどすれば、まだまだ挽回の余地がある。P901iTVのような・・・これはないな(笑)

滂沱がソフトバンクの軍門に降り、KDDIはソフトバンクと対抗すべく、Googleとタッグを組む、ということである。
かたやYahoo!であり、かたやGoogle。インターネットの世界での旧勢力と新勢力の代表選手をバックにつけた、という点で、この対決は興味深い。
参考記事:EZwebにGoogleの検索エンジン---KDDIの真の狙いは

さて、話は戻って母のA5517Tである。
今のところ、まだ電話を受けるのとかけるのと、ワタシからのCメールを見る、ぐらいしかできていないが、「もっとかんたんマニュアル」ぐらいは読めそうだ、ということなので、そのうちCメールが飛んでくる可能性はあり得るかな、と、そんな感じである。

2006 05 21 07:49 PM [Photograph, 携帯・デジカメ, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.04.26

休日の一仕事

休日の一仕事

労働基準協会の定時総会に出席。
去年はJRの脱線事故のため欠席だった尼崎市長も出席して、元気よく「ご安全に!」とやっていた。
その後、梅田に戻って、スポーツクラブの会員種別変更手続きをし、マルビルのスタバで一服中。
ここはEdyが使えるのでありがたい(^_^)

ところで尼崎市長と言えば、元スッチーの白井文であるが、その「あやちゃん」のお話はメタボリック・シンドロームについて。
先日放映していた「ためしてガッテン」を引用しつつ、内臓脂肪の蓄積が突然死につながること、特に健康診断で「再検査」とか「要注意」まではいかないものの、全般的に数値が高い、というような人に、この手の突然死が多いので、市役所ではそういう人を対象とした食事や運動に関する指導を行ったところ、突然死がなくなった・・・というような話であった。
ヘソ周りが女性で90cm、男性で85cm以上だと危険信号とのことである。
あやちゃん市長も「ウエストは割と細いんですが、おヘソ周りは結構際どい」と告白。

それはそうと、来賓の大半が演台に上がる際、正面にある梅干弁当マークに一礼するのだが、あやちゃん市長は一顧だにくれず、さっさと梅干弁当マークにお尻を向けられた。このあたりはさすがに徹底してるな、という感じ。

スポーツクラブの会員種別であるが、これまでは「正会員」ということで、ヒルトンプラザにあるクラブに行くときは、いつでも追加料金なしでいける、というものだったのだが、仕事の関係もあって、全く行くことができず、かと言って退会してしまうのも癪に障るので、平日午後(13時~18時)はフリーで使える、というコースに変更したのであった。
今の仕事は平日、それも特に水曜日に休みが入る可能性が結構高いので、このパターンが今の私には一番合っている訳である。仕事帰りに立ち寄るとか、土日に行く、というよりも、よほど現実味のあるプランである。
会費も45%ダウンしたので、月々の負担も多少軽くなる(^_^)

2006 04 26 06:17 PM [Photograph, Starbucks, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.04.25

あれから1年

あれから1年

いつものように尼崎駅に着くと、追悼会場に向かう人々や報道陣で、かなりの混雑。
うちの1階駐車場がシャトルバス乗り場になっていた。

2006 04 25 08:27 AM [Photograph, , 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.03.05

3月5日は

トゥポルさん"ENTERPRISE(ENT)"のトゥポルさん(何故か「さん」付けしたくなるのである)こと、Jolene Blalockさんのお誕生日である。

う~ん、ENTが始まった頃、彼女がこういう格好で出てくるなんて、想像もしなかった・・・
・・・というのはウソですね(^_^;)
1回目からセクシーシーンがあったから。
でも、脚、長いなぁ・・・

ってことで、トゥポルさん、お誕生日おめでとうございます(^_^)

2006 03 05 11:55 PM [Photograph, StarTrek] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.03.03

3月3日は

スコッティ永遠に・・・スコッティこと故ジミー・ドゥーアン氏の誕生日。
こうやって見てみると、後年のようにヒゲはなくても、TOSに出演していた頃ですら、結構年輪を感じさせる表情をしておられる。

2006 03 03 10:56 PM [Photograph, StarTrek] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.02.23

そういう季節ですなぁ

060223_20570001.jpg間もなく大阪場所な訳ですな。
彼らはあの格好でも、寒さは感じない…のかね、ホンマに(^_^;)
しかし、お相撲さんはやはりこの格好が一番よく似合う。
ジャージとかはダメでしょ。

2006 02 23 09:01 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

今日は暖かいので

060223_12550001.jpg櫃まぶし。
テルミナ7階某店にて。やや高かったが、味はまあまあ。でもちょっと量は少なめ。きしめんで補うか(^_^;)

hitsumabushiちなみにここでのひつまぶしは、このような食べ方が推奨されている。
お茶碗によそって、1杯目はそのままで、2杯目はわさびとねぎを載せて、3杯目はわさびとねぎを載せた上に出汁をかけてお茶漬けのようにして食べてみましょう、という訳である。
確かに、出汁をかけて食べるのはうまい。それだけだとややもったりしかねないところに、わさびがいいアクセントになっている。
これでもう3割ぐらい量があればかなり満足度は高いのだが(^_^;)

ちなみに、新幹線の時間が迫っていたため、きしめんは断念。次の機会までの課題となった。

2006 02 23 01:23 PM [Photograph, 飲食] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2006.02.21

本日の訪問先

草津線の手原。
店の棚卸し立会いである。
のどかだ。
電車もなかなか来そうにない(^_^;)060221_15430001.jpg

結局駅で20分ほど待って、ようやく草津行きに乗る。
草津ではいいタイミングで播州赤穂行きが来て、大慌てでホームのキオスクで「うばがもち」を購入。
これは家のお土産。

※「うばがもち」の由来については→滋賀県観光情報

2006 02 21 03:47 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.12.30

フライングお節

12月30日が2005年の最終出勤日。
もっとも、職場の他の皆さんは大晦日も出勤のようである。

仕事が終わって、アラエボとエヴァに17英世ほど出資して、その後、最近職場の飲み助が頻繁に訪れる、猪名寺近くの店へと向かう。

お節料理店は年末年始休業前で、既に改装などの段取りもしているところ。客は我々しかいない。
何も頼まなくても、こうしていきなり「お節料理あるんよ」とママさんが出してくれる。これが実に美味。
年末にこうしてお節料理にありつく、というのもおつなものである。かずのこも塩かずのこではなく、柚子の香りだけの、真っ白でシンプルなもの。普段なら苦手なのだが、これはなかなかのものだと思った。

その後もおいしい魚やボリュームたっぷりの食事、そして芋焼酎をタンノウした年の瀬であった。
猪名寺の駅で同僚二人と別れ、一人帰途についたワタシであった(^_^)

2005 12 30 11:52 PM [Photograph, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.12.20

わびさび

悲しきグレ電とても使われていないようなグレ電。
哀愁を誘う。
JR尼崎駅の神戸・宝塚方面ホームでみかけた光景である。

公衆電話というとピンクだったり緑だったりした頃、このグレーのISDN公衆電話の出現には心がときめいたものであった。
世はまだパソ通全盛時代。
公衆電話にポケットダックという音響カプラを縛り付けて通信したりすることもあったこの頃、モジュラージャックを搭載し、音響カプラよりもはるかに簡便に、効率的に、高速に通信ができる公衆電話の存在は、新しい時代の到来を感じさせたのであったが、世の中はさらにその先に進んでしまった訳だ。いやはや。

一人一人が携帯電話を持ち、よほどのこと(携帯の電池が切れたとか、圏外だとか)がなければ公衆電話には見向きもしなくなってしまった昨今、ふと身の回りを見てみると、こうやって「朽ちていく」グレ電の姿が、あちこちにあるような気がする。

2005 12 20 08:20 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2005.12.19

タケノコ

新タケノコのゆでたん@ままや本日は久々にCOMET師匠と飲む日である。
師匠の仕事でのパートナーでもあるH氏も同席。私も去年一度仕事でお会いしたことがある方だ。

本当はもう一人別嬪さんが同席する予定だったのだが、急な仕事が入ったらしく、男3人で飲み食い語る。
1軒目の「ままや」さんは2年前のタイガース優勝の後、COMET師匠と二人で祝勝会をやった時に訪れて以来である。お初天神通り界隈にある店で、とにかくアテがうまい!
写真にある新タケノコは、実にやわらかくて、それでいてタケノコらしいほろ苦さも兼ね備えた逸品。
3人が3人ともカメラに収めていたのが笑えるが、私は写真に撮る前に一口食べてしまった(^_^;)
湯気が立って、いかにも「今すぐ食え」と言われているかのように感じたからだが、確かにうまかった。

ここでは結局最初から最後まで泡盛のロックで通してしまう。私が途中参加だったからだが、この泡盛がまた華やかかつ強烈な香りで印象深い。

その後、すぐ近くのテンプルバーに席を移す。H氏はここは初めてだったらしく、店の様子に大いに感じ入っておられたようである。
ギネスを飲み、ジェイムソンを飲み、最後はまたギネスを1パイント。

この時点で、かなり酔っぱなのだが、3人とも勢いはある。多分もう1軒ぐらい行っているのだが、おそらく3人とも記憶の彼方であろう。気がついたときには新御堂で手を振って別れていたように思う(笑)
そしてそこから私は急に「ラーメン食べたい」状態に陥り、一人で堂山方面に戻り、あたりにいる客引きに「この辺でうまいラーメン屋は?」と尋ねまくって、「藤平」という店に入って、野菜ラーメンをタンノウしたのであった。熱くてうまいラーメンだった。

再び新御堂に戻り、三菱タクシーを見つけて帰宅。
部屋に戻って気がついたのだが、マフラーがない(+_+;)
タクシーに置き忘れたか、ラーメン屋か・・・多分ラーメン屋だな(^_^;)
また行く機会があれば奪回してこようと思うが、年内にあの辺に立ち寄ることができるかどうか・・・

何にせよ、濃くておもろい一夜であった(^o^)

2005 12 19 08:25 PM [Photograph, , 集い, 飲食] | 固定リンク | コメント (1) | トラックバック

2005.11.22

ナニ考えてるのカナ?

エコあま君ロール会社のトイレに用意されているペーパーは、「エコあま君ロール」である。
それにしても、「エコあま君」って、ナニ考えてるのカナ?
「なぁ~も\(^o^)/」(^_^;)

いや、そんなことはないのでして・・・

「エコあま君ロール」はNPO法人あまがさきエコクラブが再生資源利用により作製しているペーパーである。
「エコあま君」はそのシンボルキャラクター。生みの親は、「忍たま乱太郎」で知られる尼崎出身の漫画家尼子騒兵衛である。

ところで、再生資源利用ということで、例えばバージンパルプを使ったものよりも肌触りが悪いとか、質が悪いとか、そういう心配もあるが、この「エコあま君ロール」はそのような懸念は無用である。確かにツルツル、スベスベとはいかないが、同じ兵庫県内・たつの市(旧龍野市+新宮町+揖保川町+御津町で2005年10月新市「たつの市」となる)の工場で作られたペーパーは、意外にソフトで、しかもしっかりしている。

100ロール4200円で販売されているようなので、興味をお持ちの方は同クラブサイトから問い合わせてみられるとよいでしょう(^_^)

2005 11 22 11:37 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.11.15

謎が謎を呼ぶ・・・

謎の「なずなカイロ」会社の近所で、ずっと謎の存在であり続ける「なずなカイロ」
その正体は一体何なのか?
ググったとき、そこに待ち受ける衝撃とは?!

なずな、言うたら七草のあのなずなでっしゃろなぁ。
カイロが問題。
まさかエジプトのカイロは関係おまへんやろけど、白金カイロのカイロなんか、カイロプラクティックのカイロなんか(個人的には後者が近いような気がしている。推測では、カイロプラクティックをやってるとこで、屋号として「なずな」を冠している・・・ぐらいとちゃうかな、と)

真相はいかに?

2005 11 15 11:32 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2005.10.06

神田川流

神田川流まかない丼先日のタイガース弁当以来、結構サンクスで弁当類を買うことが多いのだが、本日はこの「神田川流 秘伝のまかない丼」を試す。
これはまぁまぁいけるかも知れない。

くずきりと野菜の牛玉あんかけ、ピリ辛鶏そぼろ・野菜炒め、炭火焼き焼鳥・・・をトッピングした丼。
器もなんとなく和食器を思わせる不思議な形状のもの(プラスチックだけど)
ボリュームもなかなか。

元々、余り物を有効活用して、店のスタッフ用に手早く、しかしそれなりに美味く(巧く)こしらえられ、供されるのが「まかない」というやつである。まかないが美味い店というのは、多分客に出すものはもっと美味いのだろうし、美味いまかないを食べているスタッフの士気は(少なくとも食の部分に関しては)低かろうはずがないので、それがサービスに反映される、ということもあるのだろう。

でもまぁ表に出された時点で「まかない」ではあり得なくなってしまうのでは? という素朴な疑問はつきまとうのである(^_^;)

ということで、10月4日~24日の期間限定商品なので、試してみたい方はお早めに。

2005 10 06 10:45 PM [Photograph, 飲食] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2005.09.27

本日のお昼

タイガース弁当銀行に寄ったついでに隣のコンビニで購入。
内容は殆ど奥様、ではなくて、お子様ランチという趣。
555円はちと高い。ご祝儀価格やな。477円、税込み500円がええとこちゃう?

2005 09 27 12:52 PM [Photograph, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.09.15

なんやマッチせんのどす

そう思ったのが、駅に張られていたこのポスター。

舞妓はん?なーんかねー、しっくりこんのですなぁ。

もう一枚あるのでこちらもアップしときましょう。

ほんまに舞妓はん?舞妓はんのような髪飾りであるが、妙に渋い色合いのお着物である。
そして、舞妓はんとは思えない大人びた雰囲気。
この雰囲気で舞妓はんの格好をしていると、「えずくろい」と言われるような気がする。
これぐらいになれば、襟を替えて芸妓はんになっているべきである。

渋い色合いのお着物を着て、憂いを帯びた表情でアメリカに渡る舞妓はん

というコンセプトがどうも・・・
現実味がない、というのは別にかまわないのだが、何とも「座りの悪い」題材ではある。

2005 09 15 11:43 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.08.29

本日中休みだが

勝っ茶った今日は試合はなかったが、これからはこれでお願いしたい。
よろしく頼む。

実はまだ飲んだことはないのだが、これはぜひとも試してみなければならぬであろう。
試された方、ご感想をお寄せください(^_^)

2005 08 29 11:56 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2005.08.26

マンホールin泉大津

050826_110701.jpg羊がキュート(^_^)
多分地場産業の毛織物からの発想だろう。
しかし暑い(+_+)
溶けそう(+_+)

2005 08 26 11:11 AM [Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.08.12

エビマヨコロッケ

ebimayo大阪駅構内「るぅ〜」の新機軸である。これが予想外に、いや、予想を上回って美味かった(^_^)
最近のヒット作、ハヤシスパといい勝負だ。

エビに、ポテトコロッケの具材を絡めて揚げたようなもので、エビフライとコロッケが融合したような趣である。
それにタルタルソース・・・のように見えるマヨネーズ(笑)をつけて食べる訳だ。なかなかよい。

最近の新メニューでは、オムソバもお気に入りである。
家庭用のケチャップとマヨネーズが入れ物ごと付き添って出てくるのも味わいがある(笑)

今年の新メニューの王者は、カレースパとハヤシスパである。これは、酒のアテにするにはヘビーなのだが、ワタシのようについつい頼んでしまう人がいるぐらい、かなりよい。ボリュームがかなりあるので、若者向きであろう。野菜サラダの小もついているので、栄養バランスのことも十分考えられているぞ。

・・・だんだんANCHOR氏調になってきたので、この辺で(^_^;)

2005 08 12 11:43 PM [Photograph, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.06.25

MDF製DVDラック

MDF製DVDラックこれが先日購入したラックである。
MDFとは中質繊維材のことである…と言ってもようわからん(^_^;)
ちなみにaudio-technicaの製品。

撮影のための小道具として、エヴァのDVD重箱を上に載せてみた。
実際には自分で録画したDVD-Rが山盛り並べられる予定である。

2005 06 25 11:53 PM [etc., Photograph] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2005.06.23

本日のいただきもの

松阪牛せんべいまぁパッケージから想定する味と食感には程遠いが、それなりにまぁまぁのものではあるかも知れないような気もしないでもない…というところで、へぇ。

しかし、袋に小さく書いてある「写真はイメージです」のひとこと。
誰が焼肉そのものが中に入ってると思うっちゅうねん(笑)

「元祖」というのも気になる。「宗家」とか「本家」、「本格派」とか「リアル松阪牛せんべい」とか・・・そんなのもあれかし(ニホンゴ、チョット・・・アルネ。キョウハ、オレノ、ファンキーナ、シンキョク、マイ・イカシタ・フレンズ・フロム・ニューヨーク、ト、イッショニヤリマス

2005 06 23 06:27 PM [Photograph, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.06.19

ぶら下がるお茶犬の集団

ochaken2何というか、まぁその、結構壮観だ。
というか、田舎の観光地の駅前のみやげ物屋の中にある、お土産用キーホルダー系に近い飾り方という感も、なきにしもあらず(笑)

ochaken3「ひも」部分が脆弱そうなミニメタルお茶犬と、「ひも」そのものがついていないガラスお茶犬(陶器製お茶犬のときのシークレットの一つ。応募して抽選で当たるクリスタルお茶犬とは違うが、結構レア?)は、今もコレクションボックスの中である。

飾りつけは母が一人でやってしまった。集めてくるのは私だが、こういうことには妙に執念をみせる人である(^_^;)
それにしても、あれではふすまを閉めることができないが、まぁ常に半開き状態にしてあるので、特に問題はない、ということだろう。来客時、特に毎月の父の月命日にお寺が来るときには閉めなければならないが、そういうときはS字フックを外すだけだから、取り外しも簡単である。

2005 06 19 12:05 AM [Photograph, グッズ] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2005.06.18

夏カクテル

江坂・オールドバーの「夏のカクテル」写真自体は2週間前に撮っていたのだが、何故かアップする機会を失ったまま昨夜に至り、ようやくアップすることとなった。
ということで6月から、江坂のオールドバーで出しているオリジナルカクテル5種である。

あまりショートの「キリっ」としたのはなくて、ロングの「サッパリ系」が中心である。
今日は左下の「リコピン」(なんてストレートな名前・・・)と、右下の「レインフォール」を注文してみた。
リコピンはトマトとオレンジを利かせたショートカクテルで、ピザを食べながら飲んだが、なかなかよく合った。
「レインフォール」の素性は聞き損ねたので次回また・・・
2週間前には左上の「パークスペシャル」を頼んだが、ジンベースのサッパリ系(やや乳酸系?)カクテルであった。

前回、イケウっちゃんにツール・ド・フランスの話をしたので、実は(このブログのサイドバーでも紹介している)「ただマイヨ・ジョーヌのためでなく」を持参していったのだが、本日はイケウっちゃんは非番。残念。
妙にやかましい客が多くて、しかも結構粘っていたりするもので、フジワラくんの表情も心なしかサエない感じ。マスターもフロントに出てフル回転である。タナカくんが、頼んでもいない注文を「通ってるか?」と尋ねられて往生していた。ヤな客もいたものである(というか、自分が何をオーダーしたのか、その記憶すら飛んでいたのかも知れないが)

レッドアイ、リコピン、レインフォール、ギムレット+ベーコンとトマトのピザ+イタリアン揚げワンタン

2005 06 18 12:57 AM [Photograph, ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.06.11

優勝記念キャップ届く!

Liverpool FC優勝記念キャップ1LFCのエンブレム、そして後ろには「UEFA CHAMPIONS LEAGUE Istanbul the Final 2005」と縫いこまれている。
写真はクリックすると、多少大きくなるでしょう。

Liverpool FC優勝記念キャップ2購入したのはスカウスハウスさんから。
ずっとここのメールマガジンを購読(と言っても無料だから「購」ではないけれど)しているが、さすがに今回のレッズ優勝には大いに盛り上がった訳である。

Liverpool FC優勝記念キャップ3しかし・・・思い切り赤いですな。当たり前だけど(^_^;)
果たしてワタシに似合うのか?(笑)

2005 06 11 11:50 PM [Football, Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.06.01

G.タケイ氏サイン会in京都

ジョージ・タケイ氏サイン会at大垣書店そんな訳で、サイン会である。
大垣書店烏丸三条店の入口にはこのような立看板があった。
ささやかだが、店のやる気を感じさせる。
と言うか、店にとっても、大垣書店という「出版社」にとっても、結構このイベントは力が入るものである訳だ。

タケイさんのサインサイン会の様子も何枚か撮影したし、店の人に頼んでツーショットも撮影してもらったが、何しろ相手は世界のジョージ・タケイ氏である。ハリウッドのホール・オブ・フェイムにその名を刻んでいる大俳優である。こんなケチなブログに勝手に写真を掲載するのはあまりにオソレ多いので、それはやめておいて、サインだけ掲載しておこう(しかし、サイバラやったらええんかい?>ぢぶん(^_^;))

これはどう読み、どういう意味になるのだろう。後半の「regards」はわかる。前半の「Fond」は「好きである」という意味で、例の「利用者の入力ミスやめちゃめちゃな文法に時に悩み、自信を失うYahoo!翻訳ロボット」に翻訳させてみると、「好きなよろしく」という翻訳文が返ってきた。なかなかやる。

10番目前後でサインをしてもらったので、すぐに列から解放されたのであるが、ブラッドと話をしている某女史の元に行ってウダウダしたりしているうちに、何となく周囲に筋金入りのトレッキーの皆さんたちが集まったり、散らばったりしていく。鈴信さんも無事サインをもらい、タケイさんと英語でバリバリ会話している。どうやらブラッド氏とも面識があるらしい。
で、鈴信さんも輪に加わり、筋金入りのトレッキーの皆さんはそれからサイン会が終わるまで、大垣書店の店内でゆるい連携を保ちながら、離合集散を繰り返す。

一時は「全員サインすると決められた時間内には終わりそうにない」という懸念があったが、どうやら最後の方の方々には涙を飲んでもらって、時間内に終了することになったようである。タケイさんは手を抜かないから、いろいろと話しかけられるときちんと話を受け止めているようだし、写真撮影にもきっちりこたえてくれている(本当はストロボを焚くとしばらく目がチカチカして、サインが書けないのでやめてくれ・・・ということだったらしいのだが、いろいろ手違いなどもあって、その辺がうまくいかなかったようだ。それでも気前よく写真に収まっておられたタケイさんは、さすがにプロだなぁ・・・と思う)

サイン会が終わり、簡単な挨拶があった後、店に残っていた筋金入りの人々(実は結構たくさんいた)から盛大な拍手が沸き起こる。いやぁ、本当にお疲れ様でした。昼間はB大学での講演をこなし、ゆっくり食事することもできなかったにも関わらず、こちらではあれだけのサインと写真撮影をこなしたら、本当にクタクタだろうに、そんなそぶりもなく、次の目的地に移動されていかれた。ありがとうございました(^_^)

あとは・・・今日は遅いのでこの辺にして、また明晩にでも続きを書きます。

2005 06 01 01:43 AM [Photograph, StarTrek] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.05.31

京都・三条烏丸にて

烏丸三条のスタバにてジョージ・タケイさんのサイン会を前に、大垣書店隣のスタバでひと休み中。ストロベリークリームフラペチーノをショートで。
本と整理券は確保済み。そろそろ並びに行こうかな(^_^)

サイン会は18:00から。
私が大垣書店に着いたのは16:30ぐらいで、それから「星に向かって」を購入し、整理券を入手し、隣のスタバ(隣とは言っても同じビルの同じフロアにある)でひと休みし、行列に加わったのは多分17:00少し前ぐらい。
順番は10番目ぐらい。前の方ではトレッキー仲間の皆さんと思しき方々も数名。

列に並んでいると、後から後から並ぶ人が増えていく。
途中でSTfan.comの(と言うか、DS9の翻訳者としても有名な)丹羽さんもご登場。
トレッキーの皆さんと少しご歓談。

少し列が伸びてきたので、前に詰めて待っていると、鈴信さんが来られる。「本はどこで?」というので、書店の入口付近の平積みになっている所を教えて差し上げる。やがて、本を購入された鈴信さんが列の後ろに・・・をを、だいぶ長い列になっとるな・・・

さらにしばらくすると、大垣書店の入口付近に外人さん(後でこの人がブラッドだとわかる)が現れ、その後ろからタケイさんの姿が!(横には某女史の姿も! ま、予想はしてたけど(^_^))
ひとしきり「ををを・・・」というどよめきが起きたが、まだ開会時間前ということもあって、一旦別室で休憩&食事とのこと。

あとは・・・続く、にしておこうか(^_^;)

2005 05 31 04:45 PM [Photograph, Starbucks, StarTrek] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.05.19

コンプリート!(もひとつ)

と言っても、いきなりミニメタルお茶犬を全部揃えた訳ではない(それでも、最初に買ったのがシークレットの銀だったけど(^o^))
こいつをやっと見ることができたのだ。

エイリやんそう、エイリやんである。
肉もダナゾもレインボウオーラも無音も200x年も出してるし、うれしくはないが生ジャックも出したことがある。拳王様も昇天させている。
だが、こいつだけはまだ出したことがなかったのである。

これで、次の目標はBB31連以上させて「大爆発」の表示を出すことだなぁ(こりゃまた気の長い・・・)
しかし、これを出している頃、2つ隣で打っていた女性がビシバシ連チャンしまくり、私が店を出る頃には23連目に入っていた。あのまま31連以上いったかどうかは不明だが・・・

2005 05 19 11:28 PM [Pachinko, Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.05.18

コンプリート!

ラン32個目にして、ようやく登場した「ラン」
ホッ・・・と一息である(^_^;)
最初にシークレットを引いたので、こんなに苦労するとは思わなかった・・・

最近購入しているJR茨木駅東口のハートインには、まだ在庫がある模様。
その代わり、新しいシリーズの方はまだスタートしていない。在庫がはけるまでつけない気かも。

2005 05 18 11:30 PM [Photograph, グッズ] | 固定リンク | コメント (3) | トラックバック

2005.05.17

クーラーの威力

USB notebookcooler1先日購入したUSBノートブッククーラーであるが、これを導入してからというもの、バイオちゃんの動作は実に安定している。4.5K投じただけのことはある。

USB notebookcooler2ファンが3つあって、3段階で風量調整できる(要するに回すファンの個数を設定できる)ということはあるが、非常に音が静かであることもあって、常に3つ全回転で使っている。

当然、クーラーを下に敷いてるので、クーラー分の厚みが加わって、今までより少しタイピングしづらいのだが、まぁ気になるほどではない。あまりに長時間タイピングするようなことがあれば、少し対策を考えねばならないだろうが。
それと、クーラーが下にあるために、少しだけ設置が不安定になっているが、まぁこれも通常使用する分には問題ない。

バイオちゃん自身は今でも多少熱を持っていて、部分的には熱くなっているが、動作に影響を与えないというのは、排熱がうまくいっているという証拠だろう。
このままうまく夏場を乗り切ってくれれば・・・

****追記****
明らかに改善されたなぁ、というか、元に戻ったなぁ・・・と思うのは、SETI@homeの動作スピードである。
mobileAthlon4 1.2GHzを積んでる訳だが、かつては20時間そこそこで1セット解析終了していたのが、このところ30時間前後かかっていたのである。
クーラー導入後の動作を見ていると、かなりキビキビしているので、また20時間程度でいくのではないかと期待している。

2005 05 17 11:49 PM [Photograph, パソコン・インターネット] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

凱旋帰国ではあるに違いない

夕べの「英語でしゃべらナイト」に、工藤夕貴が出演していたのだが、何しろ今度スピルバーグの映画に出演するのだから、実に立派なものである。
日本人俳優も数多く出演するらしい。

しかし、彼女を見ると思い出すのが、「ホシ・サトウ落選」の一件である(^_^;)
数多いオーディションの一つなのだから、彼女のキャリアにとってはほんのちょっとした誤算だったのかも知れないが、日本のトレッキー、トレッカーたちには大いなる落胆であった訳だ(そうは思ってない人も結構いるかも知れんが)

Linda Park演ずるところのホシ・サトウこうして、ホシ・サトウの役を射止めたLinda Parkの知的な表情を眺めてみると、確かにこの役に求められていたのはこういう資質なのかぁ、と思い、TVに映っている工藤夕貴と見比べて、う~む、そうかぁ、そうなのかぁ・・・と考えてしまう訳である。

リンダさんで見慣れてしまったから、これでよかったのかなぁ・・・と感じてしまうのか、その辺はよくわからんが。

それはともかくとして、今週からいよいよ「エンタープライズ」第3シーズンのレギュラー放送開始である。
週明けには名人戦第四局もあるし、来週にはレッズの欧州制覇も観なければならないので、HDDの中をキレイにしなければならない。うわ、気がついたら残り3時間分ぐらいしか残ってへんやんか(*_*;)

2005 05 17 06:42 PM [Photograph, StarTrek, 映画・テレビ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.05.08

コンプリートへの道、険し

figures瀬戸物お茶犬・お茶猫、現在13個。
内訳は以下の通り

お茶犬:11個
お茶猫:2個

さらに詳細は・・・

※画像をクリックすると別窓に拡大画像が表示されるのだもの

●お茶犬
アール:3個
ロン:2個
ハナ:1個
チャイ:2個
●お茶猫
サクラ:1個
ミン:1個
●シークレット
ペットボトルを持ったリョク:2個
クリスタルお茶犬:1個

という事で、リョクとランがまだ確保できていない。
こうなれば意地なので、確保できるまで「お~いお茶」を買い続けるのである。うりゃ。

それはそうと、写真のコレクションボックスには、「わたしのオーケストラ」のミニチュア奏者たちと、DAKARAの小便小僧たちも写っている。小便小僧は母の趣味でしばらく集めたが、これもコンプリートできていない。合唱団で箱買いした「わたしのオーケストラ」は多分コンプリートできているはずである(^_^;)

ちなみに、お茶犬に関してはコンビニで買い求めるのが一般的である。
スーパーなどでは値段が安い代わりにフィギュアがついていないことが多い(早めにフィギュアが売り切れた、という可能性もある)。母によると、その差額は50円ぐらい、とのことだ。ということは、お茶犬・お茶猫1つで50円。
私はJRの駅構内か、改札横あたりのキオスクで買い求めることが最近多い。駅によってはついていないこともあるが、茨木、大阪、新大阪ではついていた。尼崎はついていなかった。キオスクで買うと150円して、コンビニよりもさらに3円高くなるが、急いでいるときなどは便利である。しかしコンビニが便利でない、というのは自家撞着だと思うのだが(笑)
ちなみに、同じJRの駅であっても、大阪駅構内のコンビニ「ハートイン」ではついていなかった。あくまでキオスクである。

2005 05 08 02:18 PM [Photograph, グッズ] | 固定リンク | コメント (10) | トラックバック

2005.05.03

束の間のGW

よっこらしょ、と午後3時になってから重い腰をあげ、散髪をしてもらいに梅田まで出る。
大阪駅前第二ビルの地下2階に、行きつけの散髪屋さんがある。新聞社時代からの行きつけなので、かれこれ12~3年は通っていることになるだろう。

なのに、この日はその散髪屋さんは休みであった(+_+;)
途方に暮れたワタシは、同じビルの1Fの「神社」に立ち寄って、6Kばかり喜捨をして、それからフラフラとジュンク堂へ。
2、3Fには立ち寄らず、1Fでサイバラものを2冊入手。今さら、ではあるが、「ぼくんち(全部入りのやつ)」、そして「サイバラ茸1」である。「サイバラ茸」は全部買いたいところだったが、先ほど喜捨して貧乏になっていたので2と3は見送る。

一度ディアモールに戻ると、地下で室内楽のコンサートをやっていた。
Vn×3、Va、Vc、Fl、Ob、Cl、Fg、Hr、SDという編成で、ヨハン・シュトラウス。大勢の人が集まって耳を傾ける中、美しい音色が高い天井に響き、少しばかりゴールデンウィークらしさを体感することができた(^_^)
しかし、わざわざマイクで音を拾ってスピーカーから流さなくてもいいのに、とは思う。
「青ダニ」を聴いて、「ラデツキーマーチ」が始まったところで会場を後にする(ずっと立って聴いているのがしんどくなっただけである(笑))

ディアモールにてこれはその直後にディアモールで上を眺めたときの光景。春というより初夏の日差しの中、それなりに美しい。

その後、ホワイティのいつも行く洋品店で1995円のネクタイを1本買い、大阪駅のGAREにある「SPICE MAGIC」でキーマロールとカールスバーグをやりつつ、読書。最後は茨木に戻ってからイズミヤで1950円のサマージャケットを1枚買う。
まぁ、ささやかなゴールデンウィークの一日である。
また明日から仕事だ。次の休みは日曜だ。はぁ。

2005 05 03 07:23 PM [Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.04.28

これは当たりですか

これは当たりですかお茶犬に詳しい方、ご教示賜りたく。

購入したのはJR尼崎南側、ミドリサービスの隣のローソン。
コメントにも書いた通り、実はリーチインに入っていた時点ではお茶犬は付けられておらず、レジで確認してもらったところ、単なる付け忘れ、ということで、何故か2つ付けてもらった、というもの。
お茶犬は初めてなのだが、いきなり2つともシークレットだったようで、びっくりである(^o^)
しばらくハマることにしようと思う。

2005 04 28 12:56 PM [Photograph, グッズ] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

最近ややハマり

いちごがいっぱい最近、少しだけハマっているのが、これである。
チロルチョコ「いちごがいっぱい」
中でも、いちご大福の食感はなかなかのものだ。
※写真はクリックすると少しだけ成長するであろう。

コンビニで10個入り105円(税込み)で売られているが、通常のチロルチョコよりは一回り小さめになっているのであろう。
入っているのは2003年バージョンの「いちごタルト」、2004年バージョンの「いちご大福」、そして2005年バージョンの「いちごプリン」である。
袋に描かれた「乙女ちゃん」は「どんなにあがいたって無駄よ」とのたまう。
「いちごプリン」の包み紙でもなかなか手厳しい一言を数々吐いているので、おヒマな方はコレクションされてもよいだろう。

チロルチョコの公式サイトはこちら

2005 04 28 12:25 AM [Photograph, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.04.25

尼崎列車事故続報

尼崎列車事故続報まのちゃんが乗っていたそうで、ご自身のココログで情報を掲載されてます。
写真は尼崎駅で配られてた毎日新聞号外。昼休みに同僚がもらってきて、たちまちオフィスは黒山のひとだかり。
近隣から通っているパートさんなども多く、事故地点の同定にああだこうだと意見が飛び交う。
また社員が3人乗っていたらしく、一人は念のため検査入院することになったそうである。

2005 04 25 12:56 PM [Photograph, ニュース] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.04.23

りえぞおサイン会

りえぞおサイン会行ってまいりました、西原理恵子サイン会。
「毎日かあさん2」&「女の子ものがたり」発売記念であります。
写真は、既にサインを貰って、一度ドウチカで食事をしてから舞い戻り、サイン会会場の脇から撮影したもの。
まだ3列分の人がサインを待って並んでいます。なかなかの人気ですね(^_^)

※写真はクリックすると別窓に拡大画像が表示されます

サインするりえぞおこれは最前列で待っているときに撮影したもの。ちょうどど真ん中の席だったので、まん前にりえぞおがいた訳です。
実物のりえぞおはマコトに美しく、いい感じの女性でありますね。

おなじみのウサギ正面のテーブルに鎮座していたのがこのウサギ。遠めからはミッ○ィーにしか見えないのだが、実はこういう表情をしている。
鳥頭の城でもおなじみだが、一部には鳥坂センパイの永遠のライバルであるウサギとの血縁関係をウンヌンする声も出ているとかいないとかでも多分出ていない。

お祝いの花の送り主は正面上手側に飾ってあった花。送り主は高須クリニックの院長センセイ(ここがやってるTV番組にりえぞおが出演していたりするらしい)、そして竹書房。思えば、ワタシがりえぞおを知ったのは「まあじゃんほうろうき」なのであった。
あと、「週刊漫画サンデー」からも送られていた。

りえぞおグッヅこうして飾っているので、サイン会参加者に粗品として進呈されるのかと思っていたが、単なる賑やかしだった模様(笑)
いや、もしかしたら進呈された人もいたのかも知れないが。
この他、サイン会会場周辺に写真やら生原稿(未公開作)が貼り出されたりもしていたが、ゆっくり観る余裕なしで少々残念。

サイン会参加証・毎日かあさん2編サイン会でサインを貰った証に、こういうスタンプを押してくれる。
これは「毎日かあさん2」に押してもらったもの。
りえぞお、がんじくん、ひよちゃんが全員「とりどん」になっている!
ついスネイクどんとおタヌキどんの姿を探してしまうワタシ(笑)

サイン会参加証・女の子ものがたり編こちらは「女の子ものがたり」に押してもらったスタンプ。
なっちゃん、きいちゃん、そしてみさちゃんの3人組(^_^)
まだ不良になってない時期のもの(^o^)

「毎日かあさん2」へのサインそしてこれが肝心のサイン。
これを目の前でパパッと書いてくれるのである。感激である(ToT)
これは「毎日かあさん2」に書いてもらったもの。
まいど! おおきに!

「女の子ものがたり」へのサインこちらは「女の子ものがたり」に書いてもらったもの。
「日々黒心」
うむ、これからはこれでいこう。ありがたや

りえぞおとのツーショット写真も撮ってもらっているが、それは公表を差し控えますので、観たい人は直接ワタシまでお問合せ下さい(^_^;)

2005 04 23 10:36 PM [Photograph, アニメ・コミック] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.04.10

ラスト一杯は

ラスト一杯はマデイラ。
最初がカバで、その後、フランス、オレゴン、スペイン×2、チリと飲んで、最後はこれ。
マスター的には白から順々に飲んでいってもらいたいらしいのだが、私がいきなり「ブルードバスク」を頼んでしまったので、それに合うワイン、ということで、赤から入ることになってしまった次第。
次は気をつけよう(^_^;)

2005 04 10 10:00 PM [Photograph, ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

花見の後は

花見の後は夙川近くのワインショップで呑む。
ギタリストの増井さんの関係者多数。大半がプロの音楽家の皆さん。増井さん自身がそうだが、あちこちで名の売れている方たちの中、業界の裏話をあれこれ聴いて、楽しくワインを空けていく。
ここは有機系のワインとチーズを販売しているところで、店の奥のテイスティングカウンターでそれらを楽しむことができる。支払いはキャッシュ・オン・デリバリーなのでサイフの都合に合わせて飲むこともでき、なかなかよい(^_^)

2005 04 10 07:32 PM [Photograph, ] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

夙川の鯉

夙川の鯉橋のすぐ近くで泳いでいるあたり、人に見られることを意識しているのか?
なかなかサービス精神の豊かな鯉たちである。
川面に浮き散る桜の花びらも美しい。

2005 04 10 07:30 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

夙川の桜

夙川の桜なべりんさんと共に桜をめでる。
待ち合わせのやりとりで双方に思い違いがあって、会えたのは午後4時半頃であったが、家を出てから聴いていたバーンスタインのミサを全曲聴けて、倦むところがなかった。好きな曲、いつも聴きたい曲ではないが、いい曲、面白い曲だと思う。日本で演奏する機会があるのかどうかわからないが、あるのなら歌ってみたいなぁ(^_^)

2005 04 10 05:46 PM [music with iPod, Photograph] | 固定リンク | コメント (7) | トラックバック

2005.03.25

んまい!

新じゃがのアンチョビ炒め江坂のOLD BARにて。
新じゃがのアンチョビ炒め。
美味いではないか(^o^)

quartet最初にレッドアイを飲み、次はオリジナルカクテル。これは「春のカクテル」のうちのひとつ、「カルテット」
マカディアが入っているところがミソである。週末もう一踏ん張り、ということで、マカの力に頼ろう・・・というはかない願い(笑)
このあとは、ノイリー・ドライのロック、そしてウォッカ・マティーニを頼んだが、ウォッカ・マティーニはシェイクして作るようである(普通のジンで作るマティーニならステアだが)。それはそれでなかなかよい味であった(^_^)

2005 03 25 09:50 PM [Photograph, , 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.03.22

本日は仕事で

加古川にて加古川に来ております。ここで降りたの、初めてかも。姫路は何度か行ったことあるが。

2005 03 22 09:20 AM [Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (12) | トラックバック

2005.03.20

地ビール第二弾

多摩の恵次はボトルコンディションペールエール「多摩の恵」をチリコンカンと一緒に。ペールエールをベースに、瓶内二次醗酵させたもの。こちらは飲みやすく、それでいてホップもなかなかきいているビールだ。
それもさることながら、チリコンカンが結構うまい(^_^)

2005 03 20 11:45 AM [Photograph, , , 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

八重洲地下にて

藤原ヒロユキ キャスケードエール遅い朝食代わりに地ビールを飲ませる立飲みバー「barBAR東京」へ。
茨城の「藤原ヒロユキ キャスケードエール」を飲みつつ、キーマカレーを待つ。なかなかしっかりした苦味と少し風変わりな香りが特徴的なビールである(^_^)

2005 03 20 11:23 AM [Photograph, , , 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.03.19

ぼちぼち再開

間もなく第九が始まるとにかくぎっしり(^_^;)
オケ席があり、その後ろに合唱席、ザッツオール(笑)
前で指揮の河馬ちゃんがしゃべってます。「第九」振るのは30年振りなんだそうな。
ということで、いよいよです(^_^)

2005 03 19 07:40 PM [Photograph, ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

ただいま休憩中

ただいま休憩中ドイツレクイエム、フォーレクが終わり、第九が始まる前の休憩。
ここはバルコニーがあるので、最初はここで聴くことにする(^_^)

2005 03 19 07:37 PM [Photograph, ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

そろそろ開会

間もなく開会今、Trpts.さんから開会前の連絡がされているところ。
最初がブラームスのドイツ・レクイエム、次にフォーレのレクイエムから"Pie Jesu"、その後、休憩を挟んでベートーヴェンの「第九」全曲という予定。

2005 03 19 05:45 PM [Photograph, ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

開会を待つ

オフ会場の受付受付を守る2匹…だったりして(^_^;)
譜面係兼紙プログラム担当のVictoireさんご持参(^_^)

2005 03 19 05:43 PM [Photograph, ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

江戸着

東京駅中央線ホームへのエスカレーターにてエスカレーターの左乗り、このどうやら世界的にも稀有な風習を有する地に降り立つ。今は豊田行き快速の車中で、「島へ」を聴いていたところ。

2005 03 19 04:34 PM [music with iPod, Photograph, ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

品川にて

品川にてダイヤより僅かに早く品川。これをアップしているうちにも東京に着くだろう。
さぁ幡ヶ谷に向かおう(^_^)

2005 03 19 04:20 PM [Photograph, ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

三島を出る

三島にてあと1時間で東京。
現在のBGMは第九。今まさに終楽章に入ったところ。
しかしドイツレクイエムは本当に胸に沁みいる。
あちこちで涙腺が緩みかけて仕方ない。

2005 03 19 03:30 PM [music with iPod, Photograph, ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

ただいま米原

米原にてこだまの歩みはゆったりとしたものだ。優等列車の通過待ちも多い。
BGMはもちろんドイツレクイエム。
東京まであと3時間20分

2005 03 19 01:04 PM [music with iPod, Photograph, ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.03.17

アイリッシュな一夜

Happy St.Patrick's Day!!今年も巡ってまいりました、St.Patrick's Day(^o^)
曽根崎のThe Temple Barは大いに賑わっております(^_^)

finalvintageこれは、名前は忘れてしまったが、アイリッシュウィスキーで、最近蒸留所を閉めてしまったところの、最後のものだそうな。とっても強烈で、忘れ難い香りを持ったウィスキー。

benromach一方、こちらは最近復活した蒸留所から出された若いスコッチ。柑橘系の華やかな香りと軽い飲み口がなかなか魅力。さきほどのアイリッシュとは対照的な感じ。

天下無敵のカツサンドそして、The Temple Bar名物の「天下無敵のカツサンド」
一皿1890円という値段もさることながら、絶品な食感と味は、それでも頼まざるを得ない魅力に満ち溢れている。
今日も飛ぶように売れて行き、10時前には売切れてしまった。

とにかく、ここのギネスとカツサンドだけは是非多くの人に味わっていただきたいものだと思う(^_^)

ちなみに、去年のSt.Patrick's Dayの様子はこちら

2005 03 17 10:10 PM [Photograph, ] | 固定リンク | コメント (4) | トラックバック

2005.03.10

かの国では楽しめないもの

itunes久しぶりにiTunesを立ち上げると、最新バージョンがあるのでダウンロードせぇ、とのご託宣。
ということでダウンロードしてセットアップしようとして、ふと目に入った文字列があった。
←画像クリックでフルサイズ画像が別窓に開くある、よろし

アップルにせよ、マックロソフトにせよ、アメリカのものはこれらの国には輸出できん訳である。
改めてかの国(々)の人々を思う。

それと"Denied Person's List or Entity List"ですか。
否定された人のリスト、ねぇ・・・
ビン・ラディンくん、とか?

まぁなくても死にゃしないが。
でも、かの国々の権力者たちは、もしかしたらこっそりこれらのものの恩恵に浴しているかも知れないなぁ。

2005 03 10 11:21 PM [music with iPod, Photograph] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2005.03.03

松林檎

いや、確かにそうなんだが。
どことなく無理を感じてしまうのは何故だろう。

いっそのこと「パイナッポォジュース」の方が近い気がするんすけど…050303_225701.jpg

2005 03 03 11:06 PM [Photograph, ことば] | 固定リンク | コメント (3) | トラックバック

2005.02.23

スペイン語教室

050223_090801.jpgなんていうタイトルをつけると、まるでなべりんさんのブログのようだが、これは研修所に近い、西宮で見つけたスペイン語教室の看板。
JR西ノ宮駅から徒歩5分程の所にある。

2005 02 23 09:31 AM [etc., Photograph] | 固定リンク | コメント (4) | トラックバック

2005.02.13

コールマイス終演後

伊丹・長寿蔵のマグロの洋風マリネ伊丹はアイフォニックホールで行われたコールマイスの演奏会後のレセプションから。
清酒「白雪」で知られる小西酒造の地ビールレストラン「長寿蔵」にて。
マグロの洋風マリネか何かだったと思うが、マグロの周囲に散りばめられている「煮凝り」が「んまい」

長ぁいソーセージここは・・・というか、伊丹市がベルギーのどこやらと姉妹都市提携している関係もあって、ベルギービールとベルギー料理が一つの特色。
ただ、やはり日本酒メーカーでもあるので、ベルギービールと日本酒に合う料理、あるいはそれらを生かした料理がメニューに並ぶ。
と言っても、このソーセージはドイツっぽい。

カンティヨン・グースこれはムジク・セルクル「諧調」のくろいぬ氏が注文したベルギービール「カンティヨン・グース」
ベルギービールは実に多彩なのだが、その中でも一つのジャンルを形成しているフルーツ系ビール。非常に酸味が強い。タマノヰ「黒酢ダイエット」より酸っぱいのではなかろうか。
しかもラベルに名物「小便小僧」の絵。この絵を見ながら、この酸っぱいビールを飲むのはなかなかの風情(笑)である。
そう言えば、現地には「小便乙女」の像もあるそうである(「トイレはどこですか」という本で知った。この本には写真入りで紹介されている)

ローズマリーこれはコールマイス団員の方が注文された「ローズマリー」という名のカクテル。
レシピはおろか、ベースが何なのかも聞きそびれたが、傘がなかなかかわいい(^_^)

私はおとなしく、レフ・ブロンド(本日のお得ビールらしい)、フーハルデンホワイト(レモンが載ってない、と某IARIが怒っていた(笑))、シントセバスチャン・ダーク(お坊さんの絵がキュート)、パッセンデール(一番フツー)、レフ・ラディウス(アルコール8.9%)などを飲む。
我が家にはオルヴァルやシントセバスチャンの専用グラスがある。ベルギービールは、その銘柄ごとに専用グラスで飲むのが一番うまい飲み方と言われているからで、ここのショップでこれらのビールを買ったときに、グラスも併せて買ったのである。
あと、地ビール用に「通い瓶」での販売もしていて、私はその「通い瓶」も持っている。しかし、一度これに入れて地ビールを買い求めて、以来何度かここには来たが、瓶を持ってきていないので、「通わず瓶」に成り下がっているのが実情である(^_^;)

2005 02 13 05:30 PM [Chorus, Photograph, , 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.02.12

飾り直し

ミニチュア奏者たち最初に入れたコレクションケースがやや手狭だったため、「わたしのオーケストラ」ご一行様を、一回り大きなコレクションケースに移す。
しかし、これでも十分な広さとは言えないため、ミニチュア楽器とミニチュア奏者を分別収納。
左はミニチュア奏者たち。実は「DAKARA」の小便小僧フィギュアが4つ、脇を固めている。

ミニチュア楽器群こちらはミニチュア楽器。これでも結構ぎっしり。
まだ売っているのを見掛けたら買うけどね(^_^)

2005 02 12 12:50 PM [Photograph, グッズ, 音楽] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.02.11

キャパ・イン・カラー

ロバート・キャパが地雷に触れて世を去って51年、彼が撮影した大量のカラースライドフィルムが発見され、それが「デジタル・リマスタリング?」されて、日本で公開されるそうである。

コダクロームが残した色

写真展は2月15~20日、東京・日本橋三越本店新館7Fギャラリーにて。
『ロバート・キャパ写真展 キャパ・イン・カラー』
一般・大学生:700円、中・高生:500円、小学生以下無料。

キャパと言えばモノクロームの印象が強いが、かなり早い時期からカラー写真も撮影していたらしい。ただ、それらはお蔵入りしてしまっていたので、一般の目に触れることがなかっただけのことだとか。

詳しいことは記事を読んでいただくとして、三越のHPにあるキャパの復刻カラー写真は、これが60年余り前のものとは思えないようなよい色合いで、結構びっくりさせられる。
実際にはオリジナルのカラーポジをもとにPhotoshopで読み込んで、HPのインクジェットプリンタで出力したらしいし、当然その過程でかなり手が加えられているようではある。それにしても、60年前とは思えない鮮やかさだ。

これは機会があればご覧になるのをお奨めしたいですね(^_^)
大阪でもやらんかな。

2005 02 11 10:59 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

安易なキャッチが

買い道楽いかにも大阪・・・というもの。
昨日、大阪駅で発見。
以前COMET師匠がiPod miniの広告を発見したのと同じ位置だそうである。

しかし、正直言ってこのサイフはキショク悪いです(笑)
しかも、サイフがそのままカニ歩きしてどこかに行ってしまいそうな気がしたりして(+_+;)
それぐらい使わされるバーゲン、ということであろう。

2005 02 11 10:02 PM [etc., Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

No.217 パチスロの行方

新感覚君たちは、ありきたりなパチスロに馴化されているのではないか?
そんな君たちに送ろう、この新感覚を。

ブ○ック○ードがそんな新感覚、どこにあるんだって?
ふ、君だけにこっそり教えてやろう。
東○国の某店だ。
これ以上は語れねぇ。

パチスロを新感覚はただ転がってる訳じゃないんだ。
この東三○の某店が自ら「変える」と宣言しちまったんだ。
パソコンを変えると言ってしまったのは富○通だがな。それにつられてFM-T○WNSを買ったのは他ならぬワタシだ。何か文句ある?

HI STANDADEで、どう変わるんだって?
その答えはここにある。

「HI STANDADE」
・・・
「はぁい、スタンデイド」?
人名?
・・・辞書検索だ。
《入力:standade》ENTER

「すべての辞書検索で該当する情報はありませんでした。」

パチスロのこれからの行方は混沌としているようだ。

2005 02 11 01:47 PM [ahorism, Pachinko, Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.02.10

江坂にて

タージマハールビール某師匠とインド料理屋でタージマハールビールを飲む。
なかなかキレのあるビールである。気に入った。

tandori今日は17:20頃からハンズ地下の「オールドバー」で飲み食いし、それから少しパチンコをして、それからハンズ裏手のオッツのさらに裏手の筋にある「Hira」で仕上げをした、という訳である。
タンドリーチキンなどがなかなか美味。特に私の好きなシークカバブ(写真中央)がいつにもましてうまい。

2005 02 10 08:11 PM [Photograph, , 飲食] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2005.01.21

そう言えば昨日は

DeForest Kelly's Birthdayディフォレスト・ケリーさんのお誕生日でした(^_^)
実は去年の日めくりは、ここでストップしてしまったのであった(^_^;)
三日坊主ってのはあるが、二十日坊主だった訳だ(笑)

そんな訳で、今年はいやでもめくらざるを得ないように、日めくりを茶の間に置いている。
それはよいのだが、"Ships of the Line"をまだ飾っていないのであった(^_^;)

2005 01 21 12:27 AM [Photograph, StarTrek] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2005.01.10

庭への訪問者

庭のメジロ外で聞きなれない鳥の声がするなぁ、と見てみたら、ムラサキシキブの枝に2羽のメジロが止まっていた。
窓越しに携帯で写真を撮ってみたが、さすがにそううまくは撮れない。

ムラサキシキブの実なんて、すっかりないのであるが、それでもメジロやヒヨ、ジョウビタキなどがやってくるので、小さなプラスチックの器にオレンジジュースを入れ、針金のハンガーを曲げて作った簡易餌台にそれを載せて与えたりしている。

スズメに関しては、母が行きつけのパン屋さんでパンの耳や失敗作のパン、賞味期限切れのパンをもらってきて、それをスズメが食べやすいように小さく切り刻んで、目の細かい籠に入れてベランダから吊るしてやっていたりする。
スズメの食べこぼしは庭猫の胃に収まることになる。

2005 01 10 09:33 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.01.04

自家製サングリア

自家製サングリア年末、仕入れておいた"Real Sangria"を飲む。
刻んだリンゴやみかんをカラフェに入れて、そこにサングリアを入れる。
それをぐちゃぐちゃとかきまぜ、またフルーツを潰して果汁を出し、適度に混ざったところでグラスに注いで飲んでみる。

なかなかうまい(^_^)
初日はグレープフルーツのみ、2日目はグレープフルーツとリンゴにしてみたが、グレープフルーツ特有の苦味が勝って、もう一つかなと思った。
それでみかんに変更したところ、甘みが程よくしみでて、まずまずの味わいに。

あと1回分ぐらい残っているので、明日も楽しめる(^_^)

2005 01 04 12:40 AM [Photograph, ] | 固定リンク | コメント (4) | トラックバック

2004.12.23

ワープコアに襲いかかる巨大生命体

巨大生命体がワープコアにのしかかっている図エンタープライズに迫る危機!
頼むぞスコッティ!

前にも書いたような気がするが、このマイカル茨木のJR茨木駅側エントランスにある巨大オブジェは、まことにワープコアっぽくてよいです。
普段は上から下に、様々な仕掛けを経ながら玉が転がり落ちるというものですが、多分1時間に1回、炉心部(笑)が発光し、音も発します。

で、襲い掛かっている巨大生命体は生命体10837で・・・な訳はなくて、パルーンで作った巨大サンタクロースの後姿な訳です。
正面から見ると、妙に腰高なやつですが。

2004 12 23 07:15 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.12.22

マイカル茨木前で

Xmas恒例の電飾恒例の電飾。
トナカイほか。
前・・・というか、JRの線路側だけど。

研修も今日から早番なので、仕事が終わってからはマイカルの中を抜けてJR茨木駅まで出て、そこからバスで帰る、というルートになる(遅番のときは有無を言わさずタクシーで帰る)

マイカルがちょうど店と駅の中間点なので、ここで生ビールを1杯引っ掛けていたら、そのまま寝そうになった(^_^;)
店舗の社員でも「遅早(おそはや:遅番の次の日に早番)」というシフトは殆どないのだそうだ。
そんなものを慣れないおっちゃんがやってしまったので、かなり死にそうです(^_^;)

2004 12 22 06:26 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (3) | トラックバック

2004.12.18

読めませんでした

英祢成兼これで「あくねなりかね」だそうで。
てことで新地某店におります(^_^;)

2004 12 18 12:15 AM [Photograph, ] | 固定リンク | コメント (1) | トラックバック

2004.12.16

冬の…

そうです、お察しの通り、冬のソナタですわ韓国焼酎ベースでヨギとラズベリーリキュール入り。
名付けて…

わかりますよね(^_^;)

勝手にヨギと書いてしまったが、サントリー系列の店だからヨーグリートなのかな?
でも、以前ここでうっちゃんがヨギを使った実験カクテルを作って、皆を恐怖のずんどこに陥れた(笑)、ということがあったので、ヨギの可能性も否定できない。

しばらく立ち寄らなかった間に冬になってしまい、オータムリーフやマカ不思議がメニューから消えたのは残念だが、きっとフジワラ君に頼めば作ってくれるだろう。
韓国風焼きうどんも美味でした(^_^)

2004 12 16 09:25 PM [Photograph, ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

冬の月

冬の月というカクテル。
ブランデーベースで紅茶のリキュールが入っている。
飲むと、結構紅茶の香りがきいていて、深みのある味わい。

いつも金曜日のセンチュリーの練習の後は、江坂に戻って、東急ハンズ地下の「オールド・バー」に寄るのだが、「第九」にMCのゴトちゃんを助っ人として呼んでから、助っ人なのに、あっしー君までしてもらって、「オールド・バー」にはしばらく立ち寄っていなかった。

今日は、明日の「第九」の前日オケ合わせということで練習があり、ゴトちゃんは別の演奏会に出演中のため、久しぶりに練習後に「オールド・バー」に寄ったのだった。

いつも金曜日に来ていたのだが、木曜日に立ち寄ったので、しばらく顔を見なかったうっちゃんとも会えた(^_^)
写真で、冬の月の背景になっているのがうっちゃんである。

2004 12 16 09:04 PM [Photograph, ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.11.20

アラビアンナイト大博覧会

音とイメージによるアラビアンナイト今日、万博公園に行ったのは、国立民族学博物館(民博)で開催中の特別展「アラビアンナイト大博覧会」関連イベントとして行われる「音とイメージによるアラビアンナイト」というものを観に行くためであった。
サブタイトルが「西洋音楽にみるオリエンタリズム」
みんぱくゼミナールの第319回にもあたる。

何しろ今日は「関西一円0円均一」の日である。
民博ももちろん入場料は無料。
普段にもまして多くの入場客が訪れていた。

そんな中、2Fの講堂に向かうと、結構行列ができている。
ゼミナールもなかなかの人気のようだ。

講堂の中に入ってうろうろとしていると、手を振っている人がいる。Joちゃんだ。
彼女のブログにも、今日のこのイベントのことが書かれていた。

私がこのイベントを観に来ようと思ったのは、2週間前に行われた@nifty FCLAの関西アンサンブルオフで、出演者の一人である左衛門さんに誘われたからに他ならない。
元々民博は開館した当時からちょくちょく通っていて、お気に入りの博物館(しかも近所)なのだが、そこで行われるイベントに、知り合いが出演するとなれば、万難排しても行かずばなるまい。

出演者の中では、左衛門さんとピアノ連弾されるturkazさんとも2週間前に初対面を果たしている。
また、ヴァイオリンのしゃのりんとも久しぶり。
別の曲でナレーターを務めるのはぶたこはん。
パーカッションで参加しているのがそのダンナのたこぶ師匠。
つまり、ソプラノの小泉さん一家以外は全員顔見知りである。
ついでに書くと、パンフレットの中で協力者として、河馬ちゃんとMIDの名前も書かれている。
そうそうたる面々ですね(^_^)

イベントは最初にみんぱくゼミナールに数多く参加された方の表彰から始まる。
10回刻みで表彰されるらしいのだが、一番最初に表彰されていた方は、何と150回参加表彰であった。
今回が319回だから、ほぼ半分近くのゼミナールに参加されていることになる。すばらしい!
次の方も70回。いやはや立派・・・
・・・という感じで、10名余りの方が表彰を受ける。一番最後の人だけが10回表彰だった。

表彰の後、いよいよイベントのスタート。
兵庫教育大学の水野先生の解説の後、左衛門さん、turkazさんのピアノ、しゃのりんのヴァイオリンで、リムスキー=コルサコフの「シェヘラザード」から第1、3、4楽章。
2週間前はしゃのりん抜きで聴かせてもらっているが、その後ピアノのお二人の息も合ってきて、そこにしゃのりんの艶やかだが熱い響きが加わり、オーケストラ版に勝るとも劣らない、色彩豊かな音楽に仕上がっていたと思う。
演奏と共に表示されていた映像も音楽とうまくマッチしていたし、一つ一つの映像が素晴らしかった。

休憩を挟んで後半は、ジェーヌ・ヴィユーというフランス近代の女流作曲家の手による「15場の影絵劇 アラジン」
水野先生によれば、おそらく日本初演であろう、とのこと。
ソプラノに小泉惠子さん、ピアノは左衛門さん、パーカッションはたこぶ師匠の他、小泉英恵さん(一部バックコーラスとキーボードも兼任)、小泉英一郎さん、そしてナレーションがぶたこはんである。
これは「影絵劇」ということでもわかるように、映像イメージと密接に結びついた作品で、この曲の作詞を担当したリュシアン・メティヴェによる挿絵(この人は作画も担当した訳だ)も表示されていた。
音楽は比較的簡明なもので、特段心に残るような作品ではないのだが、挿絵やナレーション、あるいは歌のテクストからは、西洋人がアラビアンナイトから何を感じ取っていたのか、ということが窺い知れて、なかなか興味深かった。
左衛門さんの「計量文献学的アプローチのピアノ(水野先生談(笑))も安定感があって素晴らしかったし、ぶたこはんのナレーションにはいつもながら、テクストに対する深い感情と細心の注意が払われていて気持ちが和らいだ。急造パーカッショニストのたこぶ師匠も手慣れたものでしたね(^_^)

イベント終了後、講堂の外に出たところでかえるとかめ女史に遭遇、彼女の会社の方で、左衛門さんの中学時代の同級生で友人という谷口さんとその娘さんを加えた5人で、講堂脇の通路(楽屋というものがないので、ここが出演者の控室みたいなもの)に押しかける。
そこで出演者の皆さんとあれこれ話をしたり、旧交を温めたりして、楽しいひととき(^_^)
谷口さんは能楽のシテ方として姫路方面で活躍されている、という一面もお持ち。かめちゃんと同じ会社だということで、左衛門さんはびっくりされていた。
娘さんは、何故か左衛門さんに「間接的にだが多大な」影響を受けて、ラフマニノフに取り組んでいる、というピアニストの卵である。

その後は谷口さん親子、出演者の面々と別れて、Joちゃん、かめちゃんと3人で「アラビアンナイト大博覧会」を観る。


アラビアンナイト大博覧会のパンフ「アラビアンナイト」とは、これまであまり身近に接してこなかったのだけど、この展示を見てしまうと、一度真面目に全編読んでみないとなぁ、という気にさせられる。
それぐらい、興味深い展示がたくさん見られた。
会期は12月7日までだが、もう一度行く機会があれば・・・とさえ思う。
もう一度行ければ、もうちょいゆっくりベリーダンスの映像を観て・・・あ、いやいや(笑)



記念Tシャツ閉館間際だったので、スーベニールショップではあまりじっくりと品選びはできなかったが(というか、財布の中身も寂しかったので(^_^;))、結局「アラビアンナイト大博覧会記念Tシャツ」を1枚購入した。
ネイビーブルーの地色に、ランプから出てきたジンと、それを見上げるアラジンが黄色く描かれている。その横に緑~青系の光沢色を使って、アラビア文字の装飾を模したアルファベットで"Arabian Night"と書かれている。いやぁ、なかなか気に入った(^o^)

その後、昼抜きでおなかがすいた、と訴えるJoちゃんのために、3人で「ホテル阪急EXPO PARK」に行き、ここの「アンソレイユ」というレストランで軽く食事(私は生ビールとチーズ盛り合わせだけ)して解散。

****追記****
この翌々日、11月22日に「パンフレットでも紹介されている」と書いたMIDさんが天に召された。
「アラジン」でソプラノを歌われた小泉惠子さんは、他ならぬMIDさんの歌の先生。
彼女が今回のメンバーを引き合わせたと言っても過言ではない。
とにかく、MIDさんのご冥福をお祈りするしかない・・・
本当に残念です。でも、どうぞ安らかに。

2004 11 20 11:49 PM [Photograph, 音楽] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

太陽の塔・3点

太陽の塔・木陰より自然文化園を歩いていれば、いやでも目に入るのが「太陽の塔」である。
いや、別に「いや」ではないのだが、とにかく目に入る。

太陽の塔・背中大阪万博当時から、常に近所のランドマークであり続けるこの岡本太郎の作品は、34年間の風雨にさらされてはいるものの、今も独特の存在感を示している。
人生はやっぱり爆発ですか、先生?



夜の太陽の塔・正面そして夜。
彼(彼女?)は静かに佇む。万博公園を出てモノレールの駅に向かう人々を見送るように。

2004 11 20 08:57 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

晩秋の万博公園

自然文化園(1)本日は自然文化園の入園料がタダ。
運動会もやってるし、ガンバの試合もやっている
のんびり散策している人も多い

自然文化園(2)まだ紅葉のピークとはいかないが、色づいた葉もそれなりに多く、落ち着いた風情を演出している。



(元)国立国際美術館今回、中之島に移転した国立国際美術館であるが、元々の国立国際美術館の建物には、まだ館名プレートがついたままである。
まぁ、こんなとこまで気にする必要はないだろうけど。

2004 11 20 05:58 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

土曜の朝の庭猫

041120_104102.jpgご飯を下さい、という表情ですネ(^_^)
携帯のレンズを向けても、何が起こっているのかわかっていないようで、特に逃げる様子はありませんでした。

2004 11 20 10:52 AM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.11.19

練習後のひととき

チョコバナナソフトパフェ不二家で食事&お茶中。

12月17日の「第九」演奏会は、男声陣手薄のため、「第九」経験者の知り合いがいたら、積極的に誘いましょう、というお達しが出ており、私もムジクセルクルからゴトちゃんを呼ぶことにしたのであった。
彼には先週の練習から参加してもらっていて、先週は練習後に「シャロン」で夕食、今週は「不二家」で夕食とあいなった。
おかげで、ここ2週間、江坂の「オールドバー」に立ち寄っていない。財布は助かるが(笑)

「不二家」に向かう途中と、「不二家」から諸般の事情亭までの道中、ゴトちゃんの車で去年の「一万人の第九」CDを聴かせてもらう。いやぁ・・・はははははは(^o^;)

まいりまちた(_ _)

それはさておき、「第九」の練習の話だが、経験者、それも何度も歌ってきている、という人が多数いる中、本山先生も練習に工夫を凝らして、メンバーのテンションを上げていこうと努力されている。
普段ならすっ飛ばすソロの部分も一度歌ってみましょう、なんていうのはその最たるものである。
なるほど、ソロイストの皆々様はこんなもんを歌っておられたか、と感嘆し、また納得する。

来週はいよいよ金聖響先生の練習である(但しピアノ伴奏で、だが)
ひとまず、来週までに暗譜というのは無理っぽいので、最低限、アヤシゲな部分を潰しておこうと思う。
あと、できたら楽譜を買い換えておきたい(^_^;)
全音の譜面は使いにくい(小節数が入ってないし、めくりのタイミングも悪い)もんで・・・。誤植もあるし。

2004 11 19 09:31 PM [Chorus, Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (3) | トラックバック

2004.11.15

来週は神農祭

神農祭のポスター所用で北浜界隈まで来たので、少彦名神社へ。
来週は神農祭である。
道修町界隈に屋台など出て、大いに賑わう訳だ(^_^)

この界隈には、他に「細雪」の石碑なんかもあったりする。
基本的にビジネス街なのだが、たまにこういう場所を見つけると、ちょっとホッとしますな(^_^)

2004 11 15 07:41 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.11.13

出待ち中

控え室から出て…まもなく出番。
披露宴で披露するのは木下牧子さんの「夢みたものは」とThe Boomの「風になりたい」の2曲。
「夢みたものは」は合唱人の間では鶴亀用のスタンダードナンバー。
「風になりたい」は新婦からのリクエストで、鳴り物入りで賑やかに(^_^)

2004 11 13 02:00 PM [Chorus, Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

ヒルトンのXmasツリー

ヒルトン大阪のXmasツリームジクセルクルのメンバーの結婚式で訪れている。
式はアクアゴールドチャペルにて。

2004 11 13 01:21 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.11.07

本日の松虫幼稚園

お子達の絵と、その背後に隠されていたピアノいつも練習で使っている講堂…というか体育館は、児童たちの絵の展示場になっております(^_^;)
ピアノも絵の向こうに隠れてたりして。

2004 11 07 03:05 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2004.11.02

目指せ和製アームストロング

脳腫瘍なんかに負けない あす「8耐」出場 走れ自転車 風になれ多発性脳腫瘍に苦しみながらも、明日行われる第5回スズカ8時間エンデューロ大会に出場する、阪南の中1、畑中君の記事。

11/2付け毎日新聞大阪本社版朝刊第1社会面より。

彼が患っている多発性の脳腫瘍は、世界的にも珍しい病気で、これまでに計4回の手術を受け、今も抗がん剤治療を受け続けているとのこと。
そんな彼を自転車ロードレースの世界に誘ったのは、自転車が趣味という彼の執刀医。

心の支えになったのが、アームストロング選手の著書「ただマイヨ・ジョーヌのためでなく」(講談社刊)だった。自転車が趣味の執刀医に薦められ、繰り返し読んだ。 「がんで体力が落ちて、買い物に行く自転車のおばちゃんにも坂道で抜かされたと書いてあった。それでも優勝した。僕も頑張って脳外科医になりたい」

ランス・アームストロングのこの著書は、私も4年前に読んで大変な感銘を受けたものである。
そんな彼は、明日のレースで完走したら、ランスに手紙を書くのだそうだ。
Good Luck!!

2004 11 02 11:30 PM [Book List, Cycle, Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

明日からM.デュシャン展

マルセル・デュシャン展のポスター中之島の国立国際美術館にて。
これが同美術館の開館記念展となる。
前はうちの近所だったんだけどね(^_^;)
会期は12月19日まで。

マルセル・デュシャンと言えば、有名な「泉」を思い起こす人も多いだろう。
今回のポスターは、そういう意味では、よくがんばった(笑)

私の場合、デュシャンと言うと、反射的にジョン・ケージという名前が出てくる。
そのものずばり「マルセル・デュシャンのための音楽」は、やはり20世紀の名曲の一つだと思う。
というか、個人的にプリペアドピアノって、結構好きなのね(^_^;)

で、明日早速行くかどうかは思案中。

2004 11 02 07:10 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.10.31

練習終わって阿倍野で一杯

041031_181201.jpg実に久しぶりに松虫幼稚園での練習の後、MiOの10Fにある「Mec's」でベトナムのビール「333(バーバーバー)」を飲む。
香りが少し特徴があるような気がした。
アテもエスニック系。
エビ・カニ・イカ・タコがダメな黒犬会長と一緒なので、こういう店ではオーダーする品が難しい(^_^;)

本当に久しぶりにムジク・セルクルの面々で練習をするが、コダーイの「ナジュサロンタ」なんかでも、一発でそれなりにサマになるあたり、体に染み付いたものはなかなか簡単には色褪せない、ということだろうか。

今回集まったのは、2週間後に迫ったメンバーの結婚式披露宴での演奏に備えてのもの。
ムジク・セルクルが活動するというのは、当面はこういう形でしか難しいだろう。

2004 10 31 06:18 PM [Chorus, Photograph, 日記・コラム・つぶやき, ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

いってつ寿司で無線タグ

041031_125901.jpg朝からスポーツクラブで汗を流し、午後からは合唱の練習。
昼食は大阪駅グルメコートにある「いってつ寿司」にて。
がんこ寿司の回転寿司業態の店。

120〜480円で皿の色で値段が分かるが、精算時は皿の山にハンドスキャナをかざして計算する。
要するに皿に無線タグが取り付けられているのだ。
どこにどんな感じで取り付けられているのだろう、と皿を引っくり返して見ると、底の中央に結構でかいのがつけられていた。

肝心の味の方はまぁまぁではないかと。

で、ここで食事しながら、BGMはシェーンベルクの「浄夜」(^_^;)
オーケストラ作品のお気に入りを集めたプレイリストなのだが、たまにこういう曲やコンチェルトなども入っている。
ちなみに最後は「キャンディード」の終曲"Make Our Garden Grow"
"Any Questions?"ってやつである(^_^)

2004 10 31 02:00 PM [music with iPod, Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.10.28

今日もくたびれた(*_*)

041028_200501.jpgトム・クランシーを読みつつ一休み。
今回はなかなかアクションシーンが出てこない。
もう4分の3は読み進めたのだが。

iPodから流れてくるのはタブラトゥーラやVita Nova、それにダンスリーなどのごった煮プレイリスト。何故かモンセラートの朱い本方面も入っていたりする。

2004 10 28 08:10 PM [Book List, music with iPod, Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.10.22

アイラを飲る

McCLELLAND'S ISLAY江坂のオールドバーでマクレランズ・アイラを飲りながら、Bill Evansを聴く。
亡くなる直前のライヴ。
激しい。

マクレランズは今年の8月からサントリーで売り出されたスコッチ・シングルモルトで、アイラの他にスペイサイド、ハイランド、ローランドの合計4種類がある。
アイラというのは、スコットランドの西沖、ジュラ島の隣にあるアイラ島のことで、スコッチウィスキーの聖地とも呼ばれているところである。8つあるアイラ島の蒸留所の中でも、とりわけ有名なのが「ボウモア」である。

それはそうと、普段私はこういう店でiPodなど取り出したりはしない。
店内で交わされる会話も、酒や料理の味を引き立てるスパイスの一つであることが多いからであるが、この日はスパイスとは程遠く、カウンターに陣取る4人の場違いなおっさん達によって、単なるやかましい場所になりかかっていたので、緊急避難としてインナーイヤーレシーバーで防御したのである(-_-;)
店内にもジャズのBGMが流れているが、結局選んだのはBill Evansだった(^_^;)

しかし、インナーイヤーレシーバーのおかげで周囲から切り離され、目の前のチョムスキーに集中できたのは予定外の効果。一気に4分の1ぐらい読み進められたのではないだろうか。

場違いなおっさん達が引き上げ、私もぼちぼち・・・と思った頃には、ちょうど御堂筋線南行きの最終の時刻が迫っていた。
レッドアイ、グラスワイン白、マカ不思議、オータムリーフ、マクレランズ・アイラのシングルロック×3+ポン酢風味の焼きうどん(美味!)

Bill Evans "CONSECRATION"が終わってからは、武満徹。終電に揺られて聴く「ユーカリプス」、響きが刃のように闇に煌めく。

2004 10 22 10:26 PM [Book List, music with iPod, Photograph, 日記・コラム・つぶやき, ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.10.21

難渋しとります

画面右側の茶色い包みに入っているのがキャラメルワッフルさすがにチョムスキー、なかなか読むのにホネが折れる。
アイストールノンファットチャイラテ&キャラメルワッフルで立ち向かってみる。
キャラメルワッフルは初めて食べてみたが、悪くない。
ホットのラテなどに浸しながら食べるのもよさそうだ。

で、結局3ページ半ぐらいしか進まなかった(^_^;)
電車で読むと眠くなるし・・・このまま次の「ローマ人の物語」刊行までもちそうな予感(笑)

2004 10 21 01:14 PM [Book List, Photograph, Starbucks] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.10.10

老松古美術祭の様子

041010_164901.jpg結局何も買わなかったが、取り敢えず周辺をうろうろしてみた(^_^;)
こうして昼下がりにこの通りを歩いてみると、いかにこの界隈に画廊や骨董屋が多いかがよくわかる。

041010_165501.jpgこちらは老松通りの一番東端から写したもの。
短い通りではあるが、落ち着いた佇まいの中に、結構濃密な世界が秘められている、と思う。

先の発言でも書いたが、老松通りは梅新東から一つ南に行った筋を東に入ったところにある。
最近ではファッションホテルなんかもあったりするのだが、基本的にはキタの喧騒の間近に位置していながら、実に落ち着きのある、よい雰囲気の一角である。
堺筋本町に勤めていた時分から、帰りにこの界隈を歩いて抜けていくのが楽しみだった。
どこに立ち寄る訳でもないのだが、ただここを通るだけで、気持ちが安らぐ気がしたものである。

界隈には将棋のタイトル戦にも使われる「芝苑」なんかもあって、前を通ると、ここが梅田のすぐ近くであるということを忘れるほどである。
通りの名をそのまま店の名にした「ヴェッキオ・ピーノ」というイタリア料理店も、一度は立ち寄ってみたい店の一つだ。
また、定期的に店の常連で自主オペラ公演を行っていることで知られる「ポコ・ア・ポコ」にもいつかは足を踏み入れてみたい、という気がしながら、なかなかその機会が持てずにいる。

2004 10 10 07:13 PM [Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

御堂筋パレード

041010_164501.jpgどうやらここが最後尾…かな?


「御堂筋」と言いつつ、スタート地点は米帝日本支部大阪営業所のまん前。つまり厳密に言うと、新御堂の最南端である。
場所柄、テロが起きたら結構ヤバい地域である。

で、米帝日本支部の一つ北の筋を東に入ると、老松通りとなる。
本日と明日、この界隈では古美術祭りが開催されているので、少し覗いてみることにした。
それは次の発言で。

2004 10 10 05:36 PM [Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.10.09

ご当選おめでたい!

FOOT!特製コパ・アメリカ2004TシャツJ SPORTSのコパ・アメリカ2004プレゼントに当選(^o^)
予想はボロボロだった気がするが、運はあったらしい。
これでFOOT!絡みのTシャツが2着になった(もう1着はネットショップで買ったのだけど)
何はともあれ、うれしいうれしい(^_^)

2004 10 09 12:37 PM [Football, Photograph, グッズ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.10.08

なかもず行きが南から来る

電車は今東三国通常1番線から出るなかもず行きが2番線から出る、そんな時間の江坂駅なのであった。

本来南行きの1番線は「回送」の表示。
北行きとおぼしき客もホームにたくさんいたので、この2番線から出るなかもず行きの後には、ちゃんと北行き(つまり千里中央行き)が来るのだろう。
ややこしいことをするものだ。

2004 10 08 11:37 PM [Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.10.05

老松古美術祭は

老松古美術祭は10/10-11に西天満4丁目界隈で開催10,11両日開催。
行ってみようかな、と少しだけ(笑)思う。
あの界隈、好きやし(^_^)

2004 10 05 08:41 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

こんなんやるそうです

老松古美術祭第19回なんだそうで。
場所と日程は次に。

2004 10 05 08:36 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.10.02

捨てないでほしい

041002_004301.jpg…とは、珍しい貼り紙である。
近所の春日丘公園の公衆トイレ個室扉にあった貼り紙。
最後の「困っている」もユニークだ。

2004 10 02 01:09 AM [Photograph, ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.10.01

神無月

神無月という名のカクテル。
意外な苦味がよいアクセント(^_^)
レシピは聞き忘れた(^_^;)

2004 10 01 09:45 PM [Photograph, ] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

練習場の入口に

弦楽器用の部屋?見慣れない表示が。
見学ツアーでもあったかな(^_^)

****追記****
"Touch The Orchestra"という企画があったようです。

センチュリーオーケストラハウスには、どれぐらいの数の練習室があるのか、実は私は知らない。
まだあちこち探索する機会がないからだが、取り敢えず普段合唱団の練習で使っている部屋に関しては弦楽器の部屋ということになっていて、その右手の通路の左奥に行くと木管楽器の部屋ということのようだ。

この日の練習は松尾先生の指導で「方舟」
2番、3番、4番、1番、2番の順にさらっていく。
4番の5拍子もようやく慣れてきて、何とかなりそうな雰囲気。
それよりも1番の男声「しんしんと」がボロボロ(^_^;)
先週日曜日の特別練習で随分さらったはずなのだが・・・(-_-;)

最後の10分ほどは松元さんの女声合唱練習のため、男声陣は先に引き上げる。

2004 10 01 09:06 PM [Chorus, Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.09.28

女性専用車

040927_193901.jpg最近御堂筋線の女性専用車は、平日は終日になったのだが、このポスターを見て、ふと疑問に感じたことがある。

この写真ではよく見えないかも知れないが、女性専用車(が女性専用になっている時間帯)に乗ってもよい男性として、


  1. 小学校6年生以下
  2. 身体障害者とその介護者

が挙げられている訳である。

これを少しナナメに構えて読み解くと、
「小学生には性欲はない」
「身体障害者にも性欲はない」
「介護者の性欲はこういう場面では抑制されるはずである」
「老人の性欲は年齢に関わらずある」
と判断している、とも受け取れる内容になっている・・・ようにも思える。

それがけしからん、と言うつもりはないが、その判断を下した人の根拠が何だったのか、それは少し知りたい気がする。

2004 09 28 12:51 AM [Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (4) | トラックバック

2004.09.27

宿題はさておき

生ビールレギュラー&「非米同盟」新大阪のBEER CAFEで小休止。
田中宇の「非米同盟」を読みながら。

大阪駅構内の「るぅ」が改装で休みに入ったので、一つ手前の新大阪で下車。

結局「ルビコン以後」が出るまで待てず、別の本を読み始める。
田中氏に関しては、メルマガも受け取っているので、中には「前に読んだかも」という内容が含まれていることもあるが、こうやって整理された形で読むと、さらに理解が深まる気がする。

2004 09 27 07:50 PM [Book List, Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.09.25

マカ入りリキュール

This is Macadia !これがマカ不思議のベースになってるやつ。
瓶は真紅だが、できてきたカクテルは真っ青。

製品情報はこちら
アンデスのぶどう蒸留酒をベースに、マカとローズヒップを漬け込んだもの、ということだそうだ。

2杯も飲んだから、ギンギンかしら(^o^)

2004 09 25 01:09 AM [Photograph, ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.09.24

マカ不思議

マカ不思議と「大阪下町酒場列伝」合唱団の練習帰り。
江坂オールドバーにて。
体に優しいカクテルだそうだ。
読んでいるのは「大阪下町酒場列伝」
これがもう、実にええ感じでっせ(^_^)

本日の練習は松尾先生による「方舟」特訓。
いろいろと突っ込んで練習していくと、歌えていたような気になっていた部分が歌えなくなってしまったり、結構大変だが、そうやって少しずつ改善されていくと考えるべきなのだろう。
できた気になっている時が実は危ういのかも知れない。
「あれ? なんでやろ・・・」で、再びきちんと音を取ってみて、「ああ、そういうことやったんや」と得心する。
そのサイクルをショートカットすると、決まって痛い目に遭うような気がする。

終わってからオールドバーに行き、本日のピザ(カレーピザ)をアテに、レッドアイ、グラスワイン赤、そしてこの「マカ不思議」、先日飲んだオータムリーフ、サイドカー、ギムレットと飲み継ぎ、最後は再びマカ不思議で締める。
次の発言にアップしてあるが、「マカディア」というリキュールがベースになっていて、それにはマカが入っているのだそうだ。そりゃ元気になるだろう(^_^)

飲みながら読んでいた「大阪下町酒場列伝」は実に面白く、一つ一つの店に感嘆し、熱い思いが込み上げてくる、そんな本だった。
お気に入りの店で飲みながら読んだから、余計だな(^_^)
まだ半分ほど残っている。
これを読み終えたら、「ルビコン以後」が出る頃だ。

2004 09 24 10:00 PM [Book List, Chorus, Photograph, ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

眠れぬ夜に

セックス・ボランティア読み始めたら、ますます眠れなくなってしまった一冊。
とは言え、読み通すには2晩必要だったが。

ある日の朝刊の1面下にある書籍広告の、そのど真ん中にあった本書の広告。これが目に飛び込んできて、瞬間的に、「これは買って読まなくてはならない」という気持ちになったものである。
翌日だったかは忘れたが、書店に立ち寄って探してみたら、さほど大きくない書店だったにも関わらず、割とすぐに見つかった。まだ出版されてそれほど経っていなかったことも幸いしたとは思う。

しかし、何とも複雑で、重い読後感を覚えている。
★5つにしなかったのは、足りないものがきっと、自分の中にあって、受け止め切れていないから。

2004 09 24 03:03 AM [Book List, Photograph] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2004.09.23

いれました

040923_014901.jpg銀滴です(^_^)
北新地某店にて
うふふ(^o^)

銀の滴・・・というと、知里幸恵さんを思い出す。
結局立命館でやっていた展示会には行けなかったが。

2004 09 23 01:52 AM [Photograph, ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.09.19

仕事に向かう途中

040919_220001.jpg恵美須町駅前から通天閣を見上げる。
ここで知り合いのG氏の車に拾ってもらい、八尾の店舗へ。

結局本日は2:25頃に仕事は終わり。
しかし、タクシーがなかなかつかまらず、帰宅したのは3:40過ぎ。
夜食を食べていたら、突然外で激しい雨音がした。
雨に遭わず、ラッキーだったということにしておこう(^_^;)

2004 09 19 10:03 PM [Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

夜の淀川

040919_025001.jpg仕事帰りのタクシーから写す。
家までもう少し…

しかし真っ暗で何が何やらわからんですな(^_^;)

この金・土・日・月は、23:00に八尾の店舗に入り、2:00過ぎまで研修の様子をビデオ撮影する、という仕事が入っている。
八尾から茨木は近くはないが、中環一本で殆ど行けてしまうので、夜中ということもあって、結構時間はかからない。

研修は7月からスタートして、途中で中間選抜試験があって、篩にかけられたメンバー6名が受講中。
今回の4日連続の「実戦研修」で最終判定が下される。
営業成績に直結するだけに、真剣度は最高である。

2004 09 19 02:52 AM [Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.09.17

秘策(笑)

040917_130302.jpg昨日、入会しました。
早速エアロバイクを30分ほど。
160kcal(ご飯お茶碗1杯分)消費。

私が入信入会したのは「コナミスポーツクラブ梅田」である。
ヒルトンの8Fにあるので、見晴らしがよい。
プールから眺める夜景はなかなかのもの。
エアロバイクから眺めるスタジオのおねぃさんたちもなかなかのもの(笑)
でも、意外と男性の姿も多い。さすがに梅田である。

このジムは、あまり広くはないのだが、それなりに設備は整っていて、5段階あるコナミスポーツクラブのランクでは★4つに位置付けられている。
私は正会員で入会したので、梅田以外の施設のうち、★1つ~4つの施設は、310円のビジター料金で利用できる。
★5つの施設は620円のビジター料金が必要。
まぁ、それなりの会費は必要なのだが・・・

で、思った訳である。
ほぼ週3回は寄っている大阪駅構内の一杯呑み屋では、1回あたり1500~2000円使っている。
平均して1700円てとこだ。
これを週2回に減らすと、1ヵ月で7~8000円の節約になる。
加えて、金曜の夜に合唱団の練習後に寄っている「オールドバー」で飲む量を少し減らし、あるいは少し早めに切り上げて、タクシーではなくて電車で帰れば、スポーツクラブの会費は余裕で捻出できるではないか、と。

ま、酔っ払いの考えることは、所詮その程度である。
問題は、その一杯呑み屋にせよ「オールドバー」にせよ、私には貴重な読書の時間になっているということである。
どっちにしろ、呑み屋に落とす金だけでなく、時間も削ることになるのだから、別のところで読書の時間をひねり出さねばならない。
取り敢えずはなるようになれ、というところである。

2004 09 17 01:10 PM [Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

定番メニュー

040917_130301.jpgアイスダブルトールソイラテで一休み。
そろそろアイスとアイスでないのとが相半ばする季節になってきた。

読んでいるのは「中華料理四千年」

2004 09 17 01:07 PM [Book List, Photograph, Starbucks] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.09.10

オータムリーフ

040910_222601.jpg赤ワイン、ジンジャーワイン、ジン、ライム…だったかな?
取り敢えずマイルスでも聴かねば(^_^)

・・・ってか、ビル・エヴァンスかね(^_^;)

2004 09 10 10:29 PM [Photograph, ] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

秋のおすすめ

040910_221501.jpg江坂のオールドバーにて。
誰かさんのように札幌、とはいかないけどね(^_^;)
(また連れてって〜>師匠(^o^))

2004 09 10 10:19 PM [Photograph, ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.09.08

カエサルに勧めたい

焼酎「元老院」北新地の某店にて。
麦と芋のブレンド焼酎「元老院」。
異様に飲みやすい。

2004 09 08 10:50 PM [Photograph, ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.09.04

キャラメルシフォンケーキ

キャラメルシフォンケーキと晩夏の日差しの中に佇む仲間たち頼んでみました。ホイップ抜きで。
フォークを入れても、下の紙にくっつくので、実はなかなか食べにくい、ということが判明。
口に入れると、思ったほどしつこくなく、キャラメル風味もそれほど強くはありません。

読んでいるのは「ローマ人の物語 ユリウス・カエサル ルビコン以前(中)」
現在、ガリア2年目の途中。

2004 09 04 12:11 PM [Book List, Photograph, Starbucks] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.09.02

新メニュー

豆腐ハンバーグマフィンと雨空に憂愁をたたえる仲間たちスタバの新メニュー、豆腐ハンバーグマフィンを試す。
雨模様で少し気温も下がってきたので、トールノンファットチャイラテ。

読んでいるのは塩野七生「ローマ人の物語」から「ユリウス・カエサル ルビコン以前(上)」
頑として文庫版で読むと決めたので、出たらすぐ読む、という状態になっている。

豆腐ハンバーグマフィンはごぼうサラダも挟まれていて、なかなかヘルシーでよろしい。
豆腐ハンバーグの食感も思いのほか良好。
しかし、なにゆえバンズなどではなく、マフィンを選んだのかは興味深いところ。

2004 09 02 01:11 PM [Book List, Photograph, Starbucks] | 固定リンク | コメント (4) | トラックバック

2004.09.01

いただきものの中身

甘そうですネ藤商事から出る新台「ピンクパンサー」のワイン(^_^)
中身は神戸ワインのロゼ(やや甘口)
しかし、貰ってきた機械担当は、この機種については殆ど語らず、ニューギンの「超海」の話ばかりしていたのが気になる・・・(^_^;)

2004 09 01 11:33 PM [Pachinko, Photograph, ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

本日のいただきもの

ホントはピンクの箱なのよ会社の機械担当がいくつか貰ってきたのをおすそわけ

2004 09 01 11:29 PM [Pachinko, Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.08.31

肝心の中身

1/8のヴィオラとコントラバス奏者8分の1サイズのヴィオラ、そしてコントラバス奏者のフィギュア(^_^)
なかなかよい出来かと思われます。
こりゃ、発売が待ち遠しいですネ(^_^)

2004 08 31 12:40 AM [Photograph, グッズ, 音楽] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

食玩の制作協力は

制作協力:大阪センチュリー交響楽団この「わたしのオーケストラ」の制作にあたっては我らが大阪センチュリー交響楽団の協力があったとのこと(^_^)
そんな訳で、「星空ファミリーコンサート」に出演した我々にも配給があった訳である。
これが「役得」というやつです。

いっぱい買って、何やら応募すると、大阪センチュリー交響楽団演奏のベートーヴェン交響曲全集のCDが当たるかも知れないらしい。
太っ腹ですね(^_^)

ってことで、発売されたらじゃんじゃん買いましょう、皆さん!(^o^)

*****追記(04/09/24)*****
関東在住のMOCHAさんが早速購入されたものについて、ご自身のブログで紹介されています(^_^)
こちらです。
見に行きましょう(^_^)

2004 08 31 12:36 AM [Photograph, グッズ, 音楽] | 固定リンク | コメント (9) | トラックバック

フィギュアの種類

フィギュアの種類楽器が一つと演奏者のフィギュアが一つ入っている。
種類はこんな感じで、あまり多くはない。
よって、コンプリートするのもそう難しくはないだろう。
しかし木管楽器が含まれていない点にご不満の向きもありそうな・・・(^_^;)

2004 08 31 12:29 AM [Photograph, グッズ, 音楽] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

わたしのオーケストラ

わたしのオーケストラ11月から発売開始予定の食玩。
役得で一つゲット(^o^)
なにゆえ役得かと言うのは、後の発言で・・・

2004 08 31 12:26 AM [Photograph, グッズ, 音楽] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.08.25

寄り道

キーマロールとカールスバーグEURO2004缶GARE大阪にあるSPICE MAGICでキーマロールとカールスバーグEURO2004缶。
ごくたまに寄るが、少しメニューが変わっていた。

2004 08 25 07:14 PM [Photograph, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

一仕事終えて

040825_161501.jpgIMPのスタバで一服。
オレンジシフォンケーキとトールノンファットチャイラテ。初めて食べたけど、結構イケますね、シフォンケーキ(^_^)
読んでいるのは「ヒエログリフの愉しみ」
聴いているのは「タブラトゥーラ4」。朝の聴き残し。

2004 08 25 04:21 PM [Book List, music with iPod, Photograph, Starbucks] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.08.22

ハラミを焼く

040822_193101.jpg幼児もいるテーブルなのでソーセージなんかも載っている。幼児(くぼちゃんとこのひなこちゃん)はカボチャなんかも食べる(^_^)
生ビールは言うまでもなく、さらにはマッコリがすすむこと、この上ない(^_^)
生レバーも美味。バラもツラミもハツも赤センもミノもよい。もちろんユッケも。
考えてみれば、ロースとかカルビとかは全然頼んでない(^_^;)
最後は石焼ビビンパで締める。

2004 08 22 11:30 PM [Photograph, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

牛とろ屋のハラミ

040822_192801.jpg久しぶりにムジクセルクルの面々で食事会(^_^)
野田阪神の牛とろ屋にて。
ここのハラミは並でも素晴らしくうまい(^o^)
ちなみに淡路牛である。

2004 08 22 11:25 PM [Photograph, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.08.21

芸術の本の一部を紹介しよう

040821_141102.jpgこんな本だ(^_^)
やっと3巻が出たのだ(^o^)
毎日新聞夕刊で好評連載中(今は作者夏休み中だけど(^_^;))

2004 08 21 02:17 PM [Photograph, アニメ・コミック] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

ジュンク堂で

040821_141101.jpg芸術の本を買う。
税込み580円也。

2004 08 21 02:14 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

鶴のす

040821_135401.jpg外からの絵。
アバンザ1Fに架けられている橋の所から見下ろす感じ。

「鶴のす」、昔は毎日大阪会館南館の地下に入っていたものだ。
狭くて(これは今もあまり変わらんが)、小きたない(失礼!(^_^;)ていうか、当時はどこも似たりよったりだったけど)店だったのを思い出す。
南館の取り壊し時に一時的に北館の1F(元・毎日新聞社クリエイティブ本部跡・・・だったと思う)に仮住まいしていたこともあったが、アバンザができて、そこの地下にめでたく復活(^_^)

2004 08 21 02:10 PM [Photograph, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

昼食は梅田に戻って

040821_132901.jpgアバンザ堂島地下の「鶴のす」で「オムボル」(オムライスとボルシチ大)
久しぶりに食べたが相変わらずのボリュームだ(^_^)

ちなみに、オムライスとボルシチ小は「オム小」、オムライス大とボルシチ小は「オム大小」、両方大なら「オム大」と呼んでいたような記憶がある。
焼きめしもうまいので、昔は「焼き小」をよく食べていたものだ。
定番のランチにもボルシチがつく。
ピロシキも置いている。
ロシアっぽいのはその2つだけだが(笑)

2004 08 21 02:08 PM [Photograph, 飲食] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

道理で

040821_122101.jpg「独特な雰囲気」を漂わせた人々は、大荷物だった訳だ。
大半がキャリーカートを転がしていたので、「みんなハイアットに投宿する観光客なのか?」とか思っていたものである(笑)

2004 08 21 12:42 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

どうやら

040821_122201.jpgこんなものが開催されているかららしい。

2004 08 21 12:39 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

人々が目指す先

040821_122301.jpg彼らが吸い込まれて行く先はあちらだ。

2004 08 21 12:37 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

インテックスへ

040821_122302.jpgその「独特な雰囲気」を漂わせた人々の波は続く。

2004 08 21 12:34 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

この行列は何?

040821_121701.jpg所用で中埠頭を訪れたら、妙に人が多い。
しかも「独特な雰囲気」を漂わせた人々が(^_^;)

2004 08 21 12:30 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.08.16

只今転送中

3022曲、9.6日分、12.37GBの音楽データが取り込まれたらしいバイオちゃんからiPodへとデータ転送中なり。
この週末でかなり増量なる。
曲数にして3000曲突破。

で、部屋の中は、取り込みの終了したCDが山積み状態なのだが、来週あたり、一気にCDそのものの整理もしてしまおうと思っているので、当面これはこれで放置。

しかし、これぐらいの曲数になると、その都度何を聴くか、かなり楽しく悩めそうだ。
ただ、朝の通勤時には、威勢よくタブラトゥーラとかチーフタンズなんてのがよろしいようではある。
朝からディーリアスのヴァイオリンソナタでは、確かに力が漲らんし(笑)

また、CD取り込みをやっていて、「あ、こんなものがなかったとわ・・・」というものがいくつか発覚した。
例えばモーツァルトだ。
意外と実用性のあるもの(3大オペラとか)以外は持ってなかったりして、我ながら驚く。
バッハも少ない。
必要に迫られて買ったカンタータ方面などしか見当たらないのが実情である。

一方、シューマン、ブラームス、フォーレ、ドビュッシィなんてところはさすがに多い。
それぞれ歌曲方面が入ってくると、曲数がグンと跳ね上がる。

クラシック以外では、昨日遊佐さんのCDの大半を収納したので、明日はキング・クリムゾンの予定。
妙にブートレグが多い気がするが、一応正規品のみにしておこうと思う(^_^;)

2004 08 16 12:21 AM [music with iPod, Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.08.13

げんつきげんちゃん

040813_224001.jpg久しぶりに前を通ったので、いつものようにお腹をペチペチしてあげる(^_^)
しかし、写しにくいキャラクターだ(^_^;)

2004 08 13 11:00 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

本日の揚げ物

040813_195301.jpg何やら高級そうだが実は3割引だったりする。
私が頼んだのは、ヘルシー路線の「花衣」というコース(通常価格4漱石)
生ビールも半額というのがうれしいところ。
土日はさらにおトクらしい。

2004 08 13 09:51 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

本日のゆうげ

040813_191701.jpg久しぶりに会うメンバーとのミニオフ。
KKRホテル梅田2Fの和食のお店で懐石料理のコース。

2004 08 13 09:48 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.08.11

時計台(木立の間から)

PA0_0125.jpgこれも時計台の写真。
「写真撮影スポット」の近くだが、やはりスポットから少し外れると構図が難しい。
木立の合間から見える時計台・・・という風情を狙ったのだが、なかなか思うようには・・・

2004 08 11 10:15 AM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

時計台(近くから)

PA0_0127.jpgということで、まだアップしていなかった時計台の写真2点のうち、一つ。
かなり間近から、時計台を仰ぎ見たところ。

2004 08 11 10:13 AM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

札幌市民憲章

PA0_0132.jpg同行の某師匠ご推薦の「札幌市民憲章」(^_^;)
「時計台の鐘がなる札幌」という冒頭の文句に味わいが感じられる。
やっぱり地元の誇りなんだなぁ。
大阪だと何になるのだろう・・・(思い浮かばん(-_-;))
地下鉄「すすきの」駅の、あちこちに貼ってあった。

2004 08 11 10:11 AM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

羊が丘のジンギスカン

PA0_0129.jpg某師匠行きつけというジンギスカン屋さん「羊が丘」にて。
余市ワインと一緒に。
にしん漬け(にしんと白菜の漬け物)もあっさりしていて美味・・・なのだが、写真には写ってないね(^_^;)

2004 08 11 10:07 AM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.08.10

観光馬車

040810_114401.jpg時計台側に渡ると、背後から何やら拡声器の声がするもので、振り返ってみると、時計台観光馬車が止まっていろいろ解説していた。
街中を馬車が走ってるのを見るのは、ヴィーン以来だな(^_^;)

2004 08 10 01:33 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

時計台

040810_114301.jpg時計台を道路の反対側から1枚撮影。
こんな大きな通りに面したところにあるとは知らなかった。

2004 08 10 01:30 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.08.09

夜の大通公園

040809_212302.jpg期間限定のビアガーデンをやっているとの情報を得て大通公園へ。
ビアガーデンはテレビ塔と反対側で、我々が入ったのはサントリーの主催エリア

2004 08 09 09:45 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

大通公園

040809_142601.jpg今、さっぽろ夏祭り開催中。
ビール各社がそれぞれエリアを受け持ってビアガーデンをやっている。

2004 08 09 02:28 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

只今移動中

040809_135001.jpg新千歳空港から快速エアポートで札幌に向かう途中。
まもなく北広島

2004 08 09 01:54 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.08.07

朝食

PA0_0136.jpgホテル近くのタリーズが開いていたので、チーズサーモンツナサンド(主役はどれ?)とトールソイスワークル。
スタバ信者のワタシは、実はタリーズに入ったことがなかったのだが、殆ど同じような品揃え&オーダーシステムだったので、特に戸惑うこともなかった。

2004 08 07 08:14 AM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

こういう意匠にも

040807_074201.jpg個性は出るものだ。
これはアイリッシュハープを図案化したものだろう。

2004 08 07 08:04 AM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

訪れたのはここ

040807_074102.jpgアイルランド大使館。
目立たない所にあるが、それなりに自己主張している。

2004 08 07 08:01 AM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

江戸到着

040807_074101.jpg夜行バスで横浜、そこからJRで東京、さらに地下鉄で半蔵門。
ホテルに荷物を預け、周辺をウロウロ中。

2004 08 07 07:57 AM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.08.03

暑い(*_*)

040803_112901.jpg仕事で堺から寺田町に移動中。
なぜかフェスゲ(^_^;)
ここからバスで林寺一丁目に出れば、目的地まで殆ど歩かずに済む(^_^;)

実は、フェスゲの窓に雲が映っていて、なかなかよい絵だなぁ、と思ったのだけど、信号待ちのわずかな間だし、携帯電話だし、そんなにちゃんとは写らんだろうと思いつつ撮ったものです。
ま、ちょこっと雲が窓に映ってるとこが入ってますね。

2004 08 03 12:16 PM [Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.08.02

離島、そしてショパン

今日もレモンパッションカツァリスの演奏で、バラード1番を聴きながら。
読んでいるのは「日本全国離島を旅する」
なんかもう、このまま離島にバカンスといきたい気分(^_^;)
ショパン聴いてる訳で、行くならやはりマジョルカ島ですか(^o^)

2004 08 02 01:05 PM [Book List, music with iPod, Photograph, Starbucks] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.07.30

Bloom

iPodを連れて昼休みお昼の供に吉松隆。
大好きなピアノ協奏曲"Memo Flora"の第3楽章を聴く。

飲んでいるのは例によってトールシェイクンレモンパッションティー。これはタンブラーではなくて、例えばVentiサイズで頼んでもよいぐらいだ。

で、吉松作品だが、第1楽章の「明るい迷宮(でもどことなく黄昏れている)」という趣も素晴らしいのだが、この終楽章のきめ細かな彩りの移り変わりと疾走感も心地よい。
こうして、iPodに入れて街中で楽しむ、というのも妙な気分だが、ラストではちょっと気持ちが高揚してしまった。

2004 07 30 01:23 PM [music with iPod, Photograph, Starbucks] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

iPod w/click wheel 20GB

ご開帳それでも、ヨドバシ梅田3Fでは「2週間待ちでしょうか」と言われ、1FのAppleコーナーでは「1ヵ月待ちですねぇ」と言われたのである。
オンラインだと注文して60時間ほどで届いたぞ。

ところで、PCとの接続に関してはFireWireかUSB2.0なのだが、うちのバイオちゃんにはiLINKが備わっているので楽勝、と思っていたら、バイオちゃんのは4ピン、iPodで必要なのは6ピンで、このままでは接続できないことが判明。
USBは1.1しか装備していないので、木曜日にヨドバシ梅田でUSB2.0のPCカードを購入。
念のためにAC電源コードも買っておく。

最初はUSB2.0カードに電源コードを接続せずにiPodをつないでみたが、うまくいかない。
認識したように思えたのだが、ソフトのインストール中にいきなりバイオちゃんが真っ青になって落ちてしまった(+_+;)
こりゃいかん、ということで、USB2.0カードに電源コードを接続し、改めてiPodをつなぐと、めでたく外部ドライブとして認識され、ついでにiTunesが自動的に立ち上がり、溜め込んだ約2.56GBほどのAACデータがサクサクとiPodに流れこんでいったのであった(^_^)
溜め込んだAACデータは、トータルで何時間分にあたるか表示されているが、24時間を超えると「日」で表示される。
ちなみに、2.56GBで「2日分」だそうです。
まぁまだ余裕はある。しかし、現実問題としては、何でもかんでも詰め込むのは無理だろう。
せいぜい3~400枚分ぐらいしか入りそうにない。
それに、バイオちゃんのHDDの空きスペースもちょうど20GBほどである。
iPod接続時に自動的にAACデータを流し込む設定にしているので、20GBという容量は、現時点ではちょうどよい、ということになるだろう。
またそのうちPCを買い換えて(もしくは外付けHDDを増設して)、さらにiPodにも100GBぐらいのモデルが出たら、ちょっと考えてみようと思う(^_^;)

2004 07 30 10:51 AM [music with iPod, Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

mini人気の影に隠れて

それにしても変わったパッケージだ発売日に行列までできたiPod miniに比べて
こいつは比較的入手しやすいみたい。
(次に続く)

2004 07 30 10:34 AM [music with iPod, Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

注文したのは日曜日

これですわオンラインのApple Storeで注文。
水曜の午前中に届いた。
(次に続く)

2004 07 30 10:31 AM [music with iPod, Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

サイコロ型物体の中身はズバリ

こういうことでした要するにこれでした。
第4世代なんだそうです。
(次に続く・・・ヒマなんか?>ぢぶん)

2004 07 30 10:29 AM [music with iPod, Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

徐々に明るみになるサイコロ型物体の正体

この絵の人が手にしているのは、もしやそうです。
アレです。
(次に続く)

2004 07 30 10:27 AM [music with iPod, Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

サイコロ型物体の正体は?

サイコロ型物体その壱宅配便の中身は・・・
これは、つまり・・・
(次に続く)

2004 07 30 10:24 AM [music with iPod, Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

サイコロ型宅配便

サイコロ型宅配便水曜日の午前中、会社宛に届く。
中身は・・・?
(次に続く)

2004 07 30 10:22 AM [music with iPod, Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.07.29

休憩中なり

名谷にて名谷駅前のスタバ須磨大丸店にて。
トールシェイクンレモンパッションティー。
夏はこれに限る。
この店のパートナーさんは力一杯シェイクしてくれた(^_^;)
フードはソーセージ&チェダーチーズマフィン。
最近のお気に入り。

読んでいるのは「サッカーの国際政治学」
結構生々しい話も出てくる。

で・・・
これから白川台の店に向かう。
暑い。くじけそう(-_-;)

2004 07 29 03:39 PM [Book List, Photograph, Starbucks] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.07.22

本日のお供

040722_130401.jpgトールシェイクンレモンパッションティーとハム&チーズクロワッサン
読んでいるのは「怪獣の名はなぜガギグゲゴなのか」
サウンド・サブリミナルに関する本のようで、なかなか面白そうだ。
実はヒソカに試みてみたいと考えていることがあって・・・(以下ヒミツ)

2004 07 22 01:09 PM [Book List, Photograph, Starbucks] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.07.19

St.SEBASTIAAN GRAND CRU

040719_183801.jpg引き続き伊丹の長寿蔵にて

2004 07 19 06:43 PM [Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

ムール貝とフリット

040719_181201.jpgまさに「ベルギー名物」揃い踏み
ムール貝は「長寿蔵風」だそうで

2004 07 19 06:15 PM [Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

Brugse Tripel

040719_180801.jpg伊丹の長寿蔵にて。
アルコール9.0%のビール。
フリットも美味い!

2004 07 19 06:11 PM [Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.06.07

人身事故に思う

jinshin.jpg昨日は千里丘駅での人身事故の影響で、1時からの合唱団のミーティングに大幅に遅れてしまった。
翌朝(つまり今朝)の朝刊で、飛び込み自殺だったらしいことを知る。

昨日、東海道線上下ともにストップしていた時点では、駅構内のアナウンスも「遺体の処理に手間取っており・・・」だったり、「負傷者の救出に時間がかかっており・・・」だったり、さっぱり要領を得なかったのだが、どうも即死だったらしい。それでは救出も何もなさそうなものだが、巻き添えを食った人でもいたのだろうか。
電車は結局57分ほど遅れて運転再開となった。

それにしても、これだけ多大な「迷惑」を残してでも死にたい・・・という気持ちはよくわからない。
正常な判断力のもとに下された決断とは思えない。現実からの逃避が自殺に結びついているだけである。
ということは、力ずくでも飛び込みを阻止すれば、あるいは再発を防ぐこともできるのかも知れない。

これが青木が原の樹海で首を吊るとか、大量の睡眠薬を飲んで誰も来ない雪山で寝っ転がるとか、そういう手段を選ぶ場合というのは、少し覚悟の度合いが違うような気がする。周囲にかかる迷惑を最小限に留めようとしている時点で、世間とのつながりを拒絶している、とも言える。100%現実逃避でない、とは言えないだろうが、それよりも現実の拒絶という側面が勝っているように思える。

帰りの大阪駅でも、大久保駅での人身事故の影響で、新快速電車のダイヤが乱れていた(快速までしか停まらない茨木駅利用者には関係ないが)。こちらが飛び込み自殺だったのかどうかは調べていないが。
鉄道関係者もそろそろ抜本的な対策を考えてもよいのではないだろうか。

2004 06 07 10:27 AM [Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.05.12

瀬戸大橋

040512_092701.jpg今渡ってます。次は宇多津

2004 05 12 09:31 AM [Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

今、岡山

040512_084801.jpg南風3号、2分遅れで発車。
アンパンマン列車です(^_^;)

2004 05 12 08:54 AM [Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.05.02

なかよし

トラ&パンダ我が家の庭猫、トラとパンダ、互いの体をマクラにして、なかよくお昼寝中
GWの好天の下、猫ならずとも、外でのんびり昼寝したいところではありますね(^_^)

2004 05 02 03:17 PM [Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.04.29

アヒルちゃんのピィンチ

アヒルちゃん倒壊した壁の下敷きになるアヒルちゃん、ピィ~ンチ!

アヒルちゃんは「チビダス」という液晶画面クリーナー。
襲いかかっている(倒壊している)壁はSANKYOのカレンダー。つまり夢夢ちゃん。
その奥のカレンダーは月齢付陰暦カレンダー。
手前の物体はモバイルマウス。
写しているのはヒマ人。
見ているアナタもヒマ人(_ _)

2004 04 29 03:52 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.04.21

本日の獲物

本日の獲物珍しく新大阪で下りて、在来線改札近くの「beer cafe cooking」へ。
生ビールのレギュラー、その後焼酎水割り。
獲物としてテーブルに置いてあるのは西原理恵子の『毎日かあさん』

毎日新聞朝刊の家庭面に週一回連載されている。
帯にある読者の反響にも書いてあるが「毎日新聞、度胸あるなぁー」というのが正直な感想。
しかしまぁ、もはやサイバラというのも、ある種のブランドではあると思うけどね。
考えてみれば、ライバルのA紙との関わりで言えば、『恨ミシュラン』というのもあったし。
毎日新聞社で言えば『怒涛の虫』という実績もあるワケではある。

ただ、これも帯にあるように「家庭円満マンガを描いていたら、連載中に離婚してしまいました(笑)」というあたりが、サイバラのサイバラたるゆえんではあるだろう。
新聞社時代の同期生の一人であるU君撮影のサイバラの「かあさん姿」は、「ちくろ幼稚園」当時の彼女の姿と比べて、確実に「経年劣化」と「熟成」と、それでいて「変わらない何か」を感じさせて、不思議な魅力がある。

連載時に読み落としていたものもそこそこあるので、これから読むのが楽しみである(^_^)

2004 04 21 10:13 PM [Book List, Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.04.19

雨の日はポイント2倍

本日のお供先週からスタバでは長期間のエクスペリエンスカードをスタートさせているが、雨の日はスタンプが2つつくのでお得である。
本日のお供はトールノンファットチャイラテ
何故かチャイラテには豆乳より無脂肪乳の方が合うような気がする。
読んでいるのは『「格付け」市場を読む』
もうかってますな、ムーディーズさん(^_^;)

2004 04 19 01:43 PM [Book List, Photograph, Starbucks, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.04.10

久しぶりの始発電車

始発待ちのプラットフォームで始発電車で帰るのは、いつ以来だろうか。
まだこんなことができる体力が残っていたとは幸いである(笑)

前日は午後から新人研修に同行して、難波・元町のパチンコメーカーのショールームへ。
木曜の夜に購入したばかりのデジタルビデオカメラを持って、パチンコ台の構造などの説明をしてくれているところ等を撮影。

その後、社に戻り、片付けをしてからセンチュリーの練習へ。
ストレッチと発声は今回も松元さん。
練習は松尾先生。
前半は2番の、後半は3番の練習をして、最後に4番を通しておしまい。

通常なら練習後は江坂に戻って、オールドバーに行くのだが、この日は呼び出しがあって、新地へ。
新地の「445」は、昔「PoPo北新地店」でママをしていた英子さんがやっているお店である。
某女史がここで週一回バイトすることになったので、早速顔を見に行こう、というワケである。

少し迷って、細い路地を入ると、店はあった。
店に入ると、某女史が出迎えてくれ、先週再会したばかりのハトさんの隣へ(笑)
途中でハトさんが「たこ八」でたこ焼きを買ってきてくれたのをみんなで食べ、中尾ミエとか江利チエミとかの歌を歌って(笑)、ハトさんが帰り、某女史も仕事を終えて帰って行った。

私はそのまま店に残って、英子ママと話をしたり、レパートリーの棚卸しをしたりしていると、3時になっていた(+_+;)
ママは翌日に予定があるので、この日はまっすぐ帰って寝る、と言っていた。

一人で店を出て、キタの街を徘徊したが、この時間帯の東通りはどうしようもない感じである。
5m間隔で客引きが立ち、近寄ってくる。
「いらん! 帰る!」
と強行突破して、一筋北に回って堂山に出る。本来ならこちらの方がアヤシゲなのだが、この時間は殆ど客引きはいなかった。

そうこうしているうちに4時半頃になっていた(その間、元町のメーカーで貰ったノベルティやら、デジタルビデオカメラやら、ドイツレクイエムの譜面やらを抱えて、ひたすら歩いていたワケである(^_^;))ので、JR大阪駅へ。
駅は4時には開門するが、この時間帯は駅構内の改装工事が盛んである。
大掛かりに組まれた足場の脇を通り過ぎて改札を入り、プラットフォームに上がって撮影したのがこの写真。
始発とは反対側の7番線に停まっているのは回送列車である。

昔は4時半頃には始発が入線していて、扉が開いているから、と、うかつに中に入ると、車内の電気が点いたり消えたり、ホーム側の扉が閉まったり、反対側の扉が開いたり、ガタガタガタっと少し前進したかと思うと、ゴトゴトゴトっと後退したり・・・と、なかなか楽しい試運転を満喫できたものであったが、最近は4時45分に入線するだけになった。
始発電車は草津行きで、前に一度寝過ごして草津まで行ったこともあったが、この日は無事に茨木で下車できた。
帰宅は5時25分頃。

2004 04 10 11:12 PM [Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.04.08

新人引率中

本日のお供本日(4月7日)の午後は研修中の新人を連れて、梅田と難波のパチンコ店の視察。

梅田ではG店前で解散して、1時間余り、勝手に視察をさせた。
難波ではK店前で解散して、1時間半、放し飼い。

写真は難波で放し飼い中、戎橋のスタバで休憩中に撮影したもの。
飲んでいるのはアイスダブルトールソイラテ。
食べているのはエクレール・プラリネ。
読んでいるのは「ローカル線おいしい旅」
節操をなくした内田百閒、という趣の一冊である。

2004 04 08 12:26 AM [Photograph, Starbucks, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

大川べりでの花見

お花見先週の土曜日、それも夕方から、某女史と共に天満橋で待ち合わせて、大川べりをのんびり散策。

桜ノ宮から都島方面がお花見スポットとしてはメジャーだが、今回は反対に西を向いて中之島方面を目指す。
途中までは川沿いの公園で、普通に花見をしている人たちが多かったが、途中からはホームレスの皆様のお住まいが連なっており、お邪魔をする訳にもいかないので、少し逸れて、西天満から老松通りを抜け、アメリカ総領事館の裏から新地方面に出るルートをとった。

その後は某COMET師匠とも合流し、お初天神横の「天狗」で飲み会。
さらに明石からH氏も合流し、4人でさんざんに飲み食い倒す。

2004 04 08 12:16 AM [Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.03.29

母の実家の近くで

kaiduka.jpg日曜日(3月28日)は母方の祖父母の法事。
祖父の33回忌、祖母の50回忌ということで、久方ぶりに貝塚の母の実家を訪れた。
父方が真宗なのに対して、母方は浄土さんなので、お経も微妙に違う(殆ど同じ部分もある)
参列した親族一同もかなり高年齢化が進行していて、多分平均年齢で70歳代をクリアしているのではなかろうか。
私は、従兄の嫁さんと並んで参列者最年少(^_^;)

写真は実家周辺を撮影したもの。
この家も昔は裏口まで土間が貫いており、家の中に井戸まであったのだが、井戸はかなり以前に埋められ、今回訪問した時には土間もなくなっていた。
とは言え、かなり歴史の重みを感じさせる家ではある。

2004 03 29 04:02 PM [Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

緑地公園への道・夕景

ryokuchi.jpg合唱団の練習は緑地公園内のセンチュリーオーケストラハウス内の練習スタジオで行われている。
この日(3月26日)は割とスムーズに仕事を終え、早めに緑地公園駅に着き、そこから緑地公園に行くまでの道で撮影。
桜が五分咲きというところ。

2004 03 29 03:56 PM [Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.03.22

遊んでる場合でもないかも

PA0_0091.jpg本日のお昼のお供は「カラス、なぜ遊ぶ」
しかしねぇ、うちの近所(と言っても10kmぐらい離れてるけど)で死んだカラスから鳥インフルエンザが分離されたりしてるワケで、カラスも安穏とはしておれんようですな。

ちなみに飲んでるのはダブルトールソイラテ、食べてるのはラウゲンクロワッサン
最近、こればっかり(^_^;)

2004 03 22 09:52 PM [Book List, Photograph, Starbucks, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.03.17

今日はSt.Patrick's Day

040317_190301.jpgなのでギネスです(^_^)
飲んでいるのは曽根崎の「The Temple Bar」
大阪でアイリッシュパブと言えば、ココです
今日はギネス1パイント500円、他の飲み物も半額になってます

去年は立ち飲みだったので、今年は少し早めに店に入りました
結局、9時過ぎぐらいからは立ち飲み&キャッシュ&デリバリー状態になっていたので、早めに入って正解
ギネス4パイント&クロンターフ中ダブルロック&クロンターフ下シングルロック&天下無敵のカツサンドでした
知らないお客さんとも仲良く談笑しながら飲める、それがここの魅力のひとつでもありますね(^o^)
店内での写真は、「マイフォト」にまとめておきますね

2004 03 17 07:07 PM [Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

売り物です

PA0_0079.jpgいつものように昼食後にスタバで一服
アイスダブルトールソイラテとラウゲンクロワッサン

そして、これは売り物のCDを借りて写している
オペラアリア(一部デュエット)のオムニバスアルバムで、「愛の妙薬」とか「ルチア」とか「カルメン」「トゥランドット」「フィガロの結婚」などからセレクトされている
歌手はモッフォやヴァラディ、L.プライス、カバリェ、ドミンゴなど
オケと指揮者はやや地味。オペラ職人系の指揮者によるものかと思うが、よく知らない
一部、サー・コリン・デイヴィスなども振ってます

で、店を出る時にはちゃんと返してきました(^_^;)<買えよ<持ち合わせがなくて・・・

2004 03 17 01:45 PM [Photograph, Starbucks, 日記・コラム・つぶやき, 音楽] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.03.15

デジタル時代をどう生き抜く? フィルム業界

デジタル時代をどう生き抜く? フィルム業界

画素数や使い勝手の問題はともかくとして、現行のデジカメで、個人的に満足できない部分と言えば、「タイムラグ」の問題であろう。

「今だ!」と思ってシャッターを切っても、僅かに遅れる、あるいはかなり遅れる。
画像の記録のために、連写速度が制約される。
最近の高性能のデジカメではどの程度解消されてきているのかわからないが、これらの「弱み」がかなりの程度で解決されないと、例えばスポーツや報道の分野では、まだデジカメに全面的に移行する、という訳にはいかないような気がするが、どうだろうか。

2004 03 15 10:23 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

昼のお供にしては重い

PA0_0078.jpgお昼のスタバ、大好きなキャラメルアップルサイダーのシーズンも終わりを告げ、4月並みの陽気もあって、本日は「アイスダブルトールソイラテ」
岩塩を使った「ラウゲンクロワッサン」も好物ですが、温めるとさらにおいしい(^_^)

読んでいるのは「医療事故がとまらない」
読んでいて、胃が締め付けられるような、重苦しい気分になりますね、この本は。
毎日新聞医療問題取材班の一冊です。

2004 03 15 01:39 PM [Book List, Photograph, Starbucks, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.03.13

オーディション

PA0_0075.jpg12日の金曜日、大阪センチュリー合唱団の入団オーディションを受けてきました。
場所は服部緑地にあるセンチュリーオーケストラの練習場。
写真はオーディションを受けた部屋の様子。
練習はこの隣の大きな練習スタジオで行われています。
練習の合間の休憩時間に「受験」しました。

オーディションの出来はボロボロでしたが、何とか合格(^_^;)
後半から練習に参加させてもらいました。
今は5月14日にシンフォニーホールで演奏するブラームス「ドイツレクイエム」の練習中で、この日の練習では前半で第4楽章、私が参加した後半では第6楽章をさらっていました。
何しろ、歌い甲斐のある曲ですよね(^_^)
シンフォニーホールで「独鎮」と言えば、2年前の芦響演奏会を思い出しますが、よもや自分が同じステージで同じ曲を歌うことになろうとは、つい1ヵ月ばかり前までは全く想像もしてませんでした(^_^;)
・・・って、今のまんまでステージに乗れるのかどうか、まだわかりませんけど(笑)

2004 03 13 11:24 PM [Chorus, Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.03.11

本日の昼のお供

040311_130601.jpg
トールノンファットチャイラテ&ハニーマドレーヌ
読んでるのは小泉武夫先生の『食いたい!男の漬け物』
相対性理論の次は漬け物(笑)
そういうヤツです、ワタシわ

※今回は無事モブログから送ることができました(^_^)

2004 03 11 01:12 PM [Book List, Photograph, Starbucks, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.03.09

昼休み

PA0_0074.jpgCOMET師匠のマネをして、昼休みのスタバで1枚。
飲んでいるのは「トール・ノンホイップキャラメルアップルサイダー」(グリーンタンブラー入り)
読んでいるのは「アインシュタイン 相対性理論の誕生」

※モブログで送っても突き返されてくるので、PCに画像データを取り込んでからアップロードしました。

2004 03 09 01:58 PM [Book List, Photograph, Starbucks, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.03.06

新ノ口到着

040306_160001.jpg田原本から2駅で新ノ口。
駅からツインゲートに行く途中に以前から気になっていた銅像あり。

040306_155901.jpgこれが何故か山本勘助像らしい。
それにしても、なんで橿原で山本勘助なんでしょ?
ここは甲州か?

2004 03 06 04:12 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

西田原本到着

040306_153501.jpg田原本線の短い旅終了。

040306_153502.jpg
橿原線田原本駅まで徒歩1分。
駅舎をくっつけといて欲しかった(^_^;)

2004 03 06 03:45 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

現在移動中

040306_151401.jpg近鉄新王寺にて。
近鉄なのにスルットKANSAIが使えまへん(>_<)

2004 03 06 03:22 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.02.28

メジロ

040228_121101.jpgハンガーを改造した餌台(というかジュース台)にメジロが止まっております(^_^)
ジョウビタキも常連。
ここなら庭猫たちも手の出しようがありません。

2004 02 28 12:42 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.02.20

OLD BARの『おーるどばー』

040220_201301.jpg
ただいま飲んでおりますのは、コレです。
場所は江坂の東急ハンズ地下「OLD BAR」にて。
多分よそでは飲めません(^_^)。多分ね

2004 02 20 08:18 PM [Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.01.31

ニコンの新型デジタル一眼レフカメラ「D70」正式発表

ニコンの新型デジタル一眼レフカメラ「D70」正式発表
という記事が、アストロアーツに載ってる、というのが注目点。
「実際の天体撮影への適性に関しては、未知数だが、大いに期待したいところである」とも書かれていて、なかなか楽しみな機種のようですね。

2004 01 31 02:29 PM [Photograph, 携帯・デジカメ] | 固定リンク | トラックバック

2004.01.27

スリランカのお酒2

040127_211002.jpg
これはもうひとつのお酒でダイキリーを作ってもろたとこです(^_^)
ココナッツの蒸留酒なんですね。香りがなかなかええです。
ちなみにマスター曰く、花博の時に買うたんやそうで…

2004 01 27 10:27 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

スリランカのお酒1

040127_210701.jpg
これがねぇ…うまいで、まじ。
ボトルあったらキープしといてって言うてしもたもんね。

2004 01 27 10:21 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

干支ボトル

040127_203301.jpg
梅田の某店で見かけました(^_^)
ものはローヤル12年
ここには歴代の干支ボトルが揃ってたりします(^_^)

2004 01 27 08:40 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.01.23

ワープコア駆動中

040123_200101.jpg
マイカル茨木のウエルカムエントランスにある巨大オブジェ、なのですが、毎正時にこのように中心部が妖しく光り、仕掛けの中のボールの動きも活発になります。
これを個人的に、ワープコアと呼んでいるのは、他ならぬ私です(^_^;)
だって、そんなふうに見えませんか?

2004 01 23 08:14 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.01.22

今いるお店の焼酎ラインナップ

040122_192801.jpg
只今新大阪のyamatoにおります。
ビアケラーなのですが、結構いろいろ置いてあるので、ありがたいですね(^_^)
で、今は種子島の紫芋を使った『紫(ゆかり)』のお湯割りを飲んどります(^_^)

2004 01 22 07:35 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.01.12

ホテルにあった〈壁画〉

040112_082901.jpg
夕べから投宿しているホテルの1Fレストランに行く途中に、こんな<壁画>がありました。
これだけでかいと、「色紙」ではないもんね。
今からかれこれ13年ぐらい前のもののようですが、相当すごいメンツですね。
今は亡き方も含めて・・・

2004 01 12 11:13 AM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.01.11

今これに乗っています

040111_131601.jpg
特急かいじ109号です。
これから温泉につかってきます(^_^)

2004 01 11 01:50 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.01.04

茨木神社境内

040104_144401.jpg
今年が後厄、ということで、厄払いのご祈祷をしてもらいました。
去年は結構待たされて、20人近い人たちと共に受けたのですが、今年はタイミングもよかったのか、全く待たずに、しかも僅か2人だけで受けられました(^_^)
これは本殿までの参道の入口近くから本殿を撮影したもの。
本殿はちっちゃく写って・・・ると思います(^_^;)

2004 01 04 02:46 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.01.03

茶屋町の岩石群

040103_232401.jpg
今でも「鶴野茶屋」の石碑がどこかに残っているのだろうか・・・と思い立ち、夜中の茶屋町の路地を徘徊してみました。
暗くてよくわかんなかったです(^_^;)
でも、味わいのある石畳の路地が残っていて、その片隅に石碑か墓石か路標か何かの残骸のようなものが積み上げられていました。
暗くてよくわからないかも知れませんが・・・

2004 01 03 11:27 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

火を噴くデザート

040103_223802.jpg
デザートプレートに刺さっていた線香花火がキレイです(^_^)
キレイなので他のテーブルでも注文しましたが、花火はこのテーブルだけでした(笑)

2004 01 03 10:39 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

骨?の装飾

040103_210901.jpg
"Big Mountain"の室内にあった装飾。
これは・・・骨なんでしょうねぇ(^_^;)

2004 01 03 09:10 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

カラオケ店店内

040103_210201.jpg
茶屋町アプローズの近くの"Big Mountain"店内です。
この界隈でカラオケ店に入るのは初めてでした。

2004 01 03 09:04 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

変なキャラクターin茶屋町

040103_210001.jpg
何だかよくわかりませんが、茶屋町界隈で見かけた変なキャラクターです。
写りが悪いですが・・・

2004 01 03 09:01 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.01.02

優勝記念(祈念)

040102_000402.jpg
元日の夜のお供は泡盛「美ら寅(ちゅらとら)」
昨秋の優勝直後、阪神百貨店の優勝セールで入手したもの。
もちろん「祝優勝」ラベルになっています。
今年は「祈優勝」というところですね。
それにしてもこの「美ら寅」、43度なので、なかなかきついし、飲みごたえがありますね(^_^)
ちなみに、優勝セールで購入したものとしては、他にもまだ日本酒とワインが残っております(^_^)

2004 01 02 12:07 AM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004.01.01

新年の庭猫たち

040101_125201.jpg
元旦の穏やかな陽を受けて、のんびりと庭でくつろぐ猫たちであります。

2004 01 01 06:40 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2003.12.30

年の瀬の庭猫3

031230_162001.jpg
葉隠れの術、ちょっと不発(^_^;)

2003 12 30 04:34 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

年の瀬の庭猫2

031230_161902.jpg
キミはそれで隠れてるつもりかね?(笑)

2003 12 30 04:32 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

年の瀬の庭猫1

031230_161901.jpg
そんな所に隠れても、ちゃんと見えてまっせ(^_^)

2003 12 30 04:31 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

夜の巷その2

031230_021101.jpg
暮れの新地には救急車も出動します(^_^;)
どこかのママだったようですが、
意識はしっかりしてたので、まぁ大丈夫なんじゃないかな…

2003 12 30 02:23 AM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

夜の巷

031230_011501.jpg
只今、キタ新地の某店におりますです(^_^)

2003 12 30 01:18 AM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2003.12.29

本日の行き先その2

031229_195402.jpg
堺での仕事も無事終了。
これから夜の巷を徘徊して参ります(^o^)

2003 12 29 08:19 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

只今、八木

031229_164701.jpg
ってことで、特急で鶴橋に出ます。
特急料金500円也。

2003 12 29 04:51 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

本日の行き先その1

031229_161801.jpg
橿原のツインゲートです。
もちろんお仕事っす(^_^;)
で、これから堺に向かいます。

2003 12 29 04:24 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2003.12.27

居心伝のお好み焼き

見学させてもらっている合唱団の忘年会より。sn250001.JPG
携帯のカメラで撮影して、そのままモブログで送信したものです。
そんな訳で、横倒しになっちゃってますが、まぁご勘弁を・・・

2003 12 27 06:56 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2003.12.23

母が写した庭猫

DSCN0671.JPG
我が家の庭には現在5~6匹の猫が棲みついていますが、そのうちの一匹です。
ちなみに撮影したのは母で、カメラはNikonのCOOLPIX880
他に2匹ばかりいたところを写そうとしたものの、初めて触るデジカメに戸惑っているうちに、猫の方が退屈になったのか、どっかに去ってしまい、最後まで残っていたパンダ猫だけが写真に収まった、という感じですね(笑)

2003 12 23 10:19 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック